月別アーカイブ  [ 2019年04月 ] 

≪ 前月 |  2019年04月  | 翌月 ≫

▲初めてできた恋人は、黒髪巨乳で後ろまで調教済みだった4(転載禁止)

前回の話

僕は、勃起しすぎて破裂しそうになっているペニスを、ズボンの上から掴んでしごき始めました。画面の中では、加奈子が歓喜の声をあげながら、手首と足首を連結された状態で四つん這いになっています。

『ご主人様、嬉しいです。やっと入れてもらえた』
加奈子は、あえぎ声をあげながら嬉しそうに言います。僕は、このとき電話を切って脳天気に翌日の加奈子とのセックスの事を考えていました。まさか、僕と通話中に生ペニスで貫かれているとは気がつかずに……。


【続きを読む】
[ 2019/04/30 14:23 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

個室ビデオで見たAVに、若い頃の妻が出演していた完(転載禁止)

前回の話

私は、射精の快感に声を漏らしていた。自分の妻が、他の男の精液を飲み干している姿を見ながら射精するなんて、我ながらどうかしていると思う。

でも、異常な高ぶりは収まる気配もない。私たちの寝室で、AV男優とアナルセックスをしている里帆……。男優にコンタクトを取ったときは、こうなるなんて想像もしていなかった。今さら後悔しても遅すぎると思うが、私は強い後悔を感じていた。

里帆は、男優の精液を飲み干した後、すぐに彼のペニスをくわえ始めた。それは、綺麗にするためとかそういう感じではなく、無理矢理にでも勃起させようという感じだ。

「ちょ、ちょっと、吸い過ぎだって。そんなにすぐ立たないから」
男優は、慌てた感じで言う。
『時間ないんだから。ぶっといおチンポ、早く入れて欲しいな』
里帆は、甘えた声ではしたないリクエストをする。男優は、あきれたように笑っている。すると、カメラが里帆の顔をアップにし始めた。薄いモザイクがかかっているが、こんなにアップになると里帆だとわかってしまうと思う。

「子供や旦那に悪いって思わない?」
男優は、からかうような口調で質問する。
『それは……。思うよ。でも、我慢出来ないもん。ねぇ、早く入れて。もう、おっきくなったでしょ? 早くケツマンコ犯して』
里帆は、そんな風に言うと、男優に背を向けて四つん這いになった。そして、自分でアナルを大きく拡げ始める。さっき、あれだけ激しくアナルセックスをしたせいもあるのか、里帆のアナルは大きく穴が開いたように拡がっている。

男優は、手持ちのカメラで撮影を続けながら、ペニスを里帆のアナルにあてがっていく。モザイクがかかったペニスは、本当に大きい感じがする。あんなものが、小さなアナルに入るのが信じられない。

『うぅあぁ、太いの来たぁ』
里帆は、とろけきった声をあげる。
「旦那のより、どれくらい大きい?」
男優は、そんな質問をした。
『え? どれくらいって、どうだろう……。大人と子供くらいは違うかな?』
里帆は、そんな言い方をする。
「旦那、子供チンポなんだ。そりゃ、欲求不満になるよな」
男優は、吹き出しながら言う。私は、そんな風に馬鹿にされているのに、息が苦しくなるほどの興奮を感じている。そして、射精してさほどたっていないのに、またオナニーを始めてしまった。

『そんな事ないよ! 欲求不満なんて感じてないもん』
里帆は、すぐにそんな事を言った。
「へぇ。じゃあ、どうしてAVなんて出てるの?」
男優は、どこか楽しそうだ。
『だって、出ないと会ってくれないでしょ? もう、このおチンポ無しじゃダメになっちゃったんだもん』
里帆は、媚びたような口調で言う。私は、自分の妻が他の男にこんな態度を取っている事が、どうしても信じられないでいる。

AVとしての台本通りにしているのではないか? 思ってもいない事を言わされているだけなのではないか? そんな風に考えてしまう。
「そんなにこのチンポ好きなんだ」
『うん。大好き。だって、死んじゃうくらい気持ちいいんだもん。ねぇ、動くね。もう我慢出来ないから』
里帆はそんな風に言うと、腰を前後に動かし始めた。カメラは、里帆のお尻の動きを撮し続けている。後背位で繋がっているのに、必死で腰動かす里帆。動くたびに、アナルがめくれ上がるような感じになりながらも、滑らかに力強く腰を振っている。
『あっ、んっ、うぅあっ、めくれちゃうぅ、おチンポ太すぎるぅ』
里帆は、はしたない言葉を口にしながら、どんどん高まっていく。
「ホント、エロいわ。こんなに淫乱なのに、今までよく子供チンポで満足してたな」
からかうように言う男優。
『だって、知らなかったから。こんなに気持ちいい事があるなんて、知らなかった』
里帆は、うわずった声でそんな事を言いながら、さらに腰の動きを加速していく。

この前に見たDVDで、里帆は初めてアナルセックスをしたはずだ。その時は、まだ痛みを感じていた。それが今は、まったく痛みを感じていない様子だ。

男優とは、撮影以外でも会っているという事だろうか? 私は、里帆が浮気をしているという事実に、さらに後悔の気持ちが強くなる。

「よし、もっと狂わせてやるよ」
男優はそう言うと、カメラを置いて腰を振り始めた。両手で里帆の腰のあたりを掴み、思い切りピストンをすると、里帆はのけぞるような格好になりながら、
『あっ、あっ、アンッ、あぁ~っ! 気持ちいいっ! お尻壊れるっ! んおぉお゛お゛お゛ぉっ!』
と、野太い声であえぎ続ける。甲高い鳴き声と、低いうめき声のようなものが混じるあえぎ声は、本当に気持ちいいんだなと伝わってくる。

「スゲぇな。オラ、イケ! 夫婦の寝室で、ケツでイケっ!」
男優は、里帆のお尻を平手で叩く。その度に、里帆は身体を震わせて悲鳴のような声をあげる。
『イグっイグっ! んおぉお゛っ! おぉお゛っ! 死んじゃうっ!』
里帆は、泣いているような声を出す。気持ち良すぎて本当に泣いてしまっているような感じだ。

男優は、楽しそうにお尻を叩き続け、腰を突き動かし続ける。そして、ゆっくりとペニスを抜き始め、抜けそうになると一気に根元まで突き入れる。
『イッぎぃっ! うぅああ、イッちゃった、ケツマンコ気持ちいいのぉ』
里帆は、とろけきった声であえぐ。見慣れた寝室で、妻が他の男とアナルセックスをし続けている……。私は、狂ったようにペニスをしごき続けた。

「よし、出すぞ。中に出すから」
男優は、そんな風に言う。
『ダ、ダメぇ、出すならオマンコにっ。子宮にかけて欲しいっ!!』
里帆は、信じられないような言葉を口にする。
「ケツの方が感じるんじゃなかったっけ?」
男優は、そんな風に聞く。
『だ、出されるのはオマンコが良いのっ! イケない事してるみたいで、感じちゃうのっ!』
里帆は、興奮しきったような声で叫ぶ。男優はあきれたような顔になると、里帆のアナルからペニスを抜き、そのまま膣に入れてしまった。そして、すぐに射精を始めると、里帆は身体をのけぞらせながら、
『うぅああぁ、妊娠しちゃうぅ』
と、とろけた声で言った。
「え? 危ない日なの?」
男優は、驚いた声で質問する。
『うん。少し……でも、きっと大丈夫』
里帆は、曖昧な言い方をする。そして、私は妊娠するかもしれない里帆を見ながら、また射精をしてしまった……。動画は、ここで唐突に終わってしまった。

私は、茫然自失の状態で身動きすら出来ないような状況だった。でも、なんとかそのDVDをコピーして個室ビデオ店を出た。

自宅で撮影をした上に、妊娠のリスクのある中出しまでされてしまう……。とても、まともな判断が出来ているとは思えないような気がする。でも、それを見ながらオナニーをする私が、一番まともではないのだと思う。

自宅に戻ると、子供達と里帆が出迎えてくれる。本当に幸せを感じる瞬間だ。でも、里帆はこの無邪気な笑顔の裏で、男優と乱れたセックスをしている……。そう思うと、たまらなく不安になってしまう。

その夜、
『パパ……。疲れてる?』
と、里帆はモジモジしながら聞いてくる。最近、頻度の増えたセックスのお誘いだ。私は、複雑な気持ちを感じながらも、疲れていないと答えて誘いを受けた。
ベッドの上での里帆は、いつもと変わらない彼女だった。恥じらい、控えめな声であえぐ姿は、AVの中の彼女とはまるで違う。恥ずかしがる彼女を四つん這いにし、バックから責めていると、彼女のアナルが見える。
元々の形を知らないのでなんとも言えないが、少し縦に伸びているように見える。アナルセックスを繰り返して、こんな形になってしまったのだろうか? 私は、アナルで狂う彼女を思い出し、あっけなく射精を開始してしまった。

『パパ、愛してる。いつも、ありがとう』
里帆は、照れくさそうに言ってくる。その言葉に嘘はなさそうだ。私は、彼女を抱きしめた。

結局、私は何も出来なかった。おそらく、里帆はあの男優と浮気を続けているはずだ。でも、私はそれを止める事もなく日々過ごしている。そして、ちょくちょく個室ビデオ店に行き、里帆の新作が出ていないかチェックしていた。

なかなか新作は出てこず、それにがっかりする私がいた。自分の妻がAVに出るのを心待ちにする日々……。我ながら、どうかしていると思う。でも、私の寝取られ性癖は完全に開花してしまったみたいだ。

そんなある日、里帆に夜のお誘いを受け、セックスをしようとしたとき、私は勃起する事が出来なかった。焦れば焦るほどどんどん柔らかくなり、私は動揺した。
里帆は、手や口を使ってなんとか勃起させようとしてくれる。でも、まるで勃起しない私がいる……。
『きっと、疲れてるんだね。ゴメンね、疲れてるときにおねだりしちゃって……』
里帆は、申し訳なさそうに謝ってくる。私は、動揺しながらもこちらこそゴメンねと謝った。

私は、隙を見てパソコンの中の里帆のAVを見た。他の男にアナルを貫かれ、信じられないほど感じている里帆……。私は、嫉妬と興奮を感じながらも、勃起しない事に驚いていた。

そして、EDになってしまった私は、焦燥感を感じる日々を過ごしていた。男として、大切な機能が欠落してしまった……。そんな気持ちで、気分は暗くなる一方だった。里帆も、何度か口や手を使って勃起させようと頑張ってくれたが、ピクリとも勃起出来なかった……。

そんな事も有り、しばらく個室ビデオ店に行っていなかったが、もしかしたらと思って立ち寄ってみた。すると、例のレーベルから新作が出ていた。パッケージの裏を見ると、パッと見てすぐに里帆とわかるような写真もあった。
以前のものは、顔全体にモザイクがかかっていた。でも、この作品は目のところしかモザイクが掛かっておらず、口元は丸見えだ。

私は、震える手でそれをかごに入れ、他の適当に選んだ5本と一緒にレジに向かった。

個室に入ってすぐに再生を始めると、セーラー服を着た里帆が出てきた。恥ずかしそうにモジモジしながら、
『こんなの無理があるよ~。もう、アラフォーなんだから』
里帆は、本当に恥ずかしそうに言う。その顔は、目のところに薄いモザイクがあるだけで、ほとんど顔が見えてしまっているような感じだ。たぶん、知り合いならこれが里帆だと気がついてしまうレベルだ。
「それが良いんじゃん。熟女がコスプレで恥じらう姿がエロいんだって」
男優は、手持ちカメラで撮影しながら楽しそうに言う。
『まだ熟女じゃないもん!』
里帆は、すねたように言う。
「はいはい。じゃあ、スカートまくってみてよ」
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


妻が風俗通いの友人に、もったいないから私がしてあげると言い始めた4(マガブロ 転載禁止)

前回の話

私は、目の前で一つになっている二人を見て、信じられない気持ちになっていた。最初は、手で抜くだけと言う話だったはずだ。それが、なし崩し的に本番まで行ってしまっている……。

『ゴメンね、パパじゃないのにイッちゃった……』
まさみは、入れられただけなのにイッてしまったみたいだ。私は、気にしなくていいよと言った。その上、せっかくだから楽しんだら? と、心にもないことを口にしていた。
『う、うん。でも、恥ずかしいな……。パパ、見ないで欲しい……』
まさみは、顔を真っ赤にしながら言う。アキオは、バツが悪そうにポリポリと頭を搔いている。

私は、黙ってうなずくと、リビング横の和室に移動した。正直、どうして私が移動しないといけないのだろう? と、思いながらも、射精でパンツの中がドロドロだったので、それを拭きたいと思っていたのも事実だ。

私は、パンツを膝まで下ろし、ティッシュで大量の精液を拭き始めた。ふすまの向こうからは、二人の会話が丸聞こえだ。
「やっぱり、本番はマズいんじゃないかな? アイツにも悪いし……」
アキオは、さっきまでの興奮した感じとはうって変わり、申し訳なさそうな声で言う。
『そんなことないよ。だって、パパ自分でしてたもん。さっきだって、パパ射精してたんだから』
まさみは、そんなことを言う。私は、全部見られていたんだなと気がつき、恥ずかしくて顔が熱を帯びてきた。
「マジで? 全然気がつかなかった。て言うか、アイツって寝取られ好きなの?」
アキオは、驚いている感じだ。
『う~ん。どうかな? でも、焼きもち焼きかも』
まさみは、そんな会話を続ける。こうやって聞いていると、ただ会話しているだけに聞こえる。でも、二人は避妊具無しで繋がった状態だ……。

「そうなんだ。じゃあ、お言葉に甘えて続けさせてもらうよ」
『うん。最初はゆっくりしてね。アキオさんの、大きすぎてちょっと怖いんだ』
まさみは、そんなことを言う。でも、入れられただけでイッてしまう位なので、怖いも何もない気がする。
「了解。じゃあ、ゆっくりね」
アキオは、嬉しそうに言う。私は、とめなくて良いのだろうか? と、葛藤していた。でも、
『うぅあぁあぁ、こ、こんなに、うぅ』
と、まさみのとろけた声が聞こえてると、葛藤も消えてしまった。私は、黙って様子をうかがい始めた。
「平気? 痛い?」
アキオは、心配そうな口調で質問する。
『平気。でも、内臓引きずり出されちゃうかと思ったよ』
まさみは、独特の表現をした。
「良かった。痛がる子多いから、安心したよ」
アキオは、そんな風に言う。巨根は巨根で悩みがあるようだ。
『そうなんだ。太すぎるもんね。子供産んでない子はキツいかも』
まさみは、そんな感想を言う。
「じゃあ、続けるね」
『うん』
私は、二人の会話を聞いて、不安な気持ちがどんどん大きくなっていた。まさみは、あんなに太くて長いペニスが入っても、痛くないみたいだ。それどころか、すごく気持ちいいようだ。あんなサイズに慣れてしまったら、もう私のものでは感じなくなってしまうのではないか? そんな心配で胸が苦しくなる。

『うぅ、うぅっ、うぅあっ、あっ、ンッフゥ』
まさみは、うめくように声をあげる。どう聞いても、声を我慢している感じだ。私に遠慮しているのだろうか? 
「水着、外すよ」
『う、うん。ヒィうぅ、あっ、んあっ!』
まさみは、まったく余裕のない声になっている。自分の妻が、他の男に感じさせられている……。私は、この異常事態に激しく勃起している。そして、まさみの目がないのを良いことに、直接しごいてオナニーを始めてしまった。

「綺麗な胸だね。子持ちには見えないよ」
アキオは、そんな風に褒める。
『ありがとう。ねぇ、もっと強くして良いよ』
まさみは、トロンとした声で言う。
「強くして欲しいの?」
アキオは、少しからかうようなニュアンスで言う。
『……うん。強くして欲しい』
まさみは、恥ずかしそうにモジモジと答えた。
「了解」
短く答えるアキオ。
『うぅっ、うぅっ、うぅ~っ! あっ、んぁっ、あっ、アンッ、す、すごい、うぅっ! うぅあぁ~っ!』
まさみは、声を殺しきれなくなっていた。もう、普通にあえいでしまっている。と言うよりも、私としているとき以上にあえいでいる感じだ。

床がきしむ音、まさみのとろけたあえぎ声、そして、アキオの荒い息遣い。なまじ見えないだけに、余計に卑猥に感じてしまう。

「すごいね。まさみちゃんの、すごく気持ちいいよ。名器ってヤツだね」
アキオは、少し余裕のなくなった声で言う。私は、不思議な気持ちだった。確かに、まさみの膣は二人出産しているとは思えないほど締まりが良い。でも、名器という程かな? とも思う。

『ほ、本当に? そんなの、言われたことない』
まさみは、とろけた声で答える。私は、思いがけずまさみの過去の男性遍歴の一端を聞かされて、嫉妬心で苦しくなってしまう。でも、嫉妬心が快感に置き換わるような、不思議な感覚も感じていた。

「そっか、まさみちゃんの膣って、奥の方がざらざらしてるから、奥まで入れないと名器ってわからないかも」
アキオは、そんな説明をする。私は、劣等感を感じてしまった。アキオのペニスは、私が入ったことのない場所まで到達しているようだ。そして、そこが名器のようだ。私では、一生気がつかなかった事だと思う。

『そうなんだ。こんな奥まで、入れられたことないから……』
まさみは、そんな風に答えた。
「どう? 奥まで入れられた感想は」
アキオは、そんな質問をする。
『なんか、すごい』
まさみは、言葉が出てこないみたいだ。
「気持ちいい?」
『うん。今まで知らなかった感覚だよ。なんか、少し怖いかも』
まさみは、少し不安そうな声で言う。
「怖くなったら言って。ちょっと強くするからね」
『……うん』
まさみは、期待と不安が入り交じっているような感じだ。

『あっあ、あっ、うぅあっ、すごい、あっ、気持ちいい、奥に、うぅっ、当たってる、うぅっ!』
まさみは、さっきよりもあえぎ声が大きくなってきた。
「乳首もすごいね。めっちゃ勃起してる」
『ダメぇ、乳首、うぅあっ、気持ちいいっ、それダメぇ、気持ちいいのっ』
まさみは、声がワントーン高くなっている。私は、堪えきれずにふすまの隙間からリビングをのぞき始めた。

床に仰向けで寝ているまさみ。アキオは、片手を床につけて肘を伸ばした状態だ。そのまま腰を振っている。空いている方の手は、まさみの乳首をつまむように触っている。

そして、まさみの顔は、泣き顔か? と、思うほどにくしゃくしゃになっていた。気持ち良すぎてそうなっているのだと思うが、初めて見る表情だ。
『ダメだよ、イッちゃう、もうイッちゃう、ダメなのにイッちゃうぅ』
まさみは、泣きそうな顔で叫ぶ。
「ダメじゃないって。もっと楽しまないと」
アキオは、そんな風に言うと、両手をまさみの腰のあたりに回し、少し持ち上げてのけぞらせるような格好にした。そのまま腰を動かし続けると、
『ダメっ、これすごいのっ、こすれて、うぅっ、うぁうっ、あっ、アンッ! イッちゃうっ! イッちゃうっ! 気持ちいいっ、気持ち良すぎて怖いっ』
まさみは、髪を振り乱すようにしながら叫ぶ。アキオは、追い詰められたようなまさみに構わず、腰を振り続ける。一定のリズムで、杭を打ち込む機械のように腰を振る彼……。

気がつくと、まさみのあえぎ声に混じって、ピチャピチャというような湿った音が混じっていた。
「すっごい濡れてきた。ココが良いんだね」
アキオは、そんなことを言いながら、さらにまさみの身体を引きつけるようにする。より角度がつき、まさみの膣壁の上あたりを強烈にペニスがこすりあげているのがわかる。

『ダメっ、ダメぇっ! こんなの知らないっ、うぅあっ、イクっ! イクっ! すごいの来ちゃうっ! イヤァァっ!!』
まさみは、ほとんど泣き叫ぶようにして身体をガクガクッと震わせた。それにあわせて、結合部から透明のしぶきが飛び散り始めた。
『イヤァ、出ちゃう、とまらない、とまらないよぉ』
まさみは、泣き声で言う。本当に恥ずかしそうだ。でも、アキオは腰を振り続ける。その動きに合わせるように、しぶきが飛び散る。
「大丈夫だから。おしっこじゃないから」
アキオは、そんな風に言いながら腰を振り続ける。これが、潮吹きというヤツなのだろうか? AVでは当たり前のことかもしれないが、実際に見るの初めてだ。
私は、どんどんまさみの初めてを奪われてしまっていることに、不安を感じていた。

『で、でも、恥ずかしい、うぅっ、そこダメぇ、こすっちゃう、あぁっ、出るっ、出ちゃうっ、イヤァ』
まさみは、快感と恥ずかしさで訳がわからなくなっているような感じだ。
「すっごい出るじゃん。もっと吹いちゃいなよ」
アキオは、楽しそうに言います。
『イヤッ、ダメっ、こんなの恥ずかしいっ、うぅあぁっ、とまらないよぉ』
まさみは、ほとんど泣き声で言う。私は、ハメられながら潮を吹き散らすまさみを見て、いよいよヤバいのではないか? と、心配になっていた。

そして、少しするとアキオが動きを止めた。
「あ~あ、グチョグチョじゃん」
アキオは、笑顔で言う。
『もう……やめてって言ったのに』
まさみは、少しすねたような口調で言う。
「でも、気持ち良かったでしょ。まさみちゃんって、よく潮吹くの?」
アキオが軽いノリで質問する。
『まさか。初めてに決まってるでしょ』
まさみは、少し早口で言う。
「へぇ。意外だな。じゃあ、続けようか。まさみちゃんって、どんな体位が好きなの?」
アキオが、質問する。
『べ、別にそんなの良いよ。ただの風俗代わりなんだから、アキオさんの好きなので良いよ』
まさみは、慌てた感じで答える。
「だったら、おいで。こっち向いてまたがって」
アキオは、そんな指示をする。あぐらをかいた状態のアキオに、まさみがまたがっていく。私は、アキオに入れられているのではなく、まさみが自分から入れに行っている姿を見て、本当に強いショックを受けていた。

『こう? 座ったままなの?』
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


今でも思い出して興奮するのは、一つ年上の彼女との、危険日中出しセックスです

今でも思い出すとチンポが勃ってくるんですが、1コ上の彼女(サキ)とエッチした時の話・・・。

初体験が中出しだったせいか、サキ以前の彼女とは、基本的にいつも生でエッチしてたんです。
が、サキは一度も生でさせてくれませんでした。
ところがある日、69しながらダメ元で言ってみると・・・。

俺「あのさぁ、今日はゴム無しでせぇへん?ってゆーかお願い・・・」

サキ「えぇーっ!?ん~(困った表情で少し考えた後)、良いよ・・・」

【続きを読む】
[ 2019/04/30 08:00 ] 男性の体験談 中出し孕ませ体験談 | TB(0) | CM(-)

大学の仲間と行った温泉で、彼氏ありの女の子とエッチした

温泉旅行って言ってもいいのかわからないんだけど。

大学の研究室でよく旅行にいったのよ。
そういう研究が主だったってこともあったんだけど、全体的に仲のいい研究室だった。

俺は実はそういう馴れ合いはあんまり得意じゃないんだけど、仲のいい友達がいたって言うのと、女の子が多い研究室で俺に彼女がいないっていうのと旅行のネタの研究は俺の研究(そりゃ出席しなきゃダメだ。。)っていうので、そういう旅行は必ず出席してた。

【続きを読む】
[ 2019/04/29 23:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

彼女の双子の妹と二人きりになったので

その姉妹は、二人暮らしをしていて、俺はその姉の方と学校が同じで付き合っていた。妹は初めて家に行くまで面識なかった。つうか、妹って聞いていただけだった。
始めて見たときはそっくりでびっくりした。二人は、本当にそっくりなんだけど、どっちかって言うと友達感覚で、あまりお互いに干渉していない感じ。

【続きを読む】
[ 2019/04/29 17:00 ] 男性の体験談 身近な女性との体験 | TB(0) | CM(-)

いじられキャラの上司の奥さんを、たっぷりといじって撮影までしてみた

3つ上の同郷の先輩が同じ会社の同じ職場に転職してきたのは、4年くらい前。
うちの会社は基本的には24時間シフト制の会社。
先輩は昔から、どちらかと言うと、弄られキャラと言うか、いじめられるようなキャラの先輩。

そして、複雑な関係になってしまったのだが、俺が先輩にとって上司にあたる立場になってしまった。

【続きを読む】

通学で痴漢にイカされ痴漢される快感に目覚めた私

あれは、私が高校入学してすぐの秋の事だったと思います。
ブレザーの制服、スカートは膝丈で、髪は鎖骨にかかるくらい。
第一印象は、真面目で大人しい感じに見られていたと思います。
実際、趣味は読書で、クラスでも目立たない方でした。

【続きを読む】
[ 2019/04/21 19:00 ] 女性の体験談 痴漢体験 女性 | TB(0) | CM(-)

仲良くなった女子高生のお姉さんは100点取ったらご褒美くれた

俺が小学六年生の時の話。

小学六年とかになると胸が膨らんでる女子がほとんどで、男子はエロい妄想が始まる時期でもあると思う。俺も例外ではなく健全に好きな女子の乳揉む妄想は毎日のようにしてた。

【続きを読む】
[ 2019/04/17 03:00 ] 男性の体験談 学生との体験談 | TB(0) | CM(-)

△温泉旅行で酔い潰れ、目が覚めたら妻が口移しで酒を飲まされていた5(転載禁止)

前回の話

あおいは、うつ伏せのまま身動き一つしません。完全に意識を失ってしまっているみたいです。顔中精液まみれで、ひどい状況です。
そんなあおいのアナルに、前田さんはペニスを押し当てています。意識のないあおいに、そこまでするのはいくらなんでもやり過ぎに思えます。
「あらら、あっけなく先っぽ入っちゃった。あおいちゃん、見た目によらず遊んでるねぇ~」
前田さんは、長いペニスを押し込みながら言います。私は、ふすまの隙間から覗きながら、まだ葛藤していました。さっきまでの乱交は、少なくてもあおいも同意していました。

【続きを読む】
[ 2019/04/16 08:51 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

#彼女をバイト先の男性に抱かせたら、マゾ調教されてしまいました3(転載禁止)

前回の話

僕は、一瞬で顔が真っ赤になるのを感じていました。
「もう……大きくなってる」
絞り出すようにそう言うと、ひな子は、
『ゴメンね。牧村さんのと全然違うから、あれ? って、思っちゃったの』
と、少し申し訳なさそうに言いました。僕は、思わずそんなに大きかったの? と、質問していました。
『うん。全然違ったよ。えっとね、これくらい太かったかな?』
ひな子はそんな風に言いながら、僕のペニスを握っていた指を緩め、輪っかを作るようにしました。

【続きを読む】
[ 2019/04/14 00:29 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

□セックスレスだった妻が、パート先の高校生にデートに誘われた2(転載禁止)

前回の話

麻衣子は、ズボン越しに俺のチンポを握りながら、今まで見せた事のないような妖艶な笑みを浮かべている。俺は、思わず言葉を失ってしまっていた。画面の中の麻衣子も、健也くんのチンポを握っている。
麻衣子の小さな手だと、余計に彼のモノは太くて長い感じがする。
『どうして欲しい?』
画面の中の麻衣子は、本当に楽しそうな感じだ。

【続きを読む】
[ 2019/04/11 14:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

▲妻が不妊治療のため、精子を競わせようと言ってきた2(転載禁止)

前回の話

麻友は、ただ微笑んでいるだけです。でも、なんとも言えないあふれ出るような妖艶な雰囲気がある気がします。
『お疲れ様。大丈夫? すぐ出来ますか?』
麻友は、少し恥ずかしそうに言います。私は、すぐに始めようと答え、そのまま寝室に移動しました。シャワーを浴びるのももどかしく、私は麻友を抱きしめました。
『あなた、愛してる。すぐに来て下さい』
麻友は、服を脱ぎながら言います。間接照明に浮かび上がる彼女の裸体は、まだどこもたるんでいない感じで、とても美しく見えます。でも、脱いだ途端に広がった精液の匂いに、私は嫉妬で息が苦しくなりました。

【続きを読む】
[ 2019/04/07 22:01 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

ヤンキー女達にいじめられている子を助けようとして、僕はおもちゃにされました

僕は人見知りっていうか、対人でちょっとおどおどしたところがあって、いじめとかはなかったのですが、親しい友人以外は話することもなくて、ごく限られたグループの中でだけ楽しい時間を過ごしていました。
見た目で暗い感じとかでは無かったので、大人しい奴くらいの印象だったと思います。
仲良しグループは僕以外に男子3人と、女子4人で、放課後の教室で話したり、休日に遊びに行ったりしてました。

夏休み前のある日の放課後、トイレに行こうとしたら、女子トイレにヤンキーの3年生3人と一緒に入る、仲間の一人のN子が見えました。
不思議な組み合わせだったので、ちょっと気にしつつも僕は男子トイレで用を足し、トイレから出たところで、N子の悲鳴のような声を聞いてしまいました。

【続きを読む】
[ 2019/04/06 00:00 ] 男性の体験談 複数体験談 男性 | TB(0) | CM(-)

会社のトイレで女子社員がオナってたから、ボイスレコーダーで録音して脅してみた

以前勤めていた会社の話になります。

当時在職していた会社は業務用の食品を扱っていました。
新しく支店を立ち上げるという事で、私もその人員に選ばれてしまったんです。
私は既婚者ですので、家族は嫁の実家に残し、単身赴任を選択しました。

【続きを読む】

カラオケ屋でバイトを始めたら、主婦だらけで乾くヒマもなかった

福岡在住の大学生です。21歳、雅也と言います。地元は田舎ですが、両親と離れ都会の1人暮しに憧れていたので地元から近い福岡を選びました。

1年の時にバイトもせず、真面目に頑張り1年で単位60取りました。

【続きを読む】

夜の生活を拒否する妻を尾行したら出会いカフェに入り浸ってた

妻とは結婚して10年、お互いに45歳になり、子供も生まれて何不自由なく暮らしていました。ただ、この2年ほどセックスについてはご無沙汰になり、妻にも拒否されることが続いていました。いまでも妻の行動が信じられません。
妻は、オッパイがでかく太ももムチムチで男好きのする体ですので、いまでもHはしたいのですがさてくれません。

【続きを読む】
[ 2019/04/02 12:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

バスケ部のマネージャーをしてますが、最高8Pまでしちゃいました

初めて輪姦を経験したのは高校1年の夏頃の5P。1学期の期末試験勉強中の時。 以後この男4人+3人とは卒業までエッチな関係を持ってた。 最大は8P。
部活とかバイトとか彼氏・彼女とかあったけど、最高の8人までやったことあった。
私はバスケ部のマネージャーをやっていた。マネージャーは私ともう二人先輩がいた。 5P相手の男4人は同じ1年のバスケ部。ちなみにその時1年の部員は10人ほどいた。 この4人とはクラスは別だが、仲が良かった。

【続きを読む】
[ 2019/04/02 08:00 ] 女性の体験談 複数体験 女性 | TB(0) | CM(-)

信じていた親友に、彼氏を寝取られました

私は中学3年生の時、明日香というとても仲の良い友達がいました。

部活も同じバレーボール部で、1日中ずっと一緒にいました。

明日香は顔もスタイルも完璧で胸も大きく、男子からも女子からもかなりモテていました。

【続きを読む】
[ 2019/04/02 03:00 ] 女性の体験談 女学生の告白 | TB(0) | CM(-)

妻が紹介してくれたメチャ可愛い子は、男好きでゴックン好きだった

彼女を紹介してくれたのは妻だった。
漏れの仕事に関することで相談があるということで引きあわされたのだが、彼女は堀北真希に似ためちゃくちゃかわいいコだったのだ。
その日はひととおりの話を聞いて別れたものの、その可愛い顔が忘れられず、1週間後、相談にかこつけて、今度は二人で会おうと企み連絡を入れた。

【続きを読む】
[ 2019/04/02 02:00 ] 男性の体験談 年下やロリとの体験 | TB(0) | CM(-)

サークルの、彼氏のいる後輩とエッチした

サークルの後輩の彼女とやった。
他人の彼女とやるのって最高だな。

その後輩の彼女が可愛いって有名で、確かに蛯原友里系のかなり可愛い子。
スタイルもいいし(乳がデカい)、そいつは自慢のつもりなのか、たまに飲み会に連れてきてた。

【続きを読む】
[ 2019/04/02 00:00 ] 男性の体験談 学生との体験談 | TB(0) | CM(-)

姉が叔父にやられていたので、叔父の娘とやりました

僕の体験を書こうと思います。
 あれは僕が中一の時、母方の実家に行った時の事です。
 その時、他の親戚一同は墓参りか何かで出かけてて、家には僕と姉(高1)と叔父さんしかいませんでした。

【続きを読む】
[ 2019/04/01 23:00 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

出会い系の18歳は、やたらと経験豊富でフェラが驚くほど上手かった

これは少し前のことになりますが、

今でもこの時のことを思い出しては自慰に耽ったりしています。

俺の彼女「かなこ」は18歳。

今年大学に入学したばかりです。

俺は社会人で28歳、彼女とは携帯の出逢い系サイトで知り合いました。

【続きを読む】

悪友とは、昔兄弟で、また妻で兄弟になった

先日に思いがけない体験を妻と経験しました。

私35歳、妻28歳、仲のよい夫婦です。
ちなみに妻はスタイルもよく、顔はスザンヌによく似てると言われます。
先日、妻と久しぶりに外食でもと思い、会社から妻に電話を掛けました。

私「もしもし、俺、久しぶりにご飯食べに行く?」

妻「えっ?急にどうしたの、何かあった?」

私「別に、たまにはイイかなって」

妻「ふ~ん、じゃあ今から用意するね」

【続きを読む】
[ 2019/04/01 17:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

飲み会帰り、後輩とタクシーで帰ったら、ディープキスで目が覚めた

私、31才事務で、後輩、24才営業で入社2年目で割と仲良かった。2回くらい買い物とか二人で行ったりしてた。

先週の金曜に飲み会があってタクシーで後輩と一緒に帰った。ちょっと、うとうとしてたら息苦しくなって起きたらディープキスされてた。

【続きを読む】
[ 2019/04/01 14:00 ] 女性の体験談 OLや働く女性の告白 | TB(0) | CM(-)

エロチャットで知り合ったJKは、ドエロで調教を望んだ

ネット上で、ツーショットチャットが流行り始めた、かなり昔の話です。
俺は大学生になりたてで、JCの3年生とエロチャットで話すようになった。
まだ規制が無い時代だった。

彼女は仮に香織とします。
彼女はJKになってすぐに16歳になり、春に初めてリアルで会いました。
エロチャットで知り合いになっただけに、セックス前提だった。
待ち合わせ場所に来た香織は、まだ垢抜けない感じのファッションだったが、可愛い服装だった。

【続きを読む】
[ 2019/04/01 10:00 ] 男性の体験談 SM調教した体験談 | TB(0) | CM(-)

嫁に爺ちゃんのこと頼むと言った俺だが、まさかこんな事に……

俺25歳 妻24歳(由美子)父48歳 母45歳 祖母72歳の家族5人の話しです。

俺の親は、個人経営の小さな瓦屋を営んでいて、両親共に遠く(県外)に出かける事が多く、俺は小さい頃からじいちゃん・ばあちゃんっ子だった。小学校の時も、授業参観はほとんど、じいちゃん・ばあちゃんが来てくれていた。だからとても2人には感謝していた。

【続きを読む】
[ 2019/04/01 08:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

ライブに行った時の乱交Hが忘れられなくて

この間、ライブに行った時のHが忘れられなくて、

今でも思い出すだけで、なんか・・・・

友達に教えてもらったので、投稿します。

先月、私と友達のきょうこはあるバンドのライブに行きました。

【続きを読む】
[ 2019/04/01 03:00 ] 女性の体験談 複数体験 女性 | TB(0) | CM(-)

嫌いだった相手とのエッチはもの凄く気持ち良くて、中出しをせがんじゃいました

会社の同期で、磯部君っていう男がいたんだ。
私も彼も25歳ね。
同期と言っても仲は最悪で、会議ではいつも意見が合わず言い争い ばっか。
周りには「犬猿の仲」とまで言われてた。
磯部君は掴みどころのない性格で、いつも何を考えてるか分からなかった。

【続きを読む】
[ 2019/04/01 02:00 ] 女性の体験談 OLや働く女性の告白 | TB(0) | CM(-)

兄嫁の指示で、おしゃべりな美人妻を寝取ってみた

A子さんは33歳。専業主婦で1児のママだ。
170センチ近い長身のスラリとした美人。明るく気さくな性格で友達も多い。

ただ、話し好きが高じ「お喋り」の域に入ってるのが玉にキズ。

噂話にも目がない。学校や職場にいたら「人間拡声器」と言われるタイプだ。
確かに話は面白いんだが、1の話を10どころか30くらいに膨らませるのが得意。

【続きを読む】
検索フォーム
カテゴリ