バツイチのおばちゃんですが、温泉旅行で大学生と4Pしちゃいました

私はバツイチで、かなりおばさんです。
12年前に離婚し、そして旅行会社に勤めていました。
休暇をとって女友達と2人で東北に温泉旅行に行きました。
その時の一夜の出来事、ワンナイトラブが忘れられません。
その日は温泉に浸かり友達とご飯を食べてました。

旅行という事で気持ちもちょっと変わりお酒を飲みました。
東北という事で日本酒を友達のK子がかなり飲んで酔っ払ってしまいました。
その後はもうK子は倒れるように寝てしまいました。
私も寝たのですがK子のイビキがとてもうるさく眠れません。
我慢して寝ようと試みたのですがダメです。

仕方がないので酔いを覚まそうと、1人で露天風呂に行きました。
時間はもう夜中の2時です。
女湯に入ったつもりでしたが・・・。
星がとても綺麗で気持ちいい開放感。
湯船に浸かり、少しうとうと。
その時、数人の男性の声がして、あっと思いましたが3人の大学生風の人たちが入って来ました。

「こんばんわー」と笑顔で爽やかに、悪ぶれた感じはまるでありません。
(翌日わかたのですが、そこは0時を過ぎると混浴になるんです)

男性3人は私から5mぐらい離れた所に入りました。
私は出るに出られず、背中を向けて3人が出て行くのをじっと待ちました。
しばらくして男性たちが、「地元の人ですか?旅行ですか?」と話し掛けて来ました。
私は無視もできず答えました。

そこから質問が続き、男性の1人が私と同郷人という事がわかり、話が弾みました。
色の白さや外見を褒められ、年甲斐もなくいい気持ちになってしまいました。
男性3人は大学のラグビー部の人達みたいで、スポーツマンでがっちりした人たちで、とても感じがよかったので私も安心したのです。

色々話すうちに1人が私の肌を触らせて欲しいと言い出したのです。
私は子供の頃から色白で、同級生の中でも1番か2番ぐらいで、白さだけは自慢でした。
自慢もあってか、3人の誠実そうな態度についOKしたのです。
OKすると3人は湯船に浸かりながら私に近づいてきました。
3人共タオルでアソコを隠して、私は小さなタオルで下を上は両腕で隠してました。

「すみません、じゃー触らせてもらいます」

丁寧に断り、3人で触り始めました。
1人は二の腕付近、1人は背中、1人は太ももを。
太ももの人はさすがに遠慮気味でした。
私はお酒も入っており、離婚後は男性と一度もなかったので、男性に触られる事よりも、たくましい男性3人の裸を目にした時から濡れていたのが自分でもわかりました。
そして触られた事で気持ちが飛んでしまい、私は下を向いてしまいました。

1~2分ぐらい3人は触っていたでしょうか?
背中を触ってる男性が優しく、「僕達と思い出を一緒に作りませんか?」と。
私は何も言えずただ下を向いて耐えてました。

3人はだんだん手の動きがいやらしくなってきたのがわかりました。
3本の手が6本になり、その手が湯船の中で私の全身を触ります。
隠してたタオルは外され、3人の指が次から次に私の中に入って来ました。
私は頑なに生で入れられるのだけは拒否しました。

すると部屋にゴムがあると言われ、3人の部屋に連れて行かれ・・・。
結局、朝まで3人が代わる代わる入って4Pの乱交に。

男の経験が無かった訳ではありませんが、一夜の男性、それも3人に上から下から何度もという経験は初めてだったので、とても感じてしまいました。
その時に写真も撮られ、アソコの毛も全部剃られてパイパンにされました。

私は今も独身でおばさんですが、あれ以来、女友達と居酒屋に飲みに行った時など、隣に座った若い男性(特にスポーツマン系のガッチリしたグループ)を見たら、あの夜の事を思い出してアソコが濡れます。
そして心の中で声を掛けて来るのを待っています。
こんなおばさんですが、若い男の子達にナンパされて激しくセックスしたい思いに駆られてしまうのです。

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
【同じジャンルの体験談】
・子種のない私が、大学生の甥に妻を妊娠させてもらうことにしました完
・EDになった私を、NTRで治療する会社の後輩完
・気の弱い僕を守るために、妻が上司達に抱かれました
・嫁の身体だけじゃなく心まで友人に寝取ってもらいたい俺2
・大家さんに、妻を1年間貸し出してお金を借りました完

強気な姉さん女房が寝取
[ 2017/05/04 22:00 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitterフォロー