月別アーカイブ  [ 2021年05月 ] 

≪ 前月 |  2021年05月  | 翌月 ≫

なんでも聞いてくれる従順な嫁が、目の前で寝取られてくれました5(オリジナル 転載禁止)

前回の話

玲奈は、泣き顔で私を見つめながら腰を一気に下まで下ろしてしまった。
『うぅあぁっ、大きいっ』
玲奈は、高山さんの大きなペニスを根元まで入れると、とろけたような声を上げてしまった。コンドームも何もつけていない生のペニスが、玲奈の膣中に根元まで入ってしまっている……。私は、想定していなかった状況に息が詰まってしまう。


「良いんですか? コンドームつけてないですよ」
高山さんは、淡々と冷静な口調で言う。慌てた感じもないし、興奮している様子もない。
『……外に出して下さい。あなた、見ないで……ひどい顔になっちゃうから……』
玲奈は泣きそうな顔でそう言うと、すぐに腰を動かし始めた。よほど焦れていたのか、上下に勢いよく動かしてしまっている。
『ンッ、あっ、あっ、うぅっ、奥まで当たってる。あなた、ごめんなさい。声我慢出来そうにない……の……』
玲奈は、泣きそうな顔のまま腰を動かし続ける。私は、他の男の上で腰を振る玲奈を見ながら、間違いなく興奮してしまっている。嫉妬や焦燥感は感じているが、それ以上に興奮する気持ちを抑えることが出来そうにない。

『気持ちいいっ。あなた、ごめんなさい。見ないで、もうダメなの、抑えられないの、声でちゃう、感じちゃうっ』
玲奈は、そんな風に言いながら腰を動かし続ける。上下に激しく動かしながら、やっぱり私の方を見つめ続ける玲奈に、私は射すくめられたように動けない。それなのに、股間だけは別の生き物のように縦に揺れるように何度も動いている。

「良いんですか? ご主人が見てるのに、こんなにはしたない動きをしてしまって」
高山さんは、落ち着いた口調で言う。玲奈は、
『だって、無理です。もう我慢出来ない。気持ちいいです。高山さんの、大きくて気持ちいいです。いつもは当たらない所に、いっぱい当たってますっ』
玲奈は、我を忘れたような声で言う。私は、そんなに違う物なんだろうか? ペニスのサイズの違いが、そんなに快感に影響するものなんだろうか? と、考えていた。それを認めたくないという気持ちもあるのかもしれない。でも、玲奈は見たこともないくらいに激しく腰を動かし続けている。

私に対して、いつも不思議なほど従順な玲奈。でも、今は私の事なんて見えていないような感じで腰を動かし続けている。そして、上下に動いていた腰が、徐々に前後に動くようになってきている。なるべく奥に入れたまま、それで腰を動かしたい……。そんな気持ちが透けて見えるような動きだ。

『うぅあっ、あっ、あなた、ダメ、見ないで、顔とろけちゃってる、うぅあっ、あっ、イヤァ、見ないでッ、うぅあっ』
玲奈は、見ないでと言いながらも腰を狂ったように動かし続ける。もう、ヘソから下だけを高速でグラインドしているような動きだ。こんな動きをする玲奈は、今まで一度も見たことがない。

「あぁ、気持ちいい。奥さんの、すごく締まってますよ。搾り取られそうだ」
高山さんが満足げに聞こえる声で言う。私は、焦ってしまった。本当に、中に出されてしまう……。妊娠してしまう恐怖も感じるが、それ以上に中に出されてしまうと言うこと自体が、嫁をマーキングされてしまうように感じてしまう。

車の中でも、おそらく二人はコンドームなしでセックスをしたのだと思う。でも、高山さんは射精をしていなかったはずだ。このまま、本当に玲奈の膣中に出してしまうのだろうか? 私は、不安でおかしくなりそうだ。

『ダ、ダメぇ、まだイッちゃダメ……』
玲奈は、そんな風に言いながら腰を使い続ける。もっと楽しみたい……。そんな気持ちが見えてしまう。玲奈は、楽しんでいるのだろうか? 高山さんとのセックスに、ハマってしまっているのだろうか? そんな事ばかりを考えてしまう。

『あなた、ごめんなさい。イキます、イッちゃう。高山さんのでイキますっ』
玲奈は、私の目をまっすぐに見つめたまま叫ぶように言う。そして、腰の動きがさらに早くなっていく。
『イクっ、イクっ! あなた、イッちゃうっ! 違うの人のおちんちんで、イッちゃうのっ! うぅあぁっ!』
玲奈は、腰をガクガクッと震わせながら動きを止めた。拳を握りしめたような感じになりながら、ガクガクッと震え続ける玲奈手。私は、こんなに感じている玲奈を見たことがない。敗北感を感じながら、玲奈を見つめる私……。玲奈は、少しすると、泣きそうな顔で私を見つめてくる。
『あなた……ごめんなさい。キス……して』
玲奈は、罪悪感にまみれたような顔で言う。でも、罪悪感は感じている様子はあるが、顔は半分とろけたままだ。私は、吸い寄せられるように玲奈にキスをした。すぐに飛び込んでくる玲奈の舌。荒い息遣い……。私は、なんとも言えない感覚のまま玲奈の舌に舌を絡めていく。

玲奈は、高山さんとつながったまま、私の舌を夢中で吸う。そして、舌をメチャクチャに使って私の口内をかき回す。どんな気持ちなんだろう? 他の男にイカされ、他の男とつながったまま私とキスをする……。何を考えているのだろう?

すると、高山さんが微妙に腰を動かし始めた。けして激しい感じではなく、軽く揺さぶるような感じで動かしている。
『うぅ~っ』
玲奈は、私とキスをしたままうめく。どう見ても、感じてしまっているような仕草だ。玲奈は、こんな状況でもキスを続ける。そして、高山さんはゆっくりとしたリズムで腰を動かし続ける。

私は、まるで3Pのような状況に、興奮が高まりすぎなほど高まってしまっている。玲奈は、私と濃厚なキスを続けながらも高山さんとの生セックスを続けている。腰を動かしているのは高山さんでも、よく見ると玲奈の腰も高山さんの腰の動きに合わせて動いているように見える。

私は、卑猥な玲奈の腰の動きを見てまた強いショックを受けてしまう。どう見ても、玲奈は積極的にセックスを楽しんでいる。私の寝取られ願望を叶えるためと言うよりも、自らの喜びのためにそれをしているようにしか見えない。

『あなた、イッちゃった。イカされちゃった……。ごめんなさい。怒ってる?』
玲奈は、腰を卑猥に動かしながら謝る。私は、怒っていないと告げる。
『フフ。だって、こんなになってるもんね。興奮してるんだね』
玲奈はそう言って私のペニスを握る。私は、そんな事はないとも言えず、うつむいてしまった。すると、高山さんが、
「交代しますか? 今なら、奥様の子宮降りてきてますよ」
と、言い始めた。すると、玲奈はすぐにスッと立ち上がる。抜ける高山さんのペニス……濡れて光っているのでやたらと迫力がある。私は、敗北感を感じながらそれを見つめていた。すると、玲奈が私をベッドの端に座らせる。そして、私にまたがってきた。

『アン。固い。すごく固くなってるね』
玲奈は、嬉しそうな声を上げる。私は、複雑な気持ちになりながらも、ペニスの先端にコリッとした物が当たる感触を感じている。いつもなら、そんな風に触れることはない感触だ。

『当たってるよ。公夫さんの、少しだけ当たってる』
玲奈は、嬉しそうに言いながら腰を動かし始めた。上下に腰を動かすと、より締まりが増すような感覚になる。
『気持ちいい? 私も気持ちいいの。いつもと全然違う感じがするよ』
玲奈はとろけたような顔になりながら腰を動かし続ける。私は、まったく想定していなかった状況に戸惑いながらもすでに射精感がかなり高まってしまっている。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


部長に弱みを握られた僕は、妻をオモチャにされてしまいました4(オリジナル 転載禁止)

前回の話

美波は、この前の部長とのセックス以来、まるでキャラクターが変わってしまったようになった。部長との関係が始まって以来すっかりとしなくなっていたセックスも、美波の方から誘ってくるようになっていた。
そして、セックスの間中、美波は挑発的な発言をするようになっていた。

『あなた、次はお尻でされちゃうんだって。どうしたら良いのかな? お尻の中綺麗にしないとダメだよね? 今度からは、あなたに浣腸もしてもらった方が良いのかな?』
美波は、そんな事を言いながら僕のペニスをしごいている。

挑発するような顔で僕を見つめる美波に、ドキドキしてしまう。美波は、僕が何も言えないのを気にせず、さらに言葉を続ける。
『お尻で気持ちよくされちゃったら、どうしよう……。あなた、お尻で気持ちよくなっても嫌いにならないでね』
美波は、そんな事を言う。僕は、嫌いになるはずがないと答えた。
『そうだよね。だって、私が気持ちよくなると興奮するんだもんね。あなたが見てる前で、お尻でもイッちゃうね』
美波は、そんな事を言いながらペニスをしごき続ける。僕は、うめくような声を上げながら、そんなのダメだよと言う。

『何がダメなの? だって、さっきから凄く固いよ。興奮してるんでしょ? 私が部長さんにお尻を犯されて感じてる姿を想像して』
美波は、妖艶な笑みを浮かべながら言う。僕は、完全に言葉に詰まってしまった。でも、やっとの思いで、
「美波ちゃんはイヤじゃないの? 部長にお尻を犯されるの、イヤじゃないの?」
と、質問した。
『イヤだって言っても無駄でしょ? どうせ犯されるなら、感じちゃった方が良いでしょ?』
美波は、そんな風に言う。僕は、そんな風に言われてなにも言い返せなくなってしまう。いっそ、もうやめよう……会社を首になっても良いから、もうやめよう……そんな風に言おうとした。でも、僕の考えを読んだように、
『二人の幸せのために、我慢しようね。それに、あなたは興奮して楽しんでくれてるんでしょ? 私も、楽しまないと損だよね』
と、挑発的な顔で言ってきた。僕は、そう言われてしまうと何も言い返すことが出来ずに、ただうなだれながらゴメンねと言うのがやっとだった。

美波は、挑発的な顔のまま僕の乳首を舐めてくる。
『フフ。ここも固い。そんなに興奮してるの? もう、土曜日が待ちきれないって感じなの?』
美波は、そんな事を言いながら僕の乳首を舐めながらの手コキを続ける。あっという間に射精感が高まり、僕はうめくような声を上げるばかりだ。

『フフ。そんなに興奮するんだね。でも、本当はどっちが良いの? お尻を犯されても妊娠しないでしょ? 正君は、私が妊娠した方が喜ぶのかな? 部長さんの子種で妊娠しちゃった方が良いって思ってるのかな?』
と、興奮したような顔で言ってくる。僕は、そんな事があるはずないと言った。
『そうなんだ。でも、ここはそう言ってないよ。さっきから、固くなりすぎて金属みたいになってるよ』
美波は、そんな事を言いながら手コキを続ける。僕は、言い訳出来ない状況にただうなだれる。すると、美波は僕にキスをしてきた。荒々しく突っ込まれる舌、僕は思わずたじろぐ。
『正君って、キス苦手なの? 部長さんのキスと比べると、遠慮しすぎな感じだよね』
美波は、こんな風に部長と僕を比較するようなことを言うようになった。僕は、悔しい気持ちのまま舌を絡ませる。夢中で舌を絡め、荒々しく吸ってみたりもする。

『フフ。必死になってるね。でも、部長さんのキスの方が、男らしくて気持ちいいよ』
美波は、そんな風に言ってイタズラっぽく微笑む。僕は、比較されたことにただただ悔しい気持ちになってしまう。

『あなた、もうイッちゃいそうだよ。早く入れないと、妊娠させられないよ』
美波は、僕の暴発寸前のペニスをしごきながら言う。僕は、必死にイクのをこらえているような状況だ。少しでも気を抜くと、あっけなく射精をしてしまいそうな感覚……。頭の中は、アナルを犯される美波のことでいっぱいだ。

僕は、それでも美波に覆い被さっていく。そして、射精しそうなペニスを掴んで膣口に押しつける。ツルツルに剃り上げられたヘア……。これも、部長の好みだと思うと悔しくて仕方ない。

すると、美波が僕のペニスを掴んでしごき始めた。正常位で入れる寸前の体勢になっているのに、美波は怪しく微笑みながら僕のペニスをしごき続ける。
『本当は、入れるよりも部長のことを聞かされながら手でされる方が気持ち良いんでしょ?』
美波は、そんな事を言いながらしごき続ける。僕は、亀頭の先に膣の感触を感じながらも、手でしごかれるに任せてしまっている。腰を押し込めば、あっけなく挿入出来る……それなのに、それをしない僕。美波は、
『だって、入れても緩くなっちゃったもんね。部長さんのおっきなおチンポで、緩くなっちゃったもんね』
と、聞くに堪えないようなことを言ってくる。でも、僕はその言葉に押されるように、あっけなく射精をしてしまった。
美波の膣周りをドロドロに汚しながら、大量の精液が飛び散っていく。僕は、あまりの快感にうめいてしまっている。

『フフ。また外に出しちゃったね。入り口にかけるだけじゃ、赤ちゃん出来ないよ』
美波は、そんな事を言いながら微笑んでいる。その笑みは、優しいいつもの美波の笑みだ。
『じゃあ、シャワー浴びてくるね。先に寝てても良いよ』
美波はそう言って部屋を出て行った。僕は、情けない気持ちのまま、眠気に勝てずに寝てしまった……。

土曜日になると、美波はいつものように身体にタオルを巻いた格好で、
『あなた、お願いします』
と、言ってきた。でも、これまでの悲壮感のこもった口調ではなく、笑みすら浮かべている。僕は、美波の変化に戸惑いながらも、素直に彼女のヘアを剃り上げていく。
『フフ。大っきくなってるよ。もう興奮してるんだね。もしかして、今までもそうだったの? 全然気がつかなかった』
美波は、脚で軽く僕の股間を踏みながら言う。僕は、思わずうめきながらも、そんな事はないと否定した。

『そうなんだ。でも、今は興奮してるでしょ? もう、出ちゃいそうだよ』
グイグイと脚で踏みながらそんな事を言う美波……。まるで、痴女になってしまったような感じだ。僕の知っている美波は、恥ずかしがりで控えめな女性だった。それが今は、僕の股間を笑顔で踏みながら、挑発的な言葉を口にしている。

僕は、興奮をなんとか抑え込みながらヘアを剃り上げていく。もう、すっかりと慣れてしまったので、あっという間にツルツルのパイパンが出来上がる。ヘアを剃っただけで、より美波が幼く感じる。まるで、少女のような雰囲気に見える。

『じゃあ、今日はこっちも……。恥ずかしけど……お願い』
美波は、そう言って小さな箱を渡してきた。僕は、それを見てドキッとしてしまった。いわゆる、イチジク浣腸だ……。僕は、思わず美波を見た。そして、本気なのかと聞いた。
『うん。だって、綺麗にしておかないと怒られちゃうでしょ? それに、正君も興奮してるでしょ?』
美波は、恥ずかしそうに言う。そして、僕の方にお尻を向けて四つん這いになってしまった。こんなに明るい場所で妻のアナルを見ることになるなんて、夢にも思っていなかった。

綺麗なアナル周り。毛も生えていないし、色素沈着も少ない。僕は、戸惑いながらもイチジク浣腸のキャップを外す。そして、別に用意してあったワセリンを塗ると、ゆっくりと美波のアナルに差し込んでいった。軽い抵抗感を感じるが、ちょっと力を入れただけでするすると入っていく。僕は、行くよと言ってから溶液を絞り始めた。

『うぅ……変な感じ……』
美波は、不安そうに声を上げる。僕は、そのまま容器を絞り上げていく。そして、そのまま全部注入した。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


部長に弱みを握られた僕は、妻をオモチャにされてしまいました3(オリジナル 転載禁止)

前回の話

「よし、たっぷり中に出してやるからな。でも、その前にコイツに見せてやれ。ほら、そのエロい下着脱いで、股拡げて見せてやれ」
部長は、美波にそんな指示をする。美波は、言われるままに透けたベビードールを脱ぎ始めた。あっという間に全裸になると、美波はそのまま僕の方に近づいてくる。そして、あっけにとられるように見上げている僕の目の前に立つと、
『あなた、見てて』
と、そんな風に言って力むような仕草をする……。すぐに、拡げられた脚の付け根、膣口から精液が溢れ出てくる。僕の精液と比べると、妙に粘度が高く見える。そんなドロッとした精液がとめどなくあふれてくる。そして、僕の目の前の床に液だまりを作っていく。



僕は、中に出されてしまった美波を震えながら見ていた。もし、妊娠してしまったらどうすれば良いのだろう? そんな絶望的なことばかり考えてしまう。

「すごい量だな。我ながらたいしたものだ。ほら、手で受けてみろ」
部長は、そんなとんでもないことを言ってくる。僕は、まさか本気だとは思わず、何もせずに部長を見つめる。すると、部長は苛立ったような顔で、
「早くしろ」
と、短く命令をした。僕は、部長にそんな感じで言われると、すぐに怯んでしまう。そして、素直に両手を美波の股の下に持って行き、垂れてくる部長の精液を受け止めた。
手の平に広がる熱い感覚。臭いも強烈だ。僕は、他人の精液を手で受け止めながら、消えてしまいたいような絶望感にさいなまれていた。

「ほらほら、もっと力入れろ。オマンコのザーメン、全部出してみろ」
部長はそんな指示をする。美波は、がに股状態で力む。すると、さらに精液が溢れ出てくる。僕は、美波にこんな屈辱的なことをさせていることに申し訳ない気持ちでいっぱいになる。

『あなた……ごめんなさい』
美波が謝ってくる。僕は、僕の方こそゴメンと言った。実際、僕があんな失敗をしなければ、部長に弱みを握られることもなかったはずだ。

「よし、美波。旦那の手からすすり取って飲み干せ」
部長は、美波を呼び捨てにしながら命令をする。僕は、さすがに怒りを感じるが、部長ににらまれて何も言えない。美波は、諦めたような顔で僕の手のひらに口をつっくけてすすり始めた。

ずるずると音を立て吸い取られていく部長の精液……。美波の口の中に、部長の精液がある……。そう思うと、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになる。美波は、そのまま飲み干し始めた。

手の平から精液をすすり取り、えずきながら飲み干していく美波を見て、僕は泣きそうな気持ちになっていた。美波は、僕の手の平の上の精液を全部飲み干すと、僕の手の平を舐めていく……。そして、すっかりと全部を舐めとると、
『全部飲みました。ごちそうさまでした……』
と、部長に向かって言った。
「美味かったか?」
部長は、満足げに聞く。
『はい……美味しかったです』
美波は、消えそうな小さな声で言う。
「よし、今度は下の口に飲ませてやるからな」
部長は、本当に楽しそうに言う。美波は、
『ありがとうございます。嬉しいです』
と答える。僕は、この地獄のような時間がいつまで続くのだろう? と、暗い気持ちになっていた。

「よし、そこに四つん這いになってオマンコ拡げてみろ」
部長は、美波に命令をする。その口調は、冷たく厳しい。美波は、暗い顔のままベッドの上で四つん這いになると、自分で膣口を拡げていく。美波の指が、陰唇を拡げていく……。ピンク色の膣肉がはっきりと見えるような形になっている。
そして、練乳でもかかったように白いモノも付着している。部長の精液……。僕は、愛する妻の膣から他の男の精液が垂れ流れている状況に、絶望しか感じない……。

「ほら、早くおねだりしてみろ」
部長が指示をする。美波は、完全に諦めたような顔で、
『部長さんの大きなおチンポ、美波のオマンコに入れて下さい。生で入れて中に出して下さい』
と言った。僕は、泣きそうな気持ちのまま美波を見つめる。部長は、ニヤニヤしたまま美波の後ろに回り込み、ペニスを押しつけていく。でも、ペニスで美波の膣口をこすり続けるだけで、挿入しようとはしない。

『うぅ、うぅっ、あぁ』
美波は、切なげな声を上げる。部長は、執拗にペニスで膣口をこすり続けるだけで、まったく挿入しようとはしていない。でも、的確にクリトリスのあたりに当てているせいか、美波は息遣いが荒くなっているし、吐息も漏らしっぱなしだ。

そのまま、我慢比べのような時間が続く。部長は黙ってこすり続けるだけで何も言わないし、美波も吐息やうめき声は漏らしても、何も言わない。

そのまま、けっこうな時間が過ぎていく。すると、美波が、
『も、もう……入れて下さい……』
と、焦れた声で言った。僕は、その言葉がどちらなのかまったくわからなかった。本当に入れて欲しいと思って言ってる? 部長を喜ばせるため? 美波の声は、本当に切羽詰まっているように聞こえるし、焦れているように聞こえる。
「そんなに欲しいのか? 旦那が見てるのに?」
部長は、まとわりつくようなイヤな言い方をする。
『ほ、欲しいです。お願いします。おチンポハメて下さい!』
美波は、ほとんど泣き声のような声で言う。部長は、美波にこんなことまで言わせたのにまだ入れようとしない。美波は、本当に切なそうな顔になっている。入れて欲しい……。そう思っているようにしか思えないような顔だ。

部長は、執拗にペニスをこすりつけ続ける。まったく入れる気配もない。美波は、のけ反るようになったりしながら、お尻を突き出すようにしている。

『入れて下さい。お願いします。部長のおチンポ、欲しいです』
美波が、切なげな声で言う。
「俺の、どんなおチンポが欲しいんだ?」
部長は、心の底から楽しんでいるような顔だ。
『大きな……正人さんのより大きなおチンポ、ハメて下さい』
美波は、泣きそうな顔で言う。
「じゃあ、自分で入れてみろ」
部長は、ペニスを膣口に押しつけた状態で言う。
『そ、そんな……』
美波は、四つん這いで切なげな顔のまま言う。でも、結局腰を押しつけ始めた。四つん這いのまま、お尻を部長の身体に近づけていき、部長の大きなペニスがズブズブと入っていく。

『うぅあぁ、ひぃ、うぅ』
うめくような声を上げながら腰を押しつけていく美波……。そのまま、部長のペニスを根元まで入れてしまった。
「そんな格好で、エロいな。本当に、淫乱な嫁さんだな」
部長は、得意げな顔で言う。僕は、屈辱的な気持ちになりながらも、やっぱり何も言えない。

すると、美波はそのまま腰を動かし始めた。四つん這いのまま、ぎこちなく腰を前後に動かし続ける姿を見て、僕は信じられない気持ちになってしまう。こんなことまでする……。もう、僕は美波の気持ちがわからない。部長とのセックスを楽しんでいるのではないか? そんな疑念がどんどん大きくなっていく。

「なんだ、勝手に腰動かして。この、淫乱が」
部長はそう言って、美波のお尻を平手で叩く。
『うぅあっ、ひぃぅ、あぁ、ダメぇ』
美波は、お尻を赤くしながらもあえぎ声のような声を出している。そして、お尻を動かし続ける。
「ほらほら、もっとケツ振れよ」
部長はそう言いながら美波のお尻を叩き続ける。みるみる真っ赤になっていく白いお尻。美波は、軽い悲鳴のような声を上げながらもあえぐ。
『うぅあっ、あっ、ヒィッ、うぅあっ、ダ、ダメぇ』
美波は、泣いているような声であえぎ続ける。この状態でもお尻を動かし続けているし、顔はさらにとろけている。

「そんなに気持ちいいのか? 旦那が見てても、関係ないんだな。本当に、美波はド淫乱だ」
部長は、小馬鹿にしたように言いながら思いだしたように美波のお尻を叩く。その度に、美波は身体を震わせるようにしながらうめく。

「イクのか? うねり始めたぞ。ほら、旦那に許可貰え。イッてもいいですかって」
部長は、僕の方見ながらそんな言葉を口にする。
『ち、違う……違います。イカない……違うの、あなた、うぅっ、違う……ひいぅっ』
美波は、泣きそうな顔で腰を動かし続ける。僕の方を見ながら、泣きそうな顔で……。

「今さらかっこ付けても仕方ないだろ? ほら、イカせてもらえ。アイツのチンポより気持ちいいチンポでイカせてもらえ」
部長がニヤけながら言う。
『うぅあぁ、あなた……ごめんなさい。もう……無理……。イッても良いですか? 部長の大きなおチンポで、イカせてもらっても良いですか? あなたのよりも大きくて気持ちいいおチンポで、イッても良いですか?』
美波は、ほとんど泣き声で言う。僕は、絶望的な気持ちのまま、それでも黙ってうなずいてしまった。美波は、僕がうなずくのを見ると、すぐに腰をさらに激しく動かす。肉がぶつかる音が響く中、美波は甲高い声であえぐ。こんなに気持ちよさそうにあえぐ彼女を、見たことがない。

『うぅあっ、あっ、アンッ、うぅあっ、イクっ、気持ちいいっ! あなた、イクっ、もうイクっ! ごめんなさいっ! あなたのよりも気持ちいいのっ!!』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


#仕事が減った僕のせいで、妻がメンズエステで働き始めました4(転載禁止)

前回の話

いちかは、疲れていたのかすぐに寝てしまった。息子も寝てしまっているので、僕は一人きりになったような感じだ。明日、いちかは本当にあのお客さんとホテルに行くつもりなのだろうか? ホテルに行くのであれば、この充電アダプター型の隠しカメラは利用されないかもしれない。

【続きを読む】
[ 2021/05/27 14:47 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

△無精子症の私は、妻の妊娠を巨根の甥に託してみた5(転載禁止)

前回の話

結局、加奈子はまた妊娠しなかった。そんなに簡単にできるものではないが、それでもやっぱり啓介は落ち込んだ。ただ、前回と違い、加奈子はさほど落ち込んだ様子がない。

『仕方ないよ。きっと、次は上手くいくはずだよ』
加奈子は、そんな風に言って笑った。啓介は、複雑な気持ちになっていた。加奈子は、喜んでいるように見える……。啓介は、思い切って質問してみた。
『え? う~ん。少しはね。だって、優一君とのエッチ、すごく気持ちよかったし……パパも嫉妬して興奮してくれたでしょ? 女の喜びを感じちゃったよ』
加奈子は、顔を赤くしながら言う。恥ずかしそうに言いながらも、妙に興奮しているような雰囲気だ。


【続きを読む】
[ 2021/05/25 19:37 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

私の万引きを見つけ、私を調教した男が今では私の奴隷

【雅之は私の奴隷だ。
今日も私の帰りを犬のように玄関で正座をして待っている】女子高生の時、万引きを男に見つかり脅されてホテルに連れ込まれM調教を受けた。
Mに目覚めてから数年が経ち、私は全てのプレーをやりつくすとSに逆転した。

【続きを読む】
[ 2021/05/22 03:00 ] 女性の体験談 SM調教体験 女性 | TB(0) | CM(-)

▲出張先で見た妊婦物動画には、見慣れたリビングが映っていた6(オリジナル 転載禁止)

前回の話

さゆみは恥ずかしそうに顔を赤くしながらも、グイグイとディルドを押し込んでいく。結局、ほとんど全部入ってしまっているような状況だ。
『うぅあぁ、入った……。パパ、全部入ったよ』
さゆみは、トロンとした顔で言う。孝弘は、そんな姿を見て興奮しきっている。手も触れていないのに、射精すらしてしまいそうな状態になっている。


【続きを読む】
[ 2021/05/21 23:36 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

居酒屋バイトの後輩ちゃんは、メチャクチャ可愛いド淫乱でした

大学生の時、居酒屋でバイトをしていました。
時間もあったし時給も良いからいつも深夜働いていました。

俺みたいな暇な学生が数人いたので、いつも深夜組は同じメンバーでした。
当然のように学校は卒業するもんで、俺が3年になる頃に一気に辞めて行ったんです。

【続きを読む】
[ 2021/05/21 14:00 ] 男性の体験談 年下やロリとの体験 | TB(0) | CM(-)

□海外赴任が決まった友人が、俺の嫁とデートをさせてくれと言ってきた完(転載禁止)

前回の話

香奈は、興奮しきった顔で直之を見つめている。拡げられた膣口からはいつまでも白いモノが溢れ出てきている。直之は、愛する妻の膣からあふれる他人の精液を見ながら、射精しそうなほど勃起してしまっていた。

『じゃあ、着替えたら寝室に来てね。先に始めてるから』
香奈は、そう言ってすぐに寝室に向かって移動を始めてしまった。直之は、慌ててスーツを着替え始める。そして、部屋着に着替え終わると、すぐに寝室移動した。



【続きを読む】
[ 2021/05/20 18:22 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

婿入りした俺は、共有肉棒になりました

うちの奥さんはバツイチだが、俺よりも年齢は一回り下。
だけど、タレントが芸としているお馬鹿を素でやっているような感じのアホな女だと思う。

義母は死別だが、亡き義父から引き継いだ土地や複数のアパートの家賃収入で食っているような家だ。
じゃなければ、そんなアホな嫁の所に、わざわざ婿入りなんてしない。

【続きを読む】
[ 2021/05/16 10:00 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

駅で酔いつぶれてたチョイブスだけどメチャおっぱいデカいOLを持ち帰りました

お持ち帰りはしてないけど、泥酔した女になら遭遇した事ある。

大学生のある日、終電に乗って帰ってきたら駅に倒れてた女がいて「これはもしや」と思って

「大丈夫ですか?」

と声をかけたら、案の定返事にならない返事。

【続きを読む】

#高校生の息子の友人と、親密すぎる嫁7(転載禁止)

前回の話

直之は、射精の快感が強すぎて頭が真っ白になっていた。荒い息遣いのまま、画面を見続ける彼。画面の中では、二人はまだキスを続けている。濃厚に舌を絡めながら、夢中で抱きつくように拓也にしがみつく恭子は、本当に幸せそうな顔になっている。

『すごくいっぱい出たね。フフ。嬉しいな……。妊娠したかも』
恭子は、本当に嬉しそうに言う。息子の同級生の種で妊娠することを望む……。母親としては、最低の行動だ。でも、恭子は心底幸せそうな顔になっている。


【続きを読む】
[ 2021/05/10 19:26 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

▲スーパー銭湯でパートしている嫁が、セクハラされていた3(オリジナル 転載禁止)

前回の話

嫁は、想像以上に性的なサービスをしていた。セクハラをされてしまっている……。そう思っていたのに、どう見ても自分から積極的に射精させるようなサービスをしているような状況だ。

俺は、どうしたら良いのだろう? と、悩んでいた。普通にパートに出ていると思っていた嫁が、風俗嬢まがいのことをしている……。当然、すぐに止めるべきだと思う。でも、嫁の収入はいまの生活にとっては必須と言えるような状況だ。


【続きを読む】
[ 2021/05/09 15:49 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

見た目はSなのに、実際は真逆だった女友達と

2年ぶりに電車で再会した、155cm、Dカップの美穂。有名女子校→有名私立大学の育ちで、品がある美人な女の子。
細い割にはとにかく巨乳で色気がある。ボディラインが強調される服でエロい雰囲気の女の子。
少し明るめのミディアムヘア、大塚愛を綺麗めにした感じ。見た目はSっぽい。

私「おー!久しぶり!!」

美穂「久しぶり!元気?」

と、ありきたりな会話に始まり、今度合コンする流れに。

【続きを読む】
[ 2021/05/08 17:00 ] 男性の体験談 SM調教した体験談 | TB(0) | CM(-)

クラブのママとその友達と3Pをしたら、疲労困憊だった

昔あった女性2人との経験。
なんでもいいけど、アダルト日記を書くと女性の足跡がいっぱいつく。
興味あるけど、表に出せない人が多いのかな。

とあるクラブで、AとBとエロ話で盛り上がった。
Aはクラブのママ。

【続きを読む】
[ 2021/05/06 19:00 ] 男性の体験談 複数体験談 男性 | TB(0) | CM(-)

□バイト先のパートの人妻が、エッチな動画を見せてきた3(転載禁止)

前回の話

俺は、思わず聞いてしまった。
「これって、本当にパパさんに見せるんですか? この動画見て、怒られないんですか?」
純子さんは、とろけたような顔のまま、
『怒られないよ。喜んでもらえるよ。パパ、そういう性癖なの。寝取られ性癖ってヤツだよ。でも、最後までしちゃったのは、びっくりすると思う』
と、答えた。やっぱり、最後までするのは想定外だったんだなと思いながら、俺はどうしたら良いのか迷っていた。正直、気持ちいいのでこのまま続けたい。でも、けっこう射精しそうな感覚が強くなっている。


【続きを読む】
[ 2021/05/06 13:06 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

お気に入りの後輩が、フラれたと告白してきたので抱いたら処女だった

その日は午前中でテストが終わり、夕方から暇だったので、同級生たちと飲み会でも行こうかなって思っていた。

すると、後ろの方から後輩の彩香に声をかけられた。

彩香『◯◯先輩、今日この後、空いてますか?』

オレ『あ、うん、空いてるけど、なにかあった?』

【続きを読む】
[ 2021/05/06 02:00 ] 男性の体験談 処女との体験談 | TB(0) | CM(-)

父が不在だと変わる母

父が不在の日になると、なぜか母の様子が変わってしまう。母は朝からそわ
そわとして落ち着きがなくなるのだ。
化粧もいつもより入念だし、服装も、父を送り出してから再び着替える事が多
くなった。父が居る時は楽そうなワンピース
などを着ているけど、着替えた母は、必ずといっていいくらいに、身体のライ
ンがくっきりと目立つ服装になる。
そんな日の母は、朝に付けたばかりの下着すら穿き代えているらしく、顔を
洗ったついでに覗く洗濯機の中には、
父が出かけた後に限って、まだ洗い立てのような下着が放り込んであるのだっ
た。

父を送り出した後に、母と、住み込み店員で夜学生のSさんと、小学生になっ
ていた私は居間で遅めの朝食を
取った。和食好みの父が不在の日は、いつもトーストにハムエッグというよう
な洋風メニューである。

【続きを読む】
[ 2021/05/05 12:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

痴漢で感じすぎたJKの私

高校生の時です。 長くてすみません・・・

朝、駅のホームでいつもみたいに並んでたんです。
後ろの人やけに息が荒いなあ、とか思いながらメールしてたの。 
で、電車に乗ろうとした瞬間、その人にぴたっとくっつかれ、 
人込みの波にまぎれてすごい勢いで押され、 
車両の角に押し付けられてしまいました。


【続きを読む】
[ 2021/05/04 23:00 ] 女性の体験談 痴漢体験 女性 | TB(0) | CM(-)

妻はチャットで他の男達とおしゃべりしてたが、それだけではなかった

私の妻36歳で、二児の子持ちのどこにでもいるような普通の主婦です。
私は38歳妻と結婚してひょんなことから妻の昔の男の体験談を聞いてから異様に嫉妬と興奮を覚え、いつか妻にも他人棒をと考えていた夫でした。

【続きを読む】
[ 2021/05/04 02:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

9歳年下の男の子と体を交わす妻

一度タガが外れてしまうと女って凄いですよね。
僕の妻のマイは、僕と結婚するまでは、遊びでセックスするようなタイプではありませんでした。

ところが結婚して6年ほど経ち、さすがに飽きもきていわゆる倦怠期に突入。
仲はよいものの夫婦のセックスがめっきり減ってしまった僕らは、なんとかその状況を解消しようとスワッピングを経験してみたのです。


【続きを読む】
[ 2021/05/03 19:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

妹の部屋のドアが少し開いていたから覗いてみたら、オナってたw

私が妹のオナニーを初めて見たのは妹が中学2年で自分は高校に入った年だったと思います。
その日,もう夜の10時頃だったのですが,妹の部屋の前を通る時にドアが少し開いていたので、
何げなく覗いて見ると、妹の机に座って勉強している姿が見えただけでした。
でもその様子が何となくいつもと違っているので、思わず立ち止まってそっと覗いていました。

【続きを読む】
[ 2021/05/03 12:00 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

会社の同僚と飲み会の後ラブホで

345:えっちな18禁さん:2010/05/02(日) 05:57:39 ID:x6WsjRrz0

まだ仕事始めて数年の頃。
花見やら温泉ツアーやら、色んなイベントの企画が好きな上司がいて、交流が多い職場だった。
若手だったこともあり、準備や後片づけや、場の盛り上げなど、今ではあんまりやらないような事もよくしてた。
新人の女の子で、それをよくサポートしてくれたりする子がいた。職場ではあまり接触がなく、ちょっとカワイイなと思う程度だったが、気が利く良い子だなーと思うようになった。

【続きを読む】

女性経験のないキモ男の、むなしい寝取り妄想記

NTRかは微妙。
ターゲットの名前:K藤マイ(漢字は秘密)。
年齢:19歳、大学生。
身長162cm、体重51kg、B91(F70)-W60-H85。

活動的なショートヘアを好み、髪は染めていない。
顔立ちは子供じみて化粧っ気もないが、身体は成熟している。

【続きを読む】
[ 2021/05/02 23:57 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

夜中に目が覚めると、ハァハァ言いながら息子が私のパジャマのボタンを外してた

息子は、ひとりっこのせいか私にべったり。
小5になって、私と身長が変わらなくなっても添い寝をせがみます。何時かはと思いながら、ついズルズルと今に至ってしまいました。
その日も添い寝しながらウトウトしていた私は、息子が私のパジャマのボタンを外し、息を荒げているのに気がつきました。

【続きを読む】
[ 2021/05/02 19:21 ] 女性の体験談 近親男性との体験談 | TB(0) | CM(-)

私が露出マゾになったきっかけは……

私は、ある出来事をきっかけに露出症になりました。
それは私が24歳の頃の事です。
東京のある場所でお友達と待ち合わせをしていました。
待ち合わせの場所で待っていると携帯電話が鳴り、都合が悪くなったから来られないといった電話でした。

【続きを読む】
[ 2021/05/02 19:00 ] 女性の体験談 露出プレイ 女性 | TB(0) | CM(-)

義姉とプールに行って、流れながらハメ合いました

この前の土曜日の朝早く、実家近くにあるプールにいく為に、子供と二人で実家に行きました。家に着くと義姉(32歳・私より5つ年上)が、自分の子と二人でゴロゴロ留守番していたらしく、私たちとプールへ行くと言い出したのです。一緒の方が楽しいし義姉とは普段会話らしい会話も無いので良い機会だと思い、四人一緒に行くことにしました。

【続きを読む】

大人のオモチャの訪問販売で人妻とエッチ出来ました

こんにちは、俺は39才で、大人の玩具屋のオーナーです。

東京の下町に店舗を構えましたが、店舗だけの売上では生活出来ないので、色々と試行錯誤しているうちに、ネット販売やラブホテルへの卸売りで、運営は順調になってきました。

最近は余裕も出てきたので、若い奴をバイトで雇って、俺は訪問販売に性を出しています。
本来なら訪問販売なんかしなくていいんだけど、好奇心でやってます。

【続きを読む】

チェリーボーイを食べちゃったお話しますw

では、チェリーボーイを食べちゃったお話します(笑)

その日は、男性からのハントを目的ではなかったのですが、同僚3人で買い物に行った帰りに居酒屋に入りました。

早い時間からお店に入ったので、中はガラガラでしたが、時間が経つとそれなりに店は混んで来ました。

【続きを読む】
[ 2021/05/02 10:00 ] 女性の体験談 年下や童貞との体験 | TB(0) | CM(-)

サークルでぷち旅行に行った時に、青姦や乱交した

大学2年の頃 サークルでぷち旅行に行った時に仲間で青姦や乱交ぽいことした。

二泊三日のぷち旅行の一日目の夜に飲み会があって、場所は宿泊した旅館の大部屋を半日貸し切った。だから時間や場所に縛られることはなかく、いつも以上に皆飲みまくり、飲まされまくりの激しい飲み会だった。

【続きを読む】
[ 2021/05/02 08:00 ] 男性の体験談 複数体験談 男性 | TB(0) | CM(-)
検索フォーム

おかげさまで売れています


カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
2位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

管理人:寝取られ好き
寝取られ体験談、痴漢体験談、人妻体験談等、オリジナルの作品も多数紹介。管理人の好みの作品もアーカイブします。

Twitterフォロー
QRコード
QR
想像の10倍デカいオナホです!
kindle出版案内

2話収録です

2話収録です

2話収録です

ハード系です

新作です