山奥の現場で専務と二人きり、私は専務の欲望を受け止める器になった

土木関係の仕事で部長をしてる私は、下請け会社の経営不振のせいで発注したモノが届かなくなり、大きなミスをしました。
山奥で行われる大きな仕事で私は現地に責任を取りに行くことになりました。
主人にも話すと無理しないでと言われ家を出ました。

・このブログの今回のオリジナル体験談更新情報(毎月3〜4本更新しています)

作業は遅れ急いで別な会社に発注をしてましたが、一人では厳しく3日が過ぎたころ専務(社長の息子 27歳)が手伝いできてくれました。
そして、仕事のできる専務のおかげで10日後には間に合うようになりました。
山奥の男ばかりの現場で、取引先の会社の方は私に小さなプレハブを貸してくれ、そこで仕事と寝泊りをしてました。
昼間は専務も私のプレハブで仕事をしてましたが、3週間目くらいから専務は私から離れて座るようになりました…。
 
専務のパソコンで仕事の打ち合わせをするとき専務の股間がモッコリしてるのが見えました。
専務は作業員と同じ雑魚寝の部屋で性処理なんてできる状況じゃないんだと思いました。
私のせいでと言うのと若くて仕事のできる尊敬してる専務ということで私も意識してきちゃいました。

ひと月を過ぎたころ現場が1日休みになり作業員はみんな家に帰りました。
私は翌日からの発注があるので残ってると専務も残ってました。
夕方仕事が終わり少しのんびりできると思い私は横になりました。
少し寝ちゃったようでお尻を触られて目を覚ますと専務でした。
いきなり起きた私に驚いたようでしかも専務は下半身むき出しでビンビンのアレを握ってました。

「ごめんなさい」と何度も謝る専務に私は
山奥に今は専務と二人だけ 私のミスのせいで専務には迷惑をかけてこれくらいしても主人は許してくれると思いました。
ホントは私がしたかっただけかもしれません。

私はズボンを穿こうとする専務のズボンを脱がしパクッと咥えました。
生臭いニオイのする専務のアレは主人のより硬く二回りくらい大きいモノでした。
咥えるだけで自分が濡れてくるのがわかりました。

「こんなのを入れられたらたまらないわ」
と心で思うと主人のことを思い出しました。
でもそのとき専務が私のズボンを下げ足を開くと舐めてきました。
久しぶりのクンニに感じてしまい主人のことは頭にはなくなってました。

我慢できなくなった専務はゆっくりと入れてきました。
「よく痛いって言われるんだけど 大丈夫?」と聞かれ、頭だけ入った状況で 隙間がなくキツキツな感じでした。
私は専務のお尻をおさえ根元まで入れちゃいました。
鳥肌が立ち奥の奥まで入ってる感じでイッチャいました。

少し専務が動くだけで私はイキました。
何度もイク私に専務は驚いてました。
浅めにしてくれた専務もイキそうと言い 抜こうとしたので足で抜けないようにしまた奥まで入れてもらい生で専務の射精を受けました。
もちろん奥まで入ってたので私もイキました。

そのまま裸のまま専務の腕枕で寝てました。
夜に食事をしまたセックスしました。
翌日は誰もいないので外でしました。
専務のおちんちんは両手で握っても楽々亀頭が飛び出る大きさでどの体位でも奥を刺激してくれその日は裸で一日過ごしました。

騎乗位で専務に入れて
「専務 この角度で入ると凄いわ あとバックもね そうこれこの角度がいいから覚えておいてね」
と私から言ってました。

18時ころみんなが戻るバスが来る頃 私たちは服をきました。
服を着た私に
「服を着たらエッチに感じるわ もう一回お願い」と言われ
「みんな帰ってくるよ」と言っても専務はズボンをさげバックで入れてきました。
すぐに射精しました。

翌日からは専務がしたいときにズボンだけ下げられエッチしました。
エッチをし10日くらいで私は戻れることになりました。
30回近くの射精を受け 主人には何もなかったような顔で抱かれました。

【同じジャンルの体験談】
・2017年度寝取られ作品群ランキング!
・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
・他の体験談はこちら→FC2BlogRanking

【オリジナル体験談更新案内】
・姉さん女房の妻に、友人とのセックスをお願いした結果 完
・年上の嫁を寝取ってもらうために、友人のアレを型取ってディルドを作った3
・恥ずかしがりで清楚な嫁が、調教されて鈴の音でイク女に変えられていました5
・少女のように純真な嫁が、お尻丸出しでソファで失神していた2
・妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました2


強気な姉さん女房が寝取


デカチン密着撮影会 旦那よりも硬く大きいデカチンを擦りつけられ、愛液が垂れるほど赤面発情した奥様たち

彼と彼女の7年間 -大事にしてきた訳アリ彼女が中年男に寝取られる-

トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ