・生意気な嫁、しつけ致します完(ブロマガ転載禁止)

前回の話

嫁は、目隠しされたまま後ろから貫かれている。避妊具も何もつけていないペニスが、嫁の膣中に入ってしまっている。
私は、見ず知らずの男に嫁を寝取られているのに、どうしようもないほど興奮してしまい、ペニスをしごき続けていた。
『お客様のおチンポ、本当に素敵です。動いても良いですか?』
嫁は、興奮しきった声で言う。
「好きにしたら良いよ」
男性は、嬉しそうに言う。すると、嫁は腰を動かし始めた。立ちバックの体勢でハマったまま、腰を前後に動かす姿は、あまりにも浅ましい感じだ。
動かしづらそうに見えるが、嫁は慣れた動きで腰を振り続ける。卑猥なランジェリー姿でこんな事をしていると、まるで風俗嬢のようだ。しつけとか調教とは呼べないような行為だと思う。

『あっ、あっふぅ、気持ちいい! おチンポ気持ち良いですっ』
嫁は気持ちよさそうな声をあげ続ける。何がしつけなのかまったくわからない。これでは、ただの浮気としか言えない。

「本当にセックスが好きなんだね。よし、動くよ」
男性はそう言って、腰を振り始めた。
『うあっ! あっ! 気持ちいいっ! おチンポすごいっ! もっとっ! おチンポ奥にっ!』
嫁は、のけ反るような格好になり、あえぎ声を出し続ける。男性は嫁の腰を掴んで、思い切り打ちつけるようにして腰を振る。肉がぶつかる鈍い音が響き続け、嫁は天井を仰ぐような格好になっていく。両手首を革手錠のようなもので連結されていて、すごく窮屈そうだ。
そして、嫁は体勢を維持出来なくなっていき、壁に両手をつく。私が覗いているマジックミラーの小窓のすぐ横だ。

嫁は、目隠しされたままあえぎ続ける。こんなに気持ち良さそうにあえぐ嫁は、見たこともない。
『すごいの、こすれてます、おチンポこすれてるのっ! イッちゃうっ! イッてもいいですか? もうダメぇっ』
嫁は、壁に両手をついたまま叫ぶ。すぐ目の前で、とろけた顔で叫ぶ嫁を見て、私はさらに強くペニスをしごき続けた。男性は、機械的に腰を振る。リズミカルに、力強い動きだ。

「勝手にイクな。勝手にイッたらお仕置きだぞ」
男性は、最初のおどおどした感じは消えて、すっかりとサディストの顔になっている。
『うぅ、も、もう無理、無理です。イッちゃう、おチンポすごいのっ、子宮に当りっぱなしなのっ! お願いします、イカせて下さいっ』
嫁は、とろけきった顔で叫ぶ。本当に気持ち良くて仕方ないという声だ。

男性は、勝手にイクなと言いながら腰の動きを緩めない。嫁は、悲鳴みたいな声になってきた。すると、男性は嫁の尻を叩く。
『ヒィッ、うぅ』
嫁は、ビクンと体を跳ねさせる。男性は、笑みを浮かべながら何度も嫁の尻を叩く。
『いぐぅ、うぅ、イクっ、くっ! イクイクっ!!』
嫁は、ペニスでイカされているのかお尻を叩かれてイッているのかわからない状況だ。みるみる真っ赤になっていく嫁のお尻。私もこんな風にすれば、嫁のことをしつけられたのかな? と、思った。でも、同時に、私では絶対に無理だなと感じた。気の弱い私では、こんな風にサディスティックに責めることなんて無理だと思う……。

「イキすぎじゃない? ホント、淫乱な牝穴だな。よし、こっちでイカせてあげるよ」
そう言って、男性はペニスを抜いて嫁のアナルに押しつけた。
『ダッ、ダメッ! そこはまだ、うぅっ! 処女なの、したことないですっ! うぅぐぅ』
嫁は、なんとか逃れようとする。でも、男性は腰をしっかりとホールドしたままペニスをねじこんでいく。ローションもつけずに、強引に押し込む彼。
『う゛ぅっ! い、痛いっ、無理、うぅあっ、無理ですっ! ひぃぐぅ』嫁は、本当に痛そうな顔になっている。目隠しで目が見えないが、もしかしたら泣いているのかもしれない。
あの男勝りで勝ち気な嫁が、泣いている? そう思うと、ゾクゾクッと背筋を興奮が走るのを感じてしまう。私は、嫁に尻に敷かれてはいるが、嫁のことを嫌いなわけではない。それどころか、愛しているつもりだ。それなのにそんな事を感じてしまうのは、どうしてだろう?

「ほら、力抜かないと。裂けちゃうよ」
男性はそんな事を言いながら、ペニスをさらにねじこんでいく。
『うぅあぁ、抜いて、ダメぇ、裂ける、裂けちゃうぅ』
嫁は、本当に泣き声だ。そして、ペニスはすでに入ってしまっているよだ。私の角度からでは、入っているところまでは見えない。
「大丈夫。ほら、息吐いて」
男性は、嫁が泣こうが気にもしていないようだ。それどころか、サディスティックな笑みを浮かべて腰を押し込んでいく。

『うぅっ! お願いっ、抜いてぇっ! イヤァ~っ!!』
嫁は、絶叫した。でも、男性は腰を完全に押し込んでしまった。あんなにも長いペニスが、あっけなく嫁のアナルに入ってしまったようだ。私は、嫁がもう一つの処女を失ったのを見て、あっけなく射精してしまった。すごい勢いで飛び出すザーメン。壁に飛び散って床も汚していく。

マジックミラーの向こうでは、嫁がバックでアナルを犯されている。嫁は、感じるどころか泣き続けている。しゃくり上げるような泣き方だ。よほど痛いのか、プライドが傷ついたのかはわからないが、泣きっぱなしだ。

「良いね、すごく締まってるよ。もう、出そうだ。中に出すぞ」
男性はそんな事を言いながら腰を振る。嫁は、言い返す気力も湧かないのか、泣き声でうめくだけだ。そして、男性は嫁のアナルに射精してしまった。
男性は、ペニスを抜く。すると、嫁は床にペタンとへたり込む。かなりのダメージという感じだ。
「よし、綺麗にしろ」
男性は、嫁のアナルに入っていたペニスを、嫁の顔に近づけていく。男性のペニスは、嫁の血だとか汚物で汚れていると思う。そんなものを舐めさせるなんて、あまりにも常軌を逸していると思う。
でも、嫁はほとんど躊躇なくくわえてしまった。そして、舌と口を使って清めていく。

「良いねぇ。牝奴隷の鏡だねぇ」
男性は嬉しそうに言う。そして、嫁がお掃除フェラを終えると、満足そうに笑い、
「気持ち良かったよ。また今度ね」
と言って、さっさと部屋を出て行ってしまった。

私は、ガクッと全身から力が抜けていく。一体、なんだったのだろう? どうして、田中さん以外の男性が嫁を抱いているのだろう? しかも、アナルの処女まで奪われてしまった。

すると、またドアが開き、田中さんが入ってきた。そして、嫁の目隠しを外す。嫁は、目を真っ赤にして涙を流していた。

「処女を失った感想はどうだ?」
田中さんが、感情の起伏のない声で聞く。
『うぅ……ひどいです。御主人様が奪って下さる約束だったのに……』
嫁は、泣き声のまま言う。
「そう思うなら、帰って良いぞ」
『ごっ、ごめんなさい。許して下さい。御主人様のおチンポ、淫乱な牝穴にねじこんで下さい』
嫁は、土下座しながらおねだりをする。そんなに田中さんのペニスが良いのだろうか? 私は、不思議で仕方なかった。どんなに気持ち良かったとしても、セックスの快感で嫁が狂うとは思えない。

すると、田中さんはズボンとパンツを降ろしてペニスをさらけ出した。でも、ダランと垂れ下がっていて、勃起の気配もない。嫁が卑猥な穴あきランジェリーとガーターベルトまでしているのに、まったく反応していないことに怒りを感じてしまう。

でも、嫁は怒りを感じるどころか、嬉しそうにむしゃぶりついた。
『あぁ、御主人様。早くおチンポ入れて欲しいです』
そんな事を言いながら、必死でフェラチオを続ける嫁。舌でカリ首を舐め回し、吸ったり喉奥までくわえ込んだりしている。徐々に大きくなっていくペニス。やっぱり、異形の形をしている。カリ首の下の方の茎に、グルッと一周リング状の膨らみがある。真珠ではなく、シリコンリングを入れているのだと思う。

『あぁ、素敵です。御主事様のおチンポ太いです』
夢中になっている嫁。睾丸を口に含んだり、アナルを舐めたりまでしている。すると、田中さんのペニスは完全に勃起した。嫁の顔と同じくらいの長さがある。そして、太さもカリ首の張り出し方も強烈だ。

『もう、入れてもいいですか? 御主人様の大っきなおチンポ、淫乱な牝穴に入れてもいいですか?』
嫁は、興奮しきったような声で聞く。私は、アナルは痛くないのだろうかと、心配してしまう。
「よし、自分で入れてみなさい」
田中さんはそう言って、ベッドに腰掛けた。足を床につけて、端っこに椅子のように座る彼。すると、すぐに嫁がまたがっていく。対面座位のような格好で、ゆっくり腰を降ろしていく嫁。私は、立て続けのセックスに、絶望的な気持ちになっていた。
もう、嫁は色狂いになっているのではないか? もう、戻ることなど出来ないのではないか?

『うぅっ、御主人様のおチンポ、やっぱり一番です』
嫁は、一瞬でとろけた声に変った。もう、田中さんのペニスは嫁の膣中に入ってしまったみたいだ。
「誰と比べてる?」
田中さんが質問すると、
『そ、それは……。さっきの人とか、夫とか……』
と、嫁は口ごもりながら答える。
「旦那とはちゃんとしているのか?」
『はい。御主人様の言いつけ通りにしています。ご褒美、頂けますか?』
嫁は、とろけた声で聞く。
「そうか、良い子だな。よし、好きにして良いぞ」
田中さんがそう言うと、嫁はすぐに嬉しそうに田中さんにキスをした。そして、舌を絡めながら腰を振り始める。でも、田中さん自分から舌を絡めるようなことはしないし、腰を動かすこともない。

嫁は、夢中で腰を振っている。そして、すごい勢いで舌を使っている。私は、強烈に不安な気持ちがわき上がっていた。身体だけではなく、心まで堕とされているのではないか? しつけと言いながらも、ただ操り人形のようにしているだけではないのだろうか? 

私の不安をよそに、嫁は腰を振り続ける。なまめかしく、そして力強い動きだ。私相手には、したことのない動きだと思う。それが10分以上続いた後、
『イ、イキます。御主人様、イキますっ! おチンポイクっ! イクっ! イクぅ~っ!』
と、髪を振り乱して叫びながら嫁は果てた。

「よし、もう帰っても良いぞ。また良い子だったら、ご褒美をやるからな」
田中さんはそんな風に言う。
『えっ? 中に出して頂けないんですか?』
嫁は、心底残念そうに言う。
「ダメだ。もっと良い子になったら、また出してやる」
『わかりました。御主人様、ありがとうございました』
嫁はそう言うと立ち上がる。そして、
『失礼します。綺麗にさせて頂きます』
と、言って、田中さんのペニスをくわえ始めた。そのまま、心を込めてお掃除フェラをする彼女。私は、それを呆然と眺めていた。

少しすると、嫁は部屋を出ていった。私は、慌ててズボンを穿き、飛び散ったザーメンをティッシュで拭き取る。すると、田中さんが入ってきた。
「楽しんで頂けましたか? どうしますか? これでしつけ終了しますか? それとも、もっと従順な女性になるまで続けますか?」
田中さんは、温和な顔で聞いてくる。私は、引き続きお願いしますと言っていた。そして、10万円の請求書をもらった。
正直、この金額が高いのか安いのか判断出来ない。嫁が、田中さんのしつけがなくなった後も今のままでいてくれるなら安いモノだと思う。でも、しつけがなくなってしまったら、どうなるのだろう? 私は、不安でしかたない。
嫁は、今日は大事な会議があると言って家を早く出た。結局、会議などではなく、田中さんにしつけられるために早く出て行っただけだったようだ……。

会社に戻り、仕事をし、自宅に戻ると、嫁が明るく出迎えてくれた。
『お疲れ様。お腹すいてますか? ご飯、出来てますよ』
嫁は、さらに丁寧な言葉づかいになっているような気がする。私は、彼女にカバンを渡してお腹が空いたと言いながら、嫁は田中さんに中出しされたくて良い妻を演じているのかな? と、思った。私は、複雑な気持ちだった……。

「最近、ママ優しいね。どうしたの?」
長男が質問する。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


[ 2018/04/30 11:37 ] 生意気な嫁、しつけ致します | TB(-) | CM(-)
検索フォーム
カテゴリ