カテゴリー  [ 借金を返すために、妻がサブスクを始めた ]
「PR」本ブログはアフィリエイト広告を利用しています

借金を返すために、妻がサブスクを始めたー完ー(マガブロ転載禁止)

前回の話

 愛菜は、熱心にフェラチオをしている。どう見ても不潔そのもののホームレスの男性のペニスを、心をこめて丁寧に舐めてくわえている。
 こんなシチュエーションを妄想したのは私だ。でも、まさか現実になるとは思っていなかった……。

「信じられない……愛菜ちゃん、よくフェラなんて出来るね。キモいのに」
 ミクちゃんは、唖然とした顔で言う。でも、やっぱりどことなく興奮している感じもしている。
 ミクちゃんも、こんなシチュエーションを体験してみたいと思っているのだろうか? 正直、信じられない。汚れた衣服に、ボサボサの髪。洗っていないんだろうなと思う。


 ペニスなんて、動画で見ても汚れているのがわかるくらいだった。それなのに、愛菜はサブスクの人たちにするように、丁寧に心をこめて奉仕している。
 愛菜の舌が、恥垢のこびりついたようなカリ首を舐める。そして、喉の奥の方までくわえ込んでいく。吐き気のするような光景が続いている。

 ホームレスの男性は、愛菜にフェラチオをさせながらも胸を揉んだり膣に指を入れたりしている。本当に嬉しそうに、愛菜の身体を弄んでいる。
 おそらく、久しぶりの女性の身体なんだと思う。嬉しそうに触り、満足そうに微笑んでいる。

「美味いか? ホント、姉ちゃんドヘンタイだな。ほら、オマンコ入れてみろ。グチョグチョに濡らして、欲しくて仕方ないんだろ? このド淫乱のヘンタイ女」
 男性は、ノリノリになっている。こんな風に、動画を撮られていることも気にしていないみたいだ。

 ある意味、社会からはみ出ている人間だ。動画を撮られようが、気にもしていないのかもしれない。おそらく、生活に影響もないんだと思う。
「おチンポ、ハメても良いですか?」
 愛菜は、興奮しきった声で男性に許可を請う。どう見ても、立場的には愛菜がやらせてあげるという立場のはずだ。それなのに、愛菜が媚びているような状況になっている……。

「好きにしろ。姉ちゃん、性病持ってないよな?」
 男性は、そんなことを言っている。彼の方が、なにか病気を持っているような気はする。愛菜がそんな風に言われることに、理不尽なものを感じてしまう。
「ないです。ハメさせてもらいますね。いつでも中に出してください」
 愛菜はそう言ってショーツを脱ぎ去った。短すぎるスカートは、何の役にも立っていない。アソコが見えっぱなしだ。ツルツルのアソコは、相変わらず幼い印象だ。
 でも、愛菜はありとあらゆるプレイを経験してしまっている。サブスクなんてさせてしまったばかりに、経験人数もとんでもなく増えてしまった……。

 そして、さらに異常な体験をしようとしている。私が借金なんか作ったばかりに、愛菜にこんな事をさせてしまっていると思うと、罪悪感が際限なく大きくなる。
「こんなにグチョグチョにして、姉ちゃんどうしようもないな。淫乱の牝豚、自分でオマンコ拡げてみろ」
男性は、かなりサディスティックだ。今はホームレスだが、過去にはそれなりに女性経験が多かったのだろうか?

「淫乱牝豚のオマンコに、生チンポハメて下さい」
 愛菜は、何の躊躇もなく立ちバックの体勢になると、自分で目一杯膣口を拡げた。河川敷のバラック小屋の前で、卑猥な姿の愛菜が膣を目一杯拡げておねだりしている……。
 せめて、小屋の中に入れば良いのにと思ってしまう。ホームレスは、ペニスを握って愛菜の膣にこすりつける。ニヤニヤと下品な笑みを浮かべながら、生のペニスをこすりつけ続けている……。

「愛菜ちゃん凄いね。あんなおチンポ、生で入れちゃうんだ……」
 ミクちゃんは、圧倒されている。でも、その顔は発情したみたいになっていて、彼女の興奮も伝わってくる。それにしても、本当に美しくて可愛い顔立ちだ。どこから見ても美少女なのに、中身は淫乱なビッチ……ある意味で、男の理想を体現したような少女だと思う。

 画面の中の愛菜は、ミクちゃん以上に興奮してとろけた顔になっている。こんな男のペニスが、本当に欲しいのだろうか? 愛菜の気持ちがまるでわからなくなってしまう。
「早くハメて下さい。おチンポハメて。我慢できないの。おチンポ欲しくておかしくなっちゃうっ」
 愛菜は、さらに膣口を大きく拡げる。すると、男性は腰を押し込んだ。一気に根元まで挿入されると、
「アガッ、あぁ、イッちゃったぁ、おチンポ気持ちいいのっ」
 と、愛菜は身体をガクガク震わせながらうめくように言う。男性は、満足げな顔で腰を動かし始めた。
「あっ、アンッ、あっ、気持ちいい。おチンポ固いっ、凄く太いのっ」
 愛菜は、あっさりとあえぎ始めた。もう、初対面の男性とセックスをすることに、何の抵抗もないみたいだ。

「何だ、緩マンだな。ちゃんと締めとけよ」
 男性は、小馬鹿にしたように言う。
「ごめんなさい。オマンコ緩くてごめんなさい。オマンコ締めます。いっぱい気持ちよくなってください」
 愛菜は、酷いことを言われているのに、むしろ恍惚の顔になっている。

 男性は、楽しそうに腰を動かし続ける。彼にしても、久しぶりのセックスのはずだ。それなのに、まだ射精する気配もない。
 愛菜は後ろから激しく突かれ続け、どんどんあえぎ声が追い詰められたようになっていく。カメラは、愛菜の顔のアップを映したり、結合部を撮したりている。
 さっきから、高柳さんは一言もしゃべらない。ただ撮影を続けているだけだ。

 こんな野外で、セックスをしている……愛菜が、さらに淫乱なビッチに落ちていく……でも、そんな姿を見ているのに、私の興奮は射精感を伴うレベルになっている。
「パパさん、ビクンビクンってなってるじゃん。興奮しすぎだよ。フフ、楽にしてあげる」
 そう言って、私のズボンとパンツを脱がせる彼女……私のペニスは、今にも射精しそうなほどいきり立っている。

 ミクちゃんは、可愛らしい顔で微笑みながら、私のペニスを舐め始めた。
「固いね。固さだけなら、良い線行ってるよ」
 そんな風に言いながらフェラチオを続けるミクちゃん……絡みついてくる舌が、本当に気持ちいい。こんなにも幼い彼女が、ここまで巧みな口技を持っているのは違和感を感じるほどだ。

「フフ、固いの欲しくなっちゃった」
 ミクちゃんは、しばらくフェラチオをしてくれた後、そう言って私にまたがってきた。スカートの下は、下着がない。そのまま一気に挿入してしまった。締め付けてくる膣の快感に、一気に限界が来る。
「まだダメだよ。楽しませて」
 ミクちゃんは、そう言いながら腰を動かしてくる。私が射精寸前なのがわかっているからか、動きは激しくない。こすりつけるように、ゆっくりと動かしている。

 画面の中では、愛菜が自分で腰を動かしている。立ちバックの体勢で繋がったまま、お尻をぶつけるように動かしている……。
 ホームレス相手に、快感をむさぼる姿……可愛らしくてお嬢様だった愛菜……今は見る影もない。

 すると、いつの間にか周りをホームレス達が囲んでいた。カメラは、グルッと周りを撮す。五~六人のホームレスが、ペニスをしごきながら二人のセックスを見つめている。
 中には多少身なりが綺麗な人もいるが、やっぱりいかにもホームレスという姿だ。

 こんな河川敷の野外なのに、全員がペニスさらけ出してしごいている……。もう、羞恥心とかモラルなんて関係ない世界で暮らしているようだ……。
「姉ちゃん、俺のもしゃぶってくれよ」
 男性の一人が、愛菜の顔に薄汚れたペニスをこすりつける。こんな画面で見ても、不潔なのが伝わってくる。それなのに、愛菜はすぐにそのペニスをくわえてしまった。

 はしたなく腰を動かしながら、口でも奉仕を続ける愛菜……。すると、残りのホームレス達も、愛菜の身体を触り始めた。まるで、ゾンビ映画のように一気に群がっている。
 愛菜は、オモチャにされながらもうめいている。気持ちよさそうな顔で、ペニスを頬張りながらうめきっぱなしだ。

「姉ちゃん、イクぞ。孕め、牝豚、妊娠しろっ!」
 そう言って、スパートをかける彼。愛菜は、動きを止めておかされるに任せている。男性の腰の動きはかなり激しい。剥き出しの欲望を、全て愛菜の膣にぶつけているようだ。

「フフ、もっと固くなった。パパさん、ホントにドヘンタイだね。寝取られマゾの、弱男じゃん。なんでパパさんみたいな劣等種が、愛菜ちゃんみたいな可愛い人と結婚できたの? どう考えても釣り合ってないよね?」
 ミクちゃんは、酷いことを言いながら腰を動かしてくる。私は、泣きそうな気持ちになっているのに、もう射精を堪えるのが難しいくらいだ。

 画面の中では、愛菜が髪を振り乱して頭を振っている。
「イクイクっ、オマンコ突き抜けちゃうっ! うぅあっ、あっ、んぅっ、オォッ、んおぉっ、オォッ、イグイグイグッ」
 愛菜は、汚いペニスに囲まれて身体を何度も震わせている。そして、彼は中出しを始めた。
「んぅ~~~っ!!」
 愛菜は、中に出されながら恍惚の顔でうめく。全身に力が込められて、硬直したように震えている。
「ヒィ、うぅ、孕んじゃうぅ」
 愛菜は、とろけきった顔だ。

「あ~あ、ホームレスに種付けされちゃった。妊娠したら、最低だね。あっ、パパさんにとっては最高か」
 ミクちゃんは、妖艶に微笑んでいる。私は、その言葉で射精をしてしまった。ホームレスに孕まされた愛菜……それを想像しながらの射精は、頭が真っ白になるレベルで快感だった……。
「出ちゃった。フフ、どうしよう。劣等種で孕んじゃったら、おチンポ小っちゃな子が生まれてきちゃうね。生まれながらの弱男……きっと、パパさんみたいな寝取られマゾになるんだろうね」
 ミクちゃんは、あまりにも酷いことを言う。でも、私はその言葉にすら興奮している……。

 画面の中では、愛菜が狂ったようにあえいでいる。すでに最初の男性はペニスを抜いて、次のホームレスが愛菜を犯している。
 当然のように生のペニスを挿入して、狂ったように腰を動かし続ける。それは、ただ自分が射精するためだけの動きに見える。

 愛菜は、完全にオナホ代わりだ。愛菜の人格なんて無視されていて、ただの射精するための穴としか認識されていない……。ホームレス達は、愛菜の口も犯す。両手にもペニスを握らせてしごかせている。
 女性との接点がなさそうな彼らは、むさぼるように愛菜の身体を堪能しているようだ……。

「出すぞ、飲めっ」
 愛菜の口を犯している彼が、射精を始めた。愛菜は、そのまま喉奥に射精を受け止め、飲み干していく。手でしごかれている男性も射精を始め、愛菜の可愛い顔に精液をぶちまける。
「ヒィ、うぅあぁ、熱いぃ」
 精液をかけられて、恍惚の顔で震える愛菜……。すぐに次の男性が愛菜の口を犯し、膣を犯している男性は当然のように中に出し始めた。

 もう、完全に輪姦だ。愛菜のことを気持ちよくさせようなんて、誰も考えていない。ただ自分の欲望をぶつけているだけだ……。すると、ホームレスの一人が愛菜にアナルを舐めさせ始めた。愛菜は、想像を絶する扱いなのに、嬉しそうに舐めている。

「愛菜ちゃん、ヤバいね。完全に高柳さんに洗脳されてるよ……良いの? 帰ってこなくなるんじゃない?」
 ミクちゃんは、さすがに少し不安そうだ。当然だが、私はもっと不安だ。不安で仕方ない……。

 そのまま愛菜はオモチャにされ続けた。ホームレスは横の繋がりが強いのか、人数もさらに増えている。結局、愛菜は十五人くらいにオモチャにされた。
 2時間以上も回され、やっとホームレス達は飽きたのか、潮が引くようにいなくなった。

 全身精液まみれ……顔も身体も膣からも溢れている。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


借金を返すために、妻がサブスクを始めた12(マガブロ転載禁止)

前回の話

 1週間の貸し出しサブスクの日が来た。募集なんてないと思って設定した30万円の金額……こんなにあっさりと募集が来るとは思っていなかった。

 そして、愛菜はかなり興奮しているようだ。とんでもなく酷い事をされてみたいという願望に驚かされるが、私も酷い妄想をしてしまっている。

「パパ、行ってくるね。動画もちゃんと撮ってくるから楽しみにしてて。そうだ、私がいない間、ミクちゃんとサブスクはしておいてね。ミクちゃんに本気になったらダメだよ。愛してる」
 愛菜は、発情したような顔でキスをしてくれた。複雑な気持ちだ。自分の妻を長期間貸し出し、自分は若い女の子とサブスク会員の元に行く……異常すぎると思う。


 愛菜は、新宿の若い立ちんぼみたいな格好で家を出て行った。ミニスカートから覗く生足は、とても生々しい。綺麗な脚をしていると思う。
 それを、この後見ず知らずの男性が1週間も好きにすると思うと、焦燥感で吐きそうな気持ちになってしまう。

 やっぱり、1週間なんてやめておくべきだった……そんな風に落ち込んでいると、ミクちゃんが自分の家に入ってくるような気軽さで、
「パパさん、おまたせ~」
 と言ってリビングまで来た。立ちんぼみたいな愛菜の格好とは違い、清楚な美少女のような姿だ。実際に美少女だが、こんな風に清楚系なブラウスとスカートを身にまとっていると、美しさが際立つ。

 私は、ミクちゃんの突然の訪問に面を食らっていた。サブスクの予定を作っているのだろうか? すると、ミクちゃんはいきなりキスをしてきた。
 可愛らしい小さな舌が口にねじ込まれ、強い興奮と快感を感じる。

 こんなにも美しくて可愛らしい少女と、こんな風にキス出来るなんて、年甲斐もなくドキドキしてしまう。
「フフ、カチカチ。もう興奮してるんだね。愛菜ちゃん、どんな酷い事されるのかな? パパさん、想像してこんなになってるんでしょ?」
 ミクちゃんは、私の股間をまさぐりながら言う。ズボン越しの刺激でも、強い快感を感じる。見た目の清楚からは想像もつかないほど、ミクちゃんは経験が豊富でセックスが上手い。

「縛られて、叩かれて、裸で連れ回されちゃうのかな? 歩いている人みんなに、ハメて良いですよって言ったりするのかな?」
 ミクちゃんは、私を挑発しながら股間をまさぐり続ける。強烈な快感を感じるが、さすがにこんな事はマズい。これでは、ただの浮気だ。

「どうして? 射精したくないの?」
 ミクちゃんは、キョトンとした顔だ。私は、愛菜がいないところでこんな事をするのはマズいと告げた。
「変なの。愛菜ちゃんは、パパさんがいないところでメチャクチャに浮気するのに」
 ミクちゃんは、あきれ顔だ。確かに、愛菜はサブスク関係なく、セフレが何人もいる。呼び出されると、私と一緒にいてもすぐに行ってしまう。

「別に、私とエッチするくらい愛菜ちゃんも怒らないでしょ?」
 ミクちゃんは、そう言って私のズボンとパンツを脱がせにかかる。私も、言われてみればその通りだなと思い、脱がされるに任せた。

「フフ、可愛い。パパさんのおちんちん、本当に可愛いね。背も高いし身体も大きめなのに、どうして? どうしておちんちんだけ、こんなに小っちゃいの?」
 ミクちゃんは、煽るように言いながら手コキを始めた。こんなに屈辱的な事を言われているが、事実だから仕方ない。サブスクを始める前は、そこまで自分のペニスが小さいとは思っていなかった。

 でも、実際に目の前で沢山の男性のペニスを見てしまった今、現実を突きつけられた感じだ。愛菜は、大きいペニスが好きだ。それは、見ていればよくわかる。私のペニスでは、満足なんてさせられないと思う。

 ミクちゃんは、小柄なので膣も狭い。私のペニスでも、比較的感じてくれるみたいだ。でも、私がミクちゃんとセックスをするのは、ただの浮気だ。
 愛菜が他の男とセックスをするのは、言い方は悪いが仕事だ。私は、このまま欲望に流されて良いのだろうか? と、自問してしまう。

「フフ、いただきます」
 ミクちゃんは、そう言ってペニスをくわえ始めた。可愛い顔……本当に美少女だ。まだ20歳の彼女にくわえられていると思うと、ゾクゾクするほど興奮してしまう。

「フフ、カチカチ。今頃、愛菜ちゃんなにされてるだろうね。夜の動画の報告、待ちきれないね」
 ミクちゃんは、そんな事を言う。意味がわからなくて質問すると、会員用の動画を作るために、毎晩動画を送ってくるという手はずになっているみたいだ。

 そんな話は、全く聞いていなかった。そして、ミクちゃんは、1週間うちで暮らすそうだ。まさかの同居生活に、一瞬嬉しいと思った。
 でも、これも勝手に決められた話だ。全く聞いていない。
「私と一緒じゃ、イヤ?」
 悲しそうな顔で聞くミクちゃん。彼女にこんな顔をされると、全力で保護したくなる。

 すぐにイヤじゃないと告げると、
「よかった。私は、パパさんの事好きだよ。優しいし、ヘンタイだし。おちんちん小っちゃい以外は、100点だよ」
 と、言われた。意外な高評価に、ドキッとしてしまった。確かに、ミクちゃんは私に対してすごくフレンドリーで優しい。
 ミクちゃんは、丁寧に心をこめてフェラチオを続けてくれる。最高の気分だ。男性としての優越感と、強い快感を感じる。

 ミクちゃんは、私の睾丸やアナルまで舐めてくれる。ますます優越感を感じるが、申し訳ない気持ちももたげてくる。そして、私はあっという間に射精感が限界に近づいてしまった。

「ダメ、交代して」
 そういって、ミクちゃんはスカートとショーツを脱いだ。ツルツルの秘部……あまりに幼い印象だ。イケない事をしている気持ちになってしまう。

 ミクちゃんは、そのまま私の顔に秘部を近づけてくる。清楚な顔からは想像つかないほどクリトリスは大きく、勃起して包皮から剥き出しになっている。
 私は、すぐに見るからに固くなっているクリトリスを舐め始めた。
「んっ、あっ、アンッ、上手……気持ちいい」
 ミクちゃんは、気持ちよさそうにあえぐ。私は、舐め犬になったように夢中で舐め続けた。

「上手だよ。ホントに気持ちいい。もっとして……噛んで」
 ミクちゃんは、立ったままあえぎ続ける。私は、軽くクリトリスを噛みながら責め続ける。ミクちゃんは、立ったままガクガクッと震えた。
「イッちゃった。ホント、上手だね。いっぱいイカせてあげる」
 ミクちゃんは、そう言って私にまたがって腰を下ろした。狭くてキツい膣……包み込まれて締め付けられるようだ。
「カチカチ。パパさんの、すごく固いよ。気持ちいい。ちゃんと気持ちいいところに当たってる」
 ミクちゃんは、そう言って腰を動かし続ける。角度を調整して、一点に当たるようにしているようだ。

 そして、生膣の感触に、私は早くも限界だ。
「まだダメ。もっと頑張って。愛菜ちゃん、今頃エッチしてるんじゃない? こんなに早漏じゃ、愛菜ちゃんの気持ちも離れちゃうよ」
 そんな事を言いながら腰を動かし続ける彼女……。愛菜の事を考えると、余計に射精感が強くなる。今頃、どんな事をされているのだろう? 想像しただけで、嫉妬で苦しい。

「フフ、もっと固くなった。愛菜ちゃんが、心まで寝取られるのが好きなんだね。もう、戻ってこないんじゃない? セフレも、沢山いるでしょ? パパさん捨てられちゃうね」
 ミクちゃんは、同情したような顔で言う。私は、その言葉を聞きながら射精してしまった……。

 美少女に、中出しをする喜び……快感も強い。でも、どうしても愛菜の事が気になってしまう……。
「フフ、いっぱい出たね。気持ちよかった? 綺麗にしてあげる」
 ミクちゃんは、すぐにお掃除フェラを始めてくれた。丁寧に、感情をこめてお掃除フェラをしてくれる彼女に、恋愛感情のような気持ちが膨らむ。
 実際、私は彼女に心を奪われている。10歳も年の差があるのでなにも言えないが、好きだという気持ちは強い。

「フフ、いきなりしちゃったね。じゃあ、サブスク行こうか。今日は、3人だから効率よく回らないとね」
 ミクちゃんは、セックスした事がウソのように、気持ちを切り替えて準備を始めた。

 そして、家を出た。3人の会員さんは、リピーターの人だけだった。愛菜がいない事に、とくに不満は言わない。実際、ミクちゃんのような代役が来たのであれば、文句などないはずだ。

 大量に唾液を飲まされながら手コキをされて、嬉しそうな彼。初期からの会員さんだ。最終的には、ミクちゃんのおしっこまで飲みながら自分でしごいて果てた。
 相変わらず、彼は女性の身体にはほとんど手を触れない。ミクちゃんほどの美少女とセックスが出来る状況なのに、それをしない事に驚かされる。

 でも、私は動画を撮り続けた。こんな動画に需要があるのかわからないが、サブスクの会員に見せる動画は、ワンパターンにならないようにそれなりに知恵を絞っている。

 そして、二人目、三人目とのプレイを続けるミクちゃん。近いホテルにしているので、移動時間はほとんどない。こんな風に、立て続けに複数の男性とセックスをするミクちゃんに、申し訳ない気持ちも膨らむ。
 でも、ミクちゃんはすごく楽しそうにプレイをしている。積極的に、自分からもアイデアを出しながらプレイを続けている。

 そして、夕食を食べて帰宅した。サブスクが終わったあとは、まるでデートをしているようだった。腕を組んで歩きたがる彼女……。
 私みたいな平凡な男性に、どうしてこんなに執着してくれるのだろう? 不思議な気はする。

 帰宅すると、
「フフ、届いてる。動画、届いているよ。さっそく見よっか」
 と、嬉しそうにスマホを操作する彼女……。私は、不安で呼吸が苦しくなったような感覚になっていた。再生を始めると、いきなり強烈な場面だった。

 全裸の愛菜が、首輪を付けられている。首輪には、リードもついている。その状態で、街中を歩いている……。周りは暗いが、これが今日の動画だとすると、まだ深夜ではない。

「ひ、人来ちゃいます……」
 愛菜は、怯えた顔で言う。路地は狭いので、それほど交通量はないのだと思う。でも、田舎の町外れではないので、それなりに車や自転車も通るはずだ。

「見てもらいたいんでしょ?」
 高柳さんの声が響く。優しい感じの声で、しゃべり方も厳しい感じはしない。
「でも……こんなの見つかったら、警察呼ばれちゃう……」
 愛菜は、本当に怯えたような口ぶりだ。無理もない……。すると、いきなりビンタされた。パチンと大きな音が響き、
「ご、ごめんなさいっ」
 と、愛菜が謝る。女性にたいしてする強さではないビンタに、戦慄が走る……と言うよりも、そもそも女性に対してビンタなんてしないものだと思う。

 一発で真っ赤になった愛菜の頬。それがわかるくらいに、街路灯は明るい。愛菜は、素直に歩き始めた。全裸で町を歩くなんて、どんな気持ちなんだろう?

「よし、マーキングしてみろ」
 高柳さんが指示をすると、愛菜は怯えた顔になる。そして、すぐに四つん這いになって片足を上げた。まるっきり、犬の行動だ……。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


借金を返すために、妻がサブスクを始めた11(マガブロ転載禁止)

 ミクちゃんは、夢中で腰を動かしている。私のペニスを、気持ちいいところに当てようとしているみたいだ。私は、浴室の方から聞こえてくる愛菜の悲鳴のような声が気になっている。
 すぐにでも見に行きたいのに、ミクちゃんの生膣の快感に囚われてしまっている。

「フフ、固いね。カチカチ。小っちゃくても、これだけ固いと気持ちいいよ。ミクのオマンコ、愛菜ちゃんより気持ちいい?」
 ミクちゃんは、そんなことを聞きながら腰を動かし続けている。対抗心を持っているのだろうか? ミクちゃんは、私にそんな質問をする事が多い。


 確かに、正直に言うと単純な快感の大きさだけならミクちゃんの狭膣の方が気持ちいい。私の貧素なカリ首でも、ゾリゾリとしたこすりあげるような快感が走る。素直に、ミクちゃんの膣の方が気持ちいいと告げた。
「フフ、ありがとう。もっと気持ちよくしてあげる」
 そう言って、ミクちゃんはキスをしてくれた。絡みついてくる舌……でも、微妙にタバコの臭いがする。近藤さんとのキスで、染みついたのだと思う。

 愛菜も、夢中で彼とキスをしていた。頭髪も薄く、背も低くてルックスも悪い彼……でも、セックスに関しては凄腕のようだ。

 私は、信じられないくらいに美少女なミクちゃんとのキスに、夢中になってしまう。普段の生活から考えると、私が20歳の美少女とキスを出来る事などないはずだ。
 ミクちゃんは、腰を動かしながら舌を激しく絡めてくれる。そればかりか、乳首まで触ってくれる。

 圧倒的な快感……さっき射精していなかったら、とっくにイッていたはずだ。
「ねぇ、パパさん、クリ触って」
 ミクちゃんは、うっとりしたような声でおねだりをしてくれる。彼女みたいな美少女におねだりをされると、本当に興奮してしまう。

 私は、結合部辺りに手を伸ばしてクリトリスを触り始めた。コリコリに勃起したクリトリスは、すでに包皮から飛び出ている。強目に触ると、ミクちゃんの舌がさらに絡みついてくる。

 うめきながら舌を絡め、腰を動かし続けるミクちゃん……。20歳の女子大生が、こんなにも淫乱なのは驚きだ。愛菜は、私と出会った22歳の時、まだ処女だった。それと比べると、驚くほど早熟だ。

 私は、浴室の方から聞こえてくる愛菜の悲鳴のような声を聞きながら、夢中で舌を絡め続けた。愛菜がセックスをしているのは、サブスクのためだ。言ってみれば、お金のためだ。でも、私がミクちゃんとしているセックスは、ただの浮気だ……。
 罪悪感がもたげるが、射精寸前の私はなすがままだ。
「気持ちいい。固いよ、カチカチ。ミクのオマンコに出して。いっぱいザーメン注いでっ!」
 ミクちゃんは、腰の動きがさらに激しくなる。上下動からグラインドに変わり、まるでペニスを手でしごかれているようだ。
 ミクちゃんが、こんなにセックスが上手なのはどうしてだろう? 奔放に遊んでいるから? とても違和感がある。

 私は、限界が来てしまった。もう出そうだと告げると、
「良いよ、出して。愛菜ちゃんより気持ちいいオマンコに、いっぱい注いでっ」
 と、ミクちゃんはそんな言葉を口にする。私は、その言葉に罪悪感が一気に高まった。でも、罪悪感を感じながらも射精してしまった……。

「うぅあっ、熱い……出てるよ、ミクのオマンコ溢れちゃう」
 うっとりした顔で言う彼女。美しく可愛らしい彼女の顔が、妖艶に微笑んでいる。

 すると、二人が戻ってきた。
「パパも楽しんでたんだね。私も、いっぱいほぐして貰ったよ。今から近藤さんに初めてを捧げるから、ちゃんと見ててね」
 愛菜は、表情が薄い。怒っているわけではないと思うが、目が怖いと思ってしまう……。

 ベッドの上に移動した愛菜。恥ずかしそうに四つん這いになった。はしたない姿で、近藤さんを待つ姿に嫉妬心が強くなる。
 愛菜は、自分でアナルを拡げ始めた。後ろ手に手を回して大きくアナルを拡げる姿は、はしたないという言葉では足りないくらいだ。

「近藤さんの素敵なおチンポ、愛菜のアナルにハメて下さい。愛菜の初めてを、貰ってください」
 愛菜は、声が震えている。興奮しすぎて震えてしまうみたいだ。こんな小汚いような中年に、愛菜の初めてを奪われる……もう、止めた方が良いに決まっているのに、私は愛菜のはしたない姿を見つめるばかりだ。

「本当に、初めてを捧げて良いの? パパさんに聞いてみた?」
 近藤さんは、まとわりつくようなイヤな言い方をする。寝取り趣味というのだろうか? 寝取られ性癖に目覚めてしまった私とは、対極にいるみたいだ。

「パパ、お尻の初めて、近藤さんに貰って貰うよ。セフレにさせて貰ったお礼に、捧げるね」
 愛菜は、声が震えている。そして、さらにお尻を拡げた。愛菜のアナルは、まるで穴が空いているように拡がっている。腸内まで見えてしまいそうな感じだ。

 充分にほぐされて、ペニスでも簡単に受け入れられそうな穴になっているように見える。私は、言葉が出てこずにうなずいた。

「本当に良いんですか? ちゃんと言ってくれないと不安ですね」
 近藤さんは、私に向かって言う。そそり立ったペニスが、とても凶悪に見える。私は、屈辱を感じながらも、愛菜のアナルを犯して良いですと言葉にした。

「良いです? 別に、頼んでませんよ。愛菜さんが、して欲しいって言ってるのに、どうしてそんなに上から言うんですか?」
 近藤さんは、本性を現したようにイヤな言い方をする。でも、醜い見た目にはマッチしたような言葉だ。私は、愛菜のアナルを犯してあげてくださいと言った。
 屈辱で怒りを感じるが、愛菜の潤んだ目や、はしたない姿を見て興奮が上回った。

「そこまで言うなら、犯してあげましょうかね。ホント、ヘンタイな旦那さんを持つと、愛菜も苦労するね」
 近藤さんは、愛菜を呼び捨てにし始めた。すっかりと、乗っ取られてしまったような状況だ……。

 危機感を感じながらも、近藤さんが愛菜のアナルにペニスを押しつけるのを見つめている。拡がっているとは言え、とても入るようには見えないサイズ感だ。
 近藤さんは、そのまま腰を押し込んでいく。意外なほどあっけなく入っていくペニス……もう、亀頭部分が入ってしまった。

「うぅっ、拡がってる……あぁ、ダメ、苦しいです」
 愛菜は、本当に苦しそうだ。痛みと言うよりも、苦しさを感じているようだ。
 近藤は、愛菜が苦しそうにしていてもかまわずペニスを押し込んでいく。一番太い部分がすでに入っているので、すんなりと竿の部分は入っていく。

「ほらほら、もう入った。こんなおっさんに、ケツマンコの処女奪われちゃったねぇ。どんな気持ち?」
 近藤さんは、心から楽しそうだ。そして、すぐに腰を動かし始めた。
「うぅっ、うっ、んっ、くぅ、フゥ」
 愛菜は、苦しげに声を漏らす。でも、痛そうな顔ではない。あんなに太いペニスが、愛菜の小さなアナルを出入りしている……。
 違和感がすごい。でも、愛菜はお尻を突き出すようにしたままだ。

「気持ちいいよ。ミクちゃんのオマンコと比べると、愛菜のオマンコは緩いから、ケツマンコの方が気持ちいいや」
 近藤は、酷いことを言いながら腰を動かし続ける。でも、愛菜はなにも言わない。むしろ、嬉しそうと言うか気持ちよさそうだ。

 近藤は、一定のリズムで愛菜のアナルを犯し続ける。私は、初めて愛菜と結ばれた日のことを思い出していた。痛みに耐えながら、私のペニスを受け入れた愛菜……。幸せだった。ずっと守りたいと思った。
 それなのに、目の前で他の男にアナルを犯されている……。サブスクを始めて、お金の心配はなくなった。でも、失ったものが大きすぎる気がしてきた。

「パパさん、ホントにドヘンタイだね。もうカチカチじゃん。愛菜ちゃんが処女奪われたの、そんなに嬉しいの?」
 ミクちゃんが、楽しそうに言う。確かに、私のペニスはすでにガチガチだ。ミクちゃんの狭膣の中で完全に復活している。

 私は、そんなことはないと否定した。
「あるでしょ? だったら、どうしてこんなに固いの? パパさんは、寝取られマゾのドヘンタイなんだから、認めないと。このまま、近藤さんの素敵なおチンポで妊娠もさせて貰いたいんでしょ?」
 ミクちゃんは、私を煽るように言う。でも、実際に私は興奮している。さっきの膣内射精で、すでに受精しているのではないか? そんな心配をしているのに、どうしても興奮してしまう。

 愛菜は、すでにピルを飲んでいないと言っていた。本当なんだろうか? だとしたら、狂っているとしか言えない。サブスク以外にも、愛菜はセフレ達と毎日のように中出しセックスをしている。

 すでに妊娠していても、おかしくないと言うことだ。もしも、ボブの種で孕んでいたらどうするつもりだろう? 黒人との赤ちゃんを産んだら、さすがにマズいと思う。
 私は、自分がおかしな考えをしていることにハッと気がついた。日本人との赤ちゃんなら、他人種でも良い……そんな思考に陥っていた。

「気持ちいい……ケツマンコ、気持ちよくなってきました」
 愛菜は、トロンとした顔で言う。確かに、さっきから苦しそうな顔ではなくなっている。
「淫乱だねぇ。愛菜は、ケツマンコで感じる淫乱ビッチだ」
 酷いことを言い続ける彼。でも、愛菜はさらに興奮した顔に変わった。

「ほら、パパさんに報告しないと。ケツマンコで感じるビッチだって」
 近藤さんは、煽り倒す。私に対して、挑発行為を繰り返しているようだ。
「パパ、ゴメンね、愛菜はケツマンコで感じるビッチです。淫乱な牝犬です」
 愛菜は、とろけた顔で言いながら自分で乳首を摘まみ始めた。どこまでも快感に貪欲な姿……。自分の妻のこんな姿を見ることになるなんて、夢にも思っていなかった。

「フフ、愛菜ちゃんすごいね。どんどんビッチになってくね。もう、パパさんとの普通のセックスじゃ、少しも感じないんじゃない?」
 ミクちゃんは、私の耳元でささやく。もう、屈辱も感じなくなってきた。ただただ興奮する……そんな気持ちだ。

「よし、自分でも動いてみろ」
 近藤さんは、動きを止めた。愛菜は、すぐに腰を動かす。四つん這いのまま、お尻をぶつけるように動かしている。こんな動きも、とても滑らかだ。
 バックでつながりながら、愛菜の方が腰を動かす……そんなはしたないことも、すでに何度も経験している。

「あっ、んっ、アンッ、気持ちいい。近藤さんのおチンポ、子宮にも響いてくるっ」
 愛菜は、すでに夢中の顔だ。初めてのアナルセックスでも、強い快感を感じているみたいだ。
「ほら、淫乱っ! もっと声出してみろっ!」
 近藤さんは、そう言って平手で愛菜のお尻を叩く。
「ヒィッ、うぅあぁ、もっとぶってぇ」
 愛菜は、叩かれた痛みも快感に変わるみたいだ。このまま、毎日他人とセックスをする女性になってしまいそうだ。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


借金を返すために、妻がサブスクを始めた10(マガブロ転載禁止)

前回の話

「フフ、愛菜ちゃん興奮してるね。近藤さん、イヤらしいキスしてる」
 ミクちゃんは、まとわりつくような近藤さんのキスを見て、そんなことを言う。ミクちゃんも、不思議と興奮しているようだ。

 60がらみの小汚いような男性……頭髪も薄いし背も低い。お腹も出ている。こんな男性に汚されるようにキスをされて、興奮するものなんだろうか?
 愛菜は、濃厚に舌を絡めるキスをしている。その顔は、興奮しきっているように見えるし、夢中でキスをしているように感じる。


 愛菜の方が背が高いので、愛菜がリードしているようにも見える。不思議な光景だ。親子ほど年の差はあると思う。普通は、こんなキスをする関係にはならないはずだ。

「なんか、ドキドキする。愛菜ちゃんが汚されてるみたい。パパさんも、興奮してるね」
 ミクちゃんは、そう言って私の股間をまさぐってくる。確かに、私のペニスは完全にいきり立ってしまっている。
 愛菜が他の男性と行為をすることに、もう抵抗感はない。見慣れてしまった……。そして、嫉妬と焦燥感で身が焦げそうになると、興奮も高まっていく。

 愛菜は、うっとりした顔で、
「近藤さん、キス上手ですね。子宮の奥がうずいちゃう」
 と言う。信じられない言葉だ。彼のキスは、そんなに上手には見えない。ねちっこくて、まとわりつくような気持ち悪さを感じる。

 愛菜は、さらに激しくキスをする。唾液を交換するような、糸を引くキスだ。ミクちゃんは、私のズボンのファスナーを降ろしてペニスを取り出した。
「イッちゃいそうだね。カメラ、回さなくて平気?」
 ミクちゃんは、そんな指摘をした。すっかりと忘れていた。突然プレイが始まったので、圧倒されてカメラのことを忘れてしまっていた。

 私は、すぐにカバンからカメラを取り出して撮影を始めた。ペニス丸出しのまま、撮影を続ける……異常で滑稽な光景だと思う。

 愛菜は、唾液の塊を近藤さんの口に垂らしている。近藤さんはそれを美味しそうに飲み干すと、逆に愛菜の口に唾液の大きな塊を垂らしていく。
 気持ち悪いとしか言えないようなビジュアルだ。でも、愛菜はそれを嬉しそうに口に受け止めると、飲み干してしまう。たばこ臭そうな、不潔な感じしかしない。でも、愛菜は興奮した顔で口を大きく開けている。

 近藤さんは、嬉しそうに唾液の塊を垂らして飲ませていく。愛菜は、とろけきった顔でそれを繰り返す。
「スカートまくってみろ」
 近藤さんは、命令口調だ。愛菜は、素直に短すぎるスカートをまくり上げていく。穴あきのはしたないショーツ……サブスクの日は、愛菜は娼婦でもしないような姿になる。

「なんだ、もう準備出来てるのか。淫乱だな」
 愛菜のスカートの中を見て、近藤さんがからかうように言う。愛菜の膣口は、ヌラヌラ光っている。溢れ出た蜜は、太ももの中程まで垂れている。
 濡れやすくてこうなることも多い愛菜だが、ここまで濡れているのは初めてだ。近藤さんの、どこにそんな魅力があるのだろう?

「近藤さんのキス、すごいもん。ねぇ、もうハメて下さい。ケツマンコ犯す前に、オマンコめちゃくちゃにしてもらいたい。キスしながら、種付けしてもらいたいです」
 愛菜は、そんなおねだりまで始めた。それは、プレイを盛り上げるために言っている感じではない。どう見ても、発情して本気で言っているように見える。

「フフ、愛菜ちゃんピル飲むようになって、弾けちゃったね」
 ミクちゃんは、私のペニスを緩くしごきながら言う。今日の彼女は、まだプレイに参加していない。さっきから、私を煽るようなことをし続けている。
 ロリ可愛い彼女がこんな事をしてくれると、射精を堪えるのが大変になってくる。しばらく愛菜とはまともなセックスをしていないが、ミクちゃんとはけっこう頻繁にセックスをしている。

 もう、愛菜は私とのセックスをまったく望まなくなってしまった。それとは逆に、ミクちゃんは私のペニスをとても気に入ってくれている。固さとサイズがちょうど良く、気持ちいいところをこするそうだ。
 もう、ミクちゃんとは恋人のようになってしまった。愛菜は、まだ私に気持ちがあるのだろうか? 不安を感じてしまう。

 近藤さんは、愛菜に指示をして自分の顔の上に膣を持ってこさせた。床に座っている彼の顔に、膣を押しつけるようにしている。
 すると、近藤さんは、太い舌で舐め始めた。それは、クリトリスを責めるというよりも、膣全体を舐めあげるような舐め方だ。

「うぅっ、あっ、んっ、気持ちいい。近藤さんの舌、すごいよ、気持ちいいよ」
 愛菜は、すっかりと夢中になっている。近藤さんは、顔に膣を押しつけられているのに嬉しそうに舐め続けている。こうやってみていると、経験はかなり豊富そうだ。

「んっ、あっ、んっ、あぁっ、気持ちいい、イッちゃいそうだよ、ねぇ、イッても良い?」
 愛菜は、甘えた声で聞く。愛菜の口調も、すっかりと砕けたものになっている。愛菜は、肉体関係を結ぶと相手を好きになりがちだ。
 サブスクの男性のうち、5人とセフレになってしまっている。サブスク関係なく、愛菜は頻繁に彼らとセックスをしているようだ。

 愛菜は、子宮で恋に落ちるタイプみたいだ。それなら、どうして私なんかと結婚したのだろう? そんな疑問を感じる。
 近藤さんは、太い舌で舐め続ける。そして、節くれ立ったようなごつい指でおもむろに膣に挿入してしまった。

「あうぅっ、ヒィ、あぁ、太いよ、近藤さんの指、パパのおチンポと変わらないくらい太いの」
 愛菜は、興奮した声で言う。最近では、愛菜まで私のことをパパと呼ぶ。ミクちゃんがそう呼ぶのは、年の差を考えると納得出来る。20歳の彼女が30歳の私を呼ぶのに、呼び方に困るのは理解出来る。

 でも、愛菜が私をパパと呼ぶのは、馬鹿にされているように感じてしまう……。そもそも、私は愛菜の中に出すことはおろか、セックスすらさせてもらっていない。
 愛菜を妊娠させてパパになる可能性は、ほとんどゼロだ。それなのに、私をパパと呼ぶのは皮肉のように思えてしまう……。

「キツいね。ヤリマンの割に、オマンコキツキツだ」
 近藤さんは、ぶっとい指を動かしながら言う。愛菜はすでに顔がとろけきっていて、腰も落ちそうだ。その状態で、彼は指も動かすし舌で膣口を舐め続ける。

「うぅあっ、アンッ、アンッ、イクっ、オマンコイグッ! うぅあぁっ!」
 愛菜は、ひときわ大きく叫ぶと、腰を突き出すようにしながらガクガク震えた。同時に、潮吹きもしている。透明の飛沫が、近藤さんの顔にかかっていく。

 近藤さんは、大きく口を開けてそれを口内に受け止めた。興奮した顔でそれを飲み干す彼……。
「おしっこも出るかな?」
 と、質問をした。顔はすでにビチャビチャだ。膣のすぐ目の前に、彼の顔がある。愛菜は、
「出ます……あぁ、出る」
 と、余裕のない声をあげる。近藤さんは、大きく口を開けて待機をしている。

 愛菜は、恥ずかしそうにモジモジしている。うめき声のようなものもあげる。なかなか出ないみたいだ。無理もないと思う。
 しばらくモジモジしていた愛菜……でも、急に放出が始まった。近藤さんは、口に受け止める。でも、量が多くて溢れそうになる。近藤さんは、口をピッタリと愛菜の膣口に押しつけて飲み始めた。

 愛菜は、恥ずかしそうに出し続ける。こんな風に、おしっこを飲まれてどんな気持ちなんだろう? 愛菜は、興奮した顔で出し続けている。長い放尿だ……。

「すごい……こぼさず飲んだんだ……」
 愛菜は、出し終えてビックリしている。近藤さんは、満足げだ。心の底から嬉しそうな顔をしている。
「美味しかったよ。可愛い子のは美味いねぇ」
 と、ドヘンタイ丸出しで言う。
 すると、愛菜は彼のズボンとパンツを脱がせ始めた。すぐにあらわになったペニスは、太さも長さもかなりのものだ。でも、目を引くのは形だ。
 反り返ったような、日本刀を思わせるフォルム。カリ首も大きく拡がっていて、とにかく迫力があって美しい。

 とても60辺りの男性のペニスとは思えないくらいに、立派にそそり立っている。
「素敵なおチンポですね。みただけでうずく……」
 愛菜は、そう言って彼のペニスを舐め始めた。シャワーも浴びていない彼のペニスを、まったく躊躇なく舐めている。朝シャワーを浴びたにしても、ある程度汚れて臭いも出てくるはずだ。

 でも、愛菜は愛おしそうに舐めている。この時点で、すでに彼に好意を持っているように見える。
「すごいね、愛菜ちゃん美味しそう。あのおチンポ、良い形してる。パパさんのとはここが全然違うね」
 ミクちゃんは、そう行って私のカリ首辺りを触ってくる。彼の発達したカリ首と比べると、私のものはのっぺりしている。段差がないと言っても良いくらいの貧弱さだ。

 愛菜は、熱心に舐め続ける。大きく口を開け、喉の奥までくわえ込む。こんな、喉の奥まで使うフェラチオも、すっかりとマスターしてしまった。
 私は、夢中で撮影を続けた。自分の妻が、他の男のペニスを喉奥までくわえこむ姿を撮影するなんて、我ながらどうかしていると思う。

「すごい……あのおチンポ本当に格好いい」
 ミクちゃんは、興奮した顔で言う。そして、
「私も行ってくるね。パパさん、後でしてあげるからまだ出しちゃダメだよ」
 と言って、彼の方に行ってしまった。

 ミクちゃんは、すぐに彼とキスを始めた。近藤さんは、太い舌を絡める。ツインテールでロリっぽいミクちゃんと彼がキスをしていると、犯罪の臭いがする。
 ミクちゃんは、一瞬でとろけた顔になっている。そんなに彼のキスは、上手なのだろうか? 私からみると、ねちっこくて脂っぽいキスに見えてしまう。

 近藤さんは、二人の美女に奉仕をされて満足げだ。彼のペニスは、さらに大きくいきり立ったように見える。ミクちゃんは、無中でキスをしながら彼の服を脱がせて全裸にした。

 ミクちゃんは、彼の乳首を舐め始めた。愛菜は、睾丸やアナルまで舐めながらペニスをしごいている。男なら、このシチュエーションは最高だと思う。
 美しい人妻と、まだ20歳の可愛い学生に奉仕をされる……羨ましいと思ってしまう。

「もうダメ、我慢出来ない。おチンポはめるね」
 そう言って、愛菜は彼を押し倒して騎乗位で繋がった。あっさりと、生のペニスが入っている。コンドームもなにもつけていないペニスが、根元まで入っている……。

 ピルのおかげで妊娠の心配はないにしても、やっぱり生のセックスを見るのはツラい。

「あぁ、やっぱりすごい……こすれる……おチンポゴリゴリ来てる。もうイッちゃいそう」
 愛菜は、一瞬でとろけた顔になる。そして、腰を動かし始めた。下腹部をこすりつけるように動かしながら、あえぎ声をあげる愛菜……。
 敗北感にまみれながら、私は撮影を続ける。出し入れされるペニスをアップにすると、血管も浮き出ていて元気いっぱいと感じる。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


借金を返すために、妻がサブスクを始めた9(マガブロ転載禁止)

前回の話

 私は、愛菜の言葉にショックを受けながらもカメラを回し続けている。愛菜は腰を持ち上げてブリッヂに近い体勢のまま、腰を中心に身体をガクガク震わせている。

 勢いよく飛び出した潮吹きは、シーツも床もビチャビチャにした上に、壁まで塗らしてしまっている。これまでのサブスクで、こんなに短時間で狂ったように感じたことはなかった。

 愛菜は、腰を下ろしてぐったり仰向けに寝転がる。そして、媚びた牝の顔で斎藤さんのペニスを見つめている。イボイボだらけの異形のペニス。正直、ビジュアルは気持ち悪い。


 その異形のペニスは、ドロドロに濡れていて白いモノもそこかしこに付着している。こんなに短時間で、ここまで感じさせてしまう彼に畏れを抱いてしまった。

「良いね、敏感だね。ピンポイントで当てるとすごいでしょ。愛菜の感じるところはよくわかったよ」
 斎藤さんは、自然に愛菜を呼び捨てにしている。でも、愛菜は不快感を感じている気配もなく、うっとりとした顔で彼を見つめている。

 愛菜は、強い快感を与えられると一瞬で恋に落ちるみたいだ。斎藤さんを見る目は、すっかりと恋する乙女のそれだ。
「すごすぎて腰抜けそうです。シリコンリングとは違う気持ちよさです」
 愛菜は、うっとりした顔のまま会話を続けている。
「シリコンリングの方が簡単に感じさせられるけど、シリコンボールの方がちゃんとピンポイントで当てられるなら快感は上みたいだよ」
 斎藤さんは、得意気な顔で説明した。

「そうなんですね。次は、バックでしてもらえますか?」
 愛菜は、そう言って四つん這いになった。スカートは短すぎてなにも隠せていないし、膣口からは蜜が溢れ出て膝のあたりまで濡らしている。
 オシャレ系のピンク色の髪は、ただでさえ可愛らしい愛菜をより可愛らしく見せている。でも、愛菜のやっていることはまるで痴女だ。

「バック、好きなの?」
 斎藤さんが愛菜の後ろに回り込みながら聞く。
「嫌いな女の子なんて、いないですよ」
 愛菜はそう言って膣を拡げ始めた。ツルツルの幼い膣。でも、こんなにも卑猥なことをしている。斎藤さんは、嬉しそうにペニスを愛菜の膣口に押しつけた。

「うぅっ」
 愛菜は、嬉しそうに声を漏らす。でも、彼はペニスを挿入しない。そのままこすりつけ始めた。
「固いです。おチンポ固くて素敵です。早く入れてください。イジワルしないで。愛菜のオマンコに、イボイボのおチンポハメて下さい」
 愛菜は、焦れきった顔で言う。斎藤さんは、その言葉を聞いて嬉しそうだ。でも、ペニスを入れようとはせずにこすりつけている。

 愛菜は、前回のボブとのセックス以来、ピルを飲み始めた。彼の濃厚で粘度の高い精液を目の当たりにして、妊娠の危機を感じるようになたみたいだ。

 今まで散々中出しをされているのに、よく妊娠しなかったなと思う。でも、愛菜がピルを飲み始めたことに、ガッカリとする気持ちもある……。私も、サブスクのせいでおかしくなってしまったみたいだ。

「ご主人が見てるのに、そんなはしたないことしてもいいの?」
 膣を拡げて挿入を待つ愛菜に、からかうように言う斎藤さん。愛菜は、私の方を見て少しだけ悲しそうな顔をした。でも、すぐに斎藤さんに向き直って、
「良いんです。彼も興奮してるんで。おちんちん、勃起してます。小っちゃくてわかりづらいですけど」
 愛菜はそんなことを言った。私は、腰を引いて勃起しているペニスを目立たなくしようとした。

「寝取られ性癖の旦那さんなら、もっと喜ばせてあげないとね」
 斎藤さんはそう言って、ペニスをこすりつけ続ける。入れようとはしていないみたいだ。すると、愛菜が腰を押しつけるような動きを始めた。
 斎藤さんのペニスを、なんとか入れようとあがいている。その浅ましい姿に、私の興奮はさらに高まっていく。

 愛菜は、四つん這いのままお尻を突き出すようにして斎藤さんのペニスを入れようとしている。あまりにも必死な姿に、つい同情しそうになる。

「そんなにおチンポ欲しいの? 旦那さんが見てるのに、浮気チンポ入れちゃうの?」
 斎藤さんは、煽るように言う。そんなことを言うことで、興奮がさらに高まっているようだ。
「欲しいです。このイボイボおチンポ、今すぐハメて下さい」
 愛菜は、切なげな顔で言う。本当に欲しくて仕方ないとしか思えない顔だ。

 私は、愛菜の気持ちがよくわからない。サブスク会員を増やすためにしているのだろうか? でも、すでに増やす意味は失われている。
 借金は綺麗に消えてなくなったし、手伝ってくれているミクちゃんにお礼をしても、お金は貯まる一方だ。

 どう考えても、積極的に会員を増やす必要はない状況だ。愛菜は、毎日のようにサブスクをしている。色々な人とセックスをしたくて、こんなに熱心にしているように思えてしまう。

 斎藤さんは、愛菜がこれだけ哀願してもペニスを入れようとしない。すると、愛菜は思い切って腰を押しつけてペニスを入れてしまった。
「あうぅっ、太いっ、おチンポ固くて太いですっ」
 愛菜は、本当に嬉しそうで気持ちよさそうな顔になっている。

「ホント、おチンポ好きだねぇ」
 斎藤さんは、本当に楽しそうだ。人妻を寝取ることに、無上の喜びを感じるタイプみたいだ。
「好きっ、大っきなおチンポ好きっ! 旦那のより大っきくて固いおチンポが好きですっ!」
 愛菜は、酷い言葉を口にしながら腰を動かし始めた。

 四つん這いで、バックの体勢で腰を動かす……必死で浅ましい姿だ。でも、愛菜は幸せそうな顔で腰を動かし続ける。まだ服すら脱がず、着衣のままのセックス……いくらなんでも、必死すぎると思う。

「あっ、んっ、アンッ、気持ちいいっ。イボイボこすれてますっ!」
 愛菜は、とろけた顔で叫ぶ。着たままのブラウスには、勃起した乳首がクッキリと浮き出ている。ぎこちなかった腰の動きも、かなり滑らかで速くなってきた。

「気持ちいいっ! おチンポ気持ちいいっ! あぁ、ダメ、もうイッちゃうっ、おチンポイクっ、イボチンイクっ!」
 狂ったように腰を動かしながら叫ぶ愛菜……。本当に、快感の虜になっている。

 愛菜は、一体何本目のペニスを経験したのだろう? もう、私も数えるのを止めてしまった。きっと、下手なアダルトビデオ女優よりも経験数は増えてしまったかもしれない。
 まるで、愛菜は風俗嬢に堕ちてしまったみたいな日々を送っている……。

 そんな妻をカメラで撮影し続ける私も、どうしようもないくらいに底辺に堕ちてしまったと思う……。

 長い手足に、形の良い胸。顔もアイドルかと思うほどに可愛くて美しい。そんな彼女がピンク系の髪をしていると、アニメキャラのようにも見えてくる。
 そんな愛菜が、狂ったように腰を動かしている。四つん這いのまま、お尻を斎藤さんにぶつけるように激しく動かしている……。

「本当に淫乱だね。もっと感じてごらん。乳首やクリ触ってごらん」
 斎藤さんが嬉しそうに言うと、愛菜はすぐにブラウスごと乳首を摘まみ始めた。
「うぅっ、気持ちいいっ、あっ、アンッ、アンッ、気持ちよすぎておかしくなっちゃうっ」
 愛菜は、はしたなく腰を動かしながら乳首を摘まみ続ける。私は、夢中でその姿を撮影し続けた。

 さっきから、私のペニスは勃起しすぎてはち切れそうだ。手も触れずに射精をしてしまいそうになりながらも、夢中でカメラを回す。
 カメラ越しに見る愛菜は、本当に淫乱で美しい。勃起した乳首をまさぐりながら、腰を動かし続ける姿はとても現実のものとは思えない。

「イグッ、イグッ、イグイグッ、んおぉっ、イグゥ~~っ」
 愛菜は、歯を食いしばるような顔で叫ぶ。もう、余裕のない顔になっている。それでもまだ腰を狂ったように動かし続けているし、何度も何度も身体を震わせる。

「旦那さんが見てるのに、何回イクの? ホント、愛菜はどうしようもないビッチだね」
 斎藤さんにそんなことを言われても、愛菜は嬉しそうに悲鳴のようなあえぎ声を漏らすばかりだ。

 最近は、ミクちゃんと一緒にプレイをする事が多いので、こんな風に愛菜単独は久しぶりだ。愛菜は、すっかりと淫乱な女に変わってしまった。

 そして、愛菜は痙攣気味に腰回りを震わせると、やっと動きを止めた。ペニスは入ったままだが、愛菜はぐったりと動かない。
 吹き出す汗に、乱れた髪。表情はすっかりととろけてトロンとしている。

「じゃあ、天国に行こうか」
 そう言うと、斎藤さんは愛菜の腰をガシッとホールドして腰を動かし始めた。ペニスが引き抜かれそうなほど引っ張り出され、一気に根元まで挿入される……愛菜は、のけ反ったり身体を折り曲げるようにしたりしながら、どんどん高まっていく。

「そこ気持ちいいっ、もっとこすってっ! イボイボでメチャクチャにしてっ!」
 愛菜は、ぐったりとした弱々しい顔なのに、まだ快感をむさぼる。私は、そんな愛菜を撮影しながら射精寸前だ。自分でも、最悪だと思う。でも、興奮はさらに高まってしまう……。

 斎藤さんは、肉がぶつかる音を響かせながら腰を振り続ける。愛菜の生膣をこんなにも長時間味わいながら、まだ射精しそうな気配がない。
 早漏の私から見ると、羨ましいほどの持久力だ。愛菜は、涙目になってきた。そして、私を見つめる。その顔には罪悪感は感じられず、ただ快感をむさぼる一匹の牝がいるみたいだ。

「イクっ、イクっ、すごいの来ちゃうっ! 斎藤さんに堕とされるっ、好きになっちゃうっ!」
 愛菜は、そんな風に叫ぶ。すでに愛菜は、何人もお気に入りがいる。好きと言いながらセックスをする、恋人のような男性達がいる。

 それがまた増えるのは、避けられそうにない。愛菜は、サブスクのない普段の日常でも、彼らと連絡を取り合っている。恋人同士のようなやりとりを繰り返している。
 サブスクと関係なく、ただ快感のために抱かれに行っていることもあるようだ。私が会社に行っている間に、こっそりと会っている……。

 それをミクちゃんから聞かされた時、私は怒りよりも興奮を感じた。そして、ミクちゃんにどんなプレイをしているのか教えてくれと頼んでしまった……。

 私は私で、こっそりミクちゃんから愛菜の浮気動画をもらっている。愛菜を止めることもなく、そんな動画を見てこっそりとオナニーをしている……。

「うぅっ、うぅ~~~っ!」
 愛菜は、歯を食いしばる顔でうめき始めた。斎藤さんは、リズムを変えることなく愛菜の膣中を責め続ける。愛菜は、快感と言うよりは、追い詰められた顔に変わっている。

 背中を反らせるようにのけ反り、お尻だけを高く上げたままの愛菜……斎藤さんは、そんな愛菜を責め続ける。そして、
「ダメっ! ダメェッ! イヤァァ~~ッ!」
 と、愛菜は悲鳴を上げ始めた。同時に、ビチャビチャッと液体が飛び散る。お漏らしではなく潮吹きのようだ。すると、斎藤さんは少しピストン速度を速くし始めた。

「あっ、あっ、あっ、あぁっっ、ダメっ、イグイグッ、んおぉおっ、おぉおぉっ、オマンコ壊れるっ!」
 愛菜は、我を忘れて叫びっぱなしだ。噴水のように飛び散り続けるハメ潮。愛菜は、必死の顔で私を見つめる。そして、なにを言ったのかわからないような言葉を口走りながら、全身を硬直させて果てた。

 力が抜けて、ぐったりしている愛菜……でも、斎藤さんはピストンを止めない。愛菜は、首を横に振りながら泣き顔で私を見つめる。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


借金を返すために、妻がサブスクを始めた8(マガブロ転載禁止)

前回の話

 愛菜は、ボブとキスをしながら腰を動かし続けている。対面座位でしがみつくように抱きつきながら、夢中で舌と腰を使っている。
「好きっ、大好きっ! もっとしてっ、オマンコ壊してっ!」
 卑猥な言葉を口にしながら、どんどん高まっていく愛菜……。女子校育ちで典型的なお嬢様だった愛菜は、私と付き合うまで男性を知らない無垢な女の子だった。

 それがいま、目の前で黒人と生セックスをしながらメチャクチャに腰を振り続けている。悪夢としか言えないような光景なのに、私はカメラを回しながら夢中でオナニーを続けてしまっている。


 愛菜は、どう見ても本気になっているように見える。でも、きっとサブスク会員を集めるため……会員に喜んでもらうためのはずだ。
 私は、結合部をアップで撮したり、とろけきった愛菜の顔をアップにしたりしながら、夢中でペニスをしごき続けた。

「ラブラブだね。本気で愛し合ってるじゃん」
 ミクちゃんがそんなことを言いながら私のペニスを握った。
「あれ? パパさんもメチャクチャ興奮してるじゃん」
 ミクちゃんは、すっかりとキャラクターが変わってしまったみたいな感じだ。20歳だけど可愛らしくてロリっぽい女の子の見た目。でも、中身は小悪魔そのものだ。

「パパさん、見て。ボブのこんなだよ。愛菜ちゃん、孕んじゃうんじゃない?」
 そう言って、愛菜ちゃんは脚を拡げてボブの精液を溢れさせた。さっきも溢れさせていたのに、まだこんなにも出てくることに驚きながら、夢中でカメラを回す。

 ボブの精液は、やっぱりどう見ても粘度が高い。太ももに付着した精液はなかなか落ちていかないほどだ。ツインテールの美少女が、こんな事をしているのもインパクトが強すぎる。

 ミクちゃんは、ひとしきり私を挑発すると二人の元に移動する。そして、キスに割り込むようにして愛菜とキスを始めた。愛菜も興奮した顔で舌を絡める。
 美しい二人のキスは、エロさと言うよりも芸術的なものを感じる。そこに、ボブが太い舌を絡ませていく。愛菜もミクちゃんも、嬉しそうにボブの舌に舌を絡ませる。

 ミクちゃんは、キスをしながらボブの乳首や愛菜の乳首も触る。ボブも、ぶっとい指をミクちゃんの狭膣にねじ込む。この3Pは、いつ終わるのだろう? 撮影していてゴールが見えないことに不安になる。

「好きっ。ボブ、これからも抱いてっ! サブスク関係なく、いつでもオマンコ使って!」
 愛菜は、我を忘れた顔で叫ぶ。ボブは、OKと言いながら腰を突き上げ始めた。

 愛菜の身体が浮き上がるほどの突き上げ。愛菜は、泣いているような声であえぎながら、時折身体を大きく震わせる。
「イグッ、ンオォッ、おぉぉっ、狂うっ、狂っちゃうっ!」
 快感が大きすぎて、恐怖すら感じているような仕草だ。それでもボブは無尽蔵の体力を見せる。ミクちゃんは、揺れすぎる愛菜の身体を触るのを諦め、私の横に来た。

「愛菜ちゃん、セフレになっちゃったね。もう、ボブの形に変えられちゃうよ」
 ミクちゃんは、そんな怖いことを言いながら私にまたがった。あっと思うまもなく、私のペニスはミクちゃんの狭膣に吸い込まれた。

 あまりの快感に、声が漏れてしまう。ボブの大きすぎるペニスを入れていたのに、すごく狭い。あれだけハードにしていたら、一時的とはいえ緩くなるような気がする。
「小っちゃいね。ボブの後だと、入ってるかどうかもわからないよ。ボブの指の方が大きいね」
 ミクちゃんはからかうように言いながらも、腰を動かし始めた。

「フフ、でも、固いんだ。カチカチ。そんなに興奮するの? 愛菜ちゃんがぶっといチンポに狂う姿」
 ミクちゃんは、私の耳元でささやくように言う。私は、嫉妬に狂いそうになりながらも、ミクちゃんの狭膣の快感に腰が抜けそうになる。

 愛菜は、完全に持ち上げられたまま突き上げられている。愛菜の体重がゼロになってしまったような、不思議な光景だ。愛菜はうめくような声であえぐ。ボブは、嬉しそうに腰を突き上げ続ける。
「うぅっ、あっ、イグッ、イグッ、ンオォッ、おぉっ、突き抜けちゃうっ!」
 愛菜は悲鳴を上げる。それでもボブは腰を突き上げ続ける。太いペニスが高速で出入りしている。パワフルで持久力がすごい。

「あぁっっ、あっ、あぁ~~っ、正勝さん、気持ちいいのっ、全然違うっ! 大っきいおチンポ気持ちいいのっ」
 愛菜は、私を見ながら叫ぶ。私がミクちゃんとセックスをしていることは気にしていないようだ。

「パパさんの前で、妊娠してヨ」
 ボブは嬉しそうに言いながら腰を動かし続ける。愛菜は、私を見ながら泣きそうな顔になる。
「正勝さん、出されちゃう。また出されちゃうよ。今度こそ、妊娠しちゃうっ」
 泣きそうな顔で叫ぶ愛菜。私は、止めろと言いかけるが、ミクちゃんにキスをされて声が出ない。小っちゃな舌が絡みついてくるだけで、さらに快感が増していく。

 すると、愛菜もボブとキスをし始めた。嫉妬した顔でボブに舌を絡める愛菜を見て、私は少しホッとした。少なくても、私に嫉妬する気持ちは残っている……それがわかってホッとした。
 でも、ホッとしていても、愛菜がボブと濃厚なキスをしながら生ハメセックスをしている事実は変わらない。

「出すよ、妊娠してネ」
 ボブはそう言ってさらに早く腰を突き上げる。それだけではなく、持ち上げた状態の愛菜の身体を上下に動かす。大きなオナホにされている姿は、あまりに強烈だ。

 そして、ボブはうめきながら愛菜の膣中に当たり前のように射精を始めた。
「あぁぁっ! 正勝さん、見てっ、孕むの見てっ!」
 愛菜は、私を泣きそうな顔で見つめながら叫んだ。そして、のけ反った姿勢で身体を震わせる。

「すごいね、パパさんが見てるから興奮してるネ」
 ボブはすごく嬉しそうに言う。愛菜は、声も出せずに身体を震わせ、時折うめき声のような低い声を上げる。

「フフ、赤ちゃん出来ちゃうね。どうするの? ハーフだからごまかせないじゃん」
 ミクちゃんは、酷いことを言う。こんな事になるのなら、ピルを飲ませておくべきだったと思う。まさか、こんなに当たり前のように中出しセックスをするようになるとは、夢に思っていなかった。

「これで、また会員増えちゃうね。愛菜ちゃん、セックス漬けの毎日になりそう。風俗嬢より、オマンコ酷使しそうだね」
 ミクちゃんは、心から楽しそうに言いながら腰を動かし続ける。私は、愛菜が沢山の男にオモチャにされる姿を想像して、暴発気味に射精をしてしまった……。

「フフ、出ちゃった。でも、小っちゃいから奥まで届かないね。これなら、どれだけ出されても妊娠の心配なさそうだよ」
 ミクちゃんは、酷い言葉で私をいじる。でも、そんなことを言われても、私の興奮は高まるばかりだ……。

 その後、ミクちゃんと愛菜の濃厚なレズプレイが始まった。お互いの膣中の精液をすすり取り、飲み干しながら相手のクリトリスを舐め続ける二人……。
 射精のような明確な合図がないだけに、二人は何度も何度も果てていく。

 ボブは、その様子を見ながら楽しそうにビールを飲んでいる。そして、ペニスが回復するたびに、好き勝手に二人の生膣を楽しむ。
 終わりの見えない3Pだ。私は、夢中で撮影を続けながらも、これ以上会員が増えたら対応出来なくなるなと不安を感じていた……。

 そして、本当に会員は増えた。料金を上げても会員は増えていき、月収は3倍になった。正直、もう本業がどちらなのかわからないレベルになってしまった。

 愛菜はほとんど毎日のようにサブクスをするようになり、手が回らないためにミクちゃんを仲間に引き入れた。彼女にそれなりの報酬を払っても、使い切れないほどのお金が残る……。

「すごいね……こんなに会員増えるなんて、不思議で仕方ないよ。私なんかとエッチするの、そんなに楽しいのかな?」
 愛菜は、不思議そうに言う。確かに愛菜はすごく可愛らしくて美しい女性だが、毎月10万円も払うほどの価値があるのだろうか? と感じてしまう。

「じゃあ、そろそろ行こうか。今日の人、初めての人だよね? どんなことされちゃうんだろう?」
 愛菜は、少し不安そうだ。でも、少しかがんだだけでパンツが見えそうなミニスカートに、乳首が浮いているのがわかるブラウス姿……どこから見ても、痴女みたいだ。

 愛菜は、真っ黒だった髪も薄いピンク色になった。アニメキャラみたいな感じではなく、オシャレ系のピンクだ。メイクも少し濃くなったし、良く言えば垢抜けた。
 でも、雰囲気がすっかりとビッチっぽく感じられるようになってしまった……。

 私は、楽しみにしてるの? と聞いてしまった。あまりにも楽しそうな態度をしているように見えて、つい聞いてしまった。
「え? そんなわけないじゃん。会員増やすためだよ」
 愛菜は笑顔で言う。でも、もうこれ以上会員が増えてしまったら、どう考えても回せなくなってしまう。それを指摘すると、
「一度に複数としたら良いんじゃない?」
 と、愛菜は笑顔で答える。本気で言っているのか冗談なのか、まるで判断がつかない口ぶりだ。私は、言葉もなく曖昧にうなずいた。

 そして、待ち合わせの場所を目指した。最近よく使っているラブホテルだ。複数で入るのも、途中で出入りするのも問題のないルーズなホテルだ。

 いつも通り車を駐車場に滑り込ませ、愛菜と入り口を目指す。ビッチみたいな姿の愛菜と、ラブホテルの駐車場を歩く……。
 愛菜とホテルに行くのは、最近では本当に多い。でも、愛菜と私がセックスをすることはない……。

 自分の妻を貸し出すためにホテルに行く……いくら借金返済という名目があったにせよ、やって良いことではなかったと思う。

部屋に入ると、愛菜は準備を始めた。と言っても、ベッド周りにローションを置いたり、コンドームを準備したりだ。ホテルの備え付けのコンドームは、信用出来ないと言うこともある。

 すると、ドアがノックされた。通常は、フロントから電話があってから、ドアがノックされるのが普通だ。でも、このホテルはいきなり部屋に訪ねてくることが出来る。

 私は、ソファに座って成り行きを見守る。もちろん、カメラは取り出して準備をした。
「こんにちは。愛菜さんですか? メチャクチャ可愛いですね」
 男性は、感動したように言う。入ってきたのは、細身の30~40歳くらいと思われる男性だ。清潔感があり、優しそうな顔をしている。
 服装はスーツではなく、カジュアルなパーカーにジーパンだ。何をしている人なのかよくわからない印象だ。

 斎藤と言う名前と年齢くらいしか情報がなかったが、こうやって面談してホッとした。今のところはないが、やっぱりこんな風にサブスクで色々な男性と会っていると、そのうちキツい男性に当たりそうで怖いと思っている。

 ただ、会費が月額で12万円と言うこともあり、ある程度余裕のある人しかサブスクが出来ないので、それほどヤバい人は来ないのかもしれない。

 抽選で選ばれる会員も、正直かなり操作はしている。写真やプロフィールを見た中で、決定しているのが実際のところだ。

「ありがとうございます。斎藤さんも、優しそうな方で安心しました。今日は、どんなプレイを希望されますか?」
 愛菜は、まるで風俗嬢……デリヘル嬢みたいだ。最近、会員は増えたが、個性的な会員は少ない。
 唾液を飲ませてくれとか、口移しでパンを食べさせてくれ、ひたすらクンニをさせてくれとか言った注文は、久しくない。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


借金を返すために、妻がサブスクを始めた7(マガブロ転載禁止)

前回の話

 愛菜は、あんなにも大きなペニスを入れられているのに、本当に気持ちよさそうだ。痛みを感じている様子もないし、苦しそうでもない。
 ボブは、愛菜を持ったまま上下に動かし始めた。駅弁でもない、見た事もないパワープレイな体位だ。まるで、愛菜自身が大型のオナホになってしまったような扱い方だ。


「うぅあっ、あっ、アンッ、気持ちいい。このおチンポ、固くて太くて、正勝さんのと全然違うっ」
 愛菜は、私を見つめたままあえぐ。ボブは、ニヤニヤした顔のまま愛菜を上下に動かし続け、時折気持ちよさそうな声も漏らしている。

「愛菜ちゃん串刺しになっちゃうね。でも、パパさん興奮してるね。愛菜ちゃんが黒人チンポに狂ってるのに、嬉しいんだ」
 そう言って、私の股間をまさぐるミクちゃん。小さな手が刺激してくる事で、一気に勃起してしまった。
「フフ、カチカチ」
 ミクちゃんは、そう言って私のペニスをしごき始めた。私は、なんとか撮影を続けながらもうめいている。あまりに気持ちいい。さっき射精をしたばかりなのに、ペニスはいきり立ったままだ。

 ミクちゃんは、本当に可愛らしい。20歳なのにツインテールも似合っているし、小柄な身体もロリっぽくて少女のようだ。そんな彼女が、私のペニスをしごいてくれている。もう、しごかれたそばから射精してしまいそうな感覚だ。
 でも、ミクちゃんはペニスバンドを着けたままだ。大きなペニスがそそり立って揺れているような感じだ。ミクちゃんのルックスとの対比で、もの凄くギャップを感じる。
「パパさん、握ってみて」
 ミクちゃんは、ペニスバンドを誇示しながらそんな事を言う。私は、言われるままにミクちゃんのペニスバンドを握ってみた。
 太い……圧倒的な太さだ。固いのは当然にしても、こんなに太いものが愛菜の膣に入ってしまう事に驚かされる。でも、愛菜を貫いている黒棒は、さらに太くて大きい……。

「イクっ、イクっ、オマンコイッちゃっ! 大っきなおチンポ、突き抜けちゃうっ!」
 愛菜は、卑猥な言葉を叫びながら果てる。私は、夢中で撮影を続けた。愛菜のとろけきった顔、拡げられてしまった膣……。
 太すぎるペニスが出入りしている光景は、今までにないインパクトだ。この動画を編集して公開したら、また会員が増えるだろうなと感じた。

 ボブは、持ち上げては落とすような動きを繰り返す。あんなに勢いよく落下してたら、子宮を激しく押し込むような状態になりそうだ。
「気持ちいい、奥が凄いの。あぁ、ダメぇ、イクっ、またイッちゃうっ! おチンポ気持ちいいのっ。正勝さんのよりずっとずっと気持ちいい。ねぇ、子宮に入っちゃうよ。串刺しにされて、子宮の中にザーメン出されちゃうよ」
 愛菜は、うわごとのように言う。気持ちよすぎて感覚がおかしくなっているようだ。

 いくら長くても、子宮に入るはずがない。そんな構造にはなっていないはずだ。でも、愛菜はそう感じているのだと思う。実際に出来るかどうかなどは関係なく、愛菜がそんな風に思うくらいに感じさせられている事に、強い危機感を感じる。

「イグイグイグッ、んおおぉっ、気持ちいいっ、黒人チンポ気持ちいいっ!」
 愛菜は、すっかりとボブの巨根に堕とされてしまった。こんなにも簡単に、こんなにもあっけなく堕とされた事に、脅威を感じる。
「ハハ、お漏らししてるネ」
 ボブは嬉しそうに言う。愛菜は、上下にオナホのように動かされながら、ジョボジョボとお漏らしをしている。アンモニアの臭いが広がっていて、愛菜も泣きそうな顔になっている。

「ごめんなさい。あぁ、止まらないの、このおチンポで奥まで突かれたら、膀胱もおかしくなっちゃう」
 愛菜はそう言いながら漏らし続ける。顔をくしゃくしゃにしながらあえぎ、お漏らしまでしてしまう……。もう、圧倒的な敗北を感じるばかりだ。

「パパさん、凄く固いよ。ねぇ、ミクとオマンコしたい?」
 ミクちゃんは、甘えたような、媚びたような態度で話しかけてくる。こんなに可愛らしい美少女に迫られて、断る男なんているんだろうか? いるわけないなと思った。
 私がうなずくと、ミクちゃんはペニスバンドを外してすぐにまたがってきた。一気に熱い肉に包み込まれ、気持ちよくてうめいてしまう。
「フフ、ちっちゃぁ~い」
 からかうように言うミクちゃん。私のペニスは、しっかりとミクちゃんの狭膣に入っている。犯罪的な状況だと思うが、それでも私の興奮と快感は尋常ではない。
 ミクちゃんは、ペニスバンドを引き抜いてあっさりと生挿入してしまっている。そして、そのままミクちゃんは腰を動かしてくれる。

 やっぱり、どう考えても異常な状況だ。自分の妻が黒人にオナホ扱いされている横で、いたいけな少女のようなミクちゃんとセックスをしている……。
 愛菜も他人棒と交わってる状況なのに、ミクちゃんとセックスしてしまっている事に罪悪感を感じる。

「んおぉっ、うぅっ、イグッ、ヒィッ、あっ、アンッ。壊れる、もう無理、うぅあっ」
 愛菜は、まったく余裕のない顔であえぎ続ける。もう何度も果てているし、とろけきった顔は見ていられない。でも、私は撮影を続けた。顔にはモザイクをかけるのに、どうしても顔のアップも撮ってしまう。

「ボクのチンポ、気持ちいいでしょ?」
 ボブは、絶対的な自信を感じる顔で言う。
「気持ちいいっ。気持ちよすぎておかしくなる。もう許してっ、イッてっ!」
 愛菜は、泣いているような顔で叫んだ。すると、ボブは愛菜にキスを始めた。絡み合う舌……愛菜もすぐに舌を絡め始めた。

「フフ、愛菜ちゃん本気のキスしてる。パパさん、良いの? ボブの赤ちゃん孕んじゃうよ?」
 ミクちゃんは、なまめかしく腰を振りながら言う。その言葉と狭い膣のせいで、今にも射精してしまいそうだ。
 私は、必死で射精を堪えながらカメラを回し続ける。愛菜の本気のキス……ボブに抱きつきながら、メチャクチャに舌を使っている。

 ボブは、愛菜の事を抱えたままキスをしている。上下に動かすのはやめたが、ずっと持ち上げたままだ。筋力も持久力も図抜けているようだ。
 すると、愛菜が腰を動かし始めた。くねらせるように、奥にペニスをこすりつけるように動かしている。それは、勝手に身体が動いてしまっているような感じに見える。

「愛菜ちゃん、夢中だね。パパさんも、イッちゃいそう。カチカチだね」
 ミクちゃんは、楽しそうに腰を振り続ける。ミクちゃんが、ほとんど感じていない事に悲しくなってしまう。そんなに私のペニスはダメなのかな? と、絶望的な気持ちにもなってきた。

 持ち上げられたまま規格外の巨根を入れられ、夢中でキスをしている愛菜……腰は、さらに激しくくねらせるように動かしている。
 自分の妻の姿とは、思いたくない……サブクスを始めたせいで、愛菜は色々な体験をしてしまった。もう、昔の清楚な彼女には戻れないと思う……。

「イッてっ! 出してっ! 欲しいの、このチンポで妊娠したいっ!」
 愛菜は、とんでもない事を叫ぶ。動画のために言ったのかと思ったが、愛菜はさっきからこっちをまるで見ない。意識すらしていないような態度で、ボブとのセックスに没頭している。

 中に出されたところで、今日は妊娠しない日のはずだ。それでも、他人に中出しをされるというのは、夫としては許せるはずもない。
「フフ、もっと固くなったよ。そんなに見たいんだ。愛菜ちゃんがボブの赤ちゃん孕むところ」
 無邪気に笑っているミクちゃん……私は、そんな事はないと言うのがやっとだ。
「ハーフの子が生まれたら、誤魔化しようがないよね」
 ミクちゃんは、煽るように言う。私は、ミクちゃんは平気なのかと聞いた。ボブに中に出されているので、ミクちゃんも妊娠した可能性があるはずだ。

「良いの。その方が、彼氏も喜ぶと思うから」
 ミクちゃんは、驚きの言葉を口にした。
「私の彼も、パパさんと同じだよ。どヘンタイの、寝取られマゾなんだ」
 ミクちゃんは、嬉しそうに言いながらキスをしてきた。私は、戸惑いながらも舌を絡めた。一気に快感が増す。こんな美少女とキスが出来るなんて、サブクスをやったおかげだなと思ってしまう。

「イクよ。妊娠してネ」
 ボブは、そう言うと愛菜を上下に動かし始めた。さっきよりも、かなり早い動きだ。愛菜は、のけ反るようになりながら、
「あぁっ、あっ、イグ、イグッ、おチンポイグッ! 旦那のより気持ちいいチンポで妊娠するのっ!」
 と叫ぶ。動画の撮影のためにわざと叫んでいるのか、本気で叫んでいるのかまったくわからない……。

 そして、ボブはうめきながら、何か英語を口走りながら射精を始めた。愛菜は、のけ反りながら身体を震わせる。同時に、ビチャビチャッと床にお漏らしまで始めた……。
 愛菜の信じられないような姿を見ながら、あっけなくミクちゃんの中に射精をしてしまった。
「アンッ。出ちゃった。ホント、どヘンタイだね。愛菜ちゃんがボブに妊娠させられてるのに、射精しちゃうんだ」
 ミクちゃんは、小悪魔の顔で言う。愛菜が妊娠するはずなんてないはずだ……。でも、不安と興奮を感じてしまう。

「うぅああぁぁ、出てるぅ、旦那のじゃない精液、子宮にかけられちゃったよ……」
 愛菜は、恍惚の表情でうめくように言う。私は、夢中でその姿を撮影し続ける。愛菜は、挑発的な顔でカメラを見つめている。
 そして、ボブはやっと愛菜をソファに座らせるように降ろした。脚が拡がった状態で座り込む愛菜……。M字開脚みたいになっている。

「凄い……こんなにたくさん……」
 愛菜は、自分の秘部を見て驚いたような声を漏らす。拡がったままの膣からは、ダラダラと真っ白で粘り気のある精液が溢れている……。

 生で挿入された事はあっても、中に出されたのは初めてだ。私は、悪夢の中にいるような気持ちのまま溢れ出る精液を撮影し続けた。
「フフ、パパさんのカチカチ。出しても興奮が収まらないんだね」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


借金を返すために、妻がサブスクを始めた6(マガブロ転載禁止)

前回の話

 愛菜は、すっかりとサブスクにハマってしまった。もの凄くお金になることもありがたいが、色々なパターンで抱かれることにすっかりと夢中になってしまったように見える。

「正勝さん、今度外でしてみない?」
 私とのセックス中に、そんな提案をしてくる愛菜……。サブスクを初めて以来、不思議と私とのセックスも増えた。あれだけ激しいセックスをしたり、強い快感を植え付けられているのに、私との平凡なセックスを望んでくれる……。
 不思議な気はするが、夫婦仲は良くなったと思う。私は、さすがに外でするのはリスクが高いよと告げた。
「でも、して欲しいな……凄かったよ。頭真っ白になっちゃった。見られながらするのって、やっぱり気持ちいいよ」
 愛菜は、はにかんだように恥ずかしがりながらも、言っていることは過激だ。


 本当に、不思議な感覚だ。借金生活に陥って、この先どうなるのだろう? と、不安を感じる生活をしていた。それが今は、思っている以上に早く借金が返せそうで、余裕すらある生活に戻ってきた。
 でも、それもすべて愛菜のサブスクのおかげだと思うと、やっぱり複雑だ。何のかんの言っても、結局はただの売春だ。妻の身体を売って、借金を返す……最低の夫だと思う。

「明日は、どんな人かな? 抽選の人だよね? ミクちゃんみたいに女の子だったりして。そう言えば、ミクちゃんがサブクスの時に一緒にプレイしたいって言ってるよ。声かけてみる?」
 愛菜は、そんなことを言い始めた。二人が連絡を取り合っていることに驚きながらも、ドキドキしてしまった。あんなに若くて可愛い女の子の裸を見たり、セックスをしている姿を見られる……興奮するに決まってる。
 私は寝取られ性癖だが、普通の性欲もある。あわよくば、ミクちゃんとセックス出来たら良いなと思ったりもしている……。

 私は、良いねと告げた。
「じゃあ、呼んでおくね。抽選の人も、喜ぶよね?」
 愛菜は、目が好奇心で輝いている。私は、すぐにうなずいた。明日の抽選の人はラッキーだなと思った。愛菜もとんでもなく可愛いと思うが、ミクちゃんは若くて可愛い。20歳だが、ツインテールの似合うロリ可愛い女の子だ。
 抽選の人の情報は、ほとんどない。そもそもSNSのハンドルネームみたいな名前で応募してくる人がほとんどで、明日の人は黒棒という名前で応募していた。
 駄菓子の黒棒は大好きで、よく食べる。ドンキホーテで売っているのを、たくさん買ってきたりする。

 駄菓子好きの男性なのかな? と、色々な想像を膨らませた。翌日、サブスクをするのに私とセックスをする……愛菜は、すっかりと淫乱に目覚めてしまった感じがする。

「やっぱり、ドキドキだね。どんな人かな?」
 愛菜は、ドキドキしっぱなしだ。今日は、複数人数でも入れるラブホテルで待ち合わせている。黒棒さんとミクちゃん、そして私達だ。
 ミクちゃんにもホテルの情報は伝えてあるので、直接来る予定だ。

 そして、色々と準備をしているうちに、けっこうギリギリの時間になってきた。30分くらいは早く着くつもりだったのに、これだとギリギリだ。
 私達は、慌てて家を出た。ミクちゃんが先についてしまうのではないかと心配をしながら、車でホテルを目指した。
「今日はどんなことされちゃうんだろう? ドキドキする。正勝さん、いっぱい興奮してね」
 愛菜は、助手席で落ち着かない感じだ。それにしても、本当に生活は一変してしまった。こんな風に、自分の妻を他人に抱かせるために車で移動する……。どう考えても異常な日々だ。
「フフ、もう興奮してるね。そんなに嬉しいの? 今日は、また新しい扉が開いちゃうかもよ?」
 愛菜は、挑発的に言う。私は、ドキドキしながらも運転を続けた。確かに、私のペニスはズボンを突き破りそうなほど勃起している……。

「好き? 私のこと、愛してる?」
 愛菜は、急にそんな質問をしてきた。もちろん愛していると即答したが、そんな質問をしてきたことに不安を感じた。理由を聞くと、
「だって、私って他の人とセックスしてイキまくってるでしょ? 淫乱な姿見られて、嫌われてないかなって……」
 と、愛菜は不安そうに言う。まさかそんな心配をしていたなんて、想像していなかった。私は私で、こんな事をさせているせいで、愛菜に嫌われていないかな? と、心配していたほどだ。

「フフ、変なの。お互いにそんなこと考えてたんだね。じゃあ、今日もいっぱい感じちゃうね。正勝さんも、いっぱいオナニーしてね」
 愛菜は、無邪気に見える笑顔をこぼした……。ホテルに着き、フロントで受付をしてエレベーターに乗った。エレベーターの中で、愛菜は無口だった。
 緊張している……でも、呼吸が若干荒い。そして、エレベーターを降りてドアをノックした。

 少し間を置いて、返事が聞こえる。女性の声だ……ミクちゃんの声に聞こえた。そして、ドアが開くと、全裸のミクちゃんがいた。彼女は後ろからハメられているが、ハメているのは黒人だ。
「愛菜ちゃん、先に始めてるよ。このおチンポ、最高に気持ちいいの」
 ミクちゃんはツインテールの可愛らしい姿のまま、後ろから大きなペニスに貫かれている。黒棒さんは、
「初めまして、黒棒です。ボブと呼んでください。今日は、よろしくネ」
 と、流ちょうな日本語で挨拶をしてきた。あっけにとられている愛菜。私も、言葉に詰まってしまっている。色々な面で、想像を超えてしまっている。

「まずは、見てて下さい。ミクちゃんとファックします」
 彼の日本語は、本当に流ちょうだ。少しイントネーションが違うところもあるが、丸っきり日本人だ。でも、身体はデカいし分厚い。ミクちゃんにハメているペニスも、見えている部分がやたらと大きい。
 そして、彼の見た目は、なかなか整っているように見えた。見た感じ黒人だが、おそらく色々な血が混じっていそうだ。整った顔は、イケメンと言っても良いかもしれない。

 彼は、すぐに腰を振り始めた。力強く、長いストロークで小柄なミクちゃんを犯し始めた。ミクちゃんは、とろけきった顔であえぐ。
 もう、すっかりと出来上がってしまっていて、トロンとした顔は発情した牝のようだ。ボブがリズミカルに立ちバックで責めるので、ツインテールがユサユサ揺れる。
 胸は小さめなのでさほど揺れていないが、それが犯罪的な危険な臭いをさせる。小柄な彼女は、まるで子供だ。それが、こんなにも大柄なボブに犯されているのは、イケないことをしているみたいだ。

「アンッ、アンッ、イクっ、またイクっ、このおチンポ気持ち良いのっ! 愛菜ちゃん、キスしてっ」
 ミクちゃんは、余裕のない顔で叫ぶ。すると、愛菜はすぐにミクちゃんにキスを始めた。舌を差し込み、かなり激しくかき回す。
 ミクちゃんは、すぐに舌を絡める激しいキスを始めた。愛菜は、かなり興奮している。夢中のキスという感じだ。ボブは、二人のキスを見て嬉しそうな顔になる。

 私は、興奮しすぎて立ちくらみみたいになってきた。そっとソファに座り、3人を眺めた。もう、最初から蚊帳の外だ。でも、こんなにも興奮している自分に、我ながらあきれてしまう……。

「イクっ、イクぅっ!!」
 ミクちゃんは、激しく身体を震わせる。そして、腰が落ちてしまったのか、ペタンと床に座り込んだ。大きなペニスが抜け、その全容が見えた。
 そのペニスは、コンドームも何もつけられていない。黒くて太くて長い……ディルドやペニスバンドよりも、全然大きい。黒人のペニス……イメージしていたとおりの大きさだ。
 あまりのサイズの違いに、敗北感すら感じない。ただただ畏れを抱いてしまう。

 ミクちゃんの体液でドロドロになったペニスは、所々まだらに白いモノも付着している。ミクちゃんは、目の前にペニスに吸い寄せられるように顔を近ずけて舐め始めた。
 可愛らしい少女のような顔……でも、発情したように大きすぎるペニスを舐めて奉仕をしている。小さな顔との比較で、ペニスはより大きく見えている。

「愛菜ちゃんも、舐める?」
 ボブが、人なつっこい笑みを浮かべながら聞いた。愛菜は、さっきから彼のペニスを見つめていた。見惚れてしまっているような顔で、じっと見つめていた。
 ボブに声をかけられ、ハッと気がついたような顔になると、いったん私を見た。でも、私の股間の辺りを見ると、薄く笑ってすぐにフェラチオに参加し始めた。

 ボブのペニスを、二人が舐めている。男にとって、夢のような状況だ。二人は、くわえたり舐めたりを交互に繰り返し、終いには睾丸まで舐め始めた。

「おぉう、気持ちいいよ。二人とも、ビッチだね」
 嬉しそうな彼。二人は、本当に心をこめてフェラチオを続ける。舌が大きな亀頭に絡みつき、酷く卑猥に見える。私は、堂々とペニスを出してしごき始めた。
 もう、寝取られ性癖を隠すつもりもないし、かっこ付けるつもりもない。でも、ビデオも回し始めた。撮影しないと、会員に見せる動画がなくなってしまう。

 オナニーしながら撮影をするということに、情けなくて悲しい気持ちも湧く。でも、やっぱり突き抜けるような強い興奮と快感を感じてしまう。

 二人は、一生懸命にダブルフェラを続ける。そして、時折二人はキスもする。卑猥に舌を絡めるキスをしながら、手で黒棒をしごき続ける。
「ボブも混ぜて」
 彼はそう言ってキスに割り込んだ。3つの舌が絡み合い、卑猥なキスが続く。彼の舌は大きくて分厚い。そんな舌が愛菜の口内にねじ込まれると、強い危機感を感じてしまう。

 愛菜は、今までのサブスクとはリアクションが違う。こんなにも発情丸出しの顔は、したことはなかったと思う。本能的に、強い雄に惹かれるのだろうか?

 すると、ボブは二人を小脇に抱えるようにして持ち上げると、ベッドに移動を始めた。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


借金を返すために、妻がサブスクを始めた5(マガブロ転載禁止)

前回の話

 ミクちゃんは、なまめかしく腰を動かしながら、
「ほら、もっと感じてごらん。もっと、イヤらしいこと言ってごらん」
 と、愛菜を言葉責めし続ける。少女のようなルックスの彼女が、まるで年上のSキャラみたいになっている。愛菜は、太いペニスバンドで膣奥まで責められながら、本当に気持ちよさそうにあえいでいる。


 まさかの4人目だった。うら若い20歳の女性の会員が出来ることなんて、想定もしていなかった。
ミクちゃんは、腰を動かしながら愛菜の乳首を摘まむ。ギュッと、形が平べったくなるくらいに強く摘まんでいる。
「アヒィッ、うぅあぁ、ダメぇ、潰れちゃうぅ」
 愛菜は、トロトロの声を出す。ミクちゃんは、泣きそうな愛菜の顔を見てもさらに乳首を摘まんでいく。
「うぅっ、あっ、ンッ、アフッ、アンッ、アンッ、気持ちいいっ。オマンコも乳首も気持ちいいのっ!」
 愛菜は、すっかりと快感に取り憑かれてしまっている。不思議な光景だ。愛菜が少女に犯されている……私とする時よりも、大きな声が出ているし顔もとろけている。

 私は、カメラで撮影をしながら左手で股間をまさぐっている。撮影に集中しないといけないのに、あまりに卑猥な光景に興奮が収まらない。愛菜が男性に抱かれている時は、興奮は凄かったが衝撃も大きかった。
 ミクちゃん相手のセックスは、衝撃は少ない。寝取られているという感覚が薄く、ただただ興奮する。まるで、アダルトビデオを見ているような感覚だ。

「あぁ、ダメぇ、イクっ、イッちゃうっ、オマンコイッちゃうっ!」
 愛菜は、声が震えている。すると、ミクちゃんがキスをした。腰の動きはさらに激しくなっていて、まるで男性のように力強い。
 可愛らしい少女のようなルックスなのに、意外なほどにパワフルだ。絡み合う舌、グチョグチョに濡れて音を立てている愛菜の膣。
 私は、結合部をアップにしたり、二人の顔をアップにしながら撮影を続けた。でも、撮影をしながらも、どうしても股間をまさぐってしまう。
「うぅっ、うぅ〜〜っ、うぅぅっ!」
 愛菜は、キスをしながらうめき、身体をガクガクッと震わせた。
「イッちゃったね。口開けて」
 ミクちゃんは、サディスティックな口調で指示をする。可愛い顔とのギャップが凄い。愛菜は、うっとりとした顔のまま口を開けた。
 ミクちゃんは、すぐに唾液を垂らし始めた。愛菜は、興奮した顔でそれを飲み干す。ミクちゃんは、続けて何度も唾液を垂らしていき、愛菜は興奮しきった顔に変わっていく。

 愛菜は、唾液を飲みながら身体を震わせた。ミクちゃんの腰の動きは止まらない。無尽蔵の体力があるのかと思ってしまう。
「ねぇ、代わってくれる?」
 ミクちゃんは、そう言ってペニスバンドを脱いでいく。ズルンとディルドが抜けて、ドロドロに濡れているのが見える。愛菜は、そのディルドを自らの膣に挿入していく。
「うぅ、太い……」
 うめきながら、根元まで入れてしまった。そして、バンドで固定をする。愛菜から、立派なペニスが生えている……強烈なビジュアルだ。

「フフ、おチンポ生えちゃった」
 愛菜は、無邪気な笑みを浮かべている。そして、ミクちゃんは四つん這いになった。お尻を高く突き出すようにして、両手で膣を拡げていく。
「ぶっといおチンポ、ミクのオマンコにねじ込んでください」
 さっきまでのサディスティックな雰囲気は消えて、今度はマゾになってしまったようだ。小さな膣が、左右に大きく拡げられている。
 とんでもなく卑猥な光景だ。こんなに可愛らしい女の子のあられもない姿を見ることが出来て、本当にラッキーだと思う。私は、彼女の膣もアップで撮影する。どうせこんな映像はSNSやブログでは使えない。
 私は、自分の楽しみのために撮っているのかもしれない。愛菜は、興奮した顔でペニスバンドを握ってミクちゃんの小さな膣に押しつけた。
 女性でも、女性に挿入するのは興奮するのだろうか? 愛菜は、ゆっくりと腰を押し込んでいく。
「うぅっ、あぁ、太い……オマンコ裂けちゃうぅ」
 ミクちゃんは、とろけた声で言う。さっきまで、同じ太さのディルド部分が入っていたはずだ。裂けるはずもないと思う。
 でも、言葉に出すことで、興奮するのかもしれない。実際、ミクちゃんの顔はとろけてしまっている。愛菜は、腰を動かし始めた。ぎこちない動きだが、意外に力強い。
「アンッ、うぅっ、気持ちいいっ。もっと強くしてっ! ミクのオマンコ、奥まで突いてっ!」
 ミクちゃんは、お尻を突き出すようにしながらあえぐ。本当に気持ちよさそうで、幸せそうな顔になっている。彼女は、ガチのレズなんだろうか? 男に凄くモテそうだが、女性にしか興味がないのだろうか?
 そんなことを考えながら、カメラを回し続ける。股間をまさぐりっぱなしなので、もう射精しそうな感じもある。

「気持ちいい? もっと感じて」
 愛菜は、そんな言葉をかけながら腰を動かし続ける。ぎこちなかった動きも、少しずつ滑らかになってきている。異常すぎる光景だが、私もけっこう慣れてきた。
「愛菜ちゃん、お尻叩いて」
 ミクちゃんが、興奮した顔でおねだりをする。愛菜は、戸惑った顔になりながらもミクちゃんのお尻を平手で叩いた。乾いた音が響き、ミクちゃんの悲鳴が響く。
「もっと強くっ」
 ミクちゃんは、顔をとろけさせながら叫ぶ。愛菜は、もっと強くミクちゃんのお尻を叩いた。
「アヒィッ、うぅっあぁ、もっとぉ」
 ミクちゃんは、さらにとろけた顔を晒す。愛菜は、続けざまにミクちゃんのお尻を叩いていく。
「イグッ、イグゥッ、イグゥッ!」
 ミクちゃんは、お尻を真っ赤にしながら果てた。その顔は本当に気持ちよさそうで、とろけきっているように見えた。

 プレイが終わると、二人はまたキスをした。感情がこもっているようなキスだ。そして、ペニスバンドを外していく。ミクちゃんが、
「旦那さんも、ミクのオマンコにハメますか?」
 と、上気したような顔で聞いてきた。ビックリして無言の私に、
「だって、ずっと見てたでしょ? ミクのオマンコ見ながら、オナニーしてたでしょ?」
 ミクちゃんは、挑発的な顔で言う。私は、思わず愛菜を見た。どうしたらいいのか、わからなくなってしまった。
「正勝さん、したいんでしょ?」
 愛菜は、ニヤニヤしている。私は、思わずうなずいた。
「フフ、ロリコンなんだ。じゃあ、愛菜さんの旦那さん、寝取っちゃお」
 そう言って、ミクちゃんは私に抱きついてキスをしてきた。小さな舌が、口の中で踊る。私は、慌てて愛菜を見た。でも、愛菜は興奮した顔で見つめるばかりで、何も言ってこない。

 これは、完全な浮気だと思う。愛菜が他の人とするのは、サブスクだ。良い方は悪いが、お金のため、借金返済のためだ。でも、私がミクちゃんとセックスをするのは、ただの浮気になると思う。

 ミクちゃんは、キスがとにかく上手だ。歯茎や口内の上の方まで舐め尽くすように舐めてくる。そして、キスをしながら私のズボンとパンツを脱がせた。
「フフ、小っちゃいんだ。これじゃ、愛菜さん物足りないだろうな〜」
 イタズラっぽく言うミクちゃん。私は、恥ずかしくなってしまった。劣等感も刺激されるが、なぜか興奮もしている。
「いただきま〜す」
 ミクちゃんは、そう言って私のペニスをくわえた。さっきのキスと同じで、舌が巧みに絡みついてくる。カリ首辺りを舌が巻き付くように舐めると、一気に射精感が湧き上がる。
 少女のような見た目なのに、性技が上手すぎる。一体、どんな経験をしてきたのだろう? 私は、もう限界だと告げた。すると、ミクちゃんはすぐに私を座らせて、またがって挿入してしまった。

「フフ、小っちゃい」
 またそんな事を言われた。悲しくなってしまうが、避妊をしていないことを慌てて指摘した。さすがに、妊娠でもさせたら大変だ。
「平気だよ。こんなちっちゃなおチンポじゃ、子宮に届かないから。そんなことよりも、ミクのオマンコ気持ちいいでしょ?」
 ミクちゃんは、自信を持っているみたいだ。実際、小さすぎる膣はキツキツに感じる。私の粗末なペニスでも、強烈な締まりを感じる。
 こんなに狭い膣なのに、よくあんなに太いペニスバンドが入ったなと思った。私は、すごくキツくて気持ちいいと伝えた。
「フフ、そうでしょ〜。愛菜さんと、どっちのオマンコが気持ちいい?」
 ミクちゃんは、腰を動かしながら小悪魔のように聞いてくる。正直、ミクちゃんの方が締まる。でも、そんな事は言えるものではない。言いよどんでいると、
「ミクちゃんのオマンコの方が、キツくて気持ちいいんでしょ? ごめんね、オマンコ緩くて」
 愛菜は、少し怒っている。ヤキモチを焼いているような態度が、もの凄く可愛らしい。
「フフ、カチカチになった。怒られてるのに、興奮するんだ。ホント、ドヘンタイだね。良いよ、中に出して」
 ミクちゃんは、そんな事を言いながら腰を動かし続ける。私は、搾り取られるように射精をしてしまった……。
「アンッ。出た。フフ、小っちゃくて早いんだ」
 からかうように言う彼女。私は、情けない気持ちになりながらも、快感が大きすぎてうめいていた。

 ホテルから出て愛菜と二人になると、
「ミクちゃんのオマンコ、そんなに気持ちよかった?」
 と、ヤキモチを焼いているような顔で聞いてきた。普段は、愛菜が他の男に抱かれて私を興奮させている。今回は、ちょっとイレギュラーなパターンだ。
 私は、素直に気持ちよかったと告げた。そんなことを隠しても仕方ない。
「す、好きになった? ミクちゃんのこと……」
 愛菜は、急に弱気な顔を見せる。私は、そんな事はないと慌てて告げた。
「本当に? 私は、西条さんの事好きになったよ。また抱いてもらいたいって思ってる。来月が待ち遠しいもん」
 愛菜は、いきなりカミングアウトをしてきた。ショックで声が出ない。
「正勝さんも、ミクちゃんとしたいって思ってる? だったら、こっそりしちゃう? 抽選とか関係なしで。私も、ミクちゃんとエッチしたいし……」
 愛菜は、そんな事まで言う。たった四回サブスクをしただけなのに、愛菜はすっかりとのめり込んでしまっている。性格まで変わってしまったように思える……。


Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


借金を返すために、妻がサブスクを始めた4(マガブロ転載禁止)

前回の話

 愛菜は、あっけなくイッてしまった。しかも、身体が痙攣するように震えている。あんなシリコンリングがペニスについているだけで、そこまで快感が強くなるのだろうか?
 男性は、無表情で腰を振り続ける。オールバックの髪型のせいかもしれないが、冷たい感じの男に見える。

「ダメっ、イクっ、イッてるのっ、イッてますっ、もうイッてるっ!」
 愛菜は、快感を感じている以上に、焦っているように見える。快感が強すぎて、ビックリしている? どちらにしても、追い詰められたような顔だ。


 男性は、無造作に腰を振り続ける。巨根の部類だとは思うが、そこまで大きさは感じない。でも、シリコンリングが強烈に刺激しているみたいだ。
 男性は、平手で愛菜のお尻を叩いた。乾いた音が響き、
「ヒィっ、うぅあっ」
 と、愛菜の悲鳴のような声が響く。でも、愛菜の表情はさらにとろけたように感じた。
「なに勝手にイッてるんだよ。こらえ性のない牝豚だな」
 男性は、酷いことを言う。でも、愛菜はスイッチが入ったような顔になっていて、
「ごめんなさいっ。淫乱な牝豚でごめんなさいっ」
 と、叫ぶように言った。私は、ドキドキしながらカメラを回し続ける。もう三人目なので、撮影にも慣れてきた。でも、気持ち的なものはまだ慣れない。愛菜が他人棒に貫かれている姿は、あまりにも衝撃的だ。

「ほら、もっと締めろ。オマンコ緩いぞ」
 男性は、またお尻を叩く。酷い言葉も、愛菜にとっては快感に置き換わっているようだ。
「ヒィッ、うぅっ、あっ、アンッ、ごめんなさいっ。オマンコ締めますっ!」
 愛菜は、泣き顔で叫ぶ。男性は、薄い笑いを浮かべながら愛菜のお尻を叩き続けた。男性の無表情だった顔に変化が起きて、私はゾクッとしてしまった。

 愛菜は、見たことがないようなリアクションをしながらあえいでいる。愛菜に、マゾ的な要素があったのは知らなかった。これからも、何人もの男性とサブスクをすることによって、色々な扉を強制的に開けられてしまうのだろうか? 私は、怖くなってきた。愛菜が、まったく違う女性に書き換えられてしまいそうで……。

「イグっ、ンオォッ、ダメっ、ごめんなさいっ、イッても良いですか!? イカせて頂いても良いですか!?」
 愛菜は、メス奴隷の顔で叫ぶ。男性は、いきなりペニスを抜いた。
「んおぉおぉっ!」
 愛菜は、身体を折り曲げるようにしながらガクガクッと震えた。どう見ても、イカされてしまったみたいだ……。前の二人がヘンタイで、挿入までには至らなかった。
 こんな風に、ペニスでイキ狂う姿を見せられて、心が折れそうだ。でも、不思議なもので、カメラを回していることでなんとか冷静さを残している。
 戦場カメラマンが危険を顧みずに撮影を続けるのは、カメラを通すと現実味が薄れるからだろうか?

 男性は、ペニスからコンドームを外した。シリコンリングのペニスは、やっぱり異様な迫力がある。カリ首よりも張り出しているので、実質それがカリ首になっているのだと思う。
 膣壁をこすられる快感は、男の私には想像出来ない。でも、カリ首があんな形になっているのにも意味があると思う。こんな風に、張り出した固いシリコンリングがこするのは、ペニスとは違った快感があるのだと思う。

「くわえろ」
 男性が指示をすると、愛菜はすぐにペニスをくわえた。従順な態度は、すっかりと調教されてしまったみたいだ。愛菜は、涙目になりながら喉奥までくわえ込む。
 とくに指示があるわけでもないのに、愛菜は夢中でご奉仕をしている。色々な動画の真似をしているのだと思う。愛菜は、私と経験するまでは処女だった。
 でも、好奇心は強くて色々な動画は見ていたそうだ。愛菜は、動画の真似をしているのだと思う。ご奉仕をしているのだと思う。

 男性は、愛菜の口からペニスを引き抜くと、自分で握って愛菜の頬をペニスでペチペチと軽く叩く。愛菜は、頬をペニスで叩かれるたびに、顔がとろけていく。
「あぁ、ダメぇ、イキそうです」
 愛菜は、そう言いながらクリトリスの辺りをまさぐり始めた。酷い光景だ……。でも、私の興奮も高まりすぎなほど高まってしまっている。
 触ってもいないのに、射精感が湧き上がっている。こんな事があるのだろうか? でも、高橋さんの時もパンツの中に射精てしまった。私は、根っからの寝取られ好きなのかもしれない。

 すると、男性はベッドに寝転がった。愛菜は、クリトリスをまさぐるのを止めて、すぐにベッドに上がって騎乗位で入れてしまった。
 男性は、指示をすることもなくニヤニヤしているだけだ。愛菜は、コンドームをつけずに入れてしまった……。私は、慌てて止めようとした。でも、今日は愛菜の安全日だということを思い出して思いとどまった。

「うぅああぁっ、気持ちいいです。全然違います。生のおちんちん、気持ちいいですっ」
 愛菜は、とろけきった顔で言う。コンドームがないことをわかった上で、入れてしまった……夢中になっていて気がつかなかったわけではなく、確信的に生ペニスを入れた……。
 私は、危機感を嫉妬でおかしくなりそうだ。いくらなんでも、生セックスなんてやり過ぎだ。でも、愛菜は腰を上下に動かしている。

「うぅあっ、あっ、こすれるっ、リングがゴリゴリこすれてますっ」
 愛菜は、とろけた顔で叫びながら腰を動かし続ける。美しい顔が、快感に歪んでいる。よだれも垂れているし、乳首もクリトリスもビンビンに勃起しているのがわかる。

 どう見ても、楽しんでいる……借金のために仕方なくしているようには見えない。
「アンッ、うぅっ、あっ、あぁ〜〜ッ、ダメぇ、イクっ、イッちゃうっ、イッても良いですか!?」
 愛菜は、泣き顔で叫ぶ。今までで一番気持ちよさそうな顔になっている。男性は、いきなり愛菜の乳首を摘まんだ。ギュッと変形するくらいに強く摘まみ潰すと、
「アガッ、あぁああぁあぁ、イッちゃったぁ、ごめんなさい、勝手にイキましたぁ」
 と、愛菜は小刻みに腰の辺りを震わせながら謝る。そして、グッタリと彼の身体にもたれ掛かっていった。愛菜は、とろけた顔のまま自分からキスを始めた。
 愛菜のキスは、どう見ても感情がこもっているように見える。本気のキスだ……。こんなに短時間で、身も心も堕とされたのだろうか?

「乳首舐めながら腰を振れ」
 男性は、キスを振りほどくようにして命令した。愛菜とのキスを、それほど楽しんでいないように見える。愛菜は、夫の私が言うのもはばかられるが、最高にイイ女だと思う。
 顔もスタイルも最高だし、胸もそれなりにある。騎乗位で揺れていた胸は、たまらなく官能的だった。

 それなのに、男性は愛菜にさほど興味がないように見えてしまう。愛菜は、すぐに男性の乳首を舐め始めた。そして腰の動きも再開した。
 腰を動かしながら夢中で乳首を舐める姿は浅ましく、愛菜を奪われてしまったような気持ちも湧いてくる。
 愛菜は、うめき声をあげながら腰を動かし続ける。腰の動きはさらに早くなっていく。私は、秘部をアップにした。ツルツルの剃り上げらた幼膣……異形のペニスが出入りしている。
 ペニスはそこかしこに白いモノが付着していて、愛菜が本気で感じていることを伝えてくる。私とのセックスでは、愛菜はこんなに夢中になることはない。
 明白な敗北を見せつけられ、劣等感がもたげてくる。でも、私も興奮しすぎていて、今にも射精してしまいそうだ。

「出すぞ。中に出すぞ」
 男性は、やっぱり冷静な口調だ。射精寸前の高ぶりが感じられない。愛菜は、動きを止めた。
「な、中はダメです……」
 さすがに、理性がブレーキをかけたようだ。私は、ホッとしながらも、ガッカリしている自分に気がついて唖然とした。
「じゃあ、飲め」
 男性は、あっさりと諦めてそんな指示をした。愛菜はすぐにペニスを引き抜くと、ドロドロに汚れているペニスをくわえた。そして、すぐに激しく頭を振るようにしてフェラチオを始めた。

 私は、四つん這いみたいになっている愛菜の秘部を撮した。太ももも途中まで垂れ流れた蜜……そして、まだ少し拡がってしまっている膣。
 他人棒に犯されて、こんな状態になっていると思うと、敗北感と焦燥感で居ても立ってもいられない気持ちになる。愛菜は、夢中で頭を動かし続ける。こんなに激しいフェラチオはしたことがないはずだ。

 男性は、うめきながら射精を始めた。愛菜は、口内射精を受け止めながら、ブルブルッと身体を震わせた。愛菜は、出されたそばから飲み干している。喉が動くのがハッキリとわかる。

「ごちそうさまでした。西条さんの精液、美味しかったです」
 愛菜は、上気したような顔で言う。その表情は、まるで恋でもしているように見えてドキッとしてしまった。すると、急に西条さんの顔がソフトになった。
「大丈夫だった? 苦しくなかった?」
 優しい声をかける彼……。顔も、冷たい感じから優しい感じに変わっている。その変化に驚いてしまった。
「大丈夫です。ドキドキしました。あんなの初めてだったから……」
「イヤじゃなかった?」
「はい。興奮しました。本当に自分が牝豚になった気持ちになりました……」
 愛菜は、まだ興奮が冷めていないみたいな顔だ。
「ありがとう。また来月もこんな感じで良いかな? それとも、もっとハードにする?」
 西条さんは、優しい顔で聞く。
「……はい。もっとハードなのが良いです」
 愛菜は、モジモジと恥じらうように言った……。

 ホテルを出て車に乗り込む。愛菜は、まだポーッとした顔のままだ。そんなに気持ちよかったの? と聞くと、
「凄かった……私、牝豚だったみたい……フフ、変態夫婦だね」
 愛菜は、イタズラっぽく微笑んだ。私は、もっとハードなのってどんなの? と聞いた。愛菜の想像がどんな物なのか気になって仕方ない。
「え? わかんない。でも、もっとメチャクチャにされたいなって思ったの……」
 愛菜は、うわずった声で言った……。

 2日後、今月最後の人に会った。最後の人は、まさかの女性だった。ホテルに入ると、可愛らしい女の子みたいな女性が挨拶をしてきた。
 最初は部屋を間違えたのかと思ってしまった。でも、名前を聞いて彼女だと分かり、愛菜と私は驚いて顔を見合わせた。
「ビックリしちゃいましたか? 今日はよろしくお願いします」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


借金を返すために、妻がサブスクを始めた3(マガブロ転載禁止)

前回の話

 愛菜は、まだほとんど服を着たまま激しくあえいで果てた。でも、高橋さんはリズムを変えることなく愛菜のクリトリスの辺りを舐め続けている。
「もうイッてますっ、イッてるっ、うぅぅ、ストップ、もう無理、ヒィアッ、うぅっ」
 愛菜は、身体をくねらせて高橋さんのクンニから逃れようとする。でも、高橋さんはひたすら舐め続ける。他の事は一切せずに、ひたすらクンニだけをし続けている。


 愛菜は、あえぎ声が悲鳴に変わっている。気持ちよすぎてツラいみたいだ。
「イヤッ、あっ、うぅっ、イクっ、またイッちゃうっ! もう無理、無理です! 止めてっ!」
 愛菜は、可愛らしい顔をグチャグチャにして叫ぶ。でも、まだ高橋さんは舐め続ける。もう、快感を与えると言うよりは、拷問でもしているような感じになってきてしまった。

 愛菜は、腰を持ち上げるようにして叫ぶ。一体、何回イカされてしまったのだろう? ホテルに入る前は、意外にあっさりと終わることを想像していた。愛菜が、感じるはずもないと思っていた。
「イヤッ、イヤァ〜〜ッ!」
 愛菜は、叫びながら潮を吹き始めた。この前の動画の時みたいに、男優さんが指で激しく責めているわけではない。ただ舐めているだけなのに、愛菜は身体を硬直させながら潮吹きをしている。
 高橋さんは、顔をビチャビチャに濡らしている。それでもかまわずにクリトリスを一点集中で舐め続けている。

 ふと彼の股間を見ると、まったく勃起していない。ズボンは膨らんでもいない。愛菜は、歯を食いしばるような顔になっている。腰は完全に持ち上がったままで、脚も力が入っているみたいだ。
「もうダメぇっ! 死んじゃうっ! イキすぎて死んじゃうっ! 助けて、あなた、助けて……」
 愛菜は、涙とよだれでグチャグチャの顔で話しかけてくる。でも、私は夢中でカメラを回し続けた。そして、必死で射精を堪えている。

 そのまま高橋さんの責めは続く。愛菜は、悲鳴が弱々しくなってきている。もう、力が入らないみたいだ。そして、激しく痙攣するように果てると、高橋さんはやっと舐めるのを止めた。
 グッタリと、弱々しく横たわる愛菜……その顔は、弛緩してしまっている。でも、幸せそうにも見える。
「凄かった……高橋さん、もう来て下さい」
 愛菜は、媚びるような顔で言う。ペニスが欲しくて仕方ないという顔に見える。でも、高橋さんは、もうこれで終わりで良いと言い始めた。
「え? 終わり? だって、まだ射精してないですよね?」
 愛菜は、キョトンとした顔で言う。
「私、EDなので。こんな可愛らしい女の子をアレだけ感じさせたら、もう満足です」
 高橋さんは、本当にスッキリとした顔で言う。まさかの展開だ。愛菜は、少し悲しそうだ。そして、彼のズボンを脱がせ始めた。
「えっ? もう、良いですよ。本当に満足ですから」
 高橋さんは、少し慌てている。
「EDでも、射精は出来るんじゃないですか? せっかくだからさせて下さい」
 愛菜は、そんな風に言いながら彼の下半身を裸にしてしまった。愛菜は、まだ着衣のままだ。ショーツ以外は脱いでいない。
 すごく変な光景になっている。着衣のままの愛菜の前で、下半身裸の高橋さん。そのペニスは、確かにまったく勃起していない。大きさはなかなかのものだが、ダランとしてしまっている。
 愛菜は、まったく躊躇なくペニスをくわえた。そして、口の中で舌を使って責め始めた。可愛らしい顔が、口の中のペニスのせいで少し間抜けた感じになる。
「いや、ホントにもう満足ですから」
 高橋さんは、申し訳なさそうだ。でも、愛菜は夢中で舐め続ける。少しでも勃起させようとしているのか、指で睾丸を触ったりもしている。
 まるで、愛菜が風俗嬢にでもなってしまったみたいな光景だ。必死で責め続ける愛菜……でも、高橋さんのペニスはピクリとも動かない。

 本当にEDなんだなと思った。それでもこんな事をしているのは、いつか勃起出来るようになると信じているからだろうか? 愛菜の舌は、彼のペニスのカリ首辺りを舐め回す。勃起させようと必死になっている。
 でも、高橋さんのペニスは大きくなる気配もない。愛菜は、ペニスをくわえて吸い始めた。頬がすぼまり、強く吸引しているのがわかる。
「ありがとうございます。でも、本当に勃たないので……」
 申し訳なさそうな高橋さん。
「じゃあ、手でしますね。射精は出来ますよね?」
 そう言って、愛菜は手コキを始めた。彼の服を脱がし、乳首も舐める。高橋さんは、勃起こそしていないが気持ちよさそうだ。
「あぁ、気持ちいい。ありがとう」
 高橋さんは、とても嬉しそうな顔になっている。そして、愛菜にキスをねだる。愛菜は、チラッと私を見た後でキスをした。キスをしながら手コキを続ける愛菜……でも、なぜか私のことを見たままだ。
 愛菜は、私が寝取られ性癖だと言うことを早い段階から見抜いていた。愛菜は、感情がよくわからない顔で私を見ている。挑発しているようにも見えるし、罪悪感を感じているようにも見える。

「あぁ、出そう。出そうだよ」
 高橋さんは、勃起していないのに限界が来たみたいだ。そして、そのまま射精をした。フニャッとしたままのペニスから、勢いよく精液が飛び散る。
「フフ、いっぱい出てる」
 愛菜は、嬉しそうにペニスをしごき続ける。愛菜が、他の男を射精させた……。私は、カメラを回したままパンツの中に射精を始めてしまった……。

「ありがとう。凄く良かったよ」
 高橋さんは、礼儀正しくお礼を言う。
「いいえ、こちらこそ会員になって頂いて嬉しいです。もしもよかったら、来月も継続して下さいね」
 愛菜は、優しい笑顔のままちゃっかりと継続のことをお願いしている。
「もちろん。是非お願いしたいよ」
 高橋さんは、良い笑顔で言ってくれた。そして、初めてのサブスクは終了した。

「正勝さん、イッちゃったでしょ? 出しちゃったのわかったよ」
 愛菜は、エレベーターに乗るなり言ってきた。私は、言い訳をしようとしたが言葉が浮かんでこない。そして、ゴメンと一言謝った。
「ううん。良いよ。喜んでくれて、ホッとしたよ」
 愛菜は、明るく言う。あんなことをした後なのに、晴れ晴れとしたような顔だ。こんなことを、後4人もしないといけない……そう思うと、気が重い。でも、セックスをしなかったことは、せめてもの救いだなと思った。

 愛菜は、まだ私しか男性を知らない。この前の男優は、亀頭部分は入れてしまったが、あれはギリギリセーフだと思うようにしている。
 帰宅すると、愛菜がすぐに抱きついて私の服を脱がせ始めた。あっという間に全裸に剥かれると、むさぼるようにキスを始めた。

「正勝さん、すぐ欲しい……来て……入れて」
 愛菜は、興奮しきった顔で言う。私は、すぐにコンドームを装着して挿入した。
「あぁっ、正勝さんの固いよ。すごく固い。やっぱり、おちんちんは大きくならないと寂しいね」
 愛菜は、そんな事を言う。高橋さんのことを気にしているみたいだ。私は、高橋さんに何度も何度もイカされてしまっていた愛菜を思い出し、嫉妬で狂ったように腰を動かした。
「アンッ、気持ちいいっ、正勝さん、もっとっ」
 愛菜は、すぐにあえぎ声をあげる。でも、高橋さんにクンニをされていたときと比べると、たいして気持ちよさそうに見えない。敗北感が頭をもたげるが、それでも腰を振り続けた。
「気持ちよかったよ。高橋さんのクンニ、今までで一番すごかった……あんなにイカされたら、好きになっちゃうかと思った」
 愛菜は、私の耳元でささやくように言う。その言葉を聞いた途端、私はあっけなく射精をしてしまった……。
「フフ、やっぱり寝取られ好きなんだね。次は、見られると良いね」
 愛菜は、挑発的に言う。私は、なにを? と聞いた。
「私が、他のおちんちんでイカされちゃう姿だよ」
 愛菜は、イタズラっぽく微笑んだ……。

 4日後、二人目のサブスクをした。若い男性で、彼の自宅に行った。なかなか高級そうな1LDKのマンションで、若いのにどうして? と思った。
「あっ、そ、そこ座って下さい」
 男性は、24歳の社会人で、見るからに陰キャっぽい風貌だ。絶対にモテるタイプではない。もしかしたら、童貞かも? そんな風に思わせるような雰囲気だ。
「そんなに緊張しないで。私も、こんなに緊張してるよ」
 そう言って、彼の手を自分の胸に押し当てた。服の上からだが、彼は愛菜の胸を触って挙動不審になっている。
「どう? 柔らかい?」
 愛菜は、優しい口調で聞く。
「すごく……柔らかいです」
 彼は、緊張しきっている。
「どうしたら良い? どうして欲しい?」
 愛菜は、緊張と興奮が入り混じったような顔で質問した。

「太ももに頭を乗せて、上からキスして欲しいです」
 彼は、緊張しながらもきっぱりと言った。自分のしたいことは、遠慮なく伝えるタイプみたいだ。
愛菜は、言われたとおりにした。膝枕っぽく太ももの上に乗った彼の頭。覆い被さるようにしてキスを始めた。
 愛菜は、彼があまり舌を使わないことを確認すると、自分が一生懸命に舌を使い始めた。愛菜の舌が、彼の舌に絡みついている。

 たかがキス……そんな風に思っていたのに、頭を殴られたような気持ちだ。愛菜は、彼の口の中にも舌を差し込んで激しく責める。彼は、気持ちよさそうにうめきながら、やっぱり舌を絡めている。
 彼は、キスをするだけで一切なにもしない。愛菜の胸を触ったりもしないし、太ももをまさぐったりもしない。すると、唾液を飲ませてくれと言い始めた。
「えっ? ツバが飲みたいの?」
 愛菜は、かなり驚いている。そして、恥ずかしそうだ。私も驚いている。普通にセックスをする……そんな覚悟をしていたのに、唾液が飲みたい? 色々な性癖はあると思うが、どうしてこんな人ばかりが集まるのだろう?

「う、うん。じゃあ、口開けててね」
 愛菜は、かなり戸惑いながらも彼の口に唾液の塊を落としていく。遠慮がちに、小さな塊が落ちていくのが見える。私は、それを必死で撮影する。ちょっとヘンタイっぽいなと思うが、これで興奮している私も、ヘンタイなんだと思う。

「もっと……たくさん欲しい」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


借金を返すために、妻がサブスクを始めた2(マガブロ転載禁止)

前回の話

 愛菜は、とろけきった顔であえぎ続けている。腰は持ち上がり、太ももの辺りが痙攣でもしているように震えている。どう考えてもやり過ぎだ。
 しかも、精液まで飲んでしまったと言っている。そんなのは、完全に裏切り行為だと思う。嫉妬と怒りを感じながらも、画面からは目が離せない。

「フフ、また大きくなってる。興奮しすぎだよ。さすがは寝取られ好きだね」
 愛菜は、そんな事を言いながらペニスを握ってしごき始めてくれた。射精を終えたばかりなのに、気持ちいい。くすぐったいような感じは少しあるが、それでも圧倒的な快感を感じる。


 画面の中では、愛菜が指を二本も膣に入れられ、腰を浮かせた状態であえいでいる。男優さんは、慣れた動きで手マンを続ける。
 まるで、膣壁をこすりあげるようにしながら、掻き出すように動かしている。
「ダメぇっ! イクっ、イッてるっ、もうイッてますっ! イヤァ〜ッ!」
 愛菜は、ほとんど絶叫状態だ。そして、潮吹きは止まらない。こんなに大量の体液が、どこに入っていたのだろう? と思うくらいの量が飛び散っている。

 もう、これで充分だと思ってしまった。まさか、自分の妻がAV男優に潮吹きをさせられる日が来るなんて、夢に思っていなかった。
「いいねぇ、もっと出していいから。ホント、愛菜ちゃん可愛いよ」
 男優は、嬉しそうに言う。普段はプロの女優さんばかりを相手にしているせいなのか、素人の可愛い女の子は嬉しいのかもしれない。

「もう無理っ、無理っ、うぅあっ、んおぉっ、おぉぉっ」
 愛菜は、今まで聞いたことがない野太い声をあげた。そして、ガクガクと腰の辺りを痙攣させる。男優は、それを見て指を引き抜いた。
「気持ちよかった? おチンポ入れて欲しいんじゃない?」
 男優は、ペニスを握って愛菜の膣口にこすりつけ始めた。生のペニスが、愛菜の膣に触れている……。最悪の状況だ。

「フフ、もっと固くなった。出ちゃいそうだよ。こんなの見て興奮するなんて、正勝さんってヤバいんだね」
 愛菜は、いつもとはまるで違うキャラになっている。いつもは、清楚で真面目、奥ゆかしい女性だ。それが今は、まるで小悪魔のように微笑みながら私のペニスをしごいている。
 私が寝取られ性癖を隠していたように、愛菜もこの淫乱な顔は隠していたのだろうか?

「ダ、ダメ……そんなのダメです」
 画面の中の愛菜は、グッタリとしたまま言う。男優は、生ペニスをこすりつけながら、
「でも、欲しいでしょ? さっきの所、指じゃなくてこのチンポでこすってもらいたいんじゃない?」
 と、ニヤニヤしながら言う。
「うぅ……ダメ……。怒られちゃう」
 愛菜は、弱々しく言う。でも、拒絶の言葉ではない。私が怒らなければ入れても良い……そんな風に言っているみたいだ。

「そんなこと言っても、ここは欲しがってるみたいだよ。愛菜ちゃんも、おチンポ欲しいって思ってるでしょ?」
 そんな事を言いながら、ペニスをこすりつけ続ける彼。すると、亀頭の先端部分を入れ始めてしまった。あっという間に、亀頭の半分ほどが入ってしまう……。
「ダメっ! 入っちゃう、ダメです、こんなの無理っ!」
 愛菜は、かなり慌てている。でも、男優を押しのけようとはしていない。ほとんどなすがままだ。男優は、少しだけ入れてしまったペニスを握りながら、浅くピストンみたいにする。

 愛菜は、セックスまではしていないと言っていたが、これはもうセックスだと思う……。
「ホラホラ、奥まで欲しいでしょ〜」
 男優は、楽しそうだ。さすがに手慣れた感じだ。
「ダメ……本当にダメです。赤ちゃん出来ちゃう……」
 愛菜は、泣きそうな声で訴える。
「危ない日なの?」
「はい」
「平気。俺の精子、極薄だから」
 男優は、そう言って亀頭を全部入れてしまった。
「うぅっ、ダメっ、抜いてっ!」
 愛菜は、泣き声で叫ぶ。私は、それを見てあっけなく射精してしまった。
「わっ、出た! また出たよ!」
 愛菜は、目を丸くして驚いている。私は、恥ずかしさと危機感で、半ばパニックだ。

 男優の立派なペニスから見れば、先っぽがちょっと入っている程度の事だ。でも、他の男のペニスが愛菜の膣に入っているのは、紛れもない事実だ。
「ダメっ、本当にダメっ!」
 愛菜は、やっと男優を押しのけた。男優も、素直に身体を離していく。
「こんなものでいいのかな? もう、撮影終了かな?」
 カメラマンがそんな質問をする。男優は、すでに愛菜から興味がなくなったような感じで、タオルを腰に巻き付けている。プロだなと思った。

「ありがとう……ございます」
 愛菜は、まだ呼吸が荒い。興奮が収まっていないように見える。
「じゃあ、データ渡すから着替えててください」
 カメラマンがそんな事を言う。でも、動画は終わらない。固定アングルになってベッドの上を撮し続けている。消し忘れ? 不思議に思っていると、愛菜が慌てた感じでタブレットを消した。

「ど、どうかな? これを編集して会員募集に使おうかなって思ってるんだけど……」
 愛菜は、明らかに動揺が見える。もしかして、カメラを消し忘れたことを知らなかった? 私は、強い疑念を覚えてしまった。でも、愛菜は話をどんどん進める。
 私は、話があまり入ってこないのを感じながら、今後のことを話した。

 結局、今さら私が何か言っても愛菜はやめないだろうなと思った。そして、愛菜に任せるよと言った。愛菜は、すぐに動画を編集して会員募集のサイトを作り始めた。
 二週間ほどで出来上がり、募集が始まった。動画が良かったのか、会員は思っている以上に集まった。少し心配になるほどのスタートが切れた。

「こんなに集まるんだね……」
 愛菜は、かなり驚いている。募集して一週間で、すでに月額50万円を超える規模だ。
「画像とか動画、アップしないとね」
 愛菜は、そんな事を言う。確かに、募集をかけて何もしないのはマズい。それにしても、まだ募集用の動画しかアップしていないのに、こんなに会員が集まったことに驚かされる。
 信用して1万円を払ったり5万円を払ったりする……理解に苦しんでしまう。

「……正勝さん、撮影お願いしてもいい?」
 愛菜は、恥ずかしそうに言う。私は、撮影って? と、間抜けな質問をした。愛菜は、会員さんに見せるヤツだと説明し、着替えてくると言ってリビングを出て行った。
 戻ってきた愛菜は、ランジェリー姿だった。普段は絶対に着ないような、黒のセクシーなタイプだ。ガーターベルトにストッキングまでしている。
「ど、どうかな? 変かな?」
 愛菜は、顔を真っ赤にしながら言う。ブラも布が小さいのか、胸がかなりはみ出て見える。それほど巨乳という感じではない愛菜の胸が、かなりの巨乳に見える。ブラの補正効果に驚いてしまった。

 私は、セクシーだよと答えた。
「本当に? なんか、緊張しちゃうな……ねぇ、撮っててね」
 愛菜は、そう言って私を見つめた。緊張している顔だ。恥ずかしそうでもある。私は、すぐにカメラを手に取って撮影を始めた。
 愛菜は、私を見つめたまま後ろを向いたり前屈みになったりしてポーズを取る。でも、ぎこちなくて恥ずかしそうだ。腕で胸を挟むようにして、谷間を強調したりもしている。
 耳まで真っ赤になっている愛菜を見て、私は強い興奮を感じてしまった。私の失敗のせいで、借金を作ってしまった……その結果、愛菜がこんな事をしている。それなのに、私は興奮している。
 この動画を、他の男が見る……そう思うだけで、嫉妬で苦しくなる。でも、自分でも驚くほどの興奮が身体を駆け巡る。

 愛菜は、徐々にポージングが上手くなってきた。顔にはモザイクがかかるのに、表情も妖艶になっている。私は、すっかりと勃起しながらカメラを回し続ける。
「どうしたらいい? どうやったら、もっと興奮する?」
 愛菜が質問してきた。私は、徐々に脱いでいったら良いのではないかと伝えた。

「う、うん」
 愛菜はそう言って、ブラを外し始めた。腕で隠しながら、ブラを外してしまった……そして、腕を外すと、形のいい胸が揺れながらあらわになる。こんなに明るい場所で見たことはない……。
 本当に、形のいい胸だ。ブラを外したのにあまり垂れていない。そして、乳首がピンク色に見えるくらいに色素が薄い。私は、夢中で撮影を続けた。

「恥ずかしい……」
 愛菜は、耳まで赤くしながら言う。でも、隠そうとはしない。私が近づいてアップにすると、自分で胸を掴んで揺らしてみたりもする。
 私は、下の方もアップにして撮した。
「恥ずかしいよ……」
 愛菜は、内股気味にして恥ずかしがる。でも、そんな仕草が余計にイヤらしく見える。愛菜も、恥ずかしがりながらもポーズを取っていく。そして、脚を拡げたりすると、脚の付け根が濡れて光っているのがわかった。
 ショーツを染み出た蜜が、内ももまで濡らしている……それを指摘すると、
「だって……ドキドキしちゃう。この動画、大勢の男の人が見るって思ったら……」
 愛菜は、恥ずかしそうに言いながらも脚を拡げたままだ。愛菜が、こんなにも興奮していることにドキッとしてしまった。

 私は、執拗にショーツを撮し続けた。愛菜は、ソファに座って脚を拡げ始める。すると、ショーツにシミが出来ているのがわかる。こんなに濡れるものなんだ……と、驚かされるくらいに濡れてしまっている。
 さらにアップにすると、クリトリスもなんとなくわかる。勃起したクリトリスがポチッと浮き出ているようだ。

 愛菜は、熱っぽい目でカメラを見つめている。そして、カメラを見つめたまま乳首をいじり始めた。
「ンッ……フゥ……ンッ、あっ、うぅ」
 愛菜は、吐息を漏らしながら乳首を触り続ける。オナニーが始まってしまった……。1000円以上の会員には、動画を見せる約束だ。
 愛菜は、両手で乳首を触り続ける。小ぶりな乳首が、目に見えて大きくなってきた。こんなに勃起することを知らなかった……。
「ンッ、あっ、フゥ……カチカチになってきた……乳首、気持ちいい」
 愛菜は、興奮した声で言いながら乳首を触り続ける。
「あっ、アンッ、うぅ、気持ちいいの。乳首でイッちゃいそうだよ」
 愛菜は、余裕のな声で言う。そして、右手をショーツの中に差し込んできた。

 まさか、ここまでガッツリとしたオナニーをするとは思っていなかった。クリトリスをまさぐると、さらに声が甲高くなる。
「あっ、アンッ、気持ちいいっ。クリ凄く固くなってる。みんなに見られて、興奮してるよ……ねぇ、もっと見て。もっと興奮して」
 愛菜は、カメラに向かって話しかける。今日が初回の撮影なのに、驚くほど積極的で上手にこなしているように見える。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


借金を返すために、妻がサブスクを始めた(マガブロ転載禁止)

 色々なことが重なって、妻の愛菜を他人に抱かせている。会員制サイトを作って、その特典のようなものとして妻を抱かせてしまっている……。
 サブスク……まさか、妻をサブスクのようにする事になるなんて、夢にも思っていなかった……。

 妻の愛菜は、27歳だ。私の経営している不動産会社の事務や経理をしてくれている。27歳で独立して、最初は大変だった。でも、やっと仕事も軌道に乗ってきて、手元に毎月100万近くは残るようになっていた。
 生活は多少派手にはなったが、愛菜がブランドものや高級車、グルメなんかに興味が薄い女性だったこともあり、堅実と言えるような生活を送っていた。


 愛菜は、女子校育ちのいわゆるお嬢様だった。22の時に私と出会って交際が始まったが、処女だった。恥ずかしがりで清楚な女性……そんな女の子だった。

 それが、仕事のつまずきで資金が焦げ付き、一気に雲行きが怪しくなった。仕入れた不動産物件が、いわゆる事故物件だった。それを知らずに転売してしまったことで、裁判になる寸前まで揉めた。
 裁判になるのはなんとか回避できたが、一気に生活は苦しくなった。そんな時に手を差し伸べてくれた知り合いの不動産業者がいた。でも、結論から書くと、彼にも騙されてしまった。

 余裕のある生活から、借金生活に転落してしまった。この一件で信用もなくし、不動産の仕事も減ってしまった。

 思いあまった私は、愛菜に離婚を切り出した。でも、愛菜は別に貧乏になっても平気だと言ってくれた。いざとなれば実家に頼れば良いとも言ってくれた。
 私は、その言葉に涙が出た……。でも、嫁の実家に心配はかけたくないので、必死で頑張った。仕事も、徐々にではあるが増えてきていた。そんなある日、愛菜が、
「ねぇ、正勝さんって、寝取られ性癖でしょ?」
 と、言ってきた。私は、ビックリしながらなぜ? と聞いた。確かに、私には寝取られ性癖があった。こっそりと見ている動画や漫画も、そのジャンルのものばかりだ。
 でも、愛菜にはそれを隠しているつもりだった。バレるようなこともなかったと思っていた。

「うん。履歴に残ってたから。それに、昔からそうかなって思ってたんだ。私が他の男の人と話していると、なんか興奮してたでしょ?」
 そんな事を言われた。愛菜は、タブレットを見せてきた。リビングに置きっぱなしのものだ。私はほとんど使っていない。履歴? 意味がわからずに画面を見ると、ブラウザの履歴画面だった。そこには、私が他の端末で検索した履歴が表示されていた……。

“寝取られ””スワッピング””他人棒””hot wife”black wife”そんな検索履歴と、閲覧したページの履歴も表示されている……。こんな機能があることを知らなかった。私は、青くなって謝った。
「良いよ、謝らなくても。性癖なんて、誰にもあるもん。私だって、正勝さんにナイショにしてる願望とかあるし」
 愛菜は、そんな事を言う。私は、気になってどんな願望なの? と聞いた。
「他の人としてみたいって願望だよ」
 愛菜は、私のことを真っ直ぐに見つめながら言った。言葉に詰まって黙ってしまった私……愛菜が、急に股間を握ってきた。
「フフ、本当にすぐ反応するんだね。そんなに見てみたいの? 私が他の男の人に抱かれる姿を……」
 愛菜は、まるで挑発でもするような顔だ。愛菜がこんな顔をすることに、心の底から驚いてしまった。上品で清楚……そんなイメージしかない。

 そして、愛菜がこの後話してきたことは、想像を超えていた。会員サイトを作り、月額費用のコースを作る。500円なら画像だけ。1000円は動画が見られる。1万円は、抽選で毎月1人選ばれて撮影に参加できる。5万円は、確実に月一で撮影に参加できる……。
 そんな話だった。もちろん、撮影というのは、愛菜が抱かれると言うことだ。私は、すぐにそんなのダメだと言った。
「でも、うまく行ったら借金もすぐなくなるよ? それに、正勝さんと私の願望も一気に叶うし」
 私は、一瞬納得しかけた。でも、身バレの危険などを指摘した。
「ちゃんとモザイクかけるから。オフ会は、相手の免許証をコピーしたら良いんじゃないかな?」
 愛菜は、そんなことをよどみなく答える。すでに、何回も頭の中でシミュレーションしたみたいだ。

 愛菜は、とても美しい女性だ。顔ももちろんだが、スタイルがとても良い。長い手足に、形の良い胸。けして巨乳ではないが、性欲を直撃するような良いおっぱいだと思う。
 確かに、人気は出ると思う。でも、これは合法なのかな? と思った。会員サイトという形を取っても、売春行為になるのではないか? それを指摘すると、法的な解釈を話し始めた。
 そして、一番重要な、会費を集めるシステムのことも話してくれた。あまり詳しくは書けないが、いわゆるネット送金を利用する。銀行のではなく、SNS系のアプリのものだ。話を聞いて、正直穴がないなと思った。

 あとは、貞操感とかモラルの話になると思う。愛菜は、私のペニスをズボンごとしごきながら、
「フフ、想像してるね。お汁しみてるよ。興奮しすぎだよ〜」
 愛菜は、いつもの清楚な顔は脱ぎ捨てている。もう、彼女の中では覚悟が決まったのだと思う。
 それでも決断できない私……愛菜は、
「最初の動画や画像は、プロに頼んだよ。ごめんね、ナイショにしてて。でも、決めたことだから」
 と、申し訳なさそうに言った。意味がわからずにキョトンとしていると、愛菜はさっきのタブレットを手に取って操作を始めた。
 画面には、愛菜が映った。裸だ……そればかりか、他の男のペニスをくわえている……。
「な、なんでこんな……」
 私は、パニックになっている。想像を絶する画像だ。でも、愛菜は私の股間を握ってくる。
「やっぱりもっと固くなった。本当に、寝取られ好きなんだね。良かった……」
 愛菜は、場違いにホッとした顔を見せる。私は、震える指で画像を送った。愛菜がくわえている写真……ペニスに、舌が絡みつく。他の男のペニスを、嬉しそうに舐めている……。
 この写真には、まだなにも編集はない。モザイクもなにもないので、愛菜の顔がはっきりと映っている。愛菜の顔は、見てわかるほど興奮している。

 そして、顔に精液をかけられている写真……。愛菜は、興奮した顔で映っている。顔中を精液で汚された愛菜を、美しいと思ってしまった……。
 画像は、それで終わった。
「ごめんね、怒ってる?」
 愛菜は、私のペニスをまさぐるように触りながら言う。こんなにもいきり立ったペニスを握られていて、怒っているとも言えない……。私は、最後まではしていないのかと聞いた。
「……して欲しかった?」
 愛菜は、私の目を真っ直ぐに見つめながら聞く。私は、脚が震えている。こんな大胆すぎる行動をしたことに、まだ現実感がない。

「してないよ。キスもしてないし、セックスもしてないよ。口でしてる写真と動画で、会員集めようかなって思ってるの」
 愛菜は、そんな事を言う。私は、動画? と聞いた。
「うん。これ」
 そう言って、タブレットを操作する彼女……。動画は、カメラに向かって話をする彼女が映った。
「なるべくアップでお願いします。身体は恥ずかしいです……おっぱい小さいし」
 愛菜は、顔を真っ赤にしている。
「そんなことないですよ。なんて言うか、セックスそのものっておっぱいですよ」
 カメラの男性がそんな風に言う。不思議な感じだ。男性は、興奮している気配もない。淡々としたものだ。愛菜が全裸で目の前にいるのに、興奮していない? それはそれで、愛菜を馬鹿にされたような気持ちになってしまう。

 でも、愛菜と一緒に映っている男性は、ペニスがギンギンに勃起している。それを見て、ホッとする気持ちも湧いた。おかしな話だ。全裸の妻が、勃起した男性と一緒にいる……異常すぎるシチュエーションのはずだ。
 勃起している男性は、まだ若く見える。恐らく20代くらいだ。引き締まった身体をしていて、清潔感もある。プロと言っていたが、なにのプロなんだろう?

「お姉さんの身体、マジで良いですよ。アダルトビデオの女優でも、なかなかこのレベルのおっぱいはいないですもん」
「あ、ありがとうございます……。いつも女優さんとしてるのに、私なんかで興奮してくれるんですか?」
 愛菜が、遠慮がちに聞く。どうやら、アダルトビデオの男優さんのようだ。
「しますって。最高のおっぱいだし、お姉さん素人さんだから。やっぱり、初々しくてたまんないッす」
 男優は、ペニスを握って軽くしごきながら言う。本当に、ギンギンの勃起だ。大きさも、けっこう大きめに見える。愛菜は、恥ずかしそうに、そうなんですねと答えた。

「じゃあ、始めましょうか。思ったようにやってください」
 カメラマンが指示をすると、愛菜はゆっくりとペニスを握った。
「固い……太いんですね」
 愛菜は、不安そうだ。初めて私以外のペニスに触れたはずだ。私のペニスが、小さいことに気がつかれてしまう……。そんな危機感を感じる。

 愛菜は、ゆっくりとペニスをしごき始めた。男性陣は何も言わない。愛菜は、不思議そうな顔でペニスを見つめながら、徐々にしごくのを早くしていく。

 ショックが大きすぎる……愛菜が、他の男のペニスをしごいている。地獄のような光景だ。でも、私は興奮しきっている。夢に描いたシチュエーションだ。愛菜が、他の男とエッチをする……いつも思い浮かべながらオナニーをしていた。
「フフ、正勝さん、イッちゃいそうだよ。本当に興奮するんだね。イヤな気持ちにはならない?」
 愛菜は、私のペニスをズボンごと握りながら言う。正直、これだけで気持ちいい。射精感も、強まっている。私は、イヤな気持ちになっていないことと、興奮していることを伝えた。激しい嫉妬をしている事も。

「フフ、ヤキモチ焼いてるんだ……可愛い」
 愛菜はそう言って、ファスナーに指をかけた。すぐにペニスが剥き出しになり、勃起した仮性包茎のペニスがあらわになる。画面の中の男優のペニスと比べると、大きさの違いに悲しくなってしまう……。

「フフ、お汁いっぱいだよ」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
2位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

管理人:寝取られ好き
寝取られ体験談、痴漢体験談、人妻体験談等、オリジナルの作品も多数紹介。管理人の好みの作品もアーカイブします。

Twitterフォロー
QRコード
QR
想像の10倍デカいオナホです!「PR」
A10ピストンSA
A10ピストンSA
「PR」
kindle出版案内