ふたりエッチなマジックミラー号で犯された若妻

「ささ、入った入った」
二人の若い男に促され、小野田優良はトラックのコンテナに足を踏み入れた。
(なんかすごい……)
中は素人目に見ても変わった作りをしていた。
天井から釣り下がる照明器具や、床に敷いてある簡易マットはいいとして、目を引いたのは側面の壁だった。
ほぼ一面がガラス張りになっていて、外の風景が丸見えなのである。

「すごいでしょ?これ、マジックミラーなんだ。外からは鏡にしか見えないんだよ」
「そうなんですか……」
優良はマジックミラー越しに外の風景を見やった。
強い日差しの中、遠くに見える浜辺は多くの人で賑わっている。
本当なら今ごろ、真さんと二人で……。
優良は思わずため息をついた。
一泊の予定で海水浴に来たのだが、急に真が体調を崩してしまい、今は旅館でダウンしていた。

「僕のことは気にしないでさ、散歩でもしてきなよ」
という真の気遣いもあり、優良はパーカーを羽織ると、新しいビキニの試着を兼ねて、近くの浜辺を散歩する事にした。
照りつける日差しがジリジリと肌を刺し、灼けた砂浜はビーチサンダルなしではとても歩けそうにない。
しかし、浜に打ち寄せる波の音や、人々の楽しげな歓声を耳にし、優良は心を弾ませた。
そんな折だ。二人の若い男に声をかけられたのは。
「こんちゃ。よかったらなんだけどさ、取材に協力してもらえないかな?」
「……取材?」
「水着美人の意識調査。すごくイケてるよ、そのビキニ」


小麦色の男がニコリと微笑むのをみて、優良は頬を上気させた。
パーカーの隙間から覗く、赤い、セクシーなビキニ。トップのストラップは肩口で結び、豊満な乳房が美しいフォルムを描いている。下半身を覆うボトムは、バックスタイルがハーフカットになっていて、みずみずしいヒップが半分ほど露出していた。

「まあ、取材って言っても簡単だし、ね、いいでしょ?」
迷う優良だったが、男たちは執拗に食い下がる。
結局根負けした優良は
「……じゃあ、ちょっとだけなら」
と返事をしたのだった。

-2-
「やあ、どうもどうも。カメラを担当している者です。よろしく」
コンテナの奥から三人目の男が現れた。
声をかけてきた二人とは違い、40絡みの太った男だ。
「じゃあとりあえず、撮影に入るんでパーカーを脱ぎましょうか?」
「……撮影?」
そんな話は聞いていない。優良は表情を曇らせた。
「ああ、お気を悪くなさらないで。ただのスチール写真ですから。気軽にね」
カメラマンの口調は穏やかだったが、頑とした意志があり、なぜか口を挟めない。
「……分かりました。でも、少しだけですよ」
優良は、勢いに押されて了承した。

「おお」
パーカーを脱いだ途端、男たちの視線が優良の肢体に集中した。
剥き出しになった白い肩、メロンのように豊満なバスト、むっちりと成熟した艶やかなヒップ……。
匂うような優良の色香が、コンテナ内に充満する。

「やあ素晴らしい。スタイルが抜群だからビキニが映えますね」
「ありがとうございます……」
浜辺では気にならなかったものの、やはり、狭い空間でまじまじ見られると抵抗がある。
そんな優良の戸惑いを余所に、男たちは手馴れた様子で機材の準備に取り掛かった。

「じゃあ、とりあえず一枚」
まばゆい閃光が走った。
天井からもライトをあてられ、優良のセクシーな姿が光の中に浮かび上がる。
「とてもキレイですよ。美人だし、肌も白くて美しい。いやいや、まったくうらやましいですな」
「うらやましい?」

「ええ、あなたの恋人がです。こんなにも素晴らしい女性を自由にできるなんて……。あ、もうちょっとこちらに目線をください。そう、いいです。実にいいです」
カメラマンの熱っぽい口調に、自分が人妻だと言いそびれてしまう。
実際、男の話術は巧みだった。
モデルでもない優良が、つい、その気になってしまうほどだ。

「次は膝をついてください。ああ、ゆっくりと、そう、いい表情です」
カメラマンの指示通り、優良はゆっくりと膝をつき、上目遣いでレンズを覗いた。
まばゆい閃光がそれに続く。
(なんだろう、この感じ……)
背筋に軽い痺れが走り、胸の辺りがざわざわとする。
白い肌が火照り、全身が薄っすらと汗ばんだ。
撮影されているだけなのに、優良は微かな昂ぶりを覚えていたのだ。

「あ、あの……後の方は何を?」
優良が躊躇いがちに口を開いた。
カメラマンの背後で、若い男がビデオカメラを回していたのだ。
「ああ、ちょっとあなたの動きがほしかったんです。スチール写真だけじゃもったいないですから」
「はあ……」
疑問が残るものの、優良は再び正面を見据えた。

「次は……そうですね、胸の前で両腕を組んでください。谷間を強調しましょう」
男の指示通り、ビキニに包まれた乳房を両腕ではさんだ。
ボリュームのあるバストがグイッと中央によせられ、谷間の影を濃くする。
「そのまま、そのまま……」
触れんばかりにカメラが近づけられ、汗ばむ乳房を接写していく。
こ、こんな近くで……。
カメラマンの熱気が伝わってくると、優良の首筋がちりちりとした。

「ええと、ちょっとお願いがあるんですが……」
シャッターを押し続けながら、男が口を開く。
「……なんでしょう?」
「あのですね、できたらこれ、解いてもいいですか?」
「え?」
男が優良の肩に手を伸ばした。
その先には、ビキニを支えるヒモの結び目があった
「そ、それは……困ります」
さすがに優良は鼻白んだ。そんな事をされたらビキニが取れてしまう!
「ああ、誤解しないでください。この美しい肩のラインがどうしても撮りたいんです。ぜひお願いします」
熱っぽく続ける男の前で、今の優良は無力だった。
「……分かりました」
コクリと頷くと同時に、若い男が慣れた手つきで結び目を解いた。
ビキニのヒモがぱらりと落ちる。
抜けるように白い肩口を露わにし、鎖骨のくぼみが妖艶さをかもし出す。

「ああ、すごくセクシーだ」
次々と焚かれる閃光が、優良の肢体を押し包む。
彼女の脳裏には、今の恥ずかしい姿がくっきりと映し出されていた。
恥ずかしくて、どこか、せつなくて……。
頭の芯がジーンと痺れていく。
下腹部が何故かムズムズし、優良は顔を赤らめた。

「――――いいですか?」
「は、はい」
惚けていた優良は、反射的に返事をした。
「それじゃあ取りますよ」
「え?」
次の瞬間、目を見開く。
傍らにいた若い男が、腕と乳房の間にあるビキニをサッと抜き取ってしまったのだ。
「あっ」
優良はとっさに背中を丸めた。
迂闊にも、ビキニを取ることを承諾してしまったのだ。
今、優良の生乳は腕だけで隠されている。
いや、それも完全にではない。
ボリュームたっぷりの乳房なだけに、下乳がどうしてもはみ出てしまう。

「……か、返してください」
「何をおっしゃる。これからじゃないですか。さあ、顔をあげてください」
そろそろと顔を上げると、男たちが三人、優良の周りを取り囲んでいた。
男たちの体臭がむっと鼻をつく。しかし、不快な感じはしない。
むしろ甘い眩暈を覚えたほどだ。

「手のひらでオッパイを隠しましょうか?」
「え?でも……」
いやらしいポーズを思い浮かべ、優良は顔を熱くした。
「そのほうがしっかりと隠れます。さあ」
「は、はあ……」
そうね。その方がちゃんと隠れるもの。
優良は自分を納得させると、乳首が露出しないよう注意を払いながら、乳房の上に手のひらを重ねた。

「いい!すごくいいです!」
男は興奮気味に何度もシャッターを切った。
手ブラ状態の優良がフィルムに収められていく。
女盛りの肢体が汗ばみ、妖艶な光沢が全身を覆いはじめる。
「なんか、あついな」
「ああ、ちょっと脱ぐか」
男たちは口々につぶやきながらTシャツを脱いだ。
露わになる逞しい肉体。一段と強くなる男たちの体臭。
(真さんとは全然ちがう……)
優良の脈がトクントクンと早鐘を打つ。

「それじゃ、ちょっとだけ、バストトップの撮影をしましょうか?」
「……バストトップ?」
「ええと、平たく言えば乳首ですね」
優良がビクリと顔をあげた。
「そ、それって、オッパイを全部、見られちゃうってことですか?」
「いやいや。そんなに深刻にならないでください。モデルさんはトップくらい普通に出してますよ」

「そ、そんなこと出来ません」
「あー、分かります。分かります。最初は恥ずかしいですよね。ボクもそう思います。それじゃですね、指でトップを隠すのはどうですか?それで終わりにしますから」
強制はしないものの、男は優良を巧みに誘導する。
「……本当に、それで終わりですね?」
「もちろんです。さあ、お願いします」
男の口元から白い歯がこぼれ落ちる。
(……これで終わるなら)
優良は小さく頷くと、手をゆっくりずらせていった。
-3-

「もうちょっと、もうちょっと」
男の指示の元、乳房を覆っていた手の平が五本の指だけになり、やがてその本数が減っていく。
指の数が二本になった時、覆いきれないピンク色の乳輪がチラリと顔を出した。

(ああ、ダメ。これ以上はダメ……)
羞恥のあまり優良は身体を震わせた。
その時だ。男が優良の手首を掴んだのは。
「力を抜いてください」
「え?」

一瞬の隙をついて、男は優良の両手を左右に割った。
「あっ、だめっ!」
抗うには遅すぎた。
白いゴム鞠のような乳房がぶるんと弾み、男たちの眼前にこぼれ落ちる。
「おお、すげえ」
「めちゃくちゃキレイなオッパイじゃん」
男たちは感嘆の声を上げながら、剥き出しになった乳房を凝視した。

「いやっ、だめっっ」
優良は身をよじってもがいたが、男の力に敵うはずもなく、魅力的な乳房が左右に揺れるだけだった。
「あれ、乳首たってるね」
「そ、そんなわけありませんっ!」
「見てみなよ。本当だから」
優良は耳まで顔を赤くした。
男の指摘どおり、桜色の乳首が硬く尖っていたからだ。

「オッパイを見られただけで興奮するなんていやらしいんだね」
手首を掴む男が笑みを浮かべる。
それと同時にフラッシュが焚かれ、ビデオが乳首を接写する。
「そ、そんな事ありませんっ!わたし、もう帰ります」
「いいんですか?こんなになってるのに」

「ひゃうっ!」
優良が体を弾ませた。男の舌先が乳首に触れたのだ。
「だ、だめ、んんっ、ああ……あ」
敏感な部位を弄られて、優良の口から熱い吐息が漏れ始めた。
男の暖かい舌が、乳輪の裾野からゆっくりと螺旋を描く。
それが頂点に達すると、音を立てて吸われた。

「はっ!あっ!」
口の中でコロコロと転がされる優良の乳首。
(へん、変になる……)
見ず知らずの男に乳首を蹂躙されているというのに、優良は性的な興奮に包まれていた。
乳首は硬く充血し、男の舌先を強い弾力で跳ね返す。

「おいしいオッパイだ。たまらないよ」
顔を上げて男がつぶやく。
開放された乳首は唾液まみれになり、ねっとりと妖しい光沢を放っていた。
「そ、そんな、いやらしい……」
「本当の事だからしょうがないじゃん」

優良の肢体を抱きしめながら、耳元で男がささやく。
二人の間で押しつぶされた乳房が、むにゅりと横にはみ出した。
(わたし、おかしくなっちゃう……)
若い男の体臭が鼻孔をくすぐり、頭の中が上気する。

「さあ、力を抜いて……」
男が優良に圧し掛かる。
その圧力に屈した優良は、剥き出しの乳房を弾ませながら、
簡易マットの上に押し倒された。

「こ、こんな事いけません。いけない事です」
「彼氏に悪い?」
「彼氏じゃありません。あの、わたし、夫がいるんです」
その言葉を聞いて、男たちは驚きの表情を浮かべた。
「え、ほんと?てっきり独身かと思ってた」
「ですから、本当に困るんです」

「でも、浮気くらいしたことあるでしょ?」
「わたし、夫としかエッチしたことありません」
「……へえ、それじゃ、まだ旦那以外の男をしらないんだ?」
男たちは生唾を飲み込んで仰向けの優良を見下ろした。
重力に逆らってツンと上をむく美乳。

その先端にあるピンク色の乳首は、唾液にまみれ、挑発的に尖っている。
くびれたウエストと、肉感たっぷりの尻がひどく艶かしい。
顔立ちも美しく、まさに絶品の女だった。
それが人妻だという。しかも、旦那以外の男を知らないという。
(こりゃあ、掘り出し物だぜ……)
目の前に転がる極上の獲物を前にして、男たちは目をギラつかせた。
「で、ですから、もう……うんっっっ!!」
男が再び優良の乳首を口に含んだ。
啄ばまれ、転がされ、甘噛みされ、荒々しく弄られる敏感な蕾。
男の技巧は巧みだった。未熟な真とは比べ物にならない。

「あっ、あっ、だめえ、舐めちゃだめえっ」
優良は首を振って体を仰け反らせた。
男は乳首を吸いたてながら、乳房を鷲づかみにすると、強弱をつけて揉み始めた。
白い柔肉が男の手の中で変形していく。
「ねえ、セックスしようよ。旦那以外の男もいいもんだよ」
「そ、そんなこと、だめです。絶対だめですっ」
「これでも?」

男はより強く乳房を揉んだ。
白い柔肉が指の間からむにゅりとこぼれ、先端の乳首がぎりぎりと搾られる。
「あっ、ううんっっ!!」

優良は弓なりに体をしならせた。
その様を逃すまいと、フラッシュの閃光が次々に放たれた。
(わ、わたし、どうなっちゃうの……)
乳房を執拗に愛撫され、優良の瞳がとろんと潤む。

人妻とはいえ、未開発の部分が多い優良だ。
海千山千である男の手管に掛かってはひとたまりもない。
「下のほうはどうなってるかな」
「あっ、だめっ!そこはだめなのっ」
男は無造作に、ビキニボトムの中に手をすべり込ませた。
「なんだ、すげえ濡れてるじゃん」
「いやっ、あっ、あっ」
男の指がいやらしく秘裂をなぞり始めた。
花びらが徐々にほぐされていき、優良の意識が遠のいていく。

「ここ、好きでしょ?」
クリトリスの包皮が剥かれ、中からピンク色の真珠が顔を覗かせた。
「だめっ、そこ、だめえっっ」
「こんなに硬くしといてなに言ってんの?」
「あううんんっっ」
もっとも敏感な女性器官をこねられて、優良は背中を反り返らせた。

男の愛撫はやはり巧みだ。
ぷっくりと充血したクリトリスが優しく形を歪める。
「あうっ!はうんっ!!」
快楽が全身をかけめぐり、優良は全身を突っ張らせた。
「へへ、いい感じじゃん。指、入れるよ」

男の指が女の入り口を捉えると、ためらう事無くズブズブと沈められた。
「ひうっっ!あっ、やっ、抜いて、抜いてえ……」
「すげえ狭いね。ちゃんとほぐさないとおれの入らないや」
男はニタニタと笑いながら、指をズボズボと前後させた。
「ん、んんっ、あっ、ああっっ」
男の指がピアニストのように蠢き、容赦なく優良を責め立てる。
おびただしい量の愛液が溢れ出し、ぐちゃぐちゃと音を立てた。
(だめ、わたし、だめになる)
意思に反して昂ぶる体。男はそれを見逃さない。
「とりあえず一回イキなよ」
指が二本に増え、優良の内部をほじくりかえす。
「ああっ、だめえっ、こわい、わたしこわいっっ!」
優良の腰がせり上がり、クイクイと淫らに前後した。

「そらっ!いっちまえ!!」
指がぐちゃりと根元まで差し込まれ、親指がクリトリスを押し潰した。
その瞬間、優良の体が大きくバウンドした。
「ああああっ、だめっ、だめええええっっっ!!」

あごを突き出し、優良は喉を搾るようにして呻いた。
アクメに達した女体は、深い悦に翻弄される。
(こ、こんなの、はじめて……)
肢体を痙攣させながら、優良は意識を朦朧とさせるのだった。

-4-

(こんな上玉、ここで使うのはもったいねえな)
ぐったりと横たわる優良を眼下に、カメラを構える中年男がぼやいた。
『マジックミラー号でイク』
男が数年前に企画したアダルトビデオのタイトルであり、いま撮影しているのがまさにそれだ。
この手の企画モノは短命で終わるのが常だが、幸いな事に今だ人気を誇っている。
世の男は、恥らう素人女が股を開くさまに興奮するのだろう。

しかし、である。
目の前に転がる人妻は別格だった。
長い事この商売をやっているが、これほどの女はついぞ拝んだ事はない。
(……まあ、仕方ねえか。おれも後で楽しめばいいしな)
中年男は何度か頷くと、男優である若い男に目で合図をした。

男は得たとばかりにサーフパンツを脱いで全裸になった。
ガチガチに勃起した肉棒が現れる。
逞しい体躯に見合ったそれは、優に20センチを超える巨大さだった。
セックスしか能のない男だが、それだけに素人女などひとたまりもない。

「どれどれ、邪魔なのは脱いじゃおうか」
男はいやらしい笑みを浮かべて、優良のビキニボトムに手を掛けた。
(あ……)
布の感触が太ももを通り、足首から抜き取られる。
火照った陰部が外気に触れた。
「さて、人妻の道具を拝見しますか」
このままでは一番恥ずかしい所が見られてしまう。
優良は必死になって抗おうとするが、絶頂を迎えたばかりの体は弛緩していうことを聞かない。
そうこうする内に男の手が膝頭に乗せられた。

「ご開帳といきますか」
優良の美脚がMの字に割られ、秘密の場所が露わになった。
「すっげえ、本当に人妻かよ。全然使ってねえな、これ」
剥き身にされた優良の性器。
きれいなピンク色をした二枚の肉唇、上部に位置する女の芽は敏感に突起している。
男の言うとおり、人妻の持ち物とは思えない。優良の性器は可憐なまでに美しい。
しかし、魔指の蹂躙を受けた膣穴は蕩けきり、小さく口を開けていた。

「だ、だめ……見ないで……」
優良が弱々しく口を開いた。
(……たまんねえな)
男はじっとりとその様を凝視する。
潤んだ瞳は少女の面影を残し、小さな唇は柔らかそうだ。
しかし、突き出た乳房は自己主張をやめないし、濡れぼそる性器は男根の挿入を待ち焦がれている。
人妻の貞淑な一面と、淫靡な一面。
これらが複雑にせめぎあい、淫らなコントラストを描いていた。

「始めようか、奥さん」
男は青筋ばった肉杭を握りしめ、亀頭を膣口にあてがった。
優良の肉がくちゅりと音を立てた。
彼女の貞操は風前の灯火だ。
男が少し腰を送り出せば、それで終わる。
「お願いします……それだけは……許して……」
最後の一線だけはこえまいと、優良は朦朧とした意識を奮い立たせた。
その行為自体、男の情欲に火をつける。

「旦那とは違う味を教えてやるよ」
男は静かに腰を押し出した。
怒張の圧力に屈し、優良の秘穴が大きく口を広げた。
「あうんっっ」
鎌首がズボリと埋没し、優良は目を見開く。
まとわりつく肉壁の感触を味わいながら、男の腰はゆっくりと沈められていった。

「あっ、あっ……」
5センチ、10センチ、15センチ……。
絶望的な圧迫感とともに、巨大なペニスが優良の肉洞を侵食していく。
「だ、だめえ、これ以上、あっ、くるっ、きちゃうっ」
「そうら、奥までっ!」

男は優良の尻肉を掴むと、残った肉杭をいっきに根元まで叩き込んだ。
「んっ、ん――っっっっ!」
先端が膣奥に達し、肉洞が男性器で満たされる。
一体になった二人の姿を逃すまいと、おびただしいフラッシュが瞬く。
(あっ、私、ああっ、真さん以外の人に……)
――こうして優良は、セカンドバージンを散らした。

-5-

「おほう、たまんねえぜ」
肉路の貫通を果たした男は、両乳房を揉みしだきながら愉悦に浸った。
優良はたまらない。巨大な鉄杭に串刺しにされたようなものだ。

「ぬ、抜いて、おねがい、抜いてえ」
男を引き離そうと必死で抗う。
しかし、がっちりと穿たれた肉棒はピクリとも動かない。
「そう邪険にするなよ。おれたちはもう他人じゃないんだぜ?」

男は身を倒して優良の唇を奪った。
一瞬の間を置いて、男の舌がぬるりと差し込まれる。
「ん、んぐぐ……」
ねちっこいディープキス。舌と舌が絡み合い、時おり強く吸われた。
しばらくして男の唾液が送り込まれる。
行き場を失ったそれは、自然、嚥下せざるを得ない。
優良のか細い喉がコクコクと上下し、唾液が胃に送り込まれた。

(わ、わたし、もう、だめ)
子宮に至るまでの路を男性器で埋め尽くされ、口内を思うがままに蹂躙された。
もう、守る所など残っていない。
あとはただ、男が果てるまで身を委ねるのみだ。
(……真さん、ごめんなさい)
意識を白濁させながら、優良は心のなかでつぶやいた。

「かわいいぜ、あんた」
よくやくキスを終えた男は、優良を満足そうに見やった。
「へへ、だんまりかい?まあいいや。たっぷりかわいがってやるからさ」
男は上体を起こすと、正常位で優良を犯し始めた。
(え、う、うそ、こんな、んっ、真さんと、全然違う)

規格外の肉棒に陵辱され、優良は驚愕のあまり目を見開いた。
大きい。大きすぎる。
真ではとうてい考えられない所まで、男のモノは易々と届いた。
「あっ、く、苦しい……あっ、だめ、抜いてえ……」
子宮をグイグイ圧迫されて、息も絶え絶えに訴える。
しかし、優良とて人妻だ。未開発な処女ではない。
膣内のヒダは次第に柔軟さを取り戻し、男に形を合わせていく。

「おほう、すげえ締め付けだ」
竿に吸い付く膣壁の感触を味わいながら、男は本格的な抽送を開始する。
「あうんっ!あ、だめっ、あっあっあああっっ」
力任せに打ち込まれる肉棒。
雁首の段差が膣壁を擦りあげ、先端が子宮口をこじ開けようとする。

若さに任せた速射運動の前に、男性経験に乏しい優良はひとたまりもなかった。
(こ、壊れる、こわされちゃうっっ)
膣が肉棒で掻きまわされ、子宮口にグサグサと突き刺さる。
未体験の快感が優良を襲った。
こ、こわい。でも、でも……すごく気持ちがいい……。

官能の波が交互に押し寄せ、優良の理性を削り取る。
後に残るのは、男性器に貫かれ、喜びを感じる女の本能だった。
「あっ、すごいっ、……いいっ、気持ち、いいっっ!!」
ついに優良は、歓喜の声を上げはじめた。

それを聞いた男は口元を歪め、強く腰を送り続けた。
バチーンバチーンと肉と肉がぶつかり合い、性行為の激しさを物語る。
「おらっ、イケ、イっちまえっっ!」
「あっ、くるっ、きちゃうっ」

優良は夢中で啼き叫んだ。
グググと下半身が持ち上がり始める。
「うお、すげえっっ」
突然、肉棒を包む膣肉が収縮を開始した。
路が急に狭くなり、膣奥が小刻みに痙攣し始める。
全身の毛穴が開き、汗がどっと噴き出た。
「あ、クっ、イクっ、イクウゥゥゥゥ」
瞬間、優良は官能的な肢体をガクガクと震わせ、オルガズムを迎えた。
男も最後のピストンに取り掛かる。
「うおおおおおお」
愛液が飛び散るほどの、激しい抽送。
腰と腰がぶつかり合い、千切れんばかりに乳房が揺れる。

(このまま中に出してやろうか……)
一瞬邪念が頭を横切るも、これはAVの撮影であり、人妻相手に膣内射精はまずい。
男は最後の一突きを力任せにねじ込むと、ズルリと引き抜き、優良の腹の上で射精を開始した。
「おっ、おうっ、おうっ」
勢いよくほとばしる男の精液。
腹ばかりでなく、優良の乳房や顔に降り注いだ。

(あ、熱い……)
セックス後の気怠さが優良を押し包む。
顔を横に向けると、遠くの浜辺が目に映った。
打ち寄せる波、走り回る子供達……。
隔たれた空間のなか、優良はゆっくりと目を閉じた。

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
【同じジャンルの体験談】
・子育ても落ち着いた妻が、前に働いていた会社でパートを始めた結果2
・まだ19歳のロリ妻が、私のED治療で他人棒を経験した2
・不妊治療をあきらめた嫁は、私の兄に受精を託しました3
・今年の夏も、いとこと巨乳で無防備な叔母が遊びに来ました3
・嫁の身体だけじゃなく心まで友人に寝取ってもらいたい俺7

強気な姉さん女房が寝取
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitterフォロー
おすすめ動画