#嫁とデートしたがる友人に、1回だけの約束でデートさせた結果 完(転載不可)

前回の話

 いおりは、私のことを見つめている。顔どころか、髪も服も精液でドロドロのまま、ほとんど無表情で見つめている。いおりは、射精したまま固まっている私に、口の中を開けて見せ始めた。すっかりと空っぽになっている口内。本当に、見ず知らずの男達の精液を飲んでしまったようだ。
 男達は、興奮した顔でいおりを見つめている。射精したばかりの彼らは、全員まだ勃起した状態だ。興奮が収まらないのか、ペニスをしごいている男性もいる。



・このブログのオリジナル体験談更新情報
《寝取られ好き管理人お勧め作品詳細(動画つき)》


 私は、いおりの無表情が怖くて声が出せない。何を考えているのだろう? 射精してしまった私に、怒りを感じている? そんな風に思っていると、いおりに美樹さんが近づいていく。美樹さんも、いおりに負けずに精液まみれの状態だ。

 美樹さんは、興奮した顔のままいおりにキスをし始めた。すぐに舌を差し込み、いおりの口の中をグチャグチャにかき回していく。いおりも、興奮しきった顔で舌を絡めていく。
 二人の顔についた精液が、お互いの顔に付着していく。そして、美樹さんがいおりの顔を舐め始めた。顔中に付着した精液を、すすりとりながら舐めていく。すると、いおりも同じ事をし始めた。
 お互いの顔の精液は、ほとんど見えなくなった。でも、それはいおりと美樹さんの口内に移動しただけだ。
 そして、二人は見つめ合う。すぐにキスも始まった。お互いに、口の中が精液まみれのまま、激しいキスを続けていく。

 美樹さんは、少し上の方からいおりの口の中に精液の塊を垂らしていく。ツゥーっと白い見るからに粘度の高そうな液体がいおりの口の中に入ってしまった。でも、美樹さんはすぐにいおりにキスをする。そして、いおりの口の中の精液を吸い取ろうとしている。

 ズズっと卑猥な音が響き、いおりの口の中の精液が移動していく。でも、ある程度のところで、いおりが逆にすすり取り始めた。

 精液を、奪い合うようにキスをする二人……。顔には精液がなくなったが、口の周りは精液まみれだ。舌を使い、それを奪ったり奪われたりのキスを続ける二人は、すっかりと興奮した顔になっている。

「参加しないの?」
 いおりが唐突に男性陣に声をかけた。男性陣は、色めきだって参加したいと告げる。
「良いよ、一緒に気持ちよくなろ」
 いおりは、淡々とそんなことを言った。すぐにワラワラと男性陣が二人を取り囲む。卑猥なキスをしている二人の身体を触り始めてしまった。いおりの服は当然のように脱がされていき、あっという間に全裸に剥かれた。
 大勢の男性の中心に、全裸のいおりがいる……。悪い夢の中に迷い込んでしまったような感覚だ。そして、男性達はいいようにいおりの身体を触り始める。

 美樹さんよりも若いからかもしれないが、いおりの方が大勢に触られている。乳首を摘ままれ、乳房を揉まれ、太ももや秘部まで触られてしまっている。
 男達は、本当に雑にいおりを扱う。いおりのことを気持ちよくさせようという気持ちなんて、少しもないようだ。ただ欲望に任せて、好き勝手に触り続ける……。そんな感じだ。

 すると、一人がいおりの膣中に指をねじ込んでしまった。まさか、ここまでのことになるとは思っていなかった私は、慌てて止めようとした。でも、
「うぅあっ、指気持ちいいっ。動かしてっ」
 と、とろけた声でいおりが言ったことで、止めるタイミングを失ってしまった。唖然としたまま、いおりを見つめる……

 男性は、いおりの膣中に挿入した指を激しく動かし始めた。アダルトビデオで見るような、激しい動きだ。
「うぅっ、あっ、アンッ、気持ちいいっ、もっとっ」
 いおりは、この状況で感じてしまっている。大勢に囲まれている恐怖なんて、少しも感じていないようだ。すると、美樹さんがいおりにキスを始めた。二人とも、好き勝手に男達に触られ、とろけきってしまっている。

 いおりと謙也がキスをしているとき、私は焦燥感で漏らしそうな感覚を味わっていた。子供頃に、忘れ物をして先生に怒られる……と、思ったときのような感覚。いおりと謙也の愛し合っているようなキスには、そんな感覚にさせる危機感があった。
 今の美樹さんとのキスは、ただただイヤらしく、そして美しいと感じる。いおりを奪われるかもしれないという危機感は感じない。女性同士のキスは、不思議なほど美しく見える。

 でも、キスをしている二人に、男達は容赦なく雑な愛撫を続ける。すると、男性のひとりがコンドームを装着し始めた。備え付けのコンドームは、なぜか黒色だ。迫力があってやたらと大きく見える。でも、実際に男達のペニスは大きいのだと思う。
 私や美樹さんの旦那さんのペニスが小さすぎるだけかもしれないが、比べると哀れな気持ちになるほどだ。そして、男性は何の躊躇もなく美樹さんを後ろから貫いた。
「うぅあっ、あなた、入っちゃってる。他の人のおチンポ、入ってます」
 美樹さんは、旦那さんを見つめながら言う。その口調はとろけてしまっていて、罪悪感よりは快感を感じているようだ。
 美樹さんの旦那さんは、他人に貫かれている美樹さんを見て、泣きそうな顔になっている。さっきまでの冷静な感じはなく、興奮と悲しみを感じている顔になっていた。

 美樹さんを貫いている男性は、そのまま腰を動かし始める。やっぱり、美樹さんを感じさせようという気配はなく、雑に腰を動かしている。単調なピストンで、自分がイクことしか考えていないみたいだ。
 すると、もう一人が美樹さんの口を犯し始めた。上下の口を犯されながら、美樹さんは旦那さんのことを見つめている。旦那さんも、美樹さんを見つめながら股間をまさぐり始めていた。
 短小の僕から見ても、小さなペニス……。あれでは、美樹さんは満足できないと思う。でも、それは私も一緒かもしれない。いおりのことを満足させられなかったから、謙也に奪われかけた……そういうことだと思う。

 私が過去のことに心を奪われていると、いおりが、
「うぅあぁ、太いっ」
 と、とろけた声をあげた。私は、慌てていおりの方を見た。いおりは、美樹さんと同じように後ろから貫かれてしまっている……。

「パパ、ごめんなさい。入れられちゃった。違う人のおちんちん、入ってます」
 泣きそうな顔で私を見つめ報告をした。美樹さんと違い、本当に罪悪感を感じているような表情だ。私は、どうしたら良いのかわからなくなってしまった。止めるべきだと思う。でも、動けない。逆に、男が動き始めた。

「うぅぁっ、あっ、太いの。パパ、太くて長いの。気持ちいい……ごめんなさい。もう気持ちよくなってます」
 いおりは、私を見つめながら謝る。でも、顔は快感にとろけ始めてしまっていて、見ているのが辛い……。

 そして、当たり前のようにもう一人がいおりの口にペニスを差し込む。いおりは、ペニスが唇に触れる瞬間、自分から口を開けて舌を伸ばした。ペニスを迎え入れるようにしながらフェラチオを始めたいおりに、私は強いショックを受けた。

 回されたい……いおりには、そんな願望があったみたいだ。それを聞いたとき、まさかと思った。そんなオナホ扱いをされるよりは、謙也と気持ちを通い合わせながらセックスをした方が、よほど気持ちいいのではないか? そんな風に思った。
 でも、上下の口を巨根で貫かれているいおりは、信じられないくらいにとろけて、幸せそうな顔になっている。

 男性は、いきなり強く腰を振っている。やっぱり、自分がイク事しか関心がないみたいだ。そんな扱いをされながらも、いおりはうめきっぱなしで、時折腰をガクガクッと短く震わせる。

 初対面の男性のペニスで、こんなにあっけなくイッてしまった? 私は、信じられない気持ちでいおりの3Pを見つめ続ける。

 美樹さんといおりが、並んで上下の口を犯されている。その周りには男達がいて、股間をまさぐったりしながら眺めている。中には、いおりの乳首を触っている男もいる。
 これは、何Pになるのだろう? 3Pや4P等というレベルを超えているのではないか? 普通の主婦が、まず経験しない事を経験してしまっているように思う。

「あぁ、出る、イクっ」
 いおりに挿入していた男性が、本当に気持ちよさそうな顔で射精を始めた。いおりは、ペニスをくわえたまま身体を震わせる。すると、控えていた男性が、射精した男性を引き剥がすようにしてどかせる、すぐにいおりに挿入した。
 コンドームをつけてい待機していたその男性は、やっぱりすぐにメチャクチャに腰を振る。いおりは、身体を小刻みに震わせ、ペニスをくわえたままうめく。

 美樹さんに挿入していた男性も、射精を始めた。同じように、すぐに別の男が入れ替わる。でも、その男性が挿入しようとする前に、美樹さんが、
「コンドーム、外してハメて。こんなに続けてされると、擦れて痛くなっちゃうわ」
 と、言い始めた。すると、美樹さんの旦那さんが、
「美樹、そんなのダメだよ……」
 と、弱々しい声で言う。でも、美樹さんは旦那さんの言葉に気がつかなかったような感じで、一瞥すらしない。
 美樹さんに言われた男性は、喜んでコンドームを外した。勃起したペニスは、コンドームが外れた事でさらに拡がって見える。押さえつけていた物がなくなって、サイズアップしてしまったみたいだ。男性は、本当に良いんですか? と、聞く事もなくペニスを挿入した。

 生のペニスが、入ってしまった……。こんな場所で、生セックス……あまりにリスクが高い気がする。こんなところに通っている男性なんて、性病の心配もありそうだ。

 でも、美樹さんはとろけた顔であえぎ始める。
「やっぱり、全然違う。生チンポじゃなきゃ、全然気持ちよくなれないわ」
 美樹さんは、とろけた顔だ。本当に気持ちよさそうなのが伝わってくる。さっきのセックスの時とは、まるで違う顔みたいだ。
 いおりが、
「そんなに違うんですか?」
 と、バックでハメられながら質問する。
「違うわよ。続けて何人もの人に中出しされたら、天国に行けるわよ」
 美樹さんは、幸せそうな顔で答える。

【続きは出典元から】

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
・他の体験談はこちら→FC2BlogRanking
【オリジナル体験談更新案内】
・親父の再婚相手は、親父よりも俺と歳が近い地味系巨乳だった(kindle)
・姉さん女房の涼子と、調子の良い私の部下3
・可愛らしい若妻がナンパされたことをきっかけに夫の寝取られ性癖を目覚めさせた3
・友人夫婦と食事をしてたら、アレのサイズの話になって4
・パートに出て綺麗になった妻と、お客さんの裏垢男2
・久しぶりに妻と温泉宿に行ったら、イケメン二人に声をかけられたー完ー
・事故で半身不随になった私と、いつも優しい年下の妻
・オリジナル体験談一覧(姉妹ブログ含む)

【同じジャンルの体験談】

電子書籍出しました
ぷにっと!しすたーず
ぷにっと!しすたーず
[ 2022/02/15 14:30 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム

おかげさまで売れています


カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
4位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

管理人:寝取られ好き
寝取られ体験談、痴漢体験談、人妻体験談等、オリジナルの作品も多数紹介。管理人の好みの作品もアーカイブします。

Twitterフォロー
QRコード
QR
想像の10倍デカいオナホです!
kindle出版案内

2話収録です

2話収録です

2話収録です

ハード系です

新作です