□妻によく似た女性が、新宿で立ちんぼしてた5(姉妹ブログ 転載不可)

「ごめんなさい。淫乱な美冬に、もっと罰を与えてください」
 頬を赤く染めながら、美冬は震える声で哀願した。そればかりか、土下座までして床に額をこすりつけている。自分の妻がこんな事までしているのに、僕はペニスをしごき続けてしまう……。
 松木さんは、美冬の頭を踏んだ。素足で美冬の頭を踏みつけている。すると、美冬は彼の足の指を舐め始めた。まるでフラチオでもしているようなやり方だ。

 美冬は、心をこめて足の指を舐め続けている。美冬の顔は、興奮しきっていて発情した牝のようだ。それにしても、凄い状況になってしまった。
 コンカフェの推しのために立ちんぼを始めた美冬……それが今は、富裕層専用のデリヘルの人気嬢だ。あまりにも激しい人生を歩んでいるように見える。


・このブログのオリジナル体験談更新情報
・【私が書いた電子書籍一覧です】


「スカートまくり上げて、オマンコ彼に見せてごらん」
 松木さんは、そんな指示をした。美冬は、すぐにショーツを脱いでスカートをまくり上げる。四つん這いのまま、お尻を突き出すようにして僕に見せている。
 美冬の膣周りは、すっかりと濡れそぼっている。溢れ出た蜜は、太ももまで濡らして光っている。
「ご主人、後ろからハメてあげてください。許可しますよ」
 松木さんは、言葉遣いこそ丁寧ながら、許可を与えると上からな発言だ。

 でも、僕は言われるままに美冬の後ろに回り込んだ。すると、美冬は自分で膣を大きく拡げ始めた。ピンク色の膣中まで見える程、美冬は大きく拡げている。
「どうぞ、使ってもらって良いですよ」
 松木さんは、とことん上から発言だ。でも、その言葉に、美冬は身体を小さく震わせた。こんな扱いをされることに、強い興奮を感じているみたいだ。
 でも、それは僕も同じで、こんな言われ方をしているのに興奮してしまっている……。

 僕は、いきり立ったペニスを、美冬の蜜が溢れる膣に押しつけた。そのまま押し込むように挿入する。でも、美冬は松木さんの足の指をフェラチオし続けている。
 根元まで挿入したのに、美冬はうめき声も上げなかった。僕は、不安な気持ちを感じながら腰を動かし始めた。生膣の強い快感……。薄いコンドームがないだけで、絡みついてくる感触が強い。
 美冬は、まるでリアクションしてくれない。必死で腰を動かしているのに、何事もなかったように松木さんの足の指に奉仕をしている。

 酷い状況だ……でも、僕はもう射精しそうな感覚になっている。すると、急に美冬が、
「ダメだよ、中に出したらダメだからね」
 と、振り向いて言ってきた。ゾクッとするような冷たい表情に、ドキドキしてしまう。僕は、怯んでペニスを引き抜いた。
「松木さん、おチンポハメさせて頂いてよろしいですか? 小っちゃいのでかき回されて、欲求不満になってます……」
 美冬は、焦れた顔だ。
「彼、まだイッてないでしょ? 良いの、可哀想じゃない?」
 松木さんは、同情するような口ぶりだ。屈辱的な発言だ……泣けてくる。でも、僕の興奮はなぜか高まっている。寝取られマゾ……そんな風に言われたが、実際そうなのだろうか? 僕には寝取られ性癖はあると思う。それは否定なんて出来ない。
 でも、寝取られマゾだとは思っていない……。美冬は、焦れた顔で松木さんのペニスを見つめている。同じ男なのに、こんなにも違いがあるんだなと思うくらいに、大きさも形も違う。
 美冬の姿を見ていると、大きさが快感に直結しているんだろうなと思う。美冬は、本当に焦れた顔でペニスを見つめている。

「彼の許可もらわないと。彼、射精したいんじゃないかな?」
 松木さんは、一見優しい言葉を口にする。でも、絶対に小馬鹿にしていると思う……。
「伸吾、松木さんのおチンポハメて良いでしょ? 伸吾はそれ見ながらシコシコしたんでしょ? 良いよ、いっぱいオナニーして。ガバガバになっちゃった私のオマンコより、手の方が気持いいでしょ?」
 美冬は、焦れきった顔だ。僕は、すぐにうなずいた。勢いに押されてしまって、何度もうなずいた……。

「良いって。伸吾、もうオナニーの方が気持いいみたい。松木さん、おチンポハメさせていただきますね」
 そう言って、美冬は彼にまたがっていく。ソファに座ったままの松木さん。その大きなペニスはヘソを優に超えている。と言うことは、あれを入れたら美冬のヘソを越えるという事になるはずだ。
 膣は、そんなに長いのだろうか? 内臓の位置まで変わってしまいそうに見える。

「うぅあぁあぁ、大きい。伸吾、見える? これが気持いいの。伸吾の粗チンじゃダメなの」
 美冬は、うわずった声で言いながら腰を下ろしていく。あんなに長いペニスが、ズブズブと入っていく。そして、美冬は完全に腰を下ろした。
「気持いいです。松木さんのおチンポ、子宮の中まで入ってきそうです」
 美冬は、すっかりと牝の顔だ。僕には見せない、媚びた牝の顔……敗北感と焦燥感を感じてしまう。でも、それ以上に強い興奮を感じてしまう。

「伸吾、こっち来て。ここ見て」
 美冬に呼ばれて、彼女の正面に回り込んだ。すると、美冬が指差す彼女のおへその辺りが、不自然に膨らんでいるのがわかった。
「フフ、凄いでしょ? 見ててね」
 そう言って、腰を上下に動かす彼女。すると、不自然に膨らんでいる部分が動く。ペニスが、あんな所まで? 圧倒的なサイズ差を感じるし、美冬の身体が心配になってしまう。
「気持いいの。松木さんのおチンポ、ゴリゴリこすってる。美冬のオマンコ、ゴリゴリこすってるの」
 美冬は、とろけきった顔で言いながら腰を動かし続ける。ヘソの膨らみが上下に動き、異様な光景だ。まるで、エイリアンの幼虫が飛び出てきそうなビジュアルだ。

「ご主人、触ってみてください」
 松木さんは、表面上は優しい口ぶりだ。でも、小馬鹿にしている雰囲気が漏れ出している。それなのに、僕は美冬のお腹を触った。
「うぅっ、あぁ、凄い……それ気持いい。伸吾、もっと強く……押してみて」
 美冬は、僕が触っただけで顔がとろけた。正直、かなり気持ち悪い。美冬のお腹越しに、他人のペニスを感じる……出来れば触りたくなんかない。
 でも、僕は強く押してみた。
「うぅああっ、気持いいっ! もっと押してっ! 伸吾、これすごいよっ!」
 美冬は、すっかりと余裕のない顔になった。そして、叫び続ける彼女……。僕は、夢中で押した。松木さんのペニスの硬さと大きさを感じる。

「イクっ、イクっ、伸吾でイクっ! 伸吾で初めてイクっ!」
 美冬は、我を忘れて叫ぶ。酷い言われ方だ。でも、美冬がイキそうになっているのを見て、僕はテンションが上がりっぱなしだ。嬉しい気持ちが膨らみ、さらに強く押した。
「んおおぉっ、オマンコ気持いいっ! おぉっ、おぉぉおぉっ、イグイグッ、イグゥ~~ッ!」
 美冬は、全身を硬直させながら果てた。そのまま彼に抱きつくと、キスを始めてしまった。僕の手は、美冬と松木さんの身体に挟まれている。
 美冬は、夢中でキスを続ける。僕がすぐ横にいるのに、かまわずにキスを続けている。絡み合う舌、上気した顔、全てが僕を絶望的な気持ちにする。それなのに、僕のペニスは脈打つように動いている。
 手も触れていないのに、射精寸前だ……。すぐ目の前で妻が他の男とセックスをしているのに、僕はこんなにも興奮してしまっている。夫として最低だと思う……。

「派手にイッたね。彼が見てると、そんなに興奮する?」
「します……メチャクチャ興奮しちゃう。ねぇ、後ろからガンガン突いて欲しい……いつもみたいに、失神するまで攻めて下さい」
 美冬は、甘えた声でおねだりをする。
「今日は、危ない日でしょ? ゴム付ける?」
 松木さんは、そんな質問をした。それは聞いていない……。そんな日に、避妊なしでセックスをしている? 僕は、かなり動揺した。でも、アフターピルを飲んでいるという話を思い出した。
「つけないです。今日は、伸吾の見てる前で妊娠します。したいです」
 美冬は、声が震えている。興奮しすぎて顔もトロンとしている。酷い状況だ……。
「良いね、夢が叶うね」
「はい。伸吾、今日は伸吾の目の前で妊娠してあげるね。違う種で、受精しちゃうね。期待してて」
 美冬は、これ以上ないくらいに興奮した顔だ。どう見ても、本気で言っている。

 美冬は、狂っているとしか思えない。でも、本当に興奮しているみたいだし、幸せそうだ。僕は、本気なの? と聞いた。
「うん。伸吾は? 見たくないの?」
 美冬の顔は真剣だ。僕は、混乱してしまっている。自分が異常なくらいに興奮しているのは間違いないが、何に対して興奮しているのかわからなくなってしまっている……。

「じゃあ、見てて。伸吾のために、妊娠してあげる」
 美冬は返事が出来ない僕に見切りをつけて、ソファに四つん這いになった。松木さんは、後ろから美冬を貫く。特に何の抵抗も感じず、生で挿入している。
「うぅあああぁ、太いの……子宮に入っちゃいそうだよ。ねぇ、正面から見てて」
 美冬は、震える声で僕に言う。僕は、素直に美冬の正面に回り込んだ。他人にバックから貫かれている美冬……。普通なら、こんな姿を見ることなんてないはずだ。でも、僕は、とろけた美冬の顔を見ながら、気がつくとペニスをしごいていた。

「フフ、興奮してるね。良いよ、もっとシコシコして。伸吾には、オナニーがお似合いだもん」
 そんな言葉を口にする彼女。松木さんは、楽しそうな顔でそれを聞いている。そして腰を動かし始めた。最初から、勢いよく動かしている。
「あっ、アンッ、気持いいっ、おチンポ気持いいよ。オマンコ突き抜けそう」
 美冬は、僕に向かって卑猥な言葉を口にし続ける。もう、僕の知っている美冬はどこにもいないんだろうなと思う。松木さんは、ニコニコと人の良さそうな笑みを浮かべながら腰を動かす。
 美冬は、泣いているのかと思うような顔であえぎっぱなしだ。本当に気持ちよさそうだし、僕が見ているのにかまわずに感じてしまっているようだ。
「イクっ、伸吾、イッちゃうっ! イッても良い? 伸吾のじゃないおチンポでイッても良い?」
 美冬は、そんな許可を求めてくる。ダメと言ってもイクくせに、わざわざ聞いてくる。その言葉を口にすることで、より快感が増すのだと思う。

 僕は、そんなに気持ちいいの? と聞いた。見ればわかることなのに、僕も自分のオナニーをより良いものにするために、そんなことを聞いてしまう。
「気持いいっ! 全然違うよ。伸吾のが10なら、松木さんのは100だよ!」
 美冬は、真っ直ぐに僕を見つめながら叫ぶ。他人に犯されながら、僕と会話をする……こんなシチュエーションを体験するなんて、夢にも思っていなかった。
 でも、強い興奮ですぐにでも射精してしまいそうだ。
「ねぇ、キスして。伸吾とキスしながら、違うチンポでイキたいの」
 美冬の異常なリクエストに怯んでしまう。でも、美冬の顔はとろけきっていて今にもイキそうだ。でも、僕は思わず松木さんを見てしまった。許可を取らないとと思ってしまった……。

「良いですよ、その方が、ガバガバな膣も締まるでしょうから」
 松木さんは、どこまでも上からだ。でも、そんな言われ方をしてさらに興奮は高まってしまう。

【続きは出典元から】

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
・他の体験談はこちら→FC2BlogRanking
【オリジナル体験談更新案内】
・どうしても姉さん女房の元彼のことを知りたくてー完ー
・出産のために入院した妻と、家事を手伝ってくれる義姉
・姉さん女房が隠していた元彼との思い出のオモチャ(kindle)
・可愛い一つ下の男の後輩とー完ー
・僕の願望を叶えるために、寝取られてくれた年上の妻2
・パチンコにハマった人妻が、相談があると言ってきた5
・バイト先の遠距離恋愛中の女の子と夜景を見に行ったらー完ー

【同じジャンルの体験談】
美人妻の母乳飲み手コキプレイ。【メンズエステ交渉】
大人のおもちゃ用語辞典
[ 2023/09/11 01:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム










カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
2位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

管理人:寝取られ好き
寝取られ体験談、痴漢体験談、人妻体験談等、オリジナルの作品も多数紹介。管理人の好みの作品もアーカイブします。

Twitterフォロー
QRコード
QR
想像の10倍デカいオナホです!
kindle出版案内