酔い潰れた子に水を飲ませたら、ごっくんしてくれた

今年の話。仕事が遅くなり、終電で最寄駅にいつも通り降りたら、ベンチで吐きそうにしている若そうな女の子がいた。

もちろん知らない子だからそのまま通り過ぎたけど、何となく苦しそうだから引き返した。

水でも買って渡そうとしたけど、なかなかこういうのって勇気が出ないんですよね。

とりあえず同じベンチに座って、タイミングを見計らった。

俺「これ飲みますか?」

と水を渡す。

A子「い、いいんですか?」

と、苦しそうだけどニコっと笑って水を受け取った。


その時に始めて顔をみたけど、決して可愛いとは言えなかった。


A子「開けてください」

と、酔っ払ってるから力が入らず蓋が空かない様子。


開けてあげて、水を飲んでました。


こんなやり取りから自然に会話が始まり、今日結構飲み過ぎていつの間にか駅に着いてたと言ってました。


色々と話してるうちに、駅からの方向も同じという事が分かり、一緒に帰る事に。


俺「年いくつ?」

A子「24歳です」

俺「仕事は何してるの?」

A子「OLです」

と話してるうちにも、A子は酔ってるから足元もおぼつかない様子で、たまに俺に接触する。


可愛くは無いが、身長はあって肉付きもほどよくついていたので、そのバランスがまた良く感じた。


スタイル 身長164cmぐらい。

胸Dカップ。


こんな展開も面白いな、と先ほど初めて会った女の子と一緒に話しながら帰るという、非日常的な状況を楽しんでいた。


その子の家に近づくと、公園が現れた。


俺「少し座る?」

A子「はい」

ベンチに座って話していると、酔っているA子は俺の肩に寄りかかってきた。


会ったばかりなのにまさかこの展開は…と心の中でドキドキしてた。


すると、2人は自然に近づきキスをした。

酔ってるせいか少し酒臭かったが、それがまた興奮した。


ディープキスをしてるうちに興奮は高まり、A子の胸を鷲掴みした。

良い弾力と綺麗なおっぱいに興奮は最高潮。


胸をしゃぶりつくした。


A子「んあぁー!」

A子は酔いの勢いもあり、感度が高いようだ。


俺の股間もギンギンになり、A子に触らせた。


するとA子は躊躇する事なく、舐め始めた。


上手い。


美味しそうに俺のあそこをしゃぶりつくすA子がさらにエロい。


この状況に気持ちよさがMAXになり、A子の口に大量に発射した。


そのままセックスもできたが、ゴムがなかったのと、どちらかというと、口に出す方が気持ちがいい気がしたから今回はしなかった。


A子は俺の精子を吸い付くし、なんと飲んでしまってた。


俺「飲んだの??」

A子「飲んじゃった!笑」

と無邪気に笑うA子。


事も終わり外だったので、すぐに服をきてそれぞれ帰路についた。

今でも無料のピンサロです。

まさか、こんな事が起きるのかと、少しラッキーな体験でした。

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
【同じジャンルの体験談】
・子種のない私が、大学生の甥に妻を妊娠させてもらうことにしました完
・EDになった私を、NTRで治療する会社の後輩完
・気の弱い僕を守るために、妻が上司達に抱かれました
・嫁の身体だけじゃなく心まで友人に寝取ってもらいたい俺2
・大家さんに、妻を1年間貸し出してお金を借りました完

強気な姉さん女房が寝取
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitterフォロー