月別アーカイブ  [ 2021年01月 ] 

≪ 前月 |  2021年01月  | 翌月 ≫

なんでも聞いてくれる従順な嫁が、目の前で寝取られてくれました(オリジナル 転載禁止)

『でも、本当にするの? どうしてもしないとダメなの?』
妻の玲奈が、困ったような顔で聞いてくる。私は、今日5回目の同じ質問に、黙ってうなずいた。
『それって、どうして見たいの? やっぱり、よくわからないよ』
玲奈は、困った顔で言う。私は、再三繰り返してきた説明をした。玲奈が、他の男性に抱かれる姿を見たい。最初に打ち明けたときは、玲奈は笑った。冗談だと思ったようだ。でも、真剣に話をする私に、ポロポロっと涙を流した。私が、離婚をしたくてそんな訳のわからないことを言い出したと思ったそうだ。


玲奈は従順な性格で、私の言うことはなんでも聞いてくれる女性だ。自己肯定感が低いタイプというか、相手に依存する感じのあるタイプだ。そんな性格の女性なので、結局私のいびつな願いも受け入れてくれた。

ただ、実際に実行する直前の今、やっぱり不安になってしまったようだ。
『うん、それはわかるけど……。本当に、嫌いにならない? 私のこと、イヤになったりしない?』
玲奈は、心配そうに言う。私の前で他人に抱かれると言うことに対して、何より私に嫌われるのを恐れているような感じみたいだ。

私は、根気強く説得を続ける。すでに、ホテルの部屋にはセッティングをした男性が待っている。シティホテルのロビーでこんな説得をするのは、周りの耳が気になってしまう。私は、とりあえず部屋に行こうと促した。

『う、うん。でも……本当に嫌いにならない?』
玲奈は、本当に心配そうだ。私は、不思議に思った。玲奈は、凄くイイ女だと思う。170cmでスラッとしたスタイル。顔も、誰もが美人だと言うレベルにあると思う。どうしてこんなにも自己肯定感が低いのだろう? もっと、自信を持っても良いと思うし、高飛車になっても許されるようなルックスレベルだと思う。
それに引き換え、私はどこにでもいるタイプだ。イケメンでもなければ、ブサメンでもない。中肉中背だ。でも、身長は玲奈とほとんど同じなので、そこは私もコンプレックスに感じている。そんな私と、玲奈はどうして結婚してくれたのだろう? そんなことを思ってしまう。

そして、私に促されるように歩き始めた玲奈。エレベーターに乗り、15階を目指す。
『どんな人かな? 私なんかで、良いのかな? 断られたりしないかな?』
玲奈は、そんなことを言い続ける。私は、玲奈を抱けるという状況で、断る男なんているのかな? と、思った。でも、玲奈は本当に心配しているような様子だ。私は、大丈夫だよと言いながら、すでに興奮し始めていた。

私が寝取られ性癖を意識したのは、玲奈と結婚した後だ。玲奈と元彼が一緒に写っている写真を見て、猛烈な嫉妬と興奮を感じてしまった。ただ、そうは言ってもそんな性癖は玲奈に打ち明けることも出来ず、数年経過した。そして、子作りをそろそろ始めようという流れになったとき、最後のチャンスだと思って打ち明けた。

まさか、同意してもらえるとは思っていなかったが、なんとか納得してもらえた。興奮しすぎて心臓がおかしな程高鳴ったが、その後、不安な気持ちも生まれてきた。
他の男性とセックスをすることで、玲奈になにか変化が生まれてしまうのではないか? 私に愛想を尽かすのではないか? そんな心配も湧いてきてしまった。

そんな中でも、玲奈の相手を探し始めた。理想は、知り合いに寝取ってもらいたかった。でも、考えれば考えるほど、それはリスクが高すぎることに気が付いた。そして、色々と考えて、寝取られ性癖の掲示板を利用した。

募集をかけると、引くほど沢山の応募がきた。嫁の写真なんかは貼り付けていない状態での募集なのに、沢山のメッセージが届いたことに驚きながら確認していくと、ペニスの写真付きのものもたくさんあって、さらに驚いた。

巨根の男性に、玲奈を抱かせる……。考えただけで、ドキドキして興奮してしまった。そして、玲奈の希望も聞き、年上の男性を選んだ。リードしてもらいたいという要望だ。そんな中、40才の会社経営をしている男性を選んだ。
その人は、ペニスの写真を添付してくるようなタイプではなく、礼儀正しい感じだった。会社を経営しているとか、ホテルもシティホテルの良い部屋を用意するとか、金銭的に余裕のあるタイプに思えた。
メッセージの中には、タダでやりたいだけとか、風俗代わりとか、そんな考えが透けてみる人も多かった。そんな中で、彼はとてもまともに見えた。

ドアをノックすると、すぐにドアが開いた。
「こんにちは。高山です。初めまして」
挨拶をしてくる高山さん。メールでやりとりをしていた通りの印象だ。清潔感があり、体型も太っているわけでもない。
『こ、こんにちは。今日は、よ、よろしくお願いします!!』
玲奈が、直立不動で叫ぶように言う。いくらなんでも緊張しすぎな玲奈の態度に、思わず吹き出す私と高山さん。とりあえず、部屋の中に入った。

スイートルームなんて初めて入ったので、無駄に広いことに驚く。
『えっ? 部屋がアッチにもある!? すごい、こんなに広いんだ!』
玲奈は、さっきの緊張が消えたみたいに、好奇心いっぱいで部屋をキョロキョロと眺めている。
「今は、外国からお客さん来られなくなっちゃってるから、安いんですよ。どうぞ、座って下さい」
高山さんは、そう言って飲み物を出してくれる。ポットに入っているのは、紅茶のようだ。

『良い匂い。頂きます』
玲奈は、ニコニコしながら紅茶に口をつける。緊張は、もう無くなったようだ。無邪気というか、落ち着きがないというか、こういう所が本当に可愛らしいと思う。

そして、ホテルのことで少し話が盛り上がる。私も、思っている以上に社交的な高山さんの態度に、緊張がほぐれていく。そして、ある程度会話が続いた頃、
「どうでしょうか? 私ではダメですか? 気にせずに、決めて下さいね」
と、高山さんが言う。
『ダ、ダメなんかじゃないです! 私こそ、どうですか? 私なんかじゃ、ダメですよね?』
玲奈が、おどおどした感じで言う。その言葉に、高山さんは少し驚いた顔で、
「え? ダメ? そんなわけないですよ。奥さんみたいな綺麗な人が来て、驚いてるくらいです」
と、言った。玲奈は、顔を赤くしてそれを否定する。
『わ、私なんて、全然綺麗じゃないです!!』
相変わらずの自己肯定感の低さに驚きながら、私は高山さんにお願いしますと言った。

「ありがとうございます。では、シャワー使いますか? 私は、さっき入りました」
落ち着いた口調で言う彼。私は、一気に状況が動き出したことに、落ち着きがなくなってしまう。
『はい。じゃあ、浴びてきます』
玲奈は、緊張した顔で言う。でも、すぐに立ち上がって行ってしまった。二人きりになった私と高山さん。すごく気まずい……。

「ご主人、確認ですが、コンドーム着用とキス禁止。それだけで良かったですか?」
高山さんは、打ち合わせをした内容を再確認してきた。私は、声がかすれるのを感じながら、そうですと答えた。
「本当に、平気ですか? 今日は、最後までしないで途中でやめますか?」
緊張している私に、落ち着いた口調で声をかけてくる彼。経験豊富なのが伝わってくる。私は、少しモヤモヤしていた。これから玲奈を抱かせてあげる立場の私が、妙に縮こまっている。本来なら、私がもっと横柄な態度を取ってもおかしくない状況だと思う。

そんな風にモヤモヤしていると、玲奈が戻ってきた。玲奈は、タオルを身体に巻き付けた格好だ。私は、玲奈のやる気が感じられてしまいドキドキしてきた。

『お待たせしました』
緊張した顔で言う玲奈。ソワソワしているようにも見える。私は、急に現実感が増してきて、えずきそうになってきた。
「じゃあ、向こうの部屋に行きましょうか。ベッドも大きいし」
そんな風に言う彼。そして、3人で移動する。高山さんは、間接照明に切り替えて玲奈をベッドに上がらせる。不安そうな顔で高山さんと私を交互に見る玲奈。あまりの急展開に、私は今さら後悔し始めてきた。

高山さんは、自分もベッドの上に上がる。間接照明でも、細部までかなり見えてしまっている。
「緊張していますか?」
高山さんが質問すると、玲奈は黙ってうなずく。高山さんは、服を脱ぎ始めた。玲奈は、服を脱いでいく彼を見つめる。無駄な肉のない少し痩せた感じの身体。節制しているんだろうなとわかる。そして、パンツも脱ぐと、すでに勃起したペニスがあらわになる。玲奈は慌てて視線を逸らすが、私は思わず見入ってしまった。

パッと見て、大きいとわかる。彼は、他の応募者と違ってペニスの写真を添付してこなかった。なので、特に巨根の人では無いと思っていた。巨根なら、きっと添付してくるはず……。そう思っていた。

高山さんは、私の動揺など関係なく玲奈のタオルを外していく。玲奈は、思わず目を閉じる。すぐに玲奈の胸があらわになる。大きい胸ではないが、形も良いと思うし、乳首や乳輪の形も小さくて悪くないと思う。
「すごく綺麗な胸ですね」
高山さんが、そんな風に褒める。
『あ、ありがとうございます。高山さんのも……その、お、大きいです』
玲奈は、恥ずかしそうにそんなことを言う。褒められたので、褒めなければならない……そんな感じだと思う。
「ありがとうございます。先に、触ってみますか?」
高山さんは、なんとなく余裕という雰囲気でそんな言葉を口にする。
『……はい』
玲奈は、そんな風に言って高山さんのペニスを握り始めた。恥ずかしそうに照れた顔。でも、好奇心で目が輝いているような感じもする。

『太い……です』
驚いたような口調で言う玲奈。私は、玲奈が他の男性のペニスを握っていることに、脚が震え始めてしまった。とうとう握ってしまった……。そんな気持ちのまま、私は玲奈の行動を見つめる。玲奈は、手で握ったり開いたりしながら、感触を確かめるようにしている。玲奈は、緊張よりも好奇心が上回ってしまったように見える。

「じゃあ、そのままお口でしてもらえるかな?」
高山さんは、落ち着いた口調で言う。私は、一気に緊張感が高まってしまった。玲奈は、その言葉に私を振り返って困ったような顔で見つめる。私は、他人のペニスを握ったまま見つめてくる嫁の姿に、自分でも驚くほど興奮してしまった。そして、黙ってうなずく。

玲奈は弱々しくうなずくと、高山さんのペニスに視線を戻した。そして、舌を出して亀頭あたりを舐め始める。玲奈は、様子を見るような感じで亀頭あたりを舐め続ける。アメでも舐めるような舐め方だ。それでも、私は今までに感じたことがないくらいの衝撃を受けていた。嫉妬や不安が渦を巻くようにわき上がっていく。

玲奈は、徐々に舐め方が変わっていく。ペロペロ舐めるだけの感じから、フェラチオするときのようなイヤらしい舐め方に変化していった。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


忘れられないのは、今の彼に私が処女を奪われた日のSEXです

忘れられないのは、今の彼に私が処女を奪われた日のSEXです。

その日は私と彼が付き合って5日目でした。
彼と最初の夜デートにドライブしにいき、港の駐車場で話していたとき私に、「いきなりこんな話ゴメンだけど、…したことある?」と聞いてきました。
私は驚いて彼の顔をみると、ハンドルにもたれて私の顔をのぞきこんでいました。

私は唐突な質問に黙りこんでしまいました。
彼は私の頭を軽く撫でながら、「ゴメンゴメン、分かった(^_^;)」と言いました。

【続きを読む】
[ 2021/01/31 23:00 ] 女性の体験談 ロストバージン | TB(0) | CM(-)

お隣さんと月に一回嫁を交換していたら、拡張されてしまっていた完(マガブロ 転載禁止)

前回の話

僕は、まさみの動画を何度も見返してはオナニーを繰り返していた。まさみは、膣もアナルも何度も犯され、コブシでアナルを壊れそうになるほど責められたりもしていた。少し大きくなっているお腹。妊娠しているのは見てわかるはずだ。
そんなまさみを、15人の男達が雑に性欲処理のための道具にしてる……。僕は、そんな異常すぎる状態に興奮しっぱなしだ。正和さんの子種で妊娠させられてしまったまさみ……。僕は、他人に嫁を孕まされたとき、おかしくなってしまったのかもしれない……。

僕は、何回目の射精かわからない射精を終えると、少し冷静になった。娘にミルクを用意し、あやしながら与える。ほとんど母乳で育てていた娘……。でも、この3日間は粉ミルクだ……。僕の異常な性癖のせいで、まさみにも娘にも迷惑をかけてしまっていることに、強い罪悪感を感じてしまう。


すると、またスマホが鳴った。慌てて確認すると、何かのURLだ。すぐにタップしてリンクに飛ぶと、それは動画の配信サービスサイトだった。と言っても、メジャーなものではなく、海外のエロ動画サイトの物だ。

画面には、目の所だけ隠すようなアイマスクみたいな仮面をしたまさみと優子ちゃんが映っている。二人は、それぞれが男にバックで貫かれていて、あえぎっぱなしの状態だ。

それを、手持ちカメラかスマホかわからないが、撮し続けている。僕は、動画ビューワーの視聴者数を見て、手が震えてしまった。3000人くらいが見ている……。僕は、まさかこんな風に配信されるなんて想像もしていなかった。これが、録画されてネットの海を泳ぎ続けることになるのではないか? そんな心配で脚まで震えてきた。

男達も目出し帽みたいな物をかぶったり、サングラスをしたり、アイマスクみたいな仮面をしたりしている。でも、知り合いが見たらわかってしまうのではないか? そんな風に思う。実際、優子ちゃんもまさみも、目を隠していてもほぼ顔は丸見えだ。

「ほら、気持ちいいだろ? もう、旦那の粗チンじゃ気持ち良くなれないんだろ?」
まさみをバックで犯している男性が、まさみのお尻を平手で叩きながら言う。まさみは、叩かれてのけ反る。そして、
『なれないっ! もう、旦那のちっちゃいおチンポじゃ、入ってるかもわからないのっ!』
と叫ぶ。
「ほら、イクぞ。ちゃんとおねだりしろ!」
男性は、興奮した声で言う。
『イッて下さいっ! オマンコの中に全部出してっ! 妊娠ボテ腹主婦のオマンコに、浮気ザーメンあふれさせて下さいっ!』
まさみは、聞くに堪えないような卑猥な言葉を叫ぶ。すると、すぐに中出しをされてしまった……。
『うぅあぁ、ぁあぁ、熱い、ザーメン熱いぃ』
恍惚とした顔でうめくように言うまさみ。本当に気持ちよさそうな顔になってしまっている。

「あぁ、ヤバい。メッチャ締まる。搾り取ってるぞ」
男性は、本当に気持ちよさそうだ。そして、男性がペニスを引き抜くと、カメラが移動してまさみの膣をアップにする。まさみは、自ら膣口を拡げる。卑猥な姿だ。

「すっげ。あふれてくるぞ。これ、赤ん坊溺れるんじゃね?」
撮影している男性が、からかうように言う。クリトリスを貫通しているピアスも、陰唇についているリングも、全部映ってしまっている。そして、とめどなく流れ出てくる他人種……。
これが、ネットで公開されてしまっている……。そう思うと、不安で仕方ない。でも、僕はまたペニスをしごき始めてしまった。

まさみは、指示もされていないのに射精した男性のペニスをくわえる。そして、舌で綺麗に清めていく。僕は、まさみの顔がとろけきっていることにツラい気持ちになる。
今、リアルタイムでこんな事をされているんだなと思うと、止めなくちゃと思ってしまう……。でも、どこにいるのか場所もわからない。

「よし、そろそろ3日経ったから、もう一回ケツ綺麗にするぞ」
男性が、そんな風に言う。
『イ、イヤ、それは許して下さい。自分で綺麗にしますから』
まさみが、一気に弱々しくなった声で言う。顔は、泣き顔だ。本当に涙が溢れる寸前に見える。
「なに言ってんの。せっかくのライブなんだから、全世界に公開しないと。ほら、ケツ突き出せって」
男性が命令する。
『ダ、ダメ、許して、それだけは……。お願いします』
まさみは、懇願する。本当に、心から言っているような声だ。僕は、まさか本気なんだろうか? そんな風に思いながらも、ペニスをしごく手をとめられない。

すると、一人の男性がフレームインしてきた。手には、シリンダー型の浣腸器を持っている。かなりの大きさだ。ペットボトル並みに太いと思ってしまう。

まさみは、泣き顔でそれを見つめる。でも、四つん這いの格好は維持している。男性は、まさみのアナルに浣腸器を突き立て、そのままシリンダーを押し込んでいく。
『うぅあぁ、入ってくる……イヤ、許して、トイレに行かせて下さい、うぅ』
まさみは、泣きながら言う。でも、男性はなにも言わずに浣腸器に溶液を補充し、まさみのアナルに突き立てる。そして、無慈悲にシリンダーを押していく。
『うぅああぁ、もうダメ、出ちゃう、出ちゃいます』
まさみは、一気に余裕のない声になる。その奥では、優子ちゃんが膣と口をペニスで塞がれ、犯され続けている。そして、そちらにもカメラを持った男性がいる。多分、それぞれ別のチャンネルでライブ配信されているんだと思う。

まさみは、お腹を押さえて苦しそうな声をあげ続ける。顔も、脂汗のような物が噴き出している。でも、男性はさらに浣腸を続ける。気のせいではなく、お腹が大きくなったように見える。
『うぅ、ダメぇ、く、苦しい……出ちゃいます。お願い、トイレに……』
まさみは、本当に余裕のない声で言う。僕は、まさか一番恥ずかしい姿をネットで公開されてしまうなんて、なんとしても止めなければ……と、思った。でも、思いとは裏腹に僕は取り憑かれたようにペニスをしごき続けてしまう。

「まだ出すなよ。ほら、バケツ持ってきて!」
男性が、他の男性に指示をすると、すぐにバケツが運ばれてきた。まさみは、ベッドから降ろされ、バケツの上にしゃがませられる……。
『こ、こんなのひどいです。お願い、トイレに、うぅ、あぁ、出ちゃう、見ないで、あぁ、許して、うぅああっ』
まさみは、大きくなったおかなをさするように触りながら懇願する。でも、男性陣ははやし立てるようなことを言うばかりで、誰も助けようとはしない。脂汗を流すまさみ。すると、ひときわ大きな声で叫び、浣腸液を放出し始めた。勢いよく飛び出していく透明の液体。でも、すぐに濁った色に変わる。
『イヤァ~~ッ!! 見ないでッ! お願い、見ないでッ! うぅあっ!』
まさみは、叫びながら放出を続ける。そして、固形物も飛び出していく。男性陣は、
「うわ、出たっ!」
「スゲぇ、可愛い顔してエグいの出すな」
「臭ーよ」
「世界中の男達が見てるぞ」
などなど、ひどい言葉をかける。まさみは、泣きながら排泄を続ける。大きな塊も排泄され、まさみは本気で泣いてしまっている……。大勢の男達の前で、バケツの中に排泄を続けるまさみ……。自分の妻の非常事態なのに、僕はオナニーを続けてしまう。
『イヤッ! イヤッ! イヤァ~~っ! 見ないでッ! お願い、見ないで……うぅ』
泣きながら排泄を続けるまさみ。美しい、自慢の嫁……それが、一番恥ずかしい姿を大勢に見られ、なおかつネットで世界配信までされてしまっている……。

そして、まさみは泣きながらの排泄を終えた。男の一人がまさみのお尻を拭き始める。まさみは、泣きながらなすがままだ。そして、やっとシャワーを浴びに行くことを許された……。カメラは、優子ちゃんの姿を映し始める。両穴を太いペニスに貫かれ、口にもくわえさせられている優子ちゃん……。ツインテールの幼児体型なので、未成年の女の子がひどい目に遭っているように見えてしまう。僕は、見慣れた優子ちゃんが輪姦されている姿にも興奮をしていた。

少しすると、まさみが戻ってきた。まだ、弱々しい表情をしている。すると、男性の一人がまさみを四つん這いにする。そして、無造作にまさみのアナル周りにローションを塗り拡げていき、コブシを握ってアナルに押し込んでいく。
『うぅっ! ダ、ダメぇ、いきなりは、うぅっ、裂けちゃうぅ』
まさみは、苦しげな声をあげる。でも、男性はそのまま強引にコブシをまさみのアナルに押し込んでいく。ググッと止まり、とても入らないと思った途端、一気にズルンとコブシが消えてしまった……。
『んおぉおお゛っ!』
まさみは、断末魔の悲鳴のような声をあげながら身体をガクガクと震わせる。男性は、そのまま腕ごとピストンを始めた。
『あがっ、あぐっ、うぅっ、んおぉおっ、おおぉおおぉお゛っ! ケツマンコ壊れるぅっ!』
まさみは、とろけきった声で叫ぶ。完全に、快感を感じてしまっている声だ。3日間輪姦をされて、浣腸までされてアナルをフィストファックされているまさみ……。これを、3000人以上の人に見られている……。僕は、危機感を感じながらもオナニーを続ける。

『イグッ、んぐぅっ、イグッ、イグッ、イグぅぅぅっ!!』
絶叫するまさみ。こんなに激しくアナルをフィストファックされてしまって、お腹の赤ちゃんは平気なんだろうか? 僕は、そんな心配をしながらオナニーを続ける。

すると、男性はまさみのアナルに拳を入れたまままさみをベッドから降ろす。そして、立たせたまま下からアナルをコブシでガンガン責め続けている。まさみは、だらしなく口を開けたままよだれを垂れ流す。そして、何度も身体を硬直させて震わせる。

そんなまさみに、もう一人の男性が近づいていく。そして、膣の方にコブシを押しつけていく。
『む、無理、無理です。膣は無理なの。裂けちゃう、オマンコ壊れちゃうぅ』
まさみは、怯えたように言う。膣に拳を入れようとしている男性が、
「もう、拡張されたんだろ? 聞いてるぞ。子宮、ガンガン叩いてやるよ」
と言いながらコブシを押し入れていく。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


彼氏がいるのに、酔うと誰とでもやってしまう私

私(仮称:ユミ)は32歳の独身で普段は大手製造業の会社で秘書の仕事をしています。
身長は165㎝でロングの黒髪、胸はFカップで、周りからはよく
「エロそう」
とか、
「かなり遊んでそう」
などと言われます。(実際、否定は出来ませんが…)

【続きを読む】
[ 2021/01/31 12:30 ] 女性の体験談 OLや働く女性の告白 | TB(0) | CM(-)

彼女がいない私の友人に、嫁が手でしてあげると言いだした3(オリジナル 転載禁止)

前回の話

『OKだって。清さん、続けて出来る? それとも、ちょっと休憩する?』
菜々美は、手の平に清の精液をたっぷり乗せたまま質問する。清は、
「平気。すぐ出来るよ」
と、興奮気味に答える。リビングに、全裸の菜々美と下半身裸の清がいる……。いつもの日常が消え、異常な空間になってしまったみたいに感じる。

『すごい! 3回も続けて出来るの? パパとは大違いだね』
菜々美は、ビックリとした顔で言う。

私は、言われたとおりなのでなにも言い返す事が出来ない。菜々美は、手の平の上の精液をティッシュで拭き取っていく。強い精液の臭い……。量も、2回目とは思えないくらいに多い。

『パパ、さっきイッちゃったでしょ? パンツの中、気持ち悪いんじゃない? 着替えてきたら? 次は、ちゃんとおちんちん出してオナニーしてね』
菜々美は、そんな風に言う。からかう感じでもなく、優しい口調で言う菜々美……。私は、恥ずかしさで顔が赤くなるのを感じながら、浴室の方に移動した。そして、パンツを脱いで洗面所で手洗いする。それをよく絞って洗濯機に入れると、新しいパンツを穿いてズボンも穿いた。

リビングに戻ると、菜々美は清の乳首を舐めていた。イヤらしい舌遣いで乳首を舐めながら、ペニスを手でしごいている。
『もう固くなってきた。凄いね。つづけてして、くすぐったくならないの?』
菜々美は、楽しそうに質問する。清は、
「うん。続けてしても、平気だよ。でも、3回続けては経験ないな。菜々美ちゃんが相手だと、何回でも続けて出来ちゃいそうだよ」
清は、照れくさそうに言いながら、菜々美の胸を揉んでいる。指先で乳首を刺激したりしながら、菜々美の乳首舐めを楽しんでいるような感じだ。

『あっ、パパ、ゴメンね、先に始めてるよ。パパも、おちんちん出してオナニーしてね!』
菜々美は、明るい声で言う。菜々美は、罪悪感のようなものは感じていないみたいで、楽しんでいるように見える。貞操観念が低いわけではないはずだが、今の菜々美の行動は、貞操観念がない世界に来てしまったのかな? と思うほどだ。

「菜々美ちゃん、もう準備出来たよ。入れても良いかな?」
清が、緊張気味の声で言う。
『うん。良いよ。なんか、ドキドキしちゃうね』
菜々美は、緊張していると言うよりは、好奇心が刺激されているような表情になっている。無邪気な表情……。とても、これから不倫をするような感じではない。

「じゃあ、コンドームつけるね」
そう言って、清はカバンを開ける。
『え? いつも持ち歩いてるの?』
「う、うん。その……ヘルスでも、ゴム持ってると最後まで出来る事が多いから……」
清は、少し恥ずかしそうだ。
『そうなんだ。あっ、そうか。コンドームあるなら、させちゃった方が楽なのか』
菜々美は、すぐに本質を理解したみたいだ。おっとりしているようで、菜々美は頭の回転が速い。
「そういうこと」
清は、笑いながら言う。そして、彼はコンドームを装着し始めた。大きなペニスに、コンドームが装着されていく。
『え? 黒いコンドームなんてあるんだね!』
菜々美が、驚いたような声で言う。確かに、清のペニスには黒色のコンドームが装着されている。黒なので、大きさがより大きく見える。

「うん。LLサイズだと、こんな色しか売ってないんだよね」
清が説明する。
『えっ!? サイズなんてあるの!?』
菜々美がビックリしたような顔で聞く。無理もないと思う。私も知らなかった。コンドームなんて、凄く伸びるのでワンサイズだと思っていた。清は、そのあたりの説明をする。
『そうなんだ、知らなかった。でも、考えてみれば、ブラジャーもサイズあるもんね。でも、普通サイズだとキツくて痛いなんて、大変なんだね』
菜々美がそんな感想を言う。
「だから、痛いって言う子もいるんだよね。大きすぎて痛いって」
清は、少し恥ずかしそうに言う。巨根を自慢するのではなく、恥ずかしそうに話す彼を見て、彼らしいなと思った。

本当に、清は良いヤツだ。温和な性格で、他人の悪口を言っているところを見た事がない。
『そうだよね。これは、痛いって子もいるでしょうね。私みたいに子供産んでないとキツいかも』
そんな風に言いながら菜々美はソファに寝転がる。そして、清のペニスを見つめる。
「じゃあ、入れるよ。痛かったら言ってね」
清は、菜々美に覆い被さっていく。ペニスを握り、菜々美の膣口に近づけていく彼。私は、本当にしてしまうんだ……と、ドキドキし始めていた。本当に良いのだろうか? とめるべきなのではないか? そんな考えも頭の中をグルグル回る。

『うん。ゆっくりね……』
菜々美は、少し緊張したような顔になる。清は、さらにペニスを膣口に近づける。すると、急に菜々美が私を見てきた。
『パパ、本当に良いの? イヤじゃない?』
菜々美は、少し不安そうな顔だ。でも、私はすぐにイヤじゃないと言ってしまった。嫉妬や不安は強い。しかし、それ以上に興奮を消す事が出来ないでいる。

菜々美は、即答したのが面白かったのか、少し笑っている。そして、清の事を見つめると、
『大丈夫だって。入れて……』
と、小さな声で言った。ゆっくりと、腰を押し込んでいく清。太いペニスがゆっくりと菜々美の膣に入っていく。
『うぅ、太い……こんなに、あぁ、拡がってる……』
菜々美は、ビックリしているようなリアクションだ。
「痛い?」
清が、心配そうに聞く。
『平気。でも、ゆっくりして……』
菜々美が答える。彼のペニスは、もう亀頭部分が入ってしまっている。菜々美の中に、他の男のペニスが入っていく……。私は、危機感で胸が痛くなる。でも、やっぱり興奮が異常なほどに高まっている。

『あぁ、これ……凄い……。気持ちいい……』
菜々美は、戸惑ったような感じだ。清は、そのまま腰を押し込んでいく。もう、半分以上は入ってしまっている。
『気持ちいい。清さん、すごく気持ちいいよ。こんなの……』
菜々美は、何か言いかけてやめた。私は、菜々美があっさりと気持ち良いと言ったことに、ショックを受けていた。
「じゃあ、全部入れるよ」
清は、どこかホッとした顔で言う。
『えっ? まだ全部じゃないの?』
菜々美は、驚いた顔で言う。
「うん。じゃあ、行くよ」
清は、そんな風に言いながら腰を押し込んでいく。
『うぅっ!! ヒィ、あぁ、こ、こんなに……。うぅあぁ』
菜々美は、快感と驚きの両方を感じているようなリアクションだ。

「奥に当たってるけど、痛くない? 子宮口に当たると、痛がる子多いんだ」
清は、心配そうに質問する。
『痛くないよ。……気持ち良い。奥に当たってると……すごく気持ち良いみたい……』
菜々美は、やっぱり戸惑っている感じだ。
「良かった。痛がる子はなにしてもダメだから。でも、気持ち良いって言う子は、結構ハマるんだよね」
清は、そんな説明をする。
『……動いて』
菜々美は、恥ずかしそうに言う。清の極太を根元まで入れてしまった菜々美……。いつものソファの上で、菜々美が他の男とセックスをしている……。私は、気が付くとまた股間をまさぐり始めていた。

清が、ゆっくりと腰を動かし始める。
『うぅあぁ、す、凄い、こすれて、あぁ、ダメぇ、こんな、うぅあっ』
菜々美は、身体を硬直させたような感じのリアクションを取る。そして、清がペニスを押し込んでいくと、たまらず清の身体にしがみ付くように抱きつく。
清は、菜々美が痛がらないことを確認すると、腰の動きを徐々に早くしていく。
『んっ、あっ、あっ、あんっ、凄いっ、奥に、うぅっ、当たって、あぁっ、気持ち良いっ、清さん、すごく気持ち良いっ』
菜々美は、まるで余裕のない顔になっている。そして、見たこともないような気持ちよさそうな顔であえいでいる。

私は、強い敗北感を感じながら、堪えきれずにズボンとパンツを膝まで降ろし、直接ペニスをしごき始めてしまった。菜々美が他の男とセックスをしているのを見ながらのオナニーは、今まで経験したことのないような快感をもたらしてくれる。

「もっと声出して。もっと気持ち良くなってよ」
清は、そんな風に言いながら腰を動かし続ける。大柄の身体の清に乗られているので、菜々美の身体が小さく見える。菜々美は、夢中でしがみ付くように抱きついている。清の腰の動きは、かなり早い。時折、肉と肉がぶつかる音も響く。

「奥、気持ち良いでしょ? じゃあ、動かし方変えるよ」
清はそう言って、ペニスを奥まで押し込んだまま抜く動きをしない。奥まで押し込んだ状態で、腰を回すように動かし続ける。
『うぅあっ、あっ、これ凄いっ、気持ち良いっ! 奥にグイグイ当たってるっ』
菜々美は、さらに強い快感を感じているような顔になっている。そして、脚をピンと伸ばしたりしている。気持ちよさそうな顔で、あえぎ続ける菜々美。すると、急に私の方を見てきた。
『パパも、気持ち良い? いっぱい気持ち良くなって。もっと焼きもち焼いて、興奮してね』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


中2の息子が、好奇心が強すぎて困っています

今、私は、46歳なのですが、もう、8年前になります。
息子は、中2で一四歳だったのですが、ある日、ご近所の親しくしている方から、忠告を受けてしまいました。
話は、こうです。息子が、その方のお宅の風呂場を覗いていたと言うのです。

【続きを読む】
[ 2021/01/25 19:00 ] 女性の体験談 近親男性との体験談 | TB(0) | CM(-)

▲不妊に効くと噂のマッサージを受けた嫁が、敏感な身体になって帰ってきた完(転載禁止)

前回の話

『すごい……。なお君の、まだドクンドクンしてる』
真冬は、嬉しそうに言ってくる。僕は、強すぎる快感に声も出せなかったが、少し落ち着いてきた。
「妊娠、すると良いね」
僕は、なんとかそう言った。
『きっと大丈夫だよ。だって、こんなにいっぱい出してくれたから……。なお君、愛してる』
真冬は、そう言って僕にキスをしてくる。本当に熱心に、嬉しそうにキスをしてくれる彼女に、僕は複雑な気持ちだった。僕への愛情を疑ってはいない。あのマッサージ師とは、身体の関係だけだと思う。


【続きを読む】
[ 2021/01/18 02:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

子供の成績が生きがいの教育ママは足を大きく開き生中出しを楽しませてくれる

地方都市の中学教師50のバツ1で10年間勤務した学校から転出し、新任中学に教頭として赴任しました。
10年間の美味しい思い出をお話しします。

子供の成績が生きがいの教育ママは教師のセックスフレンドとして足を大きく開き生中出しを楽しませてくれる。
そして教員間ではW不倫しているカップルもいて、みなさん楽しんでいるようです。

2年生担任となり保護者面談で由紀37に会った。
好みの美人人妻由紀のひとり息子の成績は中の上で進学校に進めたいと話していた。

【続きを読む】

彼女がいない私の友人に、嫁が手でしてあげると言いだした2(オリジナル 転載禁止)

前回の話

「ご、ごめん、出過ぎちゃった……。いま拭くね、ティッシュ……」
清は、かなり動揺している感じだ。菜々美の手は、まだ彼のペニスを握ったままだ。そして、その細い指は、清が出した精液でドロドロになってしまっている。確かに、見るからに量が多い感じだ。

『大丈夫だよ。気持ち良かった?』
菜々美は、そう言ってペニスを離す。そしてティッシュを手に取りながら精液を拭いていく。
「う、うん。気持ち良かった。最高だったよ……ありがとう」
清は、射精したせいか冷静になった感じだ。申し訳なさそうな感じになっている。


『気持ち良かったんだね。よかった。下手くそだから、痛くないかなって心配だったんだ。今、清さんのも拭くね』
そう言って、再び彼のペニスを掴んでティッシュで拭き始める菜々美。慌てて遠慮する清。でも、
『まだ固いままなんだ。いつもこうなの?』
と、菜々美が質問を始める。清は、恥ずかしそうな顔で、
「う、うん。なんか、出しても固いままな事が多いんだよね……。性欲強いのかな?」
と、告白する。実際、彼のペニスはさっきのガチガチの状態と同じように見える。

『そうなんだ……。でも、羨ましいかも。パパなんて、出したらフニャフニャだもん。あ、最近はしてる途中でもそうなるか』
菜々美は、おどけたように言う。でも、実際にその通りなので、私は申し訳ないような気持ちになってしまう。不思議なもので、さっきまでは私のペニスもガチガチで射精寸前かと思うくらいの感じだった。でも、今は刺激がなくなったせいか、すっかりと普通に戻ってしまっている。
私は、どちらかというと性欲は少ない方かもしれない。セックスも、なければないであまり気にならない。菜々美とも、気が付けば何ヶ月もしないで過ぎてしまう。

「へぇ、意外だな。菜々美ちゃんみたいな子が奥さんなら、毎日でもしちゃうのかなって思ってたよ」
清は、私と菜々美を交互に見ながら言う。
『そんなことないんだよね~。もう、私に飽きちゃったのかも』
菜々美が明るい口調で言う。
「そんなことないでしょ。菜々美ちゃん、すごく可愛いし。俺が旦那なら、絶対に毎日しちゃうよ」
清は、いつになく踏み込んだことを言う。
『本当に? じゃあ、清さんの奥さんになっちゃおっかな?』
菜々美は、挑発的な顔で言う。私を興奮させるためなのかはわからないが、さっきから妙に挑発的な目で私を見ている気がする。

「そ、そんなの無理だよ。菜々美ちゃん、孝弘の奥さんだもん」
少し動揺している清。珍しいなと思う。いつも、動揺したり慌てたりせず、とことんマイペースという感じだ。うどの大木というあだ名がつくのも仕方ないかな? と、思うくらいの感じだ。

『じゃあ、エッチの時だけ奥さんになる』
菜々美は、そんな風に言う。
「えっ? ど、どういう意味?」
清は、本当に意味がわからないという顔だ。
『私がエッチしたくなったら、清さんにしてもらうって事だよ』
菜々美は、やっぱり私を挑発的な顔で見つめながら言う。
「そんなのダメだよ! だって、菜々美ちゃんは孝弘の奥さんでしょ? そんなの出来ないよ」
慌てた感じで言う清。いつものんびりしている彼が、慌てている姿はちょっと新鮮だ。
『どうして? 私とじゃ、イヤ?』
菜々美は、色っぽい顔で質問する。まるっきり、誘惑しているような感じだ。
「い、いや、それはその、イヤではないけど……。孝弘、なんとか言ってくれよ」
助けを求めるように私に言ってくる彼。でも、私が何か言う前に、菜々美が、
『別に良いいでしょ? パパも、そうしろって思ってるんでしょ?』
と、言ってくる。その表情は魔性の女という感じで、菜々美がこんな顔をするなんて今まで見たことがない。私は、菜々美のそんな顔に魅入られたようにうなずいてしまった。

『ね? パパもOKだって』
菜々美は、笑顔で言う。
「マジで? 本気なの?」
清は、驚いたような顔で言う。私は、もう一度うなずいた。
『じゃあ、早速しちゃう? 私、したくなっちゃってるよ』
菜々美は、上気したような顔で言う。さっきから、ブラジャー姿になっている菜々美……。表情も含めて、妖艶な雰囲気がプンプン漂っている。
「えっ? 今から?」
清は、ビックリしたような顔で言う。でも、彼のペニスはどう見てもギンギンに勃起した状態だ。
『うん。だって、清さんのすごいんだもん。触ってるだけで興奮しちゃったよ』
菜々美は、恥ずかしそうに言う。
「いや、でも、そんな……」
ただただ動揺する清。菜々美は、動揺する清にかまわず、彼の前にひざまずくように座る。ソファにペニスをむき出しのまま座っている清。菜々美は、ゆっくりと顔をペニスに近づけていく。
『すごい……。本当に大きい。ドキドキしてきた』
菜々美は、好奇心で目が輝いているような感じだ。そして、舌を出して清のペニスを舐め始めてしまった。あまりにも急な展開に、私は完全に固まってしまった。
「あぁ、菜々美ちゃん、やっぱりこんな……」
清は、ペニスを舐められながらもやっぱり困ったような顔になっている。
『そんなこと言っても、カチカチになってるよ』
菜々美はそう言って舐め続ける。菜々美もまだ迷いがあるのか、舐め方がぎこちない。私は、無意識に股間をまさぐり始めていた。ズボンの上からまさぐるだけでも、あっという間にイキそうになってしまう私……。嫉妬の感情が興奮に置き換わっているのかな? と、不思議に思ってしまう。

菜々美は、清のカリ首あたりを重点的に舐めていく。私にするときと同じ感じだ。でも、私の物よりも大きなペニスを舐めているので、菜々美の舌が妙に小さく感じる。

『本当に固い。こんなに太くて、くわえられるかな?』
菜々美はそう言いながら舐め続ける。そして、大きく口を開けて清のペニスをくわえ込んでいく。
「あぁ、菜々美ちゃん、気持ちいいよ」
思わず声を漏らす清。本当に気持ちよさそうだ。そして、菜々美は口の中いっぱいに広がる太いペニスに対して、頭を振ってフェラチオをし始めてしまった。本当に目一杯口を大きく開けている菜々美。少し苦しげだ。それでも、菜々美は熱心にフェラチオを続けていく。

「菜々美ちゃん、触ってもいいかな?」
清が、興奮した顔で質問する。いつもの温和な彼からはイメージしづらい、血走ったような顔だ。本当に興奮しているんだなとわかる。

『良いよ。触って欲しかったんだ。私も気持ち良くして』
菜々美がそう言うと、清は手を伸ばして菜々美の胸を揉み始める。サイズの合っていない小さなブラ……。それごと揉み始めた清。少し荒っぽい感じで、鷲づかみみたいにしている。

『ブラ、外してくれる?』
菜々美が、やっぱり興奮気味の声で言う。すると、清はすぐにブラを外し始めた。意外に上手くホックを外す彼。菜々美の大きな胸があらわになる。

妊娠をきっかけにして大きくなった胸……。妊娠の最中は、乳輪が黒ずんだ感じになっていた。でも、今は元のピンク色に戻っている。私は、ドキドキしていた。本当に、揉まれてしまう。私だけが許されるはずの行為を、清がしてしまう……。

そんな危機感を持っているのに、私は結局なにも言えずなにも出来ずに見つめるだけだ。
「綺麗だね……それに、大きい」
清は、菜々美の胸を見つめながら言う。
『そんなに見られたら、恥ずかしいよ』
菜々美は、恥ずかしそうに言う。すると、清が菜々美の乳首に吸い付くように口をつけた。そして、舐め始めると、
『あっ、んっ、あっ、あんっ、ぼ、母乳出ちゃうかも』
と、あえぎ声交じりに言う。この前の、菜々美が浮気をしたというウソを聞きながらのセックスは、嫉妬と興奮がすごかった。今、菜々美は本当に浮気をしている。そして、本当に母乳を他の男に飲ませようともしている。私は、あの時以上の嫉妬と興奮を感じながら、股間をまさぐり続ける。

清は、菜々美の言葉を聞いて吸うような動きを始めた。
『あっ、ダメぇ、吸っちゃダメ、出ちゃう、おっぱい出ちゃう』
菜々美は、泣きそうな顔で言う。でも、清は吸い続ける。
「思ったより、甘いんだね。美味しいよ」
清は、かなり興奮している。勃起したペニスが、揺れるようにビクンビクンと動いていることからも、それがよくわかる。

『パパ、ゴメンね、本当に飲まれちゃったよ』
菜々美は、そんな風に言ってくる。でも、その顔は挑発的な感じに見える。清は、胸を責め続ける。指でも乳首を触りながら、夢中で舐め続ける。
『あっ、あんっ、うぅっ、気持ちいい。清さん、上手だよ』
あえぎ続ける菜々美。他の男に感じさせられてしまっている……。菜々美が、他の男にあえぎ声を上げさせられている……。私は、悪い夢を見ているような気持ちになりながらも、股間をまさぐり続ける。

清は、菜々美をソファに寝かせた。そして、覆い被さるような格好で胸を責め続ける。短いスカートはまくれ上がり、薄いピンクのショーツが丸見えだ。そのショーツには見てわかるほどの大きなシミが出来ているのがわかった。菜々美の身体が、清のペニスを求めている……。そう思った瞬間、私は嫉妬と興奮がさらに一段強くなるのを感じた。

「キ、キスしてもいい?」
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


▲嫁の浮気相手は、ハゲた中年太りのおっさんだった6(転載禁止)

前回の話

俺は、思わずうめいてしまった。あまりの快感に、声が堪えきれなくなる。久美は、川井の上にまたがったまま、俺の方を見ている。薄く笑っているような挑発的な顔……。目も、冷たい感じがしてしまう。

川井も、俺の声につられるように俺の方を見てきた。
「ご主人、早かったんですね。でも、ちょうど良かった。これから、奥様が妊娠します。見ててあげて下さい」
川井も、薄く笑っているような顔だ。俺は、二人に小馬鹿にされているように感じながらも、何も言えずに固まってしまっていた。


【続きを読む】
[ 2021/01/14 11:51 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

高校生の娘がいるのに、18歳のデリ嬢と電マでたっぷり遊びました

私は50歳のサラリーマン、15歳下の妻と娘一人のごく平凡な家庭です。
娘も高校生になり、妻との夜はめっきり無くなりました。
以前、数回デリヘルにお世話になりました。

夏休みのある日、妻が娘と実家へ帰り留守になることがありました。
欲求不満解消とネットでデリヘルを検索。

【続きを読む】
[ 2021/01/13 12:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

従姉妹の家で、風呂に入ったらブラとパンツがあったので……

おれはスキーをやりに北陸のいとこのとこへ毎年行ってました。

初日滑りに行かず、家でだらだらしてただけでした。

深夜テレビを見ていると、いつの間にか1時を回っていました。

明日早いのでこれはやばいと思い、さっさと風呂に入って寝ることにしました。

脱衣所で服を脱いでいると、なんと籠の中にいとこのねーちゃんのパンツとブラが…(いま思うと叔母のやつだったかもw)

【続きを読む】
[ 2021/01/10 10:00 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

△Fカップの見た目が派手な嫁を、友人に本気で堕としてくれと頼んでみた完(転載禁止)

前回の話

ナオさんは、童貞の若い男性5人に囲まれて、膣も口も両手も使っている。そして、中に精液を注ぎ込まれると、すぐに次のペニスを挿入させている。ナオさんのご主人は、それを見ながらオナニーを続けていた。

杏奈が、
『すごいね。あんなにされちゃって、ナオさん気持ちよさそう。ご主人さんも、ずっとオナニーしてるね。奥さんがおもちゃみたいにされてるのに、興奮しちゃうんだね』
と、僕にささやくように言う。さらに、
『あっ君も、興奮した? 私が童貞君に回されてるの見て、興奮しちゃった?』
と、聞いてきた。僕は、返答に迷いながらも、正直に興奮したと告げた。

【続きを読む】
[ 2021/01/07 16:47 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

▲嫁の浮気相手は、ハゲた中年太りのおっさんだった5(転載禁止)

前回の話

「あ~あ、お漏らししちゃった」
川井は、あきれたような口調で言う。バックでハメられたままの久美は、腰をガクガクと震わせながらお漏らしをしてしまっていた……。床に拡がる水たまり、アンモニア臭もしている。
『あなた、わかってくれた? もう、このおチンポ無しじゃ生きていけないの。あなたの小っちゃなおチンポじゃ、こんなに気持ち良くなれないの』
久美は、とろけきった顔のままそんなことを言ってきた。俺は、敗北感にまみれながら久美の姿を見つめている。


【続きを読む】
[ 2021/01/06 19:30 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

くっそヤンキーだけどアイドル並みに可愛い子に童貞を卒業させて頂きました

それは高校2年の時の話。
仲間内の一人が、マンモスヤンキー校として悪名高いM工の奴と揉めた。
仲裁を頼んで紹介されたのが、最強ヤンキーの呼び声高いS君。
別に番長とかそういうのではないけど、S君にはたぶん誰も逆らえないってんで。
それでS君ちに行った時に彼の彼女もいたわけ。

【続きを読む】
[ 2021/01/06 19:00 ] 男性の体験談 女学生との体験談 | TB(0) | CM(-)

姉と一度してしまうと、3ダースのゴムがあっという間になくなるくらいやりまくりました

高1の真夏のことです。
親が親戚の結婚式にいって、一晩だけ俺と姉と二人で過ごしたとき、セックスしちゃいました。

高3の姉のおっぱいが膨らんできて(後で聞くとDカップだったらしい)、ものすごく見たいと思っていた。
ときどき風呂上りにチラッと見えた大きな胸とお尻にめちゃ興奮してた。

姉とは俺が中1まで一緒にお風呂に入ってたけど、俺に性欲が出てきて、恥ずかしくなって入らなくなった。

【続きを読む】
[ 2021/01/06 10:00 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

スナックのママさんやホステスさんに気に入られてタダマン出来た想い出

すすきのでの話です。

当時私は19歳ぐらいで事情があって大学を休学してとある建設業に勤めていた。イメージ通り建設業の人間は酒好き女好きで、金使いも荒い人達でした。

しかし彼らは当時の好景気の恩恵ですごくお金を持っていて、毎晩のように新入りの私を飲みに連れっててくれました。

いつも決まった店で飲んでいたのですが、そこの女性は皆美人でした。

でもってそんな店に19そこそこの小僧が来ることはあまり無かったようで店の人は私のことをYちゃん、Yちゃんととても可愛がってくれてました。

【続きを読む】
[ 2021/01/05 19:00 ] 男性の体験談 年上女性との体験 | TB(0) | CM(-)

大学進学で一人暮らしを始めたら、バツイチの29歳の子持ちと仲良くなった

俺と嫁が初めて会ったのは、俺が19歳、嫁が29歳の頃。
嫁はバツイチの子持ち。
地元よりちょっと離れた大学に何とか入学する事ができたけど、仕送りを多く出来ない家庭だったから、バイトして家賃やら何やら払わなきゃいけなかった。

だから家賃2万円の格安のアパートに住むことになった。
家賃激安の時点でボロボロのアパートをイメージしてたけど、意外としっかりしてて、ちょっとホッとしたのを覚えてる。
んで隣人の人たちに挨拶まわりに行ったんだけど俺の部屋の隣の隣に住んでたのが今の嫁だった。

【続きを読む】
[ 2021/01/05 14:00 ] 男性の体験談 年上女性との体験 | TB(0) | CM(-)

女子だらけの水泳部で、おもちゃにされた想い出

私は45歳になる会社員です。人並みに結婚もして、子供もいます。最近、この投稿サイトを見つけ、いろんな投稿を読んでいるとみんな結構すごいんだなと妙に感心しています。それで、さかのぼること30年。高校時代のことを私も投稿してみようと思いパソコンに向かっています。
高校は、私立の高校に通いました。この学校、もともと女子高で、私が入学した年が、共学1年目でした。滑り止めで受験し、本当はもちろん公立に通うはずだったのですが、受験直前に、体調を崩し、この学校に通うしかなかったというのが実際でした。

【続きを読む】
[ 2021/01/05 08:00 ] 男性の体験談 複数体験談 男性 | TB(0) | CM(-)

隣の奧さんが、中1の僕に色々と教えてくれました

緊張感の途切れる昼下がり。
とある中学校の一年生の古文の授業中に、
辻原文太(つじはらぶんた)は小さなため息をついた。
昼食後のこの時間帯はいつもやる気が出ない。
まあ、彼の場合、全ての授業において熱意を抱くことが無いのだが。

【続きを読む】

彼氏に内緒で、家庭教師先の可愛い男の子を食べちゃいました

彼氏と付き合い始めた頃の体験です。
友人の弟(D)の家庭教師をする事になりました。
高校2年生の男の子で可愛い。

【続きを読む】
[ 2021/01/05 00:00 ] 女性の体験談 年下や童貞との体験 | TB(0) | CM(-)

世の中には倫理観を持たないクズがいると知った秋の夜

憧れの女子高に入学することができて、私の学校生活はとても充実していた。テニス部の練習は厳しいけれど、仲の良い同級生はたくさん居るし、優しくしてくれる先輩も少しは居る。 学内に男子が居ないというのは、物足りないと言えば物足りない。

【続きを読む】
[ 2021/01/04 23:00 ] 女性の体験談 レイプされた告白 | TB(0) | CM(-)

夫には申し訳ないと思う、私の調教されていた過去……

大学4年になる直前の春休み、私は40歳の男性に抱かれて初めて逝く事を教えられました。
若い人のように激しく体を揺さぶるのではなく、私をじっくり味わうように抱かれました。それは段階的にゆっくりとやってきて、アソコの中が痺れるように感じて全身が融けていくようでした。このまま死ぬんじゃないかと思う感覚で、体の状態が把握できない宙に浮いたような感じでした。

【続きを読む】

出会い系で知り合った48歳の熟女は、褒められると中出しまで許しました

先日、出会い系で知り合った48歳の熟女と会った。
最初のセックスから一週間後だった。

初めて抱いた後、私はメールで中出しを懇願していた。
熟女をその気にさせるため、歯の浮くような言葉を並べ立てて。

熟女は私の熱意?に落ちた。
生理が近いことが落ちた理由だと思うが、私の熱意にほだされたからかもしれない。

【続きを読む】
[ 2021/01/04 14:00 ] 男性の体験談 中出し孕ませ体験談 | TB(0) | CM(-)

彼女との寝取られプレイ3P編

以前にこのHNでアキの話を書いた者です。今日は3P編を書くことにします。
アキが先輩としてるエッチを俺が携帯で聞かされた話は、前に書きましたが、アキはこういうプレイとか言葉攻めに弱い自分を発見したようで・・・。その後、俺とエッチするときなど、こないだの話を持ち出すだけで、目がトロンとしてきます。

【続きを読む】
[ 2021/01/04 12:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

遊びまくってる沙織とお嬢様な望 どっち?w

大学に入ってすぐ飲み会で知り合った女と軽いノリで付き合った。
名前は沙織で金髪ギャル。今時の感じだ。
付き合ってすぐ望って子を紹介された。
望は沙織と同じ女子校出身らしいが沙織と正反対で大人しそうなお嬢様な感じで正直かなり可愛い。

【続きを読む】
[ 2021/01/04 05:00 ] 男性の体験談 処女との体験談 | TB(0) | CM(-)

ローカル女子アナの妻は、クリピアスまで開けている淫女です

妻は30歳、地方のテレビ局でアナウンサーをしている、いわゆるローカル女子アナ。
TATTOO(注:刺青) スタジオを始めた友人から、妻にボディピアスのモデルをして欲しいと言われた。ピアスは両乳首・へそ・性器(クリトリスフード・左右ラビア)の6か所。これが彼の要望だった。
妻は最初、「絶対嫌だ」と拒絶していたが、元々ピアスに興味がある方なので、両乳首とへそはOKしたが、性器ピアスには難色だった。しかし友人の激しいお願い攻撃と、プレゼントの嵐で、結局承諾することになった。

【続きを読む】
[ 2021/01/04 03:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

パート先の男性の、太くて長いものが私を狂わせます

8歳年上の旦那とは、いろいろありながらも結婚してみたものの、今では年齢が離れているせいか、旦那がたまに体を求めて来ても、おざなりの前戯をして私の上に乗って腰を動かし、自分だけ射精して満足すると高鼾をかいて寝てしまうことがほとんどです。

こんな夫婦生活は正直、まるで、私は射精するための道具でしかないような感じがして惨めで、自分たちの夫婦生活におけるセックスというものが、なんとなく無味乾燥であることを感じるとともに、いつも間にか不感症になっていました。

そのような私が不倫をするようになった相手は、パート先の金融機関の行員。
私より2歳年上の34歳。もう彼との不倫関係は4年続いています。

【続きを読む】

混浴温泉で若い子と二人きり、オナニーを見せつけられて説教してしまった……

数年前、仕事終わってそのまま一泊で北川温泉に行ってきた。

混浴だから溢れる性欲を抑えて身体を洗い誰かが入って来るのを待った。
一組目、地元の爺さん連中・・・。
ウザいと思いながらも温泉に浸かってたが、長湯過ぎてダウン。

時間が早かったと思い、年寄りが寝た23時過ぎに再度温泉へ。
20代後半ぐらいの女性がいた。

【続きを読む】
[ 2021/01/03 21:00 ] 男性の体験談 温泉での体験 男性 | TB(0) | CM(-)

実の息子と実の父親に中出しされ、妊娠・中絶した母

これは私が幼い時に体験した出来事で、本当の話です。
私が小学校3年生の時だったと思いますが、父の転勤が決まり単身赴任で遠くに出掛けて行きました。
私的には、母も居たし祖父も一緒に暮らしていたので、淋しいといった感情はありませんでした。

父が家を出て行って1年位が過ぎた時でしょうか?
私が学校から帰ると、母と祖父の姿がありません。
家を探し回ると脱衣場に脱がれた服がありました。
風呂にでも入っているのかぁとドア開けた時、湯船に浸かる祖父と母。

【続きを読む】
[ 2021/01/03 17:00 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)
検索フォーム

おかげさまで売れています


カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
2位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

管理人:寝取られ好き
寝取られ体験談、痴漢体験談、人妻体験談等、オリジナルの作品も多数紹介。管理人の好みの作品もアーカイブします。

Twitterフォロー
QRコード
QR
想像の10倍デカいオナホです!
kindle出版案内

2話収録です

2話収録です



2話収録です