倦怠期の婚約者が、会社の男の子にデートに誘われたと言ってきた2(ブロマガ転載禁止)

前回の話

僕は、本当にパニック状態でした。電気が消えて、すぐに梨乃が出てくるとばかり思っていたのに、彼女は出てくる気配もありません。
部屋の電気が消えた理由……。それは、二人が本格的にセックスを始めてしまったと言うことだと思います。僕は、どうしたら良いのかわからないまま、真っ暗な部屋を見つめ続けていました。

今頃、何をしているのだろう? 口でしてあげると言っていましたが、本当にそれだけで終わるのだろうか? 僕は、悪い想像で胸が潰れそうでした。

そして、しばらくそのまま部屋を見つめていましたが、我慢しきれずにまたアパートの階段を上がってしまいました。周りを気にしながら、そっと彼の部屋の前に移動し、さっきのようにドアに耳をくっつけると、何も聞こえませんでした。僕は、とりあえずホッとしましたが、何をしているのだろう? と、疑問を感じました。

ドアに耳をつけたまま様子をうかがう僕。すると、かすかに声が聞こえることに気がつきました。さっきまでは小さくて気がつきませんでしたが、
『んっ、ん、うぅ、んっ』
と、吐息のようなかすかな声が聞こえてくるようです。僕は、激しく動揺しました。どう聞いても、セックスをしているような感じです。

でも、声はそれ以上は大きくならず、まったく様子がわかりません。すると、
「イ、イキそうです、出ちゃいます」
と、男の子の切羽詰まったような声が聞こえました。
『いいよ、出して』
梨乃の声も聞こえてきました。すぐに、男の子のうめくような声が聞こえ、何も聞こえなくなりました。

少しすると、
『いっぱい出たね。ほら、終わりだよ。約束したでしょ?』
と、梨乃の声が聞こえてきます。
「は、はい。ありがとうございました」
男の子は、そんな風にお礼を言いました。すると、階段を上がってくる足音が聞こえてきました。僕は、慌ててドアから離れ、スマホをいじるふりをしながら階段に向かいました。

住人とすれ違うとき、心臓が破れそうな程ドキドキしましたが、何もなくすれ違いました。僕は、結局最後までしてしまったのだろうか? と、疑念を持ちました。でも、盗み聞きした範囲では、判断がつきませんでした。

僕は、とりあえず自宅に帰りました。すると、梨乃からメッセージが来ました。
”そろそろ帰ろうかな? それとも、泊まった方がいい?”
そんなメッセージでした。僕は、さすがにプライドも何もなく、帰ってきて欲しいとメッセージを送り返しました。
”は~い。すぐ帰るね”
梨乃は機嫌が直ったのか、絵文字だらけのメッセージを送り返してきました。僕は、とりあえずホッとしながら、梨乃の帰りを待ちました。

梨乃は、本当にすぐ帰ってきました。梨乃は、
『ただいま~。おなかすいてる?』
と、拍子抜けする程普通に帰ってきました。梨乃は、スーパーで買い物をしてきたようで、ビニール袋に食材や何かが入っているようです。僕は、お帰りの挨拶もそこそこに、今日はどうだったのかと質問しました。と言っても、ずっと見ていたのでほとんど把握はしています。

梨乃は、
『うん。楽しかったよ。手つないじゃった』
と、いたずらっぽく笑いながら言います。僕は、彼女を抱きしめて荒々しくキスをしました。舌を突っ込み、彼女の口の中をかき混ぜると、歯磨きの良い匂いと味がしました。
僕は、歯を磨かなくてはいけないようなことをしていたんだなと感じながら、激しく嫉妬しました。梨乃は、スーパーの袋を持ったままでしたが、僕が激しいキスをしているうちにそれを床に落としました。
そして、僕に抱きついてキスをしてきます。しばらく、今までにない感じでの激しいキスが続きました。

『こうちゃん、焼きもち焼いてる?』
梨乃は、少しうわずった声で聞いてきました。僕は、プライドも何もなく、素直にうなずきます。そして、どんなことをしてきたのかと聞きました。
『聞きたいの? そんなに気になっちゃう?』
梨乃は、ニヤニヤとした顔で言います。僕は、素直に聞きたいと言いました。

梨乃は、ソファに移動して話を始めました。梨乃は、少し恥ずかしそうに、でも、ちょっとだけ挑発するような感じで今日の出来事を話し続けます。

僕が、こっそりと尾行して盗み見ていたことと同じ内容です。正直に話す梨乃を見て、僕は不思議な気持ちになっていました。何でこんなことになっているのだろう? どうして僕は止めなかったのだろう? そんな気持ちです。

僕は、梨乃が少し言いづらそうに、彼とキスをした話を始めると、嫉妬で抑えが効かなくなったように彼女に覆い被さりました。そして、激しくキスをしながら彼女の胸をまさぐり、剥ぎ取るように彼女の服を脱がせていきます。
『こうちゃん、嫉妬してるの。アン、破れちゃうよ』
梨乃は、嬉しそうに言います。僕は、あの男の子とどこまでしただろう? 最後までしてしまったのだろうか? と、頭の中はそのことでいっぱいになっていました。

そして、ほとんど剥ぎ取るように彼女を全裸にすると、僕は彼女のアソコを舐め始めました。
『だっ、だめっ! 汚いよっ、シャワー浴びてないから!』
大慌てで僕の頭を押しのけようとする梨乃。僕は、押しのけられようとして、さらに嫉妬心が燃え上がっていました。

無理矢理彼女のアソコを舐め始めると、なぜか驚く程濡れています。そして、汚いという言葉とは裏腹に、ボディソープの良い匂いがします。洗いたて……そんな感じがするような匂いです。僕は、彼の部屋でシャワーを浴びて歯磨きまでしたんだなと思いました。
そして、歯磨きは彼のを使ったのだろうか? などなど、細かいことまで気になってしまいます。僕は、頭の中がグチャグチャになりながら、夢中で彼女のアソコを舐め続けます。
『あっ、ダメ、うぅ、こうちゃん、ダメ、ヒィうぅ』
梨乃は、ダメと言いながら声がうわずっていました。息づかいも荒く、いつも以上に興奮しているのが伝わってくるような声です。僕は、自分の服も剥ぎ取るように脱ぐと、彼女に覆い被さってそのまま挿入しました。

初めて生で挿入した梨乃の膣中……。絡みついてくる感じがいつもとはまったく違います。
『うぅあっ! こうちゃん、ダメぇっ、うぅっ、あっ、あっ、激しいよ、うぅあっ!』
梨乃も、今までで一番と言ってもいい位に感じている声です。僕は、嫉妬でおかしくなりそうな気持ちのまま、腰を動かし続けました。ただでさえ早漏気味の僕なので、あっという間に射精感が湧き上がってしまいます。
『こうちゃん、すごく固くなってるっ、気持ちいいっ、こうちゃんすごいのっ!』
梨乃は、僕にしがみつきながら叫びます。でも、僕は慌てて彼女の腕を振りほどき、身体を離しながらペニスを抜きました。そして、抜いたと同時に射精が始まり、彼女の身体に僕の精液が飛び散りました。
僕の精液は、自分でも驚く程大量に射出され、梨乃のおなかや胸、顔や髪の毛まで汚し、彼女の頭上のソファにまで到達してしまいました。
『すっごく飛んだね。フフ。ドロドロになっちゃった』
梨乃は、全身精液まみれにされながら、すごく嬉しそうでした。怒っている気配もなく、満足気にすら見えます。僕は、イッたことで冷静になり、慌ててティッシュで彼女にかかってしまった精液を拭き始めました。
『中に出してくれれば良かったのに……』
梨乃は、ボソッと言いました。僕は、今更反省しました。デートなんてさせるべきではなかった……。そんなことに今更気がつきました。そして、梨乃に謝ると、
『私こそ、ゴメンね。軽くデートするだけのつもりだったのに……。でも、キスっていっても、一瞬唇が当たっただけだよ。0.1秒以下だからね』
と、梨乃は言い訳がましく言います。僕は、彼の家に行ったことや、彼の部屋でしたキスのことは秘密にするつもりなんだなと思いました。
でも、そのことを知っているとも言えず、僕は黙って話を聞くことに回ります。
『もう、絶対にしないから。嫌いにならないで……本当にごめんなさい』
梨乃は、真剣に謝ります。でも、秘密が出来てしまった……。そして、秘密の内容はなんだろう? 結局、どこまでしてしまったのだろう? そんな疑問で押しつぶされそうでした。

この日を境に、僕と梨乃の関係は10年前に戻った感じでした。全てが新鮮というか、気持ちが昔に戻ったような気分でした。

そして、セックスも昔に戻り……と言うよりも、昔以上の頻度でするようになりました。梨乃は、
『興奮してるね。本当は、キス以上のこともして欲しかったんじゃない?』
と、セックスの最中に言ってきます。僕は、そんなことはないと言いますが、
『嘘ばっかり。だって、すごく固くなってるよ。爆発しちゃいそう。彼の部屋に行って、エッチした方が良かった?』
と、彼女に言われて言い返すことが出来ません。でも、嫉妬で興奮しすぎて、すぐに射精してしまいそうになりました。僕は、イクのを堪えるために動きを止めます。すると、梨乃が僕の下からスルリと抜けだし、僕を仰向けにして騎乗位になります。
以前は、騎乗位になることなんてなかった梨乃ですが、今は積極的に上になってきます。

『フフ。まだイッちゃダメだよ。もっと頑張ってくれないと、アキラくんとしちゃうよ』
梨乃は小悪魔的な笑みを浮かべながら、そんなことを言ってきます。僕は、その言葉にあの時ドアの外で盗み聞きした会話を思い出し、嫉妬で泣きそうでした。でも、気持ちとは裏腹に、射精感が我慢しきれないところまで来ています。
「も、もう出ちゃうよ、抜かないとっ」
慌てて言う僕に、梨乃は腰をゆっくりと動かしながら、
『出して良いよ。こうちゃんの赤ちゃん、欲しい』
と、真剣な顔で言います。僕は、いっそこのまま中に出ししまおうと思いながらも、できちゃった婚は避けたいという気持ちが強くなります。

必死でイクのを堪えながら、抜かないとダメだよと言い続ける僕。でも、押しのけるようなことまではできない僕がいます。
『出してくれなきゃ、アキラくんに出してもらっちゃう』
梨乃は、そんなことを言いながら腰をゆっくりと動かし続けます。僕は、歯を食いしばってイクのを堪え続けてました。

『アキラくん、いっぱい出してくれるかな? 赤ちゃん出来ちゃうかもね。そうなったら、アキラくんと結婚するね』
イクのを必死で堪える僕に、少しイラッときたような感じの梨乃が言いました。僕は、そんなのダメだと叫びながら、堪え切れずに射精をしてしまいました。
『あぁっ、出てる、熱いのわかるよ。こうちゃん、愛してる。結婚しようね』
梨乃は、幸せそうに言います。そして、僕に甘えるように抱きつきながら、何度も何度もキスをしてきました。
僕は、イッた快感にとろけながら、彼女の頭をなで続けました。でも、頭の中は、梨乃が僕に隠している秘密のことでいっぱいでした。

そんなある日、本当に偶然にアキラくんに出会いました。出会うと言っても、見かけただけですが、僕はなんとなく彼の後をつけました。彼は、スーパーの袋を手に持って歩き続けます。どことなく、急いでいるような足取りです。

彼は、自分のアパートに入ると、そのまま自分の部屋に入りました。僕は、なんとなく胸騒ぎがして、アパートを見続けました。10分程すると、梨乃がやってきました。僕は、脚が震えてしまいました。まさか、彼の部屋に? たまたま通りかかっただけのはずだ……。願うように祈る僕の前で、梨乃は彼のアパートに入っていきました。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


検索フォーム
カテゴリ