僕のEDをショック療法で治すため、妻を他人に抱かせる結果となった

僕37歳、妻(Y美)27歳の子供なしの夫婦です。
僕のEDで、妻を他人に抱かせる結果となった。
それまでY美と何回も話し合った。
そして僕とY美の共通の友人Sを選んだ。
当日、Sは何も知らずに我が家に来て、夕食を共にした。

程なくして僕が切り出した。

僕「実はさ・・・聞いて欲しい事があるんだ・・・」

S「何だよ?改まって」

僕「あのな、EDなんだよ・・・」

S「エッ!ED?EDって勃起不全ってやつだろ?お前、そんな病気にかかってんのか?」

僕「そうなんだ・・・去年の暮れあたりから急に」

S「こんな綺麗な奥さんがいて?」

Y美は、以前モデルをやっていてスタイルは飛び抜けている。

僕「いやっ、Y美の事は愛してる」

S「でも、そう思えば思うほどモノが固くならないのか・・・薬は?バイアグラとか?」

僕「俺、体質的に薬は駄目なんだ。それでも色々と努力はしたんだよ。場所を変えてみたり、休みをたっぷり取ってやってみたりとね・・・。だけど、どれももうひとつでさ、最終的にショック療法しかないんじゃないかって」

S「ショック療法って?」

僕「俺の前でY美を抱いてもらう、Sに!」

S「なっ、何言うんだよ!」

僕「本気だ!妻が抱かれるのを見ることで、興奮してっていう事例は結構あるんだ。だから頼むよ!」

S「でもさ、Y美さんは・・・」

Y美「他の人なら嫌だけど、Sさんなら・・・」

1人ずつお風呂に入り、各自リラックス状態にし、寝室にあるベッドへ移った。

僕「俺は、この隅で見てるから」

S「あぁ、分かった」

僕「もし俺のが硬くなったら、悪いけど・・・」

S「ああ、いつでも交代するよ」

Y美「Sさん、気兼ねしないで思いっきりやって下さいね。私達が感じないと、この人も興奮しませんから」

S「分かったよ」

Y美は体に巻きつけていたバスタオルを取り、全裸になってベッドの上に横たわった。
SはY美に優しくキスをしてプレイが始まった。

S「柔らかくて気持ちいオッパイだよ」

Y美「ああ・・・」

S「大事なところを奥まで見せてもらうよ」

Y美「えっ?」

SはY美をマングリ返しにさせた。

Y美「ああ~ん、恥ずかしいよこんな格好・・・」

S「どんなに頭のいい女性でも、ここの造りは皆同じなんだよ。だからこうやって刺激すると・・・」

Y美「ああ・・・ダメェ~ッ」

S「おお、こんなにビクビクして、とっても敏感なんだね」

Y美「あっ、ああ・・・」

十分にY美に愛撫をしてからSは挿入体勢に入った。
Sが僕に手を差し出してきた。
Sは僕にゴムを要求してきたのだが・・・。

僕「S、そのまま入れてくれ。その方がきっと興奮するはずだ」

S「しかし、Y美ちゃんが妊娠でもしたら・・・」

僕「それは、してみないと分からない・・・いいからそのまま続けてくれ」

S「Y美ちゃんは?」

Y美「Sさん、そのまま来て。そして私の中に思いっきり出して!」

S「じゃいくよ」

SのモノがY美の中に入っていった。

Y美「ああっ!ダメッ死んじゃうよ~ああ~」

SとY美が絡んで30分位して、Sは頼んだ通りにY美の中に全精力を注ぎ込んだ。

Y美「で、どうだったの?」

僕「一瞬は硬くなった時があったけど・・・でも、立ち上がって交代するまでには・・・」

Y美「でも、硬くなっただけでも進歩よね」

僕「ああ・・・」

Y美「これっ、もう少し続ける価値があると思うの。Sさん、これからも週1回ほど付き合ってもらえます?」

S「俺は構わないけど、今日のように中出ししてると妊娠しちゃうかもしれないよ?」

Y美「それでも構わないわ。むしろその方が主人も興奮すかもしれないし」

こうして妻のY美は毎週Sに抱かれる事になった。
Y美は、Sとのセックスを心なしか待ち望んでる気配でした。
僕から見ても、余程セックスしたかったみたいです。
まして子供を欲しがっていたY美には絶好のチャンスですから。
僕は散々悩んだ挙句、Y美に問いただしました。

僕「Y美、最近すごく綺麗になったんじゃないか?」

Y美「そんな事ないわよ(笑)」

僕「肌のツヤもいいじゃないか」

Y美「・・・」

僕「Y美、正直に話してくれ!Y美は僕がセックス出来なかったことで、かなり欲求不満だったんだろ?」

Y美「怒らない?」

僕「怒るはずないだろ、ちゃんと話してごらん」

Y美「正直に言って物凄く欲求不満だったの。それに、女として妊娠も出来ないし、出産も出来ないと思ってた」

僕「・・・やはりそうか。けどY美がそう思うのも当然だ」

Y美「私、Sさんの子供だったら妊娠してもいい」

僕「本気か?」

Y美「ええ、本気よ」

僕「今のY美の話を聞いて・・・僕のモノが少し疼いてるんだ」

Y美「えっ?」

僕「Y美がSの子を妊娠したいと言った時に、立ちそうな気配で疼いたんだ・・・」

Y美「じゃあ、あなたは私がSさんの子供を妊娠してもいい、そう捉えていいのね?」

僕「ああ」

Y美「それじゃ、週1回を週2、3回に増やしましょうよ?」

僕「Y美、Sのモノの虜になったな?」

Y美「Sさんに連絡をとってよ」

僕「分かった」

僕はSに電話を掛け、ことの次第を説明しました。
SもY美を抱けるならとすぐに承知しました。
この時、僕のモノは復活の兆しを見せ始めていました・・・。


・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
【同じジャンルの体験談】
・不妊治療をあきらめた嫁は、私の兄に受精を託しました完
・私が歩行者をはねた結果、嫁が身体で償うことになりました
・友達の婚活の手伝いで、ランチ合コンに参加した主婦が堕ちた楽園 完
・僕が結婚をためらう理由は、地元のイヤラシいしきたりのせいです3
・お裾分けをもってくる隣の若妻さんに、丸めたティッシュを見つけられました

強気な姉さん女房が寝取

[ 2017/07/31 10:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
Twitterフォロー
おすすめ動画