#子作りを始めた途端、嫁がやたらとセックスに積極的になった理由4(転載禁止)

前回の話

七菜は健也君に膣中を指で責められ、潮吹きをしながら、
『イヤッ、とめてっ! 恥ずかしい、うぅあっ、止まらないの、見ないでっ、ダメぇっ!』
と、泣き声で叫び続ける。私は、射精してしまったペニスを握りしめたまま、七菜の潮吹きを見つめている。

「ほら、もっと声出して。いっぱい感じないと、身体が妊娠したがらないよ」
健也君は、そんな風に言いながら七菜の膣中を責め続ける。指を二本挿入し、掻き出すような動きで膣壁をこすり続ける彼。
本当に、面白いくらいに透明のしぶきが飛び散っている。経験が豊富だと、こんな風に女性に潮を吹かせることも簡単なのかな? と、驚いてしまう。

・このブログのオリジナル体験談更新情報
《寝取られ好き管理人お勧め作品詳細(動画つき)》


『イヤッ! ダメッ! イ、イクっ! イクっ! 健也君、ダメッ、イクっ! イッちゃうっ!』
七菜は、潮吹きを続けながら叫び続ける。すでに、床はビショビショになっているし、ソファも濡れてしまっている。腰を座面から完全に浮かせた状態で、ガクガク震えている七菜。健也君が、指を引き抜いた。
七菜はソファに腰を下ろし、ぐったりしたような感じになる。すると、健也君は七菜の体液で濡れた指を、七菜の口の中に差し込んだ。そして、七菜の舌を指で弄ぶようにしている。
七菜は、最初は戸惑った感じになっていたが、すぐに彼の指を舐め始めた。まるで、フェラチオでもするようにイヤらしい舌遣いで指を舐める七菜。

「七菜さん、すごくエッチな顔になってるよ。まだ足りないの?」
健也君は、そんな質問をする。七菜は、ハッと気がついたような顔になり、
『そ、そんなことないよ! もう充分だよ。じゃあ、次は私がするね。今日は、どんなことすれば良いかな?』
と、慌てた感じで聞いた。すると、健也君は七菜のお腹の辺りに手を置き、
「今だったら、この辺触っただけで気持ちいいんじゃない?」
と、聞いた。服の上から、お腹の辺りを押しているだけの彼。でも、七菜は、
『う、うん。キュンってなる……。これ、どうして?』
と、興奮した顔で質問する。
「身体が妊娠したがってるから、子宮の辺りが敏感になってるんじゃない?」
健也君は、そんなことを言う。私は、本当だろうか? そんなことがあるんだろうか? と、驚いていた。
『そっか……。これなら、妊娠しやすくなってるかも……』
七菜は、そんな風に納得した。まるっきり、健也君にコントロールされているように見えてしまう。

「今だったら、これだけでイケるんじゃないかな?」
彼はそう言って、七菜のお腹をさすり始めた。結構な強さで、押すような感じでさする彼。七菜は、トロンとした顔に変わっていき、
『うぅ、んっ、う、あっ、気持ちいい……これ、気持ちいいよ』
七菜は、戸惑った顔で言う。健也君は、ひたすら七菜のお腹をさすり続ける。七菜は、吐息のような声からあえぎ声に変わっていく。

『んっ、あっ、あんっ、気持ちいいっ、健也君、怖い……ダメぇ、こんな、あっ、あんっ、うぅああっ!』
七菜は、初めての快感に少し怯えているように見える。でも、健也君はひたすらお腹をさすり続ける。私は、こんな形で七菜を感じさせてしまう彼に、本当に驚いていた。七菜が、変えられてしまう……調教されてしまう……。そんな危機感で、胸が苦しくなってきた。

健也君は、七菜のお腹を押しながら服を脱がせ始める。すぐにブラジャー姿になってしまった七菜。セクシーな、カップ部分にスリットが入ったブラを身につけている。こんな下着を着けて健也君を待つ七菜……。私は、嫉妬で胸がさらに苦しくなる。

健也君は、スリットから見えてしまっている乳首を舐め始めた。
『うぅああっ、気持ちいいっ、健也君、すごいの、気持ちいいのっ! こんなのダメ、ダメになっちゃうっ』
七菜は、激しく反応している。乳首を舐められながら、子宮を外から押される……。それで、気持ち良くなるものなんだろうか? 私は、これがポルチオ性感というヤツなのかな? と、思いながら画面を見つめる。

「気持ちいいでしょ。これだけでイケるんじゃない?」
そう言いながら責め続ける彼。七菜は、腰を浮かせ始めながら、
『気持ちいいっ! もっと、もっと強くっ! うぅあぁっ、イ、イッちゃうっ、健也君、イッちゃうよぉっ』
七菜は、まるで余裕のない声で叫ぶ。すると、健也君は急に責めるのをやめた。
『ダメッ、やめちゃダメ、もう少しなのにっ!』
七菜は、不満そうに言う。健也君は、
「そんなに簡単にイッたらダメだよ。もっと我慢してからイカないと、妊娠モードにならないよ」
と、もっともらしく言う。七菜は、不満そうな感じは残しつつ、
『う、うん。もっと我慢する……』
と、言った。すると、すぐに彼は七菜にキスを始める。そして、舌を使いながらお腹の辺りを押し始めた。

『んっ、うぅ~~っ、んふぅっ!』
七菜は、キスで口を塞がれたままうめき始める。気持ちよさそうな声でうめきながら、彼に抱きつき始めた。健也君は、舌を積極的に使いながらキスを続ける。そして、お腹もリズミカルに押したりさすったりし続ける。七菜は、彼にしがみ付きながら夢中で舌を使う。

『うぅ! うぅ~~っ! んうぅ~~っ!』
七菜のうめき声はさらに大きくなっていき、彼に目一杯強くしがみ付いているような感じになってきた。すると、健也君はまた責めるのをやめる。

『ダメぇ……。もう少しだったのに……イカせて……』
七菜は、切なそうな顔で言う。もう、私を興奮させるための練習という感じではなく、自分が気持ち良くなることしか考えられなくなっているみたいだ。

「ダメダメ。そんなに簡単にイッちゃダメだよ。妊娠しないよ」
彼は、真面目な顔でそんな風に言う。
『だって……。気持ちいいんだもん……。意地悪しないで……』
七菜は、甘えたような声で言う。すると、彼はまた七菜を責め始めた。あえぐ七菜。でも、健也君は七菜がイキそうになると責めるのをやめてしまう。

それを数回繰り返すと、
『もうダメっ、イカせてっ! おかしくなっちゃうっ、お願い、イカせて下さい』
と、七菜は泣いているような声で言う。健也君は、中指を立てると、それを七菜の膣中に入れた。うめきながらのけ反る七菜。

「指一本で、すごく気持ちいいでしょ? 我慢すると敏感になるんだよ」
彼はそんな風に言いながら指を差し込んでいく。七菜は、のけ反りながらうめき声をあげる。すると彼が、
「ほら、ここまで降りてきてるよ。指で触れるくらい、子宮が降りてきてる。これで中出ししたら、直接子宮にかけられるはずだよ」
と、嬉しそうに言う。
『ヒィ、うぅ、ダメぇ、気持ちいいの。もっと触って、子宮、もっと触ってぇ』
七菜は、とろけきった声で言う。私は、七菜が見たこともないくらいにとろけた顔をさらし、他の男にイカせて欲しいとおねだりをする姿を見て、堪えきれずにオナニーを再開してしまった。
射精直後なのに、すでに完全に固くなっている私のペニス。こすり始めてすぐなのに、もうイキそうな感じがしてきている。

「指だと、これくらいしか触れないよ。もっと長いのじゃないと」
健也君は、そんな風に言う。
『ゆ、指より長いの……入れて下さい』
七菜は、そんなことを言い始めた。私は、強い危機感を感じながら、それでも成り行きを見守る。今すぐに七菜に電話をしてとめるべき……。そんな考えは浮かんできているのに、私はやっぱりペニスをしごき続けている。

「指より長いのか……。ちょっと待ってて」
健也君は、そう言ってソファの前から消えた。七菜は、はしたない格好でソファに座っている。スリットが空いていて乳首が丸見えのブラだけを身につけ、だらしなく脚を拡げている七菜……。ツルツルのアソコは、健也君に剃り上げられたばかりだ。膣口からは透明の液体が溢れ出ていて、太ももの方まで濡れてしまっている。
私は、七菜が完全に快楽の虜になっているのを感じていた。すると、健也君が戻ってきた。健也君は、手にすりこぎの木の棒を持っている。

「こんなのしかなかったよ。ちょっと、固すぎるかな?」
健也君は、そんな風に言いながら戻ってきた。七菜は、
『……試してみたい……』
と、小さな声で言う。健也君は、
「じゃあ、ゴムつけるよ。ちょっと待ってて」
と言って、カバンからコンドームを取り出した。そしてそれを、すりこぎ棒に装着していく。長さはあるが、太さはそれほどでもないように見える。ゴマとかをする時に使う程度で、あまり使っていないような気がする。七菜は、健也君の動作を見つめながら、期待と緊張が見えるような表情をしている。そして、健也君はゆっくりとすりこぎ棒を七菜の膣口に押しつけていく。

「痛かったら、言ってね」
健也君はそう言って、ゆっくりとすりこぎ棒を七菜の膣中に入れていく。
『うぅ、あぁ、固い……すごく固い……』
七菜は、不安そうな声で言う。でも、痛みを感じている気配はない。
「痛い?」
健也君が質問する。
『平気。大丈夫』
短く答える七菜。健也君は、さらにすりこぎ棒を膣奥に入れていく。
『うぅあぁぁ、すごい、当たる……当たってるよ』
七菜は、とろけたような声で言う。もう、すりこぎ棒は半分ほど入っている。多分、私のペニスよりも長い感じで入っていると思う。

七菜の膣に、すりこぎ棒が刺さっている……。あまりにも現実離れしたような状況だ。私は、そんな姿を見ながらも、夢中でペニスをしごき続けてしまっている。

「動かすよ」
健也君はそう言って、すりこぎ棒を抜き差しし始めた。
『うぅっ、あっ、うっっくぅ、ダメぇ、これ凄いの、当たって、ひぃうぅ、ダメぇ』
七菜は、今まで見せたことのないようなリアクションを取っている。健也君は、慎重にすりこぎ棒を抜き差しし続ける。徐々にストロークは長くなり、動きも早くなっていく。七菜は、足の指をギュッと内側に曲げながら、
『あっ、あっ、あんっ、気持ちいいっ、当たってる、奥に当たってるっ!』

【続きは出典元から】

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
・他の体験談はこちら→FC2BlogRanking
【オリジナル体験談更新案内】
・仕事が減った僕のせいで、妻がメンズエステで働き始めました
・無精子症の私は、妻の妊娠を巨根の甥に託してみた4
・スーパー銭湯でパートしている嫁が、セクハラされていた
・海外赴任が決まった友人が、俺の嫁とデートをさせてくれと言ってきた7
・部長に弱みを握られた僕は、妻をオモチャにされてしまいました
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品
【同じジャンルの体験談】



妄想美足♀ガール
妄想美足♀ガール
[ 2020/12/06 11:10 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
動画ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
1位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

管理人:寝取られ好き
寝取られ体験談、痴漢体験談、人妻体験談等、オリジナルの作品も多数紹介。管理人の好みの作品もアーカイブします。

Twitterフォロー