太郎と桃子のスワッピング日記6

再開してからのことを書きます。
再開するまでの1年弱の間にユウさんとノンタンとは関係のない事件もあったんだけど
それは気が向いたら書きたいと思います。

冬の終わりころ、
4月の初めにユウさんが帰ってくるってノンタンから連絡が来た。
そういうプレイ関係なくとりあえず飲もうよと。
もう自分はノンタンとしたくて、連絡来たときは一気に興奮した。
けど、さすがにがっつくのは恥ずかしいと思い、大人な対応を心がけていた。


そして、4月頭から末くらいにかけて、何回か飲み会が開かれた。
その中の会話で、徐々に、いつ再開する?とか、プレイに関する話題も出ていて、
自然にプレイ再開できるような空気も徐々に出来ている感じだった。

とはいえ、お互い気を遣っているのか、なかなか開始を切り出さなかったので
「GWにスタートしてみる?」って自分から持ちかけてみた。
今思えば、自分きっかけでプレイするのは初めてかもしれない。

「リハビリもかねて、大型連休でスタート切るにはいいかもねー」
みたいなノリで、すんなりとプレイが決まった。
モモは、「やっぱりそうなるのか…」って苦笑いしていたけど、
プレイし始めの頃の困惑した感じではなく、はいはい、って感じで受け入れてくれていた。


そして、この時ユウさんに「今度二人で作戦会議開こう」とこっそり誘われた。
で、約束通り、プレイ前にユウさん作戦会議のために飲みに行った。

ユウさんと二人で飲みに行くのは過去、プレイしていたときはたまにあった。
平日でユウさんが暇なときにお誘いがあるのがほとんど。
(ユウさんが基本平日は多忙なので自分から誘ったことはない)

ちょっといい居酒屋の個室を取ってもらっていて、
飲みながら単身赴任の話とかも色々聞かせてもらった。
ユウさんの事だから、向こうで女性関係とか色々あるのかなと期待していたけど、
仕事が忙しくてそれどころじゃなかったらしい。

そして酔いも会話も盛り上がってきたところで、ユウさんがプレイのことについて話し出した。
「もうじき再開するけど、なんかリクエストある?」
こういうプレイをしてほしいとか、写真を撮ってほしいとか、そういうのないの?と。

でもいきなり言われたので急には思いつかなかった。
とりあえず返事に困って「ユウさんは何かあるんですか?」って聞いた。
そしたら、よくぞ聞いてくださいましたと言わんばかりに、
「俺に内緒で希とやってみてほしい!」って言われた。

実はこの要望は以前にも聞いたことがあって、
その時は軽く言われたので冗談だと思って受け流していたんだけど、
正式にお願いをされてしまった。

まあ良く考えると、正直今さらノンタンとこっそりセックスしたところで
4人の関係が大きく変わるわけでもないだろうし、
ユウさん的にはすぐに白状させて、それをネタにいじめながらエッチがしたいとのことで
それなら変にわだかまりが残ったりする心配もなさそうだった。

それに、内緒でセックスして興奮するノンタンはかなり見たかったので、
「前向きに考えてみます。」って返事した。
そしたらユウさんは自分が渋ると思っていたらしく、
興奮気味に「マジで!よろしくね!」って握手をされた。

で、その時ついでに「できればでいいんだけど、録画もお願いしたい」と言われた。
これまで覗きとか、やってるとこを見るのは全然興味なかったユウさん。
気が変わったんですか?って聞いたら、
「ほとんど気まぐれだけど、太郎くんの影響もあるかもね。」
と言っていた。

自分はというと、写真とかプリクラとかがすごく苦手なこともあり、
自分の姿、しかもそういう行為が記録に残るのがとてつもなく嫌だった。
ただ、もうビデオとか用意してある。とかなり断りにくい雰囲気だったので、
一回見て消すなら考えておきますって感じで流して、一応その時は保留しておいた。


「とりあえず俺はいいとして、太郎くんはなにかないの?」って聞かれた。
その時ふと、ユウさんがモモとメールで猥談をしたがっていたのを思い出した。
「モモとのメールはどうなりました?」
「してるよ。海外居た時も結構してた。」

「前からしたがってた、そっち系の話もですか?」
「いや、そういうのはやっぱり嫌がられる…さすがに俺もあきらめ気味だわ。」
とちょっと悔しそうなユウさん。
「でも海外に行く前に毎週1回はメールする約束してて、ちゃんと守ってくれてたよ。」

たまにメールをしてるのは知っていたけど、週一の約束は全然しらない情報だった。
いや別にダメじゃないし普通の世間話程度だし全然問題ないんだけど
週一でメールしようねっていう約束自体ちょっと心がジリジリする感じがした。

さらに、ちょっとメールも見せてもらったんだけど、
「髪ちょっと切りました」とか、
「今日は可愛い系の服だよ」とかほぼ毎回写メ付きで、
「こんな雑貨買いました」ってキュロットとニーソの間に置いて写メ取ってるのもあった。
雑貨よりもむしろ太ももが強調された感じで、なんかモモのくせにあざとい…って思って、
そこまで気を許す関係になっていることを改めて実感してすごい嫉妬した。
(下着写メとか裸の写メの要求は断固拒否してたのでちょっと安心もしたけど。)


そういう話をしていくうちに、いくつかリクエストがぼんやり見えてきた。
ただ、そのうち何個かはまだ温めておこうと思って話していない。
その時は2つ話して、一つ目は「モモが一人でする姿が見たい」ってこと。

実は結婚して間もなく、モモにオナニーしたことあるかと聞いたことがあった。
俺と付き合う前に何度かしたことあるけど、俺と付き合ってからは一回もしていないと。
その頃に、目の前でやらせようと必死でアプローチしてみたけど
結局恥ずかしがってやってくれるような片鱗さえも見せてくれなかった。

ただ、今までのユウさんの実績を見るに、
任せたら何とかなるかもしれない…と思った。

ユウさんに伝えると「それは盲点だった!俺も見てみたい」と興奮気味だった。
「ブランクがあるから、すぐには無理かもしれないけど、
ブランクを取り戻せたら絶対やってくれると思う」と言っていた。

そしてもう一つは、「もっとモモのMっ気を開花させてほしい」ってこと。
これは以前からユウさんと話をしていたことではあった。

一回モモにはバイブを使おうとしたことがあるんだけど、
超絶怖がられてそれから全然許してくれなくなった。
実は再開する前にも電マを買ってみて使おうとしたけど、
半べそで嫌がられて全然できる様子じゃなかった。

ユウさんだから断りにくいっていう作用にも期待して
適任じゃないかと思ってもっと道具とか言葉でいじめてみたらどうかと提案してみた。

そしたら、
「おもちゃを使うならモモちゃんは怖がりだから、電マとかバイブはショック大きいと思う。
初めはタオルで目隠ししたり、ローターとか見た目可愛らしいアイテムで責めてみる。」
とユウさんなりに色々計画を練っているようだった。


そんなこんなで作戦会議が終わり、GWを迎えた。
久々でモモの様子がおかしくなるかなと思っていたけど
結構サバサバした様子で、プレイをしていた頃の感じとあまり変わらなかった。

俺とノンタンの方は案の定ブランクなんて一切感じられなかった。
むしろノンタンも実は俺としたくてたまらなかったみたいで
初日からかなりベタベタしてきてセックスも相当濃厚な感じで楽しむ事ができた。

2日目はノンタンの思いつきでちょっと遠出することにした。
なので、俺の車を登場させることになった。
とりあえず俺の家に車を取りに行って、そのまま郊外のショッピングモールにでも行くことに。
というわけで車を取りにノンタンを置いて一人で自分の家に向かった。

玄関を見ると、二人はまだ中にいるようだった。
キーは玄関のすぐそばにあるので、難なくとれた。
ただ、キーを取りに来たという大義名分もあるし、
多少気まずい状況になっても言い逃れできるかなと思って
興味本位で玄関からそのままリビングを覗いてみた。

だれもいないのかな?と思ってさすがに寝室を覗く勇気はなかったので
そのまま帰ろうかな…と思ったところ、リビングから物音が。
モモだった。

キャミソール姿で横切るのが見えた。
そしてキッチンのシンクの方に向かって、
こっちに背を向けて、コップに水を入れて飲んでいた。
小柄で細身なんだけどお尻がぷりっとしてて
やっぱモモのはいい尻だなぁ…としみじみ感じていた。

ちなみに、モモの髪が濡れていたのと、湯気をまとっていて
お風呂から上がったばかりだってのがすぐわかった。

すると、モモが何か話し始めた。
見つかると嫌なのでちょっと距離を開けてたから、あいにく言葉までは聞き取れない。
自分の位置からは死角だったけど、ユウさんと会話しているようだった。
ユウさんの声も良く聞き取れなかったので会話の内容は良くわからなかったけど、
画的になんか所帯じみたオーラが出てて、異様にエロかった。

すると、ユウさんが死角から姿を現した。
ボクサーパンツ一枚で、幸いこちらには気付いていなかった。
ユウさんもあきらかに湯上りだった。
二人して仲良く朝風呂していたに違いない。

モモがコップを差し出そうとすると、何やら色々話してる。
するとモモが、ユウさんにコップを渡さずに自分で口に含んだ。
そしてそのままユウさんとキス。水を口移しで飲ませたようだった。

ただ口移しにしては時間が長いなって感じ。
モモの口から水が少し溢れて垂れてきていた。
そしてあきらかに激しく舌を絡めた後って感じで、口を離した。

二人の口元に目が行って気づかなかったけど
モモの目がすでにとろんとしてエロい感じがした。

するとモモがキャミソールの裾を捲し上げ、胸を露出させた。
ユウさんからの指示があったのかどうかはわからなかった
けど、どっちかというと、直接触って?っておねだりしているように見えた。
ユウさんが直接胸を揉み始める。
モモが定期的にビクッと体を痙攣させていた。
もう感じてしまっているのか、腰をエロくくねらせてる。

するとモモが、キャミを捲っている手を離して、
ユウさんの乳首をいじり始めた。
キスしている口を離してユウさんを見つめる。すごく挑発的な目に見えた。
何かごにょごにょと会話しているようだったけど、全然聞きとれない。

ユウさんの手が胸から下の方に伸びる。
パンツの上から触っているようで、モモが気持ちよさそうに身をよじらせる。
で、ユウさんの問いかけがあった後、モモがユウさんの乳首を舐め始めた。
ちゅっちゅと啄んだり舌先でレロレロ舐めたり、いろんな方法で愛撫している。
こんなの俺は教えたことないし、してもらってもない。ユウさんから教え込まれたようだった。

しばらくモモがユウさんからの愛撫に耐えながら、ユウさんを愛撫する状態が続いた。
そして、モモがユウさんを見上げる。甘えきった目線だった。

するとユウさんがモモをひょいと担いで、お姫様抱っこをした。
モモはまるでいつもの事かのように慣れた感じでユウさんに体を預けていた。
右手はユウさんの首に回して、首をユウさんに預けるような形。
うっとりと、幸せそうな顔でユウさんを見つめている。
そしてそのまままたエロくキスを始める。

おそらくこのまま寝室に移動するんだろうなと思った。
となると、立ち位置上、鉢合わせしてしまう。
なので急いで自分の部屋に緊急避難した。

ちょっと待機していると、リビングの扉が開いて、
ユウさんの足音が近くに聞こえる。
やはり寝室に向かっていた。
移動中の会話はクリアに聞こえてきた。

「ねえモモちゃん」
「ん?」
「制服ってまだある?」
「クローゼットの奥に、一応ありますけど。」
「そっかー。」
「…着てほしいんですか?」
「だめかな。」
「べつに…いいですけど。」
「やったw」

寝室に入り、声が聞き取りにくくなった。
思わず近づいて耳を近づける。
すると中からの声は結構鮮明に聞こえる。

「ブラウス着たらこのキャミ透けちゃうかも…。」
「こんなエロいキャミ着てる女子高生いないかw」
「うん…これも着替えましょうか?」
「いいの?」
「私はどっちでもいいですけど。」
「あー、ただせっかく新調してくれたのに、これも名残惜しいなー」
「そんな…大げさですよ…」
「だって、このキャミもエロくて良かったからさ」
「じゃあ、夜にもう一回着ましょうか?」
「ほんとに!?よろしく。」

そして引き出しを引く感じの音がした。モモが下着を選んでいるようだった。
「ここ下着?ちょっと見せて?」
「えっ…ダメですよ…」
「何これ、すごい数持ってんじゃん!」
「恥ずかしいから見ないでださい…」
「選んでいい?」
「いや…漁ったら恥ずかしいです…」
「良いじゃん。見せて?」

ユウさんの下着物色タイムが始まったようだった。
「モモちゃん、エロい下着多すぎw」
「やめて…」
「希の倍くらいあるよw」
「集め出したら止まらなくて…」
「ほんと、エロくなったよねモモちゃんは…。」
「ほんと、誰のせいですかね…」
「さあねー」
二人でクスクス笑っている。モモは全然否定しなかった。

「ねえユウさん、これ覚えてますか?」
「俺が初めて買ってあげたやつね」
「ふふ…そうです。」
楽しそうなモモの声。

「ユウさん、これにしていいですか?」
「いいよ。」
「分かった。じゃ着替えますね」

「なんでそれにしたの?」
「なんとなく懐かしいなぁと思って。」
「初めは顔真っ赤にしてガチガチに固まってたのにねw」

「やっぱ制服似合うわ…おいで?」
モモが着替え終わったのか、ユウさんがモモを呼ぶ。

「んっ…」
モモの喘ぎ声が短く聞こえた。
そしてかすかにキスをしている音が聞こえた。

「濡れすぎ…」
「んっ…」
「ほんとすぐエロいスイッチ入るよねw」
「だって…」
「さっきお風呂でしてそんな経ってないのにね。」

「ほんと気持ちよさそうな顔するよね…可愛い」
「やだ…」
「いや…ほんと。意地悪な意味とかじゃなくて。」
「そうですか…わかんない…。」

「あぁ…気持ちいい…」
「気持ちいい?」
「うん…」
「もっと舌出して…」
「ほんとエロい顔…」
「んっ…」

そのあとしばらく、たまにモモの喘ぎ声が聞こえるだけの感じになった。
いつも覗いたりしている分、会話だけしか聞こえないのが本当にもどかしかった。
実際はどういう体勢なんだろうとか気になりつつ、
逆にそういう状況により興奮してしまったのかもしれない。

「昨日メールありがとうね。」
「あっ…ん…。何が…ですか…。」
「俺とセックスしたいって送ってくれたじゃん。」
「そんなストレートな言い方してません…」
「そうだっけ?とはいってもそういう意味じゃん。」
「それは…」

「ねえ」
「あぁっ…。はい…?」
「今日は汚してもいい?」
「えー…」
「クリーニングは俺がしとくから…」
「いや、それは自分でやります…」
「わかった。ねえ、いいでしょ?」
「えー…」

「…今日は久しぶりだから、特別です…」
「やった。ゴム取って?」
そしてしばらくして、ユウさんがゴムを付けた様子だった。

「腰浮かして?」
「ん…」
「もうトロトロじゃん」
「あぁ…」
「入れてほしいんだ?」
「うん…」

「待って、ゴムつけてない…」
「このままでいいじゃん」
「だめ…」
「なんで?」
「だめなものはだめ…」
「欲しいでしょ?このまま。」
「そんなことないもん…」
「モモちゃん嘘つくの下手だからね…バレバレだよ…」
「うそ…」
「ほんと。早く、ゴムとってきて?」
「うん…。」

そこで俺はビクッとした。
ゴムを取りに部屋を出てくる様子で、慌てて隣の自分の部屋に隠れた。

そのあとモモが部屋から出て、パタパタせわしく移動してまた戻ってきた。
そして、中途半端にドアを開いたまま部屋に入っていった。

隙間から中が見えないかと覗いたけど、
角度的に二人の脚しか見えなかった。
モモがうつぶせで寝転んで、さらにユウさんが後ろから重なっているようすだった。
見える部分だけでしか判断できなかったけど、寝バックに近い形。

「あぁぁ…すごい…」
久々に聞いたモモの感嘆の声。
胸がギュッと締め付けられるような感じがもはや懐かしいと感じた。

「うわ…きつい…」
「あっ…ユウさん…ゆっくり…」
「ごめん…気持ちよすぎて…」
「気持ちいい?」
「うん…」
「そっか…。あぁぁ…。」
「モモちゃんは?」
「うん…すごい…」
「良い?」
「うん…」

そういう会話を混ぜながら、ぬちぬちとエロい音を出しながら腰を振るユウさん。
自分はというと、モモの表情が一切見えなくてもだえ苦しんだ。
モモがユウさんに入れられているときのあの切なそうないやらしい顔が久々に見たかった
けど残念ながら角度的に見えない。

「自分でも触って?」
モモに入れられながら、自分で自分を愛撫するように言うユウさん。
「えっ…また?」
「うん…ほら…」
「あぁぁっ…。これ…だめ…」
「気持ちいいでしょ?」
「うん…でも…すぐイク…」
「イっていいよ?」
「だめ…ユウさんと一緒がいい…」
「俺は最後に一緒にイければいいから」
「あぁっ…。やばい…。」
「ほら…イって?」

そういうとユウさんが軽く腰の動きを速めた。
「あっ…あっ…ゴメンなさい…イクっ……!」
あっという間にモモがイったようだった。

そして間髪開けずにユウさんが腰を動かし始める。
「ああユウさん…!無理…!」
イッたばかりのモモが切なそうな声で訴える。
でも全然かまうことなく腰を振るユウさん。
「ほら、手がとまってるよ?」
「だって…!無理…」
「無理じゃないから、早く…」
「あっ…あっ…!」
ユウさんの指示にもはや逆らえない様子のモモ。
自分の意志に反して言われた通り自分でも愛撫し続けているようだった。

「ユウさんっ…いくっ…!!」
5分もしないうちにまたイってしまうモモ。

モモの絶頂が収まる頃を確認して、
「ほら…手が止まってるよ?」
と愛撫を促すユウさん。

今度はユウさんは挿入したままで何もせず、モモだけが自分で愛撫している。
「はぁぁ…。んっ…。」

ユウさんからの刺激がない分、ゆっくりした感じで喘ぐモモ。
嫌ならやめれば良いだけなんだけど、もはやユウさんにコントロールされている感じがした。
「キスしてほしい?」
「えっ…」
「したげよっか?」
「うん…」
「手を止めずにがんばってるからね…」

こちらからは見えないけど、ピチャピチャといやらしいキスの音が聞こえてくる。

「あ…だめ…」
「ん?」
「これ以上は…待ってください…」
「どうしたの?」
「え…イキそうになる…」
「はは、ほんとキス好きだよね…」
「だって…ほんと…気持ちいいんだもん…」
いつもの敬語でもなんでもない、俺に話しかけるような親近感のこもった話し方だった。

「だったらもっとしないと。」
ユウさんがモモにまたキスをし始める。
「だめだって…ほんとすぐイくから…」
「イってほしいからやってるんだって。ほら。」

嫌々しながらも徐々にキスを受け入れるモモ。
そして、また5分後くらい
「はぁぁ…。だめ…。いく…。」
ユウさんに挿入されたまま、腰を振られることなく自分の手だけで静かにイッた。
俺との作戦会議のお願いをほぼ完遂しかけているユウさんに尊敬どころか恐怖すら感じた。

「ユウさん…」
「ん?」
「私の嘘ってバレてるって…ホント?」
「うん。モモちゃんの考えてることは大体わかる。」
「えー、うそだー。」
「大体ね。」
「じゃあ、いまどうしてほしいかわかります?」
そう言われてユウさんがモモを持ち上げて、表向きにさせる。
そして、ギュッと抱きしめた。

「こうでしょ?」
「…。」
モモは自分から脚を開いてユウさんの腰に足を回して、ユウさんのアレを自分の部分にあてがっていた
そして、「はぁぁぁ…」って大きなため息のような喘ぎ声が漏れて、また挿入したのが分かった。

「正解でしょ?」
「ユウさんって、ほんと、すごい…」

全容は見えないけど、貪るような激しいキスをしているのが分かった。
今まで色んなエロいキスをしたのを見てきたけど、今回のはびっくりした。
本当に本能でキスをしているような。モモのキャラとは全く似つかない感じのキスだった。
ユウさんに全部わかってもらえている喜びなのか、尊敬の念がオーバーフローしてしまっているのか
どういう感情なのかはわからなかった。

そして、徐々に激しく腰を打ち付け始めるユウさん。
「あっ!あああっ…!」
さっきとは比べられないくらい切羽詰まった声で喘ぐモモ。
「モモちゃん…!気持ちいいっ…」
「うん…すごい…私も…っ!」

腰がぶつかる音といやらしい水の音が響く。

「あっ…!あっ…!すごい…大きい…」
「大きい?」
「うん…大きい…」
「これ好きなんでしょ!?」
「うんっ…!好き…っ!」

「生で入れたい…っ?」
「いや…だめ…!」
「だめとかじゃなくて…入れたいでしょっ??」
「無理…それは…あぁぁっ…!」

何度かユウさんがモモに言わせようとしていたけど
結局ユウさんの絶頂の方が先に来てしまったようだった。

「やばい…イキそう…!」
「私も…イクっ…」

「っっ……!!」

二人できつく抱き合いながらイったのが分かった。
しばらくして、おそらくもう二人とも絶頂の余韻はなくなっただろうけど
それでもギュッと抱き合ったままだった。

ゼーゼー息を切らしている二人。
「ユウさん…」
「ん?」
「すごい…気持ちよかった」
「ん。俺もだよ。」

「というかどうしたの?改まって。」
「ううん。すごい良かったから…」
「なんか珍しいね。モモちゃんがそこまで言うのって」
「うん…」

「ねえ」
「ん?」
「生で入れてみたいでしょ?本音は…」
「…。」

「すごい…入れたい…。でも、だめ…。」
「わかってるよ…」

俺はというと、二人が絶頂する直前にこっそり絶頂してしまっていた。
二人のピロートークを超絶賢者モードで聞きながら、
自分の部屋でこそこそと処理をして逃げ去るように家を出て行った。


そして車でノンタンを拾いに行ったら、ノンタンから遅いと小言を言われたけど、
道が混んでたと言い訳して何とか切り抜けた。

ユウさんとモモのイチャイチャっぷりがもはやリハビリとかいうレベルを軽く超越していたので
異様に嫉妬していて、2日目から3日目はかなり激しくノンタンとセックスをした。
ノンタンは事情を知らないので、単純に俺からの要求が激しくて喜んでいた。

ちなみに、そのころからモモはよく俺とセックスしているときに自分で愛撫するようになった。
そこを指摘するとそれ以降恥ずかしがってやらなくなりそうなので、その時はそっとしておいたけど。

そんなこんなで、再開プレイは自分の予想以上の盛り上がりで終わった。
今回はここまでです。

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
【同じジャンルの体験談】
・子種のない私が、大学生の甥に妻を妊娠させてもらうことにしました完
・EDになった私を、NTRで治療する会社の後輩完
・気の弱い僕を守るために、妻が上司達に抱かれました
・嫁の身体だけじゃなく心まで友人に寝取ってもらいたい俺2
・大家さんに、妻を1年間貸し出してお金を借りました完

強気な姉さん女房が寝取
[ 2017/06/02 20:00 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitterフォロー