出張が早く終わり、こっそり帰宅すると妻は男を連れ込んでいました1

俺のショックな経験談を語らせてもらいます。
今から1年前の話です。
私には妻がいてその妻は26歳、身長157くらい、体重は45くらいでF70の巨乳です。

1年前のちょうど今ごろ、私は出張がはいりました。
2泊3日の予定でした。私は自家用車で出張に行きました。

仕事は案外速く片付き2日目の夜11時くらいには自宅に帰ることができました。
自分のマンションの駐車場に車を入れようとしたら、見たこともない車が私のスペースに止まっていたのです。
もしかしたら、私がいないのを知った住人の知人が遊びに来ているか何かで私のスペースに止めているのだろうか?と思い、とりあえず、私のスペースに車をとめることを許したかどうか妻に聞いてみようと思い、私は路上に車を止めて自分の部屋に向かいました。

部屋まで来て、鍵をあけて中に入ろうとしたら、あろうことか、ドアレバー(ドアチェーンと同じやくわりする奴)がかかっていました。

妻はその日私が帰ってくることを知らないわけだから仕方がないなと思い、チャイムを鳴らそうかと思いましたが、なにやら寝室のほうから喘ぎ声のようなものが聞こえてきたのです。

玄関を見ると見たことのない男物の靴もありました。
駐車場の車、玄関の男物の靴に寝室から聞こえてくる妻の喘ぎ声・・・
これは間違いなく、妻が男を連れこんでやっているんだ・・・
私は目の前が真っ暗になりました。

私は震える手でドアを閉めて元のとおり鍵をかけて部屋を後にしました。
この時、私は何を思ったか、マンションの裏に回りこみました。
私の部屋は1階で、裏から自分の部屋に入れるのです。

裏庭は、鍵のかかるフェンスで囲まれていますが、鍵はドアの鍵と同じため、私は裏庭に侵入することができます。
そーと裏庭に侵入し寝室のドアのところまで進みました。

こともあろうか、部屋の明かりは煌々とともされていました。
裏庭には目隠しに植木を植えてあるため外から私は見えません。
当然、覗きや泥棒と間違われることもありません。
どのみち見つかったところで、自分の部屋の裏庭にいるので犯罪ではありません。

ところが、その目隠しの植木があったため油断したのか、寝室は薄いレースのカーテンしかひいてありませんでした。
部屋の明かりがついているため、私は部屋の中の一部始終を見ることができたのです。

中を覗いてみると全裸の妻が男の上にまたがって騎乗位で性交していました。
男の手は妻の巨乳を形が崩れるくらいに握りなにやらうめいています。
妻は腰を前後に振りながらかなり感じているように見えました。

妻と男は次第に腰の動きを早めていくのがよくわかりました。
突如男は上体を起こして妻の乳首にむしゃぶりつきだしました。

そして妻は高い声を上げながらはてたようです。
男も妻と同時にいったようでした。しばらく二人は抱き合っていました。

すると今度は男は妻を抜かずに回転させ今度はバックの体制になりました。
ぬかずの2連発かよ・・・ここで、私はふとわれに帰りました。

今、私の目の前で私の最愛の妻が見知らぬ男と性交にふけっている。
これは、私には衝撃的な、死にたくなるくらいの出来事です。
しかし、私は、自分の妻が見知らぬ男のチンポをまんこにぶち込まれて巨乳をゆさゆさ揺らしながらあえいでいる姿を見ながら不覚にも勃起していました。

私は、この男の子とが許せなかった。
そして、こんな男と性交にふける妻のことをもっと許せなかった。
私は、何とかこの行為を止めさせなければ、そう思いました。

ふと気がつくと、窓には鍵がかけられていませんでした。
私は、それを確認すると我を忘れてバックで性交している二人の前に姿をあらわしました。

震える声で「お前ら、何しているんだ!」と怒鳴りました。

男は私の妻をバックから犯したまま
「なんだてめぇは!」と怒鳴り返してきました。

妻は、私の顔を見て声も出ないくらい驚いていました。
「私の妻から離れろ!」と私はその男に怒鳴りながら向かっていきました。

男は、妻からチンポを抜くと勃起したまま私にまわしげりを食らわせました。
私は、けりをくらってその場に倒れこみました。

男は倒れこんだ私を4,5回踏んづけました。これは非常に痛かった。
そして、私の胸ぐらをつかむと顔面を3,4発殴りました。

妻はその男にお願いやめてとすがりつきました。
私は、鼻血は出るし、前歯も折れ、口の中も切れていました。
ふんずけられたあばらや内臓もとても痛かった。

あとで分かったことですがあばらも2本折れていました。
「あー、やめて欲しいなら俺のいうことなんでも聞けよな」

妻は泣きながら「何でも言うこと聞くのでやめてください」と言いました。
私は、体中の痛みのため身動きもできませんでした。

男は私のことを痛めつけている間にちんぽがなえていたため
「おらおらちんちんしゃぶれよ!」と言って妻の頭をつかみました。

妻は泣きながらその男のチンポをくわえました。
私は涙でにじんだ目ごしにその男のチンポが徐々に勃起していくのを目にしました。

男は十分に勃起すると再び妻の背後に回りこみ後から挿入しました。
妻は私が帰る前まではあえいで感じていましたが、今ではまんこもすっかりかわいてしまったのか、それとも私が側に転がっているためのポーズなのか痛がっているようでした。

しかし、男はお構いなしに後から妻のことを犯しつづけました。
男は後から激しく突くため妻の巨乳は激しく波打っていました。


男はうなりながら後から突きつづけました。
そして、ついに男はつまの中に射精したようです。

うっとか何とか言って妻の体に上半身をもたせかけて妻の巨乳を思い切り握っていました。

妻は嗚咽をあげながら男の行為を全て受け入れていました。
私は痛さと悔しさで涙が止まりませんでした。
不思議なことに、先ほどは妻がこの男と性交する姿を見て興奮しながら勃起していたのですが、この時ばかりは、痛みと悔しさと激しい憎悪で勃起はしていなかった。

男は妻の体から離れると私の部屋のティッシュを使い自分のチンポをふき取り服を着始めました。

そして、服を着ながら、「また、電話すればいつでも抱いてやるからな」
と妻に向かって言いました。妻は泣いているだけでその男には何も答えませんでした。

そしてその男は出て行きざまに再び私のことを足蹴にしました。
腹に2,3発、顔面に1発、そして股間に1発けりをぶち込みました。

私は死ぬほどの痛みで悶絶し、声も出ませんでした。
股間をけられた時はものすごい痛みと吐き気が襲ってきて身動き一つできませんでした。


何時間たったのかわかりません。
私は口から泡を吹きながらのたうちまわっていました。

私は、妻を寝取られたうえにボコボコにされた挙句金玉をけられてのた打ち回っていたのです。

ものすごい屈辱でした。あの男は見た目は普通に見えましたが、言動はまるでヤクザのようでした。

結局、私は鼻を骨折、前歯を1本折り、唇と口の中を数針縫い、あばらは2本折れました。

股間は打撲傷でした。翌日朝早く、私は妻に病院に連れられていきました。
医者はかなり酷くやられているからと警察に通報したようです。

駆けつけた警察官に事情を聞かれましたが私は本当のことを言うことはできませんでした。
警察官に何を聞かれても黙っていました。妻も同様でした。

私は確かに喧嘩たくさんしたわけではないので弱いかもしれませんが、まさかまわしげりを食らうとは思っていなかったためやられたあとはもうやられ放題だった。

私の妻はその男とは、近所の奥様方と婦人会でのみに行った2次会のスナックで知り合ったとのことでした。

ある工場の労働者の飲み会だかなんだかをやっていたようです。
私がぼこぼこにされるまでは普通の優しい男だったようです。


見た目は確かに普通の男で、今風のちょっといけてる感じの男でした。
もしかしたら少年時代は相当のワルだったのかもしれませんが。

もともと工場の労働者くらいにしかなれないのだからどうしょうもないクズだろうが、本性を表せばそんなもんだろう。
学歴もない単なるクソでしかない。


妻とは別居中です。
別れると話をしましたが、妻のほうが反対をしています。

野郎とは単なる浮気だと言っていましたが、結局、10回以上は野郎とはめていたのは確実ですし、私は金玉までけられた野郎のチンポがねじ込まれたまんこと一緒に暮らすのは精神的にも無理です。


別に妻のことをかばう気は毛頭ありませんが、野郎は今風に言うとイケメンで、見た目はいい男でした。
おそらく、出張が多い私に対するあてつけみたいなものがはじめはあったのだと思います。

しかし、野郎は回数を重ねるごとに人妻なんだから生の中田氏もいいだろうと言って中田氏するようになったようです。

そして、ちょうど別れようと考えている時にあの事件がおきたようです。
まぁ、後でならなんともいえますが・・・

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
【同じジャンルの体験談】
・子育ても落ち着いた妻が、前に働いていた会社でパートを始めた結果2
・まだ19歳のロリ妻が、私のED治療で他人棒を経験した2
・不妊治療をあきらめた嫁は、私の兄に受精を託しました3
・今年の夏も、いとこと巨乳で無防備な叔母が遊びに来ました3
・嫁の身体だけじゃなく心まで友人に寝取ってもらいたい俺7

強気な姉さん女房が寝取
[ 2016/11/12 12:49 ] 男性の体験談 寝取られ寝取り体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitterフォロー
おすすめ動画