お母さんの中に出しなさいいつでも良いからね

父親は45歳でトラックの運転手を
長年やっている。

母は49歳で専業主婦で
息子の俺が大きくなり手がかからなくなると
昼間はほとんどパチンコ屋に行くようになった

・このブログの今回のオリジナル体験談更新情報(毎月3〜4本更新しています)

そんな両親に育てられた俺が
SEXというものを知ったのは小4の時

親父はトラックドライバーなもんで
早朝の4時とか5時に仕事に出掛けます。

それで金曜日の朝は、
4時からが両親の夫婦の営みタイム

中学1年生の時トイレに行こうしたら両親の部屋から、
母親の変な声が聞こえて来て、
またHやってるよと、
その時は思っただけで感心も無かった。

金曜日の朝だけは母親起きて来ないの、
部屋に見に行くと寝ていて、

「ごめんね、お母さん疲れてるから
もう少し寝てる、自分で勝手に食べて学校行ってね」

と何で金曜日だけは起きて
来ないのか理由が分かりました。

俺の童貞喪失は遅くて、
高校3年の時、それも友達が連れて来たヤリマン女

でもやっぱり気持ちいい、
1週間後に彼女が出来て、やりまくっていました。

それが去年のクリスマス前に好きな人出来たから、
別れてとアッサリと捨てられて また、
センズリ生活、1ヶ月続くと女とやりたくて、
2月の第1金曜日の朝、親父が仕事に行きました。

今でも両親のセックスが続いているのは分かっていました

寝室に行くと母親は
気持ち良さそうに寝ていました

暖房も効いていて、部屋は暖かく、
暑いと母親が上掛け布団をめくりました。

全裸でした、この歳なら良い身体だと思いました。

おまんこが見たくなって、
両膝を持ち上げてみました、
全然起きる気配はありません。

そのまま足を拡げると、まだ濡れてるオマンコが、
ビラビラは開いていて、
かなり黒ずんでいるけど中は、ピンク色、
クリトリスは赤く大きい、既に勃起してました。

我慢できずにパンツを脱いで
チンチン握ってオマンコに当てると、母親の声が、

「あんた、二回戦出来るの珍しいわね」

チンチンを握って来ました。

顔はまだ上げてませんでした、

親父だと思ってるみたいで、
母親をうつ伏せにして、お尻を持ち上げて、
バックから入れてしまいました、

2人しか知らないけど、
母親のおまんこの方が絞まります。

背中に顔着けて、右手で胸を揉みました。

「アン、いいわぁ、オマンコの奥もっと突いて」

俺は我慢出来ずに中に出してしまいました、
でも勃起は収まらず、そのまま突き続けました。

母親の声が大きくなって

「イク、イクわ、イッチャウ」

オマンコが凄く絞まって2度目の発射、
中はグチャグチャでチンチン抜いたら、
中からどろどろと精液が
母親の手がオマンコに

「さっきより出てない、
こんなに出たの久しぶり」

俺は我に帰ってました、
母親としてしまった、どうしようと

「ごめん、ごめんなさい、どうしよう」

母親は

「つかさだったの、
道理でオチンチン硬いと思った、ザーメンも多くて」

「どうしよう、中に出しちゃた」

「それは大丈夫、お父さん何時も中だしよ、
妊娠なんてしないから、それより気持ち良かったんでしょ、
射精したんだから、お母さんは別にいいよ、
つかさがしたいなら」

「ダメだよ、
それは後悔してるし、ごめんね」

「バカ、後悔するな、もう一回するよ」

小さくなったチンチン握って、
フェラチオを始めてくれた。

息子の俺は母子相姦して背徳感バリバリにあるのに
お母さんはあっけらかんとして
全く気にしてない。

母ちゃんは何で
親子で近親相姦しても何でこんなに
堂々としているんだ?w

「ほら、元気になった、
今度はお母さん上ね」

上に股がり、
チンチンを握って積極的に母から騎乗位でオマンコの中に、

「どう、お母さんのオマンコ、
20年振りかな、お父さん以外のオチンチン射れたの、そ
うだ仕事大丈夫なの」

「今日休み、三連休だよ」

「それならゆっくり出来るわね、
罰としてお母さん10度以上逝かせること、
あと最低6回よ」

結局、昼までヤリ続けてしまいました。

最後にお母さんが

「溜まって出す処無いなら
お母さんの中に出しなさいいつでも良いからね」

後悔どころか、土日以外の朝は、
親父が出た後、しています。

多分彼女が出来ても
母子相姦は続きそう。

しかし、謎だ

俺の母親は一体何を考えているのだろうか

自分から夜這いをしかけときながら
言うのもなんだが、
後ろめたさをもうちょっと感じて良いんじゃないかと思う

・2017年度寝取られ作品群ランキング!
・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧

他の体験談を探す
【同じジャンルの体験談】
・個人経営の塾で、妻が身体をご褒美にして生徒の成績を上げていました2
・いつもより早く帰宅すると、嫁が元カレにリベンジポルノで脅されていた完
・姉さん女房の妻に、友人とのセックスをお願いした結果2
・奇跡的に付き合ってくれた自慢の彼女が、処女は他の人に奪ってもらうと言った完
・出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた2
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声

強気な姉さん女房が寝取


究極の寝取られ 上司に愛おしい若妻を結婚させました

滞納家賃はカラダ払いで~鬼畜大家に寝取られる美人母娘~

[ 2018/02/18 12:05 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ