息子と混浴温泉に入ったら人妻さんがいて、ムスコがお世話になりました完【転載禁止】

私は、セーラー服姿の夕子さんと夢中でキスを続けました。私の耳には、夕子さんの名前をうめくように呼ぶ旦那さんの声が聞こえています。チラッと旦那さんの方を見ると、彼はオナニーを開始していました。

夕子さんが元カレとエッチする姿を見たい……。それは、いわゆる寝取られ性癖というヤツだと思います。私は、40過ぎの夕子さんのセーラー服姿に、もの凄く興奮しながらも、いいのかな? と思っていました。

『なお君、いつもみたいにおっぱい舐めて欲しいな』
夕子さんは、元カレの名前で私を呼びながら、甘えた声でおねだりをします。私は、彼女のセーラー服の上着をまくり上げ、ピンク色の可愛らしいブラジャーを下に引き下ろしました。ブラをしたままおっぱいが丸見えになる夕子さん。

張りがあって大きなおっぱいですが、多少垂れていますし、乳首も大きめで色素沈着もあります。女子校生のおっぱい……と言うには無理があります。でも、私はそのギャップがたまらなくイヤらしいと感じます。

『なお君、恥ずかしいよ、そんなに見ないで』
可愛らしく胸を腕で隠す夕子さん。昨日は淫乱な痴女というような感じだったのに、今はまるで恥じらう少女のような仕草だ。役に入り込む役者さんみたいだ。

「綺麗だよ。夕子、愛してる」
そう言って、私は彼女の腕を外し、乳首に舌を這わせました。すでにカチカチになっている乳首に舌が触れると、夕子さんは身体をビクッと震わせます。
『なお君、気持ち良い。もっとして、愛してる。ずっと一緒にいようね』
夕子さんは、そんな事を言ってきます。夕子さんが愛しているとい言うと、旦那さんはうめき声をあげます。旦那さんに見られながら、その奥さんの乳首を舐めるのは、ものすごく背徳感があります。いいのかな? と、思いながらも、異常なシチュエーションに興奮がどんどん大きくなります。

私は、指でも夕子さんの乳首を責めていき、ギュッとつまんだり、歯でも噛んだりします。
『うぅあっ、気持ち良いっ。なお君すごく気持ち良いっ! なお君、愛してる。大好きだよ』
夕子さんは、演技というよりは、昔に戻ってしまったような感じです。私は、乳首を責めながら、彼女のスカートの中に手を滑り込ませてました。そして、ショーツの上からアソコを触り始めると、すでにグチョグチョに濡れてしまっています。
「夕子はワルい子だね。こんなに濡らしちゃって、エッチな子だ」
私は、夕子さんの彼氏というノリで責め続けていきます。
『ごめんなさい。だって、なお君に触られるだけで気持ち良いから……。エッチな夕子に、お仕置きして下さい』
夕子さんは、興奮した顔でそんな事を言いました。私は、一気に彼女のショーツを引き下げ、ツルツルのパイパンをあらわにしました。

これだけ明るい照明の下で見ると、陰唇も多少肥大していて、色素も沈着しています。でも、私はむしゃぶりつくように舐め始めました。大ぶりなクリトリスはすでに包皮が剥けて剥き出しです。私の舌が触れると、
『っぁっ、気持ち良いっ、もっと、もっと舐めてっ。なお君、気持ち良いっ』
と、夕子さんはとろけた声を上げ続けます。すると、旦那さんが強めにうめき声をあげました。チラッと彼を見ると、彼は射精をしていました。自分の奥さんが他の男にクンニされているのを見て、こんなに早く果ててしまう彼……。でも、そのままオナニーを継続しているようです。どれだけ興奮しているんだろう? と、驚いてしまいます。

すると、夕子さんがググッと体勢を変えながら私の股間をまさぐってきました。
『なお君の、大っきくなってる。今度は私がするね』
夕子さんは可愛らしく言うと、私のペニスを剥き出しにしていきます。
『ふふ。なお君のおちんちん、やっぱり大きいね。大っきいおちんちん、大好きだよ。今日も、いっぱい奥までイジメてね』
夕子さんは、大きいという言葉を強調しながら言います。すると、旦那さんのうめき声が大きくなりました。
「夕子……。あぁ、そんなに大きいのがいいのか……」
悲しそうな声で言う旦那さん。確かに、旦那さんのペニスは見てわかるほど短小です。私のペニスが標準より大きめなのに対して、明らかに平均値以下に見えます。

夕子さんは、私のペニスをくわえてフェラチオを開始しました。
『やっぱり大きい。ごめんね、歯が当たっちゃうね』
そんな事を言いながら、フェラチオを続ける彼女。私は、優越感を感じながらも、やり過ぎなんじゃないかな? と、心配も大きくなります。

『あぁ、素敵。本当に固くて大きい……。男らしくて逞しいよ。愛してる。なお君も、なお君のおちんちんも大好きだよ』
夕子さんは、さらに旦那さんを煽るような事を言い続けます。夕子さんは、言っている内容とは違い、下手くそではなく巧みなフェラを続けます。カリ首を夕子さんの舌が這い回るたび、射精感がどんどん高まっていきます。私は、彼女のアソコに手を伸ばしていきます。そして、指を彼女の膣中に挿入して、Gスポットを意識しながらこすり始めると、
『ンッ! ン〜っ! ンッふぅ』
と、フェラチオしながらあえぎ続ける夕子さん。膣が強烈に締まってきて、指が痛いくらいです。そして、降りてきている子宮に指が触れる度、夕子さんは身体をビクンと跳ねさせます。

『なお君、もう我慢出来ないよ。入れて。この大っきなおちんちん、エッチな夕子に入れて下さい』
夕子さんは切なげな声を上げます。私は、すぐに彼女に覆いかぶさっていきます。セーラー服姿の彼女を押し倒すと、一瞬、いけないことをしている感覚になります。そして、ペニスを彼女の膣口に押し当てていき、
「コンドームはしなくてもいいんだよね?」
と、あえて聞きました。もう、何度も中に出していますし、彼女が避妊手術をしているのも聞いています。それでも、旦那さんが望んでいるんだろうなと思い、あえて聞いてみました。


『うん。安全日だから大丈夫だよ。なお君の、直接感じたいの』
夕子さんは、そんな事を言いました。私は、旦那さんの視線を痛いほど感じながら、生のペニスを夕子さんの膣中に押し込んでいきました。絡みついてくる膣肉の感触と、経産婦なのに痛いくらい締めてくる圧力に、私は軽くうめき声を漏らします。
『あぁ、なお君の入ってきたぁ。愛してる。ずっと一緒にいようね』
夕子さんは、目を潤ませながら言います。もしかして、本当に当時のことを思い出しているのかな? と、感じてしまいました。

そして、私は腰を動かし始めました。さすがに昨日から射精し続けているので、私にもまだ余裕があります。私は、イッてしまうのを心配せずに腰を動かし続けます。

『あっ、あっ、気持ち良いっ、奥まで当たってるよ、なお君のおちんちん、夕子の一番奥に届いてるっ』
夕子さんは、気持ちよさそうに声を出します。その言葉を聞き、旦那さんはうめきっぱなしです。チラッと見ると、彼はすごい勢いでオナニーをしていました。私には理解出来ないなと思いながらも、夕子さんが旦那さんを煽るような言葉を言って興奮させているのを見て、これも一つの愛の形なのかな? と、思うようになっていました。

「夕子、愛してる。すごく子宮が降りてきてるよ。そんなに気持ち良いの? そんなに妊娠したいの?」
私も、旦那さんが興奮するだろうなと思うワードを口にしました。
『気持ち良いっ! なお君の赤ちゃん、欲しいっ! 妊娠したいのっ! なお君、愛してるっ! 妊娠させてぇ』
夕子さんは、うわずった声で言います。芝居じみたことばかり言っていますが、本当に感じているようです。

「夕子、自分でクリトリス触ってごらん」
私は、夕子さんにそんな指示をしました。すると、夕子さんは一瞬ニヤッとした顔になり、すぐにクリトリスをまさぐり始めました。正常位で責められながら、自らクリトリスをまさぐる夕子さん……。卑猥の一言です。

『気持ち良いっ! なお君ダメぇ、イッちゃうっ、夕子イッちゃうよ。いい? イッてもいい?』
すごい勢いでクリトリスをまさぐりながら、夕子さんはそんな許可を求めています。顔が快感に歪み、初々しい女子校生という感じは消えてなくなりました。私は、夕子さんのイヤらしい姿に興奮し、さらに腰を強く振っていきます。
「まだダメだよ。イク時は一緒だから。いっぱい中に出すからね!」
私は、そんな事を口走りながら腰の動きを早めていきました。すると、夕子さんが私の乳首を舐めてきます。身体を折り曲げ、私の乳首に吸い付くようにしながら舐める彼女。でも、クリトリスはまさぐり続けたままです。

私は一気に射精感が大きくなり、限界が来てしまいました。
「夕子、ダメだ、もうイクッ、一緒にっ!」
私がうめくように言うと、
『イッてっ! 中に欲しいっ! 愛してるっ! うぅああぁっ、イッくっ! イクッ! イッグゥッ!!』
と、脚をピンと伸ばしながらのけ反りました。私は、思い切り彼女の膣奥に射精しながら、彼女にキスをしていました。快感と背徳感でゾクゾクッとしている私の耳に、旦那さんのうめき声が聞こえて来ました。見なくても、射精しているんだろうなとわかります。

『ふふ。いっぱい出したね。気持ち良かった?』
夕子さんは、女子校生モードをやめて、妖艶な笑みを浮かべながら言います。私は、気持ち良すぎて言葉もなく、ただうなずきました。

『あなた、興奮してくれましたか?』
私と繋がったまま、そんな質問をする夕子さん。旦那さんも、言葉もなくうなずくだけです。

『あなた、もっと近くに来て下さいね』
そう言って、旦那さんを招き寄せる夕子さん。旦那さんは、言われるままに夕子さんのすぐ近くまで移動しました。旦那さんの息遣いは荒く、まだ興奮状態なのがわかります。すると、
『見てて下さいね。今、この大っきなおちんちん抜きますから』
と、私に目配せをしながら言う夕子さん。私は、すぐにペニスを抜きました。すると、穴が空いたようになっている膣口から、私のザーメンが流れ出ていきます。何度も射精した割にかなりの量が出たようで、自分でも驚くほどザーメンが流れてきます。

「あぁ、夕子……すごい……」
旦那さんは、自分の奥さんの膣から流れ出る他人のザーメンを見て、興奮の極地にいるような顔になっています。寝取られ性癖も、ここまで極まってしまうと怖いなと思ってしまいます。

『あなた、こんなに濃いの出されちゃったら、妊娠しちゃうわ。お願いしますね』
夕子さんはそんな事を言います。すると、旦那さんは快感に震えるような顔で、夕子さんのアソコに顔を近づけていきました。私は、えっ!? と、声が出てしまいました。でも、旦那さんはかまわずに彼女のアソコに口をつけ、私のザーメンを吸い取り始めました。

『そう……もっと吸わないと……。また妊娠しちゃうわ』
夕子さんは、そんな事を言います。避妊手術をしたというのは、ウソだったのだろうか? 私は、そんな不安に襲われ始めました。旦那さんは、音を立てながら私のザーメンを吸い取り続けます。私は、優しげな顔金持ちの男性だと持っていた彼が、こんな寝取られマゾだと知って、本当に驚いていました。

『そうよ、もっと……すって……』
夕子さんは、興奮しきった顔でそんな事を言います。

『ザーメン、飲ませて……。若返るから』
すると、旦那さんが夕子さんにキスをして、口の中の私のザーメンを移動させていきます。夕子さんは、それをゴクゴクと飲み干しながら、旦那さんのペニスを指でもてあそび始めました。

『ふふ。ごちそうさま。あなた、もう固くなってますね。あんなに出したのに、まだ足りませんか?』
妖艶としか言えない顔で言う夕子さん。旦那さんは、興奮しきった顔で何度もうなずきました。夕子さんは、私の目の前で旦那さんにフェラチオし始めました。

『ふふ。こんなに固くなったの、いつ以来かしら?』
夕子さんは嬉しそうに言いながら、旦那さんのペニスをフェラチオし続けます。近くでみると、旦那さんのペニスは小さくて細く、そして包茎でした。これでは、エッチな夕子さんは満足出来ないだろうな……そんなことを考えながら、目の前の夕子さんのお尻を眺めていました。
スカートがまくれ上がり、白いお尻が丸見えです。アソコと同じで、お尻の周辺にもまったくへアがありません。手入れが行き届いているのか、それとも、もともと生えてこないのかわかりませんが、毛がないだけですごく幼く見えますし、キレイだなと思います。

でも、よく見ると夕子さんのアナルは、キュッと引き締まった感じではなく、若干開き気味見えました。私は、夢中でフェラチオを続ける夕子さんに無断で、アナルに指を這わせてみました。

『あぁっ、ダメぇっ、お尻はダメっ』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitterフォロー