月別アーカイブ  [ 2019年11月 ] 

≪ 前月 |  2019年11月  | 翌月 ≫

一度は断られた他人棒を妻が受け入れてくれた上に失神した

私は47で妻は34の歳の離れた夫婦です。
妻はとても小柄で華奢な体をしてますが、M気がかなり強く、激しいセックスを好み性欲もとても旺盛なんです。
それで昨年のはじめ、子供2人も小学校に上がったのを期に、妻に単独男性をお誘いしてのセックスを提案したところ、妻にはっきりと断られてしまったんです。

【続きを読む】
[ 2019/11/30 23:01 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

一人でホテルに泊まったら、カップルの男の子に声をかけられました2(マガブロ 転載禁止)

前回の話

すみれちゃんは、入れてみたいと言った次の瞬間には、スッと立ち上がっていました。そして、恥ずかしそうにしながらも、ためらいなく私の上にまたがり始めました。
『あっ君、入れても良い?』
すみれちゃんは、可愛らしい顔を真っ赤にしながら彼氏さんに質問します。彼氏さんはオナニーを続けながら、震えるような声で、
「いいよ」
と言いました。


そして、すみれちゃんは腰を下ろしてきました。同時に、私のペニスを握って自分の膣口に導いていきます。私のペニスが膣口に当たった状態で、
『あっ君、本当に良いの? このおちんちん、入れちゃっても良いの?』
と、あらためて確認しました。
「う、うん。入れさせてもらって」
彼氏さんは、すみれちゃんに見つめられて視線を軽く逸らしながら言いました。その言葉を聞いたと同時に、すみれちゃんは腰を下ろしてきました。亀頭の先が、熱い肉に包まれる感覚。そしてすみれちゃんは、彼氏さんを見たまま、
『うぅっ、太い……。あっ君、凄く太いの』
と、不安そうに言います。でも、不安そうな声をあげながらも、どんどん腰を下ろしていく彼女。あっという間に私の亀頭は彼女の膣に収まりました。手で握られてる? と、思うほどの膣の締まり。きゃしゃで小柄な体型の見た目通り、きつい膣のようです。

『ウゥッ、拡がってる』
すみれちゃんは、そんなことを言います。でも、私は過去の経験から、彼女は大丈夫だと思いました。痛がる子は、そもそも亀頭を入れた途端に悲鳴をあげます。

彼氏さんは、
「い、痛いの? 大丈夫?」
と、すみれちゃんに声をかけます。でも、心配している感じよりも、興奮している感じの方が強いように見えます。
『うん。痛くないよ。でも、すごく拡がってるから……ちょっと心配』
すみれちゃんは、彼氏さんと会話をしながらも腰をどんどん降ろしていきます。
「心配って? なにが?」
彼氏さんは、意味がわからないという顔で聞きます。
『う、うん。緩くなっちゃわないかなって……』
すみれちゃんは、言いづらそうに答えました。彼氏さんは、彼女の言葉に絶句したように黙っています。

そして、私のペニスは半分以上が入ってしまいました。
『ウゥッ、凄く長いの……。まだ、全部入ってないよ』
すみれちゃんは、彼氏に実況でもしているように伝え続けます。彼氏さんは、興奮と後悔が入り交じったような顔で見つめています。

私は、コンドーム付きなのにもかかわらず、射精感が強烈に立ち上がってきていました。アイドルとセックスをしている……。この現実離れした状況が、私の興奮を加速させているようです。

そして、亀頭の先が突き当たりに当たるのがわかりました。
『うぅっ、こ、これなに?』
不安そうな顔で言うすみれちゃん。彼氏さんも、不安そうな顔になっています。私は、亀頭の先が奥に当たってることを告げました。
『凄い……奥まで届いちゃうんだ……』
すみれちゃんは、ビックリして顔で言います。彼氏さんは、痛くない? と、心配そうに質問します。

『痛くないよ。なんか、凄いの……。ビリビリくる感じだよ』
すみれちゃんは、すでに顔が気持ちよさそうになっていました。奥が感じる子は、こんなリアクションです。逆にダメな子は、奥に当たった途端に激しく痛がります。

私は、奥が感じるタイプだねと声をかけました。
『そうなんですか? 初めてだから……よくわからないです』
すみれちゃんは、私の方を見て言いました。本当に、驚くほどの美少女です。普通に生活をしていたら、まず出会うことのないレベルの美しさ。私は、自分の幸運に胸が躍ります。

「じゃあ、動いてみて」
彼氏さんが、震えるような声で言います。この状況に、本当に興奮しているみたいです。旅行先で、彼女を他人に抱かせる……。まったく理解出来ない性癖です。でも、私にとってはありがたい性癖と言えるかもしれません。

『う、うん。動くね』
そう言って、すみれちゃんは腰を上下に動かし始めました。
『うぅっ、うぅっ、んっ、うっ、あ、あっっ、あっ君、ダメぇ』
すみれちゃんは、うめき声のようなものをあげながら、腰を動かし続けます。
「なにがダメなの?」
彼氏さんは、興奮した顔で質問します。
『ゴ、ゴメンね、声……我慢出来ないかも』
すみれちゃんは、うわずった声で言います。腰を上下に動かしながら、そんな風に答えるすみれちゃん。表情を見ると、気持ち良くなっているのが伝わってきます。
「我慢しなくて良いよ。声、いっぱい出してみて」
彼氏さんは、そんなことを言います。彼女も興奮している感じですが、彼氏さんの方が遙かに興奮しているような顔です。

『ウゥッ、ンッ、あっ、あっ、あぁっんっ、ダメぇ、あっ君、ゴメンね、声出ちゃうのっ。あっ、あっ、アンッ、アンッ、うぅああっ』
すみれちゃんは、声を我慢しきれなくなってきました。そして、動きも徐々に大胆に速くなっていき、奥に強く当たるようになってきました。
さっきまでは、根元までは入れていない感じでした。奥に当たると、そこで腰を上げている感じでした。でも、今は奥に当たっても、さらに腰を下ろしています。
『ウゥッ、あっ、あっ、あっ君、気持ちいいのっ、奥が気持ちいいっ!』
すみれちゃんは、あきらめたようにあえぎ始めました。彼氏さんの前で、あえぎ始めた彼女……。私は、寝取ったような気持ちになり、興奮が増していきます。

「あぁ、すみれちゃん……そんなに気持ちいいの?」
彼氏さんは、泣きそうな顔で質問します。
『気持ちいいっ。このおちんちん、全然違うの』
すみれちゃんは、恥ずかしそうに答えます。でも、恥ずかしそうにしながらも、腰はイヤらしく動き続けています。

「違うって、なにが違うの?」
彼氏さんは、そんな質問をします。私は、私とセックスしているのに彼氏さんと会話を続ける彼女に、複雑な気持ちになりました。

『ふ、太いの。あっ君のより太いの……』
すみれちゃんは、言いづらそうに答えました。でも、そんなことを言いながら、膣が強烈に締まるのを感じました。彼女も、このシチュエーションに興奮しているようです。

「あぁ、すみれちゃん……」
彼氏さんは、泣きそうな声で言います。でも、さっきから股間が盛り上がっているのがわかります。すみれちゃんもそれに気がついたようで、
『あっ君も、して良いよ。オナニーしていいよ』
と、恥ずかしそうに言いました。すると、彼はすぐにペニスを出してしごき始めました。風呂で見たとおり、やっぱり小さなペニス……。勃起していても、本当に小さなペニスです。

『あっ君、気持ちいい? 私も気持ちいいよ』
すみれちゃんは、そんなことを言いながら腰を動かし続けます。もう、すっかりとなじんで、私のペニスを全部飲み込んでいます。

彼氏さんは、すみれちゃんの名前を何度も呼びながらオナニーを続けています。そして、すみれちゃんもそんな彼氏さんの姿を見て、興奮が増したように腰を強く上下させています。

私は、理解しました。彼女は私とセックスをしていますが、二人の中では二人がセックスをしているのだと……。私は、あくまでバイブ代わり……そんな状況なのだと。

私は、少し意地悪な気持ちになり、下から腰を突き上げ始めました。
『あぁっ!! あっ、ダメっ、ウゥッ、あっ、あっ、あっ君、ゴメンね、気持ちいいのっ! これ凄いのっ!』
すみれちゃんは私に激しく突き上げられながら、快感に顔を歪ませています。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


憧れていた嫁の母に我慢しきれずに欲望をぶつけてしまった

嫁の母は40代後半、小柄でぽっちゃりだが胸は異常に大きく、今の時期セーターなど着ると、むしゃぶりつきたくなるくらい、エロい体つきだ。
嫁が痩せているせいか義母の胸には、ある種の憧れを抱きながらも婿として、家族交際をしてきた。

ところがある時、嫁実家のリフォームを巡り業者とトラブル、訴訟を起こす騒動となった。

【続きを読む】
[ 2019/11/30 22:00 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

#妻が意外に乗り気で寝取られプレイに同意してくれました3(転載禁止)

前回の話

信明は、必死で手の平で息子の目を塞いでいた。すぐ横のベッドでは、早希が、
『んおおっぉおっ! おぉおおっ! イグっ! んおおぉお゛っ!!』
と、言葉にすらなっていないようなあえぎ声をあげている。自分の子供に見せられない姿……。それを必死で隠そうとしている信明も、もう片方の手でオナニーをしていた。


【続きを読む】
[ 2019/11/30 21:55 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

目隠しした妻に内緒でディルドを入れたら、違うものも入れることになった3(転載禁止)

前回の話

『え? 健君もイッたの?』
涼子は、口の周りを精液で汚したままの状態で聞いてきた。僕は、慌てて謝った。
「謝らなくても良いけど……。でも、ズボンの上から触っただけでしょ? そんなに興奮するんだ……』
涼子は、本当に驚いたような顔で言う。僕も驚いている位なので当然だと思う。


藤本さんは、
「旦那さんも喜んでくれてるみたいだから、続けようか。じゃあ、旦那さんの方に向いて立ってみて」
と、淡々と指示をする。涼子は、不安そうな顔をしながらも、言われるままに僕の方を見て立った。まくれ上がっていたスカートは元に戻り、見た目は着衣の状態だ。

「じゃあ、自分でスカートまくり上げてみて」
藤本さんはそんな指示をする。涼子は、顔を真っ赤にしながらスカートの裾をつまんで持ち上げ始めた。丸見えになる涼子の秘部……。そこかしこが濡れて光っている。薄目のヘアに童顔なので、とても幼い印象だ。

藤本さんは涼子の前に腰を下ろすと、涼子の膣に指を二本入れてしまった。
『あぁっ、ダっ、ダメっ、ウゥッ! 抜いてっ』
慌てて藤本さんの腕を掴もうとする涼子……。でも、藤本さんは腕ごと指を動かし始めた。まるで、涼子の膣中を掻き出すように動かすと、涼子は身体を軽く折り曲げ始めた。

『うぁうっ、あっ、あっ、ダメっ、そこダメっ、うぅあっ、あっ、アンッ、イヤッ、こすっちゃダメっ、うぅああっ!』
涼子は、すぐに激しく感じ始めてしまった。
「ほら、もっと身体反らして。曲げちゃダメだよ」
藤本さんは、そんな指示をする。涼子は、あえぎながらも素直に身体を反らし気味にする。すると、さらに涼子の声が大きくなる。
『あっあっ、あっ、ぁ~~ッ、ダメっ、こんな、うぅあぁっ、そこダメ、ダメなの! き、気持ち良くなっちゃうぅ』
涼子は、追い詰められたような顔で叫ぶ。
「良い感じだね。ここかな?」
藤本さんは、涼子の膣中を探るような手つきで動かす。すると、涼子は悲鳴みたいな声をあげ始めた。
『ダメっ! ダメっ!! ダメ~~ッ!!』
ほとんど絶叫のような声とともに、涼子は潮を吹き始めた。彼の腕の動きに合わせ、断続的に飛び散る透明のしぶき……。僕は、堪えきれずにペニスを出してしごき始めてしまった。

目の前で、他の男に潮吹きさせられている涼子……。僕は、それを見ながら狂ったようにオナニーをしている。涼子は泣きそうな顔で叫びながら、オナニーをしている僕を見つめる……。
「すごいね。こんなに吹く子、初めて見たよ」
藤本さんは、そんなことを言いながら涼子の膣中を責め続ける。そして、少しすると涼子はガクンと腰を落とし始めた。
「おっと。じゃあ、ベッド行こうか」
藤本さんは、涼子の身体を支えるようにしてベッドに運ぶ。ビチャビチャの床……僕は、それを見ながらベッドサイドに移動した。

涼子は、ぐったりとしている感じだ。藤本さんは、寝かした涼子の衣服を脱がせていく。上はブラジャー姿で、下はなにも穿いていない状態になった涼子。小ぶりな胸だが、ブラジャーで谷間はかなり目立っている。

藤本さんは、ブラを外さずカップだけを引き下げる。あらわになった乳首……鮮やかなピンク色だ。涼子は、恥ずかしがる気力もないようで、ぼんやりとした顔で藤本さんを眺めている。

藤本さんは、
「綺麗な乳首だね」
と、言いながら涼子の乳首を舐め始めた。
『あっ、ンッ、うぅ、気持ちいい』
涼子は、弱々しくうめくように言う。さっきの潮吹きで、かなり体力が消耗してしまったようだ。藤本さんは、さっきとはうって変わってソフトな愛撫を続ける。でも、涼子は乳首を責められているだけなのに、本当に気持ちよさそうな顔になっている。
「すごく敏感だね」
藤本さんは、そんなことを言いながら涼子の乳首を責め続ける。僕は、涼子の乳首を見られているだけでもショックなのに、こんな風にたっぷりと触られたり舐められたりするのを見て、後悔をし始めていた。やっぱり、大人のオモチャで仮想寝取られプレイだけをしていれば良かった……。
でも、そんな後悔をしながらも、僕のペニスは爆発しそうな程に勃起していり来たってしまっている。

涼子は、恥ずかしそうな顔で、
『さ、さっきので……敏感になってるの』
と、答えた。
「身体が受精モードになってるんだよ。今なら、乳首だけでイケるんじゃない?」
藤本さんは、そんなことを言う。そして、より強く早く舌を使い始めた。

『ンッ、あっ、アァンッ、気持ちいいっ、それ気持ちいいです!』
涼子は、あえぎっぱなしになってきた。藤本さんは、軽く甘噛みをしたり、指で割と強めにつまんだりもしている。その度に、涼子は身体を小さく震わせる。僕がしたことのない愛撫の仕方だ。
僕が見ている前で、こんなにもとろけた顔になる涼子……。罪悪感的なものは感じないのだろうか? 僕は、そんなことを考えながら舐め続ける。

執拗に乳首を舐め続ける藤本さん。とろけた顔であえぎ続ける涼子……。僕は、結局後悔の気持ちを感じながらも、オナニーを再開してしまった。

『ンッ、ン~~ッ、ダメぇ、こんな、あっ、アンッ、イ、イキそう』
涼子は、戸惑ったような声で言う。藤本さんは、そのまま涼子の乳首を舐め続ける。
『健君、ごめんなさい、イキそう、イッちゃうっ、健君、見ないでっ、見ちゃダメっ、イクっ、イクっ、イクぅっ!』
涼子は、泣きそうな顔で叫んだ。そして、ブルブルッと身体を震わせる。
「すごいね。本当に乳首だけでイケたんだ」
藤本さんは、感心したように言う。
『……健君、ごめんね』
涼子は、泣きそうな顔で謝る。でも、僕は涼子が乳首だけでいかされた瞬間、射精をしてしまっていた。涼子は、僕が射精した事に気がつくと、
『健君もイッちゃったんだ……』
と、複雑そうな顔で言う。僕は、うつむいてゴメンと謝った。

「ホント、仲良し夫婦だね。じゃあ、続けようか。旦那さん喜ばせようと思ったら、奥さんが上になって入れた方が良さそうだね」
藤本さんはそんなことを言うと、ベッドに仰向けで寝転がった。大きなペニスが揺れながら天井を指している。ネットで単独男性を募集した時の写真は、もっと小さなペニスに見えた。でも、実際のペニスはかなり大きかった。僕は、今さら不安になっていた。

大きなペニスでより大きな刺激を受けてしまったら、僕のでは物足りなくなるのではないか? 実際、今使っている僕のよりも少しだけ大きなディルドも、涼子は大のお気に入りになってしまっている。

『じゃあ、コンドームつけますね』
涼子は、そんな風に言ってベッドサイドにあるコンドームに手を伸ばす。すると、
「あ、これ使って下さい。備え付けのだとキツいんで」
藤本さんは、どこからともなく取り出したコンドームを涼子に渡しながら言う。
『え? キツいって?』
涼子は、意味がわからないという顔で言う。
「サイズが小さいんだよね。このLLサイズのじゃないと、キツいんだよ」
藤本さんは、丁寧に説明する。涼子は、コンドームにサイズがあることに驚きながら、パッケージを破ってコンドームを手に取った。

『ホントだ。なんか大きい』
涼子は、コンドームを見て言う。そして、藤本さんのペニスにかぶせようとする。

「あ、待って。口でつけてみて」
藤本さんは、そんなリクエストをする。
『え? 口で? どういうことですか?』
意味がわからない涼子。藤本さんは、付け方を説明し始めた。
『こんな付け方あるんだ……。じゃあ、やってみますね』
涼子はそう言って、コンドームを口にくわえた。そのままフェラチオするように藤本さんのペニスをくわえる涼子。

口でコンドームを装着するなんて、まるで売春婦のように見えてしまう。涼子は、ぎこちないながらもなんとか装着をしていき、結局口だけでコンドームをつけてしまった。そして涼子は、あきらかに興奮しているような顔だ。コンドームを口でつけるという行為に、興奮してしまったように見える。
僕は、まるで涼子が売春婦扱いされたような気持ちになっていた。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


ちょい悪部長に山登りに誘われた私は快感の頂きに

今年24才都内の商社で働いています。
私の就職した時から今までの経験をお話します。
(Profile:麻奈・身長153B80W56H8340k髪型はストレートで背中までのロング:ダークブラウン)最初に大学を卒業して就職をした頃のお話です。

【続きを読む】
[ 2019/11/30 19:00 ] 女性の体験談 OLや働く女性の告白 | TB(0) | CM(-)

彼女を漫画喫茶で時間差で3人の単独男性と

初はノーマルだった彼女を1年くらいかけて調教し、俺の趣味である他人棒を与える事に成功した。
ネットで募集した単独氏をホテルに呼んで彼女を抱かせる、と言う事を何回か行っていたがさすがにそれもマンネリだな、と思った時に次は屋外でのセックスを経験させたいと思ってた事もありまずはその前のステップとして漫画喫茶を選んだ。

【続きを読む】
[ 2019/11/30 17:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

私は夫の父と愛人契約を結んでしまいました

恥ずかしい話ですが、私は夫の父と愛人契約を結んでしまいました。
私(幸子)は今年50歳を迎える熟妻です。
身長158cm・体重58kg(95・68・93)のムッチリ体系をしています。
事の始まりは、夫の義父(正志:72歳)の体調不良に始まりました。

【続きを読む】

妻のエロ画像をアップしてたら、身近にファンがいた

私には妻のエッチな姿を写真に収める趣味があります。

初めは妻も嫌がっていたんですが、いつの間にか妻もレンズを向けられる悦びを知った様で、今ではお互い楽しんでいます。

普段着のパンチラや脱衣場で着替える姿とジャンルは色々で、今では青姦や露出画像も豊富です。

特に公園や山・海と言った所で、道具を付けた姿を写真に収め、後で確認するとバックに人が・・・

【続きを読む】
[ 2019/11/30 12:00 ] 男性の体験談 露出プレイ 男性 | TB(0) | CM(-)

人妻デリ嬢に勝手に中出ししたら、最低ですと言われたw

昨日、人妻デリヘルでコンパニオンの○実に中出ししてやりました。

路上待ち合わせで某駅前ロータリで待ち合わせ。

人妻デリに期待してなかったけど、逢うと、それはそれは美人さんでスタイルも良く、チンポはカチカチに。

俺の車に乗せ、5分ほどでホテルへIN。

【続きを読む】

セックスレスの人妻は後腐れないので最高だ

先月、かおりとシタので報告します。

かおりは38歳の人妻。新婚1年ちょい。しかし相手は50近いおじんで下半身は使い物にならず、かおりはセックスレスに悩んでいました。

そんなかおりからメールが入り、「会わないか」と。私は逸る期待を抑えながら待ち合わせ場所へ。

【続きを読む】
[ 2019/11/30 08:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

バイト先の人妻さんは、大学生の彼女とはまったく違った

彼女持ちの21歳学生です。

昨日の夜バイトが終わって歩いて帰っていると、同じ職場の恭子さんと偶然会いました。
34歳の既婚者で桜井幸子さんっぽい綺麗な人で、僕ら若い者の中でも人気者でした。

【続きを読む】
[ 2019/11/30 03:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

彼氏に不満はないけど、メールで知り合った人としちゃいました

 メールで知り合った人としちゃいました。彼氏とのHに不満があった訳じゃありません。でも彼氏は私とタメの19で、「お金がもったいない!」ってホテルに連れてってくれないんです。二人とも実家暮らしだし、親公認だからお泊まりは可だけど声は我慢しなくちゃいけなくて、たまにはホテルで思いっきり声出してしたいなぁ~って思ってました。ですが、それを言うと彼氏は「学生でごめんね!」とか言って拗ねちゃうので我慢してたんです。

【続きを読む】

出会い系で知り合ったちっちゃな女の子は、服も脱がずにエッチする淫乱だった

金曜日に仕事を終え、マッハで風呂と着替え、電話連絡をとりながら高速で2時間。
高速を降りたと同時にガス満タン、待ち合わせ場所へ。
すでに20時過ぎ。

デニムのミニ。
小さい。
思ってた以上だった。
俺182cm、その差30cm。

【続きを読む】
[ 2019/11/30 00:11 ] 男性の体験談 年下やロリとの体験 | TB(0) | CM(-)

俺が浮気したばかりに、変態JKのペットになった彼女

俺は22歳♂。彼女の映子は6歳上の中学校の職員 (教師ではない、私立校独特のよく分からん役 職)、浮気相手の彩未は4歳年下の女子高生。 映子とは専門学校時代、バイトで知り合い俺から 告白して交際2年目。親にも紹介済みで婚約はしてないものの親公認の関係。
そんな彼女がいるにも関わらず、友達に紹介された彩未と浮気をしてしまった。

【続きを読む】
[ 2019/11/29 23:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

従業員のパートさんと不倫していますが、常連の客が連絡先をよく聞いてきます

私のお店でパートとして働く40代の人妻の話です。私とは以前から不倫関係にあるのですが、40代の子持ちとは思えない若々しさと綺麗な顔立ちで、くびれのある身体つきと厚い唇が色っぽく、誰が見てもエロい見た目をしています。お客様からも人気があり、彼女目当てでお店に来られるお客様も多いです。

彼女は苦手にしているのですが、近所の板金屋の社長さんとは古い付き合いで、お店の常連でもありますが、しきりに彼女を誘ったりしていて、飲み仲間でもある私に彼女の連絡先を聞き出そうとしたりしてきます。

【続きを読む】

隣家に回覧板を持って行ったら若妻がブラチラでお出迎えしてくれた

家に帰ると、母からの伝言がありました。
『今日は由香の用事で帰り遅くなります。
それから、回覧版をお隣の家に置いてきてください。
そして、お隣の奥さんから組費をもらっておいて下さい』
という内容でした。

【続きを読む】

★受験勉強から解放された安心感を噛み締めながら叔母さん自慢の手料理を食べていたら★





俺の嫁が寝取られているッ!〜海の見える街・前編〜
俺の嫁が寝取られているッ!〜海の見える街・前編〜


親族相姦 きれいな叔母さん 七瀬ひな
親族相姦 きれいな叔母さん 七瀬ひな

受験のために東京に出ることになった僕は、東京で一人暮らしをしている叔母さんの家にお世話になることになった。試験が無事に終わり、ようやく受験勉強から解放された安心感を噛み締めながら叔母さん自慢の手料理を食べていたら…

最高の人妻 旦那の前で穢されて… 笹倉杏
最高の人妻 旦那の前で穢されて… 笹倉杏





【続きを読む】
[ 2019/11/29 18:20 ] おすすめやお知らせ | TB(0) | CM(-)

こんな若い単男さんの前でイッちゃうなんて、ほんとドスケベな女だね

カップルサイトで知り合ったS&Kさんに誘われ、乱パに参加してきました。
首都高脇のマンションタイプの高級ホテル、100平米超えのスイート2部屋を借りたそうで、参加者は60人だったそうです!!

普段はカップルパーティーの主催が多いS&Kさんのパーティーですが、今回は単独男女さんも呼んでの乱パで、比率はカップル7対単独3くらい。

【続きを読む】
[ 2019/11/29 17:00 ] 男性の体験談 複数体験談 男性 | TB(0) | CM(-)

サンバで鍛えた腰振りは日本人にはないような凄いグラインドだった

地元でも労働賃金の安い外国人を雇うのが風潮となり、当時勤めていた会社にも日系ブラジル人家族が働きに来た。
その中で年が近いTと仲良くなり、たまに遊びに行っていました。

そんなある日、Tから他の会社に勤めている日系ブラジル人家族の所に一緒に遊びに行こうと誘われ、ちょっとドキドキしながら行きました。

【続きを読む】
[ 2019/11/29 14:00 ] 男性の体験談 外国人女性との体験 | TB(0) | CM(-)

主人とは違うテクニックとちがうモノにのめり込む私

 48才人妻です。浮気や不倫は雑誌やドラマの世界で、本当はほんの一握りの人達の事だとつい数ヶ月前まで思っていました。初めての男性と結婚し、他の男性との経験がない私は多少の浮気願望があったにせよ自分から遠ざけていたのでしょうね。
 主人との夜の生活は月に1回程度ですが、大きな不満もありませんでした。今思えば無知だったのかも。子供も手を離れ平日の仕事がお休みの日は、フィットネスクラブに通うようになりました。

【続きを読む】

飲み友達の巨乳ちゃんが、混浴温泉で手コキしてくれました

先週の日曜日のことです。
オレとMは飲み友達。
もう何年も一緒に飲む仲。
みんなで飲むこともあれば、二人で飲むこともある。
人混みを歩く時は手も繋ぐし、ごく軽いチューくらいはしたこともある。

【続きを読む】
[ 2019/11/29 10:00 ] 男性の体験談 温泉での体験 男性 | TB(0) | CM(-)

日本舞踊サークルの3人で覗き男にお仕置きした(性的にw)

町の公民館主催、日本舞踊サークルの先輩二人と某温泉に行った時の忘れられない体験です。私(23)、友紀さん(28)、美咲さん(31)の3人ですが、私以外は結婚しています。
夜の10時過ぎ全員が浴場からあがった後、脱衣場で裸のままお互いのお肌のお手入れなどに話が弾んでいました。

【続きを読む】
[ 2019/11/29 08:00 ] 女性の体験談 複数体験 女性 | TB(0) | CM(-)

出会い系で釣れた主婦3人組は、旅の恥はかきすてタイプでした

GW前半の出来事でした。

久しぶりに出会い系サイトを見ていたら、地方から都会へ遊びに来たので夜の相手を募集しているというのを見つけたので、どうせサクラだろうと思いつつもメールしてみたらホテル名とルームナンバーを教えてくれたので、モノは試とホテルに電話してみると何と実在したのでした。

電話で話をしたところ割と出会い系サイトを利用しているので、折角旅行に来たのだから一晩のアバンチュールを求めていたとのことでした。

【続きを読む】

サークル仲間と宅飲みしてる時に、こたつの中で巨乳の後輩にイタズラしたw

大学時代、サークルのやつらと先輩の部屋で飲んでた時の話だ。

メンバーは女が3人と、俺含めて男が2人だった。部屋の主の美人な先輩、おとなしい系の女、巨乳の後輩、俺の結構仲のいい友達、それに俺。

みんな相当飲んでて、寒い季節だったから全員コタツに入って結構密着してた。

【続きを読む】
[ 2019/11/29 02:00 ] 男性の体験談 学生との体験談 | TB(0) | CM(-)

出会い系のOLさんと、ビジネスホテルでエッチした思い出

相手:26歳、161センチ、51キロ。

『見た目は悪く言われません。仕事帰りに一緒に飲みませんか?』という空爆で捕獲。

ゲットしたLINEを3週間ほど継続するも、電車で1時間40分かかるという微妙な距離が邪魔をして面接は延び延びに。
写メ交換をすると、キリッとした顔が芦名星に似てなくもない。
余裕で可食圏内。

【続きを読む】

母の知り合いの母娘がDV夫から逃げてきた

夏のある晩の事。
母親の知り合いで、車で5分ほどの所に住んでいた当時30代半ばの奥さんが、旦那さんの暴力から逃げてきた。
当時小学校6年生の娘さんも連れていて、母親は急きょ一部屋を与えてかくまった。
俺は当時大学1年だった。
親子に宛がった部屋は、俺の部屋とは襖を一枚隔てただけの和室で、俺は母親の着替えを覗いたり、二人がいない隙に部屋に入って、下着を借りてネタにしたりとしていた。

【続きを読む】
[ 2019/11/28 23:00 ] 男性の体験談 年下やロリとの体験 | TB(0) | CM(-)

40歳の大阪の主婦ですが、3人の彼氏がいて幸せを感じています

40歳の大阪の主婦ですが、今3人の彼氏がいて女の幸せを感じています。
昨年までとは全く違う私に、自分自身で驚いています。
少し自慢話みたいになるかも知れませんが、誰かに言いたくて書き込みます。

【続きを読む】

童貞を捨てようと必死だった俺はキッツいナースと初体験した

あれは去年の夏頃の話である

高校を卒業してろくな職にも就かずフラフラしてた俺だが
29歳にして童貞ということにだけは焦っていた

【続きを読む】
[ 2019/11/28 19:00 ] 男性の体験談 ナースとの体験談 | TB(0) | CM(-)

8年間セックスレスの奥さんと出会い系で知り合ったけど、相性が良すぎてヤバいw

昨日、某出会い系で半月やり取りしてた、8年間セックスレスだという奥さんと会って来た。

36歳の熟れ頃なのに、子供を妊娠してからずっとレスなんだって。
子供が小さい頃は忙しくて気にしなかったらしいが、小学生になってからは時間に余裕もできて、ふと我に返って寂しくなったとの事。
でも、今さら旦那にエッチしたいと迫るのもやりにくいし、なんとなく期待もあって出会い系に登録したんだって。
某パチ屋の駐車場で待ち合わせてやってきたのが、ショートヘアーの活発そうな痩せたお姉さんって感じの人だった。

【続きを読む】
検索フォーム
カテゴリ