エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

 
寝取られ体験、痴漢体験、オリジナル体験談多数!スマホ用ページ最適化済み  強気な姉さん女房が寝取られた Kindle 電子書籍化

高3の夏休み、知り合ったセクシーなお姉さんを孕ませました

2年前、僕が18のときのことです。
高3の夏休み、友達と遅くまで遊んで、夜11時ころに解散になりました。
みんな帰ってしまったので、僕も電車に乗りこみました。
向かいに僕好みの細くてキレイでセクシーなお姉さんが座りました。

|オリジナル体験談更新一覧|FC2BlogRanking2016年下期寝取られランキング

他には遠くにおっさんが2~3人座ってるだけ。
僕はテンションが上がってたせいか、そのお姉さんの隣に移動してナンパしてしまいました。
お姉さんも僕を気に入ってくれたらしく、名前(リカ)も携帯番号もすんなり教えてくれました。

「リカさんは、いくつですか?」
「今年、34。あなたは?」
「18です」
「ええっ。年下だとは思ってたけど、若ぁい。私オバサンだよ?」
「オバサンだなんて、とんでもない。僕、年上のお姉さんが大好きなんです」

というふうに話していましたが、リカさんはとある駅に着くと席を立ちました。

「あ、私ここだから・・・」
「まじ?僕もここです」
「ほんと?偶然ね!」

本当は違いましたが、リカさんともっと話したくてウソをつきました。
どんどん会話はすすみ、リカさんは一人暮らしと判明。
「今からリカさんの家遊びにいきたいなぁ。ダメ?」
と言うと
「ううん、ダメじゃないよ!私も、ひとりじゃ寂しいから話し相手欲しかったし。泊まってく?」
との返事が!

こんな時間に男を部屋に呼ぶなんて、これはもうアレだな、と悟り、僕のチンはもうビンビン。
途中コンビニでビールなどを買い、駅から徒歩10分のリカさんのマンションに到着。
8畳くらいの部屋が3つある高そうなお部屋。
奥の部屋には大きなふかふかのベッドが・・・。

ソファで2人でビールを飲みながら話し始めました。
「そっかぁ。キミ、そんなに年上が好きなんだ。私アナタより16コも上だけど、それがまたいいの?」
「はい!リカさんみたいな美人でセクシーな大人の女性が大好きです!リカさんは、年下嫌いですか?」
「実はね私、年下大好きなの!しかも、アナタみたいな高校生くらいでジャニ系の男の子、たまらなく好き!」
「ええっ!本当ですか!」
「うん、本当!今日もしかしたら私のほうから声かけてたかもしれなかったし!」
「じゃあ、今僕とリカさんが考えてること、同じなのかな?」
「うん、たぶん同じこと考えてると思うよ!なに考えてる?言ってごらん?たぶん一緒だから!」
「ぼ、僕、リカさんとSEXしたい!」
「やっぱり!私もアナタとSEXしたい!」
「本当ですか!?」
「うん!本当!」
「僕、今すぐしたい!」
「私も今すぐしたい!一緒にお風呂はいろ!」

またたくまにエッチな方向に話が進み、一緒にお風呂へ。

「リカさん細い!おっぱいも大きくてキレイですね!」
「ありがとう、スタイルには自信あるんだぁ。アナタもおチンチンすっごく大きいね!」
「僕も、大きさと長さには自信あります!」
「あぁん、私、長いの好きぃっ」

2人で体を洗いっこ。

「おっぱい柔らかくて気持ちいいです、リカさん」
「あぁん、さきっちょあんまりいじらないでぇ」

その後、一緒に湯船に入ります。

「ホントおチンチン大きいね。こんな長いの初めてかも」
「そうですか?・・・あっ、あんまりこすらないで、出ちゃう」
「えー、ひとりでイっちゃダメっ。ねえねえ、キスしよ」

湯船でディープキス。
浴室内にクチュクチュチュパチュパいやらしい音が響きます。

「リカさん、フェラして」
「うん。ペロペロレロレロ、これ、ながぁい♪」
「はぁはぁ、リカさん、今思ったんだけどさ」
「なに?たぶん私も同じこと考えてるかも」
「もうガマンできない!ここでしよう?」
「やっぱり!私もガマンできない!入れて!」

自分から四つんばいになり腰を突き出すリカさん。

「ああ!こんなキレイなお姉さんとできるなんて!夢見たい!」
「私も、アナタみたいなかっこいい男の子とできるなんて夢見たい!」
「バックから入れますよ!」
「うん!」

ヌルリとナマ挿入完了。

「おお!根元まで入った!気持ちいい!」
「あぁん!ながぁい!最高ぉ!」

ピストンピストン・・・

「あっ、リカさん出る、うっ!」

リカさんの返事を待たず、ビュルビュルと膣奥へと射精。

「あぁ~んっ!中にきてる~っ!」
「ご、ごめんなさい!ああ、止まんないっ!」
「あぁんっ、まだ出てるぅ~っ」

長く大量の射精がやっと終了。

「リカさんごめん!一番奥に全部出しちゃった!」
「いいよ!出しちゃったものはしょうがないしね!ベッドいこ!」

お風呂から出てふかふかベッドへ直行。

「若いし、まだ元気だよね?」
「はい!まだまだできます!」
「よかった!続きやろ!」
「またナマでいいですか?」
「うん!いいよ!」
「じゃ、入れます!」

ふたたびナマで挿入。

「あぁん!やっぱりながぁい!すごすぎ!」
「はー!リカさぁん!きもちー!」

正常位で突きまくり。

「あぁん!ダメよそんなんじゃあ!アナタ下になって!」
「は、はい!」

騎乗位にされ、主導権をにぎるリカさん。

「あぁ~ん!こっちのほうがさらに奥まで届いてるかもっ!」

ものすごい速さで腰を前後上下に振りまくるリカさん。

「うほー!リカさん腰すごい!きもちー!」
「私もきもちー!」
「うあー!出る出る出るー!」
「ダメー!もうちょっとガマンしてー!」
「もうムリー!出るー!ぐあー!」

ドビュンビュンビュンと2発目を下から発射。

「いやーん!また中で出てるー!」
「す、すいませーん!」

2回目の膣内射精終了。

「大きいままだね。このまま3回目できる?」
「もちろんです!」
「よかった!今度はアナタが上ね!」

抜かずに3回目開始。
パン!パン!パン!とピストン運動の音が寝室に響き渡ります。

「リカさぁん!気持ちいいですかー!?」
「きもちー!あぁ~ん!イクー!」
「僕もイクー!はー!」

またドピュドピュ中出し。

「あぁ~ん・・・」
「ま、また中に出してますぅ・・・」
「うん、分かるよぉ~・・・。中でおチンチン暴れてるぅ~」

3発目の射精、終了。

「はぁ、はぁ、私疲れたぁ~」
「僕も、疲れたぁ~」
「すっごい気持ちよかったよ♪うふふ」
「僕も気持ちよかったぁ~」
「寝よっか?」
「はい」
・・・就寝。

・・・朝。
「あぁ~ん!きもちー!」
「リカさぁーん!出ますー!中でいいですかー!?」
「いいよー!」
「うあー!」

ビュルンビュルン。
朝立ちを利用してまたナマ挿入&膣奥へ射精。

お昼すぎに帰りましたが、その夜またリカさんと会ってナマ中出しSEXしました。
しばらくこのような関係が続き、リカさんは僕の子を妊娠し、おろしました。
今はもうリカさんは結婚して、現在妊娠中です。
ですが半年ほど前、久しぶりに会って2~3日ものあいだ子宮へたっぷり射精しまくったので、・・・もしかしたら・・・。

今日の体験談ランキング→FC2BlogRanking
・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
関連記事
・地味で押しに弱い彼女が、ナンパものAVに出ていた完
・フェラが下手な嫁に、風俗で働いてみたら? と言った結果4
・EDになった私を、NTRで治療する会社の後輩2
・田舎に嫁いできてくれた嫁が、久しぶりに同窓会に行った
・妹とのエッチをいとこ姉弟に聞かれたら、スワッピングになった完
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声

夏の通り雨

ビクビク痙攣が止まらない性感開発オイルマッサージ
  
  強気な姉さん女房が寝取
[ 2017/01/22 12:25 ] 男性の体験談 中出し孕ませ体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitterフォロー