#姉さん女房の美和子が、酔ってやり過ぎてしまって6(姉妹ブログ 転載不可)

前回の話

 オナニーをしている僕の目の前で、タケルが腰を振っている。着衣のままの美和子を正常位で犯しながら、生のペニスを出し入れしている。
 コンドームなしでのセックスをするなんて、いくらなんでもやり過ぎだ。タケルの立派なペニスが、美和子の膣を出入りしている。

「気持ちいい? 生チンポ、気持ちいい?」
 タケルは、興奮した声で聞く。普段、冷静なタケルが、かなり興奮しているのがわかる。さすがに、避妊なしのセックスは興奮するのだろうか? 親友の嫁を孕ませるかもしれないセックスは、背徳感でいっぱいなんだろうか?


・このブログのオリジナル体験談更新情報
・【私が書いた電子書籍一覧です】


 僕は、夢中でペニスをしごき続けた。夫として、最低のことをしている自覚はあるが、興奮が高まりすぎて手を止められない。
「うぅあっ、あっ、奥、当たるっ! あっ、アンッ、もっとつよくっ、ヒィっ、あっ、ああっぁっ!」
 美和子は、整った顔を快感に歪ませながらあえぐ。生セックスを中止するつもりはないみたいだ。ちゃんと、安全日なんだろうか? 妊娠しないだろうか?
 そんな心配をしているくせに、僕はオナニーをするばかりだ。すると、タケルがキスをした。美和子は、まったく抵抗なく、それどころか自分から舌を使い始めた。

 ソファの上で、まだほとんど着衣の二人が生セックスをしている……キスはずっと続き、感情がこもっているようにしか見えない。
「ンッ、うぅ〜〜っ、ンフゥッ」
 美和子は、しがみつくように抱きついている。その上で、メチャクチャに舌を使う。美和子は、さっきから僕を見ている。僕を見ながらキスをして、うめき声をあげている。
 とろけたような顔を晒しながらも、その目は挑発的に光っているようだ。僕は、あっさりとイキそうになっている。
目の前での生セックスにも興奮しているが、5人のラグビー部員に回される美和子を想像すると、身もだえしそうな不安と嫉妬を感じながら、強すぎる興奮を感じてしまう。

「イクっ、イクっ、全然違うっ。生チンポ気持ちいいっ! ヒィっ、あっ、アンッ、もっとっ! 奥突いてっ!」
 美和子は、もうイキそうになっている。
「ほら、生のチンポが、子宮にキスしてるよ。我慢汁で妊娠しちゃうかも」
 タケルは、とんでもない言葉で煽る。でも、美和子はさらにトロトロにとろけた顔に変わった。
「ダメぇ、妊娠ダメぇ」
 美和子は、IQが極端に下がってしまったようなリアクションだ。

「5人に回される時も、生チンポが良いんでしょ? 次から次に中出しされて、誰の子かわからない妊娠したいんでしょ?」
 タケルの煽り方もかなりハードだ。酷いことを言っている。でも、美和子は泣きそうな顔に変わり、
「ダメぇ、妊娠しちゃうっ、回されながら孕んじゃうっ」
 と、震える声で言う。こんなに興奮しきった美和子は、見たことも想像したこともない。タケルは、長いストロークで生膣を責め続ける。まるで、杭を打ち込むような激しい動きだ。
「ダメっ、イクっ、イクっ、おチンポ突き抜けちゃうっ!」
 激しい杭打ちピストンの前に、美和子はイキそうになっている。僕は、オナニーをしながら美和子を見つめた。美和子の目も僕を捉えている。
 視線を絡ませながら、僕はオナニーをしていて、美和子は他人棒でイキそうになっている。最低の夫婦だと思う……。

「ほら、オマンコ締まってきた。子宮も降りてきてるよ。このチンポで孕みたいって、美和子の身体が叫んでる」
 タケルは、丸っきり言葉責めだ。こんな才能があるなんて、知りもしなかった。
 美和子は、タケルの言葉に反応して身体を小さく震わせた。興奮しきった顔であえぎながら、やっぱり僕を見つめている。

「オマンコキュンキュンしてるよ。搾り取られそう。もしかして、中に出されたいって思ってる?」
 タケルは、どこまでも調子に乗っている。興奮しきった顔に、力強いピストン……美和子は、完全に堕とされた顔だ。
「ダ、ダメ……中はダメ……外に出せ」
 苦しげに言う美和子。
「直人も、期待してるよ。中に出して欲しいって顔で見てるし」
「ダ、ダメ……危ない日だから」
 美和子は、苦しげな声で言う。危ない日だと聞いて、危機感で脇に汗が噴き出してきた。それなのに、僕はオナニーを続けている……。

「本当に良いの? 外に出すよ。それで良いの?」
 タケルは、少し腰の動きを弱めた。
「うぅ……でも……」
 美和子は、迷い始めている。僕の目には、中に出して欲しいと言っているように見えた。タケルは、ゆっくりだけど長いストロークで責め続ける。
「ホントは中出しされたいんでしょ? 直人に見られながら、種付けされたいんでしょ?」
 タケルは、執拗に言葉責めをする。美和子は、その言葉を聞いて身体をガクガクッと震わせた。とろけきった顔で僕を見ながら、足の指をギュッと曲げている。

「あぁ、もっと締まってきた。ホント、搾り取ろうとしてるでしょ」
 タケルはイジワルな口調になってきている。
「うぅ、ダメぇ、ホントにダメ……あぁ、イクっ、イクぅっ」
 美和子のこんな姿を想像したこともなかった。いつもの強気は、どこにもない。タケルは、長いストロークで責め続ける。
「あぁ、出そう。子宮にキスしたまま出そうかな」
 タケルは、本気かわからない口ぶりで言う。
「ダメぇ」
 美和子は、もう言葉も少なくなってきた。タケルは、そんな美和子にキスをしながら腰を振り始めた。美和子は、しがみつくように抱きつきながら舌を絡めている。どう見ても、そのまま中に出して欲しいと言っているような動きだ。
「出すよ。中に出すからね」
 タケルは、そんなことを言いながら腰を振り続ける。美和子は、ダメと言いながらとろけた顔を晒す。もう、完全に受け入れようとしているみたいだ。

 タケルは、腰の動きを加速していく。長くて太いものが、美和子の膣を激しく出入りし続ける。こんなものを見せつけられて最悪な状況のはずなのに、僕は無心でオナニーを続けてしまう。
「あぁ、美和子、出すよ、好きだ」
 タケルは、そんなことを言い始めた。
「バ、バカか。いいから、早く出せって」
 美和子は、ビックリするくらいに動揺している。顔は真っ赤になっているし、目が泳いでいる。
「俺のこと、好きじゃない?」
 タケルは、膣奥を責めながら質問する。
「そ、それは……嫌いじゃないよ」
 美和子は、僕のことを気にしながら言う。この状況に、強い嫉妬心が湧き上がってきた。

「好きって言ってよ」
 タケルは、奥に押し込んだまま言う。美和子は、脚がピンと伸びて爪先まで伸びているような状態だ。
「ううぅ、す、好き……好きだよ。早く動いて」
 美和子は、快感でコントロールされているような状態みたいだ。タケルは、満足そうに微笑むと、腰を激しく振り始めた。
「うぅあっ、あっ、イクっ、イクっ、イグっ、んおおっ、おぉぉっ、イグっ」
 美和子は、顔をとろけさせて野太い声を混ぜながらあえぐ。すると、タケルはいきなり膣から引き抜いて手でしごき始めた。
 うめきながら、射精を始めた彼……飛び出した精液は、一直線に美和子の顔にぶつかった。かなりの距離があるのに、ミサイルのように突き刺さっていく。
「ヒィウゥッ、ダメぇ、熱いぃ」
 美和子は、顔にかけられて身体を震わせた。飛び出していく精液は、美和子の顔や首筋、胸やお腹を白く染めている。
 思わず笑ってしまうような量の精液が、美和子の身体に降り注いだ。美和子は、うっとりと幸せそうな顔で精液まみれになっていた……。

 タケルは、そのまま美和子の顔に射精したばかりのものを近づけていく。美和子は、ほとんど吸い寄せられるようにタケルのものをくわえた。すぐに舌が動き回り、彼のペニスを清め始める。
 頬がギュッとすぼまり、竿の中の精液まで吸い取り始めたのがわかる。タケルは、感激した顔でうめく。射精した直後を責められて、くすぐったさも感じているようだ。

「ほら、早く拭けよ。こんなに汚して……中に出せば良かったのに。その方が片付け簡単だし……」
 美和子は、少し不満そうだ。でも、中に出せば良かったというのは、夫としては許せない気持ちもある。出も、その言葉がさらに僕の射精感を高める。
 でも、結局僕は射精しなかった。なんとなく、宙ぶらりんな気持ちになってしまった。すると、美和子が僕を呼び寄せる。

「そんなにおっ立てて……ほら、来な」
 美和子は、脚をスッと拡げる。すると、タケルがそっとリビングを出て行く。僕は、美和子のしたたるように濡れて光る膣に、いきり立って射精寸前なものを突き立てた。
「固い。なんでこんなに固いんだよ。ドヘンタイ」
 美和子は、少し怒った口ぶりだ。でも、口調とは裏腹に、顔は優しげな顔になっている。僕は、そのまま腰を動かし始めた。
「ンッ、うぅっ、アンッ、固いよ、気持ちいい」
 美和子は、可愛らしい声であえいでくれる。いつものセックスよりも、感じてくれているように見える。そして僕も、いつも以上の興奮を感じている。挿入した膣中は、うねって搾り取るとしているように感じる。
 いつもとはまったく違う感触だ。まるで、違う女性としているような感覚すらする。アイツとした直後なので、アイツの形に変えられているのかもしれない。
 そんなことを思うと、強すぎる嫉妬でおかしくなりそうだ。僕は、そんな思いを振り払おうと、夢中で腰を振り続けた。

「あっ、ンッ、アンッ、激しい。気持ちいいよ。もっと! 奥まで突いてっ」
 美和子は、気持ちよさそうにあえぐ。でも、さっきから目一杯奥まで入れているつもりだ。完全に根元まで入っているし、これ以上は物理的に無理だ……。
 タケルとしている時の美和子は、もっと追い詰められた顔をしていた。声も、気持ちいいのか苦しいのかわからないくらいの声をあげていた。

 身体を起こして、なるべく奥まで挿入出来るように腰を振り続けた。揺れる大きな胸、でも、全身精液まみれだ。臭いも凄い。

【続きは出典元から】

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
・他の体験談はこちら→FC2BlogRanking
【オリジナル体験談更新案内】
・僕しか知らない恋人を調教サイトでしつけてもらった3
・年上の妻が隠していたのは、元彼との思い出のオモチャだった
・結婚に消極的な彼女の淫らな過去
・官能小説の表紙モデルをする妻の堕ちた楽園
・奥が好きな妻と、どうしても届かない夫3
・友人夫婦とパートナーを入れ替えて始まった性活(kindle)
・私しか知らなかった妻が、誰とでも寝る淫牝に堕ちた
・オリジナル体験談一覧(姉妹ブログ含む)

【同じジャンルの体験談】
ぷにっと!しすたーず
ぷにっと!しすたーず
[ 2023/01/12 23:18 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム




カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
2位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

管理人:寝取られ好き
寝取られ体験談、痴漢体験談、人妻体験談等、オリジナルの作品も多数紹介。管理人の好みの作品もアーカイブします。

Twitterフォロー
QRコード
QR
想像の10倍デカいオナホです!
kindle出版案内