職場の熟妻を友人と一緒に寝取ってみた

以前うちの店にバイトに来ていた敦也と久しぶりに電話で話す機会があった。
敦也は21歳で専門学校に行きながらバイトに来ていた奴で、今は営業の仕事をしている。

8つも年下だけど妙に馬が合う奴で、女なら、若かろうが年だろうが、関係なくヤる奴で、営業の仕事なので時間も都合がつき、圭子とヤってみたいというので勝手に3Pをする約束をしてしまった。

圭子は俺と同じ職場なので当然敦也も面識があり圭子の体に興味があったらしい。

12月22日。俺はその日休みをとり、14時に圭子の仕事が終わるので、頃合をみて圭子に電話して車にのせた。

「今日は、ちょっと寄る所があるから」と敦也のアパートの前まで連れていき
「みせたい物がある」と敦也の部屋に連れこんだ。
「こんにちわ、圭子さん」
「あら?敦也くんひさしぶり」
「ねえ淳二どういうこッ」
俺は圭子の腕を掴んでベットに押し倒した。

「ちょっとーどういうことー」圭子が抵抗してきたが、敦也はお構いなく圭子のズボンとパンティーを脱がしていった。

圭子は49という年齢なのに男といえば旦那と俺しか経験がなく、まして3Pなど考えもしなかっただろう。
敦也が圭子に足で蹴られながらもマンコに舌を這わしてやると、急激に力を弱めていった。

俺は圭子の耳元で
「圭子、今日は気が変になるくらい気持ちよくしてあげるよ」
「あぁーん、でも恥ずかしいわ」
圭子は自分の小さな胸を人に見られるのを、ひどく気にしていた。

「大丈夫だよ圭子、敦也を見てみろよ圭子の体でギンギンになってんだぜ」
俺は敦也の股間に圭子の顔を向けた。

「ああーん敦也くん」
「圭子さんのお尻ボリュームがあってそそるよ」
「あぁぁぁー」

俺は圭子の上着を脱がし仕事を終え汚れた圭子の体を舐め廻した。
顔、首筋、腋毛の生えた腋、そして敦也は圭子のマンコからアナルまで。

「あー気持ちいいー」
圭子は歓喜の声をあげた。

「ああーもう我慢できない、入れてー」
せがむ圭子を見て圭子の体を起こし四つんばにし
「敦也入れていいぞ」
「いいんすか?よーし。入れるよ圭子さん、いや圭子ぉー俺のちんぽ味わいなぁ」
「あああああ・・」

敦也は若いだけあってがむしゃらに腰を動かしている。
俺は喘ぎまくっている圭子の顔を起こし
「圭子、しゃぶって」と圭子の口にペニスを含ませ、喉の奥まで激しくピストンした。

すぐに敦也が
「うあぁーイクー、圭子ー俺のザーメンたっぷりだすよー」と圭子の中に射精した。
俺はピストンを早め一回目の射精の後、口からペニスを抜き、残りの精液を圭子の顔、自慢の長い黒髪に撒き散らした。
崩れ落ちた圭子は、顔に着いた精液を舐めていた。

「敦也はちょっと休憩な」俺は出したばかりなのに萎えないペニスを圭子に、突き刺した。
「あぁぁんもう?すごいー」
圭子も腕を絡め下から突き上げてきた。
グチュグチュ、圭子のマンコが音を立てていた。

俺は突きまくった。
「あぁぁぁーいぃぃー気持ちいいのー」
圭子は乱れまくった。

「淳二ーイクイクーいっちゃうー」
「圭子ぉイクぞー、お前の中に注いでやるぞぉ、うああ」っと圭子の中に射精した。
「あぁん入ってくる」

圭子は俺と敦也の精子が自分の中で混ざり合うのを、感じているようだった。
さすがに疲れていると敦也が
「これ忘れてないっすか?」とローションをもってきた。

そう今日は圭子のアナルの処女をもらうつもりだったんだ。
「敦也、圭子のアナルほぐしてやれ」
敦也はまだ動けない圭子のアナルにローションを塗り穴を拡げていった。

圭子は
「えっ、お尻はだめよ」と言っていたが、指を入れると
「んっあっ」と感じていた。
「よし、敦也下になんな」仰向けになった敦也に圭子が跨った。
敦也のペニスを舌でたっぷり濡らしマンコに入れていくと圭子のマンコから、俺と敦也の精液が溢れてきた。

熱気とガンガンに効いた暖房で、汗まみれで光っている圭子のスレンダーなボディー。
髪をかき上げ、腰を振りまくっているのを見て、ギンギンになったペニスを圭子のアナルに突き刺した。

「あぁぁ、あたるのーお腹の中でペニスがあたるぅ」

俺は汗まみれの圭子のヒップをわし掴みにし、アナルをかき混ぜるように突きまくった。
敦也もピストンを速める。

「おおぉぉー・・・あああああー壊れちゃうーいいいーアナルいいのぉー」
圭子は獣のような声を上げていた。
そして、まず敦也が
「うぉぉーイクーイクぞー、圭子ぉ・・圭子ーイクぞー」っと圭子の子宮に射精し、圭子も
「ああぁぁぁー」っと絶叫しガクガク震えていた。
そして最後に俺が圭子の直腸に射精した。

俺と敦也のペニスを引き抜くとマンコからはかなり、アナルからも精液が流れてきた。
俺と敦也はそれをすくって圭子の体に塗りたくった。
圭子の体は汗と精液で光っていて、めちゃくちゃいやらしかったけど、さすがにもう立たなかった。

敦也は21というだけあってその後もう2回してた。
マンコと口のなかに出して、圭子は全部飲み干していた。
そして、圭子は18時を過ぎ、まずいのでシャワーを浴びてバスに乗ってかえった。

敦也と「今度は裕子と3Pしよう」という話になり裕子に電話すると「いつでもOK」という返事。
敦也は裕子ともバイト時代に知っているので、「裕子さんのムチムチボディーたまんないっすね」とかいってる。
また、裕子との3Pも報告します。

なんか小説みたいに書いちゃったけど、ほんとのことですよ。
熟女はまじでいいよ。

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
【同じジャンルの体験談】
・気の弱い僕を守るために、妻が上司達に抱かれました2
・寝取られ性癖をこじらせた親友が、嫁さんに睡眠薬を飲ませて差し出してきた
・子種のない私が、大学生の甥に妻を妊娠させてもらうことにしました完
・EDになった私を、NTRで治療する会社の後輩完
・嫁の身体だけじゃなく心まで友人に寝取ってもらいたい俺2

強気な姉さん女房が寝取
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitterフォロー