※嫁の身体だけじゃなく、心まで友人に寝取ってもらいたい俺7(転載禁止)

結局、嫁は妊娠しなかった。
『赤ちゃんって、なかなか出来ないんだね。次は頑張ろうね』
嫁は、残念そうに言った。俺は、そうだねと言いながら、心底ホッとしていた。あのタイミングで妊娠したら、拓の子供か俺の子供かわからなくなっていたと思う。

そして、拓も一つの決断をした。拓は、携帯の番号やアドレス、住んでいる場所まで変えた。俺が、申し訳ないと言うと、
「いや、俺もヤバい感じだったしな。里帆ちゃん本当に良い子だから、マジになりそうだったわ」
笑いながら言う拓。でも、少し寂しそうな感じはある。俺は、もう一度謝った。
「良いって、それよりも、里帆ちゃん大切にな。それに、ちゃんと見とかないと、浮気されるぞ。里帆ちゃん、意外にエッチだからな」
拓はそう言って電話を切った……。

それからは、少し大変だった。嫁は、めっきりと元気がなくなってしまった。俺がどうしたのと聞いても、笑顔でなんでもないと答えるが、全然目が笑っていないような状況だ。夜中に、泣いていることもある。俺は、俺の仕組んだことでこんなことになってしまい、罪悪感が凄く大きかった。

そんな日が1か月ほど続いたある日、嫁が急に明るい嫁に戻った。俺は、色々と聞きたいことはあったが、吹っ切れたんだろうなと判断して何も聞かなかった。ただ、あまりにも明るく元に戻った嫁を見て、拓とよりが戻ったのかな? とか、またお客さんにナンパされて良い相手が見つかったのかな? などと、疑念を持ってしまった。

拓にそれとなく探りを入れるが、拓は拓で恋人が出来ていて、同棲まで始めていた。俺は、嫁に対して疑いの気持ちを持ってしまっていた。でも、明るさを取り戻した嫁は、中断していた子作りも再開してきた。

風呂上がり先にベッドに入っていると、嫁は裸にタオルを巻いたまま寝室に入ってきた。そして、ベッドに入る直前タオルをハラッと外し、俺に抱きついてくる。
『今日は赤ちゃん出来るかな? 雅くん、頑張ってね』
すでに上気した顔で言ってくる嫁。俺は、疑う必要はないのかな? と、安心する気持ちが大きくなる。嫁は、俺に覆いかぶさってキスをして来る。それと同時に、パジャマのズボンの上からペニスをまさぐってくる。
『カチカチだね。もう興奮してるの? 雅くんはエッチだなぁ〜』
嫁は、上機嫌で言うと、俺のパジャマとパンツを脱がせてくる。あっという間にペニスが剥き出しになる俺。俺は、猛烈に恥ずかしい気持ちになる。きっと嫁は、拓のペニスと比べているはずだ……。そんな思いに陥ってしまう。

嫁は、急にそのFカップの胸で俺のペニスを包み込んできた。軟らかい肉に包み込まれ、今までにない快感を感じる。
『どう? パイズリだよ〜』
嫁は、明るくそんな事を言う。いままで、パイズリなんてしてもらったことはない。嫁は両手で胸を押さえつけ、そのまま上下に動かし始める。軟らかい肉が俺のペニスをこすり上げ、本当に気持ち良くなってくる。俺は、気持ち良いと思いながらも、誰の影響なのだろう? と、疑いの気持ちを持ってしまった。

「どうしたの? こんなの、初めてじゃん」
俺は、重い気持ちで質問した。
『うん。女性誌に書いてあったんだ。男の人が喜ぶテクニックだって』
嫁は、無邪気に言う。確かに、最近の女性誌なら、そんな事まで書いてあってもおかしくないなと思う。
「ありがとう、すごく気持ち良いよ」
俺は、疑念を押し隠してお礼を言った。
『喜んでくれて嬉しいな。もっと、気持ち良くなってね』
そう言って、嫁は一生懸命にパイズリをしてくれる。この1ヶ月くらい、暗く沈み込んでいたのがウソのようだ。

でも、早漏の俺は、イキそうになってしまっていた。
「ゴ、ゴメン、出ちゃいそう」
俺は、情けない気持ちで謝った。すると、嫁はさらにパイズリを加速する。
『良いよ、イって。1回イッた方が、長持ちするでしょ?』
嫁は、そんな事を言う。俺は、情けない気持ちになりながらも、圧倒的な快感に逆らえず、射精してしまった。
『キャッ、いっぱい出てるね。ドクドクしてる』
嫁は、嬉しそうに言う。俺の精液は、嫁の胸の中程で暴発すると、嫁の首筋あたりまで飛び出していく。
「ゴメンね。これじゃ、子作り出来ないね」
俺は、早漏なのを恥ずかしく思いながら謝る。すると、嫁はそのまま胸を開き、俺のペニスをくわえてきた。強烈にバキュームされて、柔らかくなりかかっていたペニスが、一気に固さを取り戻していく。
『これで大丈夫でしょ? ねぇ、いっぱい気持ち良くしてね』
嫁はそう言って、仰向けに寝転がり、脚を広げていく。俺は、我慢出来ずに嫁に覆いかぶさった。

俺は、嫁の膣中にペニスを挿入しながら、自分のペニスが小さいことを残念に思った。俺のペニスが入って行っても、嫁は拓の時みたいに乱れない。敗北感を感じながら腰を振り始めると、
『あっ、ンッ、雅くん、気持ち良い。もっと、もっとしてっ』
と、嫁は俺のことを見つめながら言う。気持ちよさそうな顔で、甘い声をあげてくれている。拓とのセックスさえ知らなければ、俺も満足して幸せな気持ちになれたと思う。でも、いまの嫁のあえぎ方は、拓の時の半分以下だ。まったく感じていない……と言っても、言いすぎじゃないような気もする。

俺は、まったく嫁を満足させていないなと思いながら、それでも頑張って腰を振った。
すると、嫁が身体を折り曲げるようにして俺の乳首を舐めてきた。すごく舐めづらいと思うが、身体の柔らかさを生かして舐めてくる。一気に快感が増し、射精感も強くなってくる。さっき出したばかりなのに、もうイキそうな気配がしてきたことに、心底情けなくなる……。

『ふふ。雅くんの、カチカチだよ。気持ち良い? イッちゃう? 中でイッてね』
嫁は、嬉しそうな顔で言う。でも、俺は情けなくて泣きそうな気持ちになっていた。そして、そんな気持ちのまま、嫁の中に射精した……。
『熱いの出てるよ。赤ちゃん、出来ると良いね』
嫁は嬉しそうに笑いながら、キスをしてくれた。

こんな風に週に2回も3回も子作りをするようになった。俺は、幸せな気持ちだった。そして、疑いの気持ちも消えていった。

そんなある日、たまたま嫁のパートするホームセンターの近くを通りかかった。お客さんとのアポまでまだ時間もあり、ちょっと覗いてみようと思った。店の中に入ると、嫁はどこにもいなかった。今日は、働いているはずだ。休憩かな? と、思いながら店を回る。

そして、人のよさそうなおばさんに声をかけ、いかにも知り合いのように、今日は嫁はいないのかと聞く。すると、怪訝そうな顔で、もう辞めたと言われた……。俺は、パニックで声も出ないまま店を出た。

嫁は、どこに行っているのだろう? 働いていない? もう、パニックだ。でも、パニックになりながらもアポイントの時間もあり、仕事に戻った。

そして、集中出来ないまま仕事を続け、なんとか仕事を終えると少し早めに帰宅した。
『あれ? 早いね! お疲れ様!』
妻はいつも通りに家にいて、いつも通りに夕食を作っている。俺は、ホッとしながらも、どこに行っていたのだろう? と、疑念が強まっていく。
「里帆も早かったね。今日はホームセンターの日だよね?」
俺は、嫁の出方をうかがうように聞いた。すると、嫁はまったく焦ることもなく、
『うん。今日はヒマだったから、ちょっと早めに終わったんだ』
と、言う。動揺も何も感じられない。あまりにも動揺がないので、もしかして、あのおばさんがウソを言ったのかな? と、思うくらいだ。考えてみれば、怪しい男がそんな事を聞いたら、いてもいないと言ってしまうのかもしれない。

『もうすぐごはん出来るよ。でも、ご飯炊けるまでちょっと時間あるから、食欲より先に、性欲じゃない?』
と言って、嫁は俺のズボンの上からペニスをまさぐってきた。どう考えても、最近の嫁は淫乱すぎる。今までしなかったようなことしてくるし、少しの時間でも、セックスをしようとする。

俺は、結局キッチンで立ちバックでセックスをすることになった。たっぷり中に出した後、何事もなかったように夕食を準備する妻を見て、俺はやっぱり何かおかしいと確信した。

そして、俺は嫁がどこに行っているのか調べるため、嫁のiPhoneに入っているグーグルマップの設定を変えた。ロケーション履歴が取れるようにする機能を、こっそりとオンにした。嫁のグーグルアカウントは、俺が管理している。といっても、メールもなにも使っていなくて、マップだけを使っているような状況だ。でも、最近はiPhoneのマップも使いやすくなっていて、グーグルマップはほとんど使っていないみたいだ。

俺は、こんなことをしている自分に、嫌悪感を感じていた。でも、知りたいという気持ちが上回ってしまった……。

そして、次の日の午前中、嫁がどこに行っているのかわかってしまった。ノートPCで履歴を見ると、まったく知らない場所に行っているのがわかる。そして、少なくても2時間以上はそこにいるようだ。

マップで見てみると、そこは雑居ビルのようだ。そこそこ繁華街の雑居ビル……。俺は、ストリートビューでそのビルを見てみた。すると、そのビルはいわゆる風俗ビルと呼ばれるようなタイプのビルだった……。

俺は、まさかと思いながらそのビルを検索した。風俗店以外も、何か入っているのではないか? そんな気持ちだ。でも、1階から5階まで、全て風俗店で占められていた……。

俺は、まったく信じられなかった。まさか、風俗店で働くなんて……あり得ない……。GPSの精度が悪くて、間違っている……。俺は、そう思った。

会社帰り、そのビルに寄ってみた。すると、1階はギャル系ヘルス、2階はピンサロ、3階はイメクラ、そして、4階と5階が人妻ヘルスだった。俺は、どうしても信じられない気持ちだった。

周りを見ると、古い雑居ビルやマンションが並び、嫁が行くような店はない。俺は、貧血にでもなったようにフラフラしながら、気がつくと公園のベンチに座っていた。そして、スマホでさっき見た店のサイトを見始めた。そして、4階と5階の人妻ヘルスのサイトに、妻に似たヘルス嬢を見つけてしまった。顔が隠されていて、キャミソールみたいな下着姿の身体だけだが、特徴的なFカップと、抜けるような白い肌、そして、少し太めの太ももが瓜二つに思えた。
プロフィールを見ると、年齢25歳の若妻、Gカップの美巨乳、おすすめの新人などと書かれている。嫁より若くて胸も大きいということになるが、こんなプロフィールはサバ読みなんて当たり前のはずだ。なにより、身長が全く同じなのが気になる。

嫁なんだろうか? 見れば見るほど、嫁に見えてくる……。でも、風俗で働かなければいけないような理由もないと思う。お金に困っているわけでもないし、借金もない。本当に、なにも心当たりがない。

俺は、確証を持てないまま、帰宅した。家に帰ると、嫁はいつも通り出迎えてくれ、夕ご飯もすぐに出てくる。そして、昨日に続いての子作りも始まる。俺は、嫁を抱きながら、さっきの風俗店のサイトの事ばかり考えてしまっていた。

でも、嫁が見ず知らずの男に性的なサービスをしている姿を想像したら、驚くほど興奮し、あっけなく射精してしまった……。
『どうしたの? 凄く興奮してたね。ビックリしちゃった』
嫁は、1分と保たなかった俺に、目を丸くしながら言う。嫁は、早漏を恥じている俺に構わず、お掃除フェラを開始した。丁寧に、口で綺麗にしてくれる嫁……。俺は、前はこんなことはしなかったのにな……と、暗い気持ちになっていた。あの風俗店のサイトの説明書きには、お掃除フェラは標準サービスと書いてあった。

俺は、嫁がお客さんにお掃除フェラをしているところを想像して、激しい嫉妬に襲われた。そして、嫉妬に狂ったように嫁に覆いかぶさり、立て続けのセックスをした。

【続きは出典元で】

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
【同じジャンルの体験談】
・子育ても落ち着いた妻が、前に働いていた会社でパートを始めた結果2
・まだ19歳のロリ妻が、私のED治療で他人棒を経験した2
・不妊治療をあきらめた嫁は、私の兄に受精を託しました3
・今年の夏も、いとこと巨乳で無防備な叔母が遊びに来ました3
・嫁の身体だけじゃなく心まで友人に寝取ってもらいたい俺7

強気な姉さん女房が寝取
[ 2017/10/10 09:26 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitterフォロー
おすすめ動画