夫が単身赴任中、リフォーム工事でやって来たのは巨根の黒人でした

夫は海外に単身赴任していて、私は一人で日がな一日を過ごしています。
夫とは結婚二年目の新婚の専業主婦の人妻です。
まだ子供はいなく、夫も半年に一回程しか帰って来なく、子作りする機会にもなかなか巡り合えません。

転勤が終わり、日本に帰ってきたら子供を作ろうという話で夫婦の間で落ち着きましが、新婚ほやほやの当初は仕事が忙しく、なかなか二人きりの時間が持てません。

私達夫婦の家も、田舎で結構山の中にあるので、毎日暇を持て余しています。
この家は元々主人の親の家だったのですが、少し古くなったので、主人と相談してリフォームすることにしました。
主人は「全てお前に任すよ」と言ってくれたので、私はログハウス風のアメリカン住宅にすることにしました。

何日か業者さんと打ち合わせをして、いよいよ今日から工事が始まります。
朝、チァイムなり玄関を開けると、そこには職人さんの親方さんと、2メートル近い黒人が2人と、がっちりしたアラブ系の2人がいました。
親方さんは、「奥さん、この現場はこいつらに任せてあるから何でも言ってくださいねっ」と言うと、「俺はちょっと違う現場に行くので」と言って4人に指示をして行ってしまいました。

私は普段通りに家事をこなし、10時の休憩になったのでお茶を彼らに淹れ、彼らに工事の希望を伝えました。
そして彼等と少し話をしました。
彼等は日本語も話せてすぐに打ち解けましたが、彼等の私を見る目がいやらしく感じました。

私は身長147センチ、体重45キロ、B82・W54・H83の華奢な身体で、2メートル近い彼等から見たら子供ぐらいに見える程の身長差でした。
私、思っていたよりも朝早くから彼等が来たので、その時はノーブラでTシャツにホットパンツというラフな格好だったのです。

そして休憩が終わり彼等が立ち上がり、私も立ち上がろうとしたら足が痺れて転んでしまい、彼等が優しく抱き起こしてくれたのですが、その時に彼等の大きな手で胸を触られてしまいました。
すると彼等はスイッチが入ったように私の身体を触り始めました。

「嫌、やめて!」

叫んだのですが女の力で彼等に抵抗しても無駄でした。
私は衣服を脱がされ全裸にされると、彼等も作業着を脱ぎ捨てていました。
私は頭の中で犯される事を覚悟しましたが、相手は2メートル近い外国人、それも4人も相手にするなんて思いもしませんでした。

私、外国人とはセックスしたことがなかったので、すごく怖くて震えていました。
彼等は、2人が私の手足を押さえると、初めに黒人の2人が私の身体を愛撫してきてオマンコを舐められ、胸を揉まれながらキスをされました。
そして私の腕ぐらいありそうな肉棒を口に入れられました。
喉の奥まで入れられ、苦しくて涙が出てきます。

やがてその肉棒を私の膣に入れようとしてきました。
今までに経験したことがない大きさで、(こんなの入るわけがない)と思いました。
半分ぐらい入っただけでおかしくなりそうでした。
それでも奥へ奥へと入れてきて、やがて全部が入ってしまいました。
まるでおへその方まで届いているような感覚でした。
そして黒人はだんだん速く腰を動かしてきて、肉棒の先が子宮に届くまで奥に入れられ、そのまま中に射精されました。

その後、他の3人にも激しく犯され、私は気が狂いそうになるほどイッてしまいました。
4人は1度射精したぐらいでは全然衰えず、2度、3度と私の身体を求めました。
4度目にはアナルまで犯され、前も後ろも同時に入れられた時の私は・・・、思わず腰を使っていました。
その日は彼等の精液を20回以上、膣とアナルと口で受け止めてしまいました。

それからは毎日、仕事の前に彼等に抱かれ、仕事が終わるとまた彼等とセックスをしています。
時にはそのまま家に泊まって朝まで彼等に抱かれた日もありました。

初めはリフォームは1ヶ月の予定でしたが、セックスばかりしていたせいで3ヶ月も掛かってしまいました。
3ヶ月間ほとんど毎日彼等に抱かれ続けた私は妊娠していました。

主人が帰国する前に何とかしようと思っていますが、あの肉棒が忘れられません。

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
【同じジャンルの体験談】
・子種のない私が、大学生の甥に妻を妊娠させてもらうことにしました完
・EDになった私を、NTRで治療する会社の後輩完
・気の弱い僕を守るために、妻が上司達に抱かれました
・嫁の身体だけじゃなく心まで友人に寝取ってもらいたい俺2
・大家さんに、妻を1年間貸し出してお金を借りました完

強気な姉さん女房が寝取
[ 2017/04/18 18:00 ] 女性の体験談 主婦や人妻の告白 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitterフォロー