▲嫁の浮気相手は、ハゲた中年太りのおっさんだった2(転載禁止)

前回の話

久美は、顔中をザーメンまみれにしながら、恍惚とした顔になっている。川井は、うめきながら射精を続ける。こんなハゲ散らかしたような小汚いおっさんのザーメンを浴びながら、とろけた顔になっている久美……。さっきは、川井のアナルまで舐めていた。俺ですら一度もしてもらったことがないことを、久美にさせている……。俺は、激しい嫉妬と怒りで立ちくらみがしそうな状態だ。


・このブログのオリジナル体験談更新情報
《寝取られ好き管理人お勧め作品詳細(動画つき)》



久美は、俺と大学時代に知り合うまでは、処女だった。男性と付き合ったことすらないような、奥手で真面目な女性だった。俺とのセックスでも、顔を真っ赤にしながらペニスを握ったり、ものすごく戸惑いながらフェラチオをしてくれたりした。

そんな久美が、顔にザーメンをぶっかけられ、ザーメンまで飲み干してしまっている。俺は、悪い夢の中にいる感覚がさらに大きくなる。

「すごい顔だ。ザーメンまみれで、とっても綺麗ですよ」
川井は、ニヤけた顔で言う。人妻を寝取っておもちゃにしている満足感で、そんな顔になっているのだろうか?

『川井さんのザーメン、濃くて美味しいです。綺麗にしますね』
久美は、そんなことを言って川井のペニスをくわえてしまった。そして、舌を使って汚れたペニスを清めていく。
『川井さんのおチンポ、まだカチカチです。今度は、久美のオマンコの中に出して欲しいです』
久美は、そんなことを言いながらお掃除フェラを続けていく。俺は、久美がそんなことを言っているのが、やっぱり信じられない気持ちだ。

すると、川井はニヤニヤしながらソファに座る。
「じゃあ、向かい合ってしましょうか」
川井は、そんなことを言う。すると、久美はすぐに川井にまたがり始めた。
『対面座位、大好きです。キスしながら子宮をガンガンしてもらうと、川井さんのザーメンで妊娠させてもらいたくなります』
久美はそんな風に言いながら、すぐに川井のペニスを膣に入れてしまった。
『うぅあぁ、太い。川井さんのおチンポ、ぶっとくて気持ちいいです♡』
可愛らしい声で言う久美。当然のように、コンドームなしで入れてしまっている。
「子宮に当たってますよ。このまま出したら、妊娠しちゃうんじゃないですか?」
川井は、そんなことを言う。丁寧な口調ながら、言っている内容は恐ろしいモノだ。

『出来てもいいです。川井さんの精液で、いっぱいにしてもらいたいです』
久美は、まるで恋する少女のようなリアクションだ。俺は、なぜ久美がこんなおっさんにのぼせ上がっているのかまったく理解が出来ない。
自分で言うことではないかもしれないが、少なくても俺の方がいい男だと思う。

「本当に、久美は可愛いねぇ」
川井は、そう言って久美にキスをした。久美は、すぐに嬉しそうに舌を絡めていく。久美の方が、積極的に舌を使っている感じがする。

俺は、強い衝撃を受けていた。セックスやアナル舐め、飲精するところまで見たのに、キスをしている姿を見たときの方が衝撃が大きい。

久美は、本当に夢中で舌を使っている。突き出された川井の舌を、吸うようなキスまでしている。どう見てもヤニ臭そうで不潔な感じの川井と、嬉しそうにキスをする久美を見て、俺は本当に戸惑うばかりだ。なぜ? どうして? そんな言葉が頭をグルグル回る。

『川井さんの唾、飲ませて欲しいです』
久美は、うっとりした顔で言う。すると、川井は久美の口を開けさせ、上から唾液を垂らし始める。見るからに気持ちの悪い絵面なのに、久美は幸せそうに見えるような顔で唾液を飲んでいる。
「美味しいですか?」
川井は、そんな質問をする。久美は、
『美味しいです。もっと飲ませて下さい』
と、とろけたような声で言う。川井は、さらに久美の口の中に唾液を垂らしていく。まるで、悪夢のような光景だ。久美は、3回唾液を飲んだ後、自分からキスをした。積極的に舌を絡ませながら、腰を揺さぶるように動かす。

久美は、川井とキスをしたままうめき声をあげ続ける。気持ち良さそうな声をあげながら、夢中でキスを続ける。
「そんなにキスが好きなんですか?」
川井は、まとわりつくようなかんに障る聞き方をする。でも、久美は即座に、
『好きです。いっぱいキスしたい。川井さんとキスをしながら子宮をいっぱいいじめてもらいたいです』
と、恋する乙女の顔で言う。俺は、もしかして肉体的なものだけではなく、心まで奪われてしまっているのだろうか? と、イヤな予感で胸がいっぱいになってきた。

久美は、キスをしたまま腰を振り続ける。卑猥なランジェリー姿のまま、奉仕を続けている。指で川井の乳首も刺激したりする。完全に、奉仕する側に回ってしまっている久美……。俺は、この先どうすれば良いのだろう? と、考え続けている。

「よし、出ますよ。どこに欲しいですか?」
川井は、少し余裕のなくなった声で質問する。
『中に下さいっ! 川井さんのザーメン、久美のオマンコの奥に全部出して下さいっ!』
久美は、卑猥な言葉を口にする。こんな言葉を言うのも、川井の調教のせいなのだろうか?
「妊娠しても良いんですか?」
川井は、さらに余裕のなくなった声で言う。
『いいのっ! 妊娠させて下さい。川井さんのザーメンで、久美を妊娠させて下さい♡』
久美は、瞳がハートになっているのではないかと思うような、可愛らしい声で言う。
「よし、出すぞ。孕めっ!」
川井は、気持ちよさそうに言う。久美は、さらにこしを早く動かしながら、
『孕みますっ! 川井のさんの子種で、受精しますっ!!』
と、叫ぶ。すると、川井はうめきながら射精を始めた。久美の膣中に、他人が精液を注ぎ込む……。俺は、やっぱりまだこれが現実だとは思えない。

『うぅうう゛っ!! 出てる、川井さんのザーメン、いっぱい出てるぅ。あぁ、妊娠する、川井さんの子種で、妊娠しますぅ』
久美は、本当に幸せそうに言う。俺は、久美がおかしくなってしまったのだろうか? と、思っていた。でも、俺は自分が信じられないほどに勃起していることにも気が付いた。自分では、まったく興奮している自覚がなかった。むしろ、怒りを感じていると思っていた。

俺のペニスは、今までにないくらいの勢いで勃起していて、ズボンに染み出るほどのガマン汁があふれている。
俺は、久美もおかしくなっているが、自分もおかしくなっているのだろうか? と、思い始めていた。

画面の中では、久美がキスを続ける。でも、射精し終わった川井は、あまり乗り気ではない。2回射精をしたことで、満足したのかもしれない。

まだ何かしようとする久美を制し、さっさと服を着始める川井。久美は、
『もう、時間ないんですか?』
と、寂しそうに言う。川井は、仕事に戻る時間だと言ってリビングを出て行こうとする。でも、少し立ち止まり、
「今日は、ちゃんと蓋して私のザーメン入れたまま、旦那さんと過ごしなさい。そのランジェリーも、着たままだよ。そして、旦那が寝たら、その横で膣中のザーメンを飲み干しなさい」
川井は、そんな指示をし始める。久美は、棚から取り出したタンポンを膣に挿入した。そして、そのまま部屋着を身につけていく。私を出迎えるときに、よく着ている部屋着。シンプルで、清楚な感じの部屋着だ。でも、久美はその部屋着の下に、卑猥なランジェリーを身にまとっていたと言うことになる。

ブラはカップ部分が抜けていて、穴が開いているタイプだ。部屋着に、乳首がひびいてしまうはずだ。でも、俺は一切気が付かなかった。久美が、ほぼノーブラだったことに。そして、マイクロミニスカートみたいなヒラヒラが着いたショーツを穿いていたことも……。

【続きは出典元から】

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
・他の体験談はこちら→FC2BlogRanking
【オリジナル体験談更新案内】
・嫁がバイト先のファミレスで、高校生に本気になっていた3
・お隣さんと月に一回嫁を交換していたら、拡張されてしまっていた5
・嫁さんが事故で死んだ親友に、色々と世話を焼く俺の嫁4
・親父の再婚相手は、親父よりも俺と歳が近い地味系巨乳だった3
・Fカップの見た目が派手な嫁を、友人に本気で堕としてくれと頼んでみた3
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品
【同じジャンルの体験談】



妄想美足♀ガール
妄想美足♀ガール
[ 2020/10/13 00:29 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
動画ランキング