□友人夫婦と食事をしてたら、アレのサイズの話になって6(姉妹ブログ 転載不可)

前回の話

 結局、詩織とゆかりちゃんはそろって妊娠していた。二人とも、無邪気に喜んでいるような状況だが、僕も祐介も言葉には出さないが不安を感じている。
 どう考えても種違いの妊娠だ。詩織とセックスをしていないのに、妊娠した……祐介の種で妊娠してしまったのだと思う。
 ゆかりちゃんも、同じような状況だ。ただ、妊娠が発覚してからは、急に生活が元に戻った。頻繁にしていたスワッピングしてのデートもなく、今まで通りの夫婦の時間が戻ってきた。


・このブログのオリジナル体験談更新情報
・【私が書いた電子書籍一覧です】


「男の子か女の子か、調べたい? それとも、生まれるまでの楽しみにする?」
 詩織は、ことあるごとにそんな質問をしてくる。僕は、出来るなら事前に知りたいと答えた。
「フフ、そうなんだ。私は、生まれるまで知らない方が良いかな?」
 詩織は、無邪気な笑顔で言う。本当に楽しみにしているのが伝わってくる表情だ。僕は、正直怖いと思っている。詩織は、僕以上にお腹の子がどちらの子かわかっているはずだ。
「男の子だったら、公園でキャッチボールとか教えてあげてね」
 楽しそうに話を続ける詩織。祐介とゆかりちゃんとのことは、記憶から消えているのだろうか?

 僕は、今まで経験したことのないタイプの恐怖を感じながら、それでも楽しく話を続けた。詩織は、本当に楽しそうに笑う。少しの疑念や不安も感じていないみたいだ。

 そして、詩織のお腹も妊婦らしくなってきた。僕も、お腹の子がどちらの種なのか、あまり考えなくなってきていた。そんなある日、帰宅すると祐介とゆかりちゃんが家にいた。
「おかえりなさ〜い」
 ゆかりちゃんは、何ヶ月ぶりの再会なのにそんな事を感じさせない良い笑顔だ。逆に、祐介はちょっとぎこちない。詩織も良い笑顔で話をしているみたいだ。
 明らかに、男性陣の方が動揺している。僕もぎこちない感じになってしまっている。

 そして、祐介達に買ってきてもらった惣菜を使いつつ、夕ご飯の準備が始まった。キッチンで、楽しそうに調理をする二人。
 祐介と僕は、ダイニングで先にビールを飲み始めた。
「どう? 順調なの?」
 祐介は、やっぱり緊張気味だ。僕も緊張しながらも会話を続ける。でも、二人とも、お腹の子がどちらの子かとい言う話をしない。

 もう、わかっていることだし、今さら言っても仕方ないという気持ちがある。ゆかりちゃんも、お腹が大きくなっているのがわかる。
 詩織よりも身体が小さいせいか、お腹がより目立つ感じだ。でも、妊婦なのにミニスカートを穿いているところが、ゆかりちゃんらしいなと思った。
 僕は、急に欲情してしまった。妊婦をそんな目で見るのはどうかと思うが、ミニスカートからのぞく太ももがとてもなまめかしく感じてしまった。
 そして、今さら気がついたが、どう考えても胸が大きい。もともと巨乳の部類だったが、今は本当に目立っている。
 薄手のニットを着ているが、小山みたいに盛り上がっている。僕は、軽く勃起しそうになって慌てて視線を外した。

 食事が始まると、子供が産まれた後のことばかりがテーマになる。服やベビーベッドはどこで買おうとか、子ども向けのテーマパークの話だとか、とても盛り上がっている。
 詩織もゆかりちゃんも、本当に色々と調べているみたいだ。楽しみで仕方ない……そんな感じが伝わってくる。
「詩織ちゃんは、男の子が良いの? 女の子?」
 ゆかりちゃんが、ニコニコ笑いながら質問する。
「私は男の子かな? パパとキャッチボールとか逆上がりするの見たいな」
 詩織は、幸せそうな顔で言う。
「私は女の子が良いかな? 祐介、デレデレになりそうだけど」
 そんな会話を続ける二人。色々と気になることはあるが、やっぱりなにも言い出せない。すると、詩織が祐介に、あっちの方はどうしているのかと聞き始めた。
「えっ? そ、それは、自分でしたり……」
 祐介も、予想外の質問だったみたいで慌てている。それを聞いたゆかりちゃんが、
「そうなの? 自分でしてたんだ。言えば手伝ったのに」
 と言う。詩織が僕に、
「自分でしてるの?」
 と、聞いてきた。僕は黙ってうなずいた。

「自分でしてたんだね。じゃあ、今抜いてあげようか?」
 ゆかりちゃんが、なぜか僕に聞いてきた。
「ゆかり、ダメだって。もうそういうのは……」
 祐介が慌てる。でも、詩織が急に立ち上がって祐介の横に移動して座った。
 この時点で、僕はかなりドキドキしていた。まさか、お腹がそんな状態なのにセックスをするつもりなのだろうか? そんな心配をしてしまう。
「あれ? なんか大きくなってるよ。ゆかりちゃんが孝君とエッチなことしそうなの、興奮しちゃうの?」
 詩織は、煽るように言う。
「そ、そんな事は……」
 口ごもる祐介。詩織は、ズボンの上から彼のペニスを掴んだ。
「フフ、大っきいね。固くなってるよ」
 詩織は、優しい母親の顔から発情した牝のような顔に変化している。ゆかりちゃんも、僕の横に座って股間をまさぐってきた。
「やっぱり固くなってる。フフ、詩織ちゃんが他の男のおチンポ握るの、そんなに嬉しいんだ」
 ゆかりちゃんは、からかうような口調だ。

「ダメだよ、ゆかり……握ったら……」
 祐介は、かなり動揺している。悲しそうな顔に見える。でも、ゆかりちゃんは僕のペニスをズボンごとしごくような動きをする。
「フフ、祐介君のすごいね。本当にカチカチ。ゆかりちゃんがあんなことしてるのに、どうして興奮するの?」
 詩織も、いじめるような口調になっている。口ごもる祐介……。詩織は、ファスナーに指をかけた。
 無抵抗のまま、いきり立ったペニスを晒す祐介……。久しぶりに見たそのペニスは、やっぱり圧倒的に大きい。このペニスが、詩織を孕ませた……そう思うと、嫉妬と敗北感でいっぱいになってしまう。

「こんなに大きかったっけ? すごいね。指、届かないよ」
 そんな事を言いながら、詩織は手コキを始めた。祐介は、思わずうめく。

「詩織ちゃん、牝顔になってるよ。あのおチンポ、欲しいって顔してる」
 ゆかりちゃんは、僕を挑発するように言う。その言葉で、僕のペニスは射精感すら覚えるほどに固く勃起し始めた。
「フフ、カチカチ」
 ゆかりちゃんは、嬉しそうに言いながら僕のペニスを剥き出しにした。やっぱり、祐介の巨根と比べると悲しくなるほど小さい……。
 ゆかりちゃんは、嬉しそうに手コキを始めた。小さな指が、亀頭や竿に絡みついてくる。

 あっけなく、妊娠前に戻ってしまった……。もう、あんな異常なプレイはしないものだと思っていた。
「フフ、祐介君のもっと固くなったよ。ゆかりちゃんが他のチンポ握ってるの、興奮しちゃうの?」
 詩織は、やっぱり挑発口調だ。
「そ、そんな事は……」
 祐介は言いよどむ。でも、そのペニスは血管が浮き出るほど勃起していきり立っている。

 詩織は、細い指を絡みつかせていく。指の腹が、カリ首の気持ちいいところをこするように刺激していく。祐介は、うめくような吐息を漏らしながらも、ゆかりちゃんのことを見つめている。
 僕は、詩織が指が回りきらないくらいの巨根を握っているのを見て、射精寸前になっていた。ゆかりちゃんの手コキの気持ちよさもあるが、詩織が他の男を手コキしていると言うことが、僕を異常なくらいに興奮させるみたいだ。

「孝君、ゆかりちゃんの指は気持ちいい?」
 詩織は、祐介のペニスをしごきながら聞いてきた。僕は、ほとんど迷うこともなくうなずいた。
 ゆかりちゃんは、僕のペニスをしごきながら、
「祐介、気持ちいい? 詩織ちゃんの指、気持ちいい?」
 と、焼き餅を焼いているような感じで聞いた。
「う、うん。久しぶりだし……」
 祐介がそう答えると、詩織は急に彼のペニスをくわえてしまった。口を大きく開け、太いペニスを頬張る姿……。僕は、その姿を見て射精寸前なほどに高まってしまう。
 すると、ゆかりちゃんが手コキをやめた。焦らされたような感じになるが、すぐに僕のペニスをくわえてきた。絡みついてくる舌の感覚に、さらに射精感が増してしまう。
「ダメだよ……ゆかり……」
 祐介は、弱々しい声をあげる。でも、彼のペニスもギンギンに勃起したまま詩織の口の中にある。

 戸惑ったような顔をしている僕と祐介を無視して、二人はフェラチオを続ける。大きくなってきたお腹の二人が、卑猥に舌と唇を使ってフェラチオを続ける姿は、背徳感を感じる。
 最近は、詩織は母親の顔みたいになっていた。性的な部分は抜け落ちて、聖なる存在みたいになったように感じていた。
 詩織は、挑発と興奮が入り混じったような顔でフェラチオしながら、僕のことを見つめている。思わず視線を落とすと、ゆかりちゃんも同じように祐介のことを見つめながらフェラチオをしていた。

 こうやって見ると、本当にゆかりちゃんは小っちゃくて可愛らしい。顔も童顔だし、とてもアラサーには見えない。
 ゆかりちゃんは、可愛らしい顔からは想像も出来ないくらいに卑猥な舌遣いでフェラチオを続けてくれる。大きくなっているお腹と、まくれ上がってほとんど根元まで見ている太ももに強い興奮を感じる。

「あぁ、出そう……詩織ちゃん、出ちゃうよ」
 祐介は、余裕のない声をあげる。でも、詩織は僕のことを見つめたままフェラチオを続けていく。たぶんわざとだと思うが、舌でカリ首を巻き付けるようにしたりするさまを、僕に見せつけるようにしている。
 そして、僕をニヤッという目で見つめると、またペニスをくわえ込んで激しく頭を振り始めた。
「あぁ、ダメだよ、出る、うぅ」
 祐介は、あっけなく射精を始めた。詩織は、うめきながら口内射精を受け止める。祐介も、うめきながら射精を続ける。

 射精を終えた詩織が、僕らのすぐ横まで来た。ニヤニヤしながら、僕の顔の前で口を開けると、祐介の精液でいっぱいの口内を見せつけてきた。詩織は、そのまま口を閉じると飲み干してしまった。
 それを見たと同時に、僕はあっさりと射精を始めた……。ゆかりちゃんは、軽くうめきながら口内射精を受け止めてくれる。祐介の目の前で、ゆかりちゃんに口内射精をするのは、申し訳ない気持ちも膨らむ。

【続きは出典元から】

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
・他の体験談はこちら→FC2BlogRanking
【オリジナル体験談更新案内】
・妻がこっそりと裏垢サイトを見ていた5
・妻のバイオリン教室は、秘密のご褒美のおかげで評判が良い5
・友人に借金の相談をしたら、嫁を貸し出すことになってしまった3
・可愛らしい若妻がナンパされたことをきっかけに夫の寝取られ性癖を目覚めさせたー完ー
・強気で勝ち気な嫁が、しつけられて従順な牝になった
・童顔で可愛いらしい嫁が、カップル喫茶で囲まれて(kindle)
・パートに出て綺麗になった妻と、お客さんの裏垢男6
・オリジナル体験談一覧(姉妹ブログ含む)

【同じジャンルの体験談】

電子書籍出しました
ぷにっと!しすたーず
ぷにっと!しすたーず
[ 2022/08/16 23:13 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム

おかげさまで売れています


カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
2位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

管理人:寝取られ好き
寝取られ体験談、痴漢体験談、人妻体験談等、オリジナルの作品も多数紹介。管理人の好みの作品もアーカイブします。

Twitterフォロー
QRコード
QR
想像の10倍デカいオナホです!
kindle出版案内

2話収録です

2話収録です



2話収録です