自分をトコトン追い詰めるリスキーな露出プレイにハマる私

最近、と言ってももう随分前になってしまいましたが、私が挑戦したすごい事を報告いたします。

時間は夜中の3時頃。
台風が関東に上陸した、まさにその日の夜明け前でした。
まだ強い風が吹いていて、雨も横殴りに降っていました。

前の日の夕方、お家から500メートルくらい離れた所にある公園のベンチの下に、お家のスペアキー鍵を隠しておいたのです。
そして夜中に、体操着に白ハイソの格好になって、そっとお家を出る私。
あっ、私のお部屋はオートロックになっているのです。

私はマンションの屋上にあがりました。
傘も持っていましたが、ほとんど意味をなさないので差してはいませんでした。
ほんの数秒でびしょびしょになり、体操着がぴたっと体にくっつき、私の胸が透けてしまいました。
そんな自分の姿を見下ろすと、とっても恥ずかしく見えました!

それから、いつものように服を脱いでハイソだけの格好に。
頭の中はいじめられている妄想でいっぱいです!
みんなに囲まれて、無理やり服を脱がされて・・・、「いやー!服を返して~」って。

そして家の鍵を服のポケットに詰めて、屋上からベランダに落としました。
(真下が自分の部屋のベランダなのです)
これで私が家に戻るには、公園まで裸で鍵を取りに行かなければならなくなりました!
こんなことは、人がいなくて視界の悪い台風の日にしか実行できません。
私のあそこは、雨とドキドキから来る快感で、びっしょりになってしまいました。

もう後には引けません。
白ハイソとスニーカーだけの惨めな格好の私は、恐る恐るマンションの外に。
雨と風は一段と強くなっています。
マンションの玄関のところで、なかなか一歩が踏み出せません。
でも、このままでは仕方ないので、勇気を出して、思い切って雨の中に飛び出しました。
もちろん、こんな雨の中、歩いている人なんていません。

・・・のはずでした。
しかし50メートルくらい走った時、前からおばちゃん(40~50歳くらい?)二人が傘を差して歩いているのが見えたのです。
雨が強くて、近くに来るまで全然気が付かなかったんです。
私は急いで隠れる場所を探しました!
すぐ横のマンションの自転車置場の影に隠れて二人が通り過ぎるのを待ちました。
もう心臓が喉から飛び出るくらいドキドキしました。
無事、二人をやり過ごし、一路公園を目指しました。
裸でこんな町中を歩いているなんて、とっても信じられません。

やっとのことで公園近くにやって来ました。
公園は静まり返って、とっても怖い状態です。
しかも台風の影響で停電し、真っ暗!
明かりを持っていない私は、ベンチの場所がなかなか分かりません。
手探りでやっとのことでベンチに辿り着きました。

・・・が、今度は鍵が見当たりません!
ベンチの下が水浸しなんです!
この時ばかりは青くなりました。
こんな格好ですから。

(もし鍵が無かったら・・・?!)

何度も何度もベンチの下を探し回り、やっとの思いで水溜まりの中から鍵を見つけだしました。

そして今度は帰りです。
突然、雨がぱっと止んでしまい、私を隠してくれていたものが無くなってしまったんです。
細心の注意を払いながら、お家に向かいました。
タクシー二台とすれ違いましたが、たぶんバレずにやり過ごせたと思います。

この往復挑戦に一時間も掛かってしまいました。
もう二度とできないだろうなって思うチャレンジでした。

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
【同じジャンルの体験談】
・気の弱い僕を守るために、妻が上司達に抱かれました2
・寝取られ性癖をこじらせた親友が、嫁さんに睡眠薬を飲ませて差し出してきた
・子種のない私が、大学生の甥に妻を妊娠させてもらうことにしました完
・EDになった私を、NTRで治療する会社の後輩完
・嫁の身体だけじゃなく心まで友人に寝取ってもらいたい俺2

強気な姉さん女房が寝取
[ 2017/05/20 20:00 ] 女性の体験談 露出プレイ 女性 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitterフォロー