嫁をわざと欲求不満にして、後輩にナンパさせたらあっけなく寝取られた

俺30歳、嫁26歳。
結婚4年目、子供無し。
嫁のスタイルは学生時代運動部だったのもあって、肉付きはあるけど悪くないと思う。
胸はCカップで、脚を出す格好が好き。
フジの三田アナに似てると思う。

寝取らせたいと思うようになったのは、ナンパされてホテルに行ったことがある、という過去の話を聞いたのがきっかけ。
学生時代からそれなりにモテていたみたいだし、ナンパされていたというのは聞いてたけど、その話を聞いたのはこの時が初めてで、とても興奮したのをよく覚えてる。
嫁自身は今でもたまにナンパされるらしいが、その時は相手もいなくてご無沙汰だったのも重なって行ってしまったと言っていた。

そこでいじわるで、「じゃあレスになった時にナンパされたらどうする?」って聞いたんだけど、嫁は「どうだろうね?」と曖昧な返事しかしなかった。

それでこの時に俺は実際にやってみようと思って、それまで週1、2くらいでエッチしてたのを徐々に減らして、月1回あるかどうかくらいにした。
で、そろそろいけるかなと勝手に思っていたが、全くの他人にナンパされたとしても嫁がそれを告白してくるとは思えないし、気づかないまま終わりそうだったので、俺の後輩に頼んでみることにした。

この後輩は式にも呼んだし、たまに家に遊びに来たりしてて、嫁もよく知ってる奴だった。
最初に後輩に頼んだ時には変な顔をされて怪しまれたが、俺の性癖や経緯なども説明してなんとかOKをもらった。
あとはタイミングだが、俺が日曜日に連れと遊びに行ったりすると嫁は一人で買い物に出ることが多く、その時に声を掛けてもらうことにした。

ある日、俺は「連れとゴルフに行くから」と嫁に言い、朝早くから家を出て行った。
嫁は家を出る時には俺に連絡を入れてから出るので、それまで後輩には家で待機してもらってた。
ある程度の時間が経った頃、プレー中に連絡が入り、買い物に出てくると連絡があった。

「どこに行くの?」と聞いたら、少し車で出たところのイオンだと言う。
後輩にすぐに連絡して、そこでたまたま会ったということにして嫁に声を掛けてもらうことにした。

しばらくすると嫁から連絡が入り、後輩と会ったこと、暇だから少し遊んで帰ると報告された。
後輩からも、「奥さんと遊ぶことになりました」と連絡がきた。
後輩に「いけそうだったらいってくれよ」と連絡すると、「なんとなくですが、いけそうな感じはありますよ」と返事がきた。
嫁には、「ゴルフ後に打ち上げで飲みに行くと思うから晩御飯はいらないよ」と連絡すると、「了解」とだけ返事がきた。

そしてゴルフ後に嫁に、「今、何してるの?まだ後輩といる?」と聞くと、「車を戻して、今は後輩の車で走ってるよ」と。

「このまま晩御飯食べに行くかも?」と返事がきた。

それからしばらくして打ち上げの頃に後輩から、「奥さんが軽く酔ってます。このままホテルに行くことも了承もらえました」と連絡がきた。
やがて俺の方が先に家に帰ることになり、一応嫁に「打ち上げ終わったから今から帰る」と連絡したが返事は無かった。

俺が家に着いた頃、嫁から「後輩とカラオケに行ってて今から帰ります」と返事が返ってきた。
後輩からは、「奥さん、かなり溜まってたみたいです。僕も疲れました(笑)」と連絡があった。

家に帰ってきた嫁は軽く酔ってる感じではあったが、何事もなかったように振る舞っていて、俺がこの事を知っているというのは知らないようだった。
後輩からは、「奥さんに『浮気したことは内緒にしてね』と口止めされてますが、意味無いですよね(笑)」と連絡がきた。

後日、後輩に会って詳細を聞いた。
後輩は俺の想像以上のことをしていてびっくりした。

最初、遊んでいた時は普通に接していたが、プリクラに入った時にお尻を触ったり胸を触ると、笑いながら「やめてよ」と言いつつ、払うようなことはしなかったらしい。
後輩が車を戻して、「僕ので遊びに行きますか?」と聞くと、「その方がいいね」と嫁は家に帰ったみたいだった。
後輩がその後ろをついて行って嫁が車を置くと、そのまま助手席に乗ってきたそうだ。

それからはしばらく走って、適当に時間を潰しながら後輩が嫁に質問責めをしたらしい。
初体験の話や俺との内容など色々聞きながら走っていたらしい。
嫁も最初は「内緒」などと答えていたが、「ここだけの話ね」と答えるようになったみたいだった。
その中で、最近俺があまり誘ってこず、誘っても断られたりしてレスになってて、「実は欲求不満なんだ」と後輩に告白したみたいだった。

後輩が、「じゃあ先輩に内緒で俺が相手しましょうか?」と聞いたら、嫁は少し考えて、「どうしようかなぁ」と笑いながら誤魔化したらしかった。
後輩はこの時の反応でいけると確信したらしかった。

この後、嫁に「ご飯行きますか?」と誘うと、「いいよ」とすぐに同意して個室のある居酒屋に行ったみたいだった。
ある程度飲食が進んで嫁が軽く酔ってきた時に後輩が、「この後ホテルに行きますか?」と誘うと、嫁はしばらく考えて、「旦那には内緒にしてよ」と同意したそうだ。

「じゃあ考えが変わる前に早速行きましょう」と嫁を促すと、笑いながら「はーい」とお店を出たらしかった。

ホテルの部屋に入り後輩が抱きつくと、「まずシャワーでしょ」と言いながらそのままベッドの上に倒れ込んだらしい。
キスをしながら胸やあそこを触っていくと、すぐに嫁の反応が変わってきて、パンツにもシミができていたと。

「そんなにしたかったの?」と後輩が聞くと嫁は頷いて、後輩のチンポを上から触り始めたらしかった。

「じゃあどうぞ」と後輩が脱いで嫁の前にチンポを出すと。味わうようにゆっくりとフェラを始めた嫁。

「先輩と比べてどう?」と聞くと、「旦那の方がちょっと大きいかな」と正直に答えて後輩は少しショックだったらしい。

嫁が後輩に「ねぇ、もう欲しいんだけど・・・」とお願いしてきたので、そのまま生で入れようとしたら、「さすがにそれはダメでしょ」と笑ってゴムを差し出してきたらしい。
そしてゴムを付けて一回目を楽しんだようだった。

正常位で終えると嫁は後輩にお掃除フェラを始め、後輩のチンポが元気を取り戻すと、「まだいけるでしょ?」と嫁は2回目を要求したようだが、後輩は「少し遊ばせてよ」と嫁をいじめだしたらしい。
後輩が嫁の口元にチンポを持っていくとすぐに咥え込んだと。
嫁が後輩に「入れて欲しいの」とおねだりしてきて、そのまま押し倒して正常位の体勢になって、嫁のアソコをチンポで叩いたり擦ったりすると、嫁はそれだけでイッてしまったらしい。

嫁が後輩に再度おねだりしてきたので、後輩は嫁のあそこに当てたままで、「生でさせてくれないんだったら入れないよ」と言うと、嫁は少し悩んで小さい声だったらしいが、「生でもいいです。入れてください」と答えたらしい。
後輩は遠慮なくそのまま挿入。
1回目より嫁の反応が良く、後輩もすごく気持ちよくて嫁の中を生で味わっていたらしいが、その時に俺から連絡が入ったようだった。

後輩が嫁のスマホを見て、「先輩、もう家に帰るそうですよ」と言うと、嫁は「このまま中途半端では終われない」と言い、そのまま続けさせてくれたらしい。

後輩がペースや強弱を変えて嫁を犯していると、嫁に変化が見えてきたのでスピードを上げて奥まで激しく突くと中イキしたらしい。
後輩が「イッた?」と聞くと、「うん」と頷き認めたらしかった。

そのまま後輩も、「じゃあ僕もそろそろイキますよ」と言い、「中で出してもいいですか?」と嫁に聞いたら、「たぶん大丈夫だったはずだからいいよ」と中出しもさせてくれることになったらしい。
後輩が、「じゃあ、お願いしてくださいよ」と嫁に言うと嫁は、「私の中に出してください」と素直に答えて後輩は中出ししたようだった。
2回目とは言え、後輩も溜めていたらしく、なかなか射精感が収まることがなく、嫁は「出し過ぎじゃない?」と笑っていたらしい。

シャワーに二人で入ってる時に後輩が、「本当に中でよかったんですか?」と聞くと、「中出しさせるつもりはなかったけど、すごく気持ちよくしてくれたからお礼としていいかなと思った」と答えたと。
そしてその後の車中で、嫁が「中から出てきてるよー」とか「もう1回くらいしたかったなぁ」と後輩に言っていたので、後輩が「じゃあ今度誘いますよ」と言うと、嫁は「その時次第だね」と答えて、一応連絡先は交換したらしい。

それからも時々連絡を取り合って色々話してるようで、後輩は「そろそろ誘ってみてもいいですかね?」と俺に聞いてきたので、「お前に任せるよ」と言っておいた。

その後、俺が嫁を誘うと嫁はすごく喜んで、積極的に責めてくれて俺もすごく楽しかった。
その後くらいに後輩が嫁を誘ったらしいが、「『旦那としちゃったからまた今度ね』と断られました」と言っていた。

とりあえずこんな感じ。
今も進行形で進んでるが、今のところ後輩の誘いには乗ってないようだ。
またしばらくレス期間作ったら後輩に乗るかなと考えてるところ。
何かあったらまた報告します。

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
【同じジャンルの体験談】
・寝取られ性癖の夫のため、ナンパされてハメ撮りを繰り返す主婦2
・友達の婚活の手伝いで、ランチ合コンに参加した主婦が堕ちた楽園
・取引先の社長から黒人の男の子を預かった結果、妻が寝取られました3
・不妊治療をあきらめた嫁は、私の兄に受精を託しました
・嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました7

強気な姉さん女房が寝取
[ 2017/06/22 22:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitterフォロー