嫁が俺の親友の人妻寝取り話を聞いて、俺を煽るようになってきた2(オリジナル 転載禁止)

前回の話

俺は、言葉もなく奈々子のフェラチオを見ていた。ただ、ヒロのペニスを見せて貰うだけのつもりだったのに、ここまでするとは思ってもいなかった。そして、信じられない気持ちだ……。

奈々子は、あっさりとヒロのペニスを握ってしまったし、舐め始めてしまった。奈々子は、多少遠慮がちだがヒロのペニスを舐めている。奈々子の顔が近づいたので、対比で彼のペニスが凄く大きいのがより鮮明になった。


『本当に固くなってきたよ。これで、目一杯?』
ヒロのペニスをチロチロ舐めながら奈々子が質問する。ヒロは、こういう状況になれているせいか、動揺もなく答える。
「もうちょい。大きいから、なかなか血が巡らないんだよね。くわえられる?」
ヒロは、落ち着いた口調でさらに指示をする。俺がいるのに、まるで気にしていない感じだ。奈々子は、ヒロに質問されて俺の方を見てきた。不安そうな顔で、
『どうしたら良い?』
と、聞いてくる。俺は、なぜか反射的にうなずいてしまった。奈々子は、目を丸くして驚いた顔になる。でも、すぐにニヤッと笑うと大きく口を開けてヒロのペニスをくわえ込み始めた。

太すぎてギリギリ入っていく感じのペニス……。悪い夢でも見ている見たいな気持ちだ。でも俺はすでにヒロよりも先に限界まで勃起してしまっている。

「平気? 苦しくない?」
ヒロが心配そうに質問する。でも、奈々子はそのままゆっくりと頭を前後に動かし始めた。くわえるだけではなく、本格的にフェラチオをスタートさせてしまった奈々子……。俺は、自分でも理解出来ないくらいに興奮してしまっている。嫉妬が興奮に変わる。どうしてそうなるのかまるでわからない。

奈々子は、黙って頭を動かし続ける。
「上手だね。舌が絡みついてる」
ヒロが、状況を説明する。それは、奈々子に向かっていっていると言うよりも、俺に対して説明をしているような感じだ。こんな風に、いつも寝取りプレイをしているんだろうか? 

そして、奈々子のフェラチオが続く。確かに、頭を動かしているだけではなく、舌も動いているのがなんとなくわかる。そんなにフェラチオが好きではないはずの奈々子……。俺にしてくれることも少ない。でも、今は妙に楽しそうにしている感じだ。

俺は、止めるべきか迷いながらも結局何も言えない。すると、奈々子が大きなヒロのペニスを口から吐き出しながら、
『凄く大きくなった。これで全開?』
と質問する。
「うん。ありがとう。気持ちよかったよ」
そんな風に答えるヒロ。奈々子は、口の周りを手の甲で拭いながら、
『本当に大きいんだね』
と、感心したように言う。ヒロは、まあねと答えながらペニスをしまおうとする。俺は、
「そこまでされたら、出さないと収まらないだろ」
と、言ってしまった。自分でも、その言葉が自分の口から出てきたことが信じられない。
「え? あぁ、そうだな。奈々子ちゃん、続けてもらっても良いかな?」
と、ヒロはすぐに乗ってきた。さすがに慣れているというか、付き合いが長いだけに俺の意図をすぐに察したみたいだ。

『えっ? 続ける? ……うん』
奈々子は、驚くほどあっけなく同意してしまった。
「出来たら、胸とか見せてくれる? おかずがないとなかなかイケないんだよね」
ヒロは、当たり前のようにそんな要望を出す。
『え? おっぱい見たいって事?』
「うん」
『恥ずかしいよ……それに、私の小っちゃいからおかずにならないし』
「じゃあ、オマンコ見せて」
『無理!』
そんな会話をする二人。俺は、異常なくらいにドキドキしていた。すると、ヒロが妥協しますという感じで下着姿になってくれと言い始める。すると、奈々子はあっさりとOKと言ってしまった。

交渉が上手いというか、慣れているなと思う。奈々子は、素直に服を脱いで下着姿になってしまった。俺にどうしたら良いか質問することもなく、独断で脱いでしまった。
「綺麗だね。凄く綺麗だよ。ほら、ビンビンになった」
ヒロは、ノリノリで言う。確かに、奈々子のランジェリー姿はとても美しいと思う。無駄な肉がなく、すらりとしたスタイル。ウェストのくびれもセクシーだし、何よりも色白なのがとても良いと思う。

『ホントだ、さっきよりも大きくなってるみたい! でも、恥ずかしいな……』
奈々子が、少しモジモジしている。でも、思ったよりは堂々としていて、俺は不安になってしまう。どこまでやってしまうだろう? 行きすぎないか心配で仕方ない。

『じゃあ、するね。痛かった言ってね』
そう言って、ヒロの前にひざまずき、フェラチオを再開してしまった。ランジェリー姿の奈々子が、リビングのソファの上で他の男のペニスをくわえている……。まるで、奈々子が風俗嬢になったみたいな感じだ。

俺は、衝撃を受けて頭がフラフラするような感じになりながらも、ペニスだけは別の生き物のようにドクンドクンと脈打つようにいきってしまっている。

奈々子の舌が、張り出した立派なカリ首を這い回る。そして、竿の根元から舐めあげていき、くわえ込んでいく。奈々子は、夢中になったような顔でフェラチオを続ける。こんなに熱心にしている姿を見たことがない。

「あぁ、気持ちいい。奈々子ちゃん、上手」
ヒロは、気持ちよさそうな声をあげながらイヤらしい目つきで奈々子の胸元や太ももを見ている。他の男に奈々子が性的な目で見られる……。それがどうしてこんなに興奮するのだろう? 普通は、嫌な気持ちになるはずだ。

奈々子は、俺の気持ちも知らずフェラチオを続ける。
「玉の方も舐めて」
ヒロは、堂々と指示をする。遠慮なんてまるでない感じだ。でも、逆にここまで堂々と言われると、それをするのが当たり前なのかな? と思ってしまいそうだ。
『え? 玉? う、うん』
奈々子も、押し切られるようにヒロの睾丸を舐め始めた。そんなのは、俺もしてもらったことがない。睾丸を舐めながら、少し不安そうな目で俺をチラッと見る奈々子。でも、俺はとっさに目をそらす。

「口に含んで」
ヒロが指示をすると、奈々子は睾丸まで口に含んでいく。
「手でもしごいてみて」
ヒロは、どんどん指示を重ねる。奈々子は、言われるままに睾丸を口に含んだままヒロのペニスを手でしごいている。もう、完全に風俗嬢扱いされてるみたいに見える。
「あぁ、気持ちいい。本当に上手だね。これならすぐイッちゃいそうだよ」
ヒロは気持ちよさそうだ。奈々子は、色々工夫しながらフェラチオを続ける。睾丸を舐めながらカリ首を指で緩急をつけてしごき続ける。

少しすると、
『もっと固くなってきた。イキそうになってる?』
と、奈々子が質問する。ヒロは、
「まだだよ。でも、もう少しかも。ねぇ、乳首も舐められる?」
と言ってシャツをまくり上げる。痩せ気味の身体があらわになる。奈々子は、特に抵抗もなく乳首を舐め始めた。乳首を舐めながら、手で優しくしごき続ける奈々子。一体、どこまでやらせるつもりなのだろう? 

『気持ちいい? もう出る?』
奈々子は、少し気恥ずかしそうに言う。ヒロは、
「気持ちいいよ。もう、そろそろ限界かも」
と、余裕のない声で言い始める。
『え? このまましごけば良い?』
奈々子が慌てた感じで質問する。
「口で言って良い? あぁ、出る。くわえて」
ヒロは、余裕なく言う。奈々子は、慌ててヒロのペニスを口にくわえた。すぐに射精を始めたヒロ……。奈々子は、うめくような声をあげながら口の中に射精を受け続ける。俺は、口内射精をまでされてしまった奈々子に、嫉妬以上の感情を感じてしまう。

「あぁ、気持ちよかった。ありがとう」
ヒロは、すっきりした顔だ。人の嫁の口の中に射精をしたことに、罪悪感も何も感じてないように見える。奈々子は、目をパチクリさせるようにしながら俺を見てくる。口の中の精液の扱いに困っているみたいだ。
すると、ヒロがティッシュを箱ごと奈々子に渡す。奈々子は、口の中の精液をティッシュに吐き出した……。俺は、飲まなかったことにホッとしながら、少しガッカリするような感情を持ってしまっていた。

『おちんちんが大きいからかな? すっごくいっぱい出たね』
奈々子は、驚いた顔でいう。
「いや、大きさで変わらないと思うよ。奈々子ちゃんがしてくれたから、興奮していっぱい出たんだと思うよ。奈々子ちゃん、めちゃくちゃ美人だからさ」
さりげなく奈々子を褒めるヒロ。奈々子は、少し照れたような顔で、
『そんな事ないよ。それよりも、うがいしてくる』
と言う。そのまま洗面の方に移動し始めた。ヒロは、パンツとズボンを穿きながら、
「どうだった? 興奮してたみたいだけど」
と、俺に質問してくる。俺は、そんな事ないと否定する。
「そうか? めちゃくちゃ勃起してただろ? まさかオマエも寝取られ性癖があるなんてな。ビックリしたよ」
ヒロは、淡々と話を続ける。俺は、何も言い返せずにいた。
「最後までしなくても良かった? それとも、今度は最後までした方が良いか?」
ヒロは、そんな質問までしてくる。俺は、怒るべきタイミングのような気がしたが、結局怒ることも出来ない。走行していると、奈々子が戻ってきた。
『いつもこんなことしてるの? 普通のセフレちゃんはいないの?』
奈々子は、そんな質問をする。
「そうだね、今は人妻さんばっかりかな。なんか、俺もそういう性癖になっちゃったのかも。人妻が、旦那の前で恥ずかしがったり感じちゃダメと思って頑張ってるのが好きかも」
『そうなんだ。感じない人とかもいる?』
「今のところはいないかな。最初頑張ってても、結局感じまくっちゃう感じ」
『そうなんだね。でも、ご主人が見てる前で感じちゃうって、信じられないな……。恥ずかしいし、申し訳ない気がするし』
「試してみる?」
『試さない。そんなの興味ないもん』
「そっか。じゃあ、飲もうか」
ヒロはそう言って、ワインをつぎ始めた。話はあっさりと切り替わり、いつもの宅飲みの感じになる。俺は、一人取り残されたような不思議な感じになりながらも、内心想像していた。

ヒロが帰った後、奈々子は俺に妙に甘えたように抱きつきながら、
『正彦さん、興奮した?』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


嫁が俺の親友の人妻寝取り話を聞いて、俺を煽るようになってきた(オリジナル 転載禁止)

「こんばんは。これ、手土産」
友人のヒロが、ワインボトルを片手に訪ねてきた。
『こんばんは。いつもありがとうございます。今日は、たくさん食べてくださいね』
エプロン姿の妻の奈々子が、笑顔でヒロを出迎える。こんな風に、週末にヒロが遊びに来るようになってもう半年くらい経つ。


高校からの同級生で、大学も一緒だった彼とはかなりよく遊んでいた。でも、2年前に俺が結婚してからは、少し疎遠になっていた。独身の彼となかなか時間が合わなかったり、奈々子と過ごす時間の方を優先している感じだった。

それが、半年くらい前に珍しいワインをもらったと言って、彼がそれを手土産に遊びに来て以来、けっこう頻繁に遊びに来るようになった。

結婚式で挨拶をした程度だった奈々子とヒロも、妙に馬が合うようですぐに仲良くなった。3人で楽しく食事をしながら飲むのが、最近の楽しみになっていた。

『でも、ヒロさんモテそうだから、すぐに結婚するんじゃないの?』
酔いも進んでくると、奈々子も口調が砕けてくる。俺は、楽しいと思いながらも少しドキドキしていた。奈々子が、他の男と楽しそうに会話をする……それは、なんとなく不安で嫉妬心も枠。ヒロがイケメンで、昔から女性に人気だったことも俺を不安にさせるのかもしれない。それに引き換え、俺はどこにでもいるような中肉中背を画に描いたような男だ。

奈々子は、楽しそうに笑いながらワインを飲んだりしている。本当に、笑顔が可愛いなと思ってしまう。奈々子とは結婚して2年で、交際期間を含めると4年近く経つ。
会社帰りに良く行っていたカレー屋さんで知り合った。小柄で可愛らしい感じの奈々子……よく一緒になるなと思っていた。でも、カレー屋さんで声をかけるのもおかしいなと思って何もしなかったが、奈々子の方から声をかけてきた。

挨拶程度の会話だったけど、徐々に話をしたり、一緒の席で食事をするようになっていった。あまりないパターンの出会いだなと思うけど、本当にラッキーだったなと思う。

「まぁ、女の子には困らないけど、結婚はないかな。夜は楽しそうだけど、それ以外は退屈そう」
ヒロが楽しそうに言うと、
『そんな事ないよ。楽しいよ。ねぇ、正彦さん』
と、奈々子が俺を見ながら言う。俺は、うん楽しいよと答えながら、ヒロに今は恋人はいるの? と聞いた。

「今はいないよ。なんか、面倒だし」
ヒロは、そんな風に言う。確かに、高校の時から彼のモテっぷりは見ているので、女性に飽き飽きしているのも理解出来る。でも、もう30才になったので、そろそろ結婚も考えて良いんじゃないかな? と思う。

「それより、まだ子供は作らないの? 俺、彼女はいらないけど子供は欲しいんだよね。キャッチボールとかするの、楽しそうじゃん」
ヒロが、意外なことを言う。子供好きなんて、イメージにない。
『そろそろ作りたいなって思ってるよ。でも、正彦さんはまだみたい』
奈々子が、そんな事を言う。俺は、その言葉にけっこう驚いていた。そんな話は初耳だ。子供の事なんて、話したこともないと思う。

「へぇ、そうなんだ。楽しみだな」
俺に話しかけてくるヒロに、俺は曖昧に笑った。

『でも、彼女いないんだったら、エッチはどうしてるの?』
奈々子が、いきなり下ネタっぽいことを聞き始める。
「まぁ、それは相手がいるから」
『恋人いないのに? セフレさんとか?』
「まぁ、そんな感じかな。3人くらいはいるよ」
『そんなにいるの!? 付き合ってとか言われないの?』
「そういうの面倒だから、人妻ばっかりだよ」
『そうなの!? 大丈夫、訴えられたりしない?』
奈々子は、かなり驚いている。俺も、驚いていた。ヒロがセックスの相手に困らないことはわかっていたが、人妻を相手にしているとは思っていなかった。

「まぁ、それは平気。ていうか、旦那さん公認だからさ」
ヒロは、さらに驚くようなことを言う。
『公認?』
意味がわからないという顔になっている奈々子。
「うん。旦那さんが、嫁さんが他の男に抱かれるのを見たいって事。だいたいビデオで撮ってるんだけど、たまに生で見たいって人もいるかな」
ヒロの発言に、俺も奈々子も本当に驚いてしまった。寝取られとか、NTRとか言うのが流行っているのは知っている。でも、まさかこんな身近にそんな話があるとは思ってもいなかった。

『それって、ヒロさんが旦那さんの目の前で、奥さんのこと抱いちゃうって事?』
「そうだよ。ホント、ヘンタイってどこにでもいるんだよね」
『ヒロさんも、充分にヘンタイだと思うよ』
奈々子が、あきれたように言う。確かに、言うとおりだと思う。
「まぁ、そうかもね。旦那のより気持ち良いとか言われると、めちゃくちゃ興奮するからね」
『……奥さんって、旦那さんが見てても気持ちよくなったりするの?』
「うん。いつも以上に感じるって人がほとんどかな」
『……そうなんだ……』
奈々子は、本当にビックリしている感じだ。
「まぁ、旦那さんに訴えられたりしないから、気が楽だよ。それよりも、ワインなくなっちゃったね。買ってくるよ」
ヒロが空のボトルを手にしながら言う。今日は、ちょっとペースが早い気がする。予想外の話で驚いたからかもしれない。

『あ、ビールならあるよ』
奈々子が言うが、
「つまみも欲しいし、ワインが飲みたいんだよね。ちょっと待ってて、すぐ行ってくるよ」
と、彼は出て行った。すぐ近くに、24時間営業のスーパーがある。こういうときに、すごく便利だ。

『ヒロさん、すごいことしてるんだね。ビックリしちゃった』
奈々子が、好奇心に満ちた目で話しかけてくる。俺も、ビックリしたと伝えた。
『でも、旦那さんの見てる前で、本当に気持ちよくなったりするのかな? なんか、信じられないな』
奈々子が、そんな風に言う。俺は、冗談で試してみる? と言った。
『馬鹿なこと言ってると、本当にしちゃうよ』
奈々子は、少し怒った感じだ。俺は、ごめんごめんと謝りながらも、ヒロと奈々子がセックスをしている姿を想像してしまった……。

そして、彼が戻ってくると、また飲み始めた。でも、奈々子が妙にヒロに触る。太ももや腕に触ったりしながら、楽しそうに会話を続ける。俺は、モヤモヤしながらそれを見つめていた。嫉妬心……そんなものを感じながら、俺は表面上平静さを装った。

奈々子は、ヒロにボディタッチをしながら会話を続ける。そして、妙に挑発的な目で俺を見たりする。俺は、わざとやっているなと感じながらも、やめろとも言えずに会話を続ける。

不思議な感覚だった。奈々子が他の男に甘えたような感じで会話をし、ボディタッチもしている。別に、ヒロが奈々子を寝取る事なんてないと思うし、奈々子もそんな願望は持っていないと思う。
でも、さっきの会話のせいか、色々な想像をしてしまう。嫉妬心なんて、今まで意識したこともなかった。それが今、俺は間違いなく嫉妬していると思う。

そして、日付が変わる前にヒロは帰って行った。
『フフ。正彦さん、焼き餅焼いてたでしょ』
奈々子は、妖艶とも言えるような顔で話しかけてくる。こんな彼女は、見たことがない。そして、いつもよりも酔っているような感じもする。俺は、そんな事ないよと告げる。でも、実際はすごく嫉妬していた。
『そうなんだ。焼き餅焼いてくれてるかなって思ってたのに』少し寂しそうに言う奈々子。俺は、しどろもどろになりながらゴメンと言った。
『フフ。謝らなくても良いよ。私も、ちょっと悪乗りしすぎちゃったね』
そんな風に言いながら、奈々子は上機嫌だ。そして、風呂に入ってベッドに入ると、奈々子が抱きついてキスをしてきた。すごく興奮している感じで、激しくキスをしてくる彼女……。俺は、少し驚きながらも舌を絡めていく。そして、そのまま久しぶりにセックスをした。最近、月に1回程度になっていたセックス。別に、飽きたとかそういうわけではないが、なんとなくそんな感じになっていた。それが今は、奈々子が荒い息遣いでキスをしてくる。興奮しているみたいな感じだ。

そのままお互いに服を脱ぎ、愛撫もそこそこにコンドームをつけてセックスを始めた。
『焼き餅焼いてたでしょ? 顔見ればわかるよ。嬉しかった』
そんな風に言いながらあえぐ奈々子。いつものセックスよりも、感じているように感じる。俺も、いつもよりも興奮しているし、独占欲みたいなものも感じる。俺は、奈々子の胸を揉みしだく。そして、乳首を吸いながら腰を振る。奈々子は、なまめかしく身体をくねらせながらあえぎ、
『気持ちいい。すごく固くなってる。まだ嫉妬してるの? 嬉しい。あなた、愛してる』
そんな風に言いながら、どんどん高まっていく奈々子。本当に気持ちよさそうで、とろけた顔になってきている。俺は、奈々子が寝取られている姿を想像しながら、夢中で腰を振った。奈々子は、今までにないくらいあえぎ、乱れていく……。

俺は、ふと思った。今、奈々子は何を考えているのだろう? ヒロとセックスしているのを想像しているのではないか? それで、こんなにも興奮しているのではないか? 俺は、そんな考えをかき消すように夢中で腰を動かし続ける。

『ああっ、あんっ、気持ちいい。あなた、すごいの、ダメぇ、イクっ、イッちゃうっ、うぅっ』
奈々子は、うめきながら身体を震わせる。俺は、ドキドキしながら腰を動かし続けた。こんなにも感じる奈々子は、見たことがない。俺は、興奮しすぎてもうイキそうだ。そして、奈々子にキスをしながらあっけなく射精をしてしまった……。

『フフ。すごかったよ。いつもより、カチカチだったね』
奈々子は、本当に嬉しそうに言う。俺は、ただでさえ早漏なのがいつも以上に早かったことに情けない気持ちになりながらも、奈々子を抱きしめた。

この日から、俺は自分が意外に嫉妬深いことを自覚した。奈々子は、ヤキモチを焼く俺が本当に好きみたいで、色々と挑発的なことを言ったりするようになった。セックスの時に、俺のペニスをフェラチオしながら、
『ねぇ、あの時想像してた? 私がヒロさんとエッチしちゃうところ』
と聞いてくる。俺は、そんな事を考えるはずがないと言った。
『本当に? なんか、さっきよりも固くなったよ』
おどけたように言う奈々子。俺は、実際は完全に想像していた。そして、なぜか興奮もしている。

ヒロと奈々子がセックスをするなんて、想像しただけでもキツい。それなのに、興奮してしまうのを抑えられない……。俺は、そんな感情をごまかすように、コンドームをつけて奈々子に挿入する。
『うぅっ、やっぱりカチカチになってるよ。今も、想像してる?』
奈々子は、気持ちよさそうな顔になりながらもそんな質問をしてくる。俺は、想像なんてしてないという。逆に、奈々子は想像しているのかと聞いてみた。
『え? うん。想像はしてるよ。ゴメンね』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


検索フォーム
カテゴリ
動画ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
1位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

管理人:寝取られ好き
寝取られ体験談、痴漢体験談、人妻体験談等、オリジナルの作品も多数紹介。管理人の好みの作品もアーカイブします。

Twitterフォロー