射精を早めないように、刺激的な体位は避けたとしても、力強いピストン運動など望むべきもありません。 挿入後は、下腹を密着させたまま、ゆるやかな円運動を描き、お互いの恥骨を押しつけ合うばかりの交合でした… それでいても、大抵、終焉は一分前後でやってくるのです。 亀頭に擦り込む塗り薬、金冷法、根元をくくるドイツ製のリング、寸止めのマスターベーション等々、いずれの処方も、気休めにはなっても、病的な早漏を治癒させるほどの効用はありませんでした。 結合時間の短さを補うための前戯さえ、私の元来の不器用さからか、痛痒感を与えることのほうが多く、いつしか妻も協力的でなくなったのです…出産後も、私が身体を寄せれば、拒絶されることはなかったのですが…妻の歓喜が伴わない交合に、この頃から、私の性癖が熱せられた鉄のように歪み始めたのでした。 愛する妻を他人に抱かせる、しかも、夫である私の眼前で…この世に、これほどの自虐的な快楽があるでしょうか。 ただ、《寝取らせ》などという言葉は、その頃、まだ一般的ではなく、夫のお膳立てした場で、妻を他人に抱かせるなど、私には思いもよらないことでした。 「子供は、どうする気なんだ…」 妻の口から、不貞の事実を告げられても、私には最初から、離婚を言い渡す気持ちなどありませんでした。 「今は、子供のことは言わないで頂戴…私が馬鹿でした…」 娘を引き合いに出すと、妻は以外にも、その場に泣き崩れました。 一度の過ちを種に、妻は男から脅され続けているのではないか?瞬時、そんな懸念が私の頭をよぎりました。 男につきまとわれ、やむ無く不貞の事実を打ち明けざるを得なくなったのかもしれない… 「問題は、お前の意志だ。とっくに、離婚の覚悟はできているんだろ?」 妻は、畳に擦りつけた頭を激しく横に振った。 「許されるなら…離婚はしたくないわ…」 「それなら、その気持ちをそのまま、相手方に伝えたらいいじゃないか…」 妻に離婚の意志のないことを確認した私は、強気な口調で突き放すように言いました。 「貴方が会って、話して下さらないと…私ひとりじゃ…」 「お前ひとりじゃ、情に流されてしまうとでも言うのか…」 本来、私は争い事の苦手な人間です…男の沽券を賭けて、妻の浮気相手と面談し、決着をつけるなど…想像しただけで身のすくむ思いでした。 救いは、法的な理が此方にあるということです… 万が一にも、相手方から金銭を要求されたり、暴力でも振るわれようものなら、弁護士は元より、警察に願い出るという手立てだってあるのですから… この考えは、私を大いに勇気づけました。 相手は、ごみ収集車の運転手です… ここは、妻に反省を促す為にも、五十万程度の金なら、手切れ金として呉れてやってもいいかもしれない… 私の寛大さ見せつけることで、よりいっそう、男の心底にある卑しさが、妻の目にも、浮き彫りになるだろう… 忘れもしません。 七月の蒸すような熱い夜でした。 義妹宅へ娘を預けた私達夫婦は、男のアパートへと向かったのです… 昭和の残骸のような安普請のアパートでした。 私は、車のエンジンを止め、助手席にいる妻の様子を窺いました。 義妹宅を出てから、終始、無言だった妻が漸く口を開きました。 「ごめんなさい…こんなことに貴方を巻き込んでしまって…」 「いいよ…済んでしまったことは仕方がない…大事なのは、これから先のことだ」 世間体や、娘の将来を考えると、妻にとっても離婚が得策でないことは明白でした。 妻の性格を考えると、いまの安定した生活を捨て去り、このような小汚ないアパートに身を置いて、この先、暮らしていける筈もないのです。 妻との事前の打ち合わせは二つ、離婚の意志のないことを男にきっぱりと告げる、もう一つは、今後一切、会わないという約束を取り付けること… 「その後の話は、私に任せればいいから…」 相手の出方もあるが、私としては、法的手段をちらつかせるようなことはせず、できるなら穏便に話を終わらせたかったのです。 妻から、不貞の事実を聞かされたのは三日前… その間、私は朝、夜を問わず、狂ったように妻の身体を求め続けました… 男に汚されたであろう、妻の部分に口づけながら、男との行為の一部始終を不貞の口から吐き出させようとしたのです。 たとえば、出社前の五分間という、寸分の時間さえ惜しみ、キッチンの床に妻を押し倒すと、その豊満な尻に噛みつきながら、男との正確な性交時間を聞き出そうとしたりしました。 屹立した物を自らの手でしごきながら、私との夫婦生活では知り得なかった体位の数々を聞き出し、そのポーズを床の上で取らせたりもしたのです… そんな時の、下腹から沸き上がる得体の知れない焦燥感は、私にとって新鮮な快感でした。 妻の話によれば、ごみ出しの際に声を掛けられ、親しく挨拶を交わすようになったのが、そもそもの発端だとのことでした。 早朝から始まるごみ収集の仕事は、正午前には終わるらしく、駅に隣接するドラッグストアで、偶然、出会ったその日のうちに妻は男の毒牙に掛けられたようです。私の出張を待つまでもなく、呼び出された昼間にも、何度かは身体を重ねたことがあるようでした。 男と関係ができて一ヶ月半、私の想像に反して、金品を要求されたことはないとのことでした。 「二階の一番、奥の部屋よ…」 妻に案内されながら、錆止めのあらわになった鉄の階段を私は、意を決して上り始めました。 男の部屋の前に立った妻が、ドアノブに手を掛け、私を振り返ります。 そして、小さく微笑みました。 外の気配を察したのか、中から 「オゥ、入れ!」 男の野太い声がしました。 「どうぞ…」 先に部屋に入った妻が私を促がしました… 一瞬、私が躊躇すると… 「おい旦那、もたもたするな!蚊が入るぞ…」 男に機先を制じられた私は、思わず 「はい…家内がお世話になりました…辻野です」 《お世話になりました》過去形で言い放ったのは、妻とそちらの関係は、もう終わりだという私の意思表示でした。 その言葉の意味に男は気づいただろうか… 部屋は以外にも整然と片づけられていました。 しかし男は、派手な英文字を羅列した柄物のトランクスに、ランニングシャツという、とても、客を迎える身なりではありませんでした。 「美佐子、茶を入れろ…」 ちゃんとした私への挨拶もないまま、男は、あろうことか、妻の名前を呼び捨てにしたのです。 私は事態を甘く考えていたのかも知れない… 相手は、一筋縄ではいかない男ではないのか… 硝子の小さなテーブルで男と対峙しながら、私は部屋を見渡しました。 玄関わきに流し台があり、その三畳ほどの板の間には、冷蔵庫と食器棚が置かれています。 その奥の六畳の間に、硝子のテーブル、木製のベッド、テレビ、ビデオ・デッキ、もう一つ奥まった所に、風呂場とトイレがあるようでした。 《妻が眼前で…》のタイトル通り、この間取りは、覚えて置いて頂いたほうがいいと思います… 台所から戻った妻は、私の目の前へ麦茶を置くと、テーブルとベッドの間をすり抜け、ためらいがちに男の横に座ったのでした… この妻の行動は、予想外でした。 この談判は、妻と私が、男と対峙して行うべきことだと、自分勝手に思い込んでいたのです。 この一ヶ月半、妻が、何度この部屋を訪れ、男とどのような時間を過ごしたのかは想像に難くありません… 勿論、男はこのアパートの部屋では主人です。 短期間にせよ、夫婦の真似事のようなことをしていた二人なのですから、この部屋において、私を客として迎え入れようとするのは、妻にとって自然な流れなのかもしれません… これは、妻がどちら側につくという話ではなく、習慣の問題なのだと、私は、判断しました。 第一、妻が男を怖れている様子も見受けられません… 妻が男の横に座った理由… これから男にに対して離別の話を切り出すのですから、多少の気遣いを見せておいたほうがよいと、妻なりに機転もあったのでしょう… 喉に渇きを覚えていた私は、麦茶に口をつけると 「結論を言います…妻とは離婚しません…このことは、妻も同意しています…」 男は、唇を歪めて片笑いしました。 「そうかい、俺にしたって、離婚までされると後味が悪いしな…美佐子、よかったな…」 「ごめんなさい…順さん…」 正座した妻が俯き加減に言いました 「なにも、謝ることはないぜ…夫婦、二人での話し合いがついているんなら、あとは、俺と美佐子で、話し合う番だな…今夜はじっくり話し合おうぜ、泊まっていくだろ…」 私は男の言葉に耳を疑いました。 妻も、この成り行きには驚いた様子です。 「そんな…泊まるなんてことできないわ…娘をよそに預けてきてるのよ…」 「亭主に迎えに行かせればいいだろ…なぁ旦那…そのくらいのことをしても罰は当たらないぜ」 「いったい、何を話し合うのですか?妻とは、すでに離婚しない結論に達しているのですから…」 「旦那さんよ、奥さんが本気で俺と別れたがってるのか、知りたくないのかい?」 「妻の意志は確認済みです…そう言われるなら、今、この場で聞いてみて下さい。」 「旦那はこう言ってるが、美佐子、どうなんだ…」 妻が柱時計に目をやりました。時間は九時を過ぎています… 「貴方…今夜は、先に帰って…私、はっきりと気持ちを伝えますから…」 このアパートを訪ねる前に、妻と打ち合わせたことは二つ。 夫婦に離婚の意志のないことをきっぱりと伝えること。 この意志は、すでに伝えました。 もう一つは、二度と会わない約束を男から取り付けること… 会う、会わないは、妻と男の意志の問題です。 妻は悲壮な決意をもって男に約束を取り付けるつもりなのでしょう。 その決意を無駄にする訳にはいきません。 それに、男から約束を取り付ける機会は、今夜をおいてないように思われました。 「承知しました…妻と存分に話し合って下さい。私は表の車の中で待つことにします…」 私は強い口調で、男らしく言い放つと、さっと立ち上がり、いったんは部屋を出たのでした。 車に戻った私は、それでも、気が気ではありません… 男が、妻を抱こうとしているのは見え見えでした。 会わない約束と引き換えに、妻はいやいやながらも、抱かれる覚悟でいるのかもしれないのです。 義妹宅へ電話を入れ、今夜は都合で、娘を迎えに行けなくなったことを伝えました。 私はアパートの部屋へ戻る決心をしました… しかし、部屋を出てから十五分、戻る理由が思い浮かびません… そうだ、手切れ金がある… この五十万円を差し出せば、妻を連れ戻すことは無理にしても、板の間くらいには、私も泊めて貰えるかもしれません… これは小説ではありません。 私はそういう才能を持ち合わせていませんから… かと言って、百パーセント、真実という訳でもありません。 しかしながら、妻と、妻の浮気相手と、私、三者で話し合った夜、男のアパートの一室で、一夜を明かしたことは本当なんです… 妻は、私の眼前で、男に抱かれました。 結婚して八年、当時、妻は三十六歳、今から十二年も前の話です。 浮気相手を悪役に仕立て上げて話さないと、自分自身が惨めに思えて… 不評のレスが多くて完結まで至れるかどうか…心が折れそうです。 私は再び鉄の階段を上がり、男の部屋の前に立ちました。 遠慮がちにノックをすると、静かにドアを開けたのは妻でした。 「迎えに行けないからって、電話を入れといたよ」 妻は、娘のことを気にする様子もなく 「あの人、入浴中なの…まだ、話はついてないわよ」 肩までの長い髪をアップにして、後ろに束ねています… どうやら妻も、これから入浴する様子でした。 「お前も賛成してくれていた、手切れ金のことだけど…話し合う前に提示して置いたほうがいいんじゃないかと思って…」 妻は、安普請のアパートの部屋に似つかわしくない、シルクのガウンの胸元を隠すようにして 「そうなの、じゃあ、ちょっと待ってね…あの人に聞いてみるわ…」 そう言って、私を廊下にとどめたまま、ドアを閉めました。 五十万円という金額が、妥当なものなのかは見当もつきません。 ただ、私の稚拙なセックスをもって、男から妻を奪還するには、このような方法しか、思いつかなかったのです。 対抗手段として、男らしくないと言われれば、それまでですが… 暫くしてドアが開き、今度、出てきたのは男でした。 「美佐子の予感が当たったな…旦那は直ぐに戻ってくるって言ってたからさ…」 男の口元が弛んでいます。 私は、すでにセカンドバックから取り出してあった茶封筒を、わざと男に見えるようにちらつかせながら 「短い間でも、妻がお世話を掛けたんですから、最初にお礼を言うべきでした…」 「突っ立っていないで、まぁ入んなよ…」 部屋へ入ると、妻の姿がありません。 男と入れ替わりに、入浴中のようです。 私は、再び硝子テーブルの前に座りました。 男の着ているガウンは、妻と揃いの物でした。 「旦那、足を崩しなよ…」 正座している私にそう言いながら、男はガウンの前をはだけたまま、堂々と胡座をかきました。 その瞬時、男の股間が私の目に飛び込んできたのです… その瞬時、男の股間が私の目に飛び込んできたのです… 男は、ガウンの下には、何も身につけていませんでした。 だらりと垂れ下がった男な物は、どす黒く、いかにも、重量感のある物でした。 すでにそれは、私が最大に勃起したときの物より大く見えたのです… 言いようのない焦燥感が、私の下腹から沸き上がってきました… 紆余曲折はあっても、妻とは、離婚にまで至りませんでした。 幼かった娘も、現在、大学生です。 妻は、この騒動の翌年に男児を出産しました… 私にとっては、待望の男児で、その子も今は、小学四年生です。 その後、男は郷里の静岡に戻り、鮮魚店を開いたとのことですが… 妻の他にも女はいたようです。 レスに質問がありましたから… ここまで綴った以上、私の人生で一番おぞましい、それでいて脳髄が大爆発を起こしたような、最高の歓喜の夜のことを話さなければなりません… 「これは些少ですが…お礼の気持ちです」 畏まって、テーブルの上に差し出した茶封筒に、男は目もくれず 「旦那…この五十万は、手切れ金のつもりかい…」 封筒の中身も見ずに、金額を言い当てられ、私は、一瞬、たじろぎました。 何故、男は五十万という金額を事前に知り得たのだろうか? たぶん、私からの誠意を早く男に伝えたい為、妻が先走って、金額を告げたのかもしれません… 「そのお金には、一切を水に流して頂くという意味もあります…」 「水に流す?女房一人、満足させられない男の言うセリフかい…」 「そういう夫婦の問題にまで立ち入られても…返答に困ります」 「旦那さんよ…あんたが歓ばせられないから、仕方なく、俺が代わりに歓ばせてやったんだぜ…礼を言って貰うのは当然だ。五十万が、その礼だと言うなら受け取ってもいいんだがな…」 「勿論、その点に関しては感謝はしているのですが…」 奥の引き戸が開き、妻が脱衣場から出てきました… 「順さん、そのくらいにして頂戴…その人に罪はないわ…貴方が連れてこいと言うから、こうして、連れてきたんじゃない…」 湯上がりの妻が、男と同様、全裸の上にガウンを羽織っただけの恰好であることは、すぐに見て取れました。 妻が下着をつけていないのは、二度と会わない約束を男から取りつける為の、妻なりの悲壮な覚悟なのでしょう。 今夜、妻と男の間に情交をかわす取り決めのあることは、もはや確実なようでした。 「貴方…あとのことは私に任せて、今夜は、先に帰って頂戴…お願い…」 「帰りたくないんだ…最後まで、見届けたいんだ…」 「一応の誠意を見せてくれた旦那をこのまま、むげに追い返すことはできないぜ…」 「順さん…何を考えているの…」 「美佐子!お前は黙ってベッドに入ってろ!旦那…車へ戻るかい?なんなら話がつくまで、そっちの部屋で待っててくれたっていいんだぜ…」 男は硝子テーブルに片足を掛け、私の顔を覗き込むようにして、そう言い放ちました。 完全に皮の剥け切った、雄壮な男根が目の前で大きく揺れています… 「私だって、曲がりなりにも美佐子の夫です…話の結論がでるまで、この部屋を出ていく気にはなれません…」 男は私の髪を掴み、ぐいっと引き寄せると 「覚悟を決めて言ってるんだな!」 「覚悟は、で、できています!あとは、妻の気持ち次第です…もう、任せるしかありませんから…」 「板の間でいいのかい?あと五十万出せば、ベッドの下から、かぶりつきだぜ…」 「順さん…いい加減にして…」 男のなめくじのような舌が、丹念に妻の乳首を舐め上げている… 電気スタンドの灯りは、ベッドにいる二人だけを闇に浮かび上がらせ、私は、さながら舞台を見上げる観客のようでした… 脇腹から絞り上げるようにして鷲掴んだ乳房の先端を男は、乳輪ごと飲み込みました。 椀を伏せたような形のよい乳房が、その先端を強く吸われ、張り詰めたテントのように変形している… 男が顎を引いていく… 妻が弓なりに胸を反らせたその瞬時、男の口から勃起した妻の乳首が弾きでました… 「奥さん…感じてるのかい…鳥肌が立ってるぜ」 男がくぐもった声で言った 《美佐子、目を閉じては駄目だ…感じてしまうぞ!》 妻は、壁側に顔を向けていて、私のいる位置からは、その表情を窺い知ることができません… 「お願い…電気を消して…」 か細い声でした。 「観念しろ…旦那に見物料を上乗せして貰ったんだからな…」 男の愛撫は、一見、荒々しく見えても、全体には繊細で、洗練されたもののように思われました。 たとえば、腋の下に唇を這わせているときも、毛深い内股は、常に妻の下肢を擦り続けていましたし、両手の指をも、意味なく休ませることはしませんでした。 私見ですが、男のセックスの優劣を決定するのは、生まれついての才能ではないかと考えています。 努力や経験が意味を持たないとまでは言いませんが、その範囲は、限られているのではないかと… 百メートルを十六秒で走る者が、修練により十四秒で走れるようになる…数字として表れる、確かに、これは明瞭な進歩でしょう。 しかしながら、十一秒、十秒は、もはや才能の世界です。 無論、女の歓喜を数字に置き換えることはできないでしょうが… 行為をお終えて、男が身体を離した後も、数秒ごとに波打つ、硬直したままの妻の裸身… 苦悶にも似た、歓喜の表情… 私には、数字以上に、明瞭な歓喜の光景でした。 数百回に及ぶ妻との夫婦生活も、妻の身体を知るうえでは、立派な経験と言えるのではないでしょうか? 八年に及ぶ、私なりの努力の蓄積だってあったのですから… そのような私の努力や経験を、妻は一夜にして、意味の持たないものだと悟らせてくれたのです… 泣きながら男の首にしがみつき、うわごとのように発した妻の言葉… 《…順さん…死ぬまで離さないで…》 妻の白い豊満な尻が、いやいやをするように大きく左右に揺れている… 男の唇は、吸盤のように尻の割れ目に吸いついたままでした。 そして、一度、捕らえたものを離そうとしません。 そこは、唇はおろか、私が指でさえ触れたことのない不浄の部分でした。 強烈な性感が眠っていることを知らない訳ではありません。 しかしながら、生活を共にする夫婦だからこそ、領域外の、許されない行為というものがあると考えていました。 「あぁ…そんなこと…」 左右に揺れていた妻の尻が、ゆっくりと円を描きだしました。 三人三様の心の在り方に、辻褄の合わない部分が随所に出てしまって… 事実と想像の狭間で行き詰まってしまいました。 以前にも、申し上げましたが、妻の浮気の告白から、アパートでの三人の話し合いに至るまでの経緯は、大筋において事実です。 簡素に事実だけを示して、話を進めればよかったのですが… 最初のボタンの掛け違いは、浮気を告白された夜、すでに私は、妻から離婚話を切り出されていたのです。 子供を盾に取って抵抗したのは、私のほうでした… 手切れ金の話も、最初に口にしたのは妻のほうなんです。 相手方との関係を清算するには、一定のけじめがいると言うのです… 妻を失いたくない一心でした。 金で浮気相手を納得させるというより、妻の歓心を買いたかったのです。 妻は嬉々として、自分が橋渡しをすると言い出しました。 まるで、妻は別人のようでした。 男と出会ってからの変貌ぶりに、私は愚かにも、気づかなかったのです。 妻の存在が、遠くに感じられました。 妻は、もはや私の知っている妻ではありませんでした… アパートでの話し合いは、談判などという重々しいものでもなかったのです。 それは、歓談に近いものでした… 浮気相手は、粗野な風貌にたがわず無教養な男でしたが、気さくな人間でした。 しかし、読書好きで、本来、内向的だった性格の妻との取り合わせは、いかにも不自然な気がしました。 私は男女の相性の不思議さを思わずにはいられませんでした。 甲斐甲斐しく、男の世話をする妻の様子を眺めていると、それは、まさしく、《離れられない身体にされる》という女の所作以外の何物でもありませんでした… 私は、男のアパートで、妻の手料理に杯を傾けながら、普段は良き母である妻の、仮面の下にある真実の女の顔を見たいと思ったのです 厚い胸板から途切れることなく続いた剛毛が、臍を過ぎ、下腹に裾野を広げる様は雄壮でした… だらりと垂れ下がった男根は、体積にして、私の四倍はあるように思われます。 男の唾液と自らの愛液にまみれた妻の尻穴に、骨太の指があてがわれました…。 円運動をしていた妻の尻が、ぴたりと静止しました… 一口に《寝取られ系》と言っても、その概念は様々です… 一定のルールを設け、手のひらに妻を遊ばせる如く、他人に妻を抱かせる者… この場合、妻は夫のコントロール下にあり、果たして真実の《寝取られ》と言えるのかどうか… 妻の身も心も奪った相手に、媚びを売り、自らの人格さえ粉々に打ち砕かれなければ、悦びを感じられない者… この多くの場合は、結婚生活に破綻をきたす恐れがあります… そのリスクの狭間で、《寝取られ系》同志は苦しまれているのではないでしょうか。 それを解消する唯一の方法が《公認》です。 言うは易し行うは難し… しかしながら、私が最後に選択したのは、その道でした。 《公認》は四年間に及びました… 圧巻は、生まれた男児に《順平》と私が名付けようとしたときのことでした… 「順平ってのは、どうだろう?」 妻はページを繰る手を止めると、小さく笑いながら… 「別に、私はいいけど……馬鹿ね…」 《公認》にだって、蜜月時代というものはあるのです… 歪んではいても、夫婦愛は、夫婦愛ですから… 夫の眼前で他の男に抱かれる女の胸中には、一体、何があるのだろうか? 「旦那さん…遠慮するこたぁないですよ…もっと近くに寄って…寝たふりはないでしょ…自分の女房なんだから…」 男はベッドの上から、くったくなく笑う… 女の身体を扱い慣れた余裕なのか、これも、五十万の効用なのか… 夫婦共々、泊めて貰えないかと、私が言ったときのいぶかしげな男の顔は、もうベッドの中にはありませんでした… 三人の寝る場所の割り振りを決めたのは私です。 酒宴の片づけをしたあと、妻と私は、二人して硝子テーブルを板の間に移動させました。 私の寝床を造る為です。 割り振りと言っても、あからさまに、二人をベッドに寝るよう勧めた訳ではありません… すべて、暗黙の了解でした。 妻が急に無口になったのは、なによりも異議のない証拠です。 風呂から上がった男は、ベッドに大の字に身体を投げ出しました… 私は、座布団を枕にベッドに背を向けています。 ひょっとして、入浴を済ませた妻は、私の側に添い寝するのではないか… そんな期待がまったくない訳でもなかったのてすが… 妻が風呂から上がったようです… 脱衣場で物音がしました。 よくよく考えれば、私に添い寝するつもりなら、入浴する必要などない筈です… 五十万の手切れ金は、妻が男への援助のつもりでの思いつきだったのでしょう… その夜、金を手渡したあとも、とうとう別れ話は出づじまいでした。 「…電気、消すわね…」 薄目を開けると、妻の生足が目の前にありました… 「朝は、六時に出て迎えに行かないとな…そのつもりでいろよ…少し、酔ったようだ…」 「分かったわ…六時ね…」 辺りが闇に包まれ、ベッドの軋む音がしました。 直ぐに、男が電気スタンドをつけたのでしょう 「駄目よ…」 「いいから!」 男がスタンドを消そうとした妻を押し留めたようです… その後、男は、日曜に原付バイクを見に行くというような話をし始めました… やがて、その話も途切れ、静寂が訪れました… 時折、妻のため息が聞こえ、衣擦れの音がしました… 私は、聞き耳を立てながら、こわばった身体にどのタイミングで寝返りを打たすべきか、推し測っていたのです。 記憶は鮮明でも、十二年も前のことですから… 話が前後して申し訳ありません… 「旦那、寝てると思うかい?」 「………」 男の問い掛けに妻は無言です… 私は緊張のあまり、喉奥に溜まった生唾を飲み込まずにはいられなくなりました。 闇の静寂に、ごくりという音が想像以上に大きく鳴り渡りました。 「はは、はっ」 私の心底を見透かしたような男の笑いです… 私は意を決して、ベッドの方向へ寝返りを打ちました。 私が、自らの寝場所をベッドの下にすると指定した時点で、三人、それぞれの心の内に、こうなるだろうことの想像はついていた筈です。 どうやら、電気スタンド明るさは、段階調節ができるようでした。 カチッという音と共に灯りが少し落ちました。 それは、《これから始めるぞ》という男からの合図ように思われました… 私の居る位置は、ほのかに青暗く、電気スタンドの灯りは、ベッドの二人だけをやわらに照らし出しています。 明暗の境目は曖昧でした… 「旦那さん、物わかりのいい男だな…」 「順さんより…優しい…」 「俺、優しくないかい?」 「……」 「今から、優しくしてやるぜ…」 薄目を開けると、すでに、妻の身体の上に男が被さっています… 妻が、左肩をすくめるようにして、ガウンから腕を抜くところでした… 男は、妻の首筋に舌を這わせています… 今度は、右肩をすくめました。 男は半身を起こすと、妻の背中からサッとガウンを引き抜きました。 そして、それを私に向かって投げつけたのです… ガウンは、ふわりと、私の腰の辺りに被さりました… 私の子供か、或いは男の子供か、深く詮索することはしませんでした。 その当時の、妻と男の情交の頻度や濃厚さを考えれば、じくじたる思いはあったのですが… 妻は産むのが当然といった様子ですし、喜びようも尋常ではありませんでした… 私にすれば、妊娠の段階で、妻が離婚を言い出さなかったことのほうを重く受け止めたかったのです。 私が産むことを認めなければ、妻が私の元を去って行くことは、容易に想像できました。 懸念していた血液型は、幸い範疇にあり、婚姻中に生まれた子供を夫婦して育てることに問題はなかったのです。 妻自身は、真実の父親が誰なのか、勿論、確信していたのでしょう… 私が言い出したにせよ、《順平》と名付けることに、なんのためらいも見せませんでしたから… このとき、妻と私の生涯の主従関係ができたのです… 切れない絆です… 妻が主で、私が従であることは言うまでもありません。

 夏に向けた水着の営業をしている。何種類か会社が小売店に卸す中で、サンプルを持参して売り込む。中国製の安っぽい水着や下着を私は売り込んでいる。今日は下町の中規模の卸会社。社長は40になったばかりらしい。部長なんて呼ばれてるデブも36だって言うし、まぁ、若い仲間ではじめて会社って感じの所。

・このブログの今回のオリジナル体験談更新情報(毎月3〜4本更新しています)

 二度目の営業だ。今日こそは売りつけたい。部長と社長が応接室で話を聞いてくれた。前回も、スケベな目で私を見ていた二人、、、わざと社員達が帰る4時過ぎにアポを入れさせたんだろう。業務終了とばかりにビールを飲み始めて、私にも飲ませる。しばらく売り込みをしていると「着てみてよ」一瞬、理不尽だと思わない程、変わらないトーンで社長が言う。
 
「部長も見たいよね、少し脱ぎ着して動いてもらって、確認しよう」
「うちは必ずこの方法で確認している。」
「他の営業の女の子も着てくれる」
あくまでも、これは仕事の一環ですよと、しらじらしい。

 私は試着を覚悟していた。どうせ、スケベな目で私を舐め回したいんだろう。どこへいってもそんなもんだ。だから、私の営業成績はいいんだけどね。思いっきり高く、大量に購入を約束させて、しぶしぶと言った感じで了承する。「そこの、陰で着替えて。見えないから」テーブルの後ろのついたてのしきりのむこうに、社長室ともとれる3帖程のスペースがある。

 私は、着て来たスーツのスカートに手を入れ、ストッキングとパンツを脱いで水着をはく。水色の水玉模様でビキニ。上もジャケットとブラウス、ブラを取り、紐の長さを調整してつける。こんな時にも胸を持ち上げて、形を整えて谷間をつくっている自分に気づく。履いて来たヒールをはき、少し緊張しながら二人の前にたつ。スタイルには自信がある。細いけど、胸はDあるし色白なのが自慢だった。


 顔は童顔で大人しく見えるらしい、、前のバイト先でも、取引先でも結構モテたし。「似合うね、じゃあ、動いてね」泳ぐ真似して、バンザイして、しゃがんで等と指示がでる。生地の感触や、着心地等を聞かれる。急に椅子から立ち上がった部長が、親指を胸の脇から差し込み、人差し指で挟む様に生地をこすり確認する。

「ちょっと、薄いかもしれないですね、透けないかな?」社長もどれどれと、同じ様にひだりから指しこんでくる。ずいぶんと引っ張る感じで、上から乳首が見えそう、、後ろの紐の部分にデブが手をやっている。外されちゃうかな?なんてエッチな事を考えていると、急にこの格好が危なく思えてきた。

 これぐらいサービスすれば、十分だろう。もういいですか?そう聞いても二人は許してくれない。25で私と同い年だっていう「課長」ってのに、デジカメで撮影する様に指示する。「ちょっとモデルになってね、サンプル見せるより売れるし、君のファンが多いから、協力してよ」ほめられていい気分になって、にわか撮影会が始まった。

 応接用のソファの前に立ったり座ったり、モデルの様な気分になっていた。「色っぽい、可愛い、セクシー」三人が私を調子にのせる。そのうちに、ポーズの要求がエスカレートし始めて来た。股を開く様に言われたり、後ろを向いてお尻を突き出す様に言われたり。私はぽーっとなってしまっていた。

 撮影されているからだろうか?アソコが疼き始めていた。もっと食い込ませなきゃなんていいながら、デブが下のビキニを触ってくる。「嫌です、恥ずかしい、、写真皆さんで見るだけにして下さい」なんていいながら、自分で食い込ませる様にはきなおす。アソコの縦線がわかってしまうくらい、食い込ませた。三人は夢中といった感じで凝視してくる。

 それでM字開脚をさせられ、もう完全に濡れ初めてしまった。ちょっと、毛がはみ出しているよ、もっと見せてと社長が言う。「イヤだー!もうおしまいです」私は、立ち上がって社長を軽くたたく。社長は私の手首をつかみ自分の隣に引っ張って座らせ「冗談だよ、やっぱり若いこの水着姿はいいね、おじさん起ってきちゃったよ」なんて言い始める。

「私も変な気分になっちゃいました、、見られてて」
「そう?乳首起ってきちゃった?」
「あぁ、、ちょっと、、イヤだぁ、恥ずかしい」
「誰にも言わないから、ちょっとおっぱい見せて」
「ダメです。小さいし、、、」
「そんな事ないよ、じゃあ、特別にブラだけ外して手で隠して一枚撮らせて」
社長がしつこく頼み込んでくる。

 頷く間もなく、後ろのひもが外されハラリとブラが外れてしまう。あわてて手で押さえる。課長が上からデジカメでバンバン撮り始める。「もうー!社長のエッチ!じゃぁちょっとだけ、サービスしてあげます」本当は、もっと淫らに見られて撮られたかった。三人がけのソファに、横になり仰向けに倒れて、膝を立てる私。手の平で胸を隠しながら、グラビアで見る様な格好をしてみる。

 部長と社長は課長の後ろでスケベな目で私を見ている。
「手をどけてよー!乳首みたいよー!」デブが手を合わせる。
「じゃあ、写真撮らないで、秘密にしてくれるなら、、、」
私は、三人をストリップの客の様に正面のソファに座らせ見せつけはじめる。

 女王様になった気分で、手をゆっくりどかす。ため息のような声が三人から聞こえる。「揉んでみせて」従順に従う私、感じちゃう、、揉みたい。両手で下から持ち上げる様に揉み始める。
「気持ちいい?」
「はい」
「お願い、声出して、すごく形のいい胸だね、エッチな声聞かせて」
あぁ、あふぅん、あん、あん」
「オナニーするの?いつもそんな風に声だすの?」
「しません、、声は、、わかりません、勝手に出ちゃうぅ、、」
社長が嬉しそうにはしゃいで注文をつける。


「水着の上からでいいから、さっきみたいにM時に開いて指で触る真似して」私は、人差し指でゆっくりと縦になぞりはじめる。痛いぐらいにアソコは疼いていた。多分、中はヌルヌルだろう。触っていてももう水着は湿っている。グチュっと音がしてしまった。

「あぁ、、あん、」左手で胸を揉みながら、水着の上から激しくこすり始める私。「嘘つきだなぁ、、そんなに感じて、オナニーしまくりでしょ?それとも、男とオマンコやりまくりなのかなぁ」課長のスケベなオマンコと言う言葉にまた、感じる私。
「だって、だって、気持ちいいんだもん、アン、あふぅ」
「やりすぎて真っ黒なんじゃないの?乳首がすごく起ってるよ」
左隣に部長がきて乳首をつまんでくる。

 ゆっくり右手の人指し指の先で、円を描く様に触ってくる。右は課長が舌の先で舐めて、吸ってきた。若い男の、ただ乱暴なだけの吸い方が、こんなにいいなんて「いやぁー、だめぇー、あぁ、あぁぁぁ」二人の男に乳首を弄ばれても、私の指は止まらなかった。どうしても、触る事を止められない。社長はジーパンのファスナーを下ろし、自分のペニスをこすり始めていた。

 赤黒くて、想像していたより長くて細い棒。自分の唾液を先っぽにこすりつける様にして、しごいている。硬く、勃起しているそのペニスと放心しているようなうつろに私を見るスケベな目が、一層私を盛り上げる。「んぁ、あぁ、んン、グツ、グチュ」タバコ臭い口が私の口をふさぐ。デブが舌をねじ込んで、私の舌を吸ってくる。

 乳首は痛い程つままれて、ひっぱられる。「ンンゥ、ウゥ、ア、ンン」自分でオマンコを触りながら、乳首を舐められ、つままれグチョグチョの涎だらけのキスで口は塞がれている私。それを、社長が見て楽しんでいる。わたしはAVの女の子の様だと、ボンヤリと考えていた。

 左手が強く引っ張られて、デブのズボンの中に誘導される。「触って、すごく起ってきちゃったよ」デブのトランクスの中のペニスは短い感じがしたが、確かに硬くちょっとヌルヌルした汁がでていた。「あぁ、ん、すごい、硬い」「だって、スケベな女なんだもん」25の男も立ち上がり、ズボンを下ろしはじめる。「俺もいいっすか?」

 私になのか、デブにかわからないけれどそういうと、私の目の前にペニスを突き出してきた。「そっちもすごいね、どうしてぇ、、」私は、わかりきった事を言いながら触ってあげる。「舐めて、口でやって」そう、いいながら私の頭を自分のペニスに押さえつける様にもっていく。三人の中では一番太そうだった。

 ジュプ、ジュプ、ジュッ、ジュル、私は右手を根元に添えて、音を出しながらフェラをし始める。「オゥ、ア、ア、ハァハァ、ヤベぇ、上手いよ~」デブも下半身丸出しで「ズリーよ、俺も」私は、左右交互にソファに座りながらお口でやらされ続ける。社長が後ろにまわってきた。抱きしめる様に無理矢理ソファに座り、両手で私の胸をおもちゃにする。のぞき込む様に私のフェラを見ている気配がする。

「気持ちいいか?」二人に聞く「いいすっよ、上手いこの女」25が答える。
「そっかぁ、思ってたとうりヤリマンだなぁ」
「なぁ、ヤリマンなんだろ?ぁあ?」
両方の乳首をつまみながら社長が言葉攻めをしてくる。
「ぁ、ヤ、ヤリマンじゃ、ン、ング、ジュポ、ジュル、ないもん」
「嘘つけ、二本もチンポくわえやがって、淫乱女」
社長の右手が水着の中にねじ込まれてくる。

「ココは正直だからな、すげっ!ベチョベチョじゃん、いじくり回すぞ、どうだ?」さっきから、痛い程うずき、ヒクヒク、ビクビクしっぱなしの私のオマンコをやっと男の指が触ってくれた。あまりの快感で、私はペニスを口からはずし、のけぞる様に社長にもたれかかる。

「アァッーー!!」獣のような声が事務所に響く。社長の指のピストンにあわせ、胸が大きく揺れるほど体が波打つ。「アァ、アン、ンッ、ン、オゥ、アゥ、ハゥ、ン」「水着脱がせろ」誰かが水着を脱がせる。自由になった両足を私は大きくひろげる。後ろ向きの、座位の格好で社長の上にまたがる。体を前のめりにさせられ、オマンコを指でズブズブ突き上げられながら、デブのペニスをくわえさせられる。


「ン、ングッ、あ、アハ、ぁ、、ジュポ、ジュポ、」「オォ、、ウゥ、アァ、ウッ」デブに抱きつく様に夢中でフェラをする私。
男のチンポにこんなに夢中でむしゃぶりつくなんて、ベチョ、ベチョ、グチュ、ジュポと事務所中にスケベな音がこだまする。

「うぁ、ッで、出るぅ、ぁぁ」デブは、急に私を突き飛ばすように離れ、私の胸に精子をこすりつけるように出してきた。ドクドクっと大量な精子、独特な匂い、男のニオイ「あぁ、アン、私も、私も、あっぁぁ、、ン」社長の上で、自分で腰を振り、精子を左手で、体に塗りたくる。「イキたいのか、私もイキたい、イカせてって言えよぉ」社長が指の動きをゆっくりにして、抜いてしまう。

「あぁぁ、ん、イキたい、イカせてぇ」私は、腰を左右に振り、おねだりする。
「じゃ、もう一人口でイカせろ、、」
命令され、立って待っていた若い男のペニスをくわえる。
「ん、、アウ、、ジュポ、、ジュル、、ウウウン」
社長がクリトリスをこすってくれる。
もう、太ももが冷たいぐらい濡れている、、
ヒク、ヒク、ビクゥ、ビクゥっとオマンコが収縮する。

 若い男の精子がたっぷりと胸にかけられて、私はバックの姿勢にさせられる。社長が太い2本の指でオマンコをいじりはじめる。「こんなに真っ赤になって、使い込んだマンコだなぁ」左手はお尻を左右に大きくひろげる。私は胸をソファにこすりつけながら、アンアンとよがり続ける。

「ドスケベ女、オマンコ何人に突っ込んでもらったか言えよ」
「ん、ぁン、いや、ドスケベじゃない、もん、ん、ハぁ、、あ」
ブチュ、、グチュ、、ベチョ、、二本の指がかき回してくる。
「男三人とやりまくって、スケベじゃねーのかよ??抜いちゃうよ??」
「アン、イヤァー!抜かないでェ、スケベですぅ」
「何本入れたんだよ?」
「あぁ、ウン、ハぁ、10本ぐらい、です」

「ココもかぁ、ユルユルだもんなぁ、いつもすぐやらせるんだろ?お前」
左手の人差し指らしき指がアナルのまわりをこすってくる。
「そこは、イヤぁ、した事、ない、アン、アッーッ、ア」
ズポッ、ズポっとアナルに指がいれられてしまう。
3本の指が同時に出し入れされて、私は痛みと快感で声を張り上げる。


「その割にはヒクついて欲しがってるけどなぁ、ココも」
「ぁア、アン、もう、ダメぇ、アン、アー!!」
私は硬いペニスをブチュッと後ろからハメられたいって事しか考えられなくなっていた。
ソファに座ってビールを飲んでいる二人が社長はアナル好きだなぁって、
話しているのが聞こえてくる。
「オマンコでイカせてぇ、アン、アン、オマンコでイキたいのォ」
私は必死におねだりしてしまった。
「そうかぁ、よし、入れて下さいは?」
「入れて、ウン、アン、下さい、アン」
「じゃあ、自分で広げてケツ突き出して、私はヤリマンですって言ったら、いいよ」
私はお腹の方から右手を入れて、
人差し指と中指でオマンコをひろげておしりを突き出す。

「ヤリマンです、あぁ、はぁ、」こんな事言わされて、欲しがってる自分に興奮してしまう。いきなりブチュっと熱い棒が貫いてくる。オマンコが絡み付いて、ヒクヒク波打つ。キュウッと子宮のあたりが締めつけられる様に感じる。ゆっくりと左右に動かす様に遊ばれる。ブチュ、ベチョ、ベチョ、汁が噴き出すのがわかる。

「このヤリマン、淫乱、気持ちいいか?ぁああ?ほら、うゥ、、アァ」
「ぃ、いぃ、ぁぁ、オマンコしてるぅ、アアン」
今度は上から突き刺す様に間隔をあけて突っ込んでくる。ズン、ズン、ズン、、、
「アァ、アン、イィ、ウン、ハぁ」
そして、早いリズムで長いペニスが奥の方にまではいってくる。

 ベチョ、、ベチョ、パン、パン、「使い込んで真っ黒な割にしまりいいなぁ、アァ、ウゥ」私は自分が気持ちいいように、足をまっすぐに伸ばしてうつぶせに寝てしまう。足を閉じて男の全体中がかかってきて、こじ入れられてる感じがする。無理矢理ハメられてる、そんな感じがたまらない。体重がかかって重いピストンが気持ちいい。腰を少し持ち上げて、突き出す様に振り続ける。

 ビクビクっと何度かオマンコがしまる。最高に気持ちいい、もう、アン、あぁ、アン、イッちゃう「イクぅ、アン、イクゥ、、イヤ、イヤ、アン、アッー!!」「俺も、で、でる、アァ、アッ」私は後ろ手で社長のお尻のあたりを両手で自分に押し付ける。
生で、中だしされたい、お尻がキュッとしまり、社長の動きが止まる。


「アァ、ウウ、あ」ドピュ、ドピュ、ブシッっと背中に精子が出される。「あぁ、生でオマンコされて、犯されてるぅ」私も思いっきりオマンコがイキまくる。ブチュブチュに汁がでまくる。社長がペニスを抜いても、ドロドロの液体が垂れてきてとまらない。体を持ち上げ、自分のオマンコに指を入れてオナる。

「あぁ、アン、生最高、生チンポ、もっとぉ」膝をついて中腰で胸をいじくりまわしながら、オマンコをぶちゅぶちゅといじる。
25の男がハメてくる。今度は騎乗位でつっこんだままクリを触りまくる。硬いペニスにクリをこすりつけるように上下する。

「ヌルヌルだぁ、あぁ、ベチョベチョだよ?」
「だって、チンポいいもん、アン、アン」
ウっと25の男は体を硬直させて私を持ち上げる。
思いっきり射精して自分のお腹に出している。
私のオマンコは、まだまるで閉じたり開いたりしているようにヒクついている。

 私は仰向けに寝転がり、足をまっすぐに伸ばし右手で右側のびらびら、左手で左のびらびらを持ち上げる様に広げてヒクつかせる。オマンコのヒク、ヒク、ビク、ビクっという快感が体中に走る。そして、お汁がドクドクと溢れ出てくる。「もう一本、生チンちょうだいぃ、まだヒクついちゃってるの」デブを見つめて誘う。

「ほら、変態女にハメてやれよ、本当に好き者だな」窮屈そうにデブが正常位でねじ込む。私は体を起こし、その出し入れを見ながらよがる。「あ、ぁアぁ、ウン、アハぁ、はぁ、はあ」社長が指を口に突っ込んでくる。

「お前最高にスケベだな、処女みたいな顔して、オマンコ、オマンコって」
「チンポ好きか?」
「アン、ジュプ、大好き、オマンコ、いつも、チンポいれたくって、アン、はぁ、ヒクついちゃうの」
ベチョベチョとデブのチンポがピストンされる。こんなデブにハメられて、こんなに感じてる淫乱な私。。
「ウウ、、アァ、、出る、、出ちゃうよ」
思いきり私のお腹に精子がかけられる。


 体中から男達のニオイがする。アソコからは淫乱な私のニオイ、その後、この時のモデルの写真が同業者に出回りました。ちょっとエッチな写真でしたから、どこへ行ってもおねだりされていました。同業者の集まりに呼ばれ、1社だけでは贔屓だとちょっとエッチな下着と水着の試着をさせられ、5社のおもちゃにされました。

 温泉の宴会場でストリップをさせられ、オナニーをやらされ撮影会。今ではほとんどの会社に行くと。。。

【同じジャンルの体験談】
・2017年度寝取られ作品群ランキング!
・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
・他の体験談はこちら→FC2BlogRanking

【オリジナル体験談更新案内】
・倦怠期の婚約者が、会社の男の子にデートに誘われたと言ってきた完
・いつも学生に間違われる幼い嫁が、カップル喫茶に興味を持ってしまった結果3
・妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました4
・半身不随になった私が、妻のために他人棒を用意した2
・年上の嫁を寝取ってもらうために、友人のアレを型取ってディルドを作った5


強気な姉さん女房が寝取


「あなた…ごめんなさい」私、旦那がお風呂に入っている15分の間、いつも義父に抱かれています

隣のギャル嫁を寝取って幸せにしたい だってクズ旦那のせいで彼女はいつも泣いてるから

[ 2018/10/23 13:00 ] 女性の体験談 OLや働く女性の告白 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ