CAの母のローライズジーンズから見える下着に欲情した僕は

僕の母親はナイスバディの41歳。
名前は由美と言い、とても美人です。
同級生にも「おかずになる」って言われるくらい、いい女なんです。
まだ現役のCAで身長は168センチ、3サイズはB88・W63・H90でジーンズがとてもよく似合います。
スタイルは素晴らしく、大きな胸とお尻、くびれた腰、長い脚とちょっと日本人離れしてる感じ。

時々ローライズのジーンズから下着が見えそうな時は、自分の母親ながらムラムラすることがあります。
父は長期の海外出張に出ていて僕と母の2人暮らしです。
母はとても活動的で、自分の体形を保つためか週2回スポーツジムに通ってて、水泳とかエアロビをやってます。
そのせいか年よりずいぶん若く見られて、時々ナンパされたりするのを自慢したりしてます。

それに父とは15歳も年が離れているため、かなり前からずっとご無沙汰なんだろうと思います。
そのためか母は父とは別の寝室で寝てます。
でも母の寝室のタンスの中には様々な種類の下着があり、セクシーなものも少なくありません。

何人かの男友達もいるみたいです。
携帯のメールも頻繁に来たりして男関係が疑われます。
ジムのインストラクターとか空港の関係者とか?
黒やピンクのTバックとかスキャンティとか・・・どんな時に穿くのか気になります。
派手な花柄の高級下着までありました。
誰に見せるんでしょうね(笑)
僕も時々わからないようにチェックします。
色々な種類の下着が増えてます・・・。
ガーターベルトまであったのでどんな時に使うのやら。
仕事にはいらないでしょう~。

この前、飲み会があると言って出て行った時も、深夜に母が帰って風呂に入っている間に下着をチェックしてみました。
ピンクのTバックから栗のような匂いがしてました。
たぶん浮気してるんだろうなと思います。
それに母のバックを調べてみたら、可愛い月と星のデザインのピルケースを見つけてしまいました。
中には錠剤があってyasminていう避妊薬でした。
どうも母は父以外の男と浮気している可能性が高いみたいです。
今は国内線ですが前は国際線も乗っていましたし、仕事柄あちこちに行くので誰と泊まっていても不思議はありません。

僕も母親の男性遍歴を調べてみたいですがなかなか難しいです。
それで母の寝室にカメラを2ヶ所、隠し撮りのために仕掛けてみました。
うちに連れてくるのかどうかは不明ですが。

母の寝室の天井の照明の中にカメラを仕掛けました。
母は仕事柄、不定期の休みになるので休みの日を狙ってずっと撮り続けてみました。
結果、すごいものが映っていました。
カメラを再生すると、薄暗い常夜灯の部屋の中で、何かが荒い息遣いでうごめいてました。

「あっ、あっ・・・」という声が部屋中に響き、卑猥な音もずっとしていました。

逞しい筋肉質の男が上になりSEXしてます。
しばらくして男が体を起こし、照明をつけました。
黒のTバックがベッドの脇にあり、さらに例の月と星のデザインのピルケースもありました。
明るくなった部屋でわかったことは、かなりイケメンの長髪の男でした。
恐らく20代前半くらいです。
41歳の母がそんな若い男とエッチしてるなんて・・・。

男は膝立ちになると下の母がゆっくり反転し、肘をついて四つん這いになりました。
それから母のお尻を両手で広げ割れ目にむしゃぶりつきました。

「あぁ~ん、だめ~」

母は驚いて、「もう~達也クン、エロい!」と大きな声を出しました。
バックの姿勢からラブジュースを音を立てて舐め取るクンニリングス・・・。
それから上体を起こし男は自分の逸物を手で支えて、母のお尻の間に狙いをつけた時には興奮のためか最大に勃起した大きな逸物は、直径はコーヒー缶くらいで長さは20センチ以上、いや、もっとかも・・・。
母の愛液なのか、ヌラヌラと濡れた逸物から糸を引いて液体が垂れているのを見ました。
次の瞬間はそのペニスが母のピンク色のヴァギナに再び入っていくところでした。

母「あぁ~ん、キツい!とっても大きいわ・・・好き・・・好き~、いいわぁ~」

男「うん、はぁ・・・あぁ~」

母「すごい・・・あっはぁ~ん、入ってきてるわぁ、あっ、あっ・・・あ~ん!」

割れ目の中に食い込むように巨根がメリメリ食い込んでいく・・・。
自分からお尻を押し付けてそれを導き入れた母はたまらず喘いでました。
男は激しく腰を動かしパンパンとお尻に打ち付けて、音に交じってピチャピチャという音がしていました。
何度も激しく腰を振り、逸物の一部がお尻の割れ目から見え隠れしていました。
2人とも汗だくで性交していて、母の美しい体が汗でキラキラしとてもエロい感じがしました。

もう1ヶ所のカメラには、形のいい母の尻に逸物が突き刺さる映像が映っていました。
母はさすがに長年CAをしていてスタイルも抜群です。
形のいいお尻、くびれたウエスト、張りのあるDカップのバストはピンク色の500円玉くらいの乳輪と小指の先くらいの乳首でした。
男の逸物は大きいですがまだ若々しくあまり赤黒くなく、どちらかと言えば白くきれいな色でした。
亀頭はテニスボールくらいあり、竿の直径5、6センチくらいありそうです。
長さは22、3センチはあるみたいで、よくそんなものが入ることができるのが驚きでした。

男は母の尻を掴んで腰を回した後、素早く腰を突き入れてました。
下の口はまるでよだれを垂らしながら逸物を飲み込んでいくようでした。
初めに母は顔をベッドに押しつけて快感に耐えてる感じで、お尻は高く突き上げて男のペニスを迎え入れやすいように、それから「気持ちイィ~」と何度も頭を振ります。

「あん、あ~ん」と大きな喘ぎ声を出して顔を上げ、背中を反り返らせました。

逸物がググッとすべて母の性器に飲み込まれると白い泡のようなラブジュースが周りに溢れてきました。
2人ともしたたかに濡らしたんでしょう。
そのうち男が素早く動き出し、パン、パン、パンと下腹と母の尻がぶつかるリズミカルな音が聞こえていて、白い泡でかなり濡れているためピチャピチャとお互いの性器の擦れる音が聞こえました。
マイクの感度もよく、バッチリ2人の営みの音を拾っていました。
男の竿に滴が垂れていって、玉袋までがびちゃびちゃになっているようです。

「あん、あん~」

喘ぎ声を出す母と腰を尻に打ち付ける男の声が混じっていました。
それからその音が速くなり、最後ピタリと音が止まったので、かなり奥まで当たっているようです。
男の締まった尻が押し込まれたタイミングでどうやら射精したみたいです。
そして驚くことにそのままの繋がったままで2回戦に突入していくようです。
ペニスが半分ほど引き抜かれてもまだ繋がったままで白濁した液体が流れ出てきてます。
相当中に出したようですね。
そのまま抜き差しを続けだし、お尻をしっかり掴むと先ほどよりも激しく腰を打ちつけました。
2人の息遣いが荒くなり、そのうち母が、「イッちゃう~イッちゃう~、あぁ~ん!」と大きな声で喘ぎだしました。
まるで獣の交尾みたいです。
四十女と若い男の際限のない行為でしょうか。

ここまで、まだ撮影したところの半分も終わっていません。
本当にすごいです。

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
【同じジャンルの体験談】
・まだ19歳のロリ妻が、私のED治療で他人棒を経験した2
・不妊治療をあきらめた嫁は、私の兄に受精を託しました3
・今年の夏も、いとこと巨乳で無防備な叔母が遊びに来ました3
・嫁の身体だけじゃなく心まで友人に寝取ってもらいたい俺7
・子育ても落ち着いた妻が、前に働いていた会社でパートを始めた結果

強気な姉さん女房が寝取
[ 2017/01/04 21:00 ] 男性の体験談 近親女性との体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitterフォロー
おすすめ動画