元カレとの昔話に興奮して、妻を元カレに会わせてみたら完【ブロマガ転載禁止】

前回の話

さとみは、結局また種付けをされてしまった。クローゼットの扉のすぐ向こうで、ベッドの上で四つん這いのまま種付けされたさとみ。まるっきり、獣のようだった。そして私も、クローゼットの中で3回目の射精をしてしまった。

元カレは、バックで繋がったまま、さとみを寝バックのような格好にする。うつぶせで寝転がったさとみの上に、元カレが乗っかっているような格好だ。
「さとみ、会いたかったよ」
さっきの流れで、愛の言葉を言い始める元カレ。

『私はそうでもないけどね。ついこの間まですっかり忘れてたし』
さとみは、さっき叫んでいたのとはまるっきり逆の事を言っている。
「えっ? さっき言ってたじゃん」
『さっきのは、興奮しちゃって口が滑っただけだよ。だって、私、人妻だよ? 旦那とラブラブなんだよ。懐かしくてつい言っちゃっただけだって』
さとみはそんな事を言う。
「相変わらずだなぁ〜。でも、それだったらどうした抜かないの? チンポハマったままじゃん。好きだった寝バック、したいんじゃないの?」
元カレはそんな事を言いながら、ゆっくりと腰を動かし始める。
『ンッ、まだ出来るの? 昔より絶倫になってない?』
さとみは、少しトロンとした顔で言う。
「いや、そんな事ないよ。さとみが相手だからこうなってるだけだって」
元カレはそんな事を言いながら、徐々に動きを大きくしていく。あんなに立て続けに射精したのに、まだ柔らかくなっていないのかな? と、恐ろしくなってしまう。でも、私のペニスも3回も出したのに、まだ少しも軟らかくなる気配がない。

『はいはい。でも、もうヤバいかも。帰って来ちゃうよ』
「マジで? でも、いいの? まだして欲しいんだろ?」
元カレは、妖しく腰を動かしながらさとみの耳元でささやく。私は、すでにさとみを奪われてしまったような消失感にさいなまれていた。

『う、うん。じゃあ、少しだけ……。最初からクライマックスでお願い』
さとみは、迷っているような言い方をした。
「電王かよw じゃあ、イクぞ、変身」
よくわからない事を言いながら、腰を振り始める元カレ。二人にしかわからない会話というのは、聞いていて凄く切ない。仲間はずれというか、元カレが私の知らないさとみを知っている……そんな感じがしてしまう。

『あっ、あっ、ヤバい、もう、うぅっ、気持ち良いっ、これやっぱりダメぇ、凄いのっ! 気持ち良いっ! 旦那より気持ち良いっ!』
さとみは、クローゼットを見つめたまま叫ぶ。完全に、私を挑発しているような感じだ。
元カレは腰の動きをさらに早め、パチンッパチンッというような、激しい音が響き出す。
「さとみ、愛してるっ! やっぱりお前が一番だ!」
元カレは、そんな事を口走りながらガンガン腰を振り続ける。
『ダ、ダメっ、そんな事、うぅっ、イッちゃダメぇ、あっぁっ、気持ち良いっ! 文也、気持ち良いっ! 一番気持ち良いっ! もっと、もっとしてっ!』
さとみは、クローゼットの方を見ながらどんどん高まっていく。すると、覆いかぶさるように元カレがさとみにキスをして、さとみも嬉しそうに舌を絡め始めた。

寝バックで繋がったまま、むさぼるようにキスをする二人。私は、打ちのめされるような気持ちだった。もう、二人は完全に昔に戻ってしまったように見える。私は、さとみがどんな気持ちでこんなことをしているのかわからなくなっていた。

私を興奮させるため、嫉妬させるために始めた事のはずだけど、目の前のガチのセックスを見ていると、とてもそうだとは思えない。私がいるのを知っていて、むさぼるようにキスをするさとみ。でも、キスが終わるとまた私の方を見つめてくる。

『あぁ、本当に凄いの。やっぱり文也のが一番ピッタリ来るの……あっ、あっ、またイクッ、イクッ、気持ち良いっ! 全然違うのっ!』
さとみは、私の隠れているクローゼットを見つめながら、そんな言葉を口走り続ける。私は、何度出してもまったく軟らかくなる気配のない自分のペニスを、またしごき始めてしまった。

『ねぇ、立ちバックでして』
さとみは悩ましい声で言う。
「そっか、好きだったよな。いいよ、立ってごらん」
そう言って、ペニスを引き抜く元カレ。抜けたペニスはドロドロになっているが、やっぱりそんなに大きいわけではない。さっきから、さとみは元カレのペニスの方が気持ち良いと言い続けいるが、私のとさほど変わらないように見える。若干太いかな? 反っているかな? という程度の違いに見える。

『へへ。なんか、犯されてるって感じがするんだよね』
さとみはそう言って、ベッドから降りた。そして、私の方に歩いてくる。私は、クローゼットの中でペニスを握ったまま固まってしまった。すると、さとみはわざわざクローゼットの正面に立ち、クローゼットの扉に両手をついた。
「いくぞ」
『来てぇ』
そして、元カレは立ちバックでハメてしまった。今度は、本当にすぐ目の前にさとみの顔がある。扉がなければ、額と額がぶつかりそうな位置だ。

『うぅああぁ、入って来たぁ。ねぇ、気持ち良い? さとみのおまんこ、変わってない?』
とろけた顔でうめくような声で言うさとみ。
「変わってないよ。スゲぇ締まってる。やっぱり、さとみのが一番気持ち良いよ」
『嬉しい。ねぇ、思いっきりして。止めてって言っても、死んじゃうって言っても、止めちゃダメだからね』
「了解」
元カレは、了解といった直後に腰を振り始めた。さっきまでの複雑な動きではなく、ハイペースで出し入れするだけの動きに変わった。

『あっ、あっ、気持ち良いっ! 文也、凄いっ! もっとしてっ! もっと強くぅ、あぁっ、あっ、あっ、やっぱり文也がいいっ!』
さとみは、クローゼットの隙間に視線を固定したままあえぎ続ける。クローゼットの扉はギシギシときしみ、より臨場感を感じる。

私は、すぐ目の前で愛する妻が元カレとセックスをするのを見ているのに、怒りがわいていない事に気がついた。それどころか、私は今まで味わった事のない興奮と快感を感じていた。

「これからも、俺とセックスする?」
元カレは、さっき射精したからか、かなり落ち着いた感じだ。
『するっ、これからも文也としたいっ!』
「旦那さんに悪くないの?」
『わ、悪いよ……でも、誠ちゃんが悪いのっ! 早漏だし、気持ち良いとこ突いてくれないから。だから、文也に気持ち良くしてもらうの。ねぇ、お尻叩いてぇ』
さとみは、そんなひどい事を言いながら、元カレにおねだりをする。すると、元カレは腰をガンガン振りながら、さとみのお尻をピシッと叩いた。
『あうっ! も、もっとっ、強くしてぇ』
さとみは、いっそうとろけた声でねだる。元カレは、腰の動きにあわせるように、連続でさとみのお尻を叩き始めた。ピシンッ、ピシンッという乾いた音が響き、その度にさとみはのけ反ったり短い悲鳴を上げ続ける。

『イクッ! イッちゃうっ! うぅぅ〜っ!! 文也ダメぇ、イクッ! イクッ! イックぅぅっ!!』
さとみは、私には一度も見せた事のない激しいイキ方をしてガクガクッと震えた。

すると、いきなりクローゼットの扉が開いた。私は、ペニスを握ったまま完全に固まってしまった。
「なっ、誰っ!? えっ? だ、旦那? なんで?」
元カレは、本気で驚いた顔になっている。すると、さとみが荒い息遣いのまま、
『旦那だよ〜。寝取られマゾだから、私が文也としてるの見て、オナニーしてるんだよ〜』
と、説明した。扉は、さとみが一気に開けたようだ……。
「マジか……。ていうか、公認なの?」
『うん。公認どころか、旦那のお願いなんだよ。ねぇ? そうだよね?』
さとみは、最悪な状況の私に声をかけてきた。私は、黙ってうなずき、うつむく事しか出来ない。
「ホントだ。オナってるし……。じゃあ、俺に会いたくて会いに来たんじゃなかったんだ……」
さとみにハメたまま、落ち込んだ様子の元カレ。
『そんな事ないよ。会いたかったのは本当だし、気持ち良いのも本当だよ』
さとみは、そんな風にフォローしている。

『ふふ。凄いね。誠ちゃん、いっぱい出たんだね。ドロドロじゃん』
さとみは、クローゼットの中のザーメンを見て、あきれたように言う。

「マジでいるんだな……。寝取られマゾって……」
驚いた顔の元カレ。
『いるんだよ〜。ねぇ、見せつけてあげようよ。ほら、文也座って』
さとみは、立ちバックで繋がったまま指示をする。すると、繋がったまま二人はベッドの縁に座り始めた。
『文也、脚抱えてくれる? その方が、よく見えるでしょ?』
「あ、あぁ、了解」
元カレは、戸惑いつつもさとみの両脚を抱え上げるようにした。すると、さとみのアソコがはっきりと見える。元カレのペニスが根元まで入っていて、なおかつ膣口からザーメンが流れ出ているのまで見えている。

『ふふ。誠ちゃん興奮してるね。よく見えるでしょ?』
さとみは、挑発的な言葉をかけてくる。でも、実際に私は興奮しすぎて呼吸まで荒くなっているほどだ。そして、私は小さな声で、よく見えると答えた。

『誠ちゃんのじゃないおちんちんが、ずっぽり入ってるでしょ? このおちんちん、誠ちゃんのよりずっと気持ち良いんだよ』
さとみはそう言って、指でアソコを拡げるようにする。よりハッキリと結合部が見えて、私は泣きそうな気持ちになってきた。でも、どうしても興奮は収まらない。

『見てて、誠ちゃんにはした事ない動きするから』
さとみはそう言って、脚を抱え上げられたまま腰を揺さぶるように動かす。
「おぉ、ヤバい。スゲぇ締まってくる」
元カレが、卑猥なさとみの動きに声をあげる。
『誠ちゃん、見える? 誠ちゃんのじゃないおちんちんが、私のおまんこ味わってるんだよ』
うわずった声で言うさとみ。顔は上気していて、ひどく興奮しているように見える。

「み、見える……。奥まで入ってるのが見えるよ……」
私は、うわごとのようにそう言った。

「よし、もっと楽しませないとな。嫁さんのこと借りてるんだから」
元カレはおどけたような口調で言うと、腰を突き上げ始めた。脚を抱えられたままガンガン突き上げられ、一気にさとみの顔は快感でクチャクチャになる。
『うぅあっ! あっ! 気持ち良いっ! 見える? 見てる? コレ凄いのっ! さとみの気持ち良いところに当りっぱなしなのぉ』
私を見つめたまま叫ぶさとみ。もう、扉も何もない状態なので、全てが丸見えだ。

「ほらほら、もっと感じないと。旦那さん、喜ばないよ」
そんな事を言いながら、下から突き上げ続ける元カレ。夫の目の前で不貞行為を働いている事に、罪悪感も危機感もないようだ。
『感じてるっ! コレ凄いのっ! 今までで一番気持ちイイのおっ! 見てっ! 誠ちゃんもっと見てっ! 元カレのが入ってるよ、コンドーム無しで入ってるよっ! いいの? また中に出されてもいいの!?』
さとみは、興奮と快感でわけがわからなくなっているような感じだ。私は、こんな言葉をかけられ、もう我慢出来なかった。握ったままだったペニスをしごき始めると、オナニーを再開した。そして、
「出されてもいい。中に出してもらって……」
と、うめくように言っていた。

「ハッ。マジか。ド変態かよ……」
さすがに、元カレも吐き捨てるように言う。
『見ててっ! 誠ちゃんのより気持ち良いおちんちんで、いっぱい出してもらうから! 安全日じゃないから、出来ちゃうよ。誠ちゃんのじゃない種で妊娠しちゃうよぉ』
さとみも、うわずりすぎて裏返りそうな声で言う。
「マジか……。似たもの夫婦かよ」
元カレはあきれたように言うと、下から突き上げるスピードを速めた。
『ダメっ! イクッ! イクッ! 誠ちゃんイッちゃうっ! 元カレチンポでイクッ! うぅっ!!』
さとみは叫ぶように言うと、のけ反って天井を見るような格好で腰を震わせる。そして、元カレのペニスが突き刺さっている膣口から、激しく潮吹きを始めた。透明の飛沫が勢いよく飛び散り、私の足やすねにかかってくる。それは、熱いと思うほどの温度で、ほとんど臭いはなかった。

私の目の前で、元カレにハメられハメ潮まで吹き散らすさとみ……。私は、狂ったようにペニスをしごき続けた。もう、私もイク寸前だ。何度出してもおさまらない興奮と、快感……。まさか、寝取られがこんなにも強烈なものだとは、思ってもいなかった。

「スゲぇな。旦那さんもイキそうだぜ。二人で一緒にイケよ。夫婦ラブラブで一緒にイケよ!」
元カレは、なぜか嫉妬したような口調で叫ぶ。私は、嫉妬しているのは私なのに、どうして? と、思いながらも、もう限界だった。
「イ、イキそう……さとみ、出ちゃう」
苦しげに私が言うと、
『イッてっ! 私もイクッ! 一緒にっ! 誠ちゃん、愛してるっ! イクッ! イクぅっ!』
そして私は、うめきながら射精した。さとみも、上を向いてのけ反りながら太もも周りをガクガクッと震わせていた。

元カレは、まだイッてないと思う。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


検索フォーム
カテゴリ
Twitterフォロー
おすすめ動画