不妊治療をあきらめた嫁は、私の兄に受精を託しました5(ブロマガ転載禁止)

前回の話

景子は、イヤラシいコスプレ姿のまま兄にフェラチオをしています。金髪に、黒のうさ耳のような長いヘアバンドをした景子は、本当にアニメのキャラクターになったような感じです。

「あぁ、しまかぜちゃん……」
兄は、何かささやきます。そのコスプレのキャラクター名なのかよくわかりませんが、うめくようにささやいています。
『お義兄さんの、さっきよりも固くて大きい……。興奮してるんですね』
景子は、そんな事を言いながらフェラチオを続けていきます。丁寧に、竿の根元からカリ首まで舐め上げ、大きく口を開けて飲み込んでいきます。

「だって、景子さん本当に似合ってるし……。あの……キスしてくれるかな?」
兄は、遠慮がちに言います。すると、景子は嬉しそうに兄にキスをし始めました。兄も興奮しているのか、積極的に舌を絡めていき、濃厚なキスが始まります。

アニメキャラみたいになった景子が、兄に抱きつきながらキスをしている……。私は、こんなコスプレセックスまで受け入れてしまった景子に、不安な気持ちと嫉妬心が大きくなります。でも、それ以上に大きくなっているのが、性的な興奮でした。私は、二人に見つからないように気をつけながら、そっとパンツの中に手を差し込み、ペニスを直接しごき始めました。

『ふふ。お義兄さん、キス上手になったね。これなら、彼女が出来ても安心ですね』
おどけたような感じで言う景子。親密さがどんどんアップしていくようです。
「本当に? でも、どうせ彼女なんて出来ないし……」
兄は、少しうつむいて言いました。
『そんな事ないですよ。自信持って下さい。1回お義兄さんとエッチしたら、誰でも虜になっちゃいますよ』
景子は、慰めるように言います。
「でも……そこまでいけるかな?」
兄は、自信がない感じです。今までの兄を考えると、無理もないと思います。
『じゃあ、彼女が出来るまで、私が彼女になりますね』
そう言って、景子は自分から兄にキスをしました。
「あ、ありがとう。早く彼女出来るように頑張るよ」
兄は、少し明るい顔になって言いました。
『でも、そんなに早く作らないで下さいね。しばらくは私が彼女ですよ〜』
おどけて言う景子。私は、景子が本気なのかどうかわからなくなってしまいました。

「じゃあ、今度は俺が責めてもいいかな?」
兄は、興奮した顔で言います。景子は、
『もちろんOKですよ。お義兄さんの好きなようにしてみて下さいね』
景子は、ベッドに横になりながら言います。短すぎるスカートはまくれ上がり、ヒモのような特徴的なショーツが丸見えです。ミニ丈のセーラー服も景子の巨乳ではち切れそうですし、イヤラシいと言う感じしかしない姿です。
兄は、景子のつま先を舐め始めました。
『あっ、き、汚いですよ』
景子は、思いがけない口撃に、ビックリして足を引こうとします。でも、兄は掴んだまま舐め続けます。足の甲や指、そして指の股なんかまで舐めていきます。
『うぅ、うぅあぁ、き、気持ち良い……。こんなの初めてしてもらったよ……』
景子は、足の指をフェラチオでもされるみたいに舐められながら、気持ちよさそうな声を上げます。兄は、景子の右足も左足も執拗に舐め続けていきます。
『うぅあぁ、あっ、これ、本当に気持ち良い。あっ、んっ、お義兄さん、気持ち良いよぉ』
景子は、本当に気持ちよさそうです。すると、兄は今度は景子のくるぶしやスネを舐めていきます。私は、一度もそんな舐め方をしたことはありません。それどころか、そんな所を舐めるイメージも持っていませんでした。

徐々に上の方に移動して行く兄。太ももを舐められると、景子はビクンと体を跳ねさせました。
『うぅあっ、気持ち良いっ』
景子は、余裕のない声で言います。さっきまで主導権を握っていたのがウソのような感じです。兄はそのまま太ももを舐めていき、内股のあたりを舐め続けます。景子は、モジモジしながら切なげな声を上げ始めました。でも、兄は内股を執拗に舐め続けるだけで、それ以上は上に移動しません。

『も、もうダメぇ、お義兄さん、舐めて……。クリトリス舐めて下さいぃ』
景子は、こらえきれずにおねだりを始めました。しまかぜちゃんのコスプレ姿のまま、身体をくねらせながらおねだりをする景子。こんな風におねだりする姿は、見たことがありません。

「じ、じゃあ、自分で拡げてみて」
兄は、緊張した声で言います。すると、景子は特徴的なショーツをずらしてアソコをあらわにし、指でビラビラを拡げ始めました。
ピンク色に秘肉がウネウネうねっているのが見えます。こんなに明るい所で膣中を見るのは初めてです。景子のアソコは大洪水という感じで、透明の蜜がシーツまで流れ出ていきます。

『な、舐めてください』
景子は、切ない声で言います。
「ど、どこを?」
兄は、緊張しながらも言葉責めのようなことを言います。
『ク、クリトリス……舐めてぇ』
景子は、恥ずかしそうに言います。
「違うでしょ? おまんこ舐めてって言わないと」
兄は、うわずった声で言います。
『うぅっ、お、おまんこ舐めてっ! 景子のイヤラシいおまんこ舐めて下さいっ』
すっかりととろけた顔で叫ぶ景子。私は、密かにペニスをしごきながら、イキそうな感覚になってきました。

兄は、卑猥な言葉を叫んだ景子を見て満足そうな顔になると、グチョグチョに濡れた景子のアソコを舐め始めました。
『うぅあっ、お義兄さん、気持ち良いっ! も、もっと、もっと舐めてっ! 景子のおまんこ、もっと舐めてぇっ!』
景子は、快感に顔をとろけさせながら叫びます。兄は、嬉しそうな顔で景子のアソコを舐め続けます。クチョクチョ、ピチャペチャ、必要以上に音を立てながら舐め続ける兄。昔から、プラモデルでもなんでも根気よく作っていた兄らしい舐め方です。
『気持ち良いっ! お義兄さん、すごく上手ですぅ』
景子は、すっかりととろけてしまっています。シーツをギュッと掴み、快感に耐えているような仕草をしています。

兄がさらに強く音を立てながら舐め続けると、景子は、
『ヒィッうぅ、ダメぇ、イ、イクッ、イッちゃうっ! イクぅっ!』
と、のけ反りながら身体を震わせました。兄は、口の周りをビチャビチャにしながら顔を上げ、
「イ、イッたの?」
と、不思議そうな顔で聞きます。
『はい。イッちゃいました。お義兄さん、覚えるのが早すぎますよ〜』
景子は、甘えたような声で言います。私は、急速に兄がテクニックを身につけていくのを見て、焦りの気持ちが強くなりました。

すると、兄は黙って指を2本景子の膣中に挿入し始めました。
『うぅあっ、ダメぇ、お義兄さん、指ダメぇ』
景子は、とろけきった顔で言います。兄は、指をかき出すような動きで動かし始めます。
『あっ、あっ、そ、そこダメぇ、うぅあっ、気持ち良いっ! おまんこ気持ち良いっ! ダメぇっ!』
景子は、コスプレ姿のまま叫びます。まるで違う女性のようです。兄は指の動きをどんどん速くしていき、クチョクチョという水音が響き続けます。
「すごい……締まってきた……」
兄は、そんな事をささやきながら指を激しく動かします。景子は、どんどんのけ反り続け、腰が完全に浮いてしまっています。
『あぁっ、あっ、あっクゥ、うぅあっ、ダメぇっ! ダメぇ〜っ! 出ちゃうっ! うぅああっ!』
景子が叫ぶと、兄の指の動きにあわせて透明の飛沫が飛び散り始めました。
「あぁ、すごい……」
兄は、感動したような声で言います。景子は、あえぎながら潮を吹き続けています。あっという間にシーツはビチョビチョになってしまいました。すると、兄は潮が飛び散るアソコに口をつけ、音を立てながら飲み干し始めます。
『の、飲んじゃダメぇっ! イヤァ〜っ!』
顔を真っ赤にしながら叫ぶ景子。太もも辺りがガクガク震えています。兄は、やっと顔を上げて責めるのをやめました。

「ゴメン。イヤだった?」
兄は、心配そうな顔で聞きます。
『もう……。恥ずかしいよ……。でも、すごく気持ち良かった』
景子は、うっとりした顔で言います。まるで、恋人同士のようなやりとりです。
『じゃあ、今度は私の番だね。覚悟して下さいね!』
景子はそう言って、兄をベッドに寝かせました。そして、はしたないコスプレ姿のまま、兄に騎乗位で繋がっていきました。
『うぅっ、すごいぃ。もう当たってる。奥まで来ちゃってるぅ』
ピンと背筋を伸ばして、声を震わせなながら言う景子。私とのセックスでは、一度も見せたことのないリアクションです。景子は、兄とのセックスに夢中になってしまっているみたいです。私は、パンツの中の手を静かに動かしながら、今まで感じたことのない強い快感を感じていました。

「景子さん、すごくエロいよ。本当に似合ってるよ」
兄は、景子のコスプレを褒めます。元のキャラクターを知りませんが、景子のコスプレはとても様になっているように感じます。何より、男を興奮させるためだけにあるようなデザインです。

景子は、そのまま腰を振り始めました。上下に動く度、スカートがフワフワとなびくのがセクシーです。
『あぁっ、あっ、気持ち良いっ! お義兄さん、おチンポ凄いのっ、おまんこ壊れちゃうっ! あっ、あぁっんっ! んっ、気持ち良いっ! もうイッちゃいそうだよぉ』
景子は、卑猥な言葉を口にしながら、どんどん高まっていきます。腰の動きもさらに加速していきますし、あえぎ声もどんどん大きくなっていきます。
「景子さん、すごく気持ち良いよ。イキそう……」
『うぅアアッッ、お義兄さんのもっと固くなってきたぁ。イッてっ! 中に下さいっ! お義兄さんの子種、私のおまんこに注いで下さいッ!』
景子は、泣きそうな顔で叫びました。私は、景子のその言葉に興奮し、パンツの中に射精してしまいました。震えるような快感を感じている私の前で、兄は景子の中に射精を開始しました。
『んおぉおおぉおっ! お義兄さんの出てるっ、孕ませてぇっ!』
景子は、ガクガクッと震えながらそんな言葉を漏らしました。
「景子さん、すごく気持ち良かったよ」
兄は、グッタリとした顔で言います。すると、景子は兄に身体を預けるように倒れ込みながら、
『景子って呼んでくださいね。だって、彼女でしょ? さん付けは変だよ』
と、甘えた顔で言います。
「う、うん。じゃあ、俺のことも……」
『そうだね。じゃあ、まさちゃんって呼ぶね。ふふ。おちんちん、ビクンってなったよ。まだしたい?』
景子は、トロンとした顔で聞きます。
「うん。次はバックでしても良いかな?」
兄はイッたばかりなのに、もう出来るようです。
『いっぱいイカせて下さいね』
景子はそう言って、四つん這いになりました。兄はすぐに景子に挿入して、腰を動かし始めました。一体、昨日から何回しているのだろう? そんな事を考えてしまいます。

バックでハメられていると、ちょうど私の方に視線がきます。景子は、私と目を合わせながら、
『あなた、ゴメンね。お義兄さんの彼女になっちゃったよ』
と、言ってきます。でも、少しも悪びれた感じはありません。私は、何も言えずにただうなずきました。

『んっ、んっ、あぁっ、お義兄さんのおちんちん、子宮に当たりっぱなしなの。ずっとキスしてるのぉ』
景子は、私を見つめながら言います。もう、私のペニスでは満足できなくなっただろうなと思ってしまいます。私は、泣きそうな気持ちで景子を見つめ続けます。
兄は、少し申し訳なさそうな顔で腰を振り続けています。すると、景子は悲鳴みたいな声で、
『イクッ! あなた、イッちゃうっ! 気持ち良いのっ! うぅあぁっ!!』
景子は、私を見つめながら叫びました。でも、兄はそのまま腰を振り続けます。私は、思わず手を伸ばして景子の手を握ってしまいました。すると、景子も私の手を握ってきて、指と指が絡むような握り方になります。
景子はサテンの長手袋をしたままですが、私はかまわずにそのまま握り続けました。
兄は、その状態でもかまわずに腰を振り続けます。ぎこちなかった動きも、すっかりと滑らかで上手になっています。
『あなた、またイッちゃうっ、お義兄さんのおチンポでイッちゃうのぉっ!』
景子は、言葉がどんどん卑猥なものになっていきます。私は、ギュッと景子の手を握りしめながら、どんどんとろけていく彼女の顔を見つめていました。

「そんなに気持ち良いの? そんなに違うの?」
私は、思わず聞いてしまいました。そんなものは、聞かなくても見ればわかるのに、聞かずにはいられませんでした。
『全然違う。あなたのじゃ、届かないところまで届いてるの。子宮に届いてキスしてるのっ! あなたのより、全然良いのっ!』
景子は、私の手をギュッと握りながら叫びました。兄は規則正しい動きを続け、景子の背中はどんどんのけ反っていきます。私の手を握る力も、痛みを感じるほどになってきています。

『イクッ! あなた、イクッ! あなたより気持ち良いおチンポでイッちゃうっ! もうダメぇ、戻れないっ! コレが良いのっ! 好きぃっ!』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


検索フォーム
カテゴリ
Twitterフォロー
おすすめ動画