SEがタメ口で顧客の女店長と話しますw

今から4年程前・・
私は会社で、システム管理の仕事をしています。

ある日、会社の某ショップから「パソコンの調子が悪い」との連絡が入り、その日の夕方ショップに足を運びました。
予想外に作業に時間がかかり、閉店時間になりました。

そのショップは女性中心の職場で女店長に
「まだもうちょっと掛かるけどどうしよう?明日また出直そうか?」と聞くと
「いいよ。もう少しぐらいなら待ってるよ。」との返事。
「じゃあ、悪いけど・・」といって作業を続けました。

周りの社員は皆帰社し、二人きりになりました。
そして、作業も終わり、
「これで大丈夫だと思うから、様子見てよ。」と言って帰ろうとすると
「ちょっと教えて欲しい事があるんだけど・・」
といってパソコンの前に座り色々質問を受けました。

実は、この女店長の事は前から気になっていて、ドキドキしながら後ろから肩越しに指導していました。
そのうち会話がとぎれた時、後ろから手を回し、ギュッと抱きしめました。

彼女は何もいわず、抵抗もしなかったので、顔をあげて額にキスをしたら目をつぶって動かなくなったので、そのまま唇にキスしました。

唇が半開きになり、舌をいれると吸ってきたのでそのまま激しくディープキス。
後ろから左手を肩に置き、右手で制服のボタンを一つずつはずしていきました。
彼女は何の抵抗もなく、かすかに「あっあっ」と声が・・。

ブラジャーの上から程よいふくらみの胸を揉み、そのままホックを外しました。
ブラジャーの中から想像以上のきれいな乳首が顔をだし、そのまま口に含みました。

彼女の声がだんだん大きくなり、感じています。
すると、彼女の手がズボンの上から俺の息子をまさぐりはじめました。

「いいの?」って聞くと
「うん」とうなずきました。
その返事を聞いて、椅子に座っている彼女をこちらに向け、俺はひざまずき、彼女の綺麗な足を下から撫で回しました。


そして、パンティの上から少し触ると
「気持ちいい・・あっ」と凄く感じている様子。
そのまま、パンティを脱がせ、舌を彼女の陰部に這わせました。

凄くいい匂いがして、俺の息子もだんだん固くなってくるのがわかります。
すると「私もしてあげる。」といって、椅子をかわりました。

今度は彼女がひざまずき、俺の息子をズボンからだして、フェラチオをしてくれました。
好きだった彼女が俺の息子を咥えてくれている。

そして袋まで舐めてくれ、ビチャビチャ音を出して、
「凄く気持ちいいよ。」と言ったら
「凄く大きい。欲しい・・」との事。
「じゃ、そのまま自分で入れてみて」というとまたがって入れてきました。

「あっ、入ったよ。奥まで入ってる。凄い・・いい・・」
「俺も感じるよ。」
「あっあっあっ・・」

彼女は激しく腰を振り、凄く感じている様子で、愛液があふれ、事務所にいやらしい音と彼女の声がこだましている。

そのうち、
「いきそうだよ、一緒にいこう。」というので、
「うん、一緒に。」といい、ますます腰の動きが激しくなってきます。

俺もだんだん我慢できなくなってきた。
「俺も、もう出そうだよ」
「いいよ。出して。一緒に、一緒に」
「このままでいいの?」
「いいよ。大丈夫だから。」
「本当に?」

そのまま、思い切り中に出してしまいました。
しばらくそのまま座位のまま抱きしめあいました。
抜いた後、ドロドロと精液が流れ出てきて、彼女の足をつたいました。

その後、彼女は当時いた彼氏と結婚しました。
でも、もう一度デートする機会があり、その時も・・。
また、投稿します。

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
【同じジャンルの体験談】
・子種のない私が、大学生の甥に妻を妊娠させてもらうことにしました完
・EDになった私を、NTRで治療する会社の後輩完
・気の弱い僕を守るために、妻が上司達に抱かれました
・嫁の身体だけじゃなく心まで友人に寝取ってもらいたい俺2
・大家さんに、妻を1年間貸し出してお金を借りました完

強気な姉さん女房が寝取
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitterフォロー