年上の嫁が、合格祝いに僕の寝取られ願望を聞いてくれた5(転載禁止 オリジナル)

前回の話

里香の腰の動きは、さらに早くなっていく。でも、こすりつけるような感じで動かしているので、激しい動きには見えない。
「ヤバい、その動き本当に気持ちいいです」
敏夫は、あまり余裕のなくなった声で言う。里香は、腰を動かしながら、
『そんなの良いから、早く出せよ。もう、疲れたから』
と、言う。でも、その声は完全にうわずってしまっていて、気持ち良いんだなと思ってしまう。僕は、そんな二人を見ながらひたすらオナニーを続ける。もう、あっけなく射精をしてしまいそうな状況だ。


「まだイキませんよ。今日は、里香さんをもっと気持ち良くさせますから」
敏夫は、そんな風に言う。
『別に、気持ち良くもなんともないから。さっさと終わってくれれば良いから』
里香は、まだ強がるように言う。どう見ても感じているのに、それを認めようとしない。僕は、彼女なりの僕への気遣いなのかな? と、思いながらも、もっと乱れる姿を見せて欲しいと思ってしまう。

「里香さんが、気持ち良いって言うまでイキませんから。じゃあ、動きますよ」
敏夫は、そう言って腰を動かし始めた。里香の身体を軽く持ち上げるようにして固定し、腰を下からガンガン突き動かす。
『うぅっ、あっ、あっ、あぁっっ、ダ、ダメ、うぅっ、ストップ、うぅあっ、あぁっ!』
里香は、声がこらえきれない感じになってしまっている。敏夫は、まるでアスリートのように腰を上下に動かし続ける。肉がぶつかる音や、湿った水音が響き、里香はどんどアゴが上がっていく。

「ほらほら、もっと感じて下さいよ。奥に当たると気持ち良いんでしょ? さっきから、おまんこメチャクチャ締め付けてきてますよ」
敏夫は、妙に強気だ。いつもの弱気な感じが消えている。そして里香は、逆に弱々しい感じになってしまっている。のけ反り、あえぎ、
『も、もうダメ、とめて、ストップ、もう、ううぅっ』
と、弱々しく声をあげる。でも、敏夫はさらに激しく腰を突き上げ続ける。肉がぶつかり合う音が、心配になるほど大きくなっている。

「あぁ、スゲぇ、千切れそうに締まってる。もう、イッちゃうんじゃないですか?」
敏夫は、そんな風に声をかける。里香は、
『イ、イクわけない、気持ち良くないし、うぅっ、早く出せって、うぅあっ、あっ、あんっ、うぅっ!』
と、強気なことを言いながらも、声はどんどん大きくなっていく。敏夫は、嬉しそうな顔で腰を動かし続ける。僕は、自分のペニスを強く握りしめている状態だ。少しでも動かしたら、すぐに射精してしまう……。そんな状況になってしまっている。

「あぁ、ヤバい、気持ち良すぎる。出そうです」
敏夫が、余裕のない声で言い始めた。でも、そんなことを言いながらも、腰の動きは早いままだ。
『イ、イケっ、出せって、もう、うぅっ、早くイケって! うぅあっ、あっ、あぁっんっ』
里香は、さらに声がうわずっていく。すると、敏夫が里香にキスをし始めた。敏夫が舌を差し込み、激しく動かしながら腰を突き上げる。里香は、うめきながら敏夫にしがみついた。

僕は、そんな二人の姿を見ながらあっけなく射精を始めてしまった。ほとんど同時に、敏夫も身体を震わせるようにして射精を始める。里香は、思い切りと言っても良いくらい強く敏夫に抱きついている……。

敏夫は、そのままキスを続ける。里香も放心状態みたいになっていて、敏夫にしがみついたままだ。少しすると、里香が敏夫のキスを振りほどく。
『いつまでやってるんだよ。終わったんだろ? 早くどけって』
里香はそう言って、敏夫の身体を突き放す。
「そんなに照れなくても。里香さんも、ちゃんとイケたみたいですね」
敏夫は、里香に向かってそんな風に言う。すると、里香は敏夫のお腹を拳で叩き、
『ば~か。別に気持ち良くもないし』
と、言った。お腹を押さえて痛そうにしている敏夫。
「そんなぁ。あんなにビクビクなってたのにですか? メッチャ締まってましたよ」
敏夫は、そんなことを言う。でも、里香はとくに返事もせず、スッと立ち上がる。そしてそのまま、和室を出て行こうとする。
僕の横を通り過ぎるとき、チラッと僕の股間を見た彼女。
『ちゃんとイケたんだ。良かったな』
冷たい口調で言いながら出て行ってしまった……。僕は、猛烈に恥ずかしい気持ちになってしまった。敏夫は、コンドームを外してティッシュでペニスを拭いている。僕は、とりあえず逃げるように和室を出た。

敏夫と同じように、ティッシュでペニスを拭く僕。なんというか、惨めな気持ちになってしまう。でも、あんなにも強い興奮を感じたことがない。

すると、里香が戻ってきた。もう、シャワーを浴びたみたいだ。そして、和室の中に入ると、
『泊まってけば? もうこんな時間だし、どうせ予定ないんだろ?』
と、敏夫に声をかける。
「え? 良いんですか? じゃあ、そうさせてもらいます。里香さん、一緒に寝ますか?」
敏夫は、おどけた感じで言う。
『はいはい。アンタ、寝相悪そうだしやめとくよ』
里香は、そう言って和室から出てくる。僕は、ホッとしながらも、少しがっかりもしていた。
『なんでがっかりしてるんだよ。ホント、ドヘンタイだな』
里香は、あきれたように言う。僕は、ごめんなさいと言いながら寝室に移動した。

ベビーベッドに寝ている息子。そして、シングルベッドを連結して大きく使っているベッド。電気を消すと、
『そんなに興奮したの?』
と、里香が声をかけてくる。僕は、正直に興奮したと告げる。そして、里香に気持ち良かったの? と、質問した。
『別に……。まぁ、少しは……。その方が、興奮するんだろ? もっと、気持ち良くなった方が良いんだろ?』
里香は、素っ気なく言う。僕は、言葉が見つからず、またゴメンと謝ってしまった。

そして、なんとなく気まずいまま寝始める。里香は疲れていたのか、すぐに寝てしまった。僕は、さっきの激しい二人のセックスを思い出しながら、興奮状態でいた。

ただ、僕もいつの間にか寝てしまったようで、急に目が覚めた。
『や、やめろって、バカ、こんなとこじゃ』
里香の声が聞こえる。声を抑えているような感じだ。僕は、薄く目を開けてみる。すると、里香の足下に敏夫がいた。敏夫は、里香のパジャマのパンツを途中まで脱がせている。片足だけが外れたような状態だ。そして、里香のアソコに顔をくっつけて舐めているような動作をしている。ほぼ真っ暗なので、ディティールまではわからないが、里香がクンニされているのは間違いない感じだ。

「声大きいですよ。ほら、アイツ起きちゃう」
敏夫は、やっぱり声を抑えた感じで言う。
『だ、だから、こんなことしてたら起きるだろ? やめろって、うぅっ、バ、バカッ、うぅっ、ヒィうぅ、皮剥くな、あぁっ、んっ、んっ、うぅっ!』
里香は、意外なほどあっさりとあえぎ始めてしまった。
「ほら、クリトリスめっちゃ勃起してる。ほら、声我慢して」
敏夫は、そんな風に言いながら舐め続ける。耳を澄ますと、クチョクチョという湿った音も響いている。

『や、やめろっって、こんなの起きるだろ、うぅっ、ダメ、あっ、ンッ、んぅっ、うぅあっ、やめろ、うぅっ』
里香は、そんな風に抵抗している。でも、声がどんどん弱々しくなってく。僕は、敏夫が夜這いをかけたことを理解した。大胆すぎるなと思いながらも、僕はものすごく興奮していた。完全に、僕に内緒でやっていることだ。そして、里香も僕にバレないように抵抗している。

僕は、里香の生々しい声にただただ興奮を強くしていく。
『うぅあっ、ゆ、指抜けって、ダメっ、うぅっ、コラ、あっ、あっ、動かすな、うぅあっ、あんっ、ダメっ、うぅっ!』
里香は、必死で声を抑えているような感じになっている。
「ほらほら、指で触れるほど子宮降りてきてますよ。本当は、欲しいんでしょ? もっと太いのが良いんでしょ?」
敏夫は、さっきのセックスの時とは違って、すごく積極的だ。そして、大胆だ。

『うぅっ、うぅあっ、あっ、こ、声出る、起きちゃうだろ、うぅっ、あっ、あっ、動かすな、ダメっ、ダメぇ』
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


検索フォーム
カテゴリ
動画ランキング