※婚約者の調教動画が見つかって完

結局、優子を長年にわたって調教していたのは、優子の会社の社長だとわかった。
しかも、それが俺と交際が始まっても続いていて、結婚した今でも続いていることがわかった。

俺との結婚式の時も、こそこそ隠れるように中出しセックスをされていて、俺との式の時も、誓いのキスをする時も、膣の中にその男の精子を生理用品で押さえて入れっぱなしにしていた事までわかった。


俺は、二人に制裁を与えるために、色々と考え始めていた。会社の謄本から
自宅の住所は割れていたので、Googleマップで確認をすると、ストリートビューまで確認できて、でかい一戸建ての家が映っていた。


【続きを読む】
[ 2017/12/15 21:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

出会い系でヘルスで働くための練習台を募集の人妻と

出会い系で会って知りあった人妻の話。(ちょっと、長くなりますが…)
ある日、仕事帰りに無性にエッチがしたくなったので、たまに使っている出会い系サイトを見てみると、今からお会い出来る方とあり、内容は
『来週から風俗店で働くのでその前に練習をしたいので会ってもらえる方』
と書き込みしたばかりのものがあり、思わず気になってしまったものの、どうせ釣りなんだろう?と思いながらぷちっと返信。

【続きを読む】

酔って寝てる俺のすぐそばで、友人のあれを大きいと言った彼女

バイト先での話。漏れ=ユウジは、なんでか知らんが女子受けがよく、
その新しいバイト先でも直接声をかけられはしないものの、
女の子達の間に「ユウジ君いいよね」という声があるのは聞こえていた。

【続きを読む】
[ 2017/12/15 17:03 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

他人棒130人を超えた妻が突然拒否し始めたのは……

愛妻に他人棒を与える様になって8年余り、妻は私の友人知人を含む単独男性130人ほどと淫らな関係を結んでいました。
時にひとまわり以上も年下も男性と、またある時は一度に8人もの男性をひとりで相手にしたりと、その都度様々なシチュエーションで妻は男たちに抱かれていて、その姿は淫乱女そのものでした。

【続きを読む】
[ 2017/12/15 13:12 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

音楽の先生にイタ電したら飲んで中出しさせてくれる仲に

話は20年前のこと。

俺は県立高校の2年生で、その時に音楽を担当していたK先生と関係を持った。

K先生は当時30代半ばで離婚していた。

【続きを読む】
[ 2017/12/15 12:20 ] 男性の体験談 年上女性との体験 | TB(0) | CM(-)

映画館でJKと待ち合わせて痴漢プレイをした

有楽町の某映画館…えり子には先にメールで指定した座席に座っててもらい、右隣の席はバックでキープさせておいた。
自分は室内が暗くなってCMが終了する頃に、隣に座った。
今回のお相手は、長身でぽっちゃり(168cmのバレー部所属だと…)な山田優似のJK3。
服装はデニムミニ(生足。)にブーツ、白のノースリーブのシャツにピンクのダウンコート。

【続きを読む】
[ 2017/12/15 08:03 ] 男性の体験談 痴漢した体験談 | TB(0) | CM(-)

義母のいびりに耐えきれず、家出した先の息子とピルを飲んでセックスをした

私は44歳の主婦です。主人の実家で義母と主人と小学生になる息子と暮らしています。
義母は元教師で、やたらと細かく、義母が外出先から自宅に電話してきて、出られなかっただけでも、急いで帰宅して私を怒鳴りつけるような古い体質の家です。
主人は見て見ぬ振りをしていて、どちらの味方と言う訳でもありません。

【続きを読む】
[ 2017/12/15 02:03 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

振られた未練の中、身近の6歳上の女性と飲みに行って勢いでやってしまって

当時、心の底から惚れていた彼女に振られてしまった俺は、思いっきり彼女に未練が残ってしまい、恋愛なんかとてもできない状況になっていました。

振られて半年後くらいの頃です。その頃よく遊びに行っていた年上の女性、Tさんと飲みに行くことになりました。

【続きを読む】
[ 2017/12/15 01:03 ] 男性の体験談 年上女性との体験 | TB(0) | CM(-)

※僕が結婚をためらう理由は、地元のイヤラシいしきたりのせいです(転載禁止)

僕には、大学の時から付き合っている彼女がいる。就職してもう5年経つので、8年くらい付き合っていることになる。
彼女の絵理奈はナースをしていて、俗説の通り性欲は強めだと思う。でも、古風というか、貞操観念が高いというか、浮気をしたりコンパに行ったりすることもなく、男性経験も僕だけだ。もちろん、僕が知らないだけという可能性はあるかもしれないが、彼女に限ってそれはないと言えるくらいに、真面目な女性だ。

身長は155cm、体重はたぶん40kg台。背が低いのがコンプレックスのようだけど、僕は可愛らしくて好きだ。でも、背が低くて童顔なわりに、胸は大きめでEカップあるそうだ。ロリ巨乳という、セックスする上では最高かもしれない。

【続きを読む】
[ 2017/12/15 00:58 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

巨乳だけど真面目で清楚な嫁が、セックスの後オナニーしていた理由5(ブロマガ転載禁止)

前回の話

私は、射精の快感に声が漏れそうになるのを必死でこらえていた。ネットカフェの個室とはいえ、声が漏れたら丸聞こえになる。必死で声をこらえる私の目には、椅子の上でキスをしながらセックスをする嫁と達也が映っていた。
『ダメよ、キスなんて、うぅっ、ダメ』
嫁は、達也のことを見つめたままそんな事を言う。でも、達也のことを押しのけようともしておらず、熱っぽい目で彼のことを見つめるだけだ。達也は、ダメと言われながらもキスをする。ダメと言っていた嫁も、舌を絡めている。

私は、2人がこうなることは期待していた。でも、実際に私がいないところでこんな事になってしまったのを見て、裏切られたという気持ちもある。そうなるように仕向けておいて勝手な言い草だと思うが、もしかしたら2人が何もしないのではないかという期待もあった。

「メチャ気持ち良い。こんな締まるアソコ、初めてです」
腰を振りながら、達也が言う。お世辞かもしれないが、実際にテニスやスキーで運動を良くしている嫁の膣は、子供を2人も産んだとは思えない程よく締まると思う。
『わ、私も、こんな大きなの初めてよ』
嫁も、あえぎながら言う。その言葉に、ふと気になってしまった。嫁は、一体何本経験があるのだろう? 私と初めて結ばれたとき、嫁は処女ではなかった。少し残念とは思ったが、特に気にしてもいなかった。でも、達也とのセックスを見たことで、急に気になり始めてしまった。

「気持ち良いですか? 俺のチンポ、気持ち良い?」
達也は、そんな事を聞きながら腰を振り続ける。椅子がきしみ、嫁の大きな胸がユサユサと揺れている。着衣のままセックスをする嫁は、本当にいやらしく見える。そして、綺麗だとも思う。とても40歳を過ぎている身体ではないし、顔も比較的童顔で若く見えると思う。
『気持ち良いわ。キミのおチンポ、太いし奥まで届いちゃったるもの』
声をうわずらせながら答える嫁。その顔は、快感にとろけかかっている。

「もっと感じて下さい。俺のチンポでもっと感じて」
達也は、そんな事を言いながら腰の動きを早くしていく。同時に、嫁の乳首も触り始める。
『んっ、んっ、あぁっ、乳首気持ち良いぃ。もっと奥に、うぅっ、そう、あっ、んっ、もっと強くっ! あぁんっ! おチンポ凄いわ、本当に気持ち良いっ』
嫁は、気持ちよさそうにあえぎながら、達也にしがみつき始めた。達也は、さらに激しく腰を振る。パンッパンッと、肉がぶつかり合う音が響き続ける。嫁といつも過ごすダイニングで、嫁が他人とセックスをしている……。と言うよりも、こんな場所で嫁とセックスをしたことはない。
他人にマーキングされてしまったような、悔しい気持ちが広がる。

『ダメぇ、おチンポ凄いのっ、パパのじゃ届かないところまで犯されちゃってるのっ! うぅあっ、もっと、もっと犯してっ! おっぱい握ってっ! 乱暴にして欲しいのっ! うぅああっ!』
嫁は、あえぎながらそんな指示をする。達也は、両手で嫁のおっぱいを鷲づかみにして握っていく。かなりの強さで、荒々しく握っている感じだ。
『うぅあっ、おっぱい潰れちゃうっ、もっとっ! もっと強くっ! もっと乱暴にしてぇっ!』
嫁は、どんどん高まっていく。私は、嫁の被虐心を知らなかった。犯されたいという願望があったのだろうか?

達也はそれを感じ取ったのか、荒々しくおっぱいを掴み、乳首も形が変わるほど強く摘まんでいく。
『イぎぃ、ングゥ、あっ! もっとっ! もっと強くっ! 犯してっ! おまんこ犯してっ! ぶっといおチンポでレイプしてっ!』
嫁は、激しくあえぎながらそんな事を言う。
「ほらっ! もっと感じろっ! 先輩のじゃないチンポでイッちゃえっ!」
達也も調子を合わせ、荒々しい言葉づかいになっている。嫁は、泣き声のようなあえぎ声を出し始めた。まるで、本当に犯されているような臨場感だ。

私は、一見嫁が犯されているような状況なのに、激しく興奮してしまっていた。射精したばかりのペニスは痛いくらいに勃起しているし、息遣いも荒くなってしまう。そして、もっとやれと思ってしまっている。

『気持ち良いのっ! パパ、このおチンポ凄いのっ! イッちゃうっ! パパのじゃないのにイッちゃうっ! うぅああっ! ごめんなさいっ! イクッ! イクッ!おまんこイクぅっ!!』
嫁は、激しくあえぎながらイッてしまったようだ。でも、達也はさらに嫁にテーブルに両手をつかせて後ろ向きにすると、バックで犯し始めた。
嫁の髪を鷲づかみにして、本当に犯しているような荒々しいセックスをする達也。やりすぎだと思ったが、嫁はさらにむせび泣くようなあえぎ声に変わっていく。こんなに感じている嫁は、ディルドオナニーの時も含めて見たことがない。

「オラッ! イケっ! 浮気チンポでイケっ!」
達也は嫁の髪を鷲づかみにし、天井を向かせるほど引っ張りながらそんな事を言う。着衣のままこんな風に責められ、本当にレイプ現場のような状況になっている。でも、嫁は本当に気持ちよさそうにあえぎ続け、ほとんど泣き声に変わっている。

『もうダメぇ、死んじゃうッ、おチンポ凄いのっ、凄すぎるのっ! もうイッてっ! 壊れちゃうっ! うぁああっ! おまんこ壊れちゃうのぉっ!』
嫁は、泣きながら感じている。私は、女性をこんなになるまで感じさせることが出来る達也に、嫉妬と畏れを抱いた。私では、嫁をここまで感じさせることは出来ないと思う。
「もっと感じろよっ! 壊れるまでイカせてやるからっ! ほら、先輩より気持ち良いって言ってみろよっ!」
達也は、そんな言葉を叫ぶ。
『良いのっ! パパより気持ち良いっ! 今までで一番気持ち良いのっ! もうダメぇっ! イッてっ! 死んじゃうッ!』
嫁は、テーブルに突っ伏してしまった。でも、達也は嫁の腰を両手で掴んでさらに腰を振る。テーブルがギシギシと音を立て、テーブルの上に乗っているリモコンや卓上カレンダーが床に落ちていく。本当に、暴漢にレイプされているような状況に見える。

「イ、イクぞ、どこに欲しいっ!?」
達也は、荒々しく聞く。
『な、中はダメっ! お願い、中だけは』
嫁は、泣き声で叫ぶ。安全日のはずだが、そんな事を言う嫁。さすがに中に出されるのは抵抗があるようだ。私は、こんな状況にも関わらず、ホッとしてもいた。

「ダメだっ、中に出すぞっ! 言ってみろ! 中に出してって言えっ!」
達也は役に入り込みすぎているのか、そんな事を口走る。そして、腰の動きも加速している。私は、本当にレイプされているような感じの嫁を見ながら、狂ったようにオナニーをしていた。

『ダ、ダメなの、それだけは、あぁっ、中はダメぇ、お願いっ! うぅあああっ!』
嫁は、泣きながら言う。でも、興奮しきった達也は容赦なく腰を振り、
「イクぞっ! 中に出すぞっ! おらっ! うぅっ!」
『イヤァ〜〜ッ!! うぅあぁ、赤ちゃん出来ちゃうぅ、ダメぇ……』
嫁は、中に出されながら泣いている。そして、達也は慌ててペニスを抜いた。すると、すぐに嫁のアソコからザーメンが床に落ちていくのが見えてしまった。私は、嫁の膣からあふれ出す他人種を見て、暴発するような感じで射精をしてしまった……。

「ご、ごめんなさい。中に出しちゃいました」
イッて冷静になった達也が、おどおどした感じで謝る。さっきの暴漢みたいな姿が、ウソのような動揺ぶりだ。
『酷いわ……。中はダメって言ったのに。綺麗にするの、大変なのよ』
嫁は、明るい声で言う。さっきまで泣いていたのがウソのようだ。
「え? 綺麗に? 赤ちゃん出来ちゃうって……」
達也は、言葉の意味がいまいちわかっていない感じだ。
『安全日って言ったでしょ? 大丈夫よ。でも、中に出されちゃったら、綺麗にしないとでしょ? パパにバレちゃうじゃん』
嫁は、おどけたように言う。
「……演技だったんですか? 中はダメって泣いてたの」
『違うわよ。演技だけど、本気よ。なりきらなきゃ、白けちゃうでしょ? 良かったわよ。キミのレイパー役』
嫁は、サバサバした口調で言う。どうやら、嫁の方が一枚上だったみたいだ。

私は、慌てて飛び散ったザーメンを拭き始める。

「先輩、帰って来ちゃいますかね?」
達也はそう言って、心配そうな顔になっている。
『そうね。でも、帰る前に電話があるんじゃない?」
嫁は、股間にティッシュを当てながらそんな事を言う。私は、その言葉にピンと来てしまった。そして、慌ててスマホを取り出すと、嫁に電話をかけた。私の心臓は、おかしなほどドキドキしている。電話に出るのだろうか? それとも、無視をするのだろうか? そんな事を考えながらスマホを耳に当てていると、数回のコールで嫁が出た。
『もしもし、パパ? 終わったの?』
ごく普通の口調で電話に出た嫁。でも、画面の中では焦った顔の嫁が映っている。嫁は、ニットもまくれ上がったままで胸が丸出しの状態だ。スカートもずり上がったままで、アソコも丸見えな上にあてがったティッシュも見えている。

私は、大体終わったから帰ると伝えた。
『そう、お疲れさま。大変だったね』
嫁は優しい口調で言ってくれる。でも、達也がちょっかいを出し始めている。達也は嫁の後ろに回り込んでいて、両手で胸を鷲掴みにしている。それだけではなく、揉んだり乳首をいじったりもしている。私は、電話で話している嫁がこんなことになっているのを見て、興奮が一気に大きくなる。
「あいつは? まだいるの?」
私が質問すると、
『えっ? 達也君? まだいるよ』
嫁は、激しく胸を揉まれながら、なんとか答える。動画を見ていなければ、いつも通りの嫁だと思ってしまうような口調だ。

「そうなんだ、何してるの?」
私は、喉がカラカラになるのを感じながら質問した。
『別に何も……うっ、寝てるよ。酔い潰れたみたい』
嫁は、変なうめき声を上げながらも、必死で平静を装っている。画面の中では、達也の方を見ながら、言葉を出さずに口の動きで何かを言っている。そして、片手で押しのけようともしている。

「寝ちゃったの? そっか、布団出してあげれば? 泊まらせればいいよ」
私は、声がうわずりそうになるのを抑えながら話を続ける。

『あ、うん……。そ、そうするね』
嫁は、少し話のテンポがズレ始めている。嫁は、乳首を責められ続け、顔がとろけてしまっている。
「どうしたの? なんか、声が変だよ?」
私は、興奮しすぎて息苦しいくらいになっている。
『ご、ごめんね。私も飲み過ぎたみたい。うぅ……』
かすかな吐息を漏らす嫁。達也は、嫁を強引に立たせると、後ろから挿入しようとする。でも、嫁は身をよじるようにして抵抗する。でも、男の力に勝てるはずもなく、結局立ちバックの体位ではめられてしまった。そのまますぐに腰を動かし始める達也。

『ン、クゥ……。パパ、ご飯は? 何か……作っておこうか? あぁ』
嫁は、立ちバックで責められながら、それでも必死で会話を続ける。私は、他の男とセックスしている嫁とリアルタイムで会話していると思うと、信じられないくらいの興奮で立ちくらみのような感じになってきた。
「そうだね。さっきの残りでいいよ」
『ぅうん……わかったぁ、ヒィグゥ……。気をつけて帰ってきて……ね』
嫁は、泣きそうな顔で私と会話を続けている。でも、声が抑えきれなくなってきている。正直、何をしているのか丸わかりなレベルだと思う。それでも私は、何も気がついていないフリで、努めて明るく会話を続ける。

「あいつ、酒弱いんだよね。変ないたずらしたらダメだよ」
私は、電話を終えたがっている嫁を無視して、会話を続ける。嫁は、スマホのマイクの部分を押さえてしまっている。
『うぅあぁ、ダメ、声……ダメだって、ヒイゥ』
嫁は、声を潜めながら言う。マイクを押さえているせいで、私のスマホからは何も聞こえない。でも、イヤホンからは丸聞こえだ。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


セフレが持ちかけてきた、義妹を複数でレイプする話

バイト先でナンパした20才のOLとHフレンドの中になり、ちょうど3ヶ月になったころの話です。義理の妹(高校生17才)が夏休みの間、彼女の下宿に遊びに来るということで、その間は、外でHしようということになりました。
しばらくホテルでHが続いたのですが、夏休みも終わりに近づき、彼女が、とんでもないことをお願いしてきました。

【続きを読む】
[ 2017/12/15 00:02 ] 男性の体験談 レイプ輪姦した体験 | TB(0) | CM(-)

嫁が急にディープスロートまでするようになった理由は、案の定アレだった

最近妻の様子が変わってきた。
服の趣味や態度が変わってきたというわけではない。
どことなく色っぽいというか、最近セックスをたくさんしているせいで人妻の色気というやつが出てきたんだろうか。
セックスの最中も、処女だった頃と違い、とにかく乱れる。
勉強したのかフェラも上手くなり、今ではディープスロートまでするようになっている。
かといって見た目の可愛さはJKのようだ。
必然的にオレも妻に構いたくなるし、今日だって営業の最中、昼飯を食べに家に寄ろうと思ったりする。

【続きを読む】
[ 2017/12/14 23:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)

車で寝ている若妻がレイプされたけど私は最後まで何もせずに見ていました

私が見た体験談です。
私が忘年会からマンションに帰った時。駐車場の車の中に最近引っ越して来た20代前半の奥さんが寝ていた。

飲んで帰ってきたけど眠気に負けて酔っ払って寝てるのかな?と忘年会シーズンでもあるので思った。

【続きを読む】
[ 2017/12/14 22:01 ] 男性の体験談 レイプ輪姦した体験 | TB(0) | CM(-)

※お隣の黒ギャルママさんに授乳プレイをしてもらった

同じアパートの隣の部屋に、元ヤンっぽい夫婦がいる。旦那さんはトラックの運転手で、母親は金髪でギャルっぽいけど専業主婦、まだ1〜2歳くらいの赤ちゃんがいる。
僕が3か月前に引っ越しをして隣がそんな風だと知ったときは、本当に後悔したし、引っ越そうかな? と思ったほどだった。

でも、奥さんはほとんど金髪で日サロに通っているのか? と思うくらいの色黒ギャルだったけど、見た目の強烈さに反して、すごく常識的で優しい人だった。騒がしいこともないし、子供を虐待することも、夫婦げんかをする事もないような、温かい家庭という感じだった。

【続きを読む】

熟女姉妹と貸し切り風呂で混浴したら

今回は”熟女”をテーマにして40歳前後の女性を探しました。
36歳と40歳の姉妹の女性が、何回かのやり取りで決めました。
お互いに写真も送り、今月の5日から3人同じ部屋で1泊で予約しました。
僕は35歳で課長をしているので、仕事も年間でかなり稼いでいるので、会社も交通費やお泊り代、食事代なども費用を多めに見てくれています。

【続きを読む】
[ 2017/12/14 20:18 ] 男性の体験談 温泉での体験 男性 | TB(0) | CM(-)

姉にしてもらった初Hは、僕にとってすごく深い思い出です

僕の初Hは中学2年生の冬でした。

その頃、付き合ってる彼女なんていなくて、相手は僕の実のお姉ちゃんでした。

姉は僕より4コ上で、その時は高校3年生。

【続きを読む】
[ 2017/12/14 17:57 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)

不妊治療をあきらめた嫁は、私の兄に受精を託しました5(ブロマガ転載禁止)

前回の話

景子は、イヤラシいコスプレ姿のまま兄にフェラチオをしています。金髪に、黒のうさ耳のような長いヘアバンドをした景子は、本当にアニメのキャラクターになったような感じです。

「あぁ、しまかぜちゃん……」
兄は、何かささやきます。そのコスプレのキャラクター名なのかよくわかりませんが、うめくようにささやいています。
『お義兄さんの、さっきよりも固くて大きい……。興奮してるんですね』
景子は、そんな事を言いながらフェラチオを続けていきます。丁寧に、竿の根元からカリ首まで舐め上げ、大きく口を開けて飲み込んでいきます。

「だって、景子さん本当に似合ってるし……。あの……キスしてくれるかな?」
兄は、遠慮がちに言います。すると、景子は嬉しそうに兄にキスをし始めました。兄も興奮しているのか、積極的に舌を絡めていき、濃厚なキスが始まります。

アニメキャラみたいになった景子が、兄に抱きつきながらキスをしている……。私は、こんなコスプレセックスまで受け入れてしまった景子に、不安な気持ちと嫉妬心が大きくなります。でも、それ以上に大きくなっているのが、性的な興奮でした。私は、二人に見つからないように気をつけながら、そっとパンツの中に手を差し込み、ペニスを直接しごき始めました。

『ふふ。お義兄さん、キス上手になったね。これなら、彼女が出来ても安心ですね』
おどけたような感じで言う景子。親密さがどんどんアップしていくようです。
「本当に? でも、どうせ彼女なんて出来ないし……」
兄は、少しうつむいて言いました。
『そんな事ないですよ。自信持って下さい。1回お義兄さんとエッチしたら、誰でも虜になっちゃいますよ』
景子は、慰めるように言います。
「でも……そこまでいけるかな?」
兄は、自信がない感じです。今までの兄を考えると、無理もないと思います。
『じゃあ、彼女が出来るまで、私が彼女になりますね』
そう言って、景子は自分から兄にキスをしました。
「あ、ありがとう。早く彼女出来るように頑張るよ」
兄は、少し明るい顔になって言いました。
『でも、そんなに早く作らないで下さいね。しばらくは私が彼女ですよ〜』
おどけて言う景子。私は、景子が本気なのかどうかわからなくなってしまいました。

「じゃあ、今度は俺が責めてもいいかな?」
兄は、興奮した顔で言います。景子は、
『もちろんOKですよ。お義兄さんの好きなようにしてみて下さいね』
景子は、ベッドに横になりながら言います。短すぎるスカートはまくれ上がり、ヒモのような特徴的なショーツが丸見えです。ミニ丈のセーラー服も景子の巨乳ではち切れそうですし、イヤラシいと言う感じしかしない姿です。
兄は、景子のつま先を舐め始めました。
『あっ、き、汚いですよ』
景子は、思いがけない口撃に、ビックリして足を引こうとします。でも、兄は掴んだまま舐め続けます。足の甲や指、そして指の股なんかまで舐めていきます。
『うぅ、うぅあぁ、き、気持ち良い……。こんなの初めてしてもらったよ……』
景子は、足の指をフェラチオでもされるみたいに舐められながら、気持ちよさそうな声を上げます。兄は、景子の右足も左足も執拗に舐め続けていきます。
『うぅあぁ、あっ、これ、本当に気持ち良い。あっ、んっ、お義兄さん、気持ち良いよぉ』
景子は、本当に気持ちよさそうです。すると、兄は今度は景子のくるぶしやスネを舐めていきます。私は、一度もそんな舐め方をしたことはありません。それどころか、そんな所を舐めるイメージも持っていませんでした。

徐々に上の方に移動して行く兄。太ももを舐められると、景子はビクンと体を跳ねさせました。
『うぅあっ、気持ち良いっ』
景子は、余裕のない声で言います。さっきまで主導権を握っていたのがウソのような感じです。兄はそのまま太ももを舐めていき、内股のあたりを舐め続けます。景子は、モジモジしながら切なげな声を上げ始めました。でも、兄は内股を執拗に舐め続けるだけで、それ以上は上に移動しません。

『も、もうダメぇ、お義兄さん、舐めて……。クリトリス舐めて下さいぃ』
景子は、こらえきれずにおねだりを始めました。しまかぜちゃんのコスプレ姿のまま、身体をくねらせながらおねだりをする景子。こんな風におねだりする姿は、見たことがありません。

「じ、じゃあ、自分で拡げてみて」
兄は、緊張した声で言います。すると、景子は特徴的なショーツをずらしてアソコをあらわにし、指でビラビラを拡げ始めました。
ピンク色に秘肉がウネウネうねっているのが見えます。こんなに明るい所で膣中を見るのは初めてです。景子のアソコは大洪水という感じで、透明の蜜がシーツまで流れ出ていきます。

『な、舐めてください』
景子は、切ない声で言います。
「ど、どこを?」
兄は、緊張しながらも言葉責めのようなことを言います。
『ク、クリトリス……舐めてぇ』
景子は、恥ずかしそうに言います。
「違うでしょ? おまんこ舐めてって言わないと」
兄は、うわずった声で言います。
『うぅっ、お、おまんこ舐めてっ! 景子のイヤラシいおまんこ舐めて下さいっ』
すっかりととろけた顔で叫ぶ景子。私は、密かにペニスをしごきながら、イキそうな感覚になってきました。

兄は、卑猥な言葉を叫んだ景子を見て満足そうな顔になると、グチョグチョに濡れた景子のアソコを舐め始めました。
『うぅあっ、お義兄さん、気持ち良いっ! も、もっと、もっと舐めてっ! 景子のおまんこ、もっと舐めてぇっ!』
景子は、快感に顔をとろけさせながら叫びます。兄は、嬉しそうな顔で景子のアソコを舐め続けます。クチョクチョ、ピチャペチャ、必要以上に音を立てながら舐め続ける兄。昔から、プラモデルでもなんでも根気よく作っていた兄らしい舐め方です。
『気持ち良いっ! お義兄さん、すごく上手ですぅ』
景子は、すっかりととろけてしまっています。シーツをギュッと掴み、快感に耐えているような仕草をしています。

兄がさらに強く音を立てながら舐め続けると、景子は、
『ヒィッうぅ、ダメぇ、イ、イクッ、イッちゃうっ! イクぅっ!』
と、のけ反りながら身体を震わせました。兄は、口の周りをビチャビチャにしながら顔を上げ、
「イ、イッたの?」
と、不思議そうな顔で聞きます。
『はい。イッちゃいました。お義兄さん、覚えるのが早すぎますよ〜』
景子は、甘えたような声で言います。私は、急速に兄がテクニックを身につけていくのを見て、焦りの気持ちが強くなりました。

すると、兄は黙って指を2本景子の膣中に挿入し始めました。
『うぅあっ、ダメぇ、お義兄さん、指ダメぇ』
景子は、とろけきった顔で言います。兄は、指をかき出すような動きで動かし始めます。
『あっ、あっ、そ、そこダメぇ、うぅあっ、気持ち良いっ! おまんこ気持ち良いっ! ダメぇっ!』
景子は、コスプレ姿のまま叫びます。まるで違う女性のようです。兄は指の動きをどんどん速くしていき、クチョクチョという水音が響き続けます。
「すごい……締まってきた……」
兄は、そんな事をささやきながら指を激しく動かします。景子は、どんどんのけ反り続け、腰が完全に浮いてしまっています。
『あぁっ、あっ、あっクゥ、うぅあっ、ダメぇっ! ダメぇ〜っ! 出ちゃうっ! うぅああっ!』
景子が叫ぶと、兄の指の動きにあわせて透明の飛沫が飛び散り始めました。
「あぁ、すごい……」
兄は、感動したような声で言います。景子は、あえぎながら潮を吹き続けています。あっという間にシーツはビチョビチョになってしまいました。すると、兄は潮が飛び散るアソコに口をつけ、音を立てながら飲み干し始めます。
『の、飲んじゃダメぇっ! イヤァ〜っ!』
顔を真っ赤にしながら叫ぶ景子。太もも辺りがガクガク震えています。兄は、やっと顔を上げて責めるのをやめました。

「ゴメン。イヤだった?」
兄は、心配そうな顔で聞きます。
『もう……。恥ずかしいよ……。でも、すごく気持ち良かった』
景子は、うっとりした顔で言います。まるで、恋人同士のようなやりとりです。
『じゃあ、今度は私の番だね。覚悟して下さいね!』
景子はそう言って、兄をベッドに寝かせました。そして、はしたないコスプレ姿のまま、兄に騎乗位で繋がっていきました。
『うぅっ、すごいぃ。もう当たってる。奥まで来ちゃってるぅ』
ピンと背筋を伸ばして、声を震わせなながら言う景子。私とのセックスでは、一度も見せたことのないリアクションです。景子は、兄とのセックスに夢中になってしまっているみたいです。私は、パンツの中の手を静かに動かしながら、今まで感じたことのない強い快感を感じていました。

「景子さん、すごくエロいよ。本当に似合ってるよ」
兄は、景子のコスプレを褒めます。元のキャラクターを知りませんが、景子のコスプレはとても様になっているように感じます。何より、男を興奮させるためだけにあるようなデザインです。

景子は、そのまま腰を振り始めました。上下に動く度、スカートがフワフワとなびくのがセクシーです。
『あぁっ、あっ、気持ち良いっ! お義兄さん、おチンポ凄いのっ、おまんこ壊れちゃうっ! あっ、あぁっんっ! んっ、気持ち良いっ! もうイッちゃいそうだよぉ』
景子は、卑猥な言葉を口にしながら、どんどん高まっていきます。腰の動きもさらに加速していきますし、あえぎ声もどんどん大きくなっていきます。
「景子さん、すごく気持ち良いよ。イキそう……」
『うぅアアッッ、お義兄さんのもっと固くなってきたぁ。イッてっ! 中に下さいっ! お義兄さんの子種、私のおまんこに注いで下さいッ!』
景子は、泣きそうな顔で叫びました。私は、景子のその言葉に興奮し、パンツの中に射精してしまいました。震えるような快感を感じている私の前で、兄は景子の中に射精を開始しました。
『んおぉおおぉおっ! お義兄さんの出てるっ、孕ませてぇっ!』
景子は、ガクガクッと震えながらそんな言葉を漏らしました。
「景子さん、すごく気持ち良かったよ」
兄は、グッタリとした顔で言います。すると、景子は兄に身体を預けるように倒れ込みながら、
『景子って呼んでくださいね。だって、彼女でしょ? さん付けは変だよ』
と、甘えた顔で言います。
「う、うん。じゃあ、俺のことも……」
『そうだね。じゃあ、まさちゃんって呼ぶね。ふふ。おちんちん、ビクンってなったよ。まだしたい?』
景子は、トロンとした顔で聞きます。
「うん。次はバックでしても良いかな?」
兄はイッたばかりなのに、もう出来るようです。
『いっぱいイカせて下さいね』
景子はそう言って、四つん這いになりました。兄はすぐに景子に挿入して、腰を動かし始めました。一体、昨日から何回しているのだろう? そんな事を考えてしまいます。

バックでハメられていると、ちょうど私の方に視線がきます。景子は、私と目を合わせながら、
『あなた、ゴメンね。お義兄さんの彼女になっちゃったよ』
と、言ってきます。でも、少しも悪びれた感じはありません。私は、何も言えずにただうなずきました。

『んっ、んっ、あぁっ、お義兄さんのおちんちん、子宮に当たりっぱなしなの。ずっとキスしてるのぉ』
景子は、私を見つめながら言います。もう、私のペニスでは満足できなくなっただろうなと思ってしまいます。私は、泣きそうな気持ちで景子を見つめ続けます。
兄は、少し申し訳なさそうな顔で腰を振り続けています。すると、景子は悲鳴みたいな声で、
『イクッ! あなた、イッちゃうっ! 気持ち良いのっ! うぅあぁっ!!』
景子は、私を見つめながら叫びました。でも、兄はそのまま腰を振り続けます。私は、思わず手を伸ばして景子の手を握ってしまいました。すると、景子も私の手を握ってきて、指と指が絡むような握り方になります。
景子はサテンの長手袋をしたままですが、私はかまわずにそのまま握り続けました。
兄は、その状態でもかまわずに腰を振り続けます。ぎこちなかった動きも、すっかりと滑らかで上手になっています。
『あなた、またイッちゃうっ、お義兄さんのおチンポでイッちゃうのぉっ!』
景子は、言葉がどんどん卑猥なものになっていきます。私は、ギュッと景子の手を握りしめながら、どんどんとろけていく彼女の顔を見つめていました。

「そんなに気持ち良いの? そんなに違うの?」
私は、思わず聞いてしまいました。そんなものは、聞かなくても見ればわかるのに、聞かずにはいられませんでした。
『全然違う。あなたのじゃ、届かないところまで届いてるの。子宮に届いてキスしてるのっ! あなたのより、全然良いのっ!』
景子は、私の手をギュッと握りながら叫びました。兄は規則正しい動きを続け、景子の背中はどんどんのけ反っていきます。私の手を握る力も、痛みを感じるほどになってきています。

『イクッ! あなた、イクッ! あなたより気持ち良いおチンポでイッちゃうっ! もうダメぇ、戻れないっ! コレが良いのっ! 好きぃっ!』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


コンパでイケメンを罠にはめてお持ち帰りしてみた

2年前の出来事です。私は当時某お嬢様短大に入りたての田舎者でした。

大学生活も一月が過ぎる頃には大分慣れてきて、またお嬢様大学の付属短大ということでもあり、合コンの誘いはほぼ1日おきにありました。

【続きを読む】
[ 2017/12/14 13:08 ] 女性の体験談 合コン・王様G 女性 | TB(0) | CM(-)

準ミスを取ったことのある妻をどうしても他人に抱かせたくて

ある夏の出来事。

私が33歳、妻が36歳。妻は以前、有名なミスコンで準グランプリを取るほどで、私には勿体無いくらいの美人です。

その上、性格も明るく、言うことないくらいの妻です。

【続きを読む】
[ 2017/12/14 12:20 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
検索フォーム
カテゴリ
Twitterフォロー
おすすめ動画