▲年上の嫁を寝取ってもらうために、友人のアレを型取ってディルドを作った2(転載禁止)

前回の話

秋雄のアドバイス通り、嫁に大人のオモチャをだまし討ちのように使ってみた。結果、信じられないくらいに上手くいった。
私のペニスよりも大きくて固いディルドに、嫁はあっさりと夢中になってくれた。もともと、嫁は大人のオモチャを使う事に悪いイメージしかなかったそうだ。でも、今では普通に受け入れてくれるどころか、無言でリクエストしてくるような感じだ。

そして、今日はMサイズのディルドをナイショで買ってきている。息子が朝から遊びに出かけると、嫁がソワソワした感じで、
『じゃあ、先にシャワー浴びちゃうね』
と、言いながら浴室に向かう。

・このブログの今回のオリジナル体験談更新情報(毎月3〜4本更新しています)

もう、息子がいない休日はセックスをするのがお約束のようになっていた。私としては、秋雄のアドバイス通りに徐々に大きなディルドに慣らしていき、最終的には嫁を秋雄に抱かせたいと思っている。
でも、今の嫁との性生活もとても上手くいっている気がするし、寝取られプレイなどしなくても、ディルドで充分かもしれないと思い始めてもいた。

そして、私もシャワーを浴びて寝室に入ると、嫁が全裸で待っていた。すでに潤んだような目をしていて、発情気分のようだ。
『もう……遅いよ。なにやってんの?』
嫁は、潤んだ目のままそんな事を言ってくる。はにかみながらキレるというのも、妙に可愛らしい。私が、ゴメンと謝りながらベッドに上がると、腕を掴まれて強引に引きずり込まれた。そして、嫁は私にキスをしながらパジャマを脱がせていく。
『きょ、今日は先に雄太が入れなよ。先にアレでしちゃうと、わけわかんなくなっちゃうから……』
嫁は、恥ずかしそうに言う。最近では、ディルドを使う事に抵抗がないどころか、こんな風に積極的とも言える感じだ。

私は、言われるままにコンドームを装着して嫁に挿入した。
『固い。最近、前より固くなったよね?』
嫁は、嬉しそうに言う。私は、興奮しながら腰を振り始めた。嫁は、気持ち良さそうな声を上げる。確かに、以前よりもお互いにセックスは良くなったと思う。でも、私の頭の中は、嫁を秋雄に抱かせる事でいっぱいだし、嫁の頭の中も、この後のディルドの事でいっぱいなのだと思う。

そして、腰を振り始めて3分も経たないうちに、私はいつもと同じであっけなくイッてしまった。
『相変わらず、早いね。じゃあ、目隠しするよ』
嫁は、期待に声を震わせながら自分で目隠しをしてしまう。まさか、嫁がここまで大人のオモチャにハマるとは想像もしていなかった。この分なら、秋雄に抱かせる事も不可能ではないかもしれない……。そんな期待を持った。

私は、こっそり入れ替えておいたディルドを手に取る。やはり、SサイズからMサイズに変わると、かなり大きさが変わる。
子供から大人になったくらいの変化だ。私は、濡れすぎなほど濡れている嫁の膣に、Mサイズのディルドを押し当てた。
『早く……。焦らさないで。一気に奥まで……』
嫁は、うわずった声で言う。本当に焦れている感じだ。こんな風におねだりをするようになった嫁に、ドキドキしてしまう。

私は、一気にディルドを押し込んだ。大きくなったので、痛いかな? と、不安を感じたが、嫁はのけ反りながらとろけきった声を上げた。
『凄いよ、あぁ、当ってる、奥まで……。いつもより、大きく感じる』
嫁は、いつも以上に乱れている。でも、ディルドが入れ替わっているとは思っていないようだ。膣は、意外に鈍感だとも聞く。私は、痛がっていない事を確認出来たので、いつものようにディルドを抜き差しし始めた。
さすがに、太くて抵抗が強い。でも、私はハイペースで動かす。
『ウゥッ、あっ、あっ、ダ、ダメぇ、もうイキそう、うぅっ! いつもより気持ち良いっ! もっと……もっと強くぅっ!』
嫁は、本当に気持ち良さそうだ。爪先までピンと伸びていて、反り返っているほどだ。そして、声もより感極まったような泣き声のような声になっている。

秋雄のペニスは、これよりもさらに大きい。アイツので型取って作ったというディルドは、私の机の奥で、出番を待っている。出番は、近いと思う。

『イクぅ! イクっ、イクっ! ダメぇ、おかしくなるっ! イヤァっ!!』
嫁は、腰を持ち上げてブリッヂの姿勢に変っていく。でも、私はさらに強くディルドを動かし続ける。太いディルドが、激しく出入りしているのがハッキリと見える。
多分、このMサイズは日本人なら巨根と言われるサイズだと思う。Sサイズの時とは感じ方がまるで違う。ペニスは、大きければ良いというものでもないと聞くが、少なくても嫁は巨根の方が感じるようだ。

『ああぁっ! あぁあ゛あ゛ぁっ! イクっ! イッてるっ! もうダメ、おかしくなるっ! イヤァ~~ッ!!』
嫁は、見た事もない激しい果て方をする。私は、さすがに怖くなってディルドを止めた。そして、大丈夫かと聞くと、
『大丈夫じゃない……。ねぇ、変えたでしょ。こんなに大きくなかったよね?』
嫁は、トロンとした顔のまま質問してくる。私は、嫁の膣からディルドを抜き取った。嫁は、カリ首部分が抜ける時、ビクンとのけ反るように震えた。またイッてしまったみたいだ。

『やっぱり……。勝手な事するなよな……』
嫁は、少しすねたような顔で言う。私は、
「ゴメンね。じゃあ、捨てとこうか?」
と、言ってみた。
『い、良いよ。もったいないから。せっかく買ったんだろ?』
嫁は、慌てて言う。私は、少しニヤけてしまった。
「そんなに気持ち良かったの?」
『別に。ほら、早く片付けなよ。ちゃんっと洗っとけよ』
嫁は、いつものぶっきらぼうな感じで言う。でも、実は機嫌が良いと言うのが伝わってくる。

そして、嫁はこのディルドにもハマってしまった。それだけではなく、このディルドのおかげなのか、嫁と私の力関係も微妙に変わってきた。いつも私を尻に敷いている姉さん女房の嫁が、妙に可愛らしくなっていた。そして、セックスの時はかなり私の提案を飲んでくれるようになっていた。

『自分で入れるの? こんな所にあるのを? 立って入れるって事?』
嫁は、壁の柱に吸盤で張り付いてディルドを見ながら、驚いた顔で言う。ディルドは、ちょうど私の腰の位置くらいの高さだ。柱からディルドが生えているような見た目だ。
「うん。自分で入れて動いてみてよ。どんな風に動かしたら気持ち良いのか、参考にしたいし」
私は、そんな言い方をした。本当は、嫁のオナニーのようなプレイを見てみたいだけだ。参考にすると言えば、嫁の性格上断らないなと思っての発言だ。

『う、うん。じゃあ、入れるよ。なんか、恥ずかしいな……』
嫁は、モジモジと言いながらディルドの前に立った。私は、異常なほど興奮していた。いつも、ディルドであえぐ嫁を見て、他人棒で感じている嫁をイメージしていた。それはそれで興奮するものだったが、結局ディルド動かしているのは私だ。なので、そこまで他人にやられているという感じはしない。

でも、壁から生えたディルドを入れようとしている嫁は、まさに他人のペニスを入れようとしているみたいだ。私のペニスは、制御系が壊れてしまったようにビクンビクンとなんどもなんども脈打っていた。

嫁は、背を向けたままディルドを掴んだ。そして、立ちバックのような格好でアソコに導いていく。
『うぅ……太い……』
嫁は、うめくように言う。すでに、ディルドの半分ほどが入ってしまっている。まるで、立ちバックでハメられてしまっているように見える。
「動いてみたら?」
私は、緊張気味に嫁に言った。
『う、うん』
嫁は、少し戸惑ったような感じで腰を動かし始めた。
『ウゥッ、うぅ、あっ、うぅ』
嫁は、恐る恐る腰を前後に動かしている。でも、勢いよく動かす事は出来ていない。嫁は、吐息のようなあえぎ声を漏らしながら腰を動かし続けている。私は、彼女がオナニーをしているところを見た事がない。そもそも、オナニーをするのかどうかも知らない。
嫁は、はしたなく腰を動かし、ディルド相手にオナニーをしている。私は、とにかく興奮が大きくなりすぎて、射精感すらわき上がっていた。

「もっと早く動かさないと」
私は、興奮と緊張で震える声で言った。すると、いつもの彼女からは信じられないほど素直に言う事を聞いてくれた。
嫁は、腰を早く動かす。すると、あえぎ声も大きくなるし、姿勢もよりのけ反ったようになっていく。
『ウゥッ、あっ、あっ、気持ち良い。こんなので、うぅ、気持良くなっちゃう……あっ、あっ、あんっ、ダメ……』

【続きは出典元で】

【同じジャンルの体験談】
・2017年度寝取られ作品群ランキング!
・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
・他の体験談はこちら→FC2BlogRanking

【オリジナル体験談更新案内】
・倦怠期の婚約者が、会社の男の子にデートに誘われたと言ってきた完
・いつも学生に間違われる幼い嫁が、カップル喫茶に興味を持ってしまった結果3
・妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました4
・半身不随になった私が、妻のために他人棒を用意した2
・年上の嫁を寝取ってもらうために、友人のアレを型取ってディルドを作った5


強気な姉さん女房が寝取


「あなた…ごめんなさい」私、旦那がお風呂に入っている15分の間、いつも義父に抱かれています

隣のギャル嫁を寝取って幸せにしたい だってクズ旦那のせいで彼女はいつも泣いてるから

[ 2018/08/29 19:22 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ