気の弱い僕を守るために、妻が上司達に抱かれました2(ブロマガ転載禁止)

前回の話

僕は、キッチンの包丁で二人を刺す事しか考えていませんでした。そして、立ち上がってキッチンに行こうとすると、
『あぁっ、ダメぇっ、コ、コンドーム、つけて下さいっ! ダメっ、ぬ、抜いてっ、あぁっ、うぅあっ!』
と、寝室から優美の叫び声が聞こえて来ました。僕は、あまりの事に腰が抜けたようになってしまい、へたり込んでしまいました。

「大丈夫だ。大橋さんはパイプカットしてるから、妊娠は心配ないぞ」
部長がそんな事を言います。僕は、殺意がわいているのに動く事も出来ませんでした。情けない限りです。

『うぅっ、うっ、あっ、ダメぇ、ひぃっ、ヒィあっ! あっ、あっ、あっ、ダメぇっ!』
優美の声がどんどん大きくなっていきます。その声は、痛みを感じているというよりは、快感を感じてしまっているように聞こえます……。部長の規格外のペニスを入れられ、気持ちとは無関係に感じさせられてしまっているのでしょうか?

僕は、耳を塞ぎたい気持ちでした。すると、玄関の方で物音がして、ビックリしている僕の前に、岩のようにゴツい男が現れました。同期の石田でした。学生時代にアメフトをやっていた彼は、とにかく体つきが普通ではありません。髪を短く刈り上げていて、その独特の白目がちな目が異様な迫力を醸し出しています。僕は、とにかく彼が苦手で、正直すごく怖いです。

「おっ、もう始めてるっすね」
僕の事などいないかのように、部長に話しかける彼。ワイシャツが筋肉ではち切れそうです。たぶん、僕なんか3秒で殺されるんだろうなと思ってしまいます。そして、彼は僕の横にドカッと座りました。
「大橋さんの突っ込まれたら、もう普通じゃ満足出来なくなるぞ。まぁ、出世のためにあきらめろ」
石田は、僕の肩を2回叩きながら言いました。彼にとっては、ポンポンという軽い感じの叩き方なんでしょうが、僕は肩が脱臼するかと思いました。

『あっ、あ〜っ! ダメっ! とめて下さいっ! も、もう無理、うぅあっ! あぁ〜っ!』
寝室の方から、悲鳴に似た声が漏れてきます。僕は、勇気を振り絞って立ち上がりました。大橋さんを止めようと思ったからです。すると、
「座っとけ」
と言って、石田に肩を押さえつけられました。その圧倒的な筋力に抵抗などまったく出来ず、僕はソファに埋もれるように座りました。

「それにしても、嫁さんいい女だな。お前にはもったいないぞ」
部長は、ワインを飲みながら上機嫌で言います。僕は、この状況がとても現実とは思えませんでした。

『ダメっ! 中は、ダメですっ! お、お願いしますっ、外にっ! うぅあっ! あぁ〜っ!!』
優美の叫び声が聞こえて、急に静かになりました。
「おっ、終わった。部長、先良いっすか?」
石田は、当たり前のようにそんな事を言います。
「バカ。お前のあとじゃ、使い物にならんだろ。まぁイイや、一緒に行くぞ」
そう言って、部長と石田は立ち上がりました。僕も立ち上がろうとしましたが、
「座っとけって言っただろ?」
と、石田に無表情に言われ、ビビりながら座ってしまいました。優美がひどい目にあっているのに、何も出来ない僕。情けなくて涙が出そうです。しばらくすると、大橋さんが戻ってきました。
「井上くん、奥さん良い女だな。素晴らしかったぞ」
ソファに座ると、タバコを吸い始める大橋さん。この家で煙草を吸われるのは初めてです。僕は、その臭いに気持ち悪くなりそうでしたが、大橋さんは悠然と紫煙をくゆらせます。

大橋さんは、パンツにTシャツというラフすぎる格好で、いかにもセックスをしてきましたという感じです。僕は、優美を汚されてしまったという気持ちで、あらためて殺意がわいてきます。でも、石田にビビってしまった僕は、大橋さんの鋭い目つきにもビビってしまい、何も出来そうにありません。

『イヤァ! やめてっ! やめて下さいっ、もう無理、うぅあっ、ぬ、抜いてっ! 赤ちゃん出来ちゃうっ!』
優美の悲鳴が聞こえてきます。
「はは。相変わらず激しいな。妊娠したら、どちらの子供かわからなくなりそうだな」
大橋さんは、タバコを吸いながらそんな事を言います。僕は、ビビりながらも立ち上がりました。
「石田くんを怒らせたら、奥さんもただじゃすまないぞ」
大橋さんは、僕の心を見透かしたように言います。実際、その言葉で僕の勇気は消し飛びました。

『んぐっ、ぐぅっ! ンッ! ンンッ! ん〜っ!』
優美のくぐもったうめき声が響いてきます。僕の頭の中には、バックで犯されながら、口にもペニスを突っ込まれている優美がイメージされていました。
ついさっきまで、幸せな家庭でした……。優美と二人で、子供を作ろうと思っている矢先でした……。全てが音を立てて崩れていくような感覚です。

「そんなに気になるなら、覗いてきたらいい」
大橋さんは、無関心な顔で言います。大橋さんは、性欲は強くても、射精すると満足してしまうタイプなのかも知れません。

僕は、大橋さんの言いなりになるような感じで、寝室の前まで移動しました。ドアのすぐ前まで行くと、優美の声もさらに細かく聞こえて来ますし、石田と部長の声も聞こえて来ます。そして、ベッドが激しくきしむ音も聞こえてきて、僕は足がすくんでしまいました。

「こんなに締めつけて、イヤらしい女だな」
部長のまとわりつくような声が聞こえて来ます。
「早くイッて下さいよ。歯が当たって痛いっす」
石田の楽しそうな声が響きます。無理矢理犯しているという感覚がないみたいです。もともと石田は、人の気持ちとかを考えるタイプではなく、空気が読めないというか、凄く個人主義で冷たい男です。もしかしたら、サイコパスとか言われるタイプなのかも知れないです。

「焦るなよ。でも、もう出そうだ。本当に具合の良いおまんこだな」
部長は、少し余裕のない声で言います。僕は、どうしても扉を開ける勇気がわきませんでした。

「あぁ、出る。中にたっぷり注いでやるからな」
部長が、興奮を抑えきれないという口調で言います。
『ダメっ! お願い、外に出して下さいっ! 今日は危ない日なのっ! お願いしますっ!!』
優美が泣き叫ぶような声で言います。
「ちゃんとしゃぶれって」
石田がイラッとした口調で言います。すると、また優美のくぐもったうめき声が響き出しました。

「イクぞ、子宮に飲ませてやるぞっ!」
部長はそう叫んだあと、うめきました。優美は、膣中に出されてしまったみたいです。僕ですら、まだ数回程度しかした事がないのにと思うと、悔しくて怒りを感じます。でも、やっぱり足がすくんで何も出来ない僕がいます。

「交代っすね」
石田が焦れたように言います。
「壊すなよ」
部長は、満足げに言いました。

『イヤ……もうやめて……本当に出来ちゃう……妊娠しちゃう……』
優美は、ほとんど泣き声です。すると、
「安心しろって。妊娠とか関係ねーから」
と、石田が言いました。そしてすぐに、
『イヤッ!! ち、違うっ、そこは、あぁっ、ダメっ! い、痛いっ! うぅっ! む、無理です、あぁっ! あぁ〜〜っ!!』
と、優美の悲鳴が響きました。
「おぉ、入った。奥さん、経験あるんじゃん。簡単に入ったし」
石田は、おちょくるような口調です。僕は、まさかアナルに入れられてしまったのでは? と、不安で吐きそうになりました。

『……もう、抜いて……痛い……痛いの……』
優美は、石田の言葉に反論する事もなく、消えそうな声で言いました。僕は、本当に優美がアナルの経験があるのかな? と、気になって仕方ありませんでした。

「抜くわけないじゃん。射精したら抜いてやるよ」
石田がそう言いうと、ピシッと肉を叩くような音が響きました。
『あぁっ、ひぃ……』
優美も、悲鳴のような声をあげました。どこかを叩かれたのでしょうか? 

「おぉ、スゲぇ締まる」
石田が満足げに言います。
「いきなりケツかよ。本当にお前はド変態だな」
部長があきれたように言います。
「ホントは、裂けて血が出た方が燃えるんすけどね」
石田はそんな事を言いながら、また優美のどこかを叩いたようです。
『ひぃっ、うぅ、抜いてぇ……お願い、痛い……の……』
優美が小さな声で言います。もう、本当にダメという感じがします。
「ウソつけよ。気持ち良いんだろ?」
『うぅあっ、動かさないで、ひぃっ、ひッ、イヤァ〜っ!』
「ほらほら、こっちにも突っ込んでやるからよ」
『ングゥッ、うぅっ、抜いてっ、指ダメぇ、あっ、あっ、あぁんっ! ダメぇっ!』
「うわっ、なに潮吹いてんだよ。マジでド淫乱だな」
『イヤぁぁ、動かさないで、うぅあっ、止らないっ、こんなの、あぁっ、ダメぇっ! ダメっ! アァァンッ!!』
寝室の中で、何が起きているのかはわかりません。でも、石田にオモチャにされているのは伝わってきます。でも、優美の声は痛いという感じではなくなってきているようで、それが余計に僕を苦しめます。

ひどいことをされているのに、感じてしまっている? 僕は、そんな事を思ってしまいました。ひどいことをされないために、演技をしている……。きっとそうだと思います。それでも、優美のあえぎ声はどんどん大きくなっていきます。

「スゲぇな。ローション無しでよくくわえ込めるよな。部長、何かローションないですか?」
「まったくお前は……。こんなことに俺を使うなよ」
「すんません。でも、部長も試したらどうですか? この女のケツ、スゲぇ具合良いっすよ」
石田は、そんなひどいことを言いました。でも、言っている間も、時折パンと肉を打つ音が響きます。どんなセックスをしているのだろう? 僕は、見たくて仕方ない気持ちです。でも、どうしても怖くて出来ません。

「きたねーだろ。浣腸してないんだろ?」
部長はそんな事を言います。
「へーきっすよ。ちょうど空みたいっす。俺は、こんな可愛い女がぶちまけるのが見たかったんすけどね」
「ド変態だな。ほら、この乳液でどうだ?」
「おっ、良いっすね。サンキューッす」
優美を犯しながら、そんな会話をする二人。とても慣れた感じがします。いつもこんなことをしているのでしょうか?

『うぅあぁ、ぁぁ、やめて、もう入れないで……お願い……』
「あらら。少し切れちゃったな。いま乳液塗ってやるよ。これで気持ち良くなれるだろ」
『いやぁ……やめて、うぅっ! うっあぁっ! あっ! あっ! ダメっ! 激しすぎる、うぅっ! あっ! あっ! あんっ! あんっ!』
パンパンと小刻みに肉を打つ音と、優美のあえぎ声がシンクロしています。もう、痛そうという感じはありません。

「スゲぇな。こんなにあっさり気持ち良くなっちゃうんだ。ホントはケツの方が好きなんだろ? アイツは知ってるのか?」
石田が、興奮した声で言います。
『違うっ! き、気持ち良くなんてないっ! 違うのっ! うぅっ! あぁっ! あぁ〜っ! イヤぁぁーっ!』
「なにが違うんだよ。もう、イキそうじゃん」
石田は本当に楽しそうに言う。
『イヤぁっ! あっ! あっ! こんなの、あっ! ンッ! んあっ! んおっぉおおっ! んおぉお゛お゛お゛ぉっ!!』
優美のあえぎ声が変わりました。甲高い声から、雄叫びのような低い声です。
「なにが気持ち良くないだよ。マジイキしてんじゃん。おらっ! もっとイケって! ケツでイク淫乱女が!」
石田がそう言うと、さらに肉を打つ音が早くなりました。
『んおぉっ、おぉおっ、んおぉお゛お゛お゛ぉっ! ンぎぃっ!!』
優美は、あえぎ声と言うよりは、断末魔の悲鳴のようになってきました。

「よ〜し、出すぞ。ケツで孕ませてやるよ! うぅっ!」
石田は、優美のアナルに射精を始めたようです……。
『イギィンッ!! うぅあああぁ……あぁ、ヒイぃうぅ……』
優美は短く鋭く叫ぶと、そんな声を漏らして静かになってしまいました。

「やりすぎだろ。また失神させて……。ほら、奥さんが回復するまで飲むぞ」
部長がそう言った次の瞬間、寝室のドアが開きました。
「あれ? なにやってんの? 盗み聞きかよ。お前もヘンタイなんだな」
石田は、全裸で出てきました。筋肉の塊……そんな圧倒的な迫力です。そして、だらんと垂れ下がったペニスは、大橋さんのペニスと遜色ないほど大きいです。石田は、バカにしたように僕に言うと、リビングに歩いて行きました。すぐに部長も出てきましたが、さすがにパンツとシャツは着ています。

「おっ、ちょうど良い。シーツ濡れちゃってるから、換えといてくれる? また後でやりにくるからよろしくな」
部長は、は虫類のような目で僕に言うと、やっぱりリビングに行ってしまいました。

僕は、すぐに寝室に入りました。うつ伏せで寝転がっている優美。片足にショーツが巻き付いている以外は全裸です。だらしなく広がった脚、アナルもアソコも丸見えです。優美のアナルは、少し開いている感じです。太いモノを突っ込まれて、拡がってしまった……そんな感じです。
そして、優美のアナルからは、少しだけ血の混じった白いモノが流れ出ていました。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitterフォロー
おすすめ動画