満員電車に不慣れな外国人ツーリストは狙い目ですw

銀座を観光していた外国人が地下鉄に乗り込み、夕方のラッシュの時間に紛れ込んでくることがよくある。
初めは比較的空いているものの途中から激混みになるんだが、白人さん達はそんなこと知る由もないわけで・・・。

慣れない満員電車で身体を前後に揺らすので、背後に立ってるだけで勝手に腰を押し付けてくる状態になる。
お土産を足元に置いたりと不安定な姿勢が長いこと続くため、あまり後ろのことなんかには気を遣ってられない様子だったりする。

・このブログの今回のオリジナル体験談更新情報(毎月3〜4本更新しています)

まあ白人女性とはいえ大半が熟年夫婦だったりするので、肥えてしまったガタイの良い体躯のオバさんと遭遇することが多かった。
稀にドラマに出てきそうな佇まいの、美しい顔立ちにエレガントな装いといったセレブそのものなミセスと密着することもあった。

ただ言えるのは、手の甲が触れている状態では無反応であるということ。
凹みの奥部にまで指先が触れても無抵抗のことがあった。
大きめのお尻は硬く張りのあるゴムボールのような弾みで、感触としてはほとんど無機質な感じで、物足りなく素っ気ない印象でしかなかった。

こっちが微動だにしなければ、肛門の収縮する動きまで指先で感じられるのだが、手の平に返すとさすがに何事かと振り返られた。
倒れまいと踏ん張った状態で両の太股に力を込めているので、お尻の筋肉の動きと同時に肛門も引き締まってくるのがよくわかった。

鼻に突く独特の刺激がある外国人特有の臭いは、知らず知らずのうちに慣れてしまった。
キツめの香水が混じっていると形容し難い臭気になったりして、ワンピース越しに局部に押し当てていた指先には芳香がいつまでも残っていて、洗っても落ちないほどであった。

総じて白人の肌はサメ肌というくらいザラついていた。
逆に黒人のほうがスベスベとした滑らかで艶やかだと知った。

暑い時期にはジットリと汗が染みこんだ半濡れのTシャツにブラが透けて見え、密着する肌に汗が伝わってきたりした。
穿いているのがTバックかどうかはすぐにわかった。
ワンピースだと薄い生地1枚を隔てて人肌に当たるので、生々しい触感が直に手先に伝わってきた。
スパッツを着用した黒人のお尻は弾力とは無縁でゴツゴツと硬い物体のようだった。
ラテン系のデカ尻娘は指先から探っても下着の線が見つからなかった。
ノーパンかどうか確かめるため何度も撫で回したのだが、確信は得られなかった。
執拗なまでに臀部を玩んだにも関わらず、意に介せず周囲に笑顔を振りまいていた。

臀部には触れられても深部にまで至ることは多くないのだが、パンツスタイルの日灼けしたブロンドと相対した際は、柔らかい凹み部分を当て擦すり、伸ばした指から生地を通してふっくらとした恥丘の盛り上がりが確認できた。
ぎこちない立ち方で何度もよろめき、後ろに寄りかかるように体重をかけてくるので、容易にヒップに手を滑り込ませることができた。
横にいる夫との話に夢中なのか、指先を徐々に湿り気のある奥部にめり込ませても全く知覚してない様相であった。

サングラスをかけた170センチ近い長身のミセスは腰の位置が高く、厚みのある後ろに突き出た立体的なお尻は迫力があった。
倒れかける度に「ソーリー」と声を掛けられた。
健康的な小麦色の肌に白のタンクトップがよく似合っていた。

・2017年度寝取られ作品群ランキング!
・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧

他の体験談を探す
【同じジャンルの体験談】
・合格のご褒美に何でもしてくれると言った嫁を他人に抱かせた
・名家に生まれたばかりに、妻が一族に種付けされることになりました
・ロリ巨乳な美少女に彼氏の前でハメて欲しいと言われたが、彼氏じゃなくて美少女がいた2
・妹が同人描く参考にアレを見せろと言って来た上に、定規で測り始めた
・息子の上京をきっかけに、妻が若い恋人との交際を告白してきた2
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声

強気な姉さん女房が寝取

[ 2017/08/09 21:00 ] 男性の体験談 痴漢した体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ