▲半身不随になった私が、妻のために他人棒を用意した完(ブロマガ転載禁止)

前回の話

妻は、車椅子の上で勃起したペニスをさらけ出している私を見つめながら、ゆっくりと腰を下ろし始めました。長くて太いペニスを握ってスタンバイしている敏夫……。
妻は、私から目をそらさずにそのペニスに膣口をくっつけてしまいました。そして、そのまま挿入していきます。自分の意思で、他人のペニスを入れていく妻……。私は、EDだったのがウソのように勃起したペニスをさらしながら、妻の動きを凝視していました。

・このブログの今回のオリジナル体験談更新情報(毎月3〜4本更新しています)

『うぅあぁ、太い……』
妻は、不安そうにも聞こえる声で言います。敏夫のペニスはすでに亀頭部分が妻の膣中に消えています。コンドームをしていない生のペニスが、ゆっくりと妻の膣中に入っていきます。私は、妻の視線を感じながらも、その結合部を見続けていました。
『健二、入っちゃう……。見える? 健二のより大きなのが、入っちゃうよ』
妻は、この状況で私に話しかけてきます。リビングの時のような挑発する感じではなく、少し罪悪感を感じているような気がします。私は、何も答えずに黙ってうなずきました。

すると、妻は一気に腰を下ろし、長くて太いペニスを根元まで挿入してしまいました。
『うぅあっ、奥、うぅ、当たってる』
苦しげにも見える顔でうめく妻。背面騎乗位というか、敏夫に背を向けての騎乗位です。結合部は丸見えですし、顔もはっきりと見えてしまっています。

「さっきより、締まってるじゃん。入れるところ見られて、興奮してるでしょ~」
敏夫が、妙に明るい声で言います。妻は、顔を真っ赤にしながら、
『う、うん。健二、見える? 全部入っちゃったよ』
妻は、声をうわずらせながら言いました。
「動いてみなよ。アイツに、他人のチンポくわえ込んでるところ見せてあげなよ」
健二は、楽しそうに言います。妻は、うんと頷くと、ゆっくりと身体を上下に動かし始めました。妻の膣に、出入りする太いペニス……。私のペニスと比べると、あきれてしまうほど太いです。
女性も、人によって胸の大きさが違いますが、貧乳の女性はこんな気持ちなのかな? と、思ってしまいました。
『うぅっ、あっ、ひぃぅ、太いの、健二、すごく拡がってるでしょ? ごめんね、形変わっちゃうかも』
妻は、そんなことを言いながらも動きを徐々に早くしていきます。ヌチャ、クチョと、湿った音が響く中、妻の甘い声もどんどん大きくなっていきます。

『あっ、あっ、気持ちいいっ、奥に当たってるの、健二、奥が気持ちいいのっ』
妻はそんな言葉を発しながら、腰を上下に動かし続けます。私は、結合部と妻の顔を交互に見ながら、言いようのないほどの興奮と快感を感じています。私のペニスは、事故の前のように完全に勃起し、時折ビクンと跳ねるように動くほどです。

『健二、大きくなってる。治ったんだね。良かった。もっと興奮してね』
妻は、私のペニスを見ながら嬉しそうに言います。そして、妻の腰の動きは肉がぶつかる音がするほど大きくなってきました。
『あっ、あんっ、気持ちいいっ! ダメぇ、すぐイッちゃう、気持ちよすぎてすぐイッちゃうよっ!』
妻は、とろけきった顔で叫びます。私は、とうとう我慢出来ずにペニスをしごき始めてしまいました。握ったペニスは、完全に勃起していました。事故の後遺症で肉体的にEDになったと思っていましたが、どうやら違ったようです。
私は、強い快感を感じながらペニスをしごき続けます。
『健二、気持ちいい? 私も気持ちいいのっ! 見てて、私がイクところ! 私もイクっ! 一緒にイッて!』
妻は、うわずった声で叫びました。すると、敏夫が妻の腰のあたりを両手で掴み、動きを止めました。
『どっ、どうして? もうちょっとなのに!』
妻は、不満そうな声で叫びます。
「勝手にイッちゃダメじゃん。アイツに許可もらわないと」
敏夫は、楽しそうに言います。
『健二、ゴメンね、イッてもいい? 敏夫さんのぶっといので、イッてもいい?』
妻は、そんな風に聞いてきます。私は、ペニスをしごく手を止められないまま、何度もうなずきました。

『良いって。敏夫さんも一緒にイッて』
妻はそんな風に言うと、腰を動かし始めました。敏夫は、なんとも言えない笑みを浮かべています。ニヤけている感じもありますし、気のせいかもしれませんが小馬鹿にしているようにも見えてしまいます。

いつも私と妻が一緒に寝ているベッドの上で、敏夫と妻が避妊具無しのセックスを続けています。私は、もう限界でした。妻が気持ちよさそうな声を上げながら腰を動かしているのを見ながら、一気に射精してしまいました……。

『ダメだよ、イッしょって言ったのに』
妻は、泣きそうな顔で言います。私は、罪悪感と劣等感を感じながら、ゴメンと絞り出すように言いました。

『もう……。じゃあ、前向いてするから……。動かしづらかったんだ』
妻はすねたように言うと、敏夫の上に乗ったまま身体の向きを変え始めました。妻は、軽く腰を浮かしながら身体の向きを変えています。普通、あんな動きをしたらペニスは抜けてしまうと思います。でも、敏夫のペニスはまったく抜ける気配はありません。
私は、射精して急速に固さを失っていく自分のペニスを見つめ、情けない気持ちになってしました。大人と子供の違いがある感じがします……。

妻は、向きを変えると腰を動かし始めました。ピタンピタンと音が響く程強く動かしながら、とろけきった声であえいでいます。
『気持ちいいっ! この向きの方が、こすれて気持ちいいっ』
妻はそんな事を言いながら、身体を少し後ろに反らすようにしています。多分、その方がGスポットにこすれるのだと思います。

さっきから、かなり長い時間挿入したままです。中で射精しなくても、先走りで妊娠してしまうのではないか? そんな不安でドキドキしてしまいます。

「詩織ちゃん、こうやって動かしてごらんよ」
敏夫は、妻の腰を掴んで動きを補助し始めました。それは、上下に動かすのではなく前後に揺さぶるような動きです。
『あぁっ、こ、こすれてるっ、これ気持ちいいっ! あっ、あっ、あぁ~っ!』
妻は、本当に気持ちよさそうにあえぎ始めました。こんな声も表情も、初めて見るものです。私では、連れて行く事の出来ない領域に連れて行かれている……。そう思うと、力不足で本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

私なんかと結婚したばかりに、女の喜びを知らずに生きてきた……。そう思うと、私は消えていなくなってしまいたい気持ちになります。

しばらく敏夫が動きを補助していましたが、いつの間にか敏夫は妻から手を離していました。妻は、自分で腰を前後に動かし続けています。ヘソから上はほとんど動かず、その下の部分だけが高速でグラインドしている感じです。

『もうダメっ、イッちゃうっ! イクっ! こんなの始めてっ! イクっ! イクっ! イクぅっ!!』
妻は、ほとんど悲鳴のような声を上げながら身体をビクンと跳ねさせるようにのけぞりました。そして、すぐに弱々しく敏夫の胸に倒れ込んでいきます。そして、彼の胸に頬を乗せるようにしてぐったりし始めました。

「スゲぇ、めっちゃうねってるよ。イキすぎでしょ」
からかうように言う敏夫。でも、妻はぐったりして言葉も出ないようです。繋がったまま、頬を彼の胸に埋める妻……。私は、完全に妻を寝取られたような気持ちになっていました。

「大丈夫? もう、抜いたら?」
敏夫は、優しい声で言います。でも、妻は何も言わずに動きません。そのまま、しばらくなにも動きがない状態が続きます。私は、射精してしまった後始末をしなければと思いながらも、結合部を凝視していました。
太いペニスを根元までくわえ込み、時折アナルがヒクヒクと動いている妻……。まるで、まだ足りないと言っているような感じがします。

すると、妻がいつの間にか敏夫の乳首を舐め始めていました。ほとんど動きのないまま、舌だけ出してチロチロと乳首を舐めている……。それは、かなり強いショックを感じる行動でした。
妻は、完全に敏夫の雌になった……。そうとしか思えないような行動です。愛おしそうに、そしてイヤらしい舌使いで舐め続ける妻。こんなに淫靡な姿を見る事になるとは思ってもいませんでした。

「あぁ、気持ちいい。詩織ちゃんマジでエロいよね。もっと欲しいって事でしょ? 今度は、どうやって欲しいの?」
敏夫は、妻に要望を聞き始めました。すると、真っ赤な顔で、
『後ろから……して欲しいです』
と、言いました。

【続きは出典元から】

【同じジャンルの体験談】
・2017年度寝取られ作品群ランキング!
・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
・他の体験談はこちら→FC2BlogRanking

【オリジナル体験談更新案内】
・清楚だと思っていた婚約者は、元彼にリモコンバイブ調教されてた
・温泉旅行で酔い潰れ、目が覚めたら妻が口移しで酒を飲まされていた5
・セックスレスだった妻が、パート先の高校生にデートに誘われた2
・妻が不妊治療のため、精子を競わせようと言ってきた2
・妻が風俗通いの友人に、もったいないから私がしてあげると言い始めた4


強気な姉さん女房が寝取


アイツの彼女を寝取る夏~女子マネ美咲の場合~

旦那が喫煙している5分の間義父に時短中出しされて毎日10発孕ませられています

[ 2019/01/29 12:18 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ