嫁に温泉旅館で性感マッサージを受けさせてみた3【ブロマガ転載禁止】

前回の話

嫁は失神から目覚めると、
『あなた……ごめんなさい』
と、罪悪感にまみれた顔で言ってきた。私は、布団から顔だけ出している嫁に、
「どうしたの? 寝てたからよくわからないよ」
と、あくまで寝たフリをしていたことを貫いた。

『……マッサージで、気持ち良くなっちゃったの……』
嫁は、モジモジした様子で言う。
「そう、良かったね。リラックス出来たの?」
私は、なるべく優しい口調で言った。
『……違うの。その……エッチな気持ちになって、先生にイカせてもらっちゃったの……。ごめんなさい』
嫁は、正直にそんな事を言う。隠すつもりがないのが、正直な彼女らしいと思う。

「どんな風にされたの?」
私は、少し動揺したフリをしながら聞く。
『……アソコを触られたり、指を入れられたり……』
「そんなに気持ち良かったの?」
『うん。あんなの初めてだった……』
「そんなに良かったんだ……。だったら、また呼ぼうよ。千里も、またして欲しいでしょ?」
『えっ? いいの? 他の人に気持ち良くさせられても……』
「うん。今度は見せて欲しいな」
『もう……ヘンタイなんだから』
はにかんだように言う嫁。でも、さすがにセックスまでしてしまったことは言いづらいようだ。

『あなた、来て……』
嫁は、発情したような顔で私を誘う。私は、すぐに布団の中に滑り込んだ。私に抱きついてきて、熱烈に舌を絡めてくる嫁。それだけではなく、私の上にまたがってきた。全裸の嫁は恥ずかしがる様子もなく、私の浴衣を脱がせ始める。

そして脱がせるとするに、私の乳首を舐めてきた。息遣いも荒く、興奮しているのが伝わってくる。
「そんなに興奮して、どうしたの? そんなにマッサージ気持ち良かったの?」
私が声をかけると、
『うん。お腹を軽く叩かれただけで、イッちゃったの……。あんなの、初めて』
と、うわずった声で言いながら私の乳首を甘噛みしてくる。
「何回もイッたの?」
『うん。もう、イキすぎて死んじゃうかと思った』
どんどん息遣いが荒くなる嫁。本当に興奮しきっているのがわかる。
「僕とするよりも気持ち良かった?」
『……ごめんなさい』
嫁は、答えずに謝ってきた。嘘のつけない彼女らしいリアクションだ。
私は、見ていてそれは充分すぎるほどわかっていたが、それでも嫁の言葉に嫉妬が燃え上がる。そして、体勢を入れ替えて嫁に覆いかぶさっていった。私は、犯すように彼女の中に挿入した。こんなに荒々しくするのは初めてかも知れない。

私は、入れた途端にびっくりした。嫁の膣中は、いつもとまったく違う感じだった。緩いとかそういうことではなく、別の女性としているようなまったく違う感覚だった。

私は、これが寝取られると言うことなのかとショックを受けた。他の男に、嫁の中を変えられてしまった……。そう思うと、嫉妬が嵐のようになる。そして私は、狂ったように腰を振り始めた。
『あっ、あなた、激しいっ。気持ち良いです、もっとしてくださいぃ』
嫁は、少し背中をのけ反らせるようにしてあえぐ。私は、感触の違う嫁の膣に焦燥感を感じながら腰を振り続けた。

『あなた、いつもより固くなってる。興奮してる? あなたも興奮してるの? 私が他の人にイカされたのに、興奮してるの?』
嫁は、うわずった声でそんな事を言う。でも、どことなく私を挑発するような感じに聞こえる。
「してる。興奮してる! そんなに良かったの? そんなに気持ち良かったの? 僕とするより良かったの!?」
ついつい声が大きくなってしまう私。
『良かったの! あなたとするより気持ち良かったのっ! あぁっ! イッちゃうっ! あなた、イクッ!』
嫁は、そんな事を言いながら身体を震わせる。私は、激しい嫉妬と焦燥感を感じながら、あっけなく射精してしまった。

私は、こんなに気持ち良い射精は初めてだった。そして、どちらからともなくキスをしてしばらく抱き合っていた。

『あなた、怒ってる?』
心配そうな口調で聞く嫁。
「怒ってないよ。ごめんね。本当は、寝たフリしてたんだ」
私も正直に話した。
『……知ってたよ。だって、途中で目隠しズレたから……』
嫁は、そんな告白をしてきた。私は、ウソがばれてバツが悪いなと思いながらも、告白してきた嫁は覚悟を決めたんだなと思った。

「先生の、大きかったみたいだね」
『うん。奥の突き当たりまで届いたの。奥を突かれると、頭が真っ白になっちゃうんだね。女に生まれて良かったって思うくらい気持ち良かった……』
嫁は、申し訳なさそうな感じはもうない。私の事を挑発しているような感じで言う。
「僕のじゃ、届かないの?」
自分のことなので、聞くまでもないのに聞いてしまう私。
『知ってるでしょ? あなたが一番わかってるでしょ?』
嫁は、妖艶な笑みを浮かべながら言った……。

この時の経験がきっかけで、私と嫁のセックスライフは、倦怠気味だったのがウソのように燃え上がるようになった。ほとんど毎日のようにセックスをするようになり、嫁はわざと先生のマッサージのことを言って私を嫉妬で燃え上がらせるようになった。

そして、それまでもやっていたバイブを使っての疑似寝取られプレイもさらに過激になっていった。今日は、2人で少し郊外の書店型のアダルトグッズ店に行った。
「どう? これくらいだったんじゃない?」
私は、リアルタイプのディルドを手に取り、嫁に渡した。嫁は、
恥ずかしそうに頬を赤くしながら、そのディルドを握った。
『う〜ん。もっと太かったかな?』
嫁はそんな事を言う。でも、いま握っているディルドも、かなりのサイズだ。パッケージを見ると、Lサイズと書いてある。

嫁はLサイズのディルドを棚に戻すと、隣のLLサイズを手に取った。それは、日本人ではあり得ないんじゃないかな? と思うくらいのサイズだ。外人さんだと、これくらいあるのかな? と思うサイズで、私のものと比べると、一回りも二回りも大きな感じだった。

『これだ! 太さはこれくらいだよ。でも、こんなに長くはないね』
慣れてきたのか、楽しそうに笑いながら言う嫁。まさか、こんな風に2人でアダルトグッズを選ぶ日が来るなんて思ってもいなかった。

「こんなに? ホントに? だって、こんなの、外人さんみたいだよ」
『うん。でも、たぶんこんな感じだったよ』
嫁は、少し上気したような顔になっている。先生とのプレイを思い出して興奮しているのだろうか? そう思うと、胸がドキドキしてくる。

「じゃあ、これ買おうか」
『うん。早く帰ろう』
嫁は、うわずった声で言う。もう、入れて欲しくなってしまったのだと思う。

そしてそれを購入すると、私達はすぐに帰宅した。すると、まだ玄関なのに、嫁が抱きついてキスをしてきた。荒々しく舌が突っ込まれてきて、私の舌をむさぼる。
『あなた、もう我慢出来ない。入れて欲しい』
荒い息遣いで嫁が言う。こんな嫁は初めて見た。
「どっちを? 僕の? それとも、先生のサイズのこれ?」
私が興奮しながら聞くと、嫁はあっけなく、
『これ! この大きいのが欲しい!』
と、うわずった声で言った。私は、わかっていた事ながらショックを受けてしまった。そして、嫉妬しながらも激しく興奮してしまった。

そして、嫁と一緒に寝室に移動し、キスをしながらもつれるようにベッドに倒れ込んだ。
しばらくキスをした後、私は袋からさっき購入したディルドを取り出す。シュリンクを破りディルドを取り出すと、少し臭いがした。私は、いったん洗ってくると言って寝室を出た。

私は、洗面所でハンドソープを使ってディルドを洗い始めた。それは、不思議な気持ちだった。その硬さに驚き、太さと造形にもっと驚いてしまった。人体ではあり得ない硬さ。でも、ただカチカチなだけではなく、弾力もちゃんとある。
そして、その太さは私の手でやっと指が回るほどの太さがあった。

握り慣れた自分のペニスと比べて、笑ってしまうほどの差がある。そして、その造形はカリ首が威圧するように張り出していて、まがまがしさを感じてしまうほどだ。

私は、本当にこんなに太かったのかな? と、疑問を持ってしまった。あの時、乱れに乱れた嫁に注視しすぎて先生のペニスはさほど見る余裕がなかった。確かに、大きいとは思った記憶はあるが、ここまでだったかな? とも思う。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitterフォロー
おすすめ動画