#自慢の可愛い嫁は、むかし野球部のフェラペットだった6(転載禁止)

前回の話

詩織の動画を見てしまった僕は、知りたくない現実を知ってしまった。結婚して5年経つが、まさか詩織がこんなにも頻繁に浮気をしているとは想像もしてしなかった。

しかも、妊娠中絶までしていたなんて、ほんの少しも想像したことがなかった。僕は、こんなにも裏切られたような状況なのに、怒りがわくこともなければ、離婚しようという気持ちにもなれていない。それどころか、詩織のことを好きという気持ちにも変化がない。


・このブログの今回のオリジナル体験談更新情報(毎月3〜4本更新しています)


そしてなによりも戸惑っているのは、詩織が他人棒に狂う姿を見て興奮するようになってしまったことだ。僕のペニスでは与えられないほどの強い快感。それを与えられて半狂乱になって感じる姿……。僕は、それを見てオナニーまでするようになっていた。

僕は、購入した動画で何度もオナニーをしながら、新しい動画が販売されるのを待っていた。でも、急にサイトに繋がらなくなってしまった。販売サイト自体がなくなってしまったようで、検索してもほとんど情報がない。僕は、残念に思いながらも、動画が拡散される事がなくなり、ホッとする気持ちもあった。

詩織は、なにも変わらない感じで日々生活をしている。僕に対する態度も変わらないし、怪しいと感じる部分もない。でも、間違いなく彼らとセックスをしていると思うし、それを見てみたいという気持ちばかりが大きくなる。

そんな中、仕事で出張が決まった。2泊の予定で台湾に行く出張だ。
『じゃあ、私もついていこうかな? 3日も会えないの、寂しいから』
詩織は、本当に寂しそうに言う。僕は、一瞬良いなと思った。でも、まったく違うことも考えてしまった。僕は、同僚と一緒なのでそれは難しいと応えた。でも、実際は僕単独での出張なので、一緒に行くことは問題なく可能だ。
『そうなんだ。気をつけて行ってきてね。女の子のいるお店とかに招待されても、行っちゃダメだからね』
詩織は、本当に心配そうに言ってくれる。でも、自分は散々浮気をしているくせに、よく言えるなと思ったりもする。

僕は、思いついたとおりに、自宅にカメラを設置した。もちろん、隠しカメラだ。僕がいない3日間、必ず自宅に彼らを呼ぶと思ったからだ。

カメラは、コンセントプレート交換タイプのものにした。Wifiでレコーダー部分に接続するタイプで、外出先からもモニタリング出来る機能がある。本来は、ペットの見守りなどに使うタイプのカメラを流用して隠しカメラにしたような感じだと思う。

僕は、それを色々なところに設置した。そして、固定IPアドレスなども使用出来るようにし、外出先からも問題なく視聴出来るようにした。

出発の日、詩織は涙まで浮かべて僕を見送ってくれた。
『電話とかメールしてね。本当に、気をつけて行ってきてね』
名残惜しそうな詩織……。僕は、実際は夕方のフライトなのに、朝早くに家を出た。

そして、駅に向かって歩き始める。同時に、スマホで家の様子をうかがい始める。すると、詩織は着替え中だった。僕は、のぞき見している罪悪感を感じてしまったが、詩織が着替えているのがセーラー服だったことで、やっぱりなと思ってしまった。
詩織は、パンツが見えそうな程短いスカートのセーラー服を着ている。いくら可愛くて童顔な詩織でも、さすがに無理がある感じだ。でも、それがAV女優のようで、妙に卑猥に見える。

僕は、時計を気にする詩織を見て、もう彼らが来るのかな? と、ビックしてしまった。まだ、僕が家を出て10分もしていないのに、よくやるなと思ってしまう。

僕は、通信量のことも気になり、駅前のネットカフェに急いだ。個室ブースに入ると、タブレットの方をカバンから出し、wifiに接続して再度カメラに接続する。

すると、すでに始まっていた。ソファに座っているのは隆史くんだ。すでに全裸になっていて、その前には詩織がひざまずいてフェラチオをしている。
「その制服って、高校の時のヤツなの?」
隆史くんが質問をする。
『うん。そうだよ。こんな短いの、よく穿いてたよね』
そんな風に言いながらフェラチオを続ける詩織。確かに、スカートは短すぎてショーツが丸見えだ。
「詩織、ヤリマンだったからね。でも、まだ全然いけるじゃん。可愛いよ」
そんな風に褒める隆史くん。
『え? 本当に? 嬉しいな。隆史が褒めるなんて、珍しいじゃん』
詩織は、嬉しそうだ。でも、こんな会話をしている間も、手でペニスをしごきながら睾丸を触ったりしている。普段の恥ずかしがり屋な詩織は、どこにもいない。

「褒めてるかな? ヤリマンって言ったのに」
笑いながら言う彼。そういえば、健也くんの姿は見えない。
『まぁ、ヤリマンは本当だからね~。じゃあ、そろそろ入れるね。あっ、今日は危ない日だから、中に出しちゃダメだよ』
詩織は、そんな風に言いながら彼にまたがり始める。
「マジで? 危ないんなら、ゴム付けようか? さすがに、また妊娠したらヤバいんじゃない?」
心配そうに言う彼。
『ヤバいって?』
キョトンとした感じの詩織。
「だって、あんまり堕ろすと妊娠出来なくなるんでしょ?」
隆史くんは、そんな風に言う。
『堕ろさないよ。今度はちゃんと産むもん。だって、次堕ろしたらもう妊娠出来なくなるって言われてるし』
そんな風に言う詩織。
「いや、産むって、マズいでしょ」
隆史くんは、少し動揺している感じだ。
『大丈夫。旦那も隆史と同じO型だよ』
詩織はそう言うと、一気に腰を下ろしてしまった。まだ、ショーツも脱いでいないはずなのに、そのまま入れてしまったような感じだ。
『うぅあっ、太いっ。隆史、やっぱりこのおチンポ一番気持ち良いよ』
詩織は、とろけきった声で言う。そして、隆史くんにキスをしながら腰を動かし始めた。
『うぅっ、ぅっ、んぅ~っ!』
キスをしたままうめくように声をあげる詩織。僕は、チラッと時計を見た。まだ、僕が家を出て1時間程度だ。僕がいない3日間の間に、きっと浮気をすると思っていた。でも、まさか僕がまだ国内にいる間から浮気を始めるとは、想像もしていなかった。

詩織は、セーラー服姿のまま腰を動かし続ける。上下に動かすという感じではなく、ヘソから下だけを前後にグラインドするような動きだ。激しく腰を動かし続ける詩織。本当に、セックスすることだけが目的の浮気という感じがする。

僕は、高速グラインドする詩織の腰を見ながら、異常なほどに興奮してしまっていた。我慢出来なくなってしまった僕は、オナニーを始める。自分のペニスが、今まで感じたことがないくらいに固くなっているのを感じる。

自分の妻の浮気場面……。興奮する要素なんてないはずなのに、僕は今までに感じたことがないくらいの興奮を感じながらオナニーを続ける。

『イクっ、隆史もうイッちゃうっ! おチンポ気持ち良いっ! イクっ! イクっ! うぅうああっっ!』
詩織は、腰をさらに細かく早く動かしながら、のけ反って震える。
「早いって。まだ始めたばかりでしょ? もっと、落ち着こうよ」
隆史くんは、少しあきれたような口調だ。
『だって、気持ち良いんだもん。ねぇ、お尻にも入れて良い? ちゃんと綺麗にしてあるから』
詩織は、媚びるような口調で言う。
「良いよ。ホント、詩織はド淫乱だね」
あきれたような口調の隆史くん。すると、詩織はスッと立ち上がる。そして、彼に背を向けると、また腰を下ろしていく。
「あれ? ローションは?」
隆史くんが質問する。
『平気。中に入れてある』
詩織は、興奮したような口調で言う。そしてそのまま、手も添えずに彼の大きなペニスをアナルに入れていく。
『ンオオォオおっ、おチンポ入ってるぅ』
一瞬でとろけた声になる詩織。画面には、ソファに座る隆史くんの上にまたがる詩織が映っている。セーラー服姿の詩織。写真でしか見たことのない姿だ。スカートが隠しているので、一見ただ隆史くんの膝の上に座っているだけのようにも見える。でも、詩織の顔はこれ以上ないくらいにとろけきっていて、セックスの最中なのが丸わかりの表情だ。

「ヤバい、めっちゃ締める。すぐに出ちゃうよ」
隆史くんは、あまり余裕のない声で言う。詩織は、そのまま腰を上下に動かし始めた。さっきのセックスとは違い、大きく腰を上下に動かす詩織。膣の時とは、楽しみ方が違うのかな? と、感じた。
『ンおぉっ、おぉっ、気持ち良いっ、ケツマンコ気持ち良いのっ!』
詩織は、夢中で腰を上下に動かし続ける。さっきから、隆史くんはなにもしていない。ただソファに座っているだけだ。
「詩織、アナルの方が締まって気持ちいいよね。オマンコ、もうガバガバだからね」
隆史くんは、そんなことを言う。
『だってぇ……。健也コブシとか入れるんだもん。隆史の大っきなおチンポに対抗心燃やしちゃって、大変なんだよ』
詩織は、少しすねたような声で言う。
「マジで? コブシ入るんだ」
さすがに驚く隆史くん。
『うん。最初は全然だったけど、すぐに入るようになっちゃったよ。やっぱり、緩くなってる感じあった?』

詩織は、心配そうな感じで質問する。
「うん。緩くなってる。でも、コブシが入るんなら、仕方ないでしょ」
隆史くんは、素っ気なく言う。僕は、コブシが入るようになったという言葉を聞いて、本当に驚いていた。かなりの拡張をしないと、コブシなんて入らないはずだ。一体、どんな頻度で健也くんと会っているのだろう?

『そうだよね。でも、アナルは気持ち良い? 緩くない?』
詩織は、かなり気にしている。
「アナルは良い感じだよ。て言うか、後でこぶし入れさせてよ」
隆史くんは、そんな風に言う。
『うん。良いよ。入れてみてね』
嬉しそうに言いながら腰を上下に動かし続ける詩織。かなりペースの速いスクワットをしているような感じに見える。

「良いね、気持ち良いよ。そろそろ代わろうか? 疲れたでしょ」
隆史くんが、そんな言葉をかける。
『うん。じゃあ、下からガンガンしてくれる?』

【続きは出典元から】

【同じジャンルの体験談】
・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
・他の体験談はこちら→FC2BlogRanking

【オリジナル体験談更新案内】
・親父の再婚相手は、親父よりも俺と歳が近い地味系巨乳だった2
・お隣さんと月に一回嫁を交換していたら、拡張されてしまっていた3
・自慢の可愛い嫁は、むかし野球部のフェラペットだった7
・オッパブ好きの友人が遊びに来て、嫁と3人で飲んでいたら完
・Fカップの見た目が派手な嫁を、友人に本気で堕としてくれと頼んでみた3



妄想美足♀ガール
妄想美足♀ガール
[ 2020/08/16 23:46 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
動画ランキング