月別アーカイブ  [ 2020年02月 ] 

≪ 前月 |  2020年02月  | 翌月 ≫

一人でホテルに泊まったら、カップルの男の子に声をかけられました完(マガブロ 転載禁止)

前回の話

すみれちゃんは、射精してしまった彼氏さんを見ながら、腰を振り続けていました。対面座位で腰を振りながらも、彼氏さんのことをじっと見つめています。
『今日は、イッてもまだ大きいままなんだね。じゃあ、交代する? しょうちゃんのと比べてみようよ?』
すみれちゃんは、彼氏さんにそんな提案をしました。彼氏さんは、戸惑った顔になりながらもうなずきます。すると、すみれちゃんは私にキスをしてきました。興奮した感じで舌を差し込み、私の舌に絡めてきます。

でも、すぐにキスをやめ、
『しょうちゃん、ちょっとだけ待っててね。愛してる』
と、言いながら立ち上がりました。ペニスが抜けて、すみれちゃんの膣からはまだ残っていた精液が流れてきました。そんな状態で、すみれちゃんは彼氏を私の横に座らせました。そして、またがって挿入してしまいます。

私は、この異常な状況に本当に戸惑っていました。テレビに出ているようなアイドルと、こんな風にセックスを出来るのはラッキーと言うしかないと思います。でも、あまりにも異常な状況です。

『あれ? これって、ちゃんと入ってる?』
すみれちゃんは彼にまたがると、すぐにそんなことを言い始めました。一瞬で真っ赤になる彼氏さんの顔。でも、怒りで赤くなったのではなく、恥ずかしくて赤くなったようです。

「は、入ってる……。全部入ってる」
彼氏さんは、消えそうな声で言います。
『しょうちゃんの後だと、入ってるかわからなくなっちゃうんだ……。あっ君の細すぎるし、奥に全然届かないんだね』
すみれちゃんは、作り物かと思うほどの綺麗な顔で、ひどいことを言っています。

「ゴメンね。すみれちゃん、小さくてゴメン」
彼氏さんは、申し訳なさそうに謝ります。最初の印象では、すみれちゃんの方が彼氏さんに惚れているような感じでした。でも、彼氏さんは完全に尻に敷かれているような雰囲気です。

『仕方ないよね。ちょっと、動いてみるね』
すみれちゃんは、そんなことを言いながら腰を動かし始めました。上下にうごきはじめると、すぐに、
『あっ、抜けちゃった。ゴメンね。しょうちゃんのより短いんだもんね、同じ動きしたら抜けちゃうよね』
と、謝りました。腰を上げすぎて、彼氏さんのペニスが抜けてしまったみたいです。すると、すみれちゃんはベッドに仰向けで寝転がりました。そして、両脚を拡げながら、
『あっ君がして。頑張って気持ち良くしてくれないと、しょうちゃんに奪われちゃうかもよ』
と、挑発するように言いました。私は、すみれちゃんが見た目とは違って、小悪魔的な性格をしているのだなと感じました。彼氏さんに一途……そんな印象は、間違っていたのかもしれません。

彼氏さんは、すぐに彼女に覆い被さりました。そして、正常位で挿入すると、ハイペースで腰を動かし始めます。彼氏さんのセックスは、正直、弱々しく見えます。動きもキレなく、単調に腰を振っているだけに見えます。
『あっ君、頑張って。気持ち良くしてくれないと、しょうちゃんと連絡先交換しちゃうよ』
すみれちゃんは、彼を煽ります。彼氏さんは、慌てて腰の動きを強くし始めました。
『そう、気持ち良いよ。もっと強く。あっ、ンッ、気持ち良い』
すみれちゃんは、軽くあえぎながらリクエストも飛ばします。彼氏さんは、必死で腰を動かし続けています。
『そう、気持ち良いっ、あっ君、いつもより気持ち良いっ』
すみれちゃんも、徐々に声が大きくなってきました。
『あんっ、あっ、んっ、あぁっ、もっと! もっと奥にっ!』
すみれちゃんは、思わずそんなことを言います。でも、彼氏さんは根元までペニスを入れてピストンをしています。

『ゴメンね。奥までは無理だよね……。あっ君、やっぱりしょうちゃんの方が気持ち良い。変わってもいい? 私がいっぱい気持ち良くなるところ、ちゃんと見ててね』
すみれちゃんは、そんなことを言いました。ショックを受けたような顔になる彼氏さん。でも、素直に彼女の上からどいてしまいました。そして、悲しそうな顔で私を見てきます。

『しょうちゃん、やっぱりしょうちゃんの方が良い。来て……すみれのこと、妊娠させて下さい』
すみれちゃんは、上気してとろけたような顔で言ってきました。それだけではなく、自分でアソコを拡げるような仕草までしています。

細いのに、大きな胸。そして、真っ白な乳房にピンク色の乳首。陥没乳首は完全に勃起して露出しています。そして何よりも、すっぴんなのに息を飲むほどの美しい顔……。現役アイドルの美しさに圧倒されてしまいます。

そんな超絶美少女が、自らアソコを拡げてセックスをねだっている……。そう思うと、私は興奮しすぎて呼吸が荒くなってしまいます。

そして、私はいきり立ったペニスを彼女の膣口に押しつけようとしました。すると、イタズラっぽい笑みを浮かべたすみれちゃんが、
『あっ君、ちゃんと入るように誘導して』
と、彼氏さんに言い始めました。意味がわからずにポカンとしてしまう私の前で、彼氏さんはスッと手を伸ばし、私のペニスを握ってきました。慌てる私。でも、彼はしっかりと私のペニスを握ってすみれちゃんの膣口に誘導していく。

『しょうちゃん、来て。あっ君のより大きなおちんちん、すみれのアソコに入れて下さい』
すみれちゃんは、本当に可愛らし声で言います。甘えたような、媚びるような、なんとも言えない口調です。おそらく、私の人生で、こんなにも美しい女性にこんなことを言ってもらえるのは最後だろうなと思っていました。

私は、彼氏さんに補助されたままペニスを押し込んでいきました。絡みつく膣中のヒダヒダの感触、そして、痛いほど締め付けて来ます。

そして押し込んでいくと、子宮口にぶつかる感触がありました。
『うぅあっ、当たってる。あっ君、しょうちゃんのおちんちん、子宮にギュッて当たってるよ』
すみれちゃんは、はしたない言葉を言います。そして彼氏さんは、興奮しきった顔で私とすみれちゃんの結合部を凝視していました。

「そんなに気持ち良いの? 僕のとは違うの?』
彼氏さんは、悲しそうな声で質問します。すみれちゃんは、
『全然違う。あっ君のは、細くて短いけど、しょうちゃんのはぶっとくて長いんだよ。子宮にググって当たって、本当に気持ちいいの』
おすみれちゃんは、妙に説明的なセリフを言いました。でも、彼氏さんはその言葉に強い興奮を感じているような顔になっています。

「本当に、好きになっちゃったの?」
彼氏さんは、さらにそんな質問をしました。
『なってる。しょうちゃんのこと好きって思ってる。今は、本当にしょうちゃんの精子で妊娠させてもらいたいって思ってる……。ゴメンね』
すみれちゃんは、そんなことを言いながら私にキスをしてきました。小さな舌が、私の口内をメチャメチャにかき混ぜてきます。

私は、興奮状態で舌を絡め腰を振り始めました。
『んっ、ん~~っ』
すみれちゃんは、私とキスをしたままうめき続けます。私は、ペニスの先っぽをすみれちゃんの子宮口にガンガンぶつける勢いで腰を振り始めました。

『んっ、んうぅっ! うぅんぅ~っ』
すみれちゃんは、うめきながらもキスを続けます。彼氏さんは、泣きそうな顔でそれを見つめながら、小さなペニスを限界まで勃起させています。すると、彼氏さんはすみれちゃんの手を握り始めました。
すみれちゃんも、しっかりと彼の手を握り返します。そして、恋人つなぎのように手を握り始めました。

私とセックスをし、キスまでしているのに手をつなぐ……。私は、二人の気持ちが良くわからないなと感じました。でも、すみれちゃんは彼氏さんと手をつないだ途端、さらに膣の締まりが強くなり、うねるような感覚も感じます。

彼氏さんはすみれちゃんと手をつないだまま、
「本当に、妊娠しちゃうよ。もう、中に出してもらうのはやめようよ」
と、弱気な声で言います。
『ダメ。だって、本当に中に出して欲しいって思ってるもん。しょうちゃんに孕ませてもらいたいの。ゴメンね。あっ君のことも愛してるよ』
すみれちゃんは、とろけきった顔で言います。私は、すみれちゃんのことが少し怖くなってきました。私に妊娠させられたいというのが、本気にしか聞こえません。

私は、こんな美少女を妊娠させることが出来る……と、思うと、雄としての喜びを感じます。でも、良いのかな? 芸能活動への影響は大丈夫なのかな? と、冷静な私が心配をしています。

「そんなのダメだよ……。違う人に妊娠させられるなんて、僕は耐えられないよ」
彼氏さんは、悲しそうに言います。すると、すみれちゃんが彼の手を離し、彼のペニスを握り始めました。
『こんなになってるのに? 興奮してるでしょ? 私が他の人に孕ませられるの想像して、興奮しちゃってるんでしょ?』
すみれちゃんは、そんなことを言いながら彼のペニスをしごき始めました。

私は、異常なシチュエーションに興奮しながらも、この先どうなるのだろう? と、不安な気持ちも感じています。
「あぁ、すみれちゃん……。気持ち良いよ」
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


嫁のハメ撮り動画が入ったパソコンを後輩に修理させたら2(転載禁止)

前回の話

膣口にペニスを押しつけたまま動かない雅人。すると、由紀恵が雅人を仰向けに寝かせて上にまたがってしまう。
「あぁっ、ダメです、コンドームつけてないです!」
雅人は、大慌てで言う。由紀恵は、雅人のペニスを膣口に押しつけたまま、
『本当に、秘密にして……お願い』
と言うと、そのまま一気に腰を下ろしてしまった。
『ングゥッ! うぅあ、太いぃ』
由紀恵は、雅人のペニスを根元まで挿入してしまうと、とろけきった声をあげた。雅人も、うめくような声をあげている。私は、ある意味で想像通りになってしまったことに驚いていた。

雅人が脅して由紀恵を襲う……。実際は、由紀恵が誘導しているというか、積極的に襲わせているように感じる。と言うよりも、由紀恵が上になって腰を振り始めてしまっている……。

『あっ、ううっ、凄いっ、当たってる。奥まで入ってるっ』
由紀恵は、そんなことを言いながら腰を振り続ける。
「こんな……先輩に悪いです」
雅人は、動揺した顔で言う。
『でも、こうしないとバラされちゃうんでしょ? お願い、誰にも言わないで』
由紀恵はそう言って、腰を動かし続ける。ディルドでしているときのように、上下に腰を動かす彼女……。ついさっきまでディルドでオナニーをしていたせいか、最初から動きが激しい。
「い、言わないです。ナイショにします」
雅人は、うめくような声で言う。それにしても、本当に立派なペニスだと思う。由紀恵が使っているディルドは、かなりの大きさがある。あんなサイズは、黒人とかでないかぎりあり得ないと思っていた。
雅人のペニスは、ほとんどあのディルドと同サイズに見える。由紀恵の膣を、出入りする他人の巨根。私は、見たいと思っていたものが見られているのに、後悔の気持ちも感じていた。

こんなセックスを経験してしまったら、私とのセックスでは物足りなくなってしまう……。そんな後悔だ。それなのに、私はペニスをしごき続けている……。

由紀恵は、腰を振り続ける。
『あぁ、凄い、こんなの初めて……。気持ち良くなっちゃう。脅されてしてるのに、気持ち良くなっちゃうっ』
由紀恵は、そんなことを言いながら腰を振り続ける。
「凄く気持ち良いです。奥さんの、締まって搾り取られそうです」
雅人は、そんなことを言いながら由紀恵の胸を揉み始めた。
『あっ、ンッ、アンッ、気持ち良い。乳首もっと強くして』
由紀恵は、腰を前後に揺さぶるように動かしながらリクエストをする。雅人は、言われるままに由紀恵の乳首をつまみ始めた。かなり強くつまみながら、時折うめくように声を漏らす雅人。本当に気持ちよさそうだ。
『あぁっ、そう、気持ち良いっ! もっと、もっと強くしてっ!』
由紀恵は、雅人にそんな指示をする。雅人は、さらにつまむ力を強くしていく。由紀恵の薄いピンクの乳首が、つままれていびつに形を変えている。
あんなに強くつままれて、痛くないのだろうか? そんな風に感じるほど、由紀恵の乳首は変形してしまっている。

『あぁっっ、ダメぇ、凄いのっ、気持ち良いっ! トシくんのじゃないのに気持ち良くなってる、ダメなのに気持ち良くなっちゃってるっ』
由紀恵は、そんなことを言いながらも腰を振り続ける。私とセックスしているときよりも、とろけた顔で腰を振る由紀恵……。私は、この時点でもう負けているんだなと感じていた。

「僕が上になっても良いですか?」
雅人は、遠慮がちに聞く。由紀恵は、
『そうしないと、バラされちゃうんでしょ? わかりました』
と、怯えたような声で言いながら彼の上からどいた。そのまますぐに、由紀恵はソファに身体を預けるような形で四つん這いになった。
『後ろから犯されちゃう……』
由紀恵は、そんな風に言いながらお尻を突き出すようにする。由紀恵は、雅人に上になりたいと言われているのに、自分の好きなバックの格好になっている。イヤラシく、はしたなくお尻を突き出す由紀恵……。雅人は、興奮したような顔で由紀恵のお尻を見つめている。
天井を向くほどいきり立ったペニスは、時折縦にビクンと揺れる。彼が、強く興奮しているのが伝わってくる。
『あぁ、ダメ……しつけられちゃう……。トシくんのより大きなおちんちんで、しつけられちゃう』
由紀恵は、震えるような声で言う。でも、恐怖で震えているの訳ではないのは明白だ。

雅人は、言葉もなくペニスを握って由紀恵の膣に押しつける。そのまま、一気にペニスを挿入すると、興奮しきった顔で腰を振り始めた。
『ううぅんっ、ンうぅっ!』
由紀恵は、さっきまでとは違い、歯を食いしばるようにして声を抑えている。ソファの肘置きのあたりを握りしめながら、うめくように声をあげる由紀恵……。この場面だけを見ていると、本当に脅されて犯されているように見える。

「い、痛いですか?」
由紀恵の様子を見て、雅人が心配そうに聞く。
『お願い、ひどいことしないで。中に出すのだけは……。それ以外は何でも言うこと聞きますから』
由紀恵は、苦しげにも聞こえる声で言う。会話がまったくかみ合っていない感じだ。

でも、雅人は何か感じたようで、由紀恵の腰のあたりを鷲づかみにして荒々しく腰を動かし始めた。雅人が由紀恵の腰を引きつけるようにしながら腰を振るので、肉がぶつかる音が大きくなった。そして由紀恵も、
『うぅうっ!! ンうぅっ、うぅああっ、あっ、ダメぇ、突き抜けちゃうぅっ』
と、大きくあえぎ始めた。雅人は、そのまま腰をガンガン振る。由紀恵の身体は徐々に前にずれていき、ソファの座面に身体を完全に預けるような形になった。雅人は、上から打ち下ろすような角度で腰を振り続ける。ますます犯されているような姿になってきた。

『ダメぇ、こんなの凄すぎるっ、あっ、アンッ、奥が潰れちゃうっ、子宮壊れちゃうっ』
由紀恵は、そんなことを言いながらも本当に気持ちよさそうな顔になっている。雅人は、腰を振り続ける。力強く、長いストロークで腰を振り続ける。

『うぅっ、あぁっ、んぉおっ、おぉおぉお゛っ! イクっ! イクっ! あなた、ごめんなさいっ、イッちゃうっ! 由紀恵イッちゃうっ!!』
由紀恵は、そんな言葉を口にしながら身体をガクガクッと震わせた。乱暴にされる方が、感じる女性がいるとは聞いていた。でも、由紀恵がそのタイプだとは知らなかった。

私は、由紀恵が謝りながらもイッてしまった姿を見て、堪えきれずに射精をしてしまった。強すぎる快感に、うめき声をあげる私。寝室で寝ている由紀恵に気がつかれないように必死で声を抑えたが、どうしても漏れてしまう。

動画の中では、雅人が動きをとめた。
『どうしてやめるの? まだイッてないでしょ?』
動画の中の由紀恵が、ソファに崩れ落ちたまま質問する。
「え? だって、奥さんもうイッたから……」
雅人は、落ち着きのない声で言う。
『でも、まだ出してないでしょ?』
由紀恵は、質問を重ねる。
「は、はい。でも、コンドームもつけてないし……」
雅人は、弱々しい声で言う。脅して犯しているような感じではなくなってしまった。

『すっきりしないと、モヤモヤして誰かに話しちゃうかも……。ねぇ、ベッドに行かない? ここだと、落ち着かないし……』
由紀恵はそう言うと、立ち上がって雅人の手を引っぱる。そして、二人は移動を始めた。私は、すぐに動画ファイルを切り替えた。寝室の動画を確認すると、二人が入ってきた。二人とも、全裸になっている。寝室に入る前に、脱いだようだ。

「やっぱり、マズいんじゃないですか?」
雅人は、おどおどしたような顔で言う。
『うん。すっきりしないまま返したら、バラされちゃう……マズいわ』
由紀恵はそう言うと、雅人に抱きつくような格好になる。そしてそのまま引き込むようにしてベッドに倒れ込んでいった。夫婦のベッドの上に、他の男と抱き合っている由紀恵……。私は、まさかの事態に戸惑うばかりだ。
脅されて犯されるかもしれないと思って始めた事だったが、まさか由紀恵の方がリードする事は想定していなかった。

「い、入れます」
雅人は、興奮しきった声で言う。
『お願い……ひどいことはしないで……中だけは……』
由紀恵は、怯えたような声で言う。でも、顔はトロンととろけたような感じのままだ。

雅人は、そのまま生のペニスを挿入していく。由紀恵は、自分から脚を広げるようにして彼の挿入を受け止めている。
『うぅあっ、ダメぇ、奥まで突かれたおかしくなっちゃう』
由紀恵は、とろけた声で言う。雅人は、そのまま腰を振り始めた。
『あっ、ンッ、アンッ、ダメぇ、奥は突かないで、感じちゃう、気持ち良くなっちゃうから、ダメなのに、感じちゃダメなのにぃ』
由紀恵は、苦しげな声で言う。雅人は、その言葉に反応するように、腰を押しつけるように動かし始めた。少しでも奥の方にペニスを入れるような動きだ。
『うぅあっ、あっ、んぅっ、んぉぉんっ、ダメぇ、奥はダメなの、か、感じちゃう、あなた、ごめんなさいっ』
由紀恵は、妙に芝居がかった口ぶりだ。そんなことを言うことによって、さらに興奮が増しているような感じがする。

「あぁ、凄い。気持ち良いです。奥さんの、信じられないくらい名器です」
雅人は、そんなことを言いながら腰を振る。長いストークと、力強い動き。私は、まるで勝ち目がないなと感じながらも、興奮したまま由紀恵が犯されるのを見つめている。

『キ、キスは許して。お願い、キスだけはしないで』
由紀恵は、雅人の顔をまっすぐに見つめながら言う。上気した顔。潤んだような瞳。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


2号室の奥さんは、私の中に射精したいの? と聞いてくるネトラレ妻だった2

「そりゃあ、もちろん、空になるまで、ぜひ射精したいです!」

「うふふ、今夜だけの関係だよ」

優子さんは俺の手を取り、自分の胸に宛てがった。
それだけで股間ははち切れそうに勃起しているのに、さらに俺の手のひらを乳房に押しつけて重ねた自分の手を動かす。
初めて揉む、ふくよかで柔らかな乳房。
ノーブラなので乳首の感触がダイレクトに伝わる。
俺の手で包みきれないくらい大きいオッパイだ。

【続きを読む】

2号室の奥さんは、私の中に射精したいの? と聞いてくるネトラレ妻だった1

学校を卒業して、とあるゼネコンに入社した。
今から約20年ほど前のことだ。
具体的に言うと500円硬貨が出回った年だ。

最初、本社で3ヶ月の業務研修があり、その後同期入社約80名は全国7ヶ所の各支店に配属となった。
宿舎となったアパートは、2階建てで4戸入り。
2階建ての一戸建て住宅が4軒繋がっているような形状。

【続きを読む】

#酔い潰れた僕に隠れて、嫁に手コキを教えるアイツ4(転載禁止)

前回の話

射精しながら、必死で声を抑える僕。画面の中では、まだ嫁が直人とキスを続けている。僕は、まさかここまでエスカレートしてしまうなんて思っていなかった。

『やっぱり、凄いんだね。こんなの、初めてだよ』
嫁は、直人にそんなことを言う。
「でしょ? 一回経験すると、このサイズじゃないと物足りなくなるって言われるよ」
直人は、自信に満ちた口調で言う。

【続きを読む】
[ 2020/02/26 18:05 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

▲不妊に効くと噂のマッサージを受けた嫁が、敏感な身体になって帰ってきた4(転載禁止)

前回の話

ぐったりと横たわる真冬。膣には太いディルドが突き刺さったままだ。
「大丈夫ですか?」
男性が、落ち着いた声で聞く。真冬のこんな姿を見ても、興奮している様子もない。夫としては、それにも複雑な思いを抱いてしまう。
『……大丈夫です。ごめんなさい、はしたない声出しちゃって……』
真冬は、弱々しい声で言う。僕は、そんな真冬を見てオナニーをやめた。

【続きを読む】
[ 2020/02/15 10:41 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

#真面目な営業さんとミニスカの嫁を二人きりにしてみた3(転載禁止)

前回の話

『たっちゃん、もっと固くなってきたよ。脱がせるね』
優花はそんな風に言うと、僕のズボンを脱がせてきました。あっという間にむき出しになるペニス。すでに射精しそうなほど勃起してしまっています。
画面の中では、ソファに座った優花が宮田さんにクリトリスのあたりを舐められ続けている。彼の髪をグチャグチャに掴みながら、あえぎ声を漏らしてしまっている優花……。必死で声を堪えようとしているが、我慢出来ずに漏れてしまっているような感じだ。


【続きを読む】
[ 2020/02/10 23:08 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

幼馴染みが、彼は裏切れないけどお口ならいいよと、謎理論を言ってきた

若かりし日の話(23歳)だが、自分には小学校から同級生だった幸子という女が居た。

なぜか妙に仲良くて、付き合うとかはないが離れない関係だった。

幸子が大学を出た後からメールが来るようになり、幸子から彼氏の相談とかをされたりした。

そして、夜にちょくちょく近所で会ったりしてた。

車の中で話を聞いたりしてたが、ムッチリした太ももや、意外にありそうな胸を見てたら男なら…ね。

【続きを読む】
[ 2020/02/06 03:00 ] 幼馴染みとの体験談 | TB(0) | CM(-)

隣に停まった車の中で、まだ若すぎる姉弟がエロいことを始めた

小5の夏休み、家族で海水浴に行った。
とても暑い日だった。
俺だけ少し気分が悪くなって車の中で寝ていた。
駐車場は日陰になっていて、ワゴン車の片側のスライドドアを開けていたので涼しかった。

だいぶ良くなった頃に騒がしい声がした。
隣に駐車していた車に誰か戻ってきたようだ。

【続きを読む】

#酔い潰れた僕に隠れて、嫁に手コキを教えるアイツ3(転載禁止)

前回の話

僕は、夢中で嫁の口内をかき混ぜ続けた。微妙に感じる生臭い味。嫁はラップ越しのフェラの途中、ラップを破ってしまい、結局生フェラをしていたと言うことなのだと思う。そして、口内射精をされて少し飲んでしまった……。

僕ですらしてもらったことのない行為……。僕は、嫉妬でおかしくなりそうだった。その嫉妬をぶつけるように、激しく腰を振った。
『あっ、あんっ、剛、すごいっ。いつもより激しいよ、どうしたの? あぁっ、ダメぇ、気持ち良いっ』
由紀恵は、本当に気持ちよさそうにあえいでくれる。僕は、嫉妬心を燃やしながらも、由紀恵のあえぎ方に嬉しいという気持ちも感じていた。

【続きを読む】
[ 2020/02/03 21:02 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

職場で俺のことをバカにしてるクソ野郎の彼女を毎日の様に犯してる

職場で俺のことをバカにしてるクソ野郎の彼女を毎日の様に犯してる。
昨日ついに中出しして、今も興奮冷めやらぬから初エッチについて投下。
俺は26歳の178cm90kgとちょっとデブで、同期の黒縁メガネに小馬鹿にされている。

【続きを読む】
[ 2020/02/03 08:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

宿直バイトの後輩女医のところに差し入れをもっていったら刺し入れすることにw

数年前のGWの話だ。

おれは某大学病院勤めの外科系医師。

GWは独身の若手はバイト病院で日当直をやるのが当たり前だった。

おれは某病院で朝までの当直を終え日中はフリー、 夜から明け方まで趣味の釣りに行く予定だった。

【続きを読む】

ちょっと足りないけど、美人な姉妹を姉妹丼セフレにした

ちょっとオツムが足りない天然美人姉妹二人をセフレにしましたw
俗に言う姉妹丼ですね。

ちょうど一週間ぐらいの前の話です。
松井玲奈そっくりの妹の花音は疲れて眠り、時間は深夜0時過ぎ。
デリヘルの出勤から戻ってきた川島海荷似の姉の莉子が自宅に入ってきました。
そう、姉はデリヘル嬢なんです。
私の命令で、お客さんとは本番をしないようキツく言っておきました。

【続きを読む】
[ 2020/02/01 19:00 ] 男性の体験談 複数体験談 男性 | TB(0) | CM(-)

△嫁に露出狂のような格好をさせて、後輩を家に招いてみた完(転載禁止)

前回の話

『いっぱい出たね。量だけなら、雅くんの勝ちだね』
真希は、指に絡みついた精液をもてあそびながら言う。雅俊は、射精して放心状態のまま、真希の口の端に付着した精液を眺めていた。すると、悠人が真希の後ろに回り込み、彼女のブラウスのボタンを外し始めた。
あっという間に全裸になった真希……。細いウェストと、大きめの胸。本当に、抱き心地の良さそうな身体をしている。悠人は、後ろから真希の胸を鷲づかみにして優しく愛撫し始めた。

【続きを読む】
[ 2020/02/01 11:01 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
検索フォーム
カテゴリ
動画ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
1位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

管理人:寝取られ好き
寝取られ体験談、痴漢体験談、人妻体験談等、オリジナルの作品も多数紹介。管理人の好みの作品もアーカイブします。

Twitterフォロー