人妻弁護士とセフレになって2年になります

人妻弁護士の純子(42歳)とセフレになって2年になります。
勉強会で知り合いました。
やり手の弁護士だというのに、飲み会でお酒が入ると可愛い感じ。
年の割にスリムで男好きのする体つきではありました。

二次会で二人になった時、太ももに手をやると、そのまま触らせてくれたので、嬉しくて、そのまま彼女の法律事務所へ行き、暗い執務室で初めてやってしまいました。
自分の仕事机にうつ伏せにさせて、スカートを捲し上げ、後ろから入れました。
びっくりするくらい大きな声で叫び、仰け反りました。
私も興奮して、そのまま1回。
椅子に座って跨がらせて、乳首を吸いながら、もう一回中出ししました。
それ以来、週に1回は夜の時間を見計らって彼女の事務所に行きます。

「溜まったらいつでも来てね」と言われましたから。

窓に手をついて、外の裁判所を見ながらバックから挿れたりしました。
上司の席に座って、跪かせてフェラさせたこともあります。
フェラで出した後は私の精液を美味しそうに飲みます。
また、執務机に仰向けに寝てクンニされるのが好きになったようです。

純子の亭主は大手都銀の幹部です。
子供は一人いるが、出産の時から亭主とは没交渉になったらしい。
亭主とのセックスではイッたことも、感じたこともなかったと言います。

「あなたに仕込まれてから、すっかり味を覚えちゃって」と純子は笑います。

「この年になってから覚えたセックスは激しいよ」と私も笑う。

純子は乳首が異常に感じやすい。

「そうしたのはあなたよ」と言われるが・・・。

丹念に丹念に、おっぱいの周りを手のひらで撫で、触れるか触れないかのタッチでバストからお腹を撫で回してやります。
30分くらい続けると大声をあげて全身を反らし仰け反りますが、まだ乳首には触らない。
今度は指で筆先でなぞるくらいに、そ~~っと、くるくる乳首の周りをなぞります。
絶対に乳首に触らない。
ベビーオイルを垂らして、ヌルヌルと乳首の周りをなぞります。
そうすると、「あぁぁぁ、もぅ、触ってっ、お願い、お願いっ」とねだります。

「ちゃんとお願いしろ!」と叱ると、「はい。あぁ・・・純子のちくびぃ・・・触って・・・下さい」と。

「違うだろ!」と、おっぱいの肉を摘みあげると、「あっ!はい、・・・スケベな・・・じゅんの・・硬い乳首・・・触ってください」と、教えた通り言います。

その後、焦らしながら、す~~っと乳首の頭に触れると、「あああっ」と跳ね上がり、エビ反りになります。
同じように、「淫乱な私の、硬い乳首を吸って下さい」とねだらせると、舌でペロンとしてやります。
また面白いように跳ね回ります。

「乳首吸ってやるから、イキなさい」と命令すると、「はい」と返事します。
尖った乳首を口に含み、乳首を舌で揉まれるのが彼女の好みです。

「イクのか?」

「あぅうううう・・・はいっ」

そんないつもの返事があると、思いっきり、ちゅ~~~~っと吸い上げてやります。
そうすると必ず「はああああああっつ!」と絶叫し、目を剥いてイッてしまうのです。
1回目はいつも、乳首を吸われるだけでイク女になりました。
やり手の女弁護士、スーツ姿では清楚な人妻が、です。
純子は1回目は乳首を吸われただけでイキます。

その後は、いつも裏返しにしてうつ伏せにさせます。
背中を手のひらでそ~~~~~っと、肩から背筋、お尻と、隈なく撫でてやるのです。
触るか触らないかの感じがコツです。
お尻の柔らかさを楽しみながら、時々ペチっと叩いて「あっ」と言わせて、また撫でます。
爪先で背筋の真ん中を、つ~~~~っと掻いてやると、また跳ねます。
1回イッているので、すごく反応が良い。

背中、お尻から続いて、太もも、きれいな形の脚も何度も上に下に手を這わせます。
体がねじって仰け反るのを押さえつけます。
足首から足の裏を揉んで、足の指を1本つつ口に含んでやります。
これは無茶苦茶感じるらしい。
たまらず大声をあげます。
大事にいたぶれば、いたぶるほど、面白いように跳ね回るのです。

そうやって、背中、太もも、足の裏、また背中を擦っていくと、純子は苦しそうにうつ伏せになって腰をあげ、四つん這いになっていきます。
頭は床から上がらないので、お尻だけ大きく私の方に突き出す格好になります。
ウエストが締まった純子が形良い尻を突き出す、そのラインのエロさ。

次に、私は純子の背中を舌でなぞってやります。
丁寧に30回以上、背中を舐め回します。
純子はますます形の良い尻を高く、私の顔の前に突き出してきます。
そうすると私は、目の前の尻の肉を舐めたり、噛じったりしながら、クルクルと舌でアナルの周りをなぞります。
その舌が穴の中に、じゅるっと入ると、純子は「ひいいいいっつ」と悲鳴をあげ、私を跳ね飛ばすくらいに仰け反り、暴れるのです。

アナルに舌を入れてもらうのが大好きになった純子。
この前からは、指を入れています。
舌でぐちゅぐちゅに柔らかくしてから、オイルを垂らして中指を入れます。

「すごく不思議な気持ち」と、後で純子は言いました。

指を中で回すと純子は暴れるのをやめ、微妙な回転で、背中と腰をくねらし始めます。
大声がやみ、くぐもった猫の鳴き声になるのです。

アナルへの挿入は、これからの挑戦です。
無理せず、ゆっくりしないと。

アナルの後は大事な裂け目を舐めてやります。
ごろんと表向きに体を返して、大きく足を上げさせ、おむつを替える格好にさせます。
もう、太ももから純子自身の粘液が垂れています。
私はそれを美味しく舐めながら、じわじわ舌をそこに近づけます。
すぐに舐めないで、焦らす。

「純子の淫乱おんこ、舐めてください」

懇願セリフを言わせてからです。
クリを舌で掬うと、どんどん液体が溢れてきて。
クリを舌で薄く薄く撫でます。
必ず100回転くらい数えます。
50回転くらいから、とんでもなく暴れ始め、振り飛ばされそうになるのを押さえつけ、押さえつけて、しゃぶり続ける。
ついに純子は、「ぎゃあ~~」という絶叫で仰け反るのです。
やり手の女弁護士が口から涎を垂らして、しばらくはピクリとも動きません。

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
【同じジャンルの体験談】
・子種のない私が、大学生の甥に妻を妊娠させてもらうことにしました完
・EDになった私を、NTRで治療する会社の後輩完
・気の弱い僕を守るために、妻が上司達に抱かれました
・嫁の身体だけじゃなく心まで友人に寝取ってもらいたい俺2
・大家さんに、妻を1年間貸し出してお金を借りました完

強気な姉さん女房が寝取
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitterフォロー