※嫁が子作りを始めたいと言ってきたので、寝取られ性癖を告白した4(転載禁止)

前回の話

童貞の男の子は、典子に夢中でキスをしている。ついさっき、自分が出した精液まみれの典子の口を、夢中でかき混ぜたり吸ったりしている。そして、そのペニスは勃起しすぎて何度も上下に揺れている。

僕は、典子が他人とキスをする姿を見ながらペニスをしごき続けていた。それにしても、彼のペニスは大きい。僕のと比べると、長さも太さも倍以上はありそうだ。まだ16歳でこんなにも大きいなんて、心の底から羨ましい限りだ。

『大丈夫? 変な味するでしょ』
典子は、彼にそんな事を聞く。典子は、まだ顔中にザーメンが付着したままだし、臭いもすごい。若くて濃いザーメンは、濃厚で臭いも強いのかもしれない。

・このブログの今回のオリジナル体験談更新情報(毎月3〜4本更新しています)

「平気です! おっぱい舐めていいですか?」
男の子は、興奮しきった声で聞く。
『ふふ。好きにして良いって言ったでしょ?』
そんな風に典子が言うと、彼はすぐに典子の胸にむしゃぶりついた。そして、乳首を吸い始める。
『あんっ。いきなりそんなに吸わないの。乳首取れちゃうわ』
典子は、年上風を吹かせるように言う。彼は、ごめんなさいと言って、吸うのではなく舌で弾くように舐め始めた。
『あっ、あんっ、そうよ、上手。気持ち良いわよ』
典子は、気持ち良さそうに言う。そして、嬉しそうな感じだ。もしかしたら、以前から童貞の筆おろしをしてみたいと思っていたのかもしれない。僕の寝取られ性癖と同じで、典子にも秘めた性癖があってもおかしくはないと思う。

男の子は、夢中で乳首を舐め続ける。すると、典子も手を伸ばして彼の乳首を触り始める。本当に、イヤらしい筆おろしのお姉さんという感じだ。彼もものすごく気持ち良さそうだ。

『明憲、すごく気持ち良いよ。この子、童貞なのに明憲より上手だよ』
典子は僕にそんな言葉をかけてくる。僕は、そんな言葉をかけられながら、オナニーの手を止めずにいた。典子は、そんな僕を見て、何とも言えない笑みを浮かべている。馬鹿にしているという感じではなく、仕方ないなぁと言う、優しい雰囲気だ。

「下も舐めます」
彼はそんな風に言うと、典子のアソコに顔を近づける。すると、典子は自分でアソコを拡げ、
『見える? ここがクリトリスよ。皮被ってるから、優しく剥いて舐めてね』
と、興奮した顔で言う。こんなに上気したような顔になっている典子は、見たことがない。彼は、わかりましたと答え、典子のクリトリスの包皮を剥き始めた。そして、剥き出しになった典子のクリトリスは、見てわかるほど大きくなっていた。

『そんなに見られたら、恥ずかしいわ』
典子は、そんな風に言う。でも、恥ずかしそうと言うよりは、うわずって震えているようだ。男の子は、なにも言わずに舐め始めた。加減がわからないようで、触るか触らないかという微妙な舐め方だ。
『んっ、んぅ、気持ち良いわ。上手よ』
典子は、本当に嬉しそうだ。そして、男の子は夢中で舐め続ける。ピチャピチャという水音も聞こえてくる。相当濡れてしまっているようだ。

『んっ、あっ、あっ、気持ち良い、もっと強くて良いわよ、うぅあっ、そう、気持ち良いっ』
典子は、男の子に指示をしながら高ぶっていく。僕は、典子が性感マッサージの男性としているよりも、今の方が興奮してしまっていた。あの時は、典子は受け身だった。でも、今は典子が指示をしたりしてリードしている。

『気持ち良い。明憲、童貞くんにイカされちゃうよ。イッてもいい? すごく上手なの』
典子は、本当に気持ちよさそうだ。典子は、男の子の髪をくしゃくしゃにしながら掴んでいる。僕は、典子のあまりにノリノリな態度と激しい感じ方に、心配になってしまった。僕のために、仕方なくやってくれている……。そんな話だと思っていた。でも、今日のセッティングも含め、とてもそうは思えないくらい積極的だ。

僕は、典子の性癖を覚醒させてしまったのではないか? そんな心配をしてしまう。

『イクっ、イク、イクっ、うぅっ!』
典子は、甲高い声を上げるのではなく、追い詰められてうめくような声で果てた。典子のこんなイキ方は初めて見た。

「イッたんですか?」
男の子は、口の周りを典子の蜜で光らせながら聞いてくる。典子は、相当膣口を濡らしていたんだなとわかる。僕は、他の男の舌で気持良くなり、激しく濡らしてイッてしまった典子を見て、本当に興奮していた。しごいているペニスは、今にも爆発しそうなほど固くなってビクンビクンと脈打っている。

『イッちゃったわ。本当に気持良かったもの。じゃあ、入れちゃう?』
典子は、興奮した声で言う。期待に目が輝いているように感じる。
「ハイ! 入れたいです!」
素直に答える男の子。
『明憲、入れたいって。入れさせてもいいかな?』
典子は、また僕に聞いてくる。その顔は、イタズラっぽく微笑んでいる。僕は、ペニスをしごきながらうなずいた。
『じゃあ、良いよ。そのまま入れてみて』
典子は、脚を大きく拡げながら言う。僕は、思わず典子に聞いた。
「安全日なの? コンドームしなくて平気なの?」
典子は、
『大丈夫な日だよ。それに、今さらコンドームなしで入れても、明憲興奮しないでしょ? コンドームなしで入れて、中に出して欲しいんでしょ?』
と、いじめるような顔で言う。僕は、一瞬言葉に詰まったが、すぐにうなずいてしまった。
『やっぱりね。じゃあ、良いよ。コンドームなしで入れてね』
典子は、男に子にそう言った。男の子は、嬉しそうな顔で典子のアソコにペニスを押しつける。そして、躊躇なく挿入をしていく。
『うぅっ、大きい……。あぁ、凄い……もう奥に当ってるよ。まだ全部入ってないのに、ホントに大きい』
典子は、声をうわずらせながら言う。僕は、思わずそんなに大きいの? と、聞いてしまった。
『うん。だって、まだこんなに余ってるのに、もう子宮に当ってるんだよ。全部入れちゃったら、ヤバいかも』
典子は、上気しきったような顔で言う。僕は、まだ全部入っていないペニスを凝視していた。彼は、
「突き当たってますけど、もっと入れても大丈夫ですか?」
と、不安そうな声で聞く。さっきまで童貞だった彼にとっては、心配に思ってしまうのかもしれない。

『平気よ。全部入れて。この大っきなおちんちんで、私を狂わせて』
典子は、声をうわずらせながら言う。男の子は、はいと返事をしながら腰を押し込んだ。
『うぅっ、凄い……こんなに、うぅあっ、まだあるの? ひぃぅ、ダメぇ、子宮に入っちゃうよぉ』
典子は、声を震わせている。僕は、こんなにも気持ち良くとろけた典子の顔を見たことがない。
「だ、大丈夫ですか?」
怯えたような彼の声。でも、典子は彼を抱き寄せてキスをした。濃厚に絡みつく舌……。それだけではなく、典子は腰を動かしている。正常位の下側になっているのに、なまめかしく腰を動かしている。こんなにもイヤらしい腰の動きを、見たことがない。

「あぁ、すごいです。気持ちいいです」
男の子は、本当に気持ちよさそうな声をあげる。
『ふふ。童貞卒業しちゃったね。どう、感想は?』
典子は、優しい笑みを浮かべながら聞く。
「最高です。ありがとうございます!」
感動したような男の子。
『じゃあ、動いてみて。私を狂わせてね』
典子は、そう言ってもう一度キスをした。男の子は、典子とキスをしたまま腰を振り始めた。とくにテクニックを使うわけでもなく、腰を前後に振り続ける。若さ溢れるバネのような動きをする彼に、典子はのけ反りながらあえぎっぱなしになっている。
『あっ、あんっ、あんっ、気持ちいい。ホントすごいわ。おかしくなっちゃう、うぅっ、明憲、ホントに気持ちいいのっ! 見える? こんな大っきなおちんちん、全部入っちゃってるよっ!』
典子は、僕を見つめながら叫ぶ。この前の時からそうだけど、罪悪感は感じていないみたいだ。僕の希望でやっていることなので当然なのかもしれないが、それでも僕の目の前で他の男に抱かれているので、少しは申し訳なさそうな顔になっても良いのになと思う。

『イクっ、イクぅ、イッちゃう、明憲、全然違うよ。本当にすごいの。明憲のおちんちんより、10倍気持ちいいよっ』
典子は、僕を見つめながら叫ぶ。僕は、その言葉をきっかけにしたように、射精をしてしまった。

「マジなんだ……そんなに興奮するんだ……」
射精している僕を見て、男の子は本当に驚いたような顔になっている。僕は、情けないなと思いながらも、圧倒的な快感に言葉も出ない……。

『そうだよ。本当にヘンタイさんなんだよ。だから、気にせずに好きなようにしてね』
典子は、男の子にそんな風に言う。すると、男の子は典子に、
「後ろからしても良いですか?」
と、質問した。典子は、すぐに嬉しそうな顔で、
『良いよ。私もバック好きなんだ。思いっきり乱暴にしてね。犯すみたいにしてね』
と、リクエストした。僕は、典子にそんな願望があったなんて知らなかった。マゾだと言うことすら知らなかった。すると、典子は四つん這いになる。そして、お尻を高く突き上げるようにして男の子にアピールする。
典子が若すぎる男の子を挑発する姿は、本当にイヤらしく、僕に焦燥感を抱かせる。

「入れます、思いっきり突きます!」
男の子はそう言って、典子にペニスを突き立てた。一気に根元まで挿入すると、典子の腰のあたりを掴み、乱暴に腰を振り始めた。パンッパンッ! と言う音が、バンッ! バンッ! と、聞こえるくらいに強く打ちつけている。
『うぅあっ! あっ! あぁあ゛あ゛ぁっ!! ヒィッ! ヒィッ! ヒィぐぅっんっ! んおおぉおおおっ! うおぉおおぉっ!!』
典子は、まるで悲鳴というか、雄叫びのような声をあげ始めた。本当に犯されてしまっているようなリアクションだ。でも、嫌がるそぶりもない。シーツに顔を突っ伏して、獣じみた声をあげ続ける典子。男の子は、疲れも知らずに腰を振り続ける。

僕は、彼を見くびっていたなと思った。はるかに年下の童貞なので、対したことはないだろうと思っていた。でも、今の典子は、性感マッサージの彼としている時よりも追い詰められているように見える。

男の子は、さっき射精したばかりと言うこともあるのか、まだイク気配もない。力強く腰を振り続けている彼に、僕は負けた気持ちになってしまった。さっきまでは、僕の中でも彼のことを見下している部分もあった。しょせん童貞だと……。でも、僕はこんなにも激しい動きを続けることは出来ないと思う。

『もうダメ、イッて、終わって、死んじゃうから、うぅあああぁ』
典子は、とうとう泣き声で言い出した。本当に泣いてしまっているような顔になっている。気持良すぎてそんな風になるなんて、この目で見ても信じられない。

「は、はい。もう限界です。その……どこに出せば良いんでしょうか?」
男の子は、気弱に聞く。でも、腰の動きは力強いままだ。
『どこでもいい、中に出して、もうダメなの、お願い、出して、うぅああっ、イクっイクイクイクぅ』
典子は、泣き声のまま何度もイクと繰り返している。もう、気持ちいいと言うよりも怖いと思っているようなリアクションになっている。
「わかりました、出します、イク、うぅっ」
男の子は、本当に限界だったようで、あっけなく射精を開始した。すると、典子はひときわ甲高く悲鳴のような声を上げ、のけ反りながら震えた。

男の子がうめきながら射精を終えると、典子はそのままベッドに突っ伏すように倒れ込んでいく。お尻だけが高く上がったままで、何とも言えないシュールな姿になっている。
僕は、典子の後ろから彼女を見た。持ち上げられたままのお尻、そして、アソコからはザーメンがあふれ出している。典子の膣口は、少し開いたような状態になっていて、大きなペニスがハマっていた名残が見られる。なによりも、小刻みに震えている太ももが本当になまめかしい。

「大丈夫ですか?」
変な格好でグッタリする典子に、男の子が心配そうに声をかける。典子は、トロンとした顔のまま、
『へーき。すごすぎるよ。童貞くんにいっぱいイカされちゃった……』
と、恥ずかしそうに言った。僕は、強い興奮を感じたまま、典子にこの後どうするのか聞いた。まだ続けるのだろうか? それとも、もう限界なのだろうか?
『うん。もう無理かな。死んじゃいそう。キミも、満足だよね?』
典子は、弱々しく言う。彼は、大満足ですと言って頭を下げた。

その後、彼は服を着て部屋を出ていく。残された僕と典子は、弾かれたように抱きつき、キスをした。
『明憲、ゴメンね。あんなになるなんて、思ってなかった……。嫌いになってない?』

【続きは風俗堕ちします】

【続きは出典元で】

【同じジャンルの体験談】
・2017年度寝取られ作品群ランキング!
・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
・他の体験談はこちら→FC2BlogRanking

【オリジナル体験談更新案内】
・姉さん女房の妻に、友人とのセックスをお願いした結果 完
・年上の嫁を寝取ってもらうために、友人のアレを型取ってディルドを作った3
・恥ずかしがりで清楚な嫁が、調教されて鈴の音でイク女に変えられていました5
・少女のように純真な嫁が、お尻丸出しでソファで失神していた2
・妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました2


強気な姉さん女房が寝取


デカチン密着撮影会 旦那よりも硬く大きいデカチンを擦りつけられ、愛液が垂れるほど赤面発情した奥様たち

彼と彼女の7年間 -大事にしてきた訳アリ彼女が中年男に寝取られる-

[ 2018/06/26 18:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ