#婚約者の可愛い妹が急に手コキしてくれたことで知った、知りたくなかった秘密 完(転載禁止)

前回の話

「フフ、まさ君のもうカチカチだね。興奮しすぎじゃない?」
 いつものように美桜ちゃんが、僕の股間をまさぐりながら言う。パッチリした二重まぶた、目が大きすぎてこぼれ落ちるのではないか? そんな印象を受ける程の大きな瞳だ。こんな美少女が、僕の股間をまさぐっている……。最高の状況だと思う。
 でも、僕の目の前では、まさみが叔父さんとキスをしている。自分の妻が、他の男とキスをしている……。それは、最悪の状況のはずだ。

・このブログのオリジナル体験談更新情報
・【私が書いた電子書籍一覧です】


 まさみとは、結局結婚式を挙げた。予定を早め、家族と少数の友人だけで挙げた。まさみの妊娠が発覚したからだ。もちろん、僕の種で妊娠した……はずだ。
 目の前では、スケスケのキャミソールだけを身につけたまさみが、大きなお腹を気にすることもなく、叔父さんに抱きついてキスをしている。もう、誰の目にも妊婦だとわかるし、胸も張ってさらにサイズが大きくなったように見える。
 そんなまさみが、叔父さんにキスをしながらペニスをしごいている。叔父さんの巨根は、相変わらず元気いっぱいに勃起してそそり立っていて、まさみの細くて白い指がイヤらしく絡みついている。

「お姉ちゃん、本気でキスしすぎだよね。結婚したのに、淫乱は直らないんだね」
 美桜ちゃんは、からかうように言う。でも、そう言っている美桜ちゃんも、さっきからずっと僕のペニスをズボン越しにまさぐっている。
 まさみは、妊娠して結婚式を挙げ、しばらくは叔父さんとのセックスをしなかった。なんとなくそのまま終わっていくのだろうなと思っていた。美桜ちゃんも、それまで通りに一緒に食事をしたりはしていたが、僕とセックスをしたりすることはなくなっていた。

 そのまま、正常な状態に戻って幸せな日々が続くものだと思っていた。そんなある日、自宅に戻ると美桜ちゃんと叔父さんがセックスをしていた。
「あっ、お帰りなさい。お姉ちゃん、安定期に入ったからお祝いしてるの」
 美桜ちゃんは、叔父さんの上で腰を振りながら説明をしてきた。すでに全裸になった美桜ちゃんは、とろけきった顔で腰をくねらせている。叔父さんは、笑顔でお疲れと挨拶をしながらも、美桜ちゃんの乳首とクリトリスをまさぐり続けている。

 そして、まさみはおよそ妊婦が着るとは思えないような、セクシーな姿をしていた。短すぎるスカートに、ヘソが見えているブラウス。ビッチ系の服装だ。正統派美少女というルックスのまさみがそんな姿をしていると、ギャップでより卑猥に見えてしまう。
 まさみは、卑猥な格好をしているのに、僕を見た途端に顔を赤くしながらお帰りなさいと言ってきた。呆然としている僕に、
「美桜と叔父さん、久しぶりだから盛り上がっちゃって……」
 と、モジモジと説明をした。僕は、まさみはまだしていないの? と、質問した。質問しながらも、僕はすでにギンギンに勃起してしまっていて、まさみと美桜ちゃんを交互に見ているような状況だ。
「してないよ! もう、しないもん。だって、結婚したんだよ」
 まさみは、そんな事を言う。でも、その顔はすっかりととろけてしまっていて、発情でもしているのかと思うくらいだ。それに、その卑猥な服を着て、セックスをするつもりがないというのも違和感がある。

「フフ。じゃあ、お義兄さんもお姉ちゃんとしちゃいなよ」
 美桜ちゃんは、イタズラっぽい笑みを浮かべている。僕は、目のやり場に困りながら、まさみを見た。
「正輝……来て。欲しい……」
 まさみは、すっかりと興奮した顔で言う。僕は、すぐにまさみの横に移動した。まさみは、僕が近づくなり、すぐにファスナーに指をかけてきた。あっという間にペニスを剥き出しにされると、まさみは躊躇なくくわえてくれた。
 まさみは、すぐに舌を絡みつかせてきて、バキュームもしてくる。半年ぶりくらいの刺激に、僕は一瞬で射精感が増してしまう。でも、なんとか堪えながらまさみを見つめる。
 ブラウスが短すぎて、お腹は丸見えだ。妊娠5ヶ月なので、すごく大きくなっているわけではない。でも、明らかに妊婦とわかるお腹だ。そして、胸の谷間も見えてしまっていて、大きさが増していてるのがはっきりわかる。おそらく、Gカップとかそれ以上になってしまっていると思う。

 妊婦にフェラチオをされる……。強い背徳感を感じてしまう。まさみは、夢中でフェラチオをしながら、
「フフ、すごく固いね。興奮してる?」
 と、嬉しそうに聞いてくる。僕は、すごく興奮していると答えながら、やっぱり美桜ちゃんと叔父さんのセックスをチラチラ見てしまっている。
 美桜ちゃんは、激しく腰を動かし続けている。上下や前後、とにかく動かしっ放しだ。可愛らしい声であえぎながら、何度も叔父さんキスをしたり、乳首を舐めてあげたりしている。
 美桜ちゃんは、あの頃本当に僕の事を好きになってくれていたと思う。僕も、まさみと美桜ちゃんの間で気持ちが揺れたのも事実だ。でも、結局まさみが妊娠したことで、まさみと結婚した……。

「正輝、気持ちいい? でも、出しちゃダメだよ」
 まさみは、興奮した声で言いながらスカートの中に手を突っ込む。でも、もともと短すぎて役に立っていないスカートなので、まさみの指がクリトリスあたりをまさぐっているのは丸見えだ。フェラチオしながらオナニーをする妊婦……。僕は、まさみがこんなに淫乱になってしまったのは、叔父さんと美桜ちゃんのせいなのかな? と思った。でも、それを不快に思う気持ちはない。むしろ、こんなセックスを経験出来て、良かったと思う気持ちが大きい。

 すると、美桜ちゃんがこっちに来た。まだ、叔父さんとのセックスは終わっていないはずだ。全裸のまま、まさみのすぐ横に来てまさみの乳首を触り始めた。
「うぅっ、んんっ、うぅ〜」
 僕のペニスをくわえたまま、大きくうめくまさみ……。美桜ちゃんは、嬉しそうにまさみの乳首を舐め始める。それだけではなく、まさみのショーツに手を突っ込んでまさぐり始めた。
「んっ、んっふぅ、んぅ〜〜」
 まさみは、大きくうめく。でも、僕のペニスを責めるのを忘れない。すると、美桜ちゃんも僕のペニスを舐め始めた。まさみは口からペニスを吐き出して、美桜ちゃんと同じように僕のペニスを舐めてくれる。
 二人がかりで、息の合ったフェラチオを続ける二人。まさみがカリ首を舐めると、美桜ちゃんが睾丸やアナルを舐めてくる……。そして、二人とも指で僕の乳首を触ってくれる。

「フフ、カチカチ。お姉ちゃん、まさ君のおチンポハメてもいい?」
 美桜ちゃんは、うわずった声で聞いてくる。
「ダ、ダメだよ。まさ君のは私のものだもん」
 まさみは、そんな風に言って僕のペニスをフェラチオし続ける。美桜ちゃんは、ニヤニヤ笑いながらフェラチオを続ける。
 時折二人の舌が触れ、レズプレイのような淫靡な雰囲気になっていく。僕は、二人のレズプレイを見たいという気持ちが大きくなっていた。すると、それを察したのか、二人がキスを始めた。
 まさみはキスをしながらも、僕のペニスをしごいてくれる。美桜ちゃんも、僕の乳首を触りながらキスを続ける。二人の舌が、積極的に絡み合う。とても姉妹とは思えないような、濃厚なキスを続けている。そして、キスをしながら奪い合うように僕のペニスをフェラチオしてくれる。

 美しい姉妹……本当に、二人とも怯んでしまうくらいに美人だと思う。そんな二人が、レズプレイを交えながらダブルフェラをしてくれている……。僕は、アダルトビデオの中に迷い込んでしまったのかな? と、思いながら射精を必死で堪えている。
「お姉ちゃん、本当は叔父さんとセックスしたいでしょ?」
 美桜ちゃんは、ニヤニヤしながら質問した。
「そ、そんなわけないでしょ。もう、人妻なんだよ」
 まさみは、明らかに動揺している。すると、いきなり美桜ちゃんにキスをされてしまった。小さな舌が僕の口にねじ込まれ、メチャクチャに暴れ回る。
「ダメっ! キスしちゃダメだよ!」
 まさみは、泣きそうな顔で叫ぶ。
「おチンポは舐めてもいいのに、キスはダメなの?」
 美桜ちゃんは、からかうような口調だ。確かに、言うとおりだと思う。まさみは、
「ダメなの。キスは私としかしちゃダメなの」
 と、駄々っ子のように言う。僕は、愛されているのを実感して嬉しいと思いながらも、美桜ちゃんとのキスにテンションが上がっている……。

「そうなんだ。じゃあ、キスは止めるね」
 美桜ちゃんは、そう言ってキスを止めた。でも、同時に僕にまたがってペニスを入れてしまった。
「ダメぇっ! 盗っちゃダメ!」
 まさみは、泣きそうな顔だ。でも、そんな顔をしながらも積極的に止めようとはしていない。表情も、むしろ興奮しているようだ。

「あぁ、気持ちいい。まさ君のおチンポ、ちょうど当たるの。美桜のオマンコの気持ちいいところに、ピッタリなんだ。叔父さんのより小さいけど、美桜は大好きだよ。ずっと欲しかった……まさ君、大好き」
 そう言って、美桜ちゃんは僕にキスをしてくれる。そして、腰を激しく動かし始めた。僕のペニスは、叔父さんの巨根と比べると情けないほど小さい。奥まで届いた事なんて、一度もないと思う。
 でも、美桜ちゃんはそんな僕とのセックスでも、本当に気持ちよさそうに感じてくれる。今も、とろけた顔で腰をイヤらしく動かしてくれている。

「ダメだよ、まさ君、出しちゃダメだからね。出したら、浮気だよ」
 まさみは、泣きそうな顔で言う。でも、言っている内容がメチャクチャに思えてしまう。
「出さなかったら、浮気じゃないんだ。じゃあ、お姉ちゃんも叔父さんとしたら? 中に出されなかったら、セーフなんでしょ?」
 美桜ちゃんは、とろけた顔で言いながら腰を動かし続ける。僕は、すでに射精寸前の所まで追い詰められている。まさみの見ている前で、妹の美桜ちゃんとセックスをする……。背徳感のせいか、異常なほどに興奮してしまう。

【続きは出典元から】

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
・他の体験談はこちら→FC2BlogRanking
【オリジナル体験談更新案内】
・強気で勝ち気な嫁が、しつけられて従順な牝になった6
・可愛らしい自慢の嫁は、昔ワンコインと呼ばれていた4
・友人に借金の相談をしたら、嫁を貸し出すことになってしまったー完ー
・お隣の元ヤンの若妻は、意外に経験が少なかった6
・優しく清楚な妻が、温泉旅行で若者二人に褒められて6
・NTRマッチングセンター3
・いつも強気な姉さん女房の、人に言えない酷い過去(kindle)
・オリジナル体験談一覧(姉妹ブログ含む)

【同じジャンルの体験談】

電子書籍出しました
ぷにっと!しすたーず
ぷにっと!しすたーず
[ 2022/04/07 14:49 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム

おかげさまで売れています


カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
2位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

管理人:寝取られ好き
寝取られ体験談、痴漢体験談、人妻体験談等、オリジナルの作品も多数紹介。管理人の好みの作品もアーカイブします。

Twitterフォロー
QRコード
QR
想像の10倍デカいオナホです!
kindle出版案内

2話収録です

2話収録です



2話収録です