出会い系で募集した10代の巨乳ちゃんは、シャッターの音に発情した3

沙耶香を立たせたままで俺は徐々に下に下がっていった。
手からペニスが離れ、目の前に沙耶香の土手が現れた。
ヘアは薄めでフックラと膨らんでいる。
そこにキスするとビクッ!と身体が反応した。
舌を這わせてふくらみを舐める。

「うっうんっ・・・」
ボンネットに身体を預けさせ片足を持ち上げた。
「あっ!」
沙耶香の局部が目の前に露になった。

散々のジラシとオナニーのせいで沙耶香のアソコはトロトロにとろけそう具合で肉棒の挿入を待ち望んでいるように見える。
俺はその部分全体を口に含んだ。

「はんっ!いやっ!」

舌をクネクネと沙耶香のヘアを掻き分け割れ目に挿入し弄る。
舌先でその輪郭を確認するように舌先を這わせた。

「あっあーーん・・・」
舌先が硬く勃起したクリトリスを見つけ出したので集中的に攻撃する。

「あひっ!あああああああああああああ・・・・。」

すっかり野外にいることも忘れ沙耶香は大声をだし喘いだ。
唇をすぼめてクリトリスを吸い出しながら、硬く尖らせた舌先で上下にすばやく動かしてやる。

「あんっ!だめっ!だめだめだめっ!」
腰を引いて逃げようとするのを両手で尻を鷲づかみにし、しっかりホールドする。

"チューーーーくちゃくちゃくちゃくちゃ・・・れろれろ・・・"
「あっ!あーーーーだめっ!あんっ!・・い・・く・・いっちゃうーーー!」
激しく動く腰を抑えきれないほど沙耶香は腰を前後に動かし、全身を何度も反り返させ達した。

「あ・・あーー」
全身の力が抜けて崩れ落ちる沙耶香を支えた。
虚脱した身体はズッシリと重かった。

「はあはあはあはあはあ・・・。」
肩で息をしてる。 エクスタシーに達した全身はシットリ汗ばみピンクに染まっている。

休ませる間もなく沙耶香を立たせると今度はボンネットに深く座らせるようにした。

両足を上げさせ膝を抱えさせると右手を割れ目に押し付けゆっくり挿入・・。

「あん・・」

"ヌプッ!ズブズブズブ・・・"
あっという間に指の根元まで飲み込まれてしまった。
沙耶香の肉壁は俺の指に絡みつき、吸い付きながら外に押し出すような感じだった。
空いた手で乳房を揉みながら挿入した指を出し入れする。

「あっあっあんっあんっあんっ・・・」

指の動きに合わせ喘ぐ沙耶香。
溢れ出る愛液が手とボンネットをネチャネチャに汚した。

"くちゃっ!ずぶぶぶ・・くちゃっ!ずぶぶぶ・・くちゃっ!ずぶぶぶ・・"
規則的な音が流れる。

徐々に動きを速くしながらクリトリスの裏側のザラザラしたGスポットを擦る。
薬指も追加し中指と二本で手マンする。

"くちゃっ!くちゃっ!くちゃっ!くちゃ!くちゃ!くちゃ!くちゃ!ちゃ!
「はっはっはっはっあんあん・・あああ・・そんなに速くしちゃダ・・ダメ・・あふっ・・」

俺は無言で激しく指を出し入れした。
沙耶香の腰が浮いてきて土手を空に向けるように反り返る。

「あっ!あっ・・・ いいーーーいくーーーー!」
その時、沙耶香の股間から透明な液が迸った。

"ピュッ!ピュッ!ピューーーー!"
「いやっ!いやーーーーん。」
沙耶香の吹いた潮を俺は顔と上半身で浴びた。

「あ・・あああ・・ああ」
初めての潮吹きとこれまでにない絶頂で沙耶香は放心状態のようだ。

俺は無防備に開かれた沙耶香の両脚の間に顔を埋めて再び舐め始めた。
「う・・ん・・・。」
沙耶香の手を取ると強く握り返してくる。

「どう?」
「・・・・・。」
「満足しちゃった?」
「うん・・・すごかった・・初めてだよこんなの・・・。」

そして、沙耶香を立たせてボンネットに手をつかせた。
「入れやすいようにお尻突き出して。」
「うん・・こお?」
「もっと・・自分で広げてごらん。」
「う・・ん。」
パックリ割れた亀裂の奥からはトロリとした愛液が今だに溢れていた。
「次はどうする?」
「入れて・・・」
「どこに?」
「えーん・・沙耶香のここ!」
「ここって?」
「いじわる!・・・・沙耶香のオマ○コ。」
「お願いするときはどうするの?」
「・・・沙耶香のオマ○コに入れてください・・。」
「なにを?」
「・・オ・・チンチン・・。」

俺は勃起したペニスをつかんで沙耶香の亀裂に押し当てた。
沙耶香は待ち望んだかのように自分から腰をクネクネ動かし、挿入しようとする。
俺は意地悪してペニスで割れ目のを上下になぞるように擦りつけた。

「あーーん!早く・・・。」
それでも俺は亀頭の半分だけを埋める格好で小刻みに動かした。

「お・・お願い・・。」

恥じらいを捨てて沙耶香はお尻をクネらせてペニスを飲み込もうとする。
その矢先、俺は一気に腰を沈め挿入した。

"ずぶぶぶぶっ!"
「あっ!」

根元まで沈め亀頭まで抜く。
深く浅くゆっくりピストンを始めた。

「あっあん・・あ・あ・あ・あんあん・・。」

沙耶香の肉壁はペニスを沈めるとキューッ!と締め上げ、押し出そうとするのに抜くときは絡みついて引き寄せるような感触だった。
奥は微妙に痙攣し亀頭をくすぐる。

こっちが動きを止めると自ら腰を動かし出し入れする。
単調な前後運動に限らず時々腰を左右に動かしたり円を描く。

「はあはあ・・いい・・いい・・気持ちいい気持ちいい・・・
あんっあんっあんあん・・・あ・あ・あ・あ・あーん。」
二人交互に動きあいセックスの感触を確かめ味わう。

奥を突くように小刻みにピストン。
「あっあーー当たる当たるう!」
次々溢れ出る愛液が飛び散り玉から脚までビショビショに濡れる。

動きをどんどん速くする。
ますます締め上げてくる沙耶香。

「あっ!あっ!あんあんあんあん・・・・。」
「あーあーっ!気持ちいいよ沙耶香。」
「ほんと?いい?わたしの・・。」

沙耶香の背中に密着し後ろから乳房を揉みしだく。
沙耶香も手を延ばしてきて結合しているペニスの根元をつかんだ。

「あー入ってるう!」
亀頭は肉壁に擦れ、竿の根元は沙耶香の手に小刻みに手コキされる。
頭の中が真っ白になる。

俺の腹と沙耶香のお尻がぶつかり合い乾いた音が山に響く。

"ぱんぱんぱんぱんぱーんぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱ・・・・"
「あっあっあんあん・・・だめっ!・・いい・気持ちいい。」
「あー!いいよ沙耶香ー!」
「イクッ!イクッ!・」
「いいよ。俺もイキそう・・・もうだめだー。」
"ぱんぱんぱんぱんぱん・・・"
「あんあーーーーーーーーーーーーーーーーっ!」

「うっ!うっ!」
「お願いー中に出してー。今日大丈夫な日だ・か・ら・・」
「あーーーーーーーあっ・・・」
"ビュッビュッ!"
「うっうっ?・・・・」

俺たちはほぼ同時に絶頂に達した。
エクスタシーの瞬間沙耶香は強烈に締め付けてきて中でピクピク痙攣した。

さっきあんなに出したのに俺は今度も大量に中に放出した。二人はボンネットにグッタリと身体をあずけしばらく結合していた。 俺がそろそろ抜こうとすると、
「ぬいちゃイヤ・・・」 と言いながら沙耶香はくっついてきた・・・。

・完全オリジナルコンテンツ タイトル一覧
【同じジャンルの体験談】
・嫁は、ご主人様との寝取らせプレイの一環で私と結婚しました
・私のミスのせいで、部長に身体を差し出して寝取られた妻2
・2人の優しすぎる姉に囲まれて、毎日たっぷり搾り取られています
・地味で真面目な嫁が、自宅に男を連れ込んでコスプレセックスしていた
・嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました2

  強気な姉さん女房が寝取
[ 2016/11/07 22:24 ] 男性の体験談 年下やロリとの体験 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
Twitterフォロー