二十歳のとき、彼氏と初めて青姦しました

私が二十歳のとき、青姦を彼氏と初めて経験しました。
彼氏は10歳年上で電車の運転手さん。
とてもきれいな顔立ちでハンサム。
年上なのに八重歯が可愛くて童顔。
相思相愛でした。

でも、キスはしたけど、エッチはまだでした。
彼は優しく紳士風だったので、私とのエッチはそんなに興味はないだろうと思っていました。

しかし、彼氏がある夜、私の自宅近くまで遊びに来てくれました。
そして夜の公園デートへ。
私は彼が大好きだったので、それだけで満足でした。
他愛ない事をおしゃべり。

ブランコに乗っていたら、彼からいつものようにキスをされました。
しかし、いつもと違う様子の彼。
なんと、夜とはいえ、野外の公園で彼は私の白いブラウスのボタンをどんどん外し始めたのです。
びっくりした私は少し震えてしまい、『嫌っ』と思いましたが、彼の思うままに。

そして白いブラジャーが露わに。
それだけで、充分恥ずかしいのに、彼氏はブラジャーをずり下げ、私の片方のおっぱいを露出させました。
紳士だと思っていた大好きな彼氏が、私のおっぱいと乳首をいやらしい目で見つめ、すぐさま乳首をぺろぺろと吸い始めました。
私は意外な展開に驚きましたが、大好きな彼のために耐えました。
すると、もう片方のお乳もポロンとブラジャーから出されてしまいました。
ブランコに乗りながら、大好きな彼に野外でおっぱい乳首を吸われまくりました。

そうしているうちに彼はエスカレートしてゆき、今度は彼の手が私の下半身に。
パンツに手が入りました。
あっ、と思ったらすぐに指でクリトリスをクリクリされてしまい・・・。

「あん!」

思わず気持ち良くて声が出てしまいました。

彼は、「ゆり、こんなに、濡れているよ。気持ちいいの?」と聞いてきました。

「うん」と答える私。

夜の公園でおっぱいを露出されてしまい、とても恥ずかしい上に彼にお口でペロペロ、そしてクリトリスも愛撫。
頭に血がのぼって、私はとても興奮していました。
そして誰もいないことを良いことに、そのまま私は公園の木陰に移動させられ、全裸にされていました。

「ゆりが大好きでたまらない。ゆりのおっぱいとクリトリスの写真を撮らせて」

彼氏にそう言われて、仕方なくカメラを持参していた彼に10枚ほどエッチで恥ずかしい写真を撮られました。
顔は撮らないでくれました。

そして興奮した彼に、とうとうオチンチンを挿入されたのです。
我慢していた声が思わず漏れてしまいました。
そして彼がフィニッシュ。

その後、公園を立ち去る時、通りすがりの散歩の男性が陰から私たちのエッチの一部始終を覗いていたようで、慌てて逃げていくのがわかりました。
とても興奮した、恥ずかしい思い出です。

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
【同じジャンルの体験談】
・嫁は、ご主人様との寝取らせプレイの一環で私と結婚しました
・私のミスのせいで、部長に身体を差し出して寝取られた妻2
・2人の優しすぎる姉に囲まれて、毎日たっぷり搾り取られています
・地味で真面目な嫁が、自宅に男を連れ込んでコスプレセックスしていた
・嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました2

  強気な姉さん女房が寝取
[ 2016/12/15 19:30 ] 女性の体験談 露出プレイ 女性 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitterフォロー