月別アーカイブ  [ 2020年09月 ] 

≪ 前月 |  2020年09月  | 翌月 ≫

久しぶりに会った友人が、僕の嫁と合コンして撮影までしていた4(オリジナル 転載禁止)

前回の話

僕は、パンツの中を精液で汚しながら、声を必死で堪えていた。ネットカフェの個室なので、防音なんてあってないようなものだ。変に思われないように、歯を食いしばるようにして声を堪え続ける。

画面の中では、お漏らしをしながら身体を震わせているまさみが映っている。
『もうダメっ! 本当にダメなのっ、死んじゃうっ!』
まさみは、怯えたような顔で叫ぶ。男性は、挿入しているペニスを引き抜いた。
『んおぉっ』
ペニスを引き抜かれ、また野太い声をあげるまさみ。本当に、全身が敏感になってしまっているようだ。


「どう、すごいでしょ」
男性は、得意気に言う。まさみの膣からは、ローターのコードが伸びている。まだ、膣奥にローターが入ったままのようだ。
『すごすぎます……。死んじゃうかと思った』
まさみは、放心状態で言う。その後ろの方では、他の男女が色々な体位でセックスを楽しんでいる。僕は、こんなことは普通に行われているのだろうか? こういう合コンは、よくある話なんだろうか? と、軽くパニックになったような感じで思っていた。少なくても、僕はこんなコンパはしたことはないし、聞いたこともない。

何よりも、まさみはよく参加しているのかが気になる。動画の最初の方のまさみの態度を見ると、慣れていない感じが強かった。数合わせのために、呼ばれたような印象だ。

「そうでしょ~。でも、本当に気持ち良かったみたいだね。漏らしまくってるし」
男性は、からかうように言う。カメラは、グチョグチョに濡れてしまったソファを映す。本当に、漏らしまくった感じだ。
『ご、ごめんなさい。こんなにしちゃった……』
まさみは、顔を真っ赤にしながら言う。
「いいよいいよ、どうせラブホだし。じゃあ、続けようか? 今度は、まさみちゃんが上になってよ」
男性は、そう言ってベッドに縁に腰をかける。すると、まさみはローターの操作部分のリモコンを手に持つ。そして、そのまま男性の方に歩いて行く。ローターを抜いたりはしないみたいだ。

まさみは、ローターを膣中に入れたまま彼にまたがる。
「それ、気に入ったんだ」
男性は、からかうように言う。
『は、はい……。弱めなら、気持ちいいです』
まさみは、恥ずかしそうに言う。僕は、まさみが本当に淫乱みたいになっていることに驚いてしまう。

「じゃあ、たっぷり楽しんでよ」
男性は、そんな風に言う。まさみは、そのまま対面座位でペニスを挿入していく。
『うぅっ、あぁ、深い……奥にグイグイ当たります』
まさみは、すでにとろけきった顔になっている。正夫は、撮影を続けるばかりで、あまり女性に絡まない。まさみには、まだ触れてもいないはずだ。

僕は、不思議だった。どうして手を出さないのだろう? まさみは、夫のひいき目かもしれないが、他の女の子達より可愛いと思う。こんな乱交合コンの場なら、真っ先に手を出すような気がする。

「じゃあ、スイッチ入れてごらんよ。好きな強さにすれば良いからさ」
男性は、軽い口調で言う。すると、まさみはスイッチを入れた。
『うぅあぁっ、やっぱり凄い、気持ちいいっ、気持ち良すぎちゃうぅ』
まさみは、とろけた顔でうめくように言う。そして、腰を動かし始めた。上下に動かす感じではなく、腰を押し込むというか、こすりつけるような動きをしている。
『あぁっ、あぁぁっ、あぁぁ~~っ、気持ちいいっ、腰止まらないっ、すごく気持ちいいですっ』
まさみは、何かに取り憑かれたように腰を動かし続ける。さっきから、カメラはまさみばかりを写している。でも、他の3人の女性もセックスをしているのが後ろの方に映っている。

まさみは、夢中で腰を動かし続けている。僕は、この動きをされると毎回あっけないほど簡単にイカされてしまう。でも、まさみと繋がっている男性は、さっき射精をしたせいか、まだイク気配もない。
「エロい腰だね。セックス大好きでしょ」
男性が、からかうような口調で言う。
『好き。毎日したいっ!』
まさみは、そんな風に言いながら腰を動かし続ける。ヘソから下だけをなまめかしく動かし、なるべく奥の方を刺激しようとしている動き……。本当に、エロいとしか言えない感じだ。
「へぇ、そうなんだ。彼氏はいないんだっけ?」
男性が質問する。
『う、うん。いないよ』
まさみは、一瞬口ごもる。
「マジで? こんなに可愛いのに? じゃあ、俺がセフレになるよ」
男性は、そんな風に言う。
『う、うん。考えとくね』
まさみは、腰を動かしながら言う。そして、まさみはキスをし始めた。キスをしながらイヤらしく腰を動かす……。僕は、自分の股間がガチガチに勃起しているのを感じながら、まさみの卑猥な動きを見続けた。

まさみは、キスをしながら腰を動かし続ける。もう、完全にセックスを楽しんでいるし、恥じらいも何もない感じだ。そのまま、長い時間が過ぎていく。
「ゴメン、もう出そう」
男性の方が先に根をあげる。まさみは、
『良いよ、出して。そのまま中に出して』
と、あっさりと言ってしまった。
「良いの? ヤバいんじゃないの?」
男性は、少し不安そうだ。
『良いの。欲しいの。中に出し欲しいっ』
まさみは、うわずった声で叫ぶように言う。
「マジか……じゃあ、出すよ、あぁ、気持ちいい。まさみちゃん、中に出すからねっ!」
男性も、気持ちが高ぶっていく感じだ。そして、どちらからともなくキスを始める二人。程なく、男性はまさみの膣中に射精を始めてしまった。
『うぅあぁ、熱いのわかる……。中に出されてる』
まさみは、声を震わせるように言う。興奮しているのが伝わってくる。コンパで初めて出会った男性に、膣奥深く注ぎ込まれる……。それは、女性としたら興奮するものなんだろうか?

「あぁ、ヤバ。メチャ気持ちいい」
男性は、まさみの膣中に注ぎ込みながら言う。
『私も……イッちゃった。中に出されると、本当に気持ちいい……』
まさみは、うっとりとしたような顔で言う。すると、動画はここで突然終わった。僕は、すごくモヤモヤしてしまった。多分、これだけで終わっているはずがないと思う。バックで3人に続けざまに入れられたりしてたくらいなので、もっととんでもないことをしたんじゃないか? そんなことを考えてしまう。

僕は、放心状態になってしまった。現実が受け止められないような気持ちだ。そして、少しして多少冷静になると、一旦トイレに移動した。パンツの中の精液を始末し、できる限り拭き取る。そして、ネットカフェを出た。

僕は、すぐに彼に電話をした。正夫に話を聞かなければ、わからないことだらけだからだ。彼は、ワンコールで電話に出た。
「おっ、見たか?」
そんな風に言う彼。僕は、見たと告げる。
「そっか、話を聞きたい感じだろ? 俺、さっきのカフェに戻ってるからさ」
彼は、そんな風に言う。僕は、すぐに行くと伝えた。そして、ほとんど走るような感じでカフェに戻ると、正夫が出てきた。

「中じゃ話しづらい内容だからさ、歩きながら話そうか」
正夫は、そう言って歩き始める。僕は、何から聞いたら良いのかわからなくなるくらいにパニックになっていた。

「オマエは、どうするつもりなの? まさみちゃんと、この先どうするの?」
正夫は、話しづらそうに話し始める。僕は、どうするってどういう意味? と、質問する。
「どうするって、離婚するかどうかって事だよ」
正夫が言う。僕は、そんなことは考えていないと告げた。
「アレ見てもか?」
正夫は、驚いたような顔で言う。僕は、自分でも理解出来ない部分もあるが、別れようという気持ちにはなっていない。それどころか、まさみのことを嫌いになる感じもない。そのあたりのことを説明すると、
「そっか……。まぁ、オマエさんが決めることだもんな。まさみちゃんは、コンパに参加するのはめちゃくちゃ久しぶりだったみたいだぜ。でも、昔はあんな感じでコンパしてたとか言ってたぞ。まぁ、コンパって言うか、乱交だけどな」
正夫はそんな風に言う。僕は、返事をしながらどうして正夫はまさみに手を出さなかったのかと聞いた。

「そりゃ、人妻だからだよ。指輪は外してたけど、痕でわかるし。昔、人妻に手出して、ひどい目に遭ったからさ」
正夫はそんな風に説明した。僕は、その説明に納得した。

そして、僕は自分の気持ちを話し始めた。興奮してしまったことも、包み隠さずに言った。
「マジか。オマエって、寝取られ好きだったんだな。それだったら、この状況を楽しめば良いんじゃない?」
正夫は、そんな風に言い始める。僕は、楽しむって? と、質問した。
「そりゃ、まさみちゃんが他の男とハメてる動画を見るとかだよ。俺、直美ちゃんと明日会うんだよね。なんか、俺のチンポ気に入っちゃったみたいでさ。それに、まさみちゃんも誘おうか?」
正夫は、想像もしていなかったことを言い始めた。僕は、黙ってしまった。考えがまとまらない。
「多分、まさみちゃんはもう合コンには行かないって言ってたから、あんなのは二度と見れないぞ」
正夫は、そんなことを言う。僕は、あっさりとお願いすると言ってしまった。

本当は、まさみが浮気をしたことをもっと考えなければいけないんだと思う。でも、あんな動画を見た後でも、僕はまさみのことを嫌いになっていないし、離婚しようという気持ちもない。

「へぇ、本気なんだ。わかったよ。じゃあ、誘って動画も撮っておくからな」
正夫は、さっきまでの心配そうな顔は消えてなくなっている。僕は、楽しそうに笑っている正夫を見て、複雑な気持ちになってしまった。そして同時に、自分がどうかしているという気持ちも大きくなっていく。普通なら、即離婚案件だとお思う……。

帰宅すると、まさみは笑顔で出迎えてくれた。シチューの良い匂いも漂っていて、
『お疲れ様~。お腹空いたでしょ!』
と、まさみがご機嫌で声をかけてくる。僕は、お腹ペコペコだよと言いながら服を着替え始める。

食事を始めると、まさみはいつも以上に楽しそうに話しかけてくる。僕は、調子を合わせて会話をしながら、どうしてもあの動画を思い出してしまう。

こんなにも笑顔で楽しそうなまさみ……。でも、複数の男達と代わる代わるセックスをしていた。キスや中出し……。そんなことまでしてしまっている。僕は、表面上は普通に接しながらも、異常なほど嫉妬して、異常なほど勃起していた。

その夜、まさみはセックスをねだってこなかった。別に、毎日ねだってくるわけではないので、おかしくはない。でも、僕は、ドキドキしていた。もう、明日の件は声がかかっているはずだ。まさみは、明日のために今日はセックスをしないでおこうと思っているのではないか? そんな風に想像してしまう。
まさみは、すぐに寝息を立て始めた。僕は、なかなか眠りにつけず、色々な想像をしていた。すると、まさみが寝返りを打ったりし始める。それだけではなく、息遣いが荒くなる。次第に、あえぎ声っぽいものも混じり始める。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


隣家に回覧板を持って行ったら若妻がブラチラでお出迎えしてくれた

家に帰ると、母からの伝言がありました。
『今日は由香の用事で帰り遅くなります。
それから、回覧版をお隣の家に置いてきてください。
そして、お隣の奥さんから組費をもらっておいて下さい』
という内容でした。

【続きを読む】

10歳上の姉と酔った勢いでキスしたら最後まで行っちゃった

僕は末っ子で姉とは10歳も歳が離れています。
兄もいますが独立して1人で暮らしています。
姉は昔からすごく僕の事を良くしてくれて面倒を見てくれてました。
小さい時から毎日一緒に風呂にも入っていました。
姉が就職してからも姉が帰宅するまで風呂を待っていました。

【続きを読む】
[ 2020/09/30 22:00 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

彼女を可愛がってる後輩に抱かせたったw

彼女を可愛がってる後輩に抱かせたったw俺と彼女は大学三回生で後輩は一回生。彼女だけ別の大学。

俺と彼女は高ニからの付き合いで、後輩は同じサークル。

彼女はミキって名前で身長高くてスラっとしてる。顔もまあ美人な方だと思う。ハーフっぽい。あと姉御肌というか、女の後輩にやたらモテる。結構えらそうなんだけど実はドM。

後輩はユウって名前で、もろにジャニ系って感じの風貌。身長も低い。めちゃくちゃ礼儀正しいすごい良い奴。
 
 
ある日、ユウと二人で飲んでて、俺が潰れちゃって、たまたまミキのアパートが近くだったからそのまま泊まるつもりで部屋に上がりこんだ。


【続きを読む】
[ 2020/09/30 19:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

真面目な女ほど、ヤカラ系に惹かれるのはなぜなんでしょう?

私は28才のOLです。
今度職場の先輩と結婚する事が決まりました。
本当なら最高に幸せな時期なんですけど・・・ある事件がありました・・・

【続きを読む】
[ 2020/09/30 17:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

マンキツで 隣の隣のブースが女の子

814 名前: えっちな18禁さん [sage] 投稿日: 2010/03/10(水) 14:45:46 ID:imFWHcNW0
こないだオールナイトで入ったマンキツで
俺のブースの隣の隣のブースが女の子だった

俺とその女の子以外周りに人が入っているブースはなかった
  
本棚のとこでチラっと見かけたけど身長は高いけど胸が大きい女の子
顔はビーバー系だったな、ブスではない感じ

青のタイトなミニスカートに生足、胸元が大きく開いたTシャツみたいの着てて胸がめっちゃ強調されていた

俺は凄く彼女の事が気になっちゃってさ、寝れずに起きてたんだけど
暫くするとスースーって寝息のような音が聞こえたんだ


【続きを読む】
[ 2020/09/30 14:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

会社の先輩は、俺の嫁の胸を揉みしだき始めた

俺は自分のワガママで奥さんと子供がいるのに会社を辞めてしまった。
仕事を探しても見付からず途方に暮れていた時に、こんな俺に手を差し伸べてくれたのは前の会社の研修で指導してくれた先輩の高橋満さんだった。
満さんは会社を辞めて仕事のない俺の事を心配して知り合いに頼んで食品会社の冷凍庫の夜間勤務の仕事を世話してくれた。

【続きを読む】
[ 2020/09/30 12:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

職場の宴会でチンポビンタされてヌルヌルになった私

ややこしいので私が憧れていた先輩をA、他の先輩はB~適当に割り振ります。記憶があいまいなので、人数が増減しちゃうかもしれません。
先輩たちの部屋に入ると、Aは私を差し出すと、BとCが私を抱きかかえるようにしました。そして他の先輩も含めて数人がかりで私の体に触ります。

【続きを読む】
[ 2020/09/30 11:00 ] 女性の体験談 複数体験 女性 | TB(0) | CM(-)

マンションの玄関でよく会うコ

最近、マンションの玄関でよく会うコがいるんです。礼儀正しくていつも挨拶
してきます。ちょっとだけ会話を交わした事があったのですが、中学生2年生
だといってました。とても元気が良く明るいコでして、僕が帰宅する時間と下
校時間が一緒みたいなので、よく会うんですね。
両親が居酒屋を営んでるそうで、いつも親の帰りが遅いようです。いわゆる鍵
ッコですね。。週末も1人が多いそうです。先月転校してきたばかりで、そん
なに仲の良い友達も作れていないそうです。そう思った僕は
「今度、部屋に遊びにおいでよ」と誘ってみました。ゲーム好きらしく、僕も
ゲーム好きだよって言ったら一緒にやろう!って嬉しかったみたいでした。
そして、先週の日曜日昼頃に彼女が部屋に来てくれました。来たのはいいので
すが、昼ごはんを食べていないという子とでしたので、コンビニで昼ごはんを
買いに行き、一緒に食べました。
なんだか、全然警戒しないなぁ...というのが印象でした。ちょっと日焼けし
てて肌も凄く綺麗でした。
「髪、きれいだね」といいながら髪を撫でてあげると恥ずかしそうにこっちを
向いて笑いました。ちょっとドキッとしましたが、さらに!
「日焼けしてるね?」といいながら、太股のあたりを触ってみました。

【続きを読む】
[ 2020/09/30 09:00 ] 男性の体験談 年下やロリとの体験 | TB(0) | CM(-)

お隣さんと月に一回嫁を交換していたら、拡張されてしまっていた3(マガブロ 転載禁止)

前回の話

まさみは、ほとんど叫ぶような声であえいでいる。優子ちゃんの拳は、まさみのアナルの中に完全に入ってしまっているし、すごい勢いで抜き差しするように動かしている。

「ほら、ちゃんとくわえないと」
正和さんは、まさみの口の中にペニスを強引に入れていく。まさみは、のけ反ったり身体を震わせたりしながらも、フェラチオをしていく。


僕は、悪い夢の中にいるような気持ちになっていた。まさか、こんな風に調教されていたなんて、想像もした事がなかった。それよりも、僕が優子ちゃんに中出しをしたりして、正和さんに悪いなと思っていたくらいだ。優越感も感じていたかもしれない。

まさみは、完全に調教されてしまっている。アナルの中に拳が入るなんて、どれだけの時間調教されたのだろう? 僕は、強い危機感を感じながらも、収まることのない興奮に突き動かされるようにオナニーを続ける。

『すごい。こんなにされてるのに、気持ち良いんだ』
優子ちゃんは、好奇心で目がキラキラ光っているように見える。そして、そんな風に言いながらも、どんどん腕の動かし方が速くなっている感じだ。
まさみは、くわえているペニスを吐き出し、
『イクっイクっ!! ケツマンコイクぅっ!!』
と、はしたない言葉を叫びながらのけ反る。
『まさみちゃん、いっぱいイッていいよ』
優子ちゃんは、ガンガン腕を動かしながら言う。僕は、小柄で子供みたいな雰囲気の優子ちゃんが、こんな風にまさみを責めているのにすごくギャップを感じている。

まさみは、アナルを拳で責められ続け、ほとんど泣いているような顔になってしまっている。でも、気持ちよさそうな風にも見える。そして、歯を食いしばるような顔になると、
『んおぉおお゛っ!! イグぅぅっ!!』
と、吠えるように叫んで身体をガクガク震わせた……。僕は、今まで一度も見たことのないまさみの激しいオルガズムに驚きながら、あっけなく射精をしてしまった……。

優子ちゃんは、少し驚いた顔になる。そして、グッタリしてしまったまさみのアナルから、拳をゆっくりと引き抜いていく。横座りみたいな格好でソファにグッタリしているまさみ。まさみのアナルは、まるで穴が開いているようにポッカリと拡がってしまっている。

『すごい……こんなになっちゃってるんだ』
優子ちゃんは、まさみのアナルを見ながら言う。僕は、あまりの快感に言葉も出ない。
「優子も、拡張してみる?」
正和さんは、優子ちゃんにそんな質問をする。
『え? やめとく。だって、こんなに拡がったら、元に戻らなくなっちゃうでしょ?』
優子ちゃんがそんな風に質問する。
「そんなことないよ。半年も使わなかったら、ほぼ元通りになっちゃうよ」
正和さんは、そんな風に答える。
『そうなんだ……。でも、やっぱり怖いからいい』
優子ちゃんは、そんな風に答えた。僕は、正和さんが優子ちゃんのアナルを拡張していないことに驚いていた。優子ちゃんにしないことを、まさみにしている……。どうしてだろう?

『パパ、まだイッてないでしょ? いつもは、どうやってるの? 見たいな……』
優子ちゃんは、興奮した顔で言う。自分の旦那さんが、他の女性とどうやってセックスをしているのか気になるなんて、優子ちゃんも相当変わっているなと思う。でも、正直に言って、僕もすごく気になっている。

「うん。じゃあ、まさみさん、いつもみたいにしてくれる?」
正和さんは、優しい口調で言う。こんなにハードな調教をしているのに、口調はいつも通りの温和な感じだ。

まさみは、
『はい。じゃあ、ご奉仕させていただきます』
と、興奮のせいかうわずったような口調で言った。僕は、まさみの言い方が気になってしまう。完全に、主従関係の口調だ。

まさみは、ソファに座る正和さんの前にひざまずくように座る。そして、柔らかくなってだらんとしたペニスを手で握り、直立状態にしてから舐め始めた。

さっきの、浣腸された状態のまま必死でしていたフェラチオとは違い、丁寧でイヤらしい舌使いで舐めていく。睾丸も舐めたり、カリ首の周りに舌を巻き付けるような感じでフェラチオを続けるまさみ……。ムクムクと、正和さんのペニスが大きくなっていく。僕は、まさみがこんなにも丁寧に他の男のペニスを舐めている姿に、強い嫉妬を感じてしまう。すると、いきなりペニスを掴まれた。ビックリして横を見ると、優子ちゃんがイタズラっぽい笑みを浮かべて僕を見つめている。
『健君の、すごく固くなってるね。私もしてあげる』
そう言って、優子ちゃんが僕のペニスをくわえてフェラチオを始めてくれた。まさみが他の男のペニスをくわえている目の前で、優子ちゃんにフェラチオされている……。そう思うと、罪悪感を感じてしまう。でも、優子ちゃんは小さな舌を巧みに使い、僕のペニスを責め立てる。幼い見た目とは大違いの、上手すぎるフェラチオだ。

『ご主人様のおチンポ、まさみのケツマンコに入れさせて頂きます』
まさみは、また卑猥な言葉を口にする。正和さんとプレイをするときは、いつもこんな感じなのだろうか? 僕は、心の底から驚いてしまっている。隣の人妻に、ここまでの調教をするなんて、正和さんは温和な見た目とは違い、かなりハードなさあディストなのかもしれない……。

まさみは、正和さんに対して背を向ける。そして、大きくなったペニスを掴むと、自分のアナルに導いていく。そして、そのまま一気に腰を下ろしてしまった。一瞬でアナルの中に消えたペニス……。まさみは、
『んおオォオオッ、おチンポ来たぁ』
と、とろけきった顔になる。僕は、目の前のまさみが、いつものまさみと同じ人物とはとても思えなくなっていた。はしたない言葉を口にしながら、アナルにペニスを入れてしまう……。いつも一緒にいるまさみ……。でも、こんな一面は、かけらも見せたことがない。

自分の嫁を、他の男の手によって変えられてしまった……僕は、そのショックで泣きそうな気持ちになってしまう。でも、興奮は高まるばかりだ。優子ちゃんが、
『フフ。健君の、もっと固くなった。まさみちゃんがパパのおチンポ入れてるの見て、そんなに興奮しちゃうの? やっぱり健君ってヘンタイだね』
と、僕のペニスを舐めながら言う。僕は、何も言えずにまさみを見つめる。

まさみは、すっかりと正和さんのペニスを飲み込んでしまった。あの大きなペニスが、完全に根元まで入っている。優子ちゃんの拳と比べれば、サイズはかなり小さいと思う。でも、まさみは本当に気持ちよさそうな顔になっている。

まさみは、そのまま腰を上下に動かし始める。
『うぅっ、あっ、おチンポ気持ちいいっ! ご主人様のおチンポ、気持ちいいですっ』
まさみは、すぐにあえぎ始める。そのまま、激しく腰を上下に動かし続ける。正和さんに背を向けているので、僕の方を見ているような形だ。優子ちゃんにフェラチオされている僕を見ながら、夢中で腰を動かし続けるまさみ。僕は、ただまさみの顔を見つめることしか出来ない。

「ほら、もっといつもみたいに気持ち良くならないと」
正和さんは、そんな指示をする。僕は、さらに何をさせるつもりなのだろう? と、ドキドキしていた。

すると、まさみは自分の乳首を摘まみ始めた。
『うぅあっ、気持ちいいっ、乳首気持ちいいですっ』
まさみは、自分の両乳首を潰れるほど摘まみながら、腰の動きを加速していく。正和さんは、さっきから何もしていない。ただ、ペニスを提供して指示をするだけだ。それなのに、まさみは信じられないほど強い快感を感じているようで、顔はだらしなく弛緩してしまっている……。

『まさみちゃん、気持ちよさそう……。あんなに感じちゃったら、健君とエッチしても物足りないかもね』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


1年ぶりの調教 byれま

28 名前:1年ぶりの調教 byれま :04/03/12 12:43 ID:K1Rjnkfk
ついに1年ぶりにセックスして来ました。
いやぁ、よかったなあ。

私の場合、彼氏がいないっていう以外にも趣味が趣味だけに
なかなか合う人がいなくて、ずーっとご無沙汰でした。
 
 
そこでオープンのエロチャットで知り合った人と話していると、
結構好みが合ってしまって、会うことにしたんです。Kさんという人。
えーとね。ルックスは~、まあ人並み。背も高くないし。
でもメインはそこじゃないから、いいや、ってことで。あ、性格はいい人でしたよ。

私の趣味。それは絵に描いたようなMです。
でもイロイロ条件があってただ虐められても冷めちゃう。
優しく労わりつつでも酷いことをされたい。それに当然アナル攻めはお約束。
そういうことをちゃんと言葉にして伝えました。

【続きを読む】
[ 2020/09/30 07:00 ] 女性の体験談 SM調教体験 女性 | TB(0) | CM(-)

父が不在だと変わる母

父が不在の日になると、なぜか母の様子が変わってしまう。母は朝からそわ
そわとして落ち着きがなくなるのだ。
化粧もいつもより入念だし、服装も、父を送り出してから再び着替える事が多
くなった。父が居る時は楽そうなワンピース
などを着ているけど、着替えた母は、必ずといっていいくらいに、身体のライ
ンがくっきりと目立つ服装になる。
そんな日の母は、朝に付けたばかりの下着すら穿き代えているらしく、顔を
洗ったついでに覗く洗濯機の中には、
父が出かけた後に限って、まだ洗い立てのような下着が放り込んであるのだっ
た。

父を送り出した後に、母と、住み込み店員で夜学生のSさんと、小学生になっ
ていた私は居間で遅めの朝食を
取った。和食好みの父が不在の日は、いつもトーストにハムエッグというよう
な洋風メニューである。

【続きを読む】
[ 2020/09/30 05:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

妻が浮気をしていると知ったとき、怒りや嫉妬よりも

私の妻は40歳になります。その妻が浮気をしていると知ったときは怒りと嫉妬とそして、
何か分からないげれどすごい興奮でどうにかなりそうでした。
それでも未だにまだ妻に問いただすことはできませんが。
まさか自分の妻が浮気しているなど想像もしませんでした。

【続きを読む】
[ 2020/09/30 05:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

嫁が他人とデート中

868 :えっちな18禁さん:2012/04/30(月) 21:26:18.53 ID:Fv0lUPnA0

嫁が他人とデート中。
今多分ご飯食べてるとこ。

ドキドキが止まらん。

うまく文かければ報告に来ます。

869 :えっちな18禁さん:2012/04/30(月) 21:44:10.61 ID:krJWoIVQ0

待ってるよー!

870 :えっちな18禁さん:2012/04/30(月) 22:02:23.26 ID:Fv0lUPnA0

868です。
さっきの書き込みのちょっと後に嫁からメールがありました。
会ってみたら全然想像と違っていて、
アキバ系みたいな人がきたみたいです。

頑張ればいけるかも…って健気に抱かれようとしてたんですが、
嫁に無理を強いて抱かせるのもなんか嫌だし、
相手がキモヲタってのも嫌なので、
無理しないでいいよって言ったら、ご飯食べたら帰ると返信来ました。

【続きを読む】
[ 2020/09/30 03:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

金持ちのボンボンに妻を貸したつもりが

とあるハマーム(現代日本の銭湯に相当)で、一人のあんまが
若者(金持ちのボンボン)にマッサージをしていました。

その最中若者のモノが見えましたが、それは赤ん坊の小指ほどの小さなモノでした。
あんまがその事を若者に告げると、若者はまだ童貞であることを告白し、
使っていないから育っていないんだろうと答えます。

そしてさらに、コレを育ててくれる女性を紹介してくれれば金貨100枚を
渡すといいました。
あんまは考えました。
(金貨100枚なんて大金を逃す手は無い。
正直女の知り合いなんて妻以外にいないが迷っている場合じゃない。
それにこんなついてるのかついていないのかわからないようなモノになら
妻が抱かれてもあまり腹も立たない。
それに何といっても金貨100枚だからな)


【続きを読む】
[ 2020/09/30 02:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

中学生の従兄弟に告られて

はじめまして、私は都内で一人暮らしをしている24歳OLです。
約一年前に正月休みを利用して帰省した時の体験を話したいと思います。

「ただいま~」
と玄関を開けました。
奥から母が小走りでこっちにきて
「あら、お帰り~雪大丈夫だった?」
なんて話しをしながら居間へ入ると父が「おぉ~元気だったか?」と話しかけてきます。
居間には父の他におじさん(父の弟)夫婦とその子供の快君(中一)が夕飯を食べてました。
私も一緒に食事をして後片付けをしていると母が
「あのね、由美(私の仮名)の部屋に快君も一緒に寝かせてあげてね」
と言われ
「構わないケド何で?」と聞くと
「あの子も中学生でしょ?反抗期なのよ。両親と寝たくないんですって」
と言われ渋々了解したふりをしました。
私は快君の事が好きだったのです。
快君は芸能人に例えるとNEWSの手〇君に似ています。
お風呂から上がり部屋に行くと快君がテレビを見ていました。

【続きを読む】
[ 2020/09/30 00:00 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

結婚直前、彼氏に言えない3P願望

付き合って5年。彼氏にプロポーズされました
私はOKの返事をして、結婚に向けて色々準備を始めました
でも、このまま結婚?と考えると何か勿体ないような変な気分に・・・

私は彼氏とのセックスは愛があるので好きです
でも・・・でも・・・前からしてみたい行為があったんです

【続きを読む】
[ 2020/09/29 23:00 ] 女性の体験談 複数体験 女性 | TB(0) | CM(-)

職場の宴会でチンポビンタされてヌルヌルになった私

ややこしいので私が憧れていた先輩をA、他の先輩はB~適当に割り振ります。記憶があいまいなので、人数が増減しちゃうかもしれません。
先輩たちの部屋に入ると、Aは私を差し出すと、BとCが私を抱きかかえるようにしました。そして他の先輩も含めて数人がかりで私の体に触ります。

【続きを読む】
[ 2020/09/29 22:00 ] 女性の体験談 複数体験 女性 | TB(0) | CM(-)

大学の先輩(黒人)に彼女を貸してしまった結果

プロローグ1月10日の出来事です夜11時…今現在僕の目の前で起こっている現実の出来事を書きます!

僕は彼女の真弓を酔った勢いも?有りまして、大学の先輩達に3人に貸し出してしまいました…

今僕の大事な彼女が…目の前で大学のボブ先輩に下から激しく巨大な一物で突き上げられています。

【続きを読む】
[ 2020/09/29 18:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

当て逃げを目撃したが、知り合いの母親だった

1ヶ月程前の夜、近所のスーパーの駐車場で当て逃げを見てしまいました。

RV車はバックで狭く空いたスペースに駐車しようとしたのですが、止まっていた軽自動車のヘッドライトにバンパーの角をぶつけたのです。

【続きを読む】

就活を生き残る為には、ヒヒじじいに中出しまでさせます

今、大学3年生です。

じつは解禁と同時に私の第一希望である某音楽関係に会社訪問に行きました。

それも自分の熱意を伝えるため何度も訪問し、必死に名前まで覚えてもらおうと考えていたんです。

そして先週、本社玄関前で私の父より明らかに年上の男性に声を掛けられ、近所のカフェに案内されたんです。

【続きを読む】
[ 2020/09/29 14:30 ] 女性の体験談 女学生の告白 | TB(0) | CM(-)

彼は私に快楽の世界を教えてくれた

彼に言われて告白します、でも彼の知らないことも書いてしまって。 ま、いいか。

私は華子28歳、結婚2年で子供はいません。 主人は2歳上で普通のサラリーマン、私は公務員です。二人とも出張や残業が多く、結婚後夕食はほとんど別々で、休みの日だけ私が食事を作ります。

夫婦のセックスも休みの日だけ月に2~3回ほどで、それも主人が求めてきたら応じて、主人が数分で果てて終わるというあっさりしたものです。

私には不満はありませんでした、と言うか元々セックスに興味はありませんでした。
結婚するまで男の人と付き合ったことも無いし、女友達ともセックスの話なんかしたことがありませんでした。
背が高く(175センチ)顔もハーフみたいだったので、時々声を掛けられたり厭らしい目で見られた事もありますが、そんな男は軽蔑していました。 自分でも勉強大好き人間だったと思います。
主人は父親の友人が結婚相手として紹介してくれたのですが、真面目で優しく何の不満もありません。 ただ愛するとか恋しいという気持はあまり感じません。

【続きを読む】

可愛い顔した同級生のフェラの虜になった男子校に通ってた私

自分が中学生の時、私立の男子中学に通学していました。
その当時、思春期まっさかりの時に、ゲイ体験を経験したので、投稿させていただきます。
自分はA君、その相手はN君とします。

【続きを読む】
[ 2020/09/29 09:00 ] 男性の体験談 男同士の体験談 | TB(0) | CM(-)

大学生の頃、バイト先の店長と店の中でやっちゃった話

私は、24歳のアパレルの仕事をしているみゆきと申します。

私が1番萌えたエッチの話を投稿させて頂きます。

私は大学の頃、居酒屋でバイトをしていました。

【続きを読む】
[ 2020/09/29 07:00 ] 女性の体験談 OLや働く女性の告白 | TB(0) | CM(-)

バイト先にはパートのおばちゃんがいっぱいいて、いつの間にかおばちゃんもいいなと思っていた

昔、バイトしていた職場はパートのおばさんばかりのところだった。

職場では俺は田所という19歳の奴とだいたい一緒に行動していたな。
年齢近かったし、気があった。ちなみに俺は奴より2つ上の21。

【続きを読む】
[ 2020/09/29 05:00 ] 男性の体験談 年上女性との体験 | TB(0) | CM(-)

友達に頼まれて人数合わせの合コンに行った私は

先日、友達に頼まれて人数合わせの合コンに参加しました。
それをひょんなコトから彼に話してしまって。
それがそもそもの間違えでした。

その日は、いつものように朝から新宿で待ち合わせ。

【続きを読む】

酔った勢いで年下の童貞をおそった

10 :えっちな18禁さん :2011/11/25(金) 14:50:35.39 ID:QduR0RNH0(2)
誰も見てないだろうけど誰にも言えなくて
とにかく吐き出したかったので投下。
先月末に酔った勢いで童貞を襲った話www

私子:22歳・専門学生・婚約した彼男(28歳)と同棲
A男:21歳・専門学生・元バイトの先輩
   彼男と仲良く、バイト、彼男きっかけでよく遊ぶ
   童貞

【続きを読む】
[ 2020/09/29 02:00 ] 女性の体験談 年下や童貞との体験 | TB(0) | CM(-)

聖職者の僕が、生殖者になったきっかけ

こんにちは。
僕は25歳で今春から大阪の某市立中学で新米教師をしています。
身長が181cmで体重が68kgの細身で、職場に若い先生が少ないのもあって生徒にコクられたりもします。

聖職者とあって教え子に手を出すのはタブーだと思うんですが、元々ロリ気味な僕にとって毎日女子中学生と関わりがあるってのはちぃとキツいです。

【続きを読む】
[ 2020/09/29 00:00 ] 男性の体験談 年下やロリとの体験 | TB(0) | CM(-)

会社の後輩のエリは俺のことを好みと言ってくれて襲いかかってくれたw

僕の会社の後輩にエリ(仮名)という子がいます。
エリは高卒の19歳で、背は154cmと小柄で、茶髪のショート。
顔はリスっぽい童顔で、やや肉付きのいい感じです。
胸はそこそこ大きく、普通に「カワイイ」と言えるレベルの子です。

【続きを読む】

結果オーライの妻のAVデビュー

八代美香…36歳。A型。身長160センチ B84、W60、H87
妻の性格は一言で言えば、おっとり型
いつも優しく微笑んでいる事から“モナリ ザ”というあだ名を子供達から付けられている。
趣味はガーデニングとフラワーアレンジメント
特技は、ピアノと書道、そして昔取った 杵づかで意外にもママさんバレーのレギュラー選手である。
これが私、八代一明(39)の妻、美香のプロフィールです。

【続きを読む】
[ 2020/09/28 22:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
検索フォーム
カテゴリ
動画ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
1位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

管理人:寝取られ好き
寝取られ体験談、痴漢体験談、人妻体験談等、オリジナルの作品も多数紹介。管理人の好みの作品もアーカイブします。

Twitterフォロー