月別アーカイブ  [ 2019年07月 ] 

≪ 前月 |  2019年07月  | 翌月 ≫

嫁と俺の共通の友人が、嫁を気軽に使っていた3(マガブロ 転載禁止)

前回の話

トシくんは、心配そうな顔で、
「い、痛いですか?」
と、質問する。彼の拳は、完全に真央の膣中に入ってしまった状態だ。
『平気よ。気持ち良すぎて死んじゃうかと思ったわ』
真央は、男の子の腕を膣中に収めながらも、そんな風に答える。痛そうな感じはまるでない。いくら子供の拳とは言え、ペニスに比べると遙かに大きい。それに、ゴツゴツして固いはずだ。

「動かしますか?」
トシくんは、少し怯えたような感じで質問する。
『動かして。死んじゃうって言っても、やめちゃダメよ。死なないから安心して』
真央は、そんな風に答えた。俺は、真央のこんな一面を知らなかった。正彦とセックスをしていることも衝撃的だったが、まだ理解は出来る。でも、いま真央がやっていることは、理解の遙か外だ。俺は、まったく理解出来ないのに、それを見て激しく興奮し、しごいてもいないのに射精までしてしまった。
自分自身のことも理解出来ないような状況だ。

トシくんは、怯えたような顔をしながらも、すぐに腕を動かし始める。
『ンオォおおっ、太いぃ』
真央は、目を剥くような顔であえぐ。ソファの上で、のけぞるような格好になりながらあえぐ真央……。いつも一緒に過ごすリビングで、こんなことをしている真央に、俺は信じられない気持ちばかりが大きくなる。

トシくんは、怯えたような顔のままでも、腕を動かし続ける。まるで、真央の体内から何かを引っ張り出そうとしているような行動に見えてしまう。

『ンオォオオッ! おぐぅっ、うぅっ! うぅ゛っ! 壊れるぅっ』
真央は、気持ちよさそうな感じを通り超えて、死んでしまいそうな声であえぎ続ける。本当に気持ちいいのか、わからなくなってしまいそうなあえぎ方だ。

「奥、降りてきてます」
トシくんは、怯えたような感じの声で言う。真央は、信じられないほどとろけきった顔で、
『掴んで! 子宮、握ってっ!』
と、叫ぶ。俺は、そんなものが握れるのだろうか? と、驚いてしまった。でも、トシくんはハイと返事をする。同時に、真央が身体を内側に曲げるようなリアクションをしながら、
『おぉおおお゛お゛お゛ぉっ!! イグっ! イグぅぅっ!!』
と、叫んだ。トシくんは、そんな状況でもさらに腕を動かし続ける。すると、彼の腕の動きに合わせ、真央が潮を吹き始めた。まるでホースをつまんだような勢いで飛び散る透明のしぶき。
トシくんは、顔中潮まみれになりながらも、さらに腕を激しく動かし続ける。
『イグッギウッ! イグゥうぅぁあぁぁあぁっ!!』
真央は、身体をくの字に折り曲げるようにしながら叫ぶ。トシくんは、どこにそんなパワーが秘められたいたのかわからないくらいの力強さで腕を動かし続ける。

真央は、全身が硬直したような感じに不自然な体勢になる。でも、トシくんは腕を動かし続けている。もう、真央のアソコはグチャグチャで、床も液だまりが出来るほど濡れている。

『イグっうぐッ! オマンコ壊れるっ! 子宮、潰れちゃうぅっ!!』
真央は、泣き声で叫ぶ。そして、身体をガクガクと痙攣のような感じで震わせている。トシくんは、それでも必死で腕を動かし続ける。すると、真央が身体を一気に仰け反らせながら痙攣した。

真央は、さっきまでの断末魔のようなあえぎ声が消え、急に静かになってしまった。トシくんは、ゆっくりと拳を引き抜いていく。ポッカリと穴が開いたようになっている真央の膣。ピンク色の肉壁がうごめいているのがわかるような感じすらする。

「だ、大丈夫ですか?」
トシくんは、心配そうに質問する。真央は、すぐに返事をすることが出来ない。でも、トシくんに揺さぶられ、
『大丈夫よ。じゃあ、次はトシくんの番だね。どうする? こっち、ガバガバになってるから、後ろでする?』
真央は、弛緩したような口調で言う。俺は、その言葉に驚いてしまった。後ろ? アナルのことだろうか? まさか、そんなことまで? 俺は、一瞬でパニックになってしまった。

「したい! 僕としか、してないんだよね!」
トシくんは、そんな言い方をする。もう、あまりおどおどとしていない感じだ。失神するまで真央を責めたことで、自信を持ったのかもしれない。
『そうよ。後ろはトシくんだけよ。誰にも入れさせてないわ』
真央は、優しい顔で言う。正彦としている時とは、まるで違う顔だ。
「嬉しい! お尻は、僕以外としちゃダメだからね!」
子供の無邪気さで言うトシくん。真央は、そんな彼を見て、優しい笑みを浮かべている。まるで、母親のような母性を感じさせる笑みなのに、やっていることはメチャクチャだ。

真央は、慣れた動きで、当たり前のようにソファの座面に突っ伏し、四つん這いになる。
『綺麗にしてあるから、すぐに入れて良いわ』
真央は、当たり前のように言う。俺は、真央がアナルの処女を失っていたことに衝撃を受けてしまった。そして同時に、激しい嫉妬と興奮で居ても立ってもいられず、ペニスを取り出してオナニーを開始してしまった。
さっき、パンツの中にぶちまけてしまったので、すでにグチャグチャになっている。そんなペニスを、狂ったようにしごく俺。衝撃が大きすぎて、俺はおかしくなってしまったのかもしれない。

「うんっ!」
トシくんは、元気いっぱいに返事をすると、そのまま真央の後ろに回り込む。そして、その大人顔負けのペニスを真央のアナルに押し当てていく。

ハッキリ言って、トシくんのペニスは大きい。子供とは思えないサイズで、俺のものよりも確実に大きい。そんなペニスが、あっと思う間もなく、真央のアナルに一気に滑り込んでしまった。
『んっ! うぅあぁ、気持ちいい。トシくん、お尻も気持ちいいわ』
真央は、痴女のような口調で言う。でも、膣に拳を入れられた時と比べると、かなり余裕があるようだ。
「気持ちいいよ。真央さん、キツキツだね」
トシくんは、嬉しそうに言う。そして、すぐにペニスを出し入れし始める。最初から、かなり激しいピストンをする彼。でも、真央は痛そうな素振りすら見せず、普通にあえぎ始めてしまった。
『そうよ、もっと突き上げて。あぁ、そこ、気持ちいいわ』
真央は、気持ちよさそうにあえぎながら指示を出す。フィストファックの時とはまるで違うリアクションだ。

トシくんは、子供とは思えないような滑らかな動きで腰を振る。俺は、そんな彼に嫉妬を感じてしまった。俺よりも、真央を気持ち良くさせている。俺では、真央をこんなに感じさせることは出来ない……。そんな敗北感を感じながらも、俺はすでにイキそうになってきている。

「真央さん、前向きになってください」
トシくんは、腰を振りながらお願いをする。すると、真央は良いわよと言って体勢を変え始める。バックでアナルを貫かれているのに、挿入したまま体勢を入れ替える真央……。結局、ペニスを抜くことなく正常位に移行してしまった。

まだ子供の彼なのに、何センチのペニスを持っているのだろう? 悔しいという気持ちよりも、羨ましいと感じてしまった。
『どうしてこっちの方が良いの?』
真央は、アナルにトシくんのペニスを受け入れながら、妖艶な笑みを浮かべて質問する。どちらかというと、清楚というか真面目な感じのする真央が、こんな淫らな表情をすることを知らずにいた。

「そ、その……キス……したいです」
トシくんは、おどおどしながら言う。俺は、キスという言葉に過剰に反応してしまった。正彦とした時は、一切キスはなかった。気持ちが通っているような気配もなかった。ただの性欲処理……そんなセックスだった。

俺は、キスしたいと言ったトシくんに、やめてくれと声が出そうになっていた。
『ダメよ。キスはダメって言ったでしょ。キスは、好きな人とするものよ』
真央は、意外なことを言い始める。
「僕のこと、好きじゃないの?」
トシくんは、すねたような感じで言う。
『好きよ。でも、もっと好きな人がいるわ。言ってるでしょ』
真央は、言い聞かせるように言う。
「でも、パパさんとはお尻でしてないんでしょ? 僕しかしてないんでしょ?」
トシくんは、駄々っ子みたいだ。
『そうよ。トシくんのこと好きだから、お尻はトシくんのものなのよ。それで我慢して』
真央は、そう言ってトシくんのおでこにキスをした。トシくんは、少し不満そうにうなずくと、腰を動かし始める。すぐにあえぎ始める真央。

俺は、正直驚いていた。キスは、俺としかしない……。俺のことが一番好き。真央が、そんなことを言ってくれたことに、素直に嬉しいと思っていた。

トシくんは、真央の顔を見つめながら腰を振る。真央は仰向けになっているので、大きな胸がユサユサと揺れるのがわかる。
『気持ちいいわ。お尻、本当に気持ちいいの。トシくん、もっとして。おばさんのお尻、メチャクチャにして』
真央は、そんな風に言う。おばさんと言う歳でもないけど、トシくんとの一回り以上違うので、仕方ないかもしれない。

トシくんは、力強く腰を振る。彼は、身長もまだ真央より低いと思う。そんな彼が、頑張って腰を振っている。俺は、子供にアナルを犯されている真央を見て、正彦の時よりも興奮してしまっている。

トシくんは、腰を振りながら真央のアソコも触り始めた。動画の小さな映像でも、真央のクリトリスが大きくなっているのがわかる。
『そうよ、上手よ。あぁ、気持ちいいわ。トシくん、本当に上手よ。キミとエッチするのが一番気持ちいいかも』
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


妻が風俗通いの友人に、もったいないから私がしてあげると言い始めた完(マガブロ 転載禁止)

前回の話

結局まさみは、アキオの専属風俗嬢みたいになってしまった。年間パスポートのような感じでわずかなお金をアキオから受け取り、好きな時に好きなだけサービスを受けられるようにしてしまった。

今日も、アキオは家族のように一緒に食事をし、食事が終わると私が子供達をリビングで遊ばせる。食卓には、アキオとまさみが座っていて、2人でワインなんかを飲んでいる。

私は、子供達とボードゲームを始めた。楽しそうに遊ぶ子供達。まさみ達には背を向けた状態だ。私は、真正面からまさみ達を見ている格好になっている。


2人は、目を盗むようにキスを繰り返す。舌を絡めるイヤらしいキスをしながら、私と目が合ったりする。まさみは、私と目が合うと、恥ずかしそうにうつむき頬を赤くする。

私が見ているのも気にせずにキスを繰り返す2人を見て、ただただ興奮していた。いたずらっぽくキスをするまさみ。本当に楽しそうだ。私に見られるのも、楽しむためのスパイスになっているような感じだ。

私は、子供たちとボードゲームをしながら、チラチラと二人の行動を見つめる。すると、まさみがテーブルの下に潜り込み、アキオのペニスを舐め始めてしまった。
子供達からはソファが邪魔で見えないと思うが、それでもリスキーな行動だと思う。まさみは、アキオの大きなペニスを愛おしそうに舐めている。丁寧に根本からカリ首まで舐める姿は、風俗嬢そのものだ。
アキオは、時折まさみの頭を撫でたりしながら、気持ちよさそうな顔になっている。まさみは、大きく口を開け、アキオのペニスをくわえ込んでいった。

まさみは、すっかりとフェラチオが上手になってしまった。こんな風に喉の奥まで使いフェラチオをする姿は、本職の風俗嬢みたいだ。

私は、ゲームに集中するのが難しくなりながらも、何とか子どもたちに怪しまれないように務めた。そんな私の気持ちなど関係なく、まさみはフェラチオを続けている。
すると、まさみの頭の振り方が激しくなる。アキオは、目を閉じて快感を感じている。そして、少しするとアキオが小さく身体を震わせた。

まさか、この状況で射精までするとは思っていなかった。私は、唖然としながらも、激しく勃起している……。まさみは、にやついた顔で私を見ている。まさみの口は閉じたままだ。
まさみの口の中には、他の男の精液が入っている……。そう思うと、嫉妬で身もだえしそうだ。まさみは、椅子の上に戻ると、私を見つめたまま口を開ける。

でも、角度や照明の加減で、口の中は見えない。真っ暗なままだ。私は、小さく頭を振り、見えないことをアピールする。すると、まさみは手の平に口の中の精液を吐き出し始めた。たっぷりの量の精液が、まさみの手の平に流れ出ていく。
私は、臭いがしてしまうのではないかと心配になる。でも、すぐにまさみは手の平に口をくっつけ、すすり取り始めてしまった。

そして全部をすすり取ると、また大きく口を開けて口の中を見せてくる。暗くて見えないが、なにもなく空っぽなのはなんとなくわかる。

まさみは、少し照れた顔で私を見つめている。私は、他人の精液を飲んでしまったまさみに、強い嫉妬のような感情を持っていた。

そして、子供達とのゲームが終わる。時間も遅くなってきたので、子供達をお風呂に入れて寝かしつけ始めた。それも、全部私がしている。2人は、リビングに入ったままだ。

子供達が寝付いた後、リビングに戻ると、まさみは全裸になってアソコを舐められていた。元々薄目だったヘアは、ツルツルに剃り上げられている。それも、アキオが舐めやすくするためだ。
自分の妻が、他の男のために剃毛する……それは、夫としては屈辱以外の何物でもない。

『あっ、パパ。ゴメンね。我慢出来なくて先に始めてたの』
まさみは、とろけきった顔で言う。どのタイミングから舐められているのかわからないが、焦点の合っていないような目や、内股まで濡れて光っているところから考えると、けっこう長時間舐められ続けていたみたいだ。

舐めるのをやめて振り返ったアキオの口の周りも、ヌラヌラに光っている。

『パパ、先に入れる? アキオの後だと、入ってるかどうかわかんなくなっちゃうから』
まさみは、そんな提案をしてくれる。私は、もう恥も外聞もなく、うなずいて服を脱ぎ始めた。
何度やっても、この時が一番恥ずかしいし、劣等感を感じる瞬間だ。裸になった私。ペニスは完全に勃起している状態だ。私のペニスに注がれる2人の視線。同じように裸になっているアキオのペニスは、本当に大きくて立派だ。

比較されているんだろうな……。そんな気持ちで、悲しくなってしまう。でも、私はそんな妄想を振り払いながら、ソファで脚を広げて待つまさみに覆い被さっていった。そのまま一気にペニスを突き立てると、
『アンッ。パパ、固いよ。もう、爆発しちゃいそうだね』
と、嬉しそうに言ってくれる。アキオが見ていることにも、なにも感じていないようだ。もう、夫婦の性生活まで変わってしまった感じだ。

私は、なるべく奥に入るように身体を押しつけていく。でも、先端が突き当たりに触れる感触は皆無だ。まさみは、
『無理しないで。届かなくても気持ちいいよ』
と、優しい笑みを浮かべて言ってくれる。でも、その言葉が私をより追い詰めていく。

私は、それならばと、身体を起こし気味にしてGスポットを刺激するように腰を動かす。
『あっ、んっ、気持ちいい。そこ、もっとこすって』
まさみは、気持ちよさそうな声をあげてくれる。最近、まさみは感度が上がってきている感じだ。私のペニスでも、かなり感じてくれる。でも、先にアキオが挿入した後だと、あまり感じてくれない……。

『パパ、気持ちいい。締めるね。我慢しなくて良いからね。いっぱい出して』
まさみは、そんな風に優しく言ってくれる。でも、私はその言葉を、早くアキオと交代して欲しいと言う意味に取ってしまう。

まさみは、力を入れるような顔になる。すると、まさみの膣が信じられないほど強烈に締まり始める。まさみは、アキオの提案で膣を締めるトレーニングをしている。もう、2ヶ月くらい継続してトレーニングしているようだ。その結果、彼女が膣を締めると、手で握られているような強い圧迫感を感じるようになった。
私は、すぐにイキそうになってしまい、情けないうめき声が漏れる。
『良いよ、イッて。出して』
まさみは、そんな風に言いながら、私の乳首を舐め始める。さらに快感が増し、私はもう我慢出来なくなってきた。まさみは、私に荒々しくピストンされながらも、冷静に乳首を舐め続けてくれる。
私のセックスでは、我を忘れるほど感じることはない……。それを、あらためて見せつけられている感じだ。そして、私はうめきながら射精を始めた。

搾り取られるような、強烈な締め付け。快感も、かなり強い。私は、うめきながらまさみの中に注ぎ続けた。
『フフ。いっぱい出たね。パパ、愛してる。じゃあ、交代して』
まさみは、優しくそう言ってくれるが、余韻もなく、すぐにアキオと変われという。その顔は、期待にほころんでいる感じだ。

私は、言われるままにまさみの上からどいた。まさみの膣は、すごく濡れている。そして、私が放った精液が、流れ出てきている。
アキオは、そんなことを気にすることもなく、すぐにまさみの膣にペニスを挿入し始めた。ゆっくりと、ズブズブと埋まりこんでいく太いペニス。
つられて、陰唇が巻き込まれそうになる。すると、まさみが両手でアソコを拡げるような動きをする。他の男のペニスを、はしたない格好で迎え入れるまさみ……。私は、嫉妬で息が苦しくなってしまう。

すると、アキオはペニスが半分ほど入った状態でピストンを始める。
『うぅっ、あっ、太い、拡がってるよぉ』
まさみは、そんな半分のストロークでも、とろけきった顔になっている。私のペニスでは、こんな顔になることもない。

「メッチャ子宮降りてきてるじゃん。これだったら、アイツのでも届くんじゃない?」
アキオは、そんな挑発的なことを言う。
『ううん。届かないよ。ギリギリ届かないの。だから、余計にモヤモヤしちゃうの』
まさみは、切なげな声で言う。
「入れてるのに、逆に欲求不満になるって事?」
アキオは、そんな確認をする。
『そ、そんなことは……。ねぇ、もっと奥まで入れて。おかしくなっちゃうよぉ』
まさみは、話をごまかすように、媚びた声でおねだりをする。夫の私の目の前で、他の男に媚びる妻……。半年前の私なら、そんなことは想像もしなかったと思うし、怒りを感じるような事だったと思う。
でも、今の私は、まさみが他の男に牝の顔を見せることを楽しんでしまっている。私には見せない顔……。そう思うだけで、ペニスが石のように硬くなってしまう。

すると、アキオがいきなりペニスを根元まで突き入れた。
『ンォオオッ、イ、イッちゃったぁ、おチンポ子宮に当たってるのぉ』
まさみは、目を剥くような顔になりながら、とろけきった声をあげる。爪先がギュッと内側に曲げられていて、本当にイッてしまったんだなとわかる。

私が、夢中で腰を振り続けてもイク事のないまさみ……。アキオは、たった一突きでイカせてしまう。対抗心を持つのもバカバカしくなるほどの、圧倒的な違いだ。

「まさみ、感じすぎだって。これじゃ、俺が風俗嬢みたいじゃん」
アキオは、まさみを呼び捨てにしながらそんなことを言う。いつの間にか、2人は呼び捨てでお互いを呼ぶようになっていた。私は、本当にまさみを奪われてしまうのではないかと、かなりドキドキしてしまう。
『ゴメンね。だって、アキオのおチンポすごすぎるんだもん』
まさみは、うわずった声で言う。そして、むしゃぶりつくようにアキオにキスをした。絡み合う2人の舌。そういえば、私はさっきのセックスで、まさみとキスをしていない。私は、理不尽さを感じながらも、2人の濃厚なキスを見続けていた。

アキオは、キスをしたまま腰を振る。まさみは、アキオにしがみつくように抱きつき、必死で舌を使っている。風俗代わりだったはずが、恋人や夫婦がするような、感情のこもったセックスになってしまっている。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


高一の時に友達の家に遊びに行き、お母さんで卒業しました

高1の時に、友達に家に泊まりに行ってたときのことだ。
その友達のお母さんは38歳で、でも38歳とは思えないほど若く綺麗だった。

前にパンチラを見てから凄く気になってしまっていた。
今日も見れるかなと期待して友達の家に行くと、友達の親はいなかった。

その日友達のお父さんは仕事の泊まりでいなくて、お母さんは仕事で遅くなっていて、僕と友達だけだった。
友達は11時ぐらいに寝てしまい、僕は一人になり暇だったので、友達の親の寝室に行き、友達のお母さんのパンツを見つけて凄く興奮していた。

【続きを読む】

□連帯保証人になった私のせいで、妻がM性感で働くことに3(転載禁止)

前回の話

『私ばっかり気持ち良くなっちゃって、ごめんなさい』
優花は、甘えたような声で言う。そして、康介と対面座位で繋がったまま、媚びるような態度を取っている。
私は、信じられないほど大量に射精をしてしまった事に驚きながらも、優花の動画から目を離せずにいた。優花は、甘えた声で、
『お兄さんのおチンポ、本当に素敵です。気持ち良すぎてすぐイッちゃいました』
と、言う。康介は、本当に嬉しそうに、
「ミライちゃんも、すごく気持ちいいよ。腰の動かし方、ヤバいよね」
と、言う。風俗嬢の言葉を真に受けて嬉しそうにするところに、彼の純粋さが見えた気がする。

【続きを読む】
[ 2019/07/29 20:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

#彼女をバイト先の男性に抱かせたら、マゾ調教されてしまいました4(転載禁止)

前回の話

ひな子は、牧村さんのことを大好きだと叫びました。そして、膣中に射精して欲しいとも言いました。僕は、あっけなくひな子の手でイカされて、情けないやら気持ちいいやらで感情が上手くまとまりません。

ひな子は、全裸のまま微笑んでいます。牧村さんの趣味でパイパンにされてしまったアソコ。そして、膣口からは真っ白な精液が流れ出ています。

そして、画面からは、むせび泣くような声であえぎ続けるひな子が映っています。ひな子は、立ちバックの体位のまま、無我夢中で腰を振っています。牧村さんは、まったく動くこともなく、ただ立っているだけです。

【続きを読む】
[ 2019/07/29 13:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

△セックスが出来なくなった嫁が、オナホで抜いてくれるようになった本当の理由2(転載禁止)

前回の話

私は、あまりの快感にうめき声をあげてしまった。そして、こんな状況で、直人って誰だ? と、思っていた。涼子は、ディルドでイク時、確かに直人と叫んだ。それは、心当たりのない名前だ。

画面の中では、涼子がディルドを膣に差し込んだまま、グッタリと横たわっている。どう見ても、かなり膣奥深くまで入り込んでいる。

涼子は、性交痛があるはずだ。それが原因で、ここ何年も私とまともにセックス出来ていない。そういうことだったはずだ。それなのに、涼子はあんなに大きなディルドでオナニーをしている。痛みなんて、まるで感じていないような動きだった。

【続きを読む】
[ 2019/07/19 01:25 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

ウリの女子高生に間違えて声をかけられて

夕方のまだ明るい頃だった。
俺は駅前のガードレールに腰を掛けて携帯をいじっていた。
誰かを待っていたわけでもなくただ暇をもてあましていた。
するとあからさまに短いスカートを履いた女子高生に声をかけられた。
黒くて長い髪で目元がキリッとした女の子だった。

【続きを読む】
[ 2019/07/17 00:00 ] 男性の体験談 年下やロリとの体験 | TB(0) | CM(-)

私は、主人よりも義父の巨根に夢中です2

10年前のことを思い出しながら書いていますので、話が前後してしまうこともあります。
ごめんなさい。
どうか飽きずにお付き合いください。

義父と初めてセックスをした後、私たちはベッドの中でしばらく話をしていました。
義父は、義母の入院により私と2人きりの生活になってから、私を抱くことばかり考えていたそうです。

【続きを読む】

私は、主人よりも義父の巨根に夢中です1

37才の主婦です。
私は義理父、つまり主人の父親とセックスをしています。
主人は44才、義理父は67才です。
もちろん主人には内緒です。

【続きを読む】

OLの姉が、オナニー中の部屋にいきなり入ってきた

僕が高校1年で16歳のとき、友達から教わったばかりのオナニーに明け暮れていました。もちろん童貞でした。

僕は姉と同じ部屋だったので、最初のころは姉が留守のときだけオナニーをしていました。

オナニー後のティッシュは、臭わないようにトイレにて証拠隠滅をしていました。

【続きを読む】
[ 2019/07/07 08:00 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

★外国人妻と淫らな性活 絶倫ホームステイ!


妄想や想像では無く、妻をリアルな肉便器に・・・
もっと、もっと色んな事が頭にはあるのですが 今回は、妻を一晩に複数の男性の肉便器にします。
人それぞれプレイスタイルも変われば モノも違う。
中出し 顔射 口内射精 全て、お相手の男性のスタイルに任せ、妻を自由に性処理道具としてお使い頂きました。
終了後、妻は生臭くザーメン臭が漂う肉便器が完成しました。


貞操帯で強制的に禁欲させられた妻


背徳の新婚旅行 恩師との再会


このたびウチの妻(28)がパート先のバイト君(20)にねとられました…→くやしいのでそのままAV発売お願いします。


3日間だけの再会~10年ぶりに会った恋人と限られた刻の中で過ごす中出し性交の日々~

【続きを読む】
[ 2019/07/06 20:58 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

元夫に中出しされた上にタンポンでフタをされていた嫁

妻とは二年前に結婚しました。

私は初婚でしたが、妻は離婚暦がありました。話しによると前夫の母親と同居していて、折り合いが悪くそれが原因だったそうです。

子供が一人いて協議の末、子供(当時1才)には一切会わないという条件で、今から4年ほど前に七年続いた結婚生活に終止符を打ったようでした。

【続きを読む】
[ 2019/07/05 10:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

上司の運転で車椅子になった私が妻を寝取られた……

佐々木は上司の山田とマンション建設予定地を視察に、雨の降る夜だった。
何時もなら佐々木の運転だが、その夜は山田の運転だった慣れぬ細い道路、
運転を誤り道路脇の溝に転落、山田は軽傷で済んだが佐々木は腰の骨を複雑骨折の重傷だ。
運び込まれた救急病院、妻の涼子が上司の山田を感情的になり罵る。

【続きを読む】
[ 2019/07/03 15:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

学生のころ男2女1で飲んでて酒の勢いで3Pした

学生のころ男2女1で飲んでて酒の勢いで3Pしたことあるけど・・・聞きたい?

バイトが同じで唯一年齢の近い3人だったから、すぐに仲良くなっていろんなとこに遊びに行くような関係だった。
仲良くても、女の子相手だから下ネタは控えてた。

でもその日は、付き合ってた彼氏にフラれた直後でその子はヤケ酒っぽい雰囲気。
場所は俺じゃない男の家(一人暮らし)

【続きを読む】
[ 2019/07/02 21:00 ] 女性の体験談 複数体験 女性 | TB(0) | CM(-)

夜中にコンビニに行って、5人に廻されたJK1年の夏休み

私が高校1年生の夏休みの出来事です。

当時住んでいたところはどちらかというと田舎で、街灯も少なく、夜になると暗い場所がたくさんありました。

そんな中、少し歩いたところにコンビニがあり、その周りだけは明るく、私はたまに夜中にそこへ行く事がありました。

その日は暑くて寝苦しく、気晴らしと飲み物でも買いに行こうと、コンビニへ向かいました。

【続きを読む】
[ 2019/07/02 11:00 ] 女性の体験談 レイプされた告白 | TB(0) | CM(-)

Q2で釣った女子大生がイメクラプレイに応じてくれたw

それはQ2絶頂期、社会的問題になり、公衆電話からかけられなくなりつつあった頃。
当時私が住んでいたアパートの向かいの公衆電話が、まだQ2に使えたこともあり、Q2カットしたにも関わらず、夜な夜な電話へ行っていました。

【続きを読む】

#彼女をバイト先の男性に抱かせたら、マゾ調教されてしまいました2(転載禁止)

前回の話

『え? そうなんだ。そんなに小さかったっけ?』
ひな子は、悪気なく言っている感じです。僕は、すでに目一杯勃起しているペニスをさらしながら、顔を真っ赤にしてうつむいてしまいました。
『ねぇ、早くオナニーしてみせてよ。私のばっかり見て、ズルいよ』
ひな子は、僕に追い打ちをかけるようにそんなことを言ってきました。僕は、迷いながらもペニスをしごき始めました。画面の中には、好奇心で目を輝かせているひな子が映っています。ほとんど画面いっぱいに顔が映っていて、身体はあまり映っていません。

【続きを読む】
[ 2019/07/01 20:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
検索フォーム
カテゴリ
動画ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
1位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

管理人:寝取られ好き
寝取られ体験談、痴漢体験談、人妻体験談等、オリジナルの作品も多数紹介。管理人の好みの作品もアーカイブします。

Twitterフォロー